ライターの仕事|種類や内容を知って理想のキャリアを手に入れよう

あなたはライターという職業について詳しく知っていますか?近年リモートワークや副業としてライターをする人が増えてきています。ライターはインターネットが手軽、かつ安心して利用できるようになったからこその職業でもあるといえます。ライターの仕事内容ややりがいなど、気になっていた情報盛りだくさんなので、あなたもこの記事を見読んでライターという職業に挑戦してみましょう!

ライターの仕事の内容・業務

ライターの仕事の内容はPCやタブレットを用いて、文字を書くことです。大まかに分けて0から文章を作成するものと、1度書かれた文章をさらに読みやすく手直しするといった業務に分けることができます。

基本的には文章作成が仕事内容となりますが、会社に属している場合、企画や構成、編集をすることもあります。

ライターの1日の仕事の流れ

どこかの組織に属している場合と、フリーランスで仕事を受注している場合で、1日の仕事の流れは大きく変わってきますが、以下が大体の流れです。

またフリーランスの場合は時間を自由に使うことができるため、19:00から深夜など、また早朝に執筆することも可能です。

組織に属している場合 フリーランスの場合
AM8:00 出社 睡眠中
AM9:00 業務開始(打ち合わせ、会議) 朝食後、執筆
PM12:00 お昼休憩中 お昼休憩中
PM15:00 執筆、フィードバック 執筆、受注
PM17:00 執筆(すぐに手直し可) 執筆(フィードバックは後日)
PM19:00 状況次第で残業、退社 執筆もしくは終了

 

現在、「クラウドワークス」や「ランサーズ」などのクラウドソーシングサービスが多く存在しており、登録してフリーランスでライターの仕事を受注している人は多くいます。

クラウドソーシングサービスに登録し、ライターの仕事をしている方は主婦や産休中の方が多く、子育てや家事などの合間、など自分のペースで働くことができます。

ライターの仕事の種類

ライターには大きく分けて、「専門ライター」と「フリーライター」の2つの種類があります。

「専門ライター」は、1つのジャンルを極めているライターを指します。例えばグルメライターであれば、グルメに関することだけを専門分野とし執筆していきます。

ただしグルメライターとひとくくりにしても、グルメの紹介、お店の紹介から食材、調理器具、生産地についてなど、多方面からの視点が必要になってきます。ジャンルによっては、想像しているお仕事とは違う可能性も大いにあります。

「フリーライター」はいくつものジャンルをこなすライターを指します。適応能力や幅広い知識を求められるので、ライター初心者には難しい領域です。

書籍ライター

掲載先がインターネットではなく書籍である場合です。小説や、近年流行中の自己啓発本など様々なジャンルが存在しています。

レシピ本や写真集、雑誌などもこの書籍ライターのジャンルに入り、ネット媒体よりも紙媒体のほうが紙面辺りの単価は高めです。

WEBライター

ジャンル関係なく、自身が執筆した記事がWEBサイトに掲載される場合、WEBライターとなります。

紙媒体よりも単価は劣りますが、初心者からでも稼げるので始めるためのハードルはかなり低めです。クラウドワークスなどのクラウドソーシングサービスに登録すれば、非常に多くの求人が出てきますので、自分の得意な領域やジャンルを選んだり、新しいジャンルに挑戦することもやりやすくなっています。

トラベルライター

主に旅行に関しての記事を書くライターのことを指します。旅行、国、その先にある建築物や温泉などのスポットについて執筆する際も、トラベルライターとなります。

トラベルライターは実際の現場の写真が求められることが多いため、旅行が趣味であったり本業で海外出張が多い人などにおすすめです。

ゴーストライター

ライターとして記事を執筆しているものの、一切表舞台に立たないライターのことを指します。誰か代役を使ったり、名前すら明かさないライターもいます。

ゴーストライターの場合身分を一切明かせないので、ネット上で仕事を受注するフリーランスの働き方の場合には向きません。

ルポライター

経済や社会関係のジャンルについて執筆するライターを指します。ジャーナリストのような存在ですが、特にルポライターとジャーナリストの線引きはありません。他のジャンルよりも専門性が高く、難しい内容となっています。

