30代で転職を成功させるポイントや30代転職の成功例・失敗例の紹介

「30代での転職、家族の生活もあるし失敗は避けられない…」30代での転職は、家庭や自身のスキルアップを考えると思い切った決断であるだけに、心配や不安は尽きないと思います。ですが、30代での転職のポイントやコツを押さえるだけで、転職ではむしろ有利になることも。この記事では30代の転職のポイントやコツに加え、成功に不可欠な注意点やおすすめな転職エージェントなども併せて紹介していきます。

30代で転職を成功させるポイント

転職活動を行うにあたって、まず大切になるのが「どのような点を重視して転職先を定めるのか」ということになります。

ただ漠然と別の会社に転職したいという意識では成功することは難しいため、あらかじめ将来のビジョンを定めてからスタートさせるのが理想的です。

そのうえで、30代の転職を成功させるポイントを紹介してきますので、参考にしてみてください。

転職のプロに相談する

勤めている会社に不満を持って転職しようと検討している場合、どんな企業に転職しようか、また転職の仕方が分からないといった場合が考えられます。

漠然と転職活動を行うのは大変危険であることから、ビジョンが定まっていないうちは転職のプロに相談することをおすすめします。

具体的には、転職サイトに加えて転職エージェントを利用すること。

転職エージェントは完全無料で利用することができ、転職や就職に関わるほとんどの面倒な作業を代行してくれ、転職のプロであるコンサルタントからアドバイスをもらえたり履歴書の添削や作成支援をしてるので、利用しない手はありません。

転職エージェントの大きなメリットとしては、いわゆるホワイト企業と呼ばれる優良企業を取り扱っていることにあり、現状の勤務先に不満を抱えている場合は積極的に利用するといいでしょう。

