仕事に疲れた!辞めたいと思う前にするべき対処法10選

「もうこんな仕事疲れた…仕事辞めようかな…」
「でも辞めたらお金が…」

そんな思いが頭の中をいつも占領していませんか?

そんなあなたに仕事を辞める前にするべき対処法10選をお伝えします。

この記事を読んで今の会社に残るべきなのかどうかを冷静に考えるきっかけにしてみてください。

仕事に疲れた!結婚したい…休みたい…

どんなに仕事に情熱を持っていても、「疲れたと感じる時」や「もうやめてしまいたい」と考えることもあるでしょう。

女性なら結婚して一人働きをやめようかと悩むこともあるでしょう。

でも、いざ仕事を辞めるとなると「収入がなくなる」「生活ができない」「やりたいことができない」など、辞めるにも勇気が必要で結局どうすればよいのかわからないという状態になってしまいます。

そんな気持ちのまま仕事をするのはとても辛いですし、無理をして働くことで精神的なダメージが大きくなってきます。

精神的なダメージが大きくなる前に何とかしなければ、「うつ」になってしまうこともありますから、「仕事に疲れた!」「辞めたい!」と思った時に何らかの対策をしなければなりません。

では、仕事に疲れた時はどんな対策を取れば良いのでしょうか。

色々な方向から見て、仕事に疲れた時にするべき対処法をご紹介しましょう。

仕事に疲れたら転職もあり?

仕事に疲れたら転職を考えるのも良いでしょう。
今の仕事を嫌いになってしまうほど疲れているのなら、転職を視野に入れることで精神的に楽になることもあります。

特に、仕事内容に不満がある場合や人間関係に悩んでいる場合は、その職場から離れられると考えるだけで精神的な負担が少しは軽くなるでしょう。

今の職場で頑張らなくてはと我慢して、やる気のない状態で働くより転職して
心機一転、新たに頑張る目標ができる方が良いのではないでしょうか。

「仕事が続かないのは我慢が足りないからだ」「仕事を辞めるのは無責任だ」という人も中にはいます。

しかし自分の精神状態が限界になるまで我慢して働いていても、今の状態から脱出できませんし、「うつ」になって仕事ができなくなってしまっては今後の生活に不安が出てきます。

