▼当サイトで申込みが多い転職エージェントはこちら!(転職成功者の9割は4社以上のエージェントを併用しています!)

【1位】リクルートエージェント絶対に使うべき、国内最大手の実績No1転職エージェント!公開求人・非公開求人含め20万件以上というダントツ業界トップの求人数
【2位】DODA利用者満足度はなんと驚異の90%!キャリアアドバイザーが優しく丁寧にサポートしてくれることから転職初心者には最適
【3位】パソナキャリア業界ダントツで高いサポート力と上質な求人が強みの転職エージェント。ハイキャリア人材の転職に強み。年収アップ率約7割

▼【登録無料】転職活動で役立つ!あなたの気づいていない強みを発見できるリクナビネクスト グッドポイント診断に登録しましょう!

3分で完了!グッドポイント診断はこちら!

※転職市場は動きが大きいため、この記事は常に最新の情報に更新してお届けしています。

【この記事の語り手:宮前】

阪大卒。元転職エージェント運営企業勤務の46歳。大手通信→大手シンクタンク→某転職エージェントキャリアアドバイザー→独立という経歴で、自身も転職エージェントを利用経験あり。

妻と中学生の息子が2人、愛犬がいる。某転職エージェントではIT領域のキャリアアドバイザーとして、面談しサポートした求職者は2000名以上。2016年に某転職エージェントを退職後、現在は企業に対して採用コンサルや面接の代行をしているほか、転職wikiで語り手として皆さんにプロでしか知り得ない情報をお伝えしている。

皆さんはこのように思ってはいませんか?

  • ◆転職エージェントは複数併用するべきなのか知りたい
  • ◆1社の転職エージェントを利用するか、複数の転職エージェントを利用するか迷っている
  • ◆何社の転職エージェントを併用すればよいのか知りたい
  • ◆複数の転職エージェントを併用するのに、自分に合った転職エージェントを見つけたい

この記事をご覧になれば、上のような疑問をすべて解消でき、転職エージェントを複数併用すべきかどうか判断できます。

また、この記事では、100%正しい情報を保証しています。というのは、自身で転職エージェント利用経験があり、2000名以上をサポートしてきた元キャリアアドバイザーの私宮前が執筆しているからです。

さらに、本記事でご紹介している転職エージェントの評判を調査した際には、各転職エージェント利用者約1000名に対して、web上や電話、対面で調査しています。その調査も学歴・年収・性別・業界業種などばらつきが生じないように調整しました。

では、さっそく失敗しない転職エージェントの選び方を見ていきましょう!

この記事に入る前に!読者の皆様へ宮前からひとこと

やっと気温が落ち着いてきて、過ごしやすくなってきましたね。

さて、この記事を読み進めてもらう前に皆さんにお伝えしたいことがあります。

それは、、、「9月は転職の秋!求人数が多く希望の転職を実現しやすいので即行動すべき」ということです。

業としては「10月に下半期がスタートするため」「春からの新卒採用が落ち着いて中途採用に集中できるため」9月には一気に求人数を増やし、10月入社に向けて社内をフル稼働させ、中途採用活動を積極的にスタートさせます。

なので、9月に動いておけば短期間で希望の転職が実現できる可能性があるということなんです!

この記事でご紹介する私宮前が厳選した転職エージェントから、4社以上の転職エージェントを併用すれば、この9月に最高のスタートを切ることができるでしょう!

求人数が多く企業の採用意欲が高いこの9月、このチャンスをものにするコツは「今、行動を起こすこと」です!

転職エージェントを複数利用すべき5つのメリット

転職エージェントは以下5つのメリット(理由)から複数併用するべきです。

【転職エージェントを複数併用すべき5つのメリット(理由)】

  • 1.各転職エージェントのデメリットを打ち消して利用できる
  • 2.自分に合うキャリアアドバイザーと出会える
  • 3.様々な視点でアドバイスをもらえる
  • 4.多くの非公開求人を確保できる
  • 5.複数の企業を内定した時に好条件で入社できる

実際に、リクナビNEXTの調査では、転職決定者は平均4.2社の転職エージェントを併用していることがわかりましたし、転職wikiが転職エージェント利用者1000名に対して実施した調査でも結果は同様でした。

出典:リクナビNEXT

転職wikiでは、4社ほど転職エージェントを併用して利用することをおすすめしています。

では、転職エージェントを併用すべき5つのメリット(理由)を解説していきますね!

