仕事でストレスを貯めやすい人の特徴と職場でのストレス解消法

仕事でストレスを感じない人はいませんが、ストレスが貯まってもうまく発散できる人もいますし、ストレスを貯めないようにできている人もいます。

ですが、ストレスと自分ではわからないくらい小さなストレスが貯まって、気づいた時には「もう限界だ…辞めたい」と思ってしまうこともあるのです。

自分の中で「これはストレスだ」と感じるくらい大きなストレスの場合は「発散しなければ」と思えるのですが、そのストレスも全てが発散されているわけではなく、少しずつ貯まってしまいます。

ここでは、そんな仕事のストレスを解消する方法とストレスを貯めやすい人の特徴をご紹介いたします。

仕事でストレスを貯めすぎると、「限界」「辞めたい」と思うこともある

仕事でストレスを貯めすぎてしまうと「限界だ、辞めたい」と思ってしまいますので、自分がどれくらいストレスがかかっているのか把握することが大切です。

では、仕事でストレスを貯めやすい人はどんな特徴があるのか、そしてストレスが溜まっている時はどのような症状が出て、どのような病になってしまうのかをお話していきましょう。

仕事のストレス診断で現状チェック

仕事のストレスがどれ位たまっているかわからないという人は、「5分でできる職場のストレスチェック」という診断テストを受けてみてください。

この診断テストは現在自分にどれくらいストレスがかかっているのかがわかるテストで、約5分間で終わるテストで4択から回答を一つ選ぶタイプで、全57問が出題されます。

全ての質問に答え終わると、自分にどれくらいのストレスがかかるかがわかる表が3つ出てきます。

「ストレスの原因因子」「ストレスによる心身反応」「ストレス反応への影響因子」という3つの表で、自分にどれくらいストレスがかかっているのかがわかりやすく表示されています。

さらに、自分が感じているストレスの解消の仕方やストレスケアのアドバイスも表示されますので、自分だけのストレス発散方法もわかります。

自分にどれくらいストレスがかかっているのかわからないという人は診断テストを受けてみましょう。

仕事でストレスが溜まっているなら転職も視野に

仕事でストレスを貯め続けていると病気になったり、最悪過労死してしまうこともあります。

最悪な事態を防ぐためにも仕事でストレスが溜まっているなら転職活動をすることを視野に入れても良いかもしれません。

ただ、転職初心者の方が転職活動を1人でしようするのは無謀なので、無料で使える転職エージェントを利用することをおすすめします。

転職エージェントを利用すると面倒な手続きや面接対策などの細かい作業を代行してくれるため、より転職活動をスムーズに進めることができるので、使わない手はないでしょう。

より詳しく転職エージェントについて知りたい方は下記記事にて転職エージェントに関する全ての情報をお伝えしております。

気になる方はチェックしてみてください。

転職エージェント|全てを理解し正しく使うための全情報

「転職エージェントって何?」 「転職エージェントの仕組みが知りたい」 「転職エージェントってどうやって選べば良いの?」このように悩みを抱えている方はとても…

2017.11.10

おすすめの転職エージェント

転職エージェントによってはキャリアコンサルタントの対応が雑だったり、求人数に差があったりします。

そのため、本当におすすめの転職エージェントを利用しないとあなたの貴重な時間が割かれてしまう可能性があります。

転職初心者の方におすすめしたい転職エージェントは「リクルートエージェント」と「DODA」、「パソナキャリア」の3つです。

複数登録することで、それぞれの転職エージェントの弱みを補いあうことができるので、転職エージェントを利用する際は複数登録することをおすすめ致します。

詳しくは下記記事にて解説しておりますので、ぜひご参考ください。

複数の転職エージェントを掛け持ちで利用すべき?理由付きで徹底解説

「転職エージェントを複数利用したほうが良い」このような意見をよく聞くことがあります。結論から言いますとこの知識は正しいのですが、複数の転職エージェント…

2017.11.10

「リクルートエージェント」は、業績や求人数など他の転職エージェントと比較して圧倒的な実績を誇る転職エージェントです。

転職エージェントを利用する際はリクルートエージェントを利用しない手はないでしょう。

リクルートエージェントは転職をする全ての人におすすめの転職エージェントです。

「DODA」は業績、求人数共に業界第2位という大手転職エージェントで、登録者のペースに合わせて転職活動をしてくれますし、転職初心者にも優しいキャリアコンサルタントが在籍しています。