仕事に疲れたと感じたら、転職も視野に入れて対策を練りましょう。

ただし、転職を視野に入れる時は同じ失敗を繰り返さないためや、自分の長所を引き出すためにも「キャリア診断テスト」を受けて自分の長所を確認するべきです。

キャリア診断テストは、自分の隠れた長所を見つけることができますし、わかっていた長所も掘り下げれば、さらに伸ばすことができます。

また、今の職場で自分の長所を活かすことができているのかも確認できますから、長所を活かせていないと思った時は転職活動を始めるのも良いでしょう。

おすすめのキャリア診断テスト

キャリア診断テストも色々な企業が提供していますが、その中でもおすすめのキャリア診断テストは「グッドポイント診断」です。

グッドポイント診断は、求人業界で大手となるリクルートが提供しているキャリア診断テストです。

とても使いやすく、自分の長所を見つけることができ、その長所をさらに詳しく解説してくれます。

自分の隠れた長所を細かく知ることができますし、元々自覚していた長所をどうすればもっと伸ばせるかもわかります。

診断方法も簡単ですから、どなたでも試していただけるテストです。

診断してみると思わぬ発見が見られるかもしれませんので、試してみることをおすすめします。

グッドポイント診断の使い方

では、グッドポイント診断の使い方をご説明しましょう。
グッドポイント診断は、転職サイトのリクナビNEXTに登録している人は登録なしで診断することができます。

リクナビNEXTに登録していない人は、無料の会員登録をして診断スタートとなります。

会員登録の手順に沿って手続きを行い、「診断スタート」のボタンが出てきたら、いよいよ診断スタートです。

診断内容は3部構成になっており、問題数は1部が93問を15分間、2部が126問を15分間、3部が74問を11分間で回答していきます。

この問題数に対してこの時間ですので問題の内容はとても簡単ですし、直観で回答していくような内容ですので、簡単にテストを受けることができます。

1部から3部までの合計時間は41分間となっていますが、早い人なら20分程度で終了するようなテストです。

テストが終了すると診断が始まり、18種類ある長所の中からテストを受けた人の長所の中で、最も傾向の強い長所1位から5位が表示されます。

つまり、自分の長所のランキング上位5位が表示されますので、自分の一番の長所がわかることになります。

この5位までの長所は細かい解説付きとなっており、どんな仕事が向いているのか、どんな業界や職種で力を発揮できるのかがわかります。

色々なキャリア診断テストがありますが、リクルートが提供するグッドポイント診断が一番わかりやすく、明快な解説をしてくれているので是非利用してみてください。

仕事に疲れたらするべき対処法10選

では、転職を視野に入れた対処法が分かったところで、次は仕事に疲れた時にまずは取りたい対処法をご説明しましょう。

いきなり転職を考えるのではなく、転職を視野に入れながらできる対処法を実践していくことで解決できることもありますし、解決できなければ転職を考えるという方向が良いでしょう。
それでは、仕事に疲れた時にするべき対処法10選をご説明しましょう。