1.各転職エージェントのデメリットを打ち消して利用できる

どんな評価の高い転職エージェントでも、メリットだけでなくデメリットもあります。

例えば、業界実績No.1の『リクルートエージェント』は「求人の量と質」が非常に優れていますが、最大手のためキャリアアドバイザーひとりが膨大な数の利用者を担当。なのでサポート力はイマイチです。

転職エージェントを併用することで、各転職エージェントのデメリットを補完することができ、それぞれの転職エージェントを最大限活用することができるのです。

例えば、先述の『リクルートエージェント』はサポート力が抜群の『パソナキャリア』と併用することで、求人の量・質ともに高く保つことができ、さらにサポート力も担保することができるのです!

2.自分に合うキャリアアドバイザーと出会える

転職エージェントを利用すると、あなたの転職活動をマンツーマンでサポートする、キャリアアドバイザーという担当者がつきます。

希望の転職の実現は、転職エージェントのメリット以上に「いかに自分に合うキャリアアドバイザーを仲間につけられるか」にかかっていると言っても過言ではありません。

それほど、自分に合うキャリアアドバイザーを仲間につけることは大事なことのです。

転職エージェントの中でもキャリアアドバイザーはたくさんいるので、面談してみて自分に合わないと思えば、容赦なく担当を変更してもらいましょう。

変更はメールでキャリアアドバイザーに以下の例文を送るだけなので、直接顔を合わせなくても大丈夫です!

そして、複数の転職エージェントに登録し、自分に合うキャリアアドバイザーだけを厳選して自分のパートナーにしていくのです!

担当の変更申請メール例

お世話になっております。御社から転職のコンサルを受けさせて頂いている後藤と申します。

現在、担当をして頂いている星野様には大変お世話になっており、丁寧なご対応を頂いておりますので大変感謝をしておりますが、他の方のご意見も参考にさせていただきたく思っております。

調整の方が可能でありましたら、志望しております広告業界に精通していらっしゃるアドバイザーの方とお話をしたく考えております。

お手数をおかけし恐縮ではございますが、何卒よろしくお願い致します。

3.様々な視点でアドバイスをもらえる

キャリアアドバイザーによってキャリアやサポートに考え方やアドバイスは様々。

複数の転職エージェントを併用することによって、ひとつの課題や疑問に対しても様々なアドバイスをもらうことができ、視野が広がります。

複数のキャリアアドバイザーを仲間にすることができるので、それぞれのキャリアアドバイザーでしか持ちえない有益なアドバイスや情報をもらえるのです。

逆に1社の転職エージェントの1人のキャリアアドバイザーに頼ってしまうと、考え方が偏ってしまったりキャリアアドバイザーの意見に流されてしまう場合があり、危険。

様々な視点でアドバイスをもらい、独りよがりにならないためにも転職エージェントを4社ほど併用することはマストなのです。

4.多くの非公開求人を確保できる

各転職エージェントは、自分で検索して紹介する求人ではなく、独自の「非公開求人」を保有しています。

非公開求人とは以下2つの理由で企業が非公開で転職エージェントに掲載している求人のことです。

【企業が非公開求人を掲載する2つの理由】

  • 1.競合他社に事業戦略を知られないため
  •  ・・・公開求人にすると採用戦略から競合他社に事業の方向性がわかってしまう
  • 2.効率的に採用をするため
  •  ・・・急な欠員補充、人材配置にスピーディーに対応できる
  •  ・・・転職サイトのように膨大な応募がこないので、応募者の対応がしやすい

非公開求人は大手企業が中心なので、一般的に質が高いことが特徴。転職エージェントを複数併用すると、各転職エージェント独自の素晴らしい非公開求人に出会える可能性が格段に上がります。

求人数を多く確保することにもなるので、転職活動の視野も広がりますし、選考に進む企業を多く確保できます!

5.複数の企業を内定した時に好条件で入社できる

転職エージェントを複数(4社ほど)併用すると、いくつかの転職エージェント経由で紹介された企業から内定を獲得することになるはずです。

例えば別々の転職エージェントからそれぞれ企業の内定を獲得し、どちらに入社しようか迷っている場合、それぞれの転職エージェントに内定状況を伝えます。

すると、それぞれの転職エージェントは内定をとった企業の人事に対して「あっちの会社は年収400万円でオファーしているので、御社は年収500万円でオファーしないと取られてしまいますよ」と発破をかけ、年収交渉してくれるのです。

つまり、転職エージェントを複数併用すると内定時に人材獲得コンペを起こすことができ、より良い条件で入社できる可能性が飛躍的に高まるのです!

