▼当サイトで申込みが多い転職エージェントはこちら!(複数のエージェントに登録することで年収アップに直結する非公開求人を見つけやすくなります!)

【1位】リクルートエージェント絶対に使うべき、国内最大手のNo1転職エージェント!公開求人・非公開求人含め20万件以上というダントツ業界トップの求人数
【2位】DODA利用者満足度はなんと驚異の90%!キャリアアドバイザーが優しく丁寧にサポートしてくれることから転職初心者には最適
【3位】JACリクルートメント転職エージェントオリコンランキングで毎年総合第1位という非常に高い評価を受けている転職エージェント。

▼【登録無料】転職活動で役立つ!あなたの気づいていない強みを発見できるリクナビネクスト グッドポイント診断に登録しましょう!

3分で完了!グッドポイント診断はこちら!

この記事の監修者:元DODAキャリアアドバイザー三宅雄太プロフィール / Facebook

パーソルキャリアが運営するDODAの転職支援サービスにて「IT領域の専任キャリアアドバイザー」として従事。延べ1000人以上に対してキャリアカウンセリングを実施。
その後、不動産領域の自社メディアを運営する(株)Epickを創業し、現在はWEBコンサルティングや大手資格学校にて講師、学生向けのキャリア開発指導を行う。
IT知識を活かしたキャリア指導に長けており、人材紹介並びに転職領域において、深い知識、見識を持ち合わせている。

【この記事の語り手:宮前】

阪大卒。元DODAキャリアアドバイザー三宅さんの優秀な後輩で右腕。研究熱心で、三宅さんのノウハウや転職の知識を伝えるため転職wikiでは語り手として皆さんにプロでしか知り得ない情報をお伝えしている。

 

【転職活動中の井上さん】

2012年、早稲田大学を卒業。ITベンチャーに入社し、Rubyエンジニアとして5年間勤務。ITベンチャーで得られる経験やスキルに限界を感じ、自身のキャリアアップとさらなる年収アップの為に大手上場企業への転職を希望している。

井上
転職エージェントってたくさんあってどれを選べばわからないんだけど、、、30代におすすめの転職エージェントが知りたいなぁ…
はじめまして。私は宮前と申します!元DODAキャリアアドバイザーの三宅さんの代わりに皆様に転職の知識をお伝えしに参上しました!

世の中には非常に多くの転職エージェントと情報がありますし、どの転職エージェントを選べば良いのかわかんなくなってしまいますよね

そこで、今回は転職のプロ三宅が選んだ30代におすすめの転職エージェントと転職エージェントの賢い活用法をご紹介します!

井上
でも、本当に正しい情報なのかどうしても不安になってしまうんですよね…どのサイトも言っていることが違いますし…
ご指摘の通り、ネット上には素人が広告収益目的で作った薄っぺらい内容の記事がたくさんあって、間違った情報が氾濫してるんです。
井上
ええっ!じゃあ僕は何を信用すればいいんですか…?もう何も信じられませんよ…
その気持ちわかります。私もモノをネット上で買うときなどはかなり不安になってしまいますから笑

ですがご安心下さい!この記事では、100%信頼できる情報をお伝えしています!というのも、転職のプロ中のプロである三宅がすべて監修していますし、、、

更に、実際に500名以上の30代の転職エージェント利用者に対面や電話、web上のアンケートで調査を行ったんです。さらに、学歴・性別・年収・業種業界別など偏りがないようにも配慮しました。

30代が転職エージェントを使うべき理由

30代で転職することに後ろめたさを感じてしまってなかなか転職に踏み切れないと思っていませんか?

しかし、今の時代終身雇用が崩壊し、転職することはキャリアの選択として一般的になっています。

つまり、理由は何にせよ30代で転職するのはもはや当たり前になっているので躊躇する必要はないのです。

でも、30代はポテンシャル採用でコストも安い20代、経験とスキルが豊富で管理職として優遇されやすい40代と比較するとどうしても不利になりがち。

そんな30代の転職活動を有利に進めるために必須になるのが転職エージェントです。

転職エージェントは、

  • 転職ノウハウの提供やキャリア相談にのってくれるから
  • ・自分に合う条件の求人を多数紹介してくれるから

という2つの理由から30代であれば絶対に転職エージェントを利用するべきなんです!では、2つの理由についてみていきましょう!

転職ノウハウの提供やキャリア相談にのってくれるから

転職エージェントは、掲載されている求人から応募できるだけの転職サイトとは違い、面談を通してキャリアの相談をしてくれたり様々な転職ノウハウを提供してくれます。

30代の転職は、「即戦力であること」が求められるので、若くてポテンシャル採用でもOKな20代、経験と知識が豊富で管理職候補として優遇される40代と比べて不利になりがちです。

そのため、転職エージェントで面接や書類選考などのテクニックや、職務経歴書の書き方などの転職ノウハウを教わることで不利になりがちな30代の転職で失敗するリスクを減らせることができるんです!

また、今後どうなっていきたいのかキャリアアドバイザーに何度でも相談できますし、内定が決まったら年収交渉もしてくれるんですよ!

自分に合う条件の求人を多数紹介してくれるから

転職エージェントの大きなメリットとして、自分に合う条件の求人を多数紹介してくれるというものがあります。

30代は20代と比較すると、応募できる求人が少なくなる傾向があります。

また、応募数も30代前半で約16社、30代後半で約20社と増え、更に応募数に伴って転職期間も平均で3カ月以内と長くなっています。

つまり、応募できる求人を増やさないと「応募できる求人がない」なんてことにも…

そこで、転職エージェントを利用すればキャリアアドバイザーがあなたとの面談を通して条件に合う求人を紹介してくれるので、求人を多く確保できるんです!

30代の転職エージェントの賢い選び方

転職エージェントを利用することで、圧倒的有利に転職活動を進めることができることがおわかりいただけたかと思います。

しかし、非常に多くの転職エージェントがあり、中にはサービスの質が低かったりするようなものも多くあります。

そのため、転職エージェント選びを失敗してしまって満足のいかない転職活動になってしまったという方が後を絶たないのが実際のところです。

つまり、転職エージェント選びがあなたの転職を左右するのです!

転職エージェントは以下の2つの基準から選べば、あなたの転職を満足なものにしてくれるはずです。

  • 「担当者の質」「求人の量・質」「サポートの質」の3つの基準から選ぶ
  • 複数の転職エージェントに登録する

では、詳しく見ていきましょう!

「担当者の質」「求人の量・質」「サポートの質」の3つの基準から選ぶ

転職エージェントを評価する指標として、転職wikiでは「担当者(キャリアアドバイザー)の質」「求人の量・質」「サポートの質」を挙げています。

【転職エージェントを選ぶ3つの基準】

  • 1.担当者(キャリアアドバイザー)の質
  •  ・・・親身にサポートしてくれて性格が自分に合う人でないと、相談しにくかったり良い求人を紹介されない。その結果転職に失敗したり、転職後に「こんなはずでは…」と後悔することもある
  • 2.求人の量・質
  •  ・・・求人の量が多く質が高いほど自分の求める条件での転職が実現しやすく、転職後も満足できる
  •  ・・・転職エージェントの求人を獲得する営業力の高さや信頼性がある
  • 3.サポートの質
  •  ・・・いくら良い求人を紹介されてもサポート力がないと内定が取りにくくなってしまうから
どの要素が欠けてもダメですが、この記事でご紹介する転職エージェントはこの3つの要素をクリアした厳選優良転職エージェントになっています。

なので、後述しますが複数の転職エージェントに登録し、自分に合う転職エージェントを利用するのが賢い転職エージェントの使い方です!

複数の転職エージェントに登録する

転職wikiでは好みや志向に合わせて3社以上の転職エージェントを併用することをおすすめしています。

というのは、各転職エージェントのメリットを伸ばし、デメリットを打ち消すことができるので転職エージェントの価値を最大限活用することができるからです。

更に、30代の転職では応募できる求人は少なくなりがちですが、複数の転職エージェントを利用することで多くの求人に出会うことができます。

また、一社の転職エージェントに頼ってしまうと一人のキャリアアドバイザーの意見しか聞かないことになってしまい、視野が狭くなってしまいます。

その結果、満足のできない転職になってしまうことも。30代での転職活動は家族のこともありますから、絶対に失敗できない方が大半だと思います。

転職エージェントを利用することで転職に失敗するリスクを極限まで減らせるので、以下ご紹介する転職エージェントをタイプに合わせて複数利用しましょう!

