職場の人間関係を良くする方法5つ|人間関係に疲れた時の対処法も

職場の人間関係のもつれから、仕事を辞めようと考える人は少なくありません。仕事を辞めると次の職が見つかるかどうか、また収入が無くなることなど不安材料が多くあるため、辛い人間関係に置かれた職場で長く我慢してしまうケースが多く見られます。この記事では、職場の人間関係を改善するための方法や疲れ果ててしまった時の対処法などを網羅的にご紹介します。

職場の人間関係に疲れ、最悪退職する人も

仕事がハードで疲れがたまったとしても、休日にゆっくり休むことができれば、疲れた体は回復しますが、職場での人間関係の悩みは簡単にいやされることはありません。威圧的な指示や理不尽な対応をされるパワハラ上司、先輩、後輩、同僚からのねたみ、嫌がらせなど様々な人が存在する社内では、複雑な人間関係が絡み合っています。

筆者も、面倒くさいことはすべて自分に押し付けた挙句、「仕事が遅い!」と脅迫してくるパワハラ上司に嫌気がさし、転職した経験があります。パワハラ上司の特徴と対処法については以下の記事で詳細に紹介していますので、この記事を読む前に確認してみてください。きっと「人間関係で悩んでいるのはコイツのせいだ!」と感じることもあるでしょう。

パワハラ上司から身を守るパワハラ対策や仕返し|パワハラ上司の特徴や心理も

パワハラ上司の特徴3つ パワハラとはパワーハラスメントの略称。詳しく解説すると、職場の上司などが自分より立場の低い部下や新人に対して無理を共有したり私生活に…

2017.12.13

核家族化が定着している現代では、他人とコミュニケーションを取るのが苦手な人が多く、人間関係が一旦こじれてしまうと修復することはなかなか困難です。その結果、人間関係に疲れ果て退職に追い込まれる最悪のケースもあります。

女性が多い職場では人間関係によるストレスや無視も

女性が多い職場では、特に人間関係は複雑です。女性特有の細かなチェックは勤務態度、上司からの評価、男性社員との会話の様子、服装、化粧にまで至り、ねたみや焼きもちにも似た感情をぶつけられることがあります。

ひどい場合は集団になってターゲットとなった女性社員を無視したり、あからさまに嫌がらせをしてくることもあり、こんな状態では毎日ストレスがたまる一方です。最悪な人間関係に悩み続けていると仕事に集中できず、失敗を繰り返す可能性も。その失敗がまた非難の対象となり悪循環が続きます。

職場の人間関係を良くする改善方法5選

職場の人間関係に辟易して、どうしようもなく悩んでいませんか?しかし、職場の人間関係は自分のアクション次第で変えられることも。以下、職場の人間関係を変えるための具体的な改善方法をご紹介しますので、ぜひ、トライしてください。

まず毎日、かかさず挨拶をする

職場の人間関係は何もアクションを起こさなければ改善されません。まずはできることから始めてみましょう。簡単にできるのが挨拶です。「おはようございます!」「本日もよろしくお願いいたします!」と自分から笑顔で元気に声をかけてみましょう。

相手が不機嫌そうな顔をしていたり、無視されても自分は同じ挨拶をかかさず続けることが大切です。続けていくうちに、もしかすると相手の心が少しずつ打ち解けていくかもしれません。

苦手な人の良い点を見るように心がける

人の性格や価値観はそれぞれなので、苦手な相手のことを認めるのは難しいかもしれませんが、自分が苦手だと思う人の欠点ばかりを探していては、何の解決にもなりません。そればかりか増々嫌いになり、人間関係は悪化するばかりです。

そこで試していただきたいのが、苦手な人こそ、その人の良い点を探して見つけてみることです。誰にも欠点はありますが、逆に良いところもきっとあるはずです。苦手だと思っていた人の良い一面が見えてきたら、今まで不満に思っていたことが気にならず、良好な人間関係を築いていけるかもしれません。

自分の話の前に相手の話を聞く

トラブルを起こしやすい人は、人を差し置いて自分の意見ばかりを言う特徴があります。自分は相手との会話で、どのように対応していたか少し思い出してみてください。相手が話をする前に自分ばかり意見を言っているのであれば、これからは相手の話に先に耳を傾けてみましょう。

聞き上手の人は、誰にでも好かれやすい傾向があります。自分が相手の立場だった時のことを想像してみましょう。自分の話をうなずきながらしっかり聞いてくれていると、その人に好感が持てるのと同時に「信頼できる優しい人」という印象を持つはずです。

人間関係改善に効果的な方法の一つとして、相手の話を親身になって聞いてあげる聞き上手を目指してみてください。

感謝の言葉を常に忘れない

「ありがとう」という感謝の言葉は、思っているだけでは相手に伝わりません。感謝の気持ちを持っていても、少しの言葉の行き違いや間違った態度を取ったことによって、人間関係はいっきに崩れ去ります。