転職エージェントを複数利用する際の3つのデメリット

転職エージェントを複数併用することには5つのメリットがあり、転職エージェントは複数の併用はマストです。

しかし、転職エージェントを複数併用することには以下3つのデメリットもあります。

【転職エージェントを複数併用することの3つのデメリット】

  • 1.スケジュール管理が煩雑になる
  • 2.紹介される求人数が多すぎてしまう可能性がある
  • 3.アドバイスや情報で混乱してしまう可能性がある
転職エージェントを複数併用することにはこれら3つのデメリットがあるので、細心の注意を払って併用する必要があるのです。

では、それぞれ解説していきますね!

1.スケジュール管理が煩雑になる

転職エージェントを併用すると、各転職エージェント経由で選考日程の調整などの連絡が行きかうので、スケジュール管理が大変になってしまいます。

これはしょうがないことではありますが、転職エージェントを複数併用する以上はスケジュール管理をきちんとしないと、混乱を招いてしまいかねません。

選考に進む企業や締め切りがあれば、「どの転職エージェント経由で」「いつまでに仕上げなければならないのか」などしっかりとわかるようにしておきましょう!

2.紹介される求人数が多すぎてしまう可能性がある

転職エージェントを複数併用すればするほど、紹介される求人の数が多くなります。

紹介される求人の数が増えると、視野が広がったり選考に進む企業が増えるなどのメリットがありますが、選考に進む求人を絞り切れなくなってしまう可能性もあります。

求人をうまく絞れるよう「自分はどのような企業に転職してどのような未来を描きたいのか」しっかりとした考えを持って求人を精査していくことが大事になってくるのです。

3.アドバイスや情報で混乱してしまう可能性がある

各転職エージェントごとに正しいと考える価値観が違います。

そのため、各転職エージェントのキャリアアドバイザーごとにアドバイスが異なることも多く、どの転職エージェントのキャリアアドバイザーからのアドバイスが正しいのか混乱してしまう可能性もあります。

「迷っても自分の力で意思決定できる!」という方であれば問題ないと思いますが、意思決定力に自信のない方にとっては、様々な意見をきくことでかえって混乱しやすくなってしまうこともあるでしょう。

転職エージェントを複数併用することにあたっては、自分の考えを強くもち、流されないことも大事なのです。

転職エージェントを複数利用する際の4つの注意点

転職エージェントを複数併用する際、以下4つの注意点を守って併用すべきです。

【転職エージェントを複数併用する際に守るべき4つの注意点】

  • 1.複数の転職エージェントを利用していることは隠しておかない
  • 2.早めの連絡・報告を意識する
  • 3.1求人1転職エージェントを徹底する
  • 4.選考スケジュールを合わせる
これら4つの注意点を守らないと、転職エージェントを併用する意味がないどころかむしろ転職活動の足を引っ張ってしまうことにもなりかねません。

ではそれぞれ解説していきますね!

1.複数の転職エージェントを利用していることは隠しておかない

言いにくいかもしれませんが、以下の理由で転職エージェントを複数併用していることは隠しておくべきではありません。

【転職エージェントを複数併用することを隠しておくべきでない3つの理由】

  • 1.意思疎通がしづらくなる
  •  ・・・求人を紹介された場合断ってしまうと、「やる気がない」「希望する求人がつかめない」と思われ、それが続くと求人が紹介されなくなってしまう場合も
  • 2.他社転職エージェントに合わせて選考スケジュールを組んでくれる
  •  ・・・他社応募の企業の選考状況を考慮した上で最適なスケジュールを提案し、管理してくれる
  • 3.転職エージェントをやる気にさせることができる
  •  ・・・他社にあなたをとられまいとスピーディーに対応し、親身にサポートしてくれる
転職エージェントには競合他社を併用していることを伝えるのは言いにくいかもしれませんが、転職エージェントからすれば複数併用しているのは当たり前だと思っているんですよ。

むしろ、転職エージェントは競合他社との併用をすすめることもあります。利用者の未来が第一の仕事ですからね。

2.早めの連絡・報告を意識する

転職エージェントを複数併用する際には、「転職エージェントはレスポンスの早い利用者を優先する」という理由で早めの連絡・報告を徹底する必要があります。

連絡が遅かったり、連絡を放置していると「転職活動が終わったのかな」「やる気がないのかな」と思われてしまうので、転職エージェントから求人を紹介されなくなってしまいます。

転職エージェントを併用する際は、スケジュール管理をしっかりとした上でスピーディーな連絡・報告を徹底しましょう!

