【転職理由別】30代の転職を成功させるポイント

 

 

30代での転職は難しい、と言われていますが、果たして本当のことなのでしょうか。実際のところ、これは正しくもあり間違いでもあります。30代で転職した方はたくさんいますし、諦める必要はありません。

ここでは、30代が転職するときの理由や、転職のポイントなどについてまとめてみました。転職を考えている方は、ぜひ参考にしてください。

 

30代の転職は難しい?

30代が転職に難しいと言われる理由はいくつかあります。30代ともなると、キャリアチェンジは覚悟が伴いますし、実績の有無が問われることも多いです。ただ、キャリアアップはしやすいため、必ずしも転職が難しいとも言えません。

キャリアチェンジは覚悟がいる

キャリアチェンジとは、まったくの異業種に飛び込むことを言います。つまり、建設業界でずっと働き続けてきた人が、いきなり美容業界に転職するようなものですね。習得してきたスキル、経験を活かすことができません。

30代となると、一つの業種、職種でさまざまなスキル、多くの経験を得たはずです。それを無にしてしまうため、キャリアチェンジには相当な覚悟が必要となるでしょう。

キャリアアップはしやすい

一定のキャリアはあると考えられるため、そこからさらなるキャリアアップを図ることは可能です。特定の分野において、今よりもさらに専門的な知識や技術を身につけ、経歴を高めていけます。

即戦力を求める企業も多いですし、今よりもっと活躍できる職場が見つかる可能性も高いです。収入やポジションが上がり、仕事の幅、裁量も広げられるでしょう。30代はキャリアアップがしやすいのです。

本人の実績の有無が問われる

30代でも転職は十分可能です。ただ、本人の実績の有無が問われることが多いため、しっかりと実績を残しておくことが大切です。自身のスキルや知識をアピールするためにも、根拠として提示する実績が必要になるのです。

確かな実績があり、その会社のニーズとマッチすれば、30代どころか40代でも転職は可能でしょう。逆に、何の実績もないとなると、企業としては価値を判断しかねます。

 

30代が転職するときによくある理由

30代で転職したいと考える方は、どのような理由で転職しようとするのでしょうか。年収をアップしたい、キャリアアップしたいといった理由のほか、家庭環境の変化を理由とする方も多いです。以下の30代でに主な転職理由を詳しく見ていきましょう。

  • 年収・キャリアアップ
  • キャリアチェンジ
  • 家庭環境の変化
  • 職場環境に対する不満

年収・キャリアアップ

もっと高い年収を狙いたい、という理由で転職を考える方は少なくありません。年収が上がれば今より生活水準を上げることができますし、より人生を楽しめるようになるでしょう。 また、キャリアアップして自分の市場価値を高めたい、と考える方もいます。

転職することで、今よりも収入や待遇が良くなり、望むポジションにつけることもあります。キャリアアップも、転職動機としては多いですね。

キャリアチェンジ

30代からのキャリアチェンジは、それなりの覚悟が必要となります。しかし、それでも新しい世界にチャレンジしたい、まったくの異業種に飛び込んでみたい、という方は後を絶ちません。

キャリアチェンジすることで、より自分の能力や個性を活かせるようになる可能性があります。本当にやりたかったことができるかもしれませんし、充実した日々を送れるようになる可能性もあるでしょう。

家庭環境の変化

子供の育児をしないといけない、親の介護をする必要がある、といった理由で転職を考える方もいます。つまり、家庭環境の変化ですね。育児や介護のための転職、となると、忙しい職場から落ち着いた職場を探すことが多いです。

常に忙しい職場だと、育児や介護など到底できません。育児や介護の時間を作るため、労働時間に融通が利く会社、残業がほとんどないような職場を選ぶことになります。

職場環境に対する不満

仕事そのものは好きでも、職場環境に不満があるため転職する、というパターンです。例えば、上司が現場のことを何も考えずに業務の計画を立てる、社員同士の人間関係が良くない、といったことが挙げられます。

職場環境が悪いと、仕事に対するモチベーションも上がりません。自然と仕事のクオリティも下がるでしょうし、そこにいる意味、意義も見いだせなくなってしまいます。

 