前職では報道や経済に関する仕事をしていた人が多いのが特徴的です。

グルメライター

グルメに関する記事を執筆するライターを指します。食レポ、調理人目線からの記事以外にも、飲食店HPやお酒、食材そのものについての記事を執筆するなど、多岐に渡るジャンルをこなします。

個人の趣味から始める人も多く、ラーメン、カレーなど人気のある食べ物についての食レポを趣味で執筆していたが、非常に有名になってグルメライターとして本業にしている人もいます。

美容・ファッションライター

メイク、ヘア、トレンドなどの美容やファッションについての記事を執筆するライターを指します。身近に存在するものなので、ライターが入門としてまず手がけることが多いジャンルです。

求人ライター

アルバイト先を探す際によく使う、求人サイトを執筆するライターです。コラムなどの記事とは構成が異なるので、独立して求人ライターと呼ばれる場合が多く、他のジャンルと掛け持ちしている場合がほとんどです。

ライターの仕事のやりがい

ライターのやりがいといえば、新しいジャンルに挑戦したり、難しい内容の記事を完成させたときは、なんとも言えない達成感を感じることができること、自身が執筆した記事を多くの人に見てもらえるということでしょう。

ライターは、Webライターとしてクライアント相手に仕事をする場合、画像の挿入のレギュレーションがたくさんあったり、情報収集するべきことがたくさんあったりして、記事を完成させるのにかなりの時間を要してしまうことも多々あります。

記事が完成し、完成した記事が検索順位が上昇したり、PV数が増えた時など、目に見える形としてやりがいを感じ取ることができます。

ライターの仕事の辛い部分

ライターの仕事は、フリーランスの場合は自由度が高く、辛いことはあまりイメージできないと思いますが、ライターの仕事には以下のような声が辛い部分として多く寄せられています。

  • 在宅での仕事であると孤独
  • 出来高制がほとんどなので体調崩すと収入0
  • 内容のインプット
  • 伝えたい事を文字に起こす大変さ
  • PC機能を覚える

ざっと何点か挙げましたが、勤務条件や人によって大きく変わることでもあるため、これだけに限りません。伝えたい事を文章にまとめることが苦でなければ、ライターの仕事には向いているといえます。

また在宅ライターには同期や先輩がいません。クライアントと呼ばれるお客様とのお仕事になりますので、人目を気にせず仕事ができる反面、切磋琢磨しあえる仕事仲間がいません。

また、自主的にどんどんスキルアップして仕事を進められる人はいいですが、一人で仕事をしているとうまく書けずにモチベーションが下がってしまったりすることもあるので、人脈を増やすたりスキルを上げるためには、自主的にコミュニティーなどに参加する必要があります。

ライターの仕事をするには

実はライターに資格はありません。ライターと名乗ってしまえば、ライターになれるといった部分が、ライターは誰でもなれる職業と言われやすいことに繋がります。

専門的な文章を書くことになった場合、募集時にそのテーマに沿った資格を持っていると有利な場合がありますが、ライターになるための資格というものは存在していません。

ただし、いきなり文章を書くということは難しいのが事実です。記事を検索上位に上げるため、SEO対策や記事構成の仕方を勉強するとよいでしょう。

上質なライターを目指すなら、ライティング作業だけでなくSEO対策や企画、構成、編集くらいまで出来たほうが、クライアントには喜ばれます。

また、転職エージェントを利用することで簡単に就職することができます。

転職エージェントは完全無料で利用することができ、転職や就職に関わるほとんどの面倒な作業を代行してくれ、転職のプロであるコンサルタントからアドバイスをいただくことができるため、転職初心者の方は使わない手はないです。