求人数も多く、求人の質も良いので全ての人におすすめの転職エージェントです。

また「パソナキャリア」もキャリアコンサルタントの質が高いと業界で有名な転職エージェントです。

業績は業界で第4位、求人数はリクルートエージェントやDODAに比べると少ないのですが、求人の質も良く、何と言ってもキャリアコンサルタントの質は業界でもずば抜けて高く、とにかく登録者の気持ちを優先して対応してくれますし、転職初心者にも優しくキメの細かいサポートが特徴です。

仕事でストレスを貯めやすい・感じやすい人の特徴

仕事でストレスを貯めやすい人やストレスを感じやすい人には特徴があります。

これからお話する項目に当てはまることがあれば、自分もストレスを貯めやすいタイプなんだと自覚して、ストレスを解消する方法を見つけなければなりません。

基本的にストレスを貯めやすい人ということで特徴をまとめていますが、これ以外にも自分がストレスに感じているようであれば、この後ご紹介するストレス解消法を実践してみましょう。

不満があっても一人で抱え込む人

ストレスを貯めやすい人や感じやすい人の特徴として「一人で抱え込む」タイプの人が挙げられます。

特に、不満を言い出せない人は、その不満を常に抱えたまま仕事をしなければなりませんから、ストレスが貯まる一方です。

言いたいことが言えない人に多い特徴で、自分の意見をあまり主張しない人や、周りの意見に合わせるタイプの人は、見た目は協調性があるように見えますが、知らない間にストレスが溜まっている可能性があります。

明らかに不満があって言い出せないタイプの人は、大きなストレスがかかりやすいのでストレス解消法は必須と言えるでしょう。

他人からの評価が気になる人

ストレスを感じやすい人やストレスを貯めやすい人は、周囲のことが気になるタイプの人です。「周りの人に自分はどう見られているんだろう」と周囲の評価を気にする人は、自分のやりたいことができなかったり、無理に周囲に合わせる傾向があります。

周りの目を気にするというのは、協調性が必要な場面では大切なことですが、常日頃周りの評価を気にしていると自分が委縮してしまい、自分を出せなくなってしまっているのです。

他人からの評価が気になりすぎて興信所で自分の評価を調べてほしいと依頼する人もいるくらいですから、他人からの評価は気になりだすと、どんどん気になってしまいます。

特に、自分に自信がない人や、劣等感を感じやすい人、向上心が強すぎるために自分の評価を気にしすぎてしまう人、感受性が豊かで特に不安に敏感な人、融通が利かない人などは他人の評価を気にしすぎる傾向がありますので注意が必要です。

完璧主義で自分の思い通りに事が進まないと気が済まない人

仕事のストレスを感じやすい人や貯めやすい人の特徴として「完璧主義で自分の想い通りにならないと気が進まない人」ということが挙げられます。

完璧主義というのは自分の仕事を処理する時はよいのですが、人が絡むと悪い方向に進む時があります。

完璧主義なので自分の仕事はミスなくきっちりこなしますので評価も高く自分でも納得できることが多いでしょう。

ですが、人が絡むことで自分の思い通りに物事が運ばないことが出てきた時は自分の思い通りのシナリオにならないためイライラしたり八つ当たりをしたり、ストレスを感じてしまうのです。

自分と全く同じ人間はいないので、全ての人と自分の価値観が違い、全てが思い通りに行くことがないとわかっていても、完璧主義がゆえに理解できずイライラしてしまうのです。

上司から頼まれるとNOと断れず、全て「はい」と仕事を受けてしまう人

仕事でストレスが貯まりやすい人やストレスを感じやすい人は「受け身」の人が多いといいます。

自分から積極的に何かをするタイプではなく、性格が「受け身」なので指示されればその通りに動いてくれますから、上司としてはとても使いやすい人材です。

ですが、当の本人は頼まれても「NO」と断れないため、嫌な仕事でも「はい」と仕事を受けてしまうのです。

本当は嫌な仕事なのにしなくてはならない、こう思ってしまうと「仕事をしている」というより「させられている」という感情が強くなります。

仕事をさせられていると感じてしまうと「やらされている感」が強くなり、自分がやりたい仕事ではないのにとストレスを感じてしまうのです。

好き嫌いがはっきりしており、人間関係が良好でない

仕事でストレスを感じやすい、貯めやすい人の特徴に「人間関係」があります。

仕事を辞める理由として毎回上位にランクインしている「人間関係」ですが、特に「人の好き嫌いがはっきりしている人」は人間関係を築きにくく、人間関係が悪化する傾向にあります。

