ワークポートの口コミ・評判を現役転職エージェントが辛口解説

現役エージェントの解説

口コミ・評判(20)

「ワークポートの口コミを知りたいけど、ありすぎて見る気も失せる」
「ワークポートの評判ってどうなの?」
「ワークポートに登録するべきか迷っている」

IT転職業界では最も有名である『ワークポート』を使ってみたいけど、以上のような悩みを抱えた人は多いと思います。

実際に『ワークポート』を利用した人は、「サポートが丁寧」と言うようにかなり満足した人もいましたが、「流れが雑」と言うように批判的な人も一定数いて、口コミや評価は総合的に見ると良い口コミが多いように感じられました。

そのため、IT系に強いと聞いて安心だと思って使っている人は、転職活動を終えた後に満足する結果が得られないかもしれません。

そこで『ワークポート』のメリット・デメリットや裏事情をより効率的に、短時間で知るための、口コミや評判を厳選してご紹介します。

この記事を読めば、よりあなたに合った転職エージェント選びを実現できることをお約束します。

ワークポートの特徴

ワークポート』は、転職業界では中小エージェントではありますが、ITベンチャーに特化すれば大手である『リクルートエージェント』や『DODA』にも劣らない求人数や実績を誇っている転職エージェントです。

ITに特化していることもあり、利用しているユーザー層は20代の人が多いです。

そんな『ワークポート』ですが、批判的な口コミも多く見受けられました。

役に立つ口コミを厳選し、分析した結果をまとめると以下のようになりました。

評価概要
 コンサル(提案力)の質 普通 一度に大量の求人案件を提案されるので、自分にあった求人を見つけにくい。
 求人案件の量・質やや良IT系の求人案件に関しては、他の転職エージェントを圧倒する量と質を誇っている。
 サービスの質 やや悪全体的にドライでスピード感があるが、 eコンシェルジュというサービスは使いやすいと好評。

 

この表からわかる通り、『ワークポート』はIT業界にとても精通しています。

以上を踏まえたうえで、『リクルートエージェント』のメリットは以下のようになります。

メリット

  • IT業界への転職が非常に有利
  • スピーディーな転職ができる
  • 気軽に登録できる
転職エージェントは、より自分に合った転職を実現するためにあります。

そのため、これらのメリットはIT業界に転職する際にとても重要なところなので、『ワークポート』はIT業界に転職したい人には、かなりオススメできる転職エージェントと言えます。

しかし、ITベンチャーにはブラック企業が多い傾向があるので、入社してからここじゃなかったと気付く人も多いです。

また、職種もITがメインなこともあり、かなり限られてきます。

以上を踏まえたうえで、『ワークポート』のデメリットは以下のようになります。

デメリット

  • ミスマッチが起きやすい
  • 色々な対応が雑
これらのデメリットは転職活動において致命的なものとなるので、利用する際は十分な注意を払う必要があります。

ここまで、わかりやすくするために口コミや評判をエッセンスだけ抜いてまとめましたが、ここからはより深く掘り下げて知るために、ありのままの口コミをコンサルの質、求人案件の量・質、サービスの質ごとにご紹介します。

※重要なところは上の表に書かれていますので、読むのが面倒な方はここの口コミは読み飛ばしてもらっても構いません。

コンサルの質に関する口コミ

転職エージェント選びの1つの基準となるのが、キャリアコンサルタントです。

キャリアコンサルタントは、転職エージェントに登録した後、あなたの転職やキャリアの相談にのってくれる人のことで、この人が親身になってくれるかどうかであなたの転職がうまくいくかどうかを握っていると言っても過言ではありません。

そのため、キャリアコンサルタントの対応などが適当なところなどを選んでしまうと、転職した後に後悔するかもしれませんのでご注意ください。

30代男性:ネットワークエンジニア
条件を伝えると、膨大な案件を数打ってきてくれます。

全体の求人数はリクルートの方が多いと思いますが、出し惜しみせずにどんどん紹介してくれるので、転職が早く進みました。

ただし、サポートは期待できず、提案力というか数の連打でした。初回面談以降担当者と会うことはありませんでした。

出典:http://career-theory.net/workpotrt-reputation-7767
 

30代男性:システム設計
案件を多く紹介してくれたのは良かったが、対応が機械的で流れ作業。

「これどうでしょう?」「いいえ」の繰り返しだった。

最終的に同業で条件にあった求人があり、トントン拍子で内定。その後もあっさり内定承諾→入社、定型文のお祝いメールがきてサービス終了。不満はないが、すべてが事務的で普通だった。

出典:http://career-theory.net/workpotrt-reputation-7767

求人案件の量・質に関する口コミ

転職エージェント選びの基準の1つとなるのが、求人案件の量や質です。

もちろん、求人の数が多ければ多いほど網羅性が高くなるので、より広い業種やキャリアでの転職や、より良い条件での転職ができる可能性が高くなるほか、そのサービスの求人獲得をする営業力の高さや信頼があるため、ユーザーからすると安心感があります。

しかし、案件の数はあってもブラック企業のような質の悪い案件ばかりの可能性もあるので、数だけでなく質も見逃してはいけません。

20代男性:エンジニア
Web関係の職種に転職している場合は、数も多く向いているが、それ以外の業種は案件がほとんどないのでオススメできません。あったとしても、聞いたことのない会社ばかり。Web関係については担当者も業界に詳しく、おすすめです。

出典:http://career-theory.net/workpotrt-reputation-7767
 

20代男性:IT営業
良かった点:IT業界やゲーム業界の求人が充実していたのが良かったです。有名どころの求人も多くありましたので、それらの業界に転職を希望する人にとっては頼りになると思います。
悪かった点:全体の求人量は他の転職エージェントと比べると少なめに感じました。

出典:http://career-theory.net/workpotrt-reputation-7767

サービスの質に関する口コミ

転職エージェント選びの基準の1つとなるのが、サービスの質です。

独自のサービスがあったり、良質なサービスがある転職エージェントには、ユーザーを大事にしている転職エージェントが多い傾向にあります。

そのため、サービスの質は転職エージェント選びの際には、必ず見るべきポイントです。

30代男性:PM
手取り早くて良い。案件をどんどん当ててきてくれて、自分の考えをその過程でまとめることができた。

初回面談後の電話営業も無く、気に入った案件が送付されたタイミングで再コンタクト、内定までいった。

サポートはこちらから望まない限り特になかったが、迅速でよかった。

出典:http://career-theory.net/workpotrt-reputation-7767
 

20代女性:IT
eコンシェルのおかげで、担当の方とのやりとりや進行状況の把握が楽だった。

出典:https://www.workport.co.jp/voice/detail.html?id=4341

ワークポートのメリットに関する口コミ・評判

「ワークポートの特徴」でもご紹介した通り、『ワークポート』を利用するメリットは以下の3つです。

メリット

  • IT業界への転職が非常に有利
  • スピーディーな転職ができる
  • 気軽に登録できる
これらのメリット1つ1つについて、口コミを引用しながら解説いたします。