3.1求人1転職エージェントを徹底する

以下の理由で、1つの求人には複数の転職エージェントから申し込まないようにしてください。

【1求人1転職エージェントを徹底すべき理由】

  • 転職エージェントに不信感を与えてしまう
  •  ・・・求人企業からキャリアアドバイザーに連絡がいくので、転職エージェントに不信感を与えてしまい、今後求人を紹介されなくなる可能性がある
うっかりして複数の転職エージェントから同じ求人に申し込みそうになることはあると思いますが、今後求人を紹介できなくなってしまうので「どのエージェントからどの企業に申し込んだか」は必ず管理してください!

4.他の転職エージェントと選考スケジュールを合わせる

先述の通り、各転職エージェントのキャリアアドバイザーには転職エージェントを複数利用していることをお伝えし、他の転職エージェントの選考スケジュールと合わせて選考日程の調整をしてもらいましょう。

複数の転職エージェントでスケジュールを合わせて活動すると、「A社とB社の選考結果が不合格だったので、内定をもらっていたC社の内定を承諾しよう」といった判断ができます。

一方、各転職エージェントでバラバラのスケジュール感で活動していた場合、「第一志望の企業がまだ1次面接の結果待ちなのに、第二志望の企業の内定をあと1週間で承諾しなくてはいけない…」といった状況になってしまい、せっかく第一志望の企業に転職できるチャンスをつぶしてしまうことになりかねないのです。

希望の転職を実現するためにも、各転職エージェントにそれぞれの選考のスケジュールを伝え、選考日程を合わせて転職活動に臨みましょう!

複数利用の際に自分に合った転職エージェントを選ぶには

転職エージェントを複数併用するには、以下4つのメリットがありました。

【転職エージェントを複数併用すべき5つのメリット(理由)】

  • 1.各転職エージェントのデメリットを打ち消して利用できる
  • 2.自分に合うキャリアアドバイザーと出会える
  • 3.様々な視点でアドバイスをもらえる
  • 4.多くの非公開求人を確保できる
  • 5.複数の企業を内定した時に好条件で入社できる

しかし、転職エージェントを複数併用するとしても、自分に合った転職エージェントを複数併用しないとメリットを感じにくいでしょう。

転職wikiでは、『幅広い業種業界をカバーし、大量の求人を保有している「総合型転職エージェント」と業界や業種、性別や属性に特化して専門的なサポートをしている「特化型転職エージェント」両者で気になった転職エージェントにすべて登録し、以下5つの基準で判断して4社ほどに絞り込んでいく』という選び方をおすすめしています。

【転職エージェントを選ぶ際の5つの比較基準】

  • 1.キャリアアドバイザーの質
  • 2.キャリアアドバイザーとの相性
  • 3.求人の量
  • 4.求人の質
  • 5.サポート内容
以下の記事では、5つの基準についての詳細や優秀なキャリアアドバイザーの見分け方など、「転職エージェントの選び方のすべて」について解説しています。

この記事と併せてチェックしてください!

転職エージェントの失敗しない選び方をプロが解説|5つの比較基準とは

※転職市場は動きが大きいため、この記事は常に最新の情報に更新してお届けしています。 転職成功のためには、…

複数の転職エージェントを併用するのであれば、最大限活用したいですよね。

以下の記事では、転職エージェントを最大限活用し、希望の転職を実現するための「転職エージェントの賢い使い方」を解説しています!ぜひチェックしてください。

転職エージェントの賢い使い方を元転職エージェント社員が解説

※転職市場は動きが大きいため、この記事は常に最新の情報に更新してお届けしています。 皆さんは転職エージェントを利…

おすすめの転職エージェント

この章では、転職wikiが実際に利用者1000名(学歴・年収・性別・業種業界・年齢などばらつきがないように配慮)に対して行った調査と、元転職エージェント社員宮前の視点から選んだ「おすすめの転職エージェント」をご紹介します。

まずは、こちらで気になった転職エージェントにすべて登録し、先述した5つの基準で自分に合った転職エージェントに絞り込んでいきましょう!