年収・キャリアアップを目指す30代の転職のポイント

在職中は以下3つのことについて意識して仕事にあたることが、30台で年収・キャリアを上げるための転職のポイントと言えます。

  • 在職中にリーダー・マネジメント経験を積む
  • その会社で即戦力になれるように情報収集する
  • 新たな環境への適応力の経験を洗い出す

では、詳しく見ていきます。

在職中にリーダー・マネジメント経験を積む

キャリアアップは経歴を高めることなので、転職先では一つ上のポジションを狙っていくことになるでしょう。

30代だと、部下を引っ張っていく立場になることが多いので、在職中にリーダーやマネジメントの経験を積んでおく必要があります。 リーダーやマネジメントの経験があるのなら、転職してすぐにポジションが上がる可能性もあります。信頼されて、仕事の幅が広がり、自分で決断できることも増えるでしょう。

その会社で即戦力になれるように情報収集する

即戦力になれるような人材なら、転職先でも重宝されるでしょう。即戦力として活躍するには、スキルや経験はもちろん、転職先の会社についてしっかり情報収集もしておく必要があります。

同じ業界の会社に転職する場合でも、会社が違えば方針や理念、仕事のやり方なども違ってきます。企業ホームページを隅々まで目を通すのはもちろん、ネットを駆使してあらゆる情報を集めましょう。

新たな環境への適応力の経験を洗い出す

転職するということは、新しい環境で働き始めるということです。環境が変わるということは、仕事のやりやすさ、やり方なども変わってきますし、適応力が問われる部分でもあります。

転職前に、新たな環境への適応力の経験を洗い出してみましょう。今まで、新たな環境に飛び込むとき、適応できていたでしょうか。どの程度時間がかかったか、といったことも洗い出してください。

 

キャリアチェンジを目指す30代の転職のポイント

30代からキャリアチェンジするというのは、相当な勇気と覚悟が必要です。今まで得たスキルや経験を捨てて、新しい世界にチャレンジすることになるので、生半可な気持ちではいけません。以下3つのキャリアチェンジを目指す転職のポイントについてお伝えします。

  • 現在のキャリアで応用できるスキルを考える
  • その業種の業界研究は徹底的に行う
  • マネジメント経験があるなら好待遇を狙おう

現在のキャリアで応用できるスキルを考える

何か一つでも、自分のキャリアで応用できるスキルがあれば、心強いです。建設業界の営業職から、引越し業界に転職するとしましょう。このケースだと、営業で培った対人スキルがあるため、お客様とのコミュニケーションをスムーズにとれると考えられます。

明確に転職したい業界が決まっている場合でも、何か流用できるスキルがないか、考えてみましょう。意外なスキルが、新たな職場で役立つ可能性は十分あります。

その業種の業界研究は徹底的に行う

今までに経験したことのない業界で働くわけなので、一からのスタートとなります。今まで身を置いていた業界とはまったく異なる世界ですし、分からないこと、知らないこともたくさんあるでしょう。 そんな中でのスタートなので、その業種の業界研究は徹底して行わなくてはなりません。

今までの経験や得た知識は役に立ちませんし、その世界で活躍するための知識、スキルが必要となります。

マネジメント経験があるなら好待遇を狙おう

多くの企業が、マネジメント経験のある人材を求めています。マネジメントができる人がいると、部下の育成や管理も任せられますし、うまく部署もまとめてもらえます。 こうしたマネジメントのスキルは、業界が異なっても発揮できます。

そのため、マネジメントの経験があるのなら、キャリアチェンジの際にもそこを強くアピールすることができるのです。好待遇も十分狙えるでしょう。

 

家庭環境の変化による30代の転職のポイント

家庭環境の変化を理由に転職する場合は、以下4つの点をチェックすることです。

  • 会社への通勤時間や勤務時間を確認する
  • 有給休暇消化率などを確認する
  • 会社に貢献できるスキルを自己分析する
  • 年収ダウンも覚悟する

では、詳しく見てみましょう。

会社への通勤時間や勤務時間を確認する

育児や介護などの時間が必要となると、会社への通勤時間や勤務時間を確認しなくてはなりません。通勤時間が長すぎると、それだけで大きく時間をロスしてしまいます。また、会社への拘束時間が長いとなると、到底介護や育児の時間はとれません。

勤務時間は、始業から終業の定時を確認するだけでは不十分です。残業があるかないか、しなくてもいいのか、あるとすればどれくらいなのか、といったことも併せて確認してください。

有給休暇消化率などを確認する

有給休暇は労働者にとって当然の権利です。しかし、ただでさえ日本は有給休暇の消化率が悪いといわれていますし、会社によっては有休をとりにくいところもあります。

家庭の事情によっては、有休をとりたいこともあるはずなので、有給休暇の消化率は事前に確認したほうが良いでしょう。公にしている企業は少ないので、面接のときに確認します。