30代なら全ての方におすすめの転職エージェント

上記の観点から見ると、30代であれば利用必須の転職エージェントは以下3つ

  • リクルートエージェント
  • パソナキャリア
  • マイナビエージェント

です。

以上3つの転職エージェントに登録した上で、30代の前半か後半か、またはタイプ別に自分に合う転職エージェント(後述します)を併用すると求人数も確保でき、効率的に転職活動を行うことができますよ!

では、まずは30代であれば利用必須の3つの転職エージェントについて見ていきましょう!

リクルートエージェント

リクルートエージェントは1977年のサービス開始以来41万人という、業界ダントツNo.1の転職実績がある転職エージェントです。

求人数は19万件以上を占めており、その数は業界ではダントツ。求人が少なくなりがちな30代の転職ではリクルートエージェントの求人数の多さは大きな味方になるでしょう。

求人も、外資、大手、中小、ベンチャーなど業種業界様々で全国47都道府県に有料求人を揃えています。そのため、地方で転職したい30代の方にもおすすめです。

また、リクルートエージェントは年間2万3000名以上の利用者のうち約7割は26~35歳の方が占めています。

更に転職者の年収アップ率は約63%である、というデータからリクルートエージェントは30代(特に30代前半の方)におすすめな転職エージェントと言えるんです!

リクルートエージェント利用者の裏付け口コミ

33歳男性・精密機器メーカー:年収750万円台

業界最大手ということだけあって取り扱われている案件数が非常に多かったです自分が務めている業界は比較的ニッチで、通常の求人サイトやハローワークなどにも中々募集がかかりづらく、従来の転職活動は人づてに行うということが標準的な業界でした。ただ、私の場合は職場の人間関係の問題から転職を行いたかった為、人づての紹介を利用したくない背景がありその点でリクルートメントエージェントは案件数が非常に多く助かりました。

この口コミの全文を見る

36歳女性・金融:年収700万円台

書類審査や面接に落ちたら次の案件に応募して!ということはなく、なんで落ちたのかを徹底的に分析してくれました。フィードバックが非常に役立ち、結果的に希望する会社に内定を頂くことができました!ここまでやってくれるのはリクルートエージェントの方だけでしたので、業界最大手は違うなーという印象を受けました。

 

パソナキャリア

パソナキャリアは人材業界大手のパソナが運営する転職エージェントです。

パソナキャリアは年収アップ率70%超という驚異的な年収アップ率が可能になるほど、転職エージェント業界随一と呼ばれる高いサポート力が特徴です。

パソナキャリアはダントツに高いサポート力を持っているので、一般的に即戦力が求められていて未経験業種・業界への転職が難しい30代の転職において、未経験業種・業界への転職を得意としているんです!

パソナキャリアの圧倒的なサポート力があれば、選考の際のポイントや職務経歴書の添削など徹底的に対策できるので、不利になりがちな30代の転職も恐れることはありません!

パソナキャリア利用者の裏付け口コミ

35歳男性・IT:年収350万円台

エージェントもしっかりとわたしの話を聞いてくれて、こちらの思いを組んでくれたことにも感謝しています。

スピード感もすごくて、最初の面談を行ってから一週間後には最初の面接をセッティングしてくれました。

この口コミの全文を見る

33歳男性・マーケティング:年収600万円台

他社より優れていた面としては、担当の対応。

そこまで登録者の数も多くないということで、時間を割きやすいのかしっかりと綿密に打ち合わせや相談に乗ってくれる。

この口コミの全文を見る

マイナビエージェント

マイナビエージェントは新卒領域で首位のマイナビが運営している転職エージェントです。

マイナビエージェントは「職業紹介優良事業者認定マーク」を取得しており、厚生労働省お墨付きの優良転職エージェントです。

マイナビは新卒領域で首位なので、学生の人気企業はほぼすべて転職でもマイナビエージェントに求人を掲載しています。

そのため、人気の高く質の高い大手企業や外資系企業の求人を多く保有していることが特徴です。

また、近年マイナビエージェントは30代の転職でトップになることを目標にして運営しはじめました。

もしあなたが30代であればキャリアアドバイザーの中でも優秀なキャリアアドバイザーがあなたを担当し、非常に質の高い独占求人を紹介して徹底的にサポートしてくれる可能性が高いのでおすすめです!

マイナビエージェント利用者の裏付け口コミ

34歳男性・SE:年収500万円台

マイナビエージェントさんは、担当の方が大変親身になって話を聞いてくれました。

その上で年収の高い求人を提案してくれて、選考対策も何度もしてくれました。

結果、一生働けそうな社風で、かつエンジニアでもブラックではない素晴らしい会社に転職できて楽しく働けてます。

31歳女性・医療機器メーカー:年収600万円台

マイナビさんを利用して思ったのはとにかく求人の質が高いこと。ほかにも3社ほど利用してたが、マイナビさんがいちばん求人の質が高く、自分に対して一番サポートに時間を使ってくれたと思う。

面接が3回あった企業も、スケジュール調整をしてくださりスムーズに選考に進めた。

30代前半の方におすすめの転職エージェント

30代前半の方は、『リクルートエージェント』『パソナキャリア』『マイナビエージェント』にすべて登録し、タイプごとに以下でご紹介する転職エージェントに登録することをおすすめします。

というのは、30代になると一気に募集できる求人が減るのでとにかく求人数を確保しなければならないからです。

求人数さえ確保できれば、以下でご紹介する転職エージェントはどれも上質なサービスを提供してくれることに定評があるので積極的に利用することが大事です!

では、それぞれ見ていきましょう!

スキルやキャリアには自信がない30代前半の方(年収500万円以下の方)

スキルやキャリアに自信のない方であっても

  • マイナビエージェント
  • DODA

であれば登録を断れられにくく、あなたの気づいていないスキルやキャリアを見つけてくれて年収アップできたというケースが多いです。

ですので、まずはこの2つの転職エージェントに登録するべきでしょう!

では、それぞれ見ていきましょう!

マイナビエージェント

マイナビエージェントは新卒領域で首位のマイナビが運営している転職エージェントです。

また、マイナビエージェントは「職業紹介優良事業者認定マーク」を取得しており、厚生労働省お墨付きの優良転職エージェントとして上質なサポートを提供しています。

マイナビエージェントは新卒領域で首位のため、学生から人気の高い外資・大手の企業が中途採用でもマイナビエージェントに求人を出しているため、マイナビエージェントは求人の質の高さに定評があります。

それだけでなく、マイナビエージェントは中小企業の求人にも強く、非常に質も高いんです!

さらに、マイナビエージェントは大手3社(リクルートエージェント・DODA・JACリクルートメント)に追いつくために登録者を選別しすぎない、つまり登録しても断られにくいんです。

職務経歴書の書き方も丁寧に教えてくれたり、何度も面接の練習をしてくれたりとサポートの質も非常に高いのでキャリアアップ転職も可能になりますよ!

マイナビエージェント利用者の裏付け口コミ

31歳男性・SE:年収400万円台

マイナビエージェントの担当の方は、残業時間や社風などかなり内部の情報を教えてくれた上で求人を紹介してくれました。

私はSEで土日出勤は当たり前で残業代はでない、給料は上がらない、上司が帰るまで帰りにくいといったブラック企業に勤めていましたが、職務経歴書の書き方から面接対策まで徹底的にサポートしてくださったおかげで年収も100万アップし、今は行きたかった会社で働けています。マイナビを利用して本当によかったです。

30歳女性・IT:年収450万円台
マイナビエージェントはスピード感があったと思います。

マイページから求人に応募したらすぐに担当の方が日程調整してくださり、書類の送付なども私の代わりにやってくれたので面接対策に時間をつくることができました!

面談の際にも希望しているweb系のベンチャー企業、その中でも企画系の仕事の企業を多く提案してくださいました。

DODA

DODAはパーソルキャリア(旧インテリジェンス)が運営している転職エージェント。なんと、利用者満足度90%を誇っているほど満足の高いサービスを提供していることで有名です。

DODAは10万件を以上の求人を保有しており、その中でも大手・外資のほか優良中小企業の求人が転職エージェントトップクラスに多いことが特徴。

更に、初めての転職であっても親切なキャリアアドバイザーが親身にサポートしてくれるので、「スキルやキャリアがなくても年収アップできた!」という声を多く聞きます!