転職エージェントについてより詳しくは以下の記事をご覧ください。

転職エージェントとは|全てを理解し正しく使うための全情報

「転職エージェントって何?」 「転職エージェントの仕組みが知りたい」 「転職エージェントってどうやって選べば良いの?」 …

また、当サイトでは下記記事にて1000人以上の転職エージェント利用者の体験談を基に本当におすすめの転職エージェントを紹介しています。

気になる方はチェックしてみてください。

前職を選ぶとキャリアアップ・年収アップも

30代ともなれば、実務経験だけでなく様々なスキルを身に付けていることから、転職先によってはキャリアアップを狙うことができます。

前職と同じ業界や職種を狙えば、キャリアアップだけでなく年収もアップすることが見込めるため、30代の転職の難易度から考えればメリットは大きいと言えます。

企業にとっても即戦力として活躍してくれるという期待から、培ってきた実務経験や所有しているスキルなどを期待して、年収に反映することは少なくありません。

ただし、年収は必ずアップするというわけではなく、現状維持~少しだけアップする場合の方が多いため、過度の期待は禁物です。

自分が重視したい条件を決める

転職活動を成功させるにあたって、何を重視して求人を選ぶのかということは欠かせません。

年収アップを狙って給料や賞与実績を重視することもあれば、年収ダウンを厭わずに就きたい職種へ転職することも考えられます。

その他にも、有給消化率など福利厚生面を重視した転職活動もあるでしょう。

在職中に抱えている不満を解消できる企業を探すことは転職活動で大切なことであるため、絶対に譲れない部分を設定して求人を探すことを意識してください。

ただ漠然と転職しようと考えているだけでは成功する可能性が低くなってしまいますので、業種・職種など様々な角度から重要な部分を見つけましょう。

これから伸びる業種を選ぶ

多くの人が前職と同じ、もしくは近い業種への転職を狙っているかと思いますが、将来性のある業種を検討するのも1つのポイントとして挙げられます。

長い目で見れば年収の大幅アップが狙えるだけでなく、ライバルとなる他の転職者とはまた違った視点に立つことでキャリア面でも充実した内容を築き上げることが可能に。

異業種からの転職となれば業務で苦労する点もあるかもしれませんが、やりがいを感じながら実務にあたることができるため、挑戦意欲が高い人は検討してみてください。

30代で転職する時の注意点

30代ともなれば、実務で培ってきた多くの経験を活かした転職活動をしたいところ。

しかしそう思い通りにいかないのが実情であり、特に退職した後の転職活動ともなれば、早い段階で転職先を見つけたいという焦りから失敗することもあります。

転職活動におけるポイントを意識したうえで、さらに30代における転職活動での注意してほしい部分も挙げていきます。

確認してからどのようにスケジュールを立てていくのかを検討してもらって、転職活動に活かしてみてください。

長期戦になることもあると覚悟する

30代の転職では、多くの人が1か月以内に終わらせようと意気込んでみるものの、3カ月~6カ月と長期戦になってしまうことは珍しくありません。

在職中ともなれば、転職を希望する企業探しから内定を貰うまでの期間もより多くなって、場合によっては1年近くかかるケースもあります。

また、離職中の人であっても、条件面などで折り合いを付けることができずに時間を浪費してしまうことから、ある程度の妥協を見つける必要があるでしょう。

なによりも、実務をこなしたことで培われた経験があるから活躍できるという考えが危険で、企業は経験よりもフレッシュな若手を求めていることがほとんど。

フレッシュさでは分が悪く、この点でなかなか内定を貰うことができずに苦戦している人が多く、長期戦になることを想定して転職活動のスケジュールを組み立てていく必要があります。

30代前半(30歳~34歳)で転職するポイント

30代前半はいわゆる転職適齢期と呼ばれており、即戦力を求める企業が多く存在することから、求人情報も多くあるのが特徴です。

その際に重要視されているのが実務経験や専門性といった部分になり、ゆくゆくは部下の管理などマネジメントも任せられるような人材を欲しています。

転職活動を行うにあたってアピールしたいのは前職での実務経験やスキルの内容、新たな就職先で活躍したいという熱意を伝えることになるでしょう。

転職に成功すればキャリアアップはもちろん、年収もアップすることが見込めるため、転職サイトだけでなく転職エージェントも上手く活用しながら進めていきたいところです。

30代前半は未経験業種や異業種への転職がラストチャンス

一般的に異業種への転職は20代までと言われているものの、30代前半の人でも異業種・未経験業種への転職は十分に可能性があります。

ただし、転職活動を行って内定を貰うまでの時間は多くなることを覚悟しましょう。

また、年収面でもダウンすることは避けられず、新人として入社することになるため、先輩社員とのコミュニケーションでも苦労することは簡単に想像できます。

基本的に同じ業種や職種を狙って転職活動を行うのがベターで、入社後の辛さや苦労を覚悟したうえで挑戦することが重要になります。

30代後半(35歳~39歳)で転職するポイント

30代後半の転職活動では、30代前半と比べると求人情報の数が激減しています。

そのため、応募できる求人に限りがあることから、なかなか希望する企業に出会うことは難しく、長期戦になることは避けられません。

企業も30代後半の人材を積極的に獲得しようと行動しないことから、30代後半の転職活動では企業が求めている人物像を把握することから始めていきます。

30代後半の人材は社内で役職に就く頃合いであるため、新たな転職先でも同等もしくはそれ以上のポジションで活躍してくれる人物でなければ、内定を出すことはないでしょう。