会社に貢献できるスキルを自己分析する

育児や介護などを理由に、残業ができなかったり、休日出勤ができないということも考えられます。会社にきちんと説明していたとしても、もしかするとほかの社員から反感を買ってしまうかもしれません。

厳しい状況に置かれることは十分予想できるので、少しでも会社に貢献したほうが風当たりは弱くなるでしょう。自分のスキルや経験などを紙に書きだし、自己分析することをおすすめします。

年収ダウンも覚悟する

キャリアアップのための転職とはわけが違うので、年収がダウンすることも考えられます。育児や介護などが理由の場合だと、そのための時間を作る、増やすことが最優先です。そのため、前職より収入が低くなる会社に転職する羽目になることは十分考えられます。

家族に割く時間が増えたとしても、年収が相当額下がったとなると、生活に支障が出ることも考えられます。そのため、年収がどれくらい下がるか、というのは事前に確認が必要です。

 

職場環境に対する不満がある30代の転職のポイント

職場環境に不満を感じ、転職しようと考える方は多いです。このようなケースだと、以下3つのことが大切です。詳しく見ていきましょう。

  • 自分が転職したい理由に優先度を付ける
  • 現状の会社から転職するメリット・デメリットを考える
  • 転職活動中に前職の批判はしない

自分が転職したい理由に優先度を付ける

転職したい理由が、一つではないことも考えられます。職場環境に不満がある場合でも、不満がたくさんあるかもしれません。転職したい理由に優先度をつければ、転職先を選ぶときに選びやすくなるでしょう。

優先度をつけるには、まず今の職場で不満に感じていることを、リストアップすることです。ノートやメモ帳を使って、不満に感じていることを書き出してみましょう。

現状の会社から転職するメリット・デメリットを考える

今の会社から転職するメリットと、デメリットを両方書き出していきます。もし、転職するメリットのほうが多ければ、その転職は正しいということになります。

逆に、デメリットのほうが多いのなら、転職はするべきではないでしょう。 冷静になってメリットとデメリットを書き出してみると、意外にデメリットのほうが多くなるかもしれません。細かいことまで、丁寧に書き出してください。

転職活動中に前職の批判はしない

意外とやってしまいがちなのがこれです。転職活動中に、前職の批判をするのはNGです。職場環境に不満を感じて転職を考える場合だと、つい面接で前職の会社に対して批判的なことを言ってしまうものです。 面接の担当者は、そうした部分も見ています。

前職に不満があるとは言え、そうした批判を転職活動中に平気でするような人を、採用したいとは思わないでしょう。褒める必要もありませんが、批判はNGです。

 

30代の転職を成功させるコツ

結局のところ、30代で転職を成功させるには、どうすればいいのでしょうか。自己アピールは数字を交えて実績を語る、円満退社できるよう準備する、といったことが大切です。ここでは、30代の転職を成功させるコツを見ていきましょう。

自己アピールは数字で実績を語ること

言葉でたくさん語るよりも、数字で根拠を示したほうが説得力があります。そのため、自己アピールの際には、数字で実績を語ることが大切です。平均して1ヵ月で10件以上の契約をとった、1年でこれくらいの売上増に貢献した、など、数字をうまく織り交ぜてアピールしてください。

円満退職できるように準備すること

なるべく円満退社したほうが、これからの人生でプラスになる可能性が高いです。転職先と前職の会社が、何らかの形でつながっているかもしれませんし、どこでどう前職の会社と関わるかわかりません。最低でも退職する1ヵ月前には意思を示す、丁寧にきちんと引継ぎをするなどしましょう。

 

【退職する準備と円満退職する方法について詳しく】

 

【転職する際は転職エージェントを使おう】

今転職活動には必須になっているサービスが転職エージェント。転職エージェントは求人の紹介から面接対策、円満退社のためのアドバイス、年収の交渉など転職にかかわるすべてを完全無料で提供してくれるサービス。

転職エージェントについては以下の記事で詳しくご紹介しています。

 

まとめ

30代からでも転職は十分可能なので、諦める必要はありません。キャリアアップもしやすいので、積極的に転職を考えてみるのも良いでしょう。ただ、転職する理由次第では、年収がダウンしてしまうこともあるので注意が必要です。

転職で失敗しないためには、数字で実績を語る、円満退社することも大切です。覚えておきましょう。

※記事の内容は、執筆時点での最新の情報となり、サービス内容・利用料金等を保証するものではありません。この記事の情報を基に行動する利用者の判断について、当社は一切の責任を負いかねます。サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、しかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。