先述したリクルートエージェント・パソナキャリアのほか、マイナビエージェントとDODAを併用すると求人も多く確保でき、質の高いサポートも受けられるので万全な転職ができるでしょう!

DODA利用者の裏付け口コミ

32歳女性・営業:年収500万円台
DODAでお世話になった方は、私と相性もあっていたのかもしれませんが、とてもいい担当者の方でした。

私が希望していたサービス業の営業職の求人を次から次へとどんどん紹介してくれて、30代の女性で転職するのにこんなにたくさん求人があるのかと驚きました。

この口コミの全文を見る

34歳男性・企画:年収500万円台
他の転職エージェントでは地方で質の高い求人は紹介されず、中小企業ばかりでしたが、DODAでは質の高い大手や中堅企業が多く紹介されました。地方への出戻りだったので年収ダウンは覚悟していましたが、結果的に年収交渉してくれたこともあり、50万円ほど年収アップが出来そうです。

この口コミの全文を見る

スキルやキャリアに自信のある30代前半の方(年収500万円以上の方)

スキルやキャリアに自信のある30代前半の方は、ハイキャリア層に絶大な支持を得ている 『JACリクルートメント』のほか、『マイナビエージェント』『リクルートエージェント』を併用することで更にハイキャリアな転職が可能になるでしょう。

では、それぞれ見ていきましょう!

JACリクルートメント

JACリクルートメントはロンドン発祥の日系転職エージェントです。

JACリクルートメントはハイキャリア層の30代から絶大な支持を得ており、外資系企業・大手企業をはじめとした質の高い求人が非常に多く、大半が年収600万円以上です。

なんと、JACリクルートメントはオリコン転職エージェントランキング30代満足ランキングで1位、さらに、JACリクルートメントは転職エージェント顧客満足度ランキングで総合第1を獲得しているほど上質なサポートを提供していることに定評があります。

また、JACリクルートメントはキャリアアドバイザーが企業担当と利用者担当を兼ねている「両面性」のスタイルを採用しているため、企業や業界知識が業界トップクラスに豊富。

そのため、JACリクルートメントのキャリアアドバイザーは企業の人事と直接話しているので、選考でも「A社では毎年こんな質問がでる」といったようなJACリクルートメントのキャリアアドバイザーでしか知りえない情報を持っており、有利な選考対策が可能になるんです!

JACリクルートメントはキャリアやスキルに自信があるなら利用必須の転職エージェントでしょう。

JACリクルートメント利用者の裏付け口コミ

35歳男性・SE:950万円台

希望職種や年収、勤務時間や残業の有無などを細かなところまでヒアリングされ、それに合う求人を紹介されました特に、リクルートやマイナビよりも非公開求人の紹介が多く、全部で40社以上はあったと思います。マイページ上で応募するかどうかを選択できたので、忙しいなか仕事とも並行して転職活動をできました。書類選考が進んだら。直接企業と連絡が取れたのも時間短縮になったと思います。
非公開求人が多いだけでなく、それぞれの求人の質が高いので、内定に至るまでに本命企業を選ぶのに苦労するほどでした

この口コミの全文を見る

33歳男性・製造業:年収800万円台
職務経歴書をみて直した方がいい箇所を指摘頂けたり、企業別の面接ポイントなどかなり詳細に教えて頂けたりします模擬面接では改善した方がいい点をチェックしていただきました。

この口コミの全文を見る

マイナビエージェント

マイナビエージェントは新卒領域で首位のマイナビが運営している転職エージェント。

マイナビエージェントは「職業紹介優良事業者認定マーク」を取得しており、厚生労働省お墨付きの優良転職エージェントです。

マイナビエージェントはスキルやキャリアの低い利用者にも人気ですが、ハイキャリアな30代の方々からも絶大な支持を受けています。

マイナビエージェントは大手・外資系企業の求人の質の高さには目を見張るものがあります。というのは、新卒領域では人気の大手・外資系・メガベンチャーはほとんどの企業がマイナビに登録しているため、転職でもこれらの企業が独占的にマイナビエージェントに求人を出しているからです!

マイナビエージェントは30代の転職で首位を目指しているということもあり、30代であれば優先的に質の高いサポートを受けられるので、JACリクルートメントと後述のリクルートエージェントと併せて絶対に利用すべきでしょう!

マイナビエージェント利用者の裏付け口コミ

30歳男性・メーカー:年収800万円台

ネットでマイナビはサービスもよく求人も質が高いとのことだったので利用してみました。

私は営業の中でもルート営業で特定のクライアントと関係を築きながらやっていくスタイルでした。転職でもクライアントと長く付き合えるような営業スタイルがとれる企業を希望していましたが、見事に条件通りの求人を紹介してくれたので、マイナビのコンサルタントは優秀だと感じました。(他3社では的外れな求人があったので)

33歳男性・外資コンサル:年収1000万円台

マイナビは学生の時にお世話になったので転職でも利用。外資コンサルからベンチャーという異業界への転職でしたが、面談で私のスキルやキャリアを深堀してくださり、思わぬ自分の強みを発見できたのが自己分析で役立ちました。

求人も高いポジションを提示してくれているものが多くて質が高かったです。転職でもマイナビのブランドが効いているのだと感じました。

リクルートエージェント

リクルートエージェントはリクルートキャリアが運営する転職エージェント。

1977年のサービス開始以降41万人以上もの方々の転職を成功させており、実績は転職エージェント業界ではダントツNo.1です。

リクルートエージェントの圧倒的な実績もあり、企業側からの認識では「中途の採用はリクルートエージェントにお願いしたい」という考えが一般的。そのため、大手・外資など名だたる大企業がリクルートエージェントに求人を依頼します。

リクルートエージェントはこのような高年収の求人をはじめ、勢いのあるベンチャー企業など約20万件という膨大な数の求人を保有しています。

また、リクルートエージェントは年収交渉に強いので年収アップしやすいことが大きなメリットです。

JACリクルートメント・マイナビエージェントと併せて利用すれば更に年収アップの転職が実現できるでしょう!

リクルートエージェント利用者の裏付け口コミ

35歳男性・精密機器メーカー:年収750万円台

業界最大手ということだけあって取り扱われている案件数が非常に多かったです自分が務めている業界は比較的ニッチで、通常の求人サイトやハローワークなどにも中々募集がかかりづらく、従来の転職活動は人づてに行うということが標準的な業界でした。ただ、私の場合は職場の人間関係の問題から転職を行いたかった為、人づての紹介を利用したくない背景がありその点でリクルートメントエージェントは案件数が非常に多く助かりました。

この口コミの全文を見る

34歳男性・経営コンサル:年収900万円台

2回目の転職に利用しました。1回目の転職のとき、内定をもらった会社に入ったものの、雰囲気や社風が自分に合わず、2年で辞めてしまった経験があります。そのため、今回の転職では、受ける会社が自分の雰囲気に合いそうか非常に心配でした。リクルートエージェントさんは業界最大手だからなのかもしれませんが、紹介してくれる会社の事業内容だけでなく、どのような雰囲気か詳しく教えてくれました。更に、年収や労働時間など、ききにくいことも代わりに教えてくれたので安心して自分に合う企業を受けることができました。

30代前半の女性の方

30代前半の女性の方には以下

  • パソナキャリア
  • マイナビエージェント

の2つの転職エージェントに登録することをおすすめします。

では、それぞれ見ていきましょう!

パソナキャリア

パソナキャリアは人材業界大手のパソナが運営する転職エージェント。

パソナキャリアは年収アップ率70%超という驚異的な年収アップ率が可能になるほど、転職エージェント業界随一と呼ばれる高いサポート力が特徴です。

実は、パソナキャリアは「女性の転職ならパソナ」と昔から言われているほど女性の転職に強みがあることで有名なんです!

パソナキャリアを運営しているパソナは女性の活躍推進を先陣を切って進めている企業。そのため、運営しているパソナキャリアも女性のキャリアアドバイザーが多いんです。

そのため、女性特有の職務経歴書の書き方であったりといった女性の転職のノウハウを膨大に保有していますし、面談では女性のキャリアプランを考慮して求人を提案してくれたりとあなたが女性であれば満足のできる転職が可能になります!