IT業界への転職が非常に有利

IT業界において『ワークポート』は大手転職エージェントの『リクルートエージェント』や『DODA』にも負けない求人数です。

そのため、IT業界に転職したい人にとって『ワークポート』は非常に役に立つといった口コミが多いように見受けられました。

30代女性:営業
専門用語がわかればいいわけではないですが、他に比べてWeb周りには詳しかったです。

仕事内容についてもしっかり把握していた印象です。

IT企業の案件が多かったですが、他には一般企業の社内SE職や未経験OKの異職種も取り扱っており選択肢は幅広かった。

出典:http://career-theory.net/workpotrt-reputation-7767
 

20代男性:営業
IT・インターネットの転職に強いとうたっているだけあり、担当者の業界知識は他社にくらべ優れていました。

また、ITはベンチャーから大手まで、独占求人を多く持っているようで、他社では紹介してもらえなかった案件、興系のITから財閥系など老舗も取り扱っており案件の質も良かったです。

出典:http://career-theory.net/workpotrt-reputation-7767

スピーディーな転職ができる

『ワークポート』は対応が事務的でビジネスライクなので、スピーディーに転職活動を進められます。

そのため、転職を急いでいる人にとっては非常に役に立つ転職エージェントです。

30代女性:営業企画
数を打てばあたるわけではないですが、希望にヒットした提案をたくさんしてくれたので、色々と自分の中でも選ぶことは出来ました。ただ、年収が比較的低い案件が多い気がしました。スピーディに転職活動を推し進めたい人にはおすすめです。

出典:http://career-theory.net/workpotrt-reputation-7767
 

20代男性:WEB広告
対応は極めて早い。事務的であまりヒアリングしてこず、求人を数打っていただいた。

特に転職に強い希望があったわけでもなく、勤務地の問題で転職を早く決めたかったので良かった。

さっさと事務的に転職する人にはいいが、キャリア意識の高い人にはあまりおすすめできないのかもしれない。

出典:http://career-theory.net/workpotrt-reputation-7767

気軽に登録できる

『ワークポート』の登録は、他の転職エージェントの登録では必須である現職に関してや、住所に関する情報が必要でないので、初回登録が非常に気軽にできます。

そのため、転職を迷っている人には相談だけでもできるので登録すべきだ、という口コミが多く見受けられました。

20代女性:金融専門職
初回登録で、住所すら不要、希望勤務地と直近の職種だけ書けばOKで楽だった。

その後かかってきた電話は事務的だったが、面談担当者は丁寧に相談にのってくれた。

結果的に志望企業の案件がなく転職は他社で行ったが、相談自体は大変参考になり、転職を決意する後押しをしてくれて感謝をしている。

出典:http://career-theory.net/workpotrt-reputation-7767
 

20代男性:WEBデザイナー

とりあえず、会員登録で余計なことを一切聞かれず、面倒でなかったため利用を決めました。軽薄な理由ですが最終的にここを選んで良かったです。

IT・Webに強いとは言われていますが、優良ベンチャーのハイポジション案件も多く持っています。

私はもともといわゆるIT系企業出身ですが、畑違いのベンチャーの経営部門に転職することができました。ちなみに当時はワークポートでしか求人を出していなかったとのこと。

出典:http://career-theory.net/workpotrt-reputation-7767

ワークポートのデメリットに関する口コミ・評判

「ワークポートの特徴」でもご紹介した通り、『ワークポート』を利用するデメリットは以下の2つです。

デメリット

  • ミスマッチが起きやすい
  • 色々な対応が雑
これらのデメリット1つ1つについて、口コミを引用しながら解説いたします。

ミスマッチが起きやすい

『ワークポート』では、求人を質より量で送ってくるので、必ずしも質の良い求人に出会えるとは限りません。

そのため、「入ってみたら超ブラック企業だった」なんてことにもなりかねませんので、十分に注意が必要です。

20代女性:事務
ヒアリングして整理してくれた内容に対して、求人は少し的外れで残念だった。

出典:http://career-theory.net/workpotrt-reputation-7767
 

30代男性:営業
特にコンサルテーションはなかった。

事務的に案件を紹介してもらい、YES/NOで返し、理由を聞かれる。

自分みたいに特にキャリアにこだわりがなければいいが、ニーズをとらえて提案してほしいなどといった方は不向き。

出典:http://career-theory.net/workpotrt-reputation-7767

色々な対応が雑

先述した通り『ワークポート』の対応は事務的で、求人紹介も質をあまり重視していないため、対応が雑だと感じる人も少ないくないようです。

20代男性:IT
キャリア相談は良かったが、面接対策や職務経歴書については雑だったかなぁと感じている。

担当者は私の考えを整理してくれるのがうまく、無理に転職を進めるのでなく提案をしてくれた。

案件の質はあまり高くなかったが、総合的には満足している。

出典:http://career-theory.net/workpotrt-reputation-7767
 

20代女性:営業
私自身も連絡しづらい時がありましたが、時々確認連絡が遅くなったので、少し不安になることがありました。

出典:https://www.workport.co.jp/voice_women/detail.html?chk=%E5%A5%B3%E6%80%A7,0,1,0&id=4307

ワークポートを使うべき人

ワークポートは対応がややドライなものの、IT転職に限って言えば業界トップクラスの求人数と質を誇ります。

そのため、ワークポートはIT業界への転職を希望するすべての人が登録必須だと言えるでしょう。

登録はすぐに終わりますので、まずは公式サイトから登録して相談だけでも乗ってもらうようにしましょう。

登録が終わると担当となるキャリアコンサルタントの方からメールか電話で連絡が来ますので、そちらに対応していただき、面談の日程だけ調整してください。

また、面談当日は自分のキャリアについて相談してもらえるようにすると良いでしょう。

ワークポートと一緒に使うべき転職エージェント

ワークポートもとても魅力的な転職エージェントで、転職をしたい方は登録は必須です。

しかし、1つの転職エージェントに頼りきってしまうのは、1人のキャリアコンサルタントの意見しか聞かないことになってしまい、うまい口にはめられてブラック企業を紹介されてしまう可能性も無きにしも非ずです。

そこで、転職のプロである筆者は複数の優良総合型転職エージェントに2~3社登録することをおすすめしています。

また、業界別に特化している転職エージェントも1つだけ登録しておくと、転職活動がよりスムーズに進むでしょう。

転職エージェント詳細解説ページ
20代リクルートエージェント20代でも年収大幅アップ!おすすめの転職エージェントまとめ
30代パソナキャリア30代の転職を成功させるために使うべき転職エージェントまとめ
40代DODA40代でも転職できる!選び方とおすすめのエージェントまとめ
女性パソナキャリア知らないと転職できない!女性におすすめの転職エージェントまとめ
IT・WEBワークポート【経験者推奨】同ポジションで年収100万アップに成功!IT・WEB系転職エージェントおすすめランキング
外資JACリクルートメント年収アップ間違いなし!おすすめの外資系転職エージェントまとめ
海外Spring転職エージェント海外で転職するなら絶対使うべき転職エージェントまとめ
第二新卒アイデムスマートエージェント年収アップ間違いなし!第二新卒におすすめの転職エージェントまとめ
エグゼクティブビズリーチエグゼクティブの方向け!キャリアアップできるおすすめの転職エージェントまとめ
コンサルムービンストラテジックキャリアキャリアアップ間違いなし!コンサルにおすすめの転職エージェントまとめ
金融コトラ年収アップ間違いなし!金融業界におすすめの転職エージェントまとめ
経理MS-JAPANキャリアアップ間違いなし!経理におすすめの転職エージェントまとめ
アパレルクリーデンスアパレル業界に転職するなら絶対に使うべき転職エージェントまとめ