信頼できる上司に相談する

仕事に関することで疲れている場合、家族や友人に話しても仕事内容が分からなければ理解してもらえないことがあります。

返ってそれがストレスになってしまうので、仕事に疲れた時は仕事のことをわかってもらえる人に相談するようにしましょう。

同僚でもよいのですが、信頼できる上司に相談できれば解決の糸口が見えることがあります。

上司も仕事に疲れたという時期を乗り越えていますから、気持ちもわかってもらえますし、どのようにして乗り越えたのかなどの体験談を聞くことができます。

また上司というだけあって、色々な人を見てきていますから相談すればあなたの性格などから判断して何らかの解決策を話してくれるかもしれません。

もし解決策が出てこなくても、誰かに相談するだけでも意外とスッキリするものです。
まずは、信頼できる上司に相談してみましょう。

趣味に打ち込む

仕事に疲れたら、仕事のことを全く考えずに趣味に打ち込むのも良いでしょう。

「趣味なんてないなぁ」という人も、これを機会に趣味を見つけてみてはいかがでしょうか。

人それぞれ趣味は色々あります。
スポーツ、釣り、旅行、キャンプなどのアウトドア、園芸、手芸など趣味になるようなことは数えだすとキリがありません。

自分の好きなことや、やってみたいことをしている時はモチベーションも上がり、やる気パワーが出てきます。

確かに、趣味の時間が終わると「仕事かぁ…」と考えてしまうかもしれませんが、来週も趣味の時間が来ると思えば趣味に向かって仕事をこなすことができます。

楽しいことが待っていると気持ちも軽やかになりますから、仕事で多少イヤなことがあってもさほど気にならなくなります。

おいしいスイーツを食べに行く

疲れた時に甘いものが欲しくなるとはよく言ったものですが、仕事に疲れた時にスイーツを食べると、本当に落ち着くのですから不思議なものです。

甘いものが食べたくなる時は、脳が疲れている時だけではなく体の疲労感を感じた時も食べたくなります。

ですので、体力的・精神的の両方で仕事に疲れた時に甘いものを食べると心身ともにリラックスでき、心も体も癒されます。

自分が好きな食べ物でも良いのですが、その中にスイーツを入れると電池切れになっている心と体の充電をしてくれますし、甘いものは幸せな気分になります。

仕事に疲れたと感じたら、コンビニなどのスイーツではなく、スイーツ店などお店の雰囲気が存分に味わえるところに食べに行きましょう。

一人旅してみる

仕事に疲れた時は、癒しを求めて一人旅もよいでしょう。
家族や友人との旅行も良いのですが、いくら仲の良い関係でも何かと気を使います。

ですので、何の気兼ねもなく一人でゆっくり旅行気分を満喫できるように仕事に疲れた時は1人旅がよいでしょう。

旅先は自分が行きたいところでよいのですが、あまりスケジュールを過密にしてしまうと逆に疲れてしまいます。

仕事に疲れた時はゆっくりのんびりできるように、あまりスケジュールを詰めすぎず、気軽な一人旅を満喫できるようなプランにしましょう。

疲れた心を癒す曲を聞く

仕事に疲れた時は癒しの曲を聞くのもよいでしょう。

自分をやる気にさせてくれる曲や心が和む曲があるなら、その曲を聞くのもよいのですが、心を癒すための「フィーリング・ミュージック」というものがあります。

フィーリング・ミュージックは、その名の通り癒しの音楽ですので、疲れた心を癒してくれる音楽です。

音量は聞いていて心地よいくらいの音量にし、寝転びながら目を閉じてゆったりとした気持ちで聞いてみましょう。

あまり音量が大きすぎると逆にストレスに感じることもありますし、小さすぎると癒しではなく聞き取ろうとしてストレスになってしまいます。

仕事のことを考えると夜寝つきが悪いという人は、フィーリング・ミュージックをかけて布団に入ってみましょう。

とてもリラックスした気分で眠りに就くことができるでしょう。

フィーリング・ミュージックはとても長い曲が多いのですが、曲をかけっぱなしにして寝てしまってもストレスに感じることはありません。

逆に、フィーリング・ミュージックをかけたまま寝てみると、心地よい眠りを持続させることができるといわれています。

日本語版のものや英語版のものなど色々ありますが、日本語版の場合は、歌詞に聞き入って眠れない可能性もありますので、何も考えずに聞ける英語版の方が良いでしょう。

おすすめの曲は「lnner Balance Healing Music」です。

泣いてストレス発散をする

泣いてストレスを発散するというと、「仕事に疲れてしんどい!どうにかして!」という気持ちで泣くことを想像されるかもしれません。

もちろん涙を流す行為はストレス発散になりますから、辛い気持ちで涙を流すこともよいかもしれません。

涙を流すことで苦痛に感じるストレス物質が一緒に流れていきますから、悔しい、辛いという感情で涙を流すのも良いでしょう。

ですが、実は「泣く」という行為で最もストレスを解消できるのは「感動」や「うれしい」という感情から流れる涙です。

感動したりうれしい時に出る涙には、脳内モルヒネのエンドルフィンという物質に似た物質が含まれていますので、苦痛だったストレスが涙で流され心がスッキリするのです。

ですので、自分が感動すると思う本や映画を見て感動の涙を流すということは、仕事でたまったストレスの発散に非常に効果があります。

休日に遊んでリフレッシュする

仕事で疲れている時は、休日にきちんとリフレッシュすることです。

「仕事で疲れた」という状態が続いている場合は、せっかくの休日にも仕事のことを考えてしまい、全くリフレッシュできていない状態で、また仕事が始まるということを繰り返しているからです。