パソナキャリア利用者の裏付けクチコミ

32歳女性・営業:年収550万円台

担当者個人の印象は「非常に良い」です。転職に不安を抱え、これからのキャリアについて悩む私の話をよくきいてくれました。プロとしてのアドバイスも、活動に役立つものばかりでした。転職活動中は、精神的にきついことがたくさんあるので、担当者に恵まれたことはよかったです。

この口コミの全文を見る

33歳女性・事務:年収450万円台
求人を紹介してくれる際、「ここは福利厚生が素晴らしいですよ」「社員の離職率が低くて一生働ける環境ですよ」といったようにかなり出し惜しみせず厳選して求人を紹介してくれました。また、面接対策が抜群によかったです。企業に受けるコツや注意点を細かく教えてくれたのはとても役立ちました。

マイナビエージェント

マイナビエージェントは新卒領域でトップのマイナビが運営している転職エージェントです。

マイナビエージェントも女性の転職に強く、公式サイトも女性の転職を全面に押し出しており、女性の転職に力を入れていることがわかります。

マイナビエージェントは女性専門のキャリアアドバイザーが在籍しており、「出産を経て長期で働けるか」「育児休暇制度が充実しているか」などの女性特有の悩みに答えた求人の提案をしてくれることに定評があります。

マイナビエージェントは「営業」「エンジニア」「経理」といった職種の求人が多く、女性に人気の求人を多く保有していることが特徴。

さらに女性の転職ノウハウも豊富なので、パソナキャリアと併用することでライフプランを考慮しながらもキャリアアップ転職できる可能性がグーンと上がるでしょう!

マイナビエージェント利用者の裏付けクチコミ

30歳女性・人事:年収600万円台

マイナビの担当の方の丁寧なヒアリングが高評価でした。結婚をしているので、今後のライフプラン的にハンデにならないような転職をしたいと希望を伝えたところ、育児休暇制度が充実した大手企業中心に紹介され、本気で利用者に向き合ってくれていると感じました。

30歳女性・営業事務:年収400万円台

現職であまりにやりがいがなく、営業事務ではなく営業への転職を考えていたのですが、マイナビの担当の方は女性でも長く働けるホワイトな会社に絞って求人を紹介してくれたのがよかったです。ほかのエージェントでは新規開拓の営業会社ばっかりだったので…

非正規雇用から正社員を目指したい・離職期間が長い・未経験業界を目指す30代前半の方

「今は非正規雇用だけど家庭もあるし正社員で働きたい」「退職してからブランクができてしまって転職できるか心配…」「未経験の業界に挑戦したい」という30代前半の方は以下2つの転職エージェント

  • アイデムスマートエージェント
  • type転職エージェント

に両方登録することをおすすめします。

どちらも、キャリアやスキルのない非正規雇用の30代前半の方々から支持されている転職エージェントです。

では、それぞれ見ていきましょう!

アイデムスマートエージェント

アイデムスマートエージェントはアイデムが運営している転職エージェント。社歴40年以上の老舗転職エージェントで、豊富な転職ノウハウが強みです。

アイデムスマートエージェントは「イーアイデムはじめるキャリア」という派遣社員・契約社員・フリーターなどの非正規社員から正社員を目指す方々をターゲットにした転職サイトを運営していることもあり、30代前半から正社員を目指せる求人や未経験歓迎の求人を非常に多く保有していことが特徴。

リクルートエージェントやDODAといった大規模な転職エージェントと比べて規模も大きくないので、登録を断られにくいこともメリットです!

アイデムスマートエージェント利用者の裏付け口コミ

30歳男性・機械:年収350万円台

リクルートエージェントには「紹介できる求人がない」と断られてしまったが、アイデムスマートエージェントは面談でもしっかり話をきいてくれ、魅力的な正社員求人を多数紹介してくれた。おかげで派遣を辞めることができ、営業としてのキャリアをスタートさせることができたので感謝している。

32歳女性・ヘルプデスク:年収350万円台

子育てのことを考慮して働きやすいと評判の会社を提案してくれた。私はヘルプデスクで一切営業事務の経験なかったが、「顧客対応で培った傾聴力は営業マンからありがたがられる存在になれる」と私のスキルを見出してくれ、企業の方にも私の強みを伝えてくれた。選考も面接対策や職務経歴書の添削などのサポートもあり、営業事務として働けることになった。

type転職エージェント

type転職エージェントは東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県内の求人をメインに保有している転職エージェントです。

type転職エージェントは24年の運営実績があり、リクルートエージェントやDODAといった大手の転職エージェントにはない細やかなサポートが強みです。

基本的に30代は企業に即戦力として見られているので、未経験業界・業種に30代で挑戦することは難しいのですが、type転職エージェントは未経験歓迎の求人を非常に多く保有しているんです!

アイデムスマートエージェントと併用することで非正規雇用から正社員、未経験業界・業種への転職は万全でしょう!

type転職エージェント利用者の裏付け口コミ

32歳女性・販売:年収400万円台

派遣の販売職で正社員の経験がなかったので正社員の求人を紹介してくれるのか不安でしたが、大手アパレルはじめ経験が生かせそうな正社員求人を18社も紹介してくれました担当の女性の方も親身になって話を聞いてくれたので利用してよかったと思います。

34歳男性・営業:年収500万円台

未経験業種への転職に強いとの評判があったので利用してみました。

前回の転職では別の紹介会社を利用したのですが、求人も適当だし全くサポートしてくれなかったのであまり期待していませんでしたが、typeの担当の方は非常に優秀な方で面談を通して希望をくみ取ってくれ、圧倒的にレベルが高いと感じました。

IT業界で転職したい30代前半の方

IT業界で転職したい30代前半の方は、IT業界の転職に非常に強い『ワークポート』と、同じくIT求人が非常に多く質も高い『リクルートエージェント』を併用することをおすすめします。

では、それぞれ見ていきましょう!

ワークポート

ワークポートはIT業界への転職に圧倒的な強みを持った転職エージェントです。

なんと、ワークポートはリクナビNEXT『GOOD AGENT RANKING』にて4年連続「転職決定人数部門第1位」を受賞しているという非常に実績のある転職エージェント。

IT業界の求人の量・質ともにワークポートの右にでる転職エージェントはなく、IT転職も豊富でサポート体制も万全です。

IT業界への転職を狙うのであればワークポートは絶対に利用するべき転職エージェントです!

ワークポート利用者の裏付け口コミ

33歳男性・エンジニア:年収700万円台
膨大な数の求人を紹介してくれるので、時間をかけずに転職を決めることができました。

30歳男性・エンジニア:年収700万円台
コンサルタントの方が元大手Sier出身ということもあり、求人の紹介が非常に的確だった。ほかのエージェントもいくつか使っていたが、ワークポートは業界知識とノウハウが桁違いだったと思う。

リクルートエージェント

リクルートエージェントもIT業界の転職に強い転職エージェントです。

20万件近くある求人の中でも、IT業界の求人が非常に多く、大手・外資など質の高い求人が中心になっています。

リクルートエージェントは年収交渉にも強いので、IT業界でのキャリアアップ転職はワークポートとリクルートエージェントの併用で完璧でしょう!

リクルートエージェント利用者の裏付け口コミ

34歳男性・IT:年収650万円台

膨大な求人があるだけに、紹介してくれる求人数がはんぱなかった。コンサルタントの方もIT業界専門のチームでかなり業界の動向や会社のオフィスの所在地などに詳しい印象だった。

32歳女性・SE:年収600万円台

会社ごとにどんな人が好まれるのか、どういう人が不合格になっているかまで教えてくれたので万全な状態で選考に臨めました。

さらに、リクルートさんは内定が決まった後に企業の人事に面接では伝えられなかった私の強みを伝えてくれて、年収もアップするように交渉してくれました。

30代後半の方におすすめの転職エージェント

30代後半であれば、スキルやキャリアのある方にとっては企業の管理職などエグゼクティブ転職も視野に入り、一気に年収アップが見込めます。

一方、スキルやキャリアに自信がない方にとっては転職エージェント側で登録を断られてしまうことも多く、厳しい転職活動になることは避けられないと思ったほうがよいでしょう。

しかし、諦めてはいけません。以下、30代後半でスキルやキャリアに自信がない方にもおすすめできる転職エージェントもご紹介します。

では、タイプ別に30代後半の方におすすめできる転職エージェントをご紹介していきます!