転職先で自身はどのような活躍をしているのかを考えた時に、管理職や幹部候補として貢献できるのかを考えてみてください。

マネジメントスキルや実力や人脈に乏しいと感じたのであれば、無理に転職することは控えた方が無難となります。

30代後半は未経験業種や異業種への転職は年収ダウンも覚悟

たとえ30代後半の人材であっても、未経験業種や異業種への転職は不可能ではありませんが、年収の大幅ダウンは覚悟してください。

企業からすれば管理職や幹部候補といったポジションで活躍してほしい年齢であるため、これから仕事のイロハを教え込むのもメリットが薄いと感じるのが一般的です。

そのため、30代後半はできる限り同業種・同職種への転職を目指すのが理想的に。

正社員採用でなくとも、生活水準が落ちてしまうのも厭わないという覚悟と情熱があるならば話は別ですが、それでもリスクが高いことを意識しましょう。

応募可能な求人は、なるべく多く応募する

30代後半の転職では、そもそも求人情報の数は多くはありません。

たいていの求人には30代前半までの人材を応募条件として記載している場合があるため、どうしても応募できる求人に制限があります。

年齢に関する記載がない求人や40歳までの人材を募集している求人など、応募できるものがあればなるべく応募していくことが、転職活動を成功させるポイントになります。

また、書類選考で落ちてしまうことが増えますが、それでもめげずに内定獲得まで頑張り続けるというメンタルの強さも必要になるため、諦めずに活動し続けることが肝です。

30代女性で転職するポイント

今の時代では女性が働き続けるという姿も珍しくなく、30代女性もキャリアアップや年収アップのために転職を検討することがあるでしょう。

女性の場合、結婚して退職してしまうのではないかと企業側が推測してしまうことから、男性よりも厳しくなる傾向が強くなっています。

その中で転職を成功させるためには、転職サイトよりも転職エージェントを利用した活動を行うことをおすすめします。

扱っている求人の中には女性に強い求人があるため、言い換えてみれば女性の転職活動に理解がある企業が集まっているという特徴があります。

より良い求人や企業に巡り合うためにはできるだけ複数の転職エージェントに登録することが重要で、転職を希望する企業の雰囲気や人間関係などを把握すると成功を掴み取りやすくなります。

出産を控えているなら転職は避ける方がベター

そもそも日本の企業では産休・育休制度が整っていない企業が多くなっているのが実情であるため、どうしても女性の転職活動は難しくなっています。

また、出産というのが1つの分岐点となっており、企業は新しい人材を雇っても再び席に穴をあけてしまうことを避けてしまいがちに。

加えて、女性からしても育児と仕事を両立させることは難しく、昨今の保育園不足などの問題も相まって厳しい状況と言わざるを得ません。

30代女性で転職を希望するのであれば出産後に転職活動を行うのが理想的で、多少ブランクがあったとしても、安定して働けるという部分を見せるのが大切になります。

子供が自立したタイミングや小学校入学など、タイミングは人それぞれでしょう。

そして、正社員だけでなく派遣社員として働くという選択肢も視野に入れることで、家事や育児と仕事を上手く両立させながら勤務できることも可能に。

派遣の求人も多くなっていているため、ぜひ選択肢に加えてほしいところです。

30代転職の成功例

30代での転職を成功させるためにはどうすればいいのか、成功例を挙げることで、よりイメージを具体的なものにしていきましょう。

成功している人の共通点にあるのは、業界に対するイメージや認識を改めたことや安定して働くことの本当の意味をじっくりと考えていたこと。

ただ安易に転職をするのではなく、どういう意図をもって転職するのかがハッキリとしており、抱いていた考え方などを払しょくしてゼロからやり直している人が多くなっています。

また、実務を通して培った経験だけに頼るのではなく、積極的な姿勢や具体的なアピールを面接で行っており、受け身の転職活動を行っていない点も挙げられるでしょう。

面接で話す自己PRやエピソードといった内容も推敲を重ね、求人情報を隅々まで調査するなど、応募するにあたって入念な準備を進めていることも窺えます。

以下の体験談は、前職の経験を活かし、転職エージェントをうまく利用して希望の会社に転職を果たし、しかも年収もアップした方の実例です。

33歳男性:広告営業

大学卒業後は地元で広告営業として勤務していましたが、出張で東京に来るたび、地元での仕事の物足りなさを感じ、東京で働きたく転職を決意しました。クライアントがIT系の若い会社が多かったため、自分もITベンチャー企業に絞って転職活動をしました。初めての転職で右も左もわからなかったのですが、転職エージェントのコンサルタントの方の協力もあって前職での営業部マネージャーの経験を存分にアピールでき、希望していた条件の企業に入社することができました。入社後は、若い方が多く活発な雰囲気で楽しく働くことができ、今はマネージャーとして活躍できています。前職よりも年収が68万円アップしたので転職は大成功です!

30代転職の失敗例

キャリアアップや年収アップを狙うも、転職先でどのような活躍をしたいのか、どんな働き方をしたいのかなど、明確なビジョンがない人は失敗するケースが多くなっています。

業種や職種への憧れで活動する人も同様で、なぜ異業種への転職を志望するのかをしっかりと説明できなければ、基本的に落とされてしまいます。

採用担当者が数え切れないほどの就職希望者を見てきたことを考えれば、話している内容に具体性がなく噓であると見抜くのは容易いことです。

面接でいつも落ちている人は、経験やスキルに頼るのではなく、志望動機や転職理由をハッキリと明確にすることを心がけてください。

なぜその企業を志望するのか、なぜその仕事に就きたいのか、なぜ数ある企業の中で魅力的に感じたのか…といったように、内容を深く掘り下げていきましょう。

そうすることによって本当の転職理由が見つかり、応募理由も見えてくることから、転職活動を成功させる光が見えてくるはずです。

また、深くまで考えた結果、転職する必要はないという結論に達することもあるため、転職活動を行う前にまずは理由の深堀を行ってみてください。

以下の体験談は、もともと専門商社で営業として働いていましたが、プログラミングに興味を持ち独学で勉強したのち、システムエンジニアとしてIT系企業に転職しましたが、転職に失敗したと体験談を寄せてくれた男性のものです。