その他のワークポートの口コミ・評判一覧

ワークポート』には、実にさまざまな口コミや評判が存在しています。

そのため、1つ1つすべて見ていたら時間も足りませんし、同じような口コミが出てきてしまい、『ワークポート』について知るだけなのに効率が良くありません。

そこで、ここでは時間を圧倒的に短縮し、より効率良く『ワークポート』について知れるよう、役に立つ口コミや評判を一覧にしました。

ぜひ活用して、あなたの転職エージェント選びの参考にしてみてください。

良い口コミ・評判

厳選した、絶対に見るべき「良い口コミ・評判」を10件ご紹介します。

30代男性:SE
キャリアカウンセリングでは、これまでの経歴を自分でうまく纏められていなかったのですが、的確なアドバイスをしてくれて、しっかりと書き方を整理する事が出来ました。 登録後すぐに何社かの企業をを紹介いただいたのですが、書類選考の段階で不採用となってしまい、なかなか面接まで進む事が出来ませんでした。その時に担当コンサルタントの方が職務経歴書の見直しを度々行ってくれて、少しずつではありますが、面接まで進める案件が出てきました。

出典:http://agent.jobmark.jp/workport.html
 

20代女性:WEB企画
良い意味で、担当者に売り上げ意識が0だった。

「◯◯さんに向いてる案件、後で送っておくのでゆっくり見てください。似たような案件はたくさんありますから、焦ら無くていいです」とゆっくり進めてくれました。

担当者は面白い人で、長期間の転職の心の支えになりました。

出典:http://career-theory.net/workpotrt-reputation-7767
 

20代男性:マーケティング
IT企業の求人であれば大手より優れていました。

提案について大手との違いで言えば、大手(R・ D)は、最初の面談であれこれとにかく聞いてきて、出し惜しみしながら案件を勧めてきますが、ワークポートは「この案件はどうでしょうか」「どういうところが違いますか」「では、こちらはいかがでしょう」と案件ベースで話をしていけるスタイルで、はやく次の転職先を決めたかったのでとても良かったです。

出典:http://career-theory.net/workpotrt-reputation-7767
 

20代女性:保険代理店
前職の人間関係が辛くてすぐに転職したかったので助かりました。

案件数はとても多いと思いますが、年収層は低いのではないでしょうか。

履歴書のサンプルをくれたり、面接質問例をメールで送ってくれたりと、必要なサポートもいただけました。

出典:http://career-theory.net/workpotrt-reputation-7767
 

20代男性:コンサルタント
市場価値やキャリア形成の客観的アドバイスを頂けた。転職活動は孤独なので相談相手としても良かった。

出典:https://pascase.net/wa-kupo-to/riakomi/kutikomi-wor004.php
 

30代男性:生産管理
年収低めの案件については、大手総合エージェントよりも豊富だった。

面接対策や職務経歴書についてはサンプルをくれた。

サポートはあっさりしていたけど、必要なことはしてくれたので大変満足している。転職活動から2ヶ月で終了。

出典:http://career-theory.net/workpotrt-reputation-7767
 

20代:WEBデザイナー
私はWebデザイナーですが、担当してくれた方が親身になってくれて好印象でした。他社とも並行して案件に応募しましたが、20代前半の年齢なので、一部のエージェントでは経験の浅さもあって、書類選考についても厳しい判断を受ける印象でしたが、ワークポートは営業の方が率先して動いてくれたのか、書類通過率としては高かったと記憶しています。また、ウェブ業界用の面接対策や、求人閲覧専用のサイトを利用したり、この業界らしいサポートは良かったです

出典:http://agent.jobmark.jp/workport.html
 

20代女性:営業企画
大手はなんとなく気が引けて、ワークポートに登録しました。

小回りのきくサポートと、アドバイスをいただけた。

最初の面談で案件は紹介されなかったが、翌日にしっかりかんがえて提案をしてくれた。

面接対策も電話でしてくれて、おかげで納得の行く転職ができた。他のエージェントを使っていないから比較はできないけれど、満足度は満点。

出典:http://career-theory.net/workpotrt-reputation-7767
 

30代男性:IT
自分の要望に合わせた企業を面談当日に10社ほど紹介してもらい、そのうちの5社へ応募しました。 応募や選考の進捗管理は専用のツールを提供してもらえるので、複数社の選考を同時進行で進めたとしても管理の手間がさほどかかりませんでした。また、担当コンサルタントとの情報共有もそのツールを介して行うため、コミュニケーションは楽で、ストレス無く進めることはできました。

出典:http://agent.jobmark.jp/workport.html
 

30代女性:サポートセンター
面接準備の資料をいただき、自分の今までのキャリアを整理するのに非常に役立った。連絡を担当の方から、マメにいただけて良かった。

出典:https://www.workport.co.jp/voice/detail.html?id=4296

悪い口コミ・評判

厳選した、絶対に見るべき「悪い口コミ・評判」を10件ご紹介します。

30代男性:外食産業
私ではなく友人の話になるが、「異なるサイトに登録したのに、いきなりワークポートの案内がきて、電話までかかり面食らった」と言っていた。私は経歴から使える転職サイトが中々見つからず、困っていたときの案内だったので救われたが、人によっては不快だそうなので、突然連絡するのはやめたほうが良いかもしれません。

出典:https://www.workport.co.jp/voice/detail.html?id=4315
 

20代女性:金融専門職
どんな人生を歩みたいか、という観点からキャリアアドバイスを行ってくれた。

とても勉強になる初回面談だった。

しかし、案件についてはリクルートやDODAのほうが多かったし、初回面談以降は機械的にメールが送られてくるだけでちょっと物足りなかった。

出典:http://career-theory.net/workpotrt-reputation-7767
 

30代男性:営業
特にコンサルテーションはなかった。

事務的に案件を紹介してもらい、YES/NOで返し、理由を聞かれる。

自分みたいに特にキャリアにこだわりがなければいいが、ニーズをとらえて提案してほしいなどといった方は不向き。

出典:http://career-theory.net/workpotrt-reputation-7767
 

20代女性:営業事務
ワークポートの事は私の会社に転職してくるエンジニアがワークポート経由の人が何人かいて、IT業界の求人が多いことと、事務でも大丈夫って聞いていたので、登録することにしました。