感謝の気持ちを表す言葉を、常に声に出して伝えるようにすることで、人間関係の悪化を未然に防ぐことにもなります。少しの心がけだけで、人への思いはきっと伝わります。お世話になっている職場の人への感謝の気持ちは、いつも意識して伝えるようにしましょう。

余裕を持って対応をする

誰かに仕事を頼まれた時、返事の期日を伝えられた時、いつもギリギリになっていませんか。何事も余裕を持って対応しなければ、忘れたり、間違った対応をしてしまったりミスが出るのは当然です。人間関係はそういった事の積み重ねからも起こります。

対応する時間が無い時には、状況を正しく説明して理解してもらえれば問題ありません。自分ができる状況であれば、いつも余裕を持って誠実に対応するのが肝心です。自分に余裕が無いと良好な人間関係を築くことはできません。その事をいつも意識しておきましょう。

職場の人間関係に疲れてめんどくさい時の対処法

パワハラ上司からの威圧的な態度に、周りからの嫌がらせや理不尽な対応…そんな職場の人間関係に疲れ果てていませんか?しかし、職場の人間関係に疲れたときこそ、ちゃんと対処してうまく乗り切ることが肝心。以下、職場の人間関係に疲れたときの対処法をご紹介します。

家族や友人に相談する

人間関係を悪くしないように自分が気を付けていてもうまくいかず、職場での人間関係に毎日疲れ果ててコミュニケーションを取るのがめんどくさくなってしまう時があります。

その場合は1人で悩まず、最も身近な存在の家族や親しい友人に相談してみましょう。誰かに話をするだけで気分がすっきりとして心が落ち着くものです。自分のことをよく理解してくれる家族や友人だからこそ、適切なアドバイスをもらえるかもしれません。

私の時はこうだったよ、それならこんな風に伝えてみたら?と信頼している家族や親しい友人が体験談を語ってくれたら、素直に受け止めやすく気持ちが楽になれます。

今を乗り切れば良いと考え方を変え、割り切る

思い悩む時間が長いと自分をどんどん追い込んでしまうことになります。今さえ乗り切れば大丈夫!と、ある程度割り切って考えるのもおすすめです。人間関係が複雑になりすぎて、長期化していると、そのように思うのは難しいかもしれませんが、無理やりでも一度試してみてください。そこからまた次のステップに繋がる可能性があります。

それは嫌なことから逃げるのではありません。自分の心の持ち様をうまくコントロールすることで、自分自身を楽にして、悪循環を断ち切ることにもなります。

上司や社内の相談窓口などに相談する

思いきって上司に相談してみるのもひとつの手です。上司は、「〇〇さんはパワハラ上司とよく言われている」など、自分以外の社員の性格や対応など熟知しているので、的確なアドバイスがもらえるかもしれません。

上司が信頼できない場合は、相談窓口の扉を叩いてみましょう。大手の会社にはメンタル面でのケアをする相談窓口を設置しているところもあります。無い場合には「全国職業相談センター」など外部の施設で職場の悩みを聞いてくれる機関を利用してみるのも良いでしょう。

全国職業相談センター

スルースキル・ストレスを受け流す技術を身につける

わずらわしい人間関係を見て見ぬふりができれば楽になれます。何を言われてもスルーできるスキルがあれば、ストレスを受け流すことができるので自分自身が楽になれます。

人の性格は違うので、ストレスをためない技術は、簡単には身につかないかもしれませんが、心がけるだけでも違ってきます。嫌みを言われたり、嫌な態度を取られたら楽しいことでも考えて、自分の心がマイナスへ向かないようにシフトしてみましょう。

職場の人間関係を割り切るための考え方

職場での人間関係にもう、我慢の限界!そんなときは一人で悩まないでください。思い悩むのはうつにつながり、大変危険です。以下、職場の人間関係を割り切るためのポジティブになれる考え方をご紹介します。

辞めても次の会社がある

職場の人間関係が悪いまま継続して、自分がどんな事を試みてもどうしても変わらないのであれば、割り切るしかありません。職場は今の会社だけではない!という強い気持ちを持ちましょう。

辞めてもいくらでも次の会社があります。悩み続けてばかりは自分が損なので、前向きにとらえるようにしてください。

本当に仲の良い友達だけいれば大丈夫

職場で無視されたり、ランチはいつも1人ぼっちだったとしても、あなたには職場以外に仲の良い友達がきっといるはずです。自分を全否定されたと思わず、本当に仲の良い友達さえいれば大丈夫!と自分自身の心をなぐさめてあげましょう。

思ってるほど周りは何も思っていない

意外にも自分だけが人間関係の悪さを気にしていて、周りは何も思っていないこともあります。じっくり話をしてみると、相手は何も思っていなかった…という可能性も。自分の思い込みだけで深刻になりすぎないよう、広い視野や物のとらえ方を持つことを心がけましょう。