スキルやキャリアには自信がない30代後半の方(年収600万円以下の方)

「スキルやキャリアに自信がない」という30代後半の方は以下2つの転職エージェント

  • DODA
  • マイナビエージェント

の両方に登録し、求人の数を稼ぐべきです。

30代後半で、スキルやキャリアに自信がないとなると、一気に紹介できる求人が減ってしまうのですこしでも多くの求人を確保することが大事になってくるんです!

では、DODAとマイナビエージェントについて見ていきましょう!

DODA

DODAはパーソルキャリア(旧インテリジェンス)が運営している転職エージェントで、リクルートエージェントに次ぐ転職成功実績を持っています。

利用者満足度は90%を超え、親切で丁寧なサポートをしてくれます。

DODAは転職活動を通して利用者の市場価値を高めて実力以上の企業に転職させるサポートに強みを持っているので、「大手はいけないかなぁ…」と大手企業への転職を諦めている30代前半の方でも心配する必要はありません。

また、DODAのキャリアアドバイザーは優しいと評判で、キャリア相談にも気軽に乗ってくれるのが嬉しいポイントです!

DODA利用者の裏付け口コミ

36歳男性・営業:年収600万円台

DODAは最も優しく対応してくれました。前職がブラックで大したスキルも得られない環境だと感じていましたが、面談で私の強みを見つけてくれました。おかげさまでブラック企業から解放することができました。

39歳女性・サービス業:年収500万円台

地方での転職を希望していましたが、DODAでは私の地元にも求人がけっこうな数あり、ライフスタイルも考慮した上で、現在勤務している専門商社の会社を紹介してくれました。年齢も年齢なだけあって転職できるか不安でしたが、無事地元で転職できて満足です。

マイナビエージェント

マイナビエージェントは新卒領域で首位のマイナビが運営している転職エージェントです。

マイナビエージェントもDODAと同様、スキルやキャリアがなくても転職活動を通して利用者の市場価値を上げ、実力以上の企業に転職させるサポートに強みがあります。

マイナビエージェントは新卒事業での数々の大手企業とのコネクションもあり、大手・優良中小企業の求人も多く保有しているため、求人の質も高いです。

マイナビエージェントは30代の転職で1位になることを目指しているので、登録を断れらにくいことも大きなポイントです!

マイナビエージェント利用者の裏付けクチコミ

37歳男性・サービス業:年収500万円台

自分に自信がなかったですが、ホワイト企業に転職したいと考えていました。前職が土日出勤ありで毎日テレアポ地獄、パワハラがあるという最悪な環境でしたが、それを伝えたら共感してくれて条件の良い会社の求人に絞って紹介してくれました。

実は、ほかのエージェントにはいくつか登録を断られたのですが、マイナビさんはちゃんとサポートもしてくれました。

36歳女性・小売り:年収500万円台

取り合ってもくれないエージェントもある中マイナビさんは親切に対応してくれて選考の対策までやってもらえた。

スキルやキャリアに自信のある30代後半の方(年収600万円以上の方)

スキルやキャリアに自信のある30代後半の方は、40代を前に企業の経営幹部などのエグゼクティブ求人を紹介され、一気に年収が跳ね上がる可能性があります。

そんな30代後半のハイキャリアな方におすすめなのが『JACリクルートメント』と『ビズリーチ』です。

この2つの転職エージェントは基本的にセットで利用することをおすすめしています。では、その理由含めて詳しく見ていきましょう!

JACリクルートメント

JACリクルートメントはロンドン発祥のハイキャリアに特化した転職エージェントです。

外資系企業を中心に大手企業や海外求人など年収800万円以上の求人を非常に多く保有しており、その中には取締役(CxO)、経営幹部、部長などのエグゼクティブ求人も多く、年収2000万円クラスの求人もあります。

30代後半でハイキャリアであればエグゼクティブとして活躍できる求人を提案してくれるので、大幅な年収アップが期待できるでしょう。

英文での書類添削サービスもあり、外資系企業や外資系企業の管理職を目指している30代後半の方に好評です!

JACリクルートメント利用者の裏付け口コミ

37歳男性・総合商社:年収1000万円台

キャリアチェンジとして最初は投資銀行を考えていたのですが、JACリクルートメントのキャリアアドバイザー面談を通してベンチャー企業の経営幹部に魅力を感じて結果的にスタートアップの幹部になることができました。現職の気づかぬに気づかせてくれたJACリクルートメントのキャリアアドバイザーには感謝しています。

38歳男性・広告代理店:年収1000万円台

キャリア面談などといったサポートが非常に手厚く、キャリアの洗い出しは大変でした。しかし、キャリアを洗い出していくうちに新たな気づきがあったりと無駄じゃなかったと思います。

選考ではどのエージェントよりも詳しく受かるコツを教えてくれたのが非常に助かりました。

ビズリーチ

ビズリーチはエグゼクティブ・専門職などハイクラスに特化した転職エージェントです。

ビズリーチは一般的な転職エージェントとは違って社内に在籍している「ヘッドハンター」から直接求人の紹介を受けるというヘドハント型の転職エージェント。

ビズリーチの特徴として、年収1000万円クラスの求人が大半を占めており、年収2000万円ほどのエグゼクティブ求人も豊富です。

登録してからヘッドハンターから求人を紹介されるまで待たなければならないのがネックですが、JACリクルートメントをメインに利用してビズリーチをサブ的に利用することで、いきなり超高年収・超良条件の求人が紹介される、なんてことがありますよ!

30代後半のハイキャリア転職はJACリクルートメントとビズリーチを利用することで完璧でしょう!

ビズリーチ利用者の裏付け口コミ

39歳男性・人事:年収1200万円台
現職で働きながらビズリーチに登録して転職活動をしていました。ビズリーチの良かったところは何といっても不意に素晴らしい求人の紹介がくること。

忙しい人でも登録して待つだけで転職活動ができるので、無駄な労力を使わなくて済みます。

36歳男性・IT:年収900万円台
メインはJACリクルートメントを利用し、ビズリーチにも登録して利用していました。ビズリーチは求人の提示年収の高さがすばらしい。

JACリクルートメントで求人をもらいつつ、ビズリーチからヘッドハントされるという組み合わせはかなりよかったと思います。

30代後半の女性の方

30代後半の女性の方はぜひ利用するべき転職エージェントは『パソナキャリア』と『JACリクルートメント』です。

30代前半に引き続きパソナキャリアは30代女性におすすめの転職エージェントにランクインしました。では、詳しく見ていきましょう!

パソナキャリア

パソナキャリアは人材業界大手のパソナが運営している転職エージェントです。

パソナキャリアは年収アップ率70%超という驚異的な年収アップ率が可能になるほど高いサポート力が特徴です。

運営企業のパソナが女性の活躍を先進的に推進している企業ということもあり、パソナキャリアは女性の転職に強く、昔から「女性の転職ならパソナ」と呼ばれているほど。

女性専門のキャリアアドバイザーも在籍しており、女性のライフスタイルを考慮して「女性の福利厚生が充実している」「育児休暇が取得しやすい」「女性の管理職の割合が高い」など女性に嬉しく質の高い条件の求人を紹介してくれます。

また、パソナキャリアは管理職の転職にも強いため、30代後半であれば外資系企業・大手企業・ベンチャー・中小の管理職(エグゼクティブ)求人も紹介してくれる可能性が高いので、「30代後半で更に活躍できる理想のキャリアウーマン」に近づけますよ!

