▼当サイトで申込みが多い転職エージェントはこちら!(転職成功者の9割は4社以上のエージェントを併用しています!)

【1位】リクルートエージェント絶対に使うべき、国内最大手の実績No1転職エージェント!公開求人・非公開求人含め20万件以上というダントツ業界トップの求人数
【2位】DODA利用者満足度はなんと驚異の90%!キャリアアドバイザーが優しく丁寧にサポートしてくれることから転職初心者には最適
【3位】パソナキャリア業界ダントツで高いサポート力と上質な求人が強みの転職エージェント。ハイキャリア人材の転職に強み。年収アップ率約7割

▼【登録無料】転職活動で役立つ!あなたの気づいていない強みを発見できるリクナビネクスト グッドポイント診断に登録しましょう!

3分で完了!グッドポイント診断はこちら!

※転職市場は動きが大きいため、この記事は常に最新の情報に更新してお届けしています。

【この記事の語り手:宮前】

阪大卒。元転職エージェント運営企業勤務の46歳。大手通信→大手シンクタンク→某転職エージェントキャリアアドバイザー→独立という経歴で、自身も転職エージェントを利用経験あり。

妻と中学生の息子が2人、愛犬がいる。某転職エージェントではIT領域のキャリアアドバイザーとして、面談しサポートした求職者は2000名以上。2016年に某転職エージェントを退職後、現在は企業に対して採用コンサルや面接の代行をしているほか、転職wikiで語り手として皆さんにプロでしか知り得ない情報をお伝えしている。

皆さんはこのように思ってはいませんか?

  • ◆ 転職エージェントでの面談では何をするか知りたい
  • ◆ 面談で失敗しないために必要なことを知りたい
  • ◆ 転職エージェントってそもそも何してくれるのか知りたい
  • ◆ 転職エージェントを上手く活用して転職成功させたい!

この記事をご覧になれば、上のような疑問をすべて解消できます!
転職エージェントとの面談を完璧かつスマートにこなし、転職エージェントを上手く活用することで、あなたの転職を成功へと導きます。

また、この記事では、100%正しい情報を保証しています。というのは、自身で転職エージェント利用経験があり、2000名以上をサポートしてきた元キャリアアドバイザーの私宮前が執筆しているからです。

さらに、本記事でご紹介している転職エージェントの評判を調査した際には、各転職エージェント利用者約1000名に対して、web上や電話、対面で調査しています。その調査も学歴・年収・性別・業界業種などばらつきが生じないように調整しました。

では、では、転職エージェント面談でのポイントについて見ていきましょう!

この記事に入る前に!読者の皆様へ宮前からひとこと

やっと気温が落ち着いてきて、過ごしやすくなってきましたね。

さて、この記事を読み進めてもらう前に皆さんにお伝えしたいことがあります。

それは、、、「10月は求人数が増えて求人倍率が下がる転職にもってこいの時期!いち早い行動が転職の明暗を決める」ということです。

10月は夏にボーナスをもらってから退職した人材の欠員を埋めるため、企業は活発に採用活動を開始。10月は1年でいちばん求人数が多くなるのです!(産業別新規求人数の推移(一般)(平成29年度~)

さらに、10月の転職活動は4月入社に向けた採用ではないので、ライバルが少ないことが特徴。

この記事でご紹介する私宮前が厳選した転職エージェントから、4社以上の転職エージェントを併用すれば、この10月に最高のスタートを切ることができるでしょう!

ライバルが少なく求人数が最も多いこの10月、チャンスをものにするたった1つのコツは「今すぐ行動を起こすこと」です。

転職エージェント3つの有効な活用方法

転職エージェントの有効な活用方法は以下の3つになります。

【転職エージェント活用方法】

  • 非公開求人も含め相性の良い求人紹介を見つけてもらう
  • 無料で面接対策をしてもらう
  • 自分では言いにくい年収交渉をしてもらう

実際に、本記事作成において1000名の転職者に調査を行ったところ、
「転職エージェントを利用してよかったと思っている理由」でも同様に上記3つの項目がトップ3に入っていました。

グラフからも転職エージェントの利用価値は上記3つに集約されますね!
それぞれについて、どのように活用していくべきか詳細を見ていきましょう。

相性の良い求人紹介

約800万社(2018年現在)近くもある膨大な企業の中から、自分に合う企業を見つけ出すのは至難の技。
異なる業界への転職を希望している場合は尚更困難になります。

転職エージェントはこれまでに多くの転職者を支援してきているので、業界や企業の内情にも詳しいです。

「せっかく転職したのにブラック企業だった」
「思ってた感じと違った」

なんてことが入社早々に起こってしまっては、悲劇です。

企業のミスマッチを防ぐために、面談で希望を細かくヒアリングした上であなたにマッチした求人を紹介してくれるのが転職エージェントの強みです。

全て無料なので、求人を紹介してもらうだけもで大いに価値があります!