他に2社ほど転職エージェントを使いましたが、正直キャリアコンサルタントの質ってところを考えると他社の方が良かった気がします。

出典:http://itcamp.izakamakura.com/hyouban.html
 

20代男性:エンジニア
eコンシェルのアプリが重い。
 
30代女性:IT
キャリアカウンセリングでは自身の経歴をきちんと聞いてくれ好印象を持ちましたが、年齢や経歴から思っていたよりも紹介できる案件が少なくなってしまうとのこと。とりあえず希望していない業界や職種でも積極的にチャレンジしていきましょう、とのことでしたが、紹介案件は半年間で2回ほど。状況確認等の連絡はありませんでした。
 
IT営業
案件にやっぱり限界を感じた。ここの案件ありますか?という質問に対して、最大手エージェントと比較するとNoが多かった。

IT・ Webに強いとはいえど、最大手と同じくらいか、やや上回るくらいなんじゃないかと思う。

出典:http://career-theory.net/workpotrt-reputation-7767
 

30代女性:秘書
事務職では求人数が2社でした。他社は5社ほどあったので少ないと感じました。担当の転職コンシェルジュは対応の早い方で助かりました。

出典:https://pascase.net/wa-kupo-to/riakomi/kutikomi-wor011.php
 

30代男性:テレビ局
大阪での転職活動だったので、東京のみ開催セミナーに参加できなかった。

出典:http://www.workport.co.jp/voice/detail.html?chk=&id=4342
 

20代女性:営業
私自身も連絡しづらい時がありましたが、時々確認連絡が遅くなったので、少し不安になることがありました。

出典:https://www.workport.co.jp/voice_women/detail.html?chk=%E5%A5%B3%E6%80%A7,0,1,0&id=4307

登録とその後の流れ

ここまで口コミや評判を見てきて、『ワークポート』の良いところや悪いところがよくわかったと思います。

特に『ワークポート』は登録が非常に楽なので、少しでも迷っているのであれば、転職のプロに任せられるし無料で登録できるので、まずは登録してみることをオススメします。

ここからは、登録しようと考えている人に向けて、登録の仕方からその後の流れまでをご紹介します。

登録の仕方

まずは『ワークポート』の登録ページに移動し、「転職支援サービスのお申込みはこちら」というところへ移動してください。

そうすると個人情報を扱う登録ページへ移動するので、指示に従って項目を埋めていってください。

この登録は、大きく分けて以下の3項目について書いていきます。

登録項目

  1. あなたの個人情報
  2. 転職に期待すること
どれも、嘘を書いてしまうとサービスを受けられなくなってしまったり、転職が満足する結果で終わらなかったりするので、正しい情報を書いていきましょう。

これが全て終われば、登録は完了です。

 登録後の流れ

無事に登録が完了すると、『ワークポート』はあなたが転職できるまで全力でサポートしてくれます。全体的な流れとしては以下のようになります。

サービスの流れ

  1. 登録後1週間以内に、キャリアコンサルタントからメールもしくは電話で面談の案内をされる。
  2. あなたのキャリアや、転職条件の希望などに関することをキャリアコンサルタントと面談。
  3. 求人紹介(非公開案件含む)や企業情報を紹介してもらう。
  4. 面接のテクニックや職務経歴書の添削など、内定をもらうための指導の実施。
  5. キャリアコンサルタントとの面談後、企業への応募、日程調整を行う。
  6. 内定獲得後、円満退職のアドバイスや入社日の調整をキャリアコンサルタントが行う。
このように、転職エージェントではほとんどの転職に関わる部分をキャリアコンサルタントが代行してくれます。

そのため、『ワークポート』に登録することで、あなたの転職活動がよりスムーズに、より良い条件で転職できることをお約束します。

まとめ

いかがでしたか?

ワークポート』は、IT業界に関していえば大手転職エージェントにも負けない求人や、知識を持っています。

また、IT業界には若年層が多く若い人がメインで使われているので、まだキャリアがない、または少ない20代の人には非常におすすめできる転職エージェントです。

それでも、他の業種に関してはおすすめできないので、視野を広げる意味も含めて『リクルートエージェント』や『DODA』といった大手の転職エージェントと併用することをおすすめします。

『ワークポート』は、あなたがIT業界転職を考えているのであれば、必ず登録するべき転職エージェントです。

また、その他の転職エージェントのおすすめランキングを『【経験者推奨】年収100万円アップ確実なおすすめ転職エージェントランキング』の記事でご紹介していますので、こちらもご参考ください。

あなたの転職活動が成功することを心から願っております。

※記事の内容は、執筆時点での最新の情報となり、サービス内容・利用料金等を保証するものではありません。この記事の情報を基に行動する利用者の判断について、当社は一切の責任を負いかねます。サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、しかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

ワークポートの口コミ平均評価

3.2 3.2 (全20件)

あなたの評価を教えてください!

  • 07月03日

    rate 1

    ワークポートに登録する前は、エンジニアの求人に特化したレバテックキャリアを利用していたが、それだけでは少し不安だったのでワークポートも並行して利用してみることにした。ワークポートを選んだのは、希望する職種がエンジニアで、エンジニアの求人が多いところを探していたからで、ワークポートはIT系企業に強いと宣伝していたので、登録して利用してみることにした。
    担当になったエージェントと話してみると、IT系企業に強いと言っている割には業界や業務内容について知識が乏しく、自分の希望する仕事内容や条件自体があまり理解できておらず、伝わっていない様子だった。案の定、紹介してくる求人も業界では有名な「激務、人手不足」という企業ばかりで、高収入だということだけしかメリットが言えないようなところばかりだった。
    求人の内容だけでなく、エージェントの対応も稚拙で、高収入以外のアピールポイントを提示してくるわけでもなく、いつも同じような説明が多かったように感じた。ほかのエージェントでは、普通「コンサルタント」と言っているところを、差別化して「転職コンシェルジュ」とうたっている割には、プロの知識や提案を期待できるレベルにないと感じた。
    ワークポートのホームページには、紹介先企業としてIT系の有名企業のロゴがいくつも掲載されているので、IT業界に強いのだと思ってしまうが、担当エージェントのスキルや求人内容を実際に見てみると、IT系の専門性が高いとは思えなかった。