パソナキャリア利用者の裏付けクチコミ

37歳女性・経理:年収700万円台

最初に驚いたのは、とにかくコンサルタントの方が親切で丁寧なこと。

求人を紹介してくれる際は「避けたい条件はありますか」とこっちで希望しない条件をピックアップした上で求人を紹介してくれました。

選考対策もやってくれて心配なく転職できました。

36歳女性・総務:年収750万円台

女性の転職で評判が良かったのでパソナキャリアを使ってみました。

担当者の方も女性の方で、これまで女性を中心にかなりの人数転職の支援をしてきたということでした。担当の方は非常に優秀で企業の情報に詳しく、社風も考慮して求人を紹介してくれました。

JACリクルートメント

JACリクルートメントはロンドン発祥の転職エージェントで、バツグンに質の高い求人と上質なサービスでハイキャリア層から絶大な支持を得ています。

JACリクルートメントといえばハイキャリア向けの転職エージェントですが、転職エージェントオリコンランキング「女性満足度ランキング」で第1位を獲得しているほど女性の転職に強い特徴もあります。

もしあなたがスキルやキャリアに自信のある30代後半の女性であれば、外資系・大手・ベンチャーなど際立って質の高く年収の高いエグゼクティブ求人を紹介される可能性が高まります!

ハイキャリアな30代後半の女性であれば、パソナキャリアとJACリクルートメントを併用すれば高年収でバリバリ活躍しているキャリアウーマンへと近づけるでしょう!

キャリアに自信がないという30代後半の女性の方はJACリクルートメントの代わりにマイナビエージェントをパソナキャリアと併用して利用すれば、年収アップの転職が可能になるでしょう!

JACリクルートメント利用者の裏付け口コミ

36歳女性・投資銀行:年収1200万円台

転職した友人の紹介で利用してみました。もともと行きたい企業があったのですが、魅力的な求人を多数紹介してもらえて迷うほどでした。

求人ごとにコンサルタントの方が変わりますが、どの方も真剣に向き合ってくれて心地よい転職ができました。

38歳女性・MR:年収1000万円台

MRからの医療系ベンチャー企業の事業部長としての転職になりますが、この年で転職できるとは思っていませんでした。担当の方はベンチャー界隈にかなり詳しく、社風や社内環境についても求人ごとに教えてくれました。

JACの方は、企業に推薦文も書いてくれて有利な状況で選考を受けることができました。

非正規雇用から正社員を目指したい・離職期間が長い・未経験業界を目指す30代後半の方

派遣社員や契約社員などの非正規雇用から正社員に転職したい・ブランク期間が長い・未経験業界に挑戦したいといった30代後半の方は、『アイデムスマートエージェント』と『エンエージェント』を利用するべきでしょう。

では、おすすめの理由含めて見ていきましょう!

アイデムスマートエージェント

アイデムスマートエージェントはアイデムが運営している転職エージェント。社歴40年以上の老舗転職エージェントで、豊富な転職ノウハウが強みです。

アイデムスマートエージェントは「イーアイデムはじめるキャリア」という派遣社員・契約社員・フリーターなどの非正規社員から正社員を目指す方々をターゲットにした転職サイトを運営していることもあり、30代後半から正社員を目指せる求人や未経験歓迎の求人を非常に多く保有していことが特徴。

30代後半でスキルやキャリアがないと転職エージェントで登録を断られることが多くなってしまいますが、アイデムスマートエージェントは利用者獲得のためということもあり断られにくいことがメリットです。

なので、正社員として大幅に年収がアップしたり未経験領域での転職が叶いやすいんです!

アイデムスマートエージェント利用者の裏付け口コミ

36歳男性・派遣社員:年収500万円台
どのエージェントも登録を断られ絶望していましたが、アイデムは登録でき、面談でも正社員求人を紹介してくれました。

ずっと派遣社員なので正社員経験がないのがデメリットに感じていましたが、このような方も利用者には多いとのことでした。

職務経歴書と履歴書の書き方から丁寧にサポートしてくれて、希望の条件の中小企業で事務職の正社員として働けることになりました。

37歳女性・バックオフィス:年収450万円台
前職はパワハラがひどく、鬱になって辞めてしまったので4カ月のブランクがあったので正直転職できるか不安でした。ほかのエージェントではブランクが長かったことを責めてくる人もいて気分を害しましたが、アイデムの方は共感してくれた上で条件の良い求人を提案してくれました。ほかのエージェントと一緒に使っていてアイデムさんの対応のすばらしさに感動しました。

エンエージェント

エンエージェントは派遣やアルバイトで有名なエン・ジャパンが運営している転職エージェントです。

エン・ジャパンはアルバイトや派遣領域も手掛けていることもあり、非正規雇用から正社員への転職にも強みがあります。

また、30代後半でも未経験歓迎の求人も多いので、アイデムスマートエージェントと併用することで正社員転職、未経験業界・業種への転職は万全でしょう!

エンエージェント利用者の裏付け口コミ

35歳女性・派遣社員:年収450万円台
エンエージェントの担当の方は、とても親身になって相談してくれましたし、デメリットに感じる部分はありませんでした。派遣の期限が切れて転職活動をはじめたので、特にこれといってやりたい仕事もわからずという状態でした。しかし、面談を通して自分のやりたいことを見つけてくれました。

37歳男性・小売り:年収550万円台
最終面接で落ちてしまったときは、コンサルタントが自らの転職経験も話してくれて、「つらいのはわかります」と言ってくれたのが頼もしかったです。私は3カ月の無職の期間があったので不安がありましたが、今は希望の仕事ができているのでエンエージェントのYさん(口コミでは本名ですが、イニシャルに変更しています)には感謝しています。

IT業界で転職したい30代後半の方

IT業界で転職したい30代後半の方は、30代前半の方と同様、IT転職に圧倒的な強みがある『ワークポート』と『リクルートエージェント』を併用することでキャリアアップが可能になるでしょう。

では、それぞれ見ていきましょう!

ワークポート

ワークポートはIT業界への転職に圧倒的な強みを持った転職エージェントです。

ワークポートはリクナビNEXT『GOOD AGENT RANKING』にて4年連続「転職決定人数部門第1位」を受賞しているという非常に実績のある転職エージェント。

ワークポートはIT業界への転職に圧倒的な強みを持っており、IT業界の質・量ともに転職エージェント業界トップクラスです。

30代後半であれば、ワークポートが独自に保有する事業部長、経営幹部、CxOなどの管理職(エグゼクティブ)クラスのIT業界の求人を紹介してもらえる可能性が高いですよ!

IT業界への転職ノウハウも豊富なので、IT業界でエグゼクティブやハイクラスの転職をしたい30代後半の方はワークポートは利用必須でしょう。

ワークポート利用者の裏付け口コミ

38歳男性・Sier:年収900万円台
新卒で入社した大手企業を辞めて外資IT企業の部長に転職しました。ワークポートのコンサルタントは「クライアントはこういう業界が多く、社風はこうで…」など企業の情報に詳しく働いているイメージが持てました。なぜそこまで詳しいのか聞いてみたら、コンサルタントの方は転職先のクライアントにいた経験があり、人事としてワークポートと関わっていたので転職したということでした。

36歳男性・エンジニア:年収1000万円台

なにより素晴らしいと思ったのはとにかく担当のコンサルタントの方の業界知識が豊富な点かな。

また、他社では紹介されなかった求人も多く、ITに強いという評判は本当だと感じた。スピード感もあるので応募したらすぐに面接の日程を調整してくれて予定より1カ月早く転職できた。

リクルートエージェント

リクルートエージェントはリクルートキャリアが運営する転職エージェントです。

1977年のサービス開始以来41万人という転職成功実績があり、業界トップの実績を誇っています。

リクルートエージェントは20万件近くある膨大な数の求人の中でも、IT系のメガベンチャー・ベンチャー企業の求人が飛び切り多い印象です。

もちろん、大手IT企業・中小IT企業の求人もワークポートの次に多く、IT専門のキャリアアドバイザーは専門知識は非常に豊富です!

30代後半でスキルやキャリアがあれば、リクルートエージェントの保有する膨大な数のIT求人の中から高年収のエグゼクティブ求人を紹介してくれる可能性もあります。

ワークポートと併用してIT業界で大幅年収アップを目指しましょう!