仕事と休日、つまり、onとoffをしっかり切り替えることで仕事での疲れが一度リセットされ、新たに仕事に打ち込めるのです。

仕事ができる人は、このonとoffの切り替えがうまく「遊ぶ時は一生懸命遊ぶ!仕事をするときは一生懸命仕事をする!」ときちんと仕事とプライベートを分けています。

仕事が疲れたと感じる人の多くはonとoffの切り替えが下手な人が多いので、休日は何も考えず一生懸命遊びましょう。

中途半端に遊ぶと不完全燃焼になり、仕事が億劫になってしまいます。

ですので、休日は思いっきり遊んでリフレッシュしましょう。

たくさん寝る

睡眠は心身のバロメーターでもあります。

心が疲れている時は眠れないことがありますし、体が疲れすぎても寝つきが悪くなります。

睡眠不足が続くと体は動きづらく、脳の働きも悪くなります。

体も脳も思うように動かずミスをして怒られる、仕事が増えるということになる可能性もあり、さらに仕事がイヤになってしまいます。

睡眠不足の連鎖が続けば、心身ともにしんどい状態が続くため仕事でもミスを連発することにつながってしまいます。

そのために常に怒られている状態になり、仕事がイヤどころではなく、最悪の場合「うつ」になってしまいます。

ですので、仕事に疲れたと感じた時は、とにかくぐっすり眠ることです。

眠れないなと思った時は温かいお風呂につかったり、軽くストレッチをする、アロマを炊いてみるなどリラックスできる空間や環境を作って布団に入ってみましょう。

人間関係を一新してみる

仕事に疲れたと感じることの中で、最も多いのが人間関係です。

仕事を辞めた人に取ったアンケート結果で、最も多かった理由が人間関係ですから、人間関係で疲れたと感じる時は、今の人間関係を一新するのも良いでしょう。

人間関係は一度壊れてしまうと取り戻すのはとても大変で、時間がかかることです。

場合によっては、どんなに頑張っても人間関係を修復できないこともあります。

仕事を簡単に辞めることはできないからと、なんとか人間関係を取り戻そうとしても疲れるだけです。

正面からぶつかってばかりでは自分の気持ちが保てなくなり疲れてしまいます。

ですので、人間関係を一新するのも一つの方法だと覚えておきましょう。

仕事をする目的を再度考えてみる

仕事に疲れたと感じる時に、「やりがいがない」「仕事がつまらない」と感じている人もいるはずです。

そんな時は、一度立ち止まって、今の自分は何を目的に仕事をしているのかを考えてみましょう。

入社した時にどんなことを目標にしていたのか、目標が変わったのなら何が目標だったのか覚えていますか。

「仕事に疲れた」と感じている時は仕事に対してやる気がない状態ですので、目標や目的を忘れてしまっていることが多いのです。

ですが一度立ち止まって、再度目標や目的を思い返してみたり考えてみると「こんなことで仕事に疲れたと思っていたのか」と、仕事に疲れている理由が小さく見えることもあります。

人は目標や目的がない状態で動き続けるのに限界があります。
ですが、目標や目的を持っていれば、辛いことが出てきても乗り越えられる強さを持っているのです。

仕事に疲れた時は、再度自分が目指す目的や目標を確認してみてはいかがでしょうか。

疲れすぎて仕事を辞めたいなら転職しよう

仕事に疲れた時の対処法を10選ご紹介してきましたが、何を実践しても仕事に疲れたという感情が抜けないという時は転職を考えても良いでしょう。

転職することは逃げることではありません。
今の自分より、よりよい自分になるための転職なら自分も成長しますし、逃げる転職にはなりません。

色々考えることもありますが、いざ転職となれば気分も晴れて、これまで嫌だった仕事も辞めるまでの間ならと元気にこなせるはずです。

では仕事を辞めると決めたら、次に何をするべきでしょうか。
仕事を辞めるなら次の仕事を探すための転職活動をしなければなりません。

ですが、「仕事に疲れた」という状態で転職活動をするのはとてもハードで、途中で投げ出してしまうこともあります。

そうなると負の連鎖で、「結局この会社で仕事をしていくのか」とやる気も目標もないまま辛い毎日を過ごすことになります。

今仕事している状態で次の仕事を探すわけですから、

転職活動は、求人探しから応募、面接日の調整、入社に関する手続きなど様々な作業を仕事をしながら全て自分で行わなければいけません。

精神的に疲れている時に、仕事を続けながらこれだけの負荷をかけてしまうと、本当に精神的に参ってしまいます。

そんな時に頼りになるのが転職エージェントです。

転職エージェントは、

  • 求人探し
  • 応募
  • 面接日の調整
  • 入社に関する手続き
  • 年収の交渉

など、転職に関する活動のサポートをしてくれます。

ですので精神的に疲れている時こそ、楽に転職活動ができる転職エージェントを使うべきでしょう。

そこで、おすすめの転職エージェントを2社ご紹介しておきます。

この2社は業界でも有名な転職エージェントですし、とてもサポート力の高い転職エージェントですので、仕事で疲れた時に是非登録しておきたい転職エージェントです。

おすすめの転職エージェント

パソナキャリア

パソナキャリアは実績では業界4位ですが、転職エージェントに所属するキャリアコンサルタントの質がとにかく高く、業界最大手の転職エージェントのキャリアコンサルタントより頭一つ飛び抜けているような存在です。