職場で人の好き嫌いを言っているとキリがありませんから、ある程度は割り切らなければなりません。

ですが、好き嫌いがはっきりしすぎて自分でもコントロールできない人もいるのです。

自分でコントロールできるないくらい、人の好き嫌いが表に出てしまう人は人間関係を良好に築きにくく、人と話すことがストレスと感じてしまうようになります。

仕事のストレスからくる体の不調・症状や病気

仕事でストレスを貯めやすい人や感じやすい人の特徴がわかりました。では、ストレスが貯まると体にどのような異変が起こるのでしょうか。

ストレスから体調不良になった場合は、精神的な部分で脳がSOSを出している時です。

「これ以上ストレスを貯めないで」と体に異変が起こっていますので、ストレスから体調不良が起こった時は、できるだけ早くストレス解消法を実践していきましょう。

吐き気

吐き気は、「吐き気がするほど嫌気がさしている」時に現れます。特に仕事が原因でストレスが貯まり吐き気がくるときは、決まった時間や決まったタイミングで出ることが多いのです。

例えば「朝起きた時」「通勤途中」「仕事のことを考えた時」など、「仕事に行かなければならない」と仕事のことを考えた時に起こりやすいのです。休日でも「明日は仕事だなぁ」と考えるだけで吐き気がする人もいます。

朝は出勤前ですから体が会社に行くことを拒否するために吐き気という形で拒否反応が起こっているのです。通勤途中も同じで「これから会社に行く」と思っている時点で吐き気がしてしまうのです。

酷い人は、通勤途中で毎回途中下車をしなければならないほど吐き気がひどい人もいますし、本当に吐いてしまう人もいます。

ただ、風邪と勘違いしやすいので吐き気は見分けにくいと思われるかもしれませんが、風邪の吐き気は半日から長くても1日あれば治まります。

ですが、ストレスの吐き気は「仕事のことを考えた時」など頻繁に起こるので、最近常に吐き気がするなと感じたら、ストレスからきている吐き気と疑った方が良いでしょう。

ニキビができる

ストレスでニキビができるのは皆さんもご存知ではないでしょうか。ニキビは体調が悪い時に出てくるものです。

汗をかいてニキビができるのは思春期特有の特徴で、大人になると「吹き出物」と呼ばれるようになり、胃腸の調子が悪い時にニキビがでてくるなど体調不良でニキビが出ることもあります。

ですが、ストレスでニキビが出ているかわからないとい人は、ニキビがどこにできているかで判断してください。

ストレスからくるニキビは顎や首周辺にできやすいので、顎や首にニキビがたくさんできてきたら「ストレスかな」と疑ったほうがよいでしょう。

下痢

「腸は第2の脳」と呼ばれるほど繊細な臓器です。ストレスがかかると一番ダメージを受けやすいのが腸で、下痢を繰り返す人が出てきます。

また、便秘と下痢を繰り返す人もストレスがかかっていることが多く、腸の異変はストレスが貯まっているかを知るバロメーター的な役目をしていると言ってもよいでしょう。

ですが、ストレスで下痢になっているのかがわかりにくいため「今日は腸の調子が悪いな」くらいで終わらせてしまうので、ストレスがどんどんたまり他の体調不良が出てきた時に「ストレスかな」と気づく人もいます。

下痢が続いている時や、便秘と下痢を繰り返している時は「もしかしてストレスかな」とストレスがかかっていると思ったほうが解消法を実践できますので、ストレスが過度にかかるのを防ぐことができます。

胃痛

仕事のストレスで胃痛を起こす人も多いのではないでしょうか。ひどくなると胃潰瘍を引き起こすこともありますので、胃痛が出てきた時は注意が必要です。

胃痛が出てくる時には、下痢や便秘になっていたり吐き気があるなど、他の症状が出てきているはずですので、よほどストレスがかかった状態を放置していなければ胃痛が出てくることはないのですが、人によっては腸より胃の方が弱く、胃痛が先に出てくる人もいます。