リクルートエージェント利用者の裏付けクチコミ

39歳男性・WEBデザイナー:年収800万円台

最大手なだけあってやっぱリクルートエージェントは違うなぁという印象を持ちました。

本で30代後半の転職は厳しいと言われていたので転職できるか正直不安でしたが、面談では30件もの求人を紹介してくれました。内定後には退職の手続きも教えてくれて円満に退職でき、更に年収も80万円上がって転職活動を終えることができました。

36歳男性・ITコンサル:年収1000万円台

とりあえず最大手なのとリクルートというブランドがあったので登録してみましたが、その理由で利用して正解でした。

私はいわゆるIT系企業出身ですが、経営のポジションに転職することができました。他のエージェントでは紹介されなかった求人ばかりだったので、リクルート独自の求人だったと思います。

転職エージェントの価値を最大限に引き出す最強の活用法

せっかく転職エージェントを利用するのなら、最大限活用してあなたにとってプラスになるようにしたいですよね。

転職エージェントを最大限活用するには、

  • 1.腕の良いキャリアアドバイザーを見つける
  • 2.キャリアアドバイザーのやる気に火をつける
  • 3.キャリアアドバイザーやサービスを利用しまくる

以上の3点をとにかく意識して転職エージェントを利用することです!

転職エージェントは以下のような流れでサービスが進んでいきますが、どの段階においても上の3点を意識することが大事です。

転職エージェントのサービスの流れ

では、それぞれ詳しく見ていきましょう!

1.腕の良いキャリアアドバイザーを見つける

キャリアアドバイザーとはいえ、歴の浅い人からベテランの凄腕まで、どうしてもキャリアアドバイザーの間でレベル感の差は発生してしまいます。

どうせ、転職エージェントを利用するのであればベテランで実績にあるキャリアアドバイザーに担当してもらいたいですよね。

実は、20代の皆さんがベテランのキャリアアドバイザーを味方につけるとっておきの裏技があるんです。

それは、「友人や知人にキャリアアドバイザーを紹介してもらう」という裏技です。

実は、ベテランのキャリアアドバイザーはスキルやキャリアがあったり、年収が800万円程度の求職者を担当するのが普通です。

つまり、20代ですとスキルやキャリアが浅いキャリアアドバイザーが担当することがどうしても多くなってしまうのです。

そこで、友人や知人から有能なキャリアアドバイザーを紹介してもらい、登録時の登録画面や登録後のメールで「知人の紹介で〇〇さん(キャリアアドバイザー名)をご紹介いただきましたので、担当いただけたら幸いです」といった文言を送りましょう。

断られることはほとんどないのでご安心ください。むしろ、「20代の求職者は久々だなぁ。よし、やってやるか!」とベテランキャリアアドバイザーのモチベーションを高めることになりますよ!

2.キャリアアドバイザーのやる気に火をつける

転職エージェントもビジネスなので、キャリアアドバイザーをやる気にさせれば数多い利用者の中でもキャリアアドバイザーは特別あなたを熱心にサポートしてくれるようになります。

以下のたった2つのことを意識するだけで転職エージェントをやる気にさせることができますよ!

【転職エージェントをやる気にさせるたった2つの方法】

  • 1.「良い求人があればすぐにでも転職を考えております。」と伝える
  • 2.キャリアアドバイザーと良好な関係を築く
では、それぞれ説明していきますね!

1.「良い求人があればすぐにでも転職を考えております。」と伝える

転職エージェントに登録する際「キャリアアドバイザーに伝えたいこと」や「転職希望時期」について記入する箇所がありますが、必ず「良い求人があれば今すぐにでも転職したいと考えております」と伝えるようにしてください。

面談でキャリアアドバイザーに会った時も同様です。

井上
でも、なぜ「いち早く転職したいという意思」を伝えるのがキャリアアドバイザーのやる気に火をつけることにつながるんですか…?
転職エージェントはいち早く転職しそうな利用者に対しては全力でサポートしたくなるからなんです!

転職エージェントは利用者を企業に転職させ、転職した利用者の年収の一部を企業から紹介手数料としてもらうことで売上を立てています。

そして、キャリアアドバイザーは「今月は何人転職させなければならない」といった厳しいノルマに追われています。

なので、キャリアアドバイザーからすれば「いち早く転職したい利用者」は、売り上げにつながりやすく厳しいノルマ達成に一役買ってくれそうな存在なので、全力でサポートしてくれるというわけなんです!

2.キャリアアドバイザーと良好な関係を築く

キャリアアドバイザーのやる気に火をつけ、転職成功に近づくには以下の理由でキャリアアドバイザーと仲良くすることが大事です。

【キャリアアドバイザーと仲良くすべき2つの理由】

  • 1.キャリアアドバイザーも人間。思い入れのある利用者は優先的にサポートしたくなるもの。
  • 2.仲良くなると、どうしても質の高い求人を紹介したくなる
私の上司の元DODAキャリアアドバイザーの三宅さんは、業後によく利用者と飲みに行って今後の夢やキャリアを語り合ったと言っていました!仲良くなった利用者は思い入れがありますから、絶対に良い条件で転職させたいのがキャリアアドバイザーのホンネなんです。

3.キャリアアドバイザーやサービスを利用しまくる

せっかく無料で利用できるのですから、「キャリアアドバイザーはたくさん利用者がいて忙しいんじゃないかな…」と遠慮せず、積極的に利用しまくることが転職成功のポイントです。

以下の5つのポイントを意識して転職エージェントを利用すれば、転職成功に大きく近づくはずです!

【キャリアアドバイザーやサービスを最大限活用する5つのポイント】

  • 1.面接対策や書類添削などでキャリアアドバイザーに時間をとってもらう
  •  ・・・いくらキャリアアドバイザーは忙しいとは言え、あなたのために時間をとってくれますよ!
  • 2.キャリアアドバイザーに情報収集してもらう
  •  ・・・キャリアアドバイザーは企業や業界を知り尽くした転職のプロ。「給料」や「労働時間」など企業には聞きにくい情報から、社風や面接官の情報など選考に役立つ情報を握っています。
  • 3.面接の後、キャリアアドバイザーに面接の感想や入社意欲を伝える
  •  ・・・面接の感想や入社意欲をキャリアアドバイザーに伝えることで、キャリアアドバイザーは企業に伝えてくれるので格段に内定が取りやすくなります!
  • 4.書類選考や面接の後にフィードバックを求める
  •  ・・・キャリアアドバイザーは企業担当者を通して「なぜ落ちたのか」「なぜ通ったのか」の理由を聞いてあなたに伝えてくれるので、フィードバックをもらうことで次回の選考に活かせる力がつきます!
  • 5.サービスやセミナーなどがあれば最大限活用する
  •  ・・・各転職エージェントには独自のサービスがあるので、最大限活用しましょう!三宅さんは『リクルートエージェント』の「レジュメnavi」と「面接力向上セミナー」をおすすめしています。
『リクルートエージェント』の「レジュメnavi」は誰でも簡単に職務経歴書を作成できるサービスです。

転職エージェントを利用する際は必ず職務経歴書を提出することになるので、職務経歴書作成ツールとして非常に重宝しますよ!

リクルートエージェント以外の転職エージェントに登録する際、リクルートエージェントの「レジュメnavi」で作成した職務経歴書を使い回している利用者は多いんです。

また、リクルートエージェントの面接力向上セミナーは受講者の面接突破率が平均で15%以上上がり、受講者の満足度は90%を超えるリクルートエージェントの名物セミナーです。

レジュメnavi、面接力向上セミナーともにリクルートエージェンに登録しないと利用できないので、この機会に登録して利用しましょう!

転職エージェントを利用する上での8つの注意点

転職エージェントを最大限活用するだけではまだ不十分です。

転職エージェントを利用する際には絶対に注意すべき8つのことがあるので、絶対に守るようにしてください。

転職エージェントを使う上で注意するべき8つのポイント

  • 1.複数の転職エージェントに登録する
  • 2.キャリアアドバイザーは自分に合う人を探す
  • 3.面談前から自分の経歴をエージェントに伝えておく
  • 4.事前連絡なしに面談に遅刻しない
  • 5.面談は態度良く望む
  • 6.前の会社の退職理由を素直に話しすぎない
  • 7.1求人1エージェントを徹底する
  • 8.転職後もキャリアアドバイザーと良好な関係を築く
ベストな転職エージェントを選び、転職エージェントを最大限活用する方法を実行し、注意点を守ってはじめて転職エージェントを使いこなして転職成功へと大きく近づくことができます。

では、転職エージェントを利用する際の注意点を一つずつ見ていきましょう!