面接対策

転職エージェントでは面接対策をしてくれるのもポイント。
面接対策のメリットとしては以下の3つが挙げられます。

【面接対策のメリット】

  1. 自分では気付かない癖を発見してもらえる
    いざ面接官を前にして緊張すると普段の自分を上手く表現できなくなることも。
    面接対策では、緊張した時に自分がどんな挙動になるのかを観察してもらえる絶好のチャンスになります。
  2. 上手い自己アピールのコツを学べる
    「実績はあっても、どんな風に表現すれば良いかわからない」という方も多いかと思います。
    面接対策では、より魅力的に見える伝え方を教えてもらうことができます。
    定量的な数字や相対的な評価も入れることで、実績の印象はさらに上がります。
    このような「伝え方の工夫」をアドバイスできる点も、転職エージェントの得意分野です。
  3. 伝えるべき内容を厳選できる
    平均的な面接時間は30分〜1時間と限られています。
    その限られた時間の中で、何を伝えるかが非常に重要です。
    本当に伝えるべき内容が盛り込まれているかに関しても確認してもらうことができます。
面接対策でたくさん失敗することで、本番ではしっかりアピールできるようになります!

年収交渉

「年収は重要だけど話題にあげづらい」という方も多いのではないでしょうか。
そんな時に、あなたと企業の間に入って代わりに給与交渉してくれるのが転職エージェントになります。
転職エージェントにあらかじめ希望年収もしっかり伝えておきましょう。

転職エージェントとの面談とは?

転職エージェントを利用すると、まず最初にあるのが面談です。

「転職エージェントの面談って何するの?」
「変なこと言ったら転職に響くの?」
「転職エージェントが品定めしようとしていのでは?」

そんな疑問や不安があるかと思います。
これらの不安を払拭すべく、以下の項目について回答していきます!

【面談の目的】
転職エージェントに、あなたを知ってもらうことです。
面談は、あなたにマッチする企業を選定するのに大変重要になります。
ここでしっかりと認識のすり合わせをして転職エージェントと足並みを揃えられるかが、転職成功への第一歩となります。

よくありがちなのは「転職エージェントとの面談」を「企業の面接」のように捉えてしまうことです。
転職エージェントとの面談は、面接ではありませんので、変にかしこまったり、飾って見せたりする必要は全くありません。
等身大のあなたを分かってもらった方が、ゆくゆく企業のミスマッチを防ぐことにも繋がります。
また、転職エージェントに対しても気になることは質問して、この場で不安を解消していくようにしましょう。

【面談の所要時間】
平均は1時間~2時間くらいです。
希望に応じて、2回目や3回目の面談を受けることも可能です。

【場所や時間帯】
転職エージェントのオフィス内にある面談スペース等で行われることが多いです。
プライバシーや話しやすさを考慮して個室やパーテーションで区切られていることがほとんどなので安心です。
どうしても、オフィスまで足を運べない場合は、あなたの都合の良い場所まで出張対応してくれることもあるので、まずは相談してみましょう。
土日の対応はエージェントによってまちまちなので、要確認です。

時間に関しては、柔軟に対応してくれるところが多いです。
平日だと仕事終わりになるので20時や21時スタートでも対応してくれるところもあります。
また、時間そのものが取れない場合は電話にて10分〜30分でのお話も可能です。

転職エージェントは比較的柔軟に対応してくれるところが多いので、困ったらまずは相談してみるのが良いです!