胃痛は我慢しようと思えばできてしまうため悪化しやすく危険です。

食べ過ぎているわけでもなく、お腹が減りすぎているわけでもなく、食あたりなど胃に負担がかかるような原因が見当たらないのに最近胃痛がするという時はストレスから胃痛が起こっていると思った方が良いでしょう。

腹痛

胃痛と腹痛は似ているように思われますが、「胃が痛いわけではないけれどお腹主変が痛い」という人がいます。小学生や中学生が学校に行くのが嫌で、「学校に行かなければ」と思うと腹痛を起こすことと原理は同じです。

腹痛も一種の拒否反応ですから、ストレスがかかるとわかっている職場に行こうとすると腹痛を起こしたり、仕事のことを考えると腹痛を起こすという場合はストレスからきている腹痛と思った方がよいでしょう。ただし、腹痛は様々な病気がひそんでいる場合があります。

これまでの吐き気や下痢、胃痛なども病院に行って一度受診をし、その結果病的な症状ではないと判断されればストレスからきていると断定してもよいのですが、吐き気や下痢、胃痛などはストレスからくる時と病気で起こる場合とでは症状が違うことが多いので見分けやすいのです。

ですが、腹痛の場合はあらゆる臓器がお腹周辺にあるため、仕事のことを考えたらお腹が痛くなるからストレスだと軽く決めてしまうのではなく、病院を受診した方が良いでしょう。

他の症状の時もそうですが、ストレスがかかった時と病気の時とでは症状が違うとはいえ、体調不良の場合は一度病院を受診して医師の診断を受けた方が確実です。

蕁麻疹が出る

蕁麻疹も体の拒絶反応の一つです。

ある人気youtuberが、youtuberになりたての頃「編集デスクに座るだけで蕁麻疹が出ていた」と言っていました。

他にも、「したくない」「いきたくない」と強く思うと蕁麻疹という形で居全反応が出る人がいます。

ですが、蕁麻疹は食べ物や植物との接触、毒虫に刺されたなど様々な原因で起こりますのでストレスから蕁麻疹が起こったとわかりにくいかもしれませんが、決まって会社に行くときに蕁麻疹が出たり、仕事の話をしたり仕事のことを思い出すと蕁麻疹が出るようなら、仕事のストレスで蕁麻疹が出ていると疑った方が良いでしょう。

手の震え

仕事のストレスから手の震えが出る人もいます。

「ストレスで手の震え?」と思われるかもしれませんが、この症状はレッドゾーンに近いほどストレスが貯まっている時の症状で、胃腸の症状が出ているのに頑張って仕事をした結果手が震えだしたという人が多いのです。

手が震えるということは自律神経が乱れている証拠で、精神のバランスが取れなくなっています。

自律神経が乱れると手の震えだけでは収まらず、動悸・息切れはもちろん、過呼吸になったり吐き気・頭痛など様々な体調不良に見舞われます。

手の震えが出てきたら、迷わず心療内科を受診したほうがよいでしょう。

うつ

「うつ」はストレスが貯まった極限の状態と言えるでしょう。

うつになってしまうと仕事でストレスが貯まると言っている場合ではなく、仕事にすら行けない状態になります。

朝起きあがることができない、仕事のことを考えると体が動かない、吐き気や頭痛がするなど体が動かなくなるだけではなく、精神的にも最悪な状態となり「仕事でストレスが貯まるなぁ」と思っていたのに、うつになると「仕事に行くくらいなら死にたい」とまで考えてしまうようになるのです。

「うつ」は精神が常に不安定な状態ですから、仕事のストレスからくる病の中でも、最も最悪な状態と言えるでしょう。

仕事のストレスが極限になり「うつ」になってしまっては治療がとても大変で難しくなるので、「うつ」になる前にストレスの解消法を実践していきましょう。

食欲がない

仕事でストレスを感じると食欲がなくなる人もいます。

食欲がなくなる人の傾向は「人間関係が悪い」「自分に自信がない」など待遇や仕事内容でのストレスではなく、人や自分に関わることでストレスを感じている人が多いようです。