職場の人間関係で孤立して辛いとうつ病になる可能性も

悪い状態の人間関係が続き、職場で孤立してしまうと最悪の場合、うつ状態になる人もいます。

職場の人間関係のせいで、ストレスがどんどんたまっていく…ストレスは対処しなしと体と心に悪影響を及ぼし、大変危険です。筆者も上記にある通り、職場でストレスを抱えていましたので、帯状疱疹やうつなどの病気になった経験をしています。

職場でのストレスは病気や休職、最悪の場合は自殺につながり大変危険ですので、職場でのストレス解消方法について詳細に解説した以下の記事を参照してください。

仕事でストレスを貯めやすい人の特徴と職場でのストレス解消法

仕事でストレスを感じない人はいませんが、ストレスが貯まってもうまく発散できる人もいますし、ストレスを貯めないようにできている人もいます。 ですが、ストレスと自分…

2017.11.30

職場の人間関係が改善しない場合は、転職も選択肢の一つに

自分ができることを実践していても、どうしても職場の人間関係が改善されないのであれば、転職を選択肢の一つに入れてみましょう。折角就職した今の職場を離れることに不安を感じるかもしれませんが、転職すれば新しい職場で良好な人間関係を築き、自分の力が発揮できるやりがいのある仕事に就ける可能性があります。

どこに転職したら良いのかわからない、転職する時に必要な手続きは?と不安に思っている方におすすめしたいのが転職エージェントです。転職エージェントでは求人の紹介だけでなく、履歴書の添削や面接の対策、給与の交渉に至るまで幅広く転職に関するサポートが受けられます。

不安な気持ちや迷いを振り払い、転職エージェントなどの転職サポートサイトを利用して新しい道を切り開いて行きましょう。

より詳しく転職エージェントについて知りたい方は下記記事にて転職エージェントに関する全ての情報をお伝えしております。

気になる方はチェックしてみてください。

転職エージェントとは|全てを理解し正しく使うための全情報

「転職エージェントって何?」 「転職エージェントの仕組みが知りたい」 「転職エージェントってどうやって選べば良いの?」 このように悩みを抱えている方はとても…

2017.11.10

おすすめの転職エージェント

転職エージェントによってはキャリアコンサルタントの対応が雑だったり、求人数に差があったりします。

そのため、本当におすすめの転職エージェントを利用しないとあなたの貴重な時間が割かれてしまう可能性があります。

転職初心者の方におすすめしたい転職エージェントは「リクルートエージェント」と「DODA」、「パソナキャリア」の3つです。

複数登録することで、それぞれの転職エージェントの弱みを補いあうことができるので、転職エージェントを利用する際は複数登録することをおすすめ致します。

詳しくは下記記事にて解説しておりますので、ぜひご参考ください。

複数の転職エージェントを掛け持ちで利用すべき?理由付きで徹底解説

「転職エージェントを複数利用したほうが良い」 このような意見をよく聞くことがあります。 結論から言いますとこの知識は正しいのですが、複数の転職エージェント…

2017.11.10

「リクルートエージェント」は、業績や求人数など他の転職エージェントと比較して圧倒的な実績を誇る転職エージェントです。

転職エージェントを利用する際はリクルートエージェントを利用しない手はないでしょう。

リクルートエージェントは転職をする全ての人におすすめの転職エージェントです。

「DODA」は業績、求人数共に業界第2位という大手転職エージェントで、登録者のペースに合わせて転職活動をしてくれますし、転職初心者にも優しいキャリアコンサルタントが在籍しています。

求人数も多く、求人の質も良いので全ての人におすすめの転職エージェントです。

また「パソナキャリア」もキャリアコンサルタントの質が高いと業界で有名な転職エージェントです。

業績は業界で第4位、求人数はリクルートエージェントやDODAに比べると少ないのですが、求人の質も良く、何と言ってもキャリアコンサルタントの質は業界でもずば抜けて高く、とにかく登録者の気持ちを優先して対応してくれますし、転職初心者にも優しくキメの細かいサポートが特徴です。

職場の人間関係に悩んだら、まずは誰かに相談しよう

仕事を辞める理由として多く聞かれるのが職場の人間関係です。誰にも言えず我慢し続けた結果、体調不良、うつ病など心の悩みから発生した病気を引き起こすこともあります。そうなってしまっては、治療する時間や休養する時間が必要なため、転職もままなりません。

職場の人間関係を一人で抱え込まず、まずは上司や家族や友人に相談してみましょう。それが無理な場合は相談窓口を利用して第三者の意見を聞いてみるのも効果的です。

人間関係を改善するには、自分の努力も必要ですが、必要以上に頑張りすぎるのは禁物です。誰かに相談することで、頑なになっていた心の糸がゆるんで、どうすれば良いのか新しいアイデアが浮かんでくるかもしれません。辛い人間関係を解消する方法を少しでも早く見つけて、ストレスなく仕事ができる環境を手に入れましょう。

※記事の内容は、執筆時点での最新の情報となり、サービス内容・利用料金等を保証するものではありません。この記事の情報を基に行動する利用者の判断について、当社は一切の責任を負いかねます。サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、しかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

このエントリーをはてなブックマークに追加