面談のための事前準備

面談の日時が決まったら、次は面談に向けた準備が必要です。
面談準備に必須な項目を以下にまとめています。
早速見ていきましょう。

服装

スーツもしくはラフ過ぎない私服で行きましょう。

面談時の服装はあなたの評価の要素になります。
転職エージェントは責任をもってあなたを企業に紹介するので、入社に際してリスクがあると判断された場合、他の候補者を優先することにもなります

持ち物

1. 記載した履歴書
2. 記載した職務経歴書
3. 筆記用具(ペンとメモ帳)

転職エージェントから当日に必要な物のお知らせがあると思いますが、上記3つは必須です。

特に、履歴書・職務経歴書に関しては、面談当日に添削指導をしてもらえるので、面談を充実させるために必ず準備しておきましょう。

面談当日の流れ

面談内容は以下の6ステップにて実施されます。

1. 挨拶・自己紹介
2. 転職活動状況と転職理由の確認
3. 職務経歴・スキルなどプロフィールについて
4. 希望職種・企業・年収などの条件について
5. あなたにマッチする求人紹介
6. 今後の進め方の質問・アドバイス

一般的には上記のフローにて実施されることが多いです。

転職エージェント面談の失敗談あるある

転職エージェントの面談における皆さんからの失敗談を集めてみました。
先人の失敗から学べることは多いです。
あなたの転職活動に大いに役立てましょう。

【失敗談口コミ(1)】

30代女性・営業:年収500万円台
転職エージェントの面談を初めて受けた時、あまり具体的に転職について考えていなかったので「話だけ聞きに来ました」と伝えました。
その後、エージェントから求人案件を紹介してもらったものの、あまり良い条件のものがないなと思っていたんです。
ある時、人材業界の友人にその話をしたら「話だけ聞きに来た」はNGワードだったと聞かされました。
その友人によると、すぐに転職したい人に優先的に優良求人を提示するので、話だけ聞きに来た人は後回しにされることが多いそうです…。
初めから、転職する気あります!と伝えれば良かったと後悔しました

嘘を付く必要はないですが、転職の意向があることは伝えましょう!

【失敗談口コミ(2)】

20代女性・人事:年収300万円台
退職理由の1つとして「職場の人間関係」もあり、正直に伝えました。
正直に言い過ぎたなと思って、後から調べてみたら、人間関係が退職理由だと「すぐ辞める人材」として転職エージェントからの心証が良くないそう

人間関係だけでなく他の退職理由もしっかり伝えるべきですね。

【失敗談口コミ(3)】

20代男性・企画:年収400万円台
今よりも年収を上げたくて、1年前にも利用した転職エージェントで再度転職しようとしました。
自分のスキルや能力に見合った求人だと希望年収よりも低いことが多かったので、エージェントとの面談で自分のスキルを高く見せようと思い、実績を盛って伝えました
すると、以前伝えた実績と異なっていることをについて鋭い質問を受けました。
どうやら文面での登録情報以外にも電話でヒアリングしてもらった内容に関しても情報として残っていたようです
その後、そのエージェントとはやりにくくなってしまいました…。

見栄を張らずに等身大の自分で勝負するのが一番ですね。

【必読】転職エージェント面談 3つの心得

  1. 等身大の自分を語る
    転職エージェントに対して自分を大きく見せることで、企業とのミスマッチをしてしまっては意味がありません。
    諦めずに誠実に転職活動をしていれば、あなたに合った企業は必ず出てきます。
    等身大のあなたを魅力的に見せましょう
  2. 仕事への意欲を感じられる建設的な話をする
    退職にあたって、ネガティブな理由の方もいらっしゃるかと思います。
    しかし、新しい転職先へはポジティブな気持ちで臨みましょう。
    転職エージェントは今の職場でのネガティブな気持ちを変えるために存在しています。
    仕事そのものへの意欲は失わずに、次の新たな職場を見つけるために建設的な話をするようにしましょう
  3. 転職エージェントと二人三脚で転職活動を行う
    転職エージェントはあなたの心強いパートナーです。
    あなたの転職が成功するまで、しっかりと見届けてくれます。
    転職期間中は、エージェントと協力し合って効率よく進めて行きましょう。
    あなたが取りに行くべき情報とエージェントが取るべき情報をしっかり区別して、時間と労力のロスを極限まで減らしましょう
    そうすることで、今の仕事とも両立しながら挫折することなく、転職活動ができるようになります。
    無理のない転職活動が転職成功への道です。
    諦めずに、でも無理しすぎずに頑張りましょう。

の口コミ平均評価

評価なし 評価なし (全0件)

あなたの評価を教えてください!