36歳男性:システムエンジニア

転職活動は、正直しんどく、前職の経験が活かせるような職種ではなかったので、書類で落ちまくり、面接でもなかなかうまくいかず、内定が決まるまで4カ月以上かかってしまいました。

入社した今は前職と比べて仕事のやりがいはあるものの、未経験の職種だったため覚えることも多く、また提示されていた時間よりもはるかに労働時間が長く、体力が厳しいです。特に納期前は徹夜で作業することも多くしんどいです。未経験でしたので年収が下がるのは覚悟していましたが、110万円以上下がってしまい、このまま働き続けるのは正直厳しいです。

30代転職で利用したい転職サイトや転職エージェント

30代の転職では、転職サイトと併用して転職エージェントも活用したいところ。

転職エージェントの大きな特徴は2つあり、優良企業を取り扱った会員限定の非公開求人に応募できる点と、専属エージェントによる手厚いサポート体制です。

転職活動に不安を抱いている方は、転職エージェントを利用して履歴書の添削や面接対策を練るなどして、積極的な活動を行っていきましょう。

転職サイトも積極的に活用しよう

30代の転職活動では転職エージェントを活用することが成功の近道と言えますが、だからといって、転職サイトを使うなとは限りません。

転職サイトでしか公開されていない求人もあるため、理想の転職先を見つけるためにはしっかりと身を通しておく必要があります。

おすすめしたい転職サイトは、求人数ナンバー1の「リクナビネクスト」です。

他にも大手である「マイナビ転職」や「en転職」といった転職サイトも見逃せません。

それぞれに特徴があり、転職サイトでは30代向け転職に強い傾向があることから、掲載されている求人の1つ1つに目を配っていきましょう。

リクルートエージェント

リクルートエージェントでは国内外・職種問わず幅広い求人を取り扱っていることで知られ、加えて紹介実績も業界ナンバー1となっています。

年収や条件面の交渉はエージェントを通じて行えるだけでなく、多くの企業と求職者を結び付けてきた実績から独自の企業レポートを作成しており、30代の転職活動で力を発揮してくれることは間違いありません。

求人数ナンバー1という点だけでも登録する価値があるため、転職を検討しているならば、最初に登録するべき転職エージェントとなります。

DODA

「DODA」は30代向けの求人を多く取り扱っており、業績、求人数共に業界第2位という大手転職エージェントです。DODAはサポートが充実しており登録者のペースに合わせて転職活動をしてくれますし、転職初心者にも優しいキャリアコンサルタントが在籍しています。

DODAは初めて転職をするという30代におすすめの転職エージェントです。

 

30代で転職したいと思ったら、まず転職のプロに相談を

新卒の就職活動であれば先輩や大学キャリアセンター、OB・OG訪問など、様々な方法でアドバイスを受けることができますが、転職活動ではそうすることができません。

そこで頼りにしたいのが転職エージェントの存在で、転職のプロとして企業と求職者を結び付けている彼らは、さながら「転職のプロ」と言えます。

転職に対する不安や相談はもちろんのこと、選考突破に向けた対策を親身になってサポートしてくれるため、初めての転職では心強い味方と感じるはずです。

その他にも、様々な企業とのかかわりを持っていることから、求人を掲載する企業の特徴や類似企業の提案、求職者の希望に合致する求人の案内などを行ってくれることから、在職中の人は業務と向き合いながら転職活動ができるのも嬉しいところ。

何より転職を成功させたいという想いがあるのならば、転職エージェントの存在なしには叶わないでしょうから、まずは気軽な気持ちで登録して相談するとことから始めてみてください。

※記事の内容は、執筆時点での最新の情報となり、サービス内容・利用料金等を保証するものではありません。この記事の情報を基に行動する利用者の判断について、当社は一切の責任を負いかねます。サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、しかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。