総合型転職エージェント

  • パソナキャリア(評判・口コミはこちら):女性の転職に強み。サポート力ダントツNo.1で年収アップ率驚異の約70%
  • type転職エージェント(評判・口コミはこちら
  • 年収アップ率業界トップの71%。非常に質の高い求人と強力なサポート力が特徴。20代~40代のほか、女性やエグゼクティブ転職にも強み
  • マイナビエージェント(評判・口コミはこちら
  • 満足度96.4%、選考通過率は他社の2倍以上、年収アップ率も約7割を誇る政府認定の超優良転職エージェント。総合型と業界特化型のハイブリッド転職エージェント。20代と30代前半の転職に強み
  • リクルートエージェント(評判・口コミはこちら
  • 実績業界No.1、内定率業界No.1、求人数業界No.1(19万件以上)の最大手転職エージェント
  • JACリクルートメント(評判・口コミはこちら
  • 外資系・最大手志望者などハイキャリア向け。NTT実施転職エージェント顧客満足度No.1
  • ワークポート(評判・口コミはこちら
  • IT転職で最強。4年連続で転職決定人数業界No.1
  • DODA(評判・口コミはこちら
  • 同業界/業種の転職、初めての転職に圧倒的強み。高いサポート力と優しいキャリアアドバイザーが魅力

特化型転職エージェント

業界・属性 おすすめ転職エージェント
IT・WEB・ゲーム
女性
エグゼクティブ・ハイキャリア層
フリーター・ニート・第二新卒・既卒
アパレル

※総合型転職エージェントでも、業界に特化したサービスをしているために業界特化型転職エージェントとしているものもあります。

年齢別おすすめ転職エージェント

「総合型転職エージェント」「特化型転職エージェント」の中で気になった転職エージェントをすべて登録し、さらに年齢別におすすめの転職エージェントを登録。

そのうえで5つの比較基準で4社ほどの転職エージェントに絞り込むのがベストでしょう!

では、年齢別おすすめ転職エージェントもご紹介していきますね。
年齢 おすすめ転職エージェント
第二新卒
20代
30代
40代・50代以上

 

おすすめの転職エージェントについてより詳しくは以下の記事をチェックしてみてください。

おすすめ転職エージェントを比較|1000人の口コミ・評判から転職のプロが厳選

※転職市場は動きが大きいため、この記事は常に最新の情報に更新してお届けしています。 皆さんはこのように思ってはい…

まとめ

ここまで長い間お疲れ様でした!

ここで、ざっとこの記事の内容をおさらいしましょう!

【この記事の5つのポイント】

1.転職エージェントは複数(4社ほど)併用すべき

2.転職エージェントを複数併用するのには5つのメリットがある

  • 1.各転職エージェントのデメリットを打ち消して利用できる
  • 2.自分に合うキャリアアドバイザーと出会える
  • 3.様々な視点でアドバイスをもらえる
  • 4.多くの非公開求人を確保できる
  • 5.複数の企業を内定した時に好条件で入社できる

3.転職エージェントを複数併用するのには4つのデメリットがある

  • 1.スケジュール管理が煩雑になる
  • 2.紹介される求人数が多すぎてしまう可能性がある
  • 3.アドバイスや情報で混乱してしまう可能性がある

4.転職エージェントを複数併用する上際には4つの注意点を守るべき

  • 1.複数の転職エージェントを利用していることは隠しておかない
  • 2.早めの連絡・報告を意識する
  • 3.1求人1転職エージェントを徹底する
  • 4.選考スケジュールを合わせる

5.「気になった転職エージェントにはすべて登録し、自分に合った転職エージェントを5つの基準で4社ほどに絞り込んでいく」という転職エージェントの選び方がベスト

【転職エージェントを選ぶ際の5つの比較基準】

  • 1.キャリアアドバイザーの質
  • 2.キャリアアドバイザーとの相性
  • 3.求人の量
  • 4.求人の質
  • 5.サポート内容
あとは、あなたが実際に行動すれば転職はうまくいくはずです。

この記事をブックマークに入れるなどしていつでも見れるようにし、転職活動の大きな一歩を踏み出してください!あなたの転職成功を心よりお祈りしております!

の口コミ平均評価

評価なし 評価なし (全0件)

あなたの評価を教えてください!