  • 07月02日

    rate 4

    新卒入社でIT系企業の営業で働いていましたが、業務内容が性格に合わず、営業事務に部署変更してもらって働いていました。部署替えしてもらったのはよかったのですが、営業事務といっても残業ばかりで、終電は当たり前という職場だったため、今後のことも考えてもっとプライベートの時間を多く持てる会社に転職しようと思い、活動を始めました。
    複数の転職エージェントに登録して、求人の紹介をもらっていましたが、最も多くの求人をもってきてくれたのはワークポートでした。ワークポートのコンサルタントは、ネット業界についてとてもよく知っていて、私の話にも共感してくれるので、一番話しやすい人でした。コンサルタントが話しやすくて気が合うというのは、転職に直接は関係なくても、やはり気持ちよく活動を進められるのでラッキーだったと思います。
    私自身、IT系の企業で残業が多くないところで働きたいという難しい条件を示していると思っていたので、ワークポート以外のエージェントでは、なかなか求人がないとか、もう少し妥協できないかといったことばかり言われ、紹介された求人数は少なかったです。こちらの条件が厳しいので仕方ないのかという思いもある中で、それでもワークポートは一番多くの求人を紹介してくれて、最終的に内定もワークポートの紹介案件でもらうことができました。
    どんなに大手のエージェントであったり、面接や書類のいいアドバイスをもらえたりしても、紹介が少ないのであれば意味がありません。しっかりと企業の人事との連携ができていて、多く案件を持っているエージェントでなければ、取れる内定もとることができません。やはり、転職活動で一番重要なのは、エージェントがいい求人を持ってきてくれるかどうかに尽きると思います。
    私はワークポートに登録したかいがあったと思っています。

  • 07月01日

    rate 2

    転職活動を始めたきっかけは、前職の職場の雰囲気が悪く、離職者も多かったので、少しでも働く環境のよい企業に転職をしたいと思ったことがきっかけでした。
    ワークポートは、ホームページの構成が少し変わっているという印象をもっていましたが、転職活動関連のサイトを見ていた時に、いい評判が書かれているものがいくつかあったので登録して、利用してみることにしました。
    担当者の説明では、小規模で社員同士が仲のよい、いい雰囲気の会社や未経験での採用案件も多いと言っていたので、職場環境を改善したかった私にはあっていると思って信頼していました。しかし、紹介された企業をよくよく調べてみると、離職率が高いので常に人材不足だから未経験者の採用があるという企業でした。
    担当者の説明と会社の実態があまりにかけ離れていたので、ワークポートの担当が言うことを全部信用してはいけないなと思ってしまいました。
    ワークポートについての他の口コミにもありましたが、持っている案件は、大手企業よりも中小企業中心で、IT系のベンチャーが多いというのが感想です。とにかくベンチャー企業に勤務したくて、年収や勤務時間、職場環境などはあまり重視しない人にとっては向いている転職支援サービスかもしれませんが、安定していて職場環境を重視する人にとってはあまり利用するのはお勧めできないと思います。私も、今回は職場環境を改善したいという自分の希望に合わなかったのでご縁がありませんでした。

  • 06月24日

    rate 2

    残念ながらあちらの都合で話を進めたがるという印象です。途中で利用をやめました。
    頻繁に連絡をしてくるものの、こちらの意向をくんで、もしくはこちらのキャリアアップを真剣に考えてくれてということではなくて、担当者の都合でとにかく求人を紹介してくる感じでした。例えば、私が希望もしていない営業の職種(おそらく転職市場では一番求人が多いもの)を紹介してくるなどです。それまでのキャリアを考えてみ自分に向いているとも思えないし、長続きさせる自信もないと伝えても、給料がよかったり福利厚生など待遇もよい場合もあるから全体としてキャリアを再度考えてみてはどうか、などをしつこいくらいに説明されました。その説得は本当に私のためにしたものなのかわかりませんでした。不慣れな職種で転職したとして、実力を発揮してやりがいをもって働けるケースというのはどれほどあるのでしょうか。そのあたりは担当者と私とで考えが違ったのかもしれません。
    エージェントは転職の仲介実績がそのまま収支に影響しますし、きっとその担当者もノルマに追われるなかで1件でも多く、それに早くマッチングをして効率的に稼ぎたいのだと思います。それはサービスとしてこちらも満足できればもちろん問題あるものではありません。しかし今回においてはこちらの意向を無視して一方的に情報を提供されたという印象が強く、高品質のサポートを受けられるという風には思えませんでしたので、最終的には利用を終了しました。

  • 06月24日

    rate 4

    初めての転職活動で右も左も分からない状態だったので、手取り足取りアドバイスして頂けるエージェントに登録することにしました。いくつかのエージェントに登録をして実際に面談をしてみたのですが、あまりこちらの話を聞いてくれないエージェントが多く困っていました。ワークポートに登録して面談したのは口コミをみて丁寧に対応してくれるという評判が多かったためです。実際に担当してくださったエージェントの方もとても丁寧に説明をしてくださり、こちらの話もしっかりと聞いた上で今後何から始めていったらよいのか、何が必要でどのように進めていけばよいのかを話してくれました。初回の面談の際に一定量の求人も紹介してもらえるところもモチベーションを上げる意味ではとてもよかったと思います。初回の求人はこちらの希望とマッチしていたわけではありませんでしたが、こちらの要望や応募するかどうかの傾向を見て少しずつマッチしていっている実感がありました。求人数は大手と比べると多くはありませんが、その分質は良いほうだと思います。私は初回に紹介して頂いた求人から積極的に応募していたので、早い段階で書類選考も通ることが出来、エージェントの方が各企業の傾向などを教えてくださったおかげで2か月程度で内定をいただくことが出来ました。内定をいただいた後も内定先企業とのやり取りを間に入って進めていただけたおかげで安心して初出勤日を迎えることが出来ました。内定後の作業を一人で行うことを考えると不安だったのでそういった意味でもワークポートにお願いしてよかったと思います。

  • 06月22日

    rate 4

    転職活動をはじめたばかりのころは、自分から応募する形の転職サイト(リクナビ、マイナビ転生、エン・ジャパンなど)だけを利用していたのですが、うまくいかずに行き詰まっていました。そんな時期に転職サイトのスカウト機能に登録していたことからワークポートの方からある求人について連絡をいただきました。その求人先がとても気になり、一度転職エージェントも利用してみたいという気持ちから相談に行くことになりました。 
     
    最初に品川のワークポートのオフィスでカウンセラーの方と面談をしました。相談は個室がたくさんあったので、話するのに周りを気にしないように配慮されていて、落ち着いて話ができたのが良かったと思います。全て終わるかでには2時間ぐらいはかかったと思います。 
     
    最初に希望や条件、今までの状況などの聞き取りなどをしていただきました。そして、自分の持っていった履歴書や職務経歴書を添削してもらいました。修正案を一緒に考えながらブラッシュアップしていき、さらに良いものになったと思います。 
     
    その後、希望の条件にマッチした案件をピックアップして持ってきてくださいました。ここのなかから吟味して何件かすぐに応募することに決めました。ただ条件があり、選考に通った場合には相手企業とワークポートさんの関係性から、必ず面接を一度は受けてほしいとのことでした。そのため、本当に行きたいと思える企業だけに絞りました。
     
     
    その後、eコンシェルというシステムの説明がありました。これは、案件の紹介から応募、ワークポート担当者との連絡や面接先との日程調整、スケジュールの管理などができるとのことで、このシステムで完結するのでとても使いやすく便利でした。 
    後日、改めて条件に当てはまるものを次々と紹介していただき、2ヶ月ぐらいはかかりましたが、無事に転職先が決まりました。途中のフォローもしっかりしていただきました。