1.複数の転職エージェントに登録する

先述の通り、転職wikiでは総合型転職エージェントを3~5社・特化型転職エージェントを1~2社登録することをおすすめしています。

更に、以下2つの理由で転職エージェントを併用するべきです。

【転職エージェントを併用するべき2つの理由】

  • 1.1つの転職エージェントで1人のキャリアアドバイザーに頼るのは危険
  •  ・・・知識や求人が偏ってしまい、望むような転職活動ができなくなる
  • 2.客観的に幅広い種類の求人を紹介してもらえる
  •  ・・・キャリアアドバイザーから様々な意見を聞けるし、自分に合った求人を見つけやすくなる

2.キャリアアドバイザーは自分に合う人を探す

どんなに優秀なキャリアアドバイザーでも、あなたが嫌だと思ってしまったら疑いが止まらなくなってしまい思うような転職活動が出来なくなってしまいます。

もし、担当のキャリアアドバイザーが合わないなぁと感じたらキャリアアドバイザーに以下のようなメールを送り、担当を変えてもらいましょう!

担当の変更申請メール例

お世話になっております。御社から転職のコンサルを受けさせて頂いている後藤と申します。

現在、担当をして頂いている星野様には大変お世話になっており、丁寧なご対応を頂いておりますので大変感謝をしておりますが、他の方のご意見も参考にさせていただきたく思っております。

調整の方が可能でありましたら、志望しております広告業界に精通していらっしゃるアドバイザーの方とお話をしたく考えております。

お手数をおかけし恐縮ではございますが、何卒よろしくお願い致します。

3.面談前から自分の経歴を転職エージェントに伝えておく

以下の理由で、面談前から自分の経歴を転職エージェントに詳しく伝えるようにしましょう。

【面談前に自分の経歴を転職エージェントに伝えるべき理由】

1.事前に経歴やスキルがわかれば事前に求人の候補を探すことができ、求人の紹介数が多くなり、求人の質も高くなるから。

転職エージェントに登録する際は各転職エージェント公式サイトから登録することになりますが、以下のように登録すると良いでしょう!

【会社名・部署・役職】転職wiki株式会社:第Ⅱ営業部:部長

【職務内容】新卒で転職wiki株式会社に入社し、約5年ほどクライアントの新規開拓営業を担当。その後は3年間営業部マネージャーとして10名の組織を統率し、営業目標の達成に向けてメンターとして後輩の育成を主に担当。現在は第Ⅱ営業部部長として3年間営業部全体を統括指揮し、事業部最高の売り上げを達成。

【保有資格・スキル】営業、マネジメント

【今後の仕事の希望】

現職では100名を超す大きな事業部で働いておりますが、マネジメントの経験を活かし、より小さい組織のトップとして早い事業展開の中で自分の能力を最大限発揮できるような環境に挑戦したいと考えるようになりたいと考えるようになりました。

そこで、より小規模で立ち上がって間もないスタートアップベンチャー企業でしたら、今まで培った営業とマネジメントのスキルを活かして企業を成長軌道にのせつつ、人材の育成にも携われると考えている次第です。

転職初心者なので何から始めたら良いのか、何を行動した良いのか全くわからない状態なので、ぜひともご相談させてください。

【希望勤務地】東京都内

【希望年収】現状年収800万円ほどですが、高度なマネジメント、組織育成を学べる環境であれば、600万円程度までの減少は覚悟しております。

4.事前連絡なしに面談に遅刻しない

キャリアアドバイザーとの面談に参加する際は、以下2つの理由で絶対に遅刻しないようにしてください。

【面談に遅刻してはいけない2つの理由】

  • 1.転職エージェントは求人を紹介するとき、面談に参加しているか否かを見ている
  • 2.選考本番でも遅刻する信頼性の低い求職者と認識され、質の低い求人しか紹介されなくなる

5.面談は態度良く望む

キャリアアドバイザーとの面談は、キャリアアドバイザーと仲良くなる以外にも以下の理由で絶対に態度良く臨むようにしてください。

【面談は態度良く臨むべき理由】

  • 1.利用者は転職エージェントにとってはクライアントである求人企業に提供する商品であるから
  •  ・・・態度が悪い利用者は企業からすれば不良品です。キャリアアドバイザーからしても求人を紹介し、企業に紹介できません。
逆に言えば、態度よく面談に臨めば多少実績はなかったとしても自信を持ってクライアントの求人企業に紹介できる人材になれます!

ですので、キャリアアドバイザーとの面談に臨む際は自分を商品として売り込む覚悟で臨みましょう!

6.前の会社の退職理由を素直に話しすぎない

転職エージェントを利用する上では、以下の理由で前の会社の退職理由(「つまらなかったから」「上司と喧嘩したから」などのような、あなたが簡単に会社を辞めてしまうと判断されてしまう理由)を正直に話しすぎないことを意識してください。

【前の会社の退職理由を正直に話しすぎるべきでない2つの理由】

  • 1.転職先をすぐに退職してしまうと、エージェントは罰金を払わなくてはいけない
  • 2.企業との仲が険悪になり、今後の取引に悪影響を及ぼす
あなたが簡単に会社を辞めてしまうような人材と判断されてしまうような理由を伝えてしまうと、「次の会社もすぐに辞めてしまうんだろうな」と思われるので今後求人を紹介できないなんてことにもなってしまいます。

7.1求人1エージェントを徹底する

以下の理由で、1つの求人には複数の転職エージェントから申し込まないようにしてください。

【1求人1エージェントを徹底すべき理由】

  • 1.転職エージェントに不信感を与えてしまう
  •  ・・・求人企業からキャリアアドバイザーに連絡がいくので、転職エージェントに不信感を与えてしまい、キャリアアドバイザーが責められてしまいます。
うっかりして複数の転職エージェントから同じ求人に申し込みそうになることはあると思いますが、今後求人を紹介できなくなってしまうので「どのエージェントからどの企業に申し込んだか」は必ず管理してください!

8.転職後もキャリアアドバイザーと良好な関係を築く

転職が決まったらそこでキャリアアドバイザーとはかかわりをなくしてしまう方が実に多いですが、以下2つの理由でキャリアアドバイザーとは転職後も仲良くするようにしてください。

【転職後もキャリアアドバイザーと仲良くすべき2つの理由】

  • 1.仕事で困ったときに相談できる
  •  ・・・キャリアアドバイザーとしては辞められたら困るのでなんでも相談に乗ってもらえますし、企業に直接言いにくいことも代わりに伝えてくれます。
  • 2.キャリアアップセミナーなどに招待してもらえる
  •  ・・・キャリアアドバイザーは転職した利用者の今後の活躍を望んでいるので、定期的にキャリアアップセミナーを開催しています。
もし、転職後にあなたが仕事で成果を出していたら、更に高い年収やキャリアの仕事を紹介してもらえることもあるので、転職後もキャリアアドバイザーとは仲良くしましょう!

まとめ|転職エージェントを併用して30代でキャリアアップする転職をしよう!

これまでついてきて下さりありがとうございました!

30代におすすめの転職エージェントについて詳しく見ていきましたが、いかがだったでしょうか?

ここで、再度この記事のポイントをおさらいしていきましょう!

【この記事の6つのポイント】

  • 5.転職エージェントの3つのことを意識して活用すべし
  •  ①腕の良いキャリアアドバイザーを見つける
  •  ②キャリアアドバイザーのやる気に火をつける
  •  ③キャリアアドバイザーやサービスを利用しまくる
  • 6.転職エージェントを利用する際には8つの注意点がある
  •  ①複数の転職エージェントに登録する
  •  ②キャリアアドバイザーは自分に合う人を探す
  •  ③面談前から自分の経歴をエージェントに伝えておく
  •  ④事前連絡なしに面談に遅刻しない
  •  ➄面談は態度良く望む
  •  ⑥前の会社の退職理由を素直に話しすぎない
  •  ➆1求人1エージェントを徹底する
  •  ⑧転職後もキャリアアドバイザーと良好な関係を築く
あとは、あなたが実際に行動すれば、転職はうまくいくはずです。WEBで検索してこの記事を見つけ、最後までご覧になったあなたは成功する素質があります。

この記事をブックマークに入れるなどしていつでも見れるようにし、転職活動の大きな一歩を踏み出してください!上司の三宅と共に、あなたの転職成功をこころよりお祈りしております!

 

の口コミ平均評価

評価なし 評価なし (全0件)

あなたの評価を教えてください!