▼当サイトで申込みが多い転職エージェントはこちら!(転職成