  • 06月21日

    rate 5

    ・男性のエージェントさんに対応してもらったのですが、終始紳士的な対応で好感が持てました。希望職や希望勤務地、希望年収を伝えるとすぐに私の希望にあった求人を紹介してもらえました。エージェントさんの迅速かつ丁寧な対応に、とても安心感がありました。
    ・取り扱っている求人数が多いだけでなく、求人の質も高く感じました。ワークポート経由で応募した企業は、大手企業ばかりです。求人数で他社と競うのでなく、求人の質にもこだわっている企業だなと感じました。
    ・五反田オフィスにて面談をして頂きましたが、とても綺麗なオフィスで驚きました。面談室もプライベートが守られるよう個室となっていた為、他人の目を気にせず自分の希望を伝えることが出来ました。
    ・ワークポート経由で2社ほど応募しました。その内の1社は書類選考が通り、面接となりました。この面接が決まった時に、エージェントさんも一緒になって喜んで下さり、とても感動しました。これはエージェントさんによって対応が違うのかも知れませんが、ワークポートさんには素敵な人がいるんだなと思った瞬間でした。面接が決まった後のフォローアップも完璧なものでした。面接で想定される質問内容を事前に教えて下さり、そのおかげもあって焦ることなく面接に臨めました。結果として私は、別の転職媒体から内定をもらってしまい、1次面接は辞退となってしまいました。エージェントさんに辞退する旨を伝えた際にも、嫌な顔はせず、「おめでとうございます」と言って一緒に喜んでくれました。また機会があれば利用したいと思います。

  • 06月18日

    rate 3

    ワークポートに登録したのはお得なポイント情報を検索していた時にWebの広告で見たのがきっかけでした。
    さっそくコンサルタントと呼ばれる営業担当者と面会したが、対応としては残念ながらこれはと思える助言は少なかったように思います。
    紹介された内容としても、あまり質が高くはないように感じました。数としては多いので選択肢は多いといえるかもしれませんが、他の転職エージョンとでは何か問題があって紹介しないようにしているところや、正社員ではなく契約社員のものが混ざっていて注意しなければいけません。
    ただし管理システムは良いものがあり、エントリーしたときの進捗管理がほかの転職サイトと比べてもよくできています。リクルートエージェントのような案件の数と、このワークポートの進捗管理プラットフォームがそろっていると最強ではないでしょうか。
    サポートの内容としては、こちらも残念ながら面接をどう対応したらよいかなどのアドバイスはありませんでした。職務経歴書を添削してくれるといったサービスもなかったので期待してはいけません。
    もろもろの連絡などレスポンスは早かったのでそこは良かったなと思います。
    次回仕事をかえる時は求人の種類を広げるという意味ではワークポートも一つの選択肢として考えたいです。他との併用もやはり大事かと思います。

  • 06月05日

    rate 4

    私は初めて転職活動をした際に、転職支援の「ワークポート」を利用させていただきました。初めてだったので、面接の仕方や書類の書き方、面接結果のフィードバックなど、活動を進めるうえで役に立つ多くのアドバイスをいただき、いろんな面でとてもお世話になりました。担当者の方(転職コンシェルジュとおっしゃっていました)との面談では、面接でいい印象を持ってもらうための回答の仕方や経歴書の内容についての添削などもしていただきました。また、面接で落ちてしまったときには、理由を教えてくださったり、次の面接に活かすためにはどうすればいいかといったことも、丁寧に教えていただきました。初めての転職活動でうまくいかない部分もあったので、最初だけではなく継続したサポートをしていただけたのは心強かったです。ただ、なかなか私の希望に合った職種の求人を紹介していただけなかったのは残念でした。転職の相談にきているので、とにかく内定を出してあげなければというお考えだったのだと思いますが、こちらからすると希望には関係なく、少しシステマティックに紹介されているという印象がありました。総合職の求人は多くありそうだっただけに、どうしてそうなったのかはわかりませんが、もう少し私の希望に合った求人を紹介していただけたらさらによかったと思います。残念な点もあったのは事実ですが、求人数も多くありそうですし、転職活動を通してのサポートは最後まで丁寧にしていただけるので、初めての転職でどう活動すればよいかわからない方にとってはよいエージェントだと思います。その際には、自分の希望職種や業種、その他の条件、どの程度許容できるのかなどを、担当の方と確認しておくことをおすすめします。

  • 05月23日

    rate 5

    今回の経理の転職時にワークポートさんにお世話になりました。 
    結論から申し上げますと、とても使いやすく、転職者目線でのサービス、対応だと思いますので、また転職する際には、再度使わせていただきたいと思っています。 
     
    ワークポートさんの良かったポイントは3点あります。 
     
    1、転職サイトから、転職者にアプローチすることが早く、ワークポートさんに登録してからの反応も早いです。
    分からないことは電話でも、メールでも、担当の方にすぐに連絡が取れますので、聞きたいこと、確認したいことを、早めに対応していただけます。電話での対応も、親切丁寧です。 
     
    2、個人用のフォルダでメール管理、応募管理、プロフィールや、履歴データ作成、オススメの求人をシンプルに表示してくれます。パッと見てわかると、次の応募や、検索も、精査することも行いやすいです。
    大手の転職サイトでも、大手でなくても、ある程度は似たシステムかもしれませんが、ワークポートさんは他よりもシンプルなので、使いやすいと思います。 
     
    3、求人数、求人の質が良いです。私は転職を複数回していますので、転職サイトや、エージェントさんを沢山使わせていただきましたが、ワークポートさんの求人の質はその中でも高いです。
    また、転職者の要望にも応えてくださるので、少しハードルの高いキャリアアップの求人から、それほどハードルの高くない未経験の求人まで、タイムリーに表示してもらえます。
    キャリアアップでも、未経験の挑戦でも、どちらでも、使いやすく、求人は多く見ることができると思います。 
     
    ポイントは以上です。 
    お使いの転職サイト、エージェントにプラスして、ワークポートを、是非使ってみてください。

  • 05月22日

    rate 2

    ワークポートのホームページを見ると、いろんな業界や職種の専門カテゴリがあって、私が希望していた事務・経理・総務といった管理部門の「営業/バックオフィス」のカテゴリがあったので利用してみました。「営業/バックオフィス」のところを見てみると、私も知っている企業のロゴがたくさん載っていたくらいなので、もう少し規模の小さい企業も含めるとかなり多くの求人件数があるだろうと思っていました。サイトにも非公開求人を含めると約1万件という記載もあります。
    どんな求人があるのかとても期待していたのですが、実際には、担当の転職コンシェルジュから紹介されたのは、営業職の求人案件ばかりでした。私は管理部門の案件を紹介してほしかったので、あらためてそれに合うものをお願いしましたが、条件に合致する案件は紹介してもらえませんでした。結局は、「バックオフィス」というのは見出しだけで、なんだかんだと担当者から営業職に転職するように促される結果になりました。コンシェルジュは営業に転職したほうが稼げるという説明をしてきましたが、そもそもバックオフィスの職種を希望していたし、営業職の裁量労働制などにいい印象を持っていなかったので、いくら稼げるといっても興味が移ることはありませんでした。
    営業のほうが高収入だからといって勧められた場合でも、自分の志向に合っていないのであればコンシェルジュの言うとおりにはしないほうがいいと思いました。