食欲は体調のバロメーターでもあります。食欲がある人は生命力が強いと言われていますから、お年寄りの方でもよく食べる人は比較的元気です。

ですが、食欲がなくなると体力もなくなり、体力がなくなると精神的にも辛くなってきます。

休みの日は食欲が戻るけれど、出勤しなければならない平日になると食欲がなくなるなど仕事の時に食欲が落ちる時はストレスが原因だと疑った方がよいでしょう。

仕事を辞めたいと毎日感じる

仕事のストレスから「もう仕事を辞めたい…」と毎日思うようになっていたら、ストレスが相当溜まっている証拠です。

仕事をしていて上司や同僚、先輩、後輩など社内で何かトラブルがあって「こんな仕事辞めたい!」とその時に思うことはよくあります。

ですが、毎日「仕事を辞めたい」と思うということは、会社に行くこと自体難しくなっているのです。

この状態で無理して仕事に行くと最悪な場合「うつ」になってしまいますから、早めにストレス解消法を実践することをおすすめします。

身も心も限界と毎日感じる

「毎日残業時間が長い」「休日出勤が多い」など身も心も休まる暇がない人は、「もう限界だ」と感じることもあるでしょう。

ましてや、残業が多く休日出勤が多い日が続くと毎日「限界だ」と感じます。

毎日限界だと感じ始めると少しくらい残業時間が減ったり、週に1回休日があるくらいでは心身ともに回復できない状態になっています。

ハードな仕事であればあるほど「身も心も限界だ」と感じることが多いので、残業が多かったり、休みが少ない人は常にストレスが溜まっていると認識したほうがよいでしょう。

仕事のストレス解消法

仕事のストレスが貯まりやすい人や感じやすい人、そしてストレスを感じることでどのような症状が体や心に出るのかなどをお話してきました。

自分に当てはまることもあれば、気づかなかったと感じたこともあるでしょう。

ですが、特徴や症状がわかったところで、そのストレスを解消できなければ意味がりません。そこで、これからストレスを解消する方法をご紹介していきたいと思います。

自分に欠けているものを補える解消法や、自分が実践したい解消法など、まずは自分がやってみたいと思う解消法から試してください。

ここに書いていない方法でも、自分がストレス発散になると思ったことはやってみたほうがよいでしょう。

十分な睡眠を取る

心身共のストレスを解消するなら、まずは十分な睡眠を取ることです。十分な睡眠は体と脳を休めるために必要で、睡眠時間が短ければ体も脳もきちんと休めず回復されないまま仕事をすることになります。

体と脳が回復しないまま仕事をすると仕事でミスをするだけではなく事故を起こすなど重大なトラブルにつながりますから、睡眠を十分にとり心身ともに休めることはとても大切なことなのです。

また、睡眠不足は食欲不振や頭痛、吐き気、動悸、息切れなどの体調不良を起こし、睡眠不足が続けば精神的にも疲れが出てイライラしたりストレスが貯まりやすい状態になります。

まずは、ストレッチをしたりアロマオイルを炊いたり、ぐっすり眠れる環境を作り十分な睡眠が取れるようにしてみましょう。

大自然を堪能する

ストレスを解消するには大地のエネルギーをもらうと良いでしょう。人によっては家でゆっくりするより外の空気を吸う方が元気になれるという人がいます。

このような人は自然との相性がよいので、どんどん外に出て思いっきり外の空気を吸い込みましょう。

特に、大自然から得られるエネルギーは計り知れないものがあります。「なかなか休みが取れなくて大自然を堪能する時間がない」という人は空を見上げて目を閉じて、太陽の光を浴びるだけでも元気になれます。

ですが、自分で感じるほど大きなストレスを感じている人は思い切って休暇を取り、大自然に囲まれた中で1日生活してみてはいかがでしょうか。

大自然からはマイナスイオンが流れ、プラスのエネルギーが出ています。そのエネルギーをもらえれば、精神的な疲れも癒されストレスも和らいでいくことでしょう。

温泉に入る

仕事でストレスを感じたら「ゆっくり温泉に入る」というのはいかがでしょうか。温泉に入る「入浴」という行動は「浄化」できる行動でもあります。

自宅でも湯船に浸かる人と、湯船に浸からない人に分かれると思いますが、1日の終わりは湯船に浸かって「浄化」することで精神的にリラックスできるのです。

自宅のお風呂でも心身の浄化ができるのですから、大きな浴槽で効能のある温泉に浸かるということは、とても大きな「浄化」ができるのです。

温泉と言っても旅館やホテルなどに泊まる必要はありません。もちろん、旅行に行って温泉に入れるなら最高ですが、時間もお金もかかります。

最近ではスーパー銭湯が多くなってきましたから、スーパー銭湯などでもかまわないのです。大きな湯船にゆったり浸かり、効果効能を楽しみ心身ともに浄化できればストレスも和らぐのではないでしょうか。