初心者にも親切に丁寧に教えてくれますし、転職活動のペースを登録者に合わせてくれます。

求人数は約3万件と、大手の転職エージェントに比べれば少なく感じますが、取引先企業は厳選されており求人の質も高いので登録しておいて損はないでしょう。

仕事に疲れている時に急かされるようなキャリアコンサルタントだと、しんどく感じてしまいます。

しかし、パソナキャリアのキャリアコンサルタントは一番に登録者のことを考えてくれていますので、業界でもキャリアコンサルタントの質の良さは高い評価を得ています。

DODA

DODAは実績、求人数共に業界第2位と大手転職エージェントになります。

大企業から中小企業、優良企業、ベンチャー企業まで、様々な取引先があり求人の質も高いのでおすすめです。

求人数は業界第2位ということで10万件を超えており、その8割がDODAが独占している求人ですので、求人の質の高さは業界でも評判です。

実績も第2位ということで安心して転職活動を任せることができますし、DODAのキャリアコンサルタントも質が高いと定評があります。

パソナキャリアのキャリアコンサルタントほどではありませんが、業界の中でもキャリアコンサルタントの質の高さは有名です。

DODAのキャリアコンサルタントも登録者のペースに合わせて転職活動をしてくれますので、転職活動を苦痛に感じることはないでしょう。

仕事に疲れたときに見るべき名言10選

仕事に疲れた時に「この言葉を見ると癒される」「頑張れる」という名言をご紹介しておきましょう。

「なるほど」や「本当だ」と共感できることが多く、この言葉を思い出すと「疲れた」という感情を少しは和らげてくれるのではないでしょうか。

  • 自分の仕事に価値を見出す必要はあるが、深刻になりすぎてはいけない
  • どんな芸術家でも最初は素人だった
  • 勤勉だけが取り柄なら蟻と変わるところがない。なんのためにせっせと働くかが問題だ
  • 山が高いからといって戻ってはならない、行けば必ず超えられる。仕事が多いからといってひるんではいけない、行えば必ず終わるのだ
  • 壁が出てきているのは成長している証拠だ。超えるために壁は出てくる
  • 神様は超えられない試練を与えない
  • 壁は真正面から壊して超える必要はない。壁の横をすり抜けたり、壁をよじ登ったり、超える方法はいくらでもある
  • 出口のないトンネルはない、夜のこない朝はない、冬のこない春はない
  • 「辛い」という漢字に「一」を足せば「幸せ」になる。何が欠けているのか考えてみよう
  • 思考は現実化する
    辛いことを考えれば辛いことがおこり、楽しいことを考えれば楽しいことが起こる

仕事に疲れたときまとめ

仕事に疲れた時、何かを考えるよい機会です。

今まで何気なくしていた仕事や、何気なく過ごしてきた日々を、「このままでいいのか」と考えるために「疲れ」という状態で出てきているのかもしれません。

仕事に疲れた時は一度立ち止まって、今の自分や今後の自分を考えてみましょう。

考えるチャンスを与えてくれたと思い、仕事や自分に対して良い方向に進めるように考えてみてはいかがでしょうか。

※記事の内容は、執筆時点での最新の情報となり、サービス内容・利用料金等を保証するものではありません。この記事の情報を基に行動する利用者の判断について、当社は一切の責任を負いかねます。サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、しかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

現役転職エージェントが全力でまとめた、おすすめ転職エージェント16選 ランキングをチェックする