  • 05月21日

    rate 5

    30代、営業職の転職で、ワークポートを利用しました。いくつか利用した転職エージェントのなかで、一番よかったです。
    私の場合、30代で営業職ということもあって、登録の面談も電話のみというところもありましたし、エージェントから丁寧にアドバイスをもらうということはなく、いつも当たり障りのないことを言われるだけでした。
    そんななか、ワークポートのコンサルタントは信頼できました。
    まず、最初の面談は電話ではなく、きちんと対面で面談をしてくれました。面談では、私の考えの甘い部分を指摘してくれたり、強み・弱みの分析、年収アップの可能性、転職活動の方向性を厳しくアドバイスしてくれたりしました。具体的な方法を教えてくれたので、一般論ではなく自分に対してきちんと話してくれているのだと感じることができました。
    面談でコンサルタントを信頼することができたので、主にワークポートで転職活動をしましたが、「eコンシェルジュ」というスケジュール管理をするシステムが便利で、面談の日や書類選考をしている企業などを簡単に管理することができました。それに加えて、コンサルタントが細目に連絡をくれて、選考企業の求める人材像や面接の質問内容などをアドバイスしてくれたのがよかったです。そのおかげで対策も十分で、面接で緊張することなく進めることができました。
    転職のエージェントは転職者からは無料で使えるので、どのエージェントがよいかは人によって違うと思います。情報は多いほうがよいので、複数の転職支援会社に登録して情報をもらいながら自分に合ったサービスが受けられるところを探すのがよいかもしれません。

  • 05月14日

    rate 1

    Web系の転職でワークポートを利用しましたが、自分としてはまったくおすすめできるところではなかったです。
    転職コンシェルジュと名乗っているコーディネーターがとにかく常識では考えられないような対応ばかりで、信頼どころか不信感しかありませんでした。たまたま担当になった人がはずれだったのかもしれませんが、ほんとうにあり得ませんでした。
    例えば、前職が忙しい時期に3日連続で面接の予定を組んで連絡してきたことがありました。忙しいと連絡していたにもかかわらずの対応だったので、今後は3日連続で入れないでほしいと正直に言ったら、自分でも3日連続の面接は大変だった経験があると半笑いで答えました。普通は、忙しいと伝えていなくても勤務しながらの転職活動だったら、常識的にそんなことはしないと思います。
    他にも、紹介する求人についても残業時間が100時間以上と記載されている求人案件を、何も考えずに紹介してきます。しかも、Web系の企業がブラック企業なのは当たり前だと言っていました。自分としては体力的にも厳しいと伝えても、そんな気持ちでいたら転職先は決まるはずがないと、勝手に怒り出す始末でした。
    こんな風に、自分のやりたくないこと、しかも経験して大変だったことを平気でやったり、自分の価値観を押し付けたり、とにかく自分勝手で不誠実なコーディネーターでした。レスポンスの速さだけはよかったのが、逆に悪目立ちする感じです。
    たまたま担当になったコーディネーターが悪かったと思われるかもしれませんが、求人自体も残業時間が多いといったブラックなところが多いので、特にWeb系で考えている方には転職エージェントとしては決しておすすめできません。

  • 05月14日

    rate 2

    転職活動を始めるとき、最初は大手転職エージェントのリクルートエージェントなどに登録しましたが、私の業務経験やスキル面が足りなかったのか、希望する条件の求人を紹介してもらうことができませんでした。いろいろとネットで調べてみると、ワークポートは登録の基準があまり厳しくないという口コミが多かったので、ワークポートに登録して活動を進めました。
    ワークポートでは、転職コンシェルジュからIT系の求人を中心に紹介されました。職種は、新規取引先を開拓する営業(営業開発という名前だったと思います)の求人提案を多く受けました。担当のコンシェルジュから聞いた話では、IT系の営業職はいつも人手不足なようで、その分報酬も高収入の場合が多いということでした。
    それなら私にも年収アップのチャンスがあるかもしれないと思い応募し、いくつか面接まで進みましたが、どの企業も圧迫面接やストレス耐性を試すような質問や態度が多くて面接自体がとても大変でした。
    結果としてはIT系の企業から内定は出なかったのですが、離職率の高さなどのよくない評判を後で知ったので、採用されなくてよかったと思っています。こういったことも事前に転職コンシェルジュから話があったわけではなく、給与が高いといった条件のいい部分だけを説明されたという印象です。
    私のように面接で大変な目にあった後で知ることがないように、ワークポートでIT系の取引先開拓営業の求人を紹介されたときには、待遇面だけでなく、会社の評判や離職率などもちゃんと聞いておいたほうが時間もムダにならないし、大変な目にも合わないと思います。

  • 05月12日

    rate 3

    これはあくまでも個人の所感ではありますが、担当してくれたエージェントは他社と比べて私のキャリアやこれからやりたいことなどについてのヒアリングは淡白で、言葉を選ばずにいえば忙しい中で流れ作業のように扱われたように感じました。
    書類の確認や校正も特に行われませんでした。これが内容がよかったから修正の必要がないということだったのか、やる気がなかったのかはわかりませんが。
    ただメールのレスポンスはスピーディで、紹介される求人情報も多かった印象です。希望に対する一致度も高かったので、仕事としてはきっちりやってくれたのかなとも思います。
    有名どころの転職サイトより良い案件を紹介されたかなとも思います。
    ということで、面談時などにカジュアルにいろいろ相談できて気持ちを整理していきたかった私としては物足りなかったですが、案件の多さ、マッチングの質からすると、全体としては良かったのかもしれません。
    個人で求人を見つけて一人で応募・面談するというのは骨が折れます。その意味ではやはりエージョンとは有効だなと思います。
    でも結局すべてをその担当者に任せる、丸投げするという姿勢だと最終的にはいい巡りあわせはないのでは。基本的には自分の意志や希望をしっかりもってそれを担当者にぶつけることでいいコミュニケーションができ、いい案件を紹介してもらえます。エージェントも丸投げされた仕事にはそれなりの対応しかしないと思いますので、お互いによい結果を得られるためには自分の意志をしっかりもちつつ、努力もしていかなければいけないと今回も改めて思いました。