ウォーキングやストレッチなど軽い運動をする

ストレスを解消する方法として「汗を流す」という行動があります。特に、ウォーキングやストレッチなど軽い運動をすると効果的です。

「ストレス解消するぞ!」といきなりハードな運動をすると疲れるだけで、返って酷い筋肉痛になってしまったり筋肉疲労で熱を出すこともありますので、無理な運動は禁物です。

ウォーキングやストレッチなどの軽い運動をすることで汗が出て気分も爽快になります。
仕事でストレスがかかり、動くのも面倒と思うことが増えている人は、逆に体を動かした方がよいのです。

家でダラダラしていると、その日1日動く気になれずストレス発散できません。

ですが、「ちょっとだるいけれど」と思いながらでもウォーキングをしてみたりストレッチをして軽い運動をすると筋肉が動き体も軽くなるので、その日1日を活動的に過ごすことができストレス解消になるでしょう。

カラオケで歌う

ストレス発散と言えばカラオケ!という人もいるでしょう。そして、カラオケでのストレス発散の仕方は「大声で歌う」ということです。

うまく歌おうとして小さな声で歌っていてもなかなかストレスは発散されません。

ストレスが貯まった時に大きな声を出すというのはとてもよいことで、大きな声を出すことでストレスが薄れていきます。

テレビドラマなどでもイライラしたり怒りが爆発した時に「うぉー!」と叫ぶシーンがあります。

あれくらいの感じでお腹から声を出して大きな声で歌うとストレス発散になり心もスッキリするでしょう。

美味しいものを食べる

ストレスが貯まったときは「おいしい物食べる」と気分が和らぎます。

特に甘い物やパスタやラーメンなどの炭水化物は脳がリラックスするために必要なセロトニンという物質を分泌しやすい食べ物ですので、イライラしたりストレスを感じた時は甘い物や炭水化物を食べたくなる人が多くなります。

というように、科学的な根拠があるので美味しいものの中でも甘い物や炭水化物を食べればストレス発散になると言いたいところですが、甘いものや炭水化物が好きではない人は、逆にこれがストレスになります。

ですので、科学的根拠を見れば甘い物や炭水化物を食べるとストレスが軽減されるそうですが、結局は自分が食べたいものを食べた方がストレス発散になるのではないかと思います。

甘いものも食べすぎると体によくありませんし、炭水化物を食べすぎると肥満の原因にもなります。

ですので、ストレスが貯まった時は自分の食べたいものを食べて発散するのはよいのではないでしょうか。

泣きたいだけ泣いてみる

ストレスが貯まったら涙が出てくるという人がいますが、実は「泣く」という行為はストレス発散になっているのです。

特に、ストレス発散に効果的なのは「感動の涙」ですので、本を読んだり映画を見るなどして感動して涙を流すことができればストレス発散しやすいでしょう。

ですが、ストレスが貯まっている時に感動できる本や映画を見ても感情移入できないという人がいます。

そんな時は感情のままに涙を流してもかまいません。「感情的な涙」もストレス発散になりますが「感動の涙」ほどスッキリしないかもしれません。

ですが、涙を流すこと自体「適度運動をしたくらい」のスッキリ感が得られるのです。涙を流すと脳内ホルモンの「エンドルフィン」という物質が増加します。

このエンドルフィンは強い鎮静作用があり、適度な運動をした時もエンドルフィンが増加しますので、適度な運動をした時と同じような効果が得られるのです。

上司や人間関係で感じる仕事のストレス対処法

仕事のストレスの中で一番対処が難しいのが「人間関係の悪化」と「上司に対して」です。

複雑に絡み合った人間関係を修復するのは大変ですし、やりにくい上司と仕事をしていくのも大変です。

仕事のストレスで一番対処が難しい上司や人間関係へのストレス対処法はどのようにすればよいのかお話していきましょう。

良い所・長所を見つける

上司や人間関係で悩んでいる人は、その人の悪い部分しか見られなくなり、良い部分が見えなくなっています。

一度「この人苦手だな」「この人嫌だな」と思ってしまうと相手の嫌なところばかり目につくようになり、良い部分が見えなくなってしまうのです。

ストレスを感じている相手の良いところや長所を探すのは無理だと思われるかもしれませんが、よく考えてみれば、その人のどこが「嫌だな」「苦手だな」と思うようになったのでしょうか。