より詳しく転職エージェントについて知りたい方は下記記事にて転職エージェントに関する全ての情報をお伝えしております。

気になる方はチェックしてみてください。

転職エージェントとは|全てを理解し正しく使うための全情報

「転職エージェントって何?」 「転職エージェントの仕組みが知りたい」 「転職エージェントってどうやって選べば良いの?」 このように悩みを抱えている方はとても…

2017.11.10

おすすめの転職エージェント

転職エージェントによってはキャリアコンサルタントの対応が雑だったり、求人数に差があったりします。

そのため、本当におすすめの転職エージェントを利用しないとあなたの貴重な時間が割かれてしまう可能性があります。

転職初心者の方におすすめしたい転職エージェントは「リクルートエージェント」と「DODA」、「パソナキャリア」の3つです。

複数登録することで、それぞれの転職エージェントの弱みを補いあうことができるので、転職エージェントを利用する際は複数登録することをおすすめ致します。

詳しくは下記記事にて解説しておりますので、ぜひご参考ください。

複数の転職エージェントを掛け持ちで利用すべき?理由付きで徹底解説

「転職エージェントを複数利用したほうが良い」 このような意見をよく聞くことがあります。 結論から言いますとこの知識は正しいのですが、複数の転職エージェント…

2017.11.10

「リクルートエージェント」は、業績や求人数など他の転職エージェントと比較して圧倒的な実績を誇る転職エージェントです。

転職エージェントを利用する際はリクルートエージェントを利用しない手はないでしょう。

リクルートエージェントは転職をする全ての人におすすめの転職エージェントです。

「DODA」は業績、求人数共に業界第2位という大手転職エージェントで、登録者のペースに合わせて転職活動をしてくれますし、転職初心者にも優しいキャリアコンサルタントが在籍しています。

求人数も多く、求人の質も良いので全ての人におすすめの転職エージェントです。

また「パソナキャリア」もキャリアコンサルタントの質が高いと業界で有名な転職エージェントです。

業績は業界で第4位、求人数はリクルートエージェントやDODAに比べると少ないのですが、求人の質も良く、何と言ってもキャリアコンサルタントの質は業界でもずば抜けて高く、とにかく登録者の気持ちを優先して対応してくれますし、転職初心者にも優しくキメの細かいサポートが特徴です。

ライターの仕事の主な就職先

ライターの主な就職先は出版社の下請けとして記事制作を行う、編集プロダクションや制作会社になります。また在宅の場合はフリーランスで仕事を受注するといった方法もあります。

会社に属した場合、基本的には企画の責任者である出版社の編集者から指示を受け、記事を執筆することになりますが、自社で雑誌や本を企画・刊行している場合は、ライターが雑誌や本の企画の発案から携わるなど、大きな裁量権をもっていることも多いです。

このように、会社に属する場合はライティング作業以外にも企画、編集を任されるときもあります。向上心を持っている人であれば楽しんで仕事が出来ますが、ライティング以外はしたくない!と考えている人には多少不向きです。

どちらも収入は安定させることは可能なのですが、収入的に最初から安定した環境で仕事をするなら会社へ就職する、実力を試してみたかったり自分の書きたいもの分野だけで勝負したい!という場合はフリーランスになる、というのが良い道となります。

ライターの仕事はとても魅力的

実はライターの仕事は、普段伝えたい事を相手に伝えるのに時間がかかってしまう人に向いている仕事です。

ライターと名乗れば、文章を書くことや言葉を伝えることに才能があると思われがちですが、伝えたい事をどう相手に話せば分かりやすいかと考えられる、丁寧な伝え方を模索する人が1番ライターとしての才能があります。

口げんかでは負けてしまうけど、論理的な伝え方はできるといった人には天職に思えるライターの仕事。自身の知識が増えることや人に教えるといったことが好きな人にも、魅力的なお仕事なのです。

また、大きな組織や会社で働くことに抵抗感があったり苦手意識がある、人と関わるのが得意でないという人も、ライターの仕事なら時と時間を選ばずに、人間関係に煩わされることもなく、自分のペースで仕事することができます。

何かを発信したい、伝えることが大好きという人は1度ライターの仕事に挑戦してみてくださいね。新しい世界が見えることとなるでしょう。

※記事の内容は、執筆時点での最新の情報となり、サービス内容・利用料金等を保証するものではありません。この記事の情報を基に行動する利用者の判断について、当社は一切の責任を負いかねます。サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、しかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

このエントリーをはてなブックマークに追加