  • 05月08日

    rate 4

    転職活動時にワークポートを利用しました。知ったきっかけは電車の広告で、当時はワークポートの名前を知りませんでしたので家でネット検索しました。
    登録時には面談が必要とのことでした。大崎の会社オフィスに行く必要があり、当初は乗り気ではなかったものの、意を決して埼玉から会社に向かいました。
    ワークポートのオフィスは想像以上にきれいで好印象を受けました。初対面のコンサルタント(担当者)は親しみやすい感じで、ためになる転職情報を多くお話してくれました。満足度が高い初回の面談でした。
    名の知れた転職会社の担当者は、紹介する会社についてあまり詳しく教えてくれないように思います。しかしワークポートのコンサルタントはその会社の良い点や悪い点を明確に示してくれる印象でした。
    なお他の転職会社が出している求人情報もあわせて紹介してくれ非常に親身になって相談にのってもらえました。
    ライバル会社の求人情報を勧めてくれた時でも「ここはとても魅力的な会社だと思いますよ。うまく選考が進むとよいですね」と応援してくれたり、逆に「この会社は実は厳しいらしいので注意したほうがよいです」と貴重な情報を教えてくれました。営業トークというよりは正直にいろいろと教えてくれていると思えたので、こちらもオープンな気持ちで面談に望められていたように思います。
    最終的には他社が扱っていた求人案件での転職がきまりました。「せっかくよくしてくれたのに売り上げに貢献できずにごめんなさい」と言ったところ「いえ、よかったですね」と祝ってくださったのもありがたかったです。
    「次に転職するときにはまた声をかけてくださいね」としっかりアピールされましたが、いやな気持はせずむしろ本当に次の機会にはワークポートさんに相談してみたいなと思っています。

  • 05月02日

    rate 2

    これまでもいくつかのサービスを利用していたので、一つにしぼるのではなく、何件か転職エージェントを利用しようとしていた。今回はその中でも最初に登録をしたのがワークポートだった。
    まずは面談となった。一般的な質疑応答を行い、転職の動機や希望職種、これまでのキャリアなどをこちらから説明した。そこでは特に問題なく淡々と進み、次に今後の連絡の取り方などを担当者から説明してもらった。説明によると、以後はワークポートの独自のプラットフォーム「eコンシェル」で連絡をとりあい、送られてきた仕事の情報をみて応募するということであった。面と向かったやりとりが普通であったので、こうしたプラットフォームが用意されていることは多少驚いた。
    その後ひと月くらい使ってみたがかなり使い勝手がよく積極的に案件に対してエントリーをするようにしました。e-コンシェルですべてが完結するので担当者とコミュニケーションすることがないのがマイナスですが、その代わりにスピーディに活動ができることはメリットだと感じました。
    いずれにしても他の転職サイトを利用したとしても、ゲットできる求人情報があまり多くなかったり、あまり自分に合っていないものが適当に送られてきたりするので、そうした状況でよいとするなら、ワークポートの便利なシステムで機械的に活動していくほうが精神的にも楽かもしれません。
    よい職と出会うにはいろいろな努力が必要で、一つのエージェントに頼るのではなくて特徴を理解したうえでいろいろなサービスを併用してリサーチをしていくのがよいと思う。

  • 04月28日

    rate 2

    私は40代ですが、給与面も重視しながらャリアチェンジをしたいと思い転職活動を始めましたが、個人で応募してもなかなか書類で通らなかったため、転職支援会社を利用することとしました。
    支援会社はいくつかあると思うのですが、そのなかでワークポートはあまりうまく活動が進まなかったエージェントでした。
    そもそも、コンシェルジュが若い人が多く、私のような40代の転職希望者はあまり対応したことがなかったのかもしれません。
    また、求人自体も年齢、経歴に合うものが少ないようで、申し訳なさ程度に数件紹介してもらっただけでした。それらも報酬は年齢・スキルや経験に応じてというところや、現職とあまり変わらないところばかりだったので、応募する気になれませんでした。
    紹介された求人を見たところ、20代、30代の若い転職希望者対象のところが多く、未経験可の募集も多くあったので若い人には向いているエージェントかもしれませんが、私のような40代の転職希望者には向いていないのだと思います。
    結局私はつてをたどって、知人の会社に転職することにしたので、エージェントを使っての転職は実現しませんでした。
    ワークポートは、ウェブサイトは使い勝手がよかったので、サービスにも期待していたのですが、その分残念でした。また、一つ残念だったのは、ほかで内定が出たころを伝えるとすぐにサービスが受けられなくなったので、ほかで内定が出てからもワークポートを使いたい方は、しっかりとコンシェルジュに連絡しておく必要があると思います。
    ご参考になれば幸いです。

  • 04月22日

    rate 4

    急な転職をなんとか成功させようと転職エージェントを探しました。その結果、大手とワークポートにまずは利用者登録を行いました。
    大手については印象があまりよくなく、どうもエリート感があるというか、横柄な雰囲気が感じられて正直な話をするのは難しかったように思います。一方でワークポートの担当者はカジュアルに話ができ、本音のところをうまく伝えられる感じがしました。転職活動はけっこう孤独なもので、こうして気軽に話せるというのは重要なことだと思います。なかなか自分の気持ちを整理できないときもありますが、話すことで自分が何をやりたいのかなどが整理されるのでやはりエージェントを利用する限りはそうした会話がしやすいところを選ぶべきだと思います。
    ワークポートはeコンシェルという利用者用のシステムを提供していてそちらはとても使いやすかったです。というのも会社の名前や選考のスケジュールの管理は活動を積極的にやればやるほど難しくなります。特に現業があるなかで隙間時間に転職活動をすることになります。システムがあることで情報を一元管理できて非常に助かりました。
    とにかく量でサービスしてくる大手より、そのなかからうまくフィルタリングできるワークポートのほうが楽に転職活動を勧められました。最初は複数のエージェントを併用していましたが、最終的にはワークポートをメインとしました。
    担当者のレスもスピーディで、ちょっとした連絡はアプリからできたので便利でした。

  • 04月14日

    rate 5

    転職サイトを利用して、一番よかったのはワークポートでした。
    サイトに登録してから、面談までの期間がとても早く、電話・メールの連絡がとても早かったのがよかったです。特に、土日も面談してくれるので助かりました。面談では、親身になって話を聞いてくれ、とてもいい印象でした。
    登録から案件紹介までの間には、経歴書の添削を丁寧にしてもらいました。初めての転職活動だったので、こういった細かなミスなども添削してもらったことで、だいぶ不安がなくなっていきました。また、自己PRの書き方などは新卒の就活と違ったので、アドバイスを受けておいてよかったと思いました。
    紹介された求人5社ほどに応募し、翌日に1社の書類選考通過の通知をもらいました。結果的にはその会社には決まらなかったのですが、ワークポートのシステムから非公開求人が見られるので、そこから応募しながら活動を進めました。
    最初に求人を紹介された面談の時、自分の希望以外の案件を紹介されたときにはびっくりしてしまいましたが、業種変更をしたほうが年収は上がる、業界の中でもいろんな会社があるので仕事が選べると説明されたので、納得して業界を絞りすぎることなく応募しました。
    こういいた丁寧なアドバイスを受けていたので、選考は順調に進み、内定をいただくことができました。サービス業からIT系への転職だったため不安はありましたが、過去の転職事例なども説明してもらったので決めることができました。
    他の転職エージェントでは、面談も一方的にヒアリングされている感じだったり、経歴書などにも細かなフォローがなかったりしたので、転職エージェントの中ではワークポートはとても親切なエージェントだと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加