一番最初に嫌だなと思ったこと以上に自分で相手のことを「嫌な人」という位置にしていませんか?

その人への固定概念を捨てて、もう一度その人を観察してみてください。
今まで嫌だなと思っていたことが間違っていたり、こんな人だと決めつけていたことが覆されたり、その人の新たな良い部分を発見できるのではないでしょうか。

一つ良い部分を探せばどんどん出てきますから、その人の良いところを1日1個探すというのはどうでしょうか。

こうして、その人の「良い所探し」をしているとその人に対しての嫌悪感がなくなったり、今まで悩んでいたことが嘘のように晴れていくこともあります。

伝え方を変え、コミュニケーションが円滑になるようにする

上司や人間関係で悩んでいる人に多いのがコミュニケーション不足から勘違いして相手を認識しているということです。
また、コミュニケーションを上手く取ることができないため、相手に言いたいことがきちんと伝わらないというのも原因の一つでしょう。

まず、相手に言いたいことが伝わらないのは伝え方に問題がある可能性があります。話しをするのが苦手な人はメールで伝えてみたり、伝え方を変えてみてはいかがでしょうか。

また、コミュニケーション不足は意思の疎通がきちんとできないため間違った捉え方をしてしまう可能性があります。コミュニケーションを取るのが苦手な人は、苦手と思う人にきちんと「挨拶」をするところから始めてみましょう。

挨拶は社会人としてできて当然の行為です。まずは挨拶から始めれば、話しかける勇気が出てきます。話しかける勇気ができればコミュニケーションも取りやすくなるので人間関係も円滑になることでしょう。

感情的にならないよう事務的な会話で貫く

自分の喜怒哀楽が激しく、人の好き嫌いが激しいという人は、まず感情的にならないように努力してみましょう。

感情的になると言ってはいけない言葉まで言ってしまい、後で後悔することが多いのです。

感情的にならない方法として、苦手な相手へは事務的な会話を貫くようにし、感情が表に出ないように努力してみましょう。

仕事のストレスを感じ続けていたら不妊になることも

仕事のストレスを貯めてしまうと心身ともに辛い状態になります。

そして、その状態で仕事を続けストレスを受け続けると不妊になる可能性もあります。
不妊の大敵はストレスです。

ストレスを感じるとホルモンバランスが崩れ自律神経が乱れます。

特に女性の場合、第2の脳と呼ばれる腸よりもストレスを感じて一番最初にダメージを受けるのが子宮なのです。

ストレスを感じた時は生理が遅れたり早くなったりするのはホルモンバランスが乱れているからなのです。

不妊は自分の人生を大きく左右することですので、ストレスを溜めすぎず、ストレスがかかっているとわかったら、できるだけ早くストレス解消法を実践してみましょう。

仕事のストレスはなるべく早めに解消するのがおすすめ

仕事のストレスは誰にでもあるものです。ですが、「気づくストレス」と「気づかないストレス」があります。

「気づかないストレス」はジリジリと心と体を壊していきます。

ましてや仕事は毎日のことですから、早めにストレスを解消しなければ貯まり続けて悪化する一方なのです。

仕事は生活するためや自分の将来のために必要なものですが、何より大切なのは自分の心と体です。

体が動かなければ仕事はできませんし、心が病んでしまったら日々の生活すらままならなくなってしまいます。

休日やアフターファイブをうまく利用して、できるだけ早くストレス解消することをおすすめします。

※記事の内容は、執筆時点での最新の情報となり、サービス内容・利用料金等を保証するものではありません。この記事の情報を基に行動する利用者の判断について、当社は一切の責任を負いかねます。サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、しかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

現役転職エージェントが全力でまとめた、おすすめ転職エージェント16選 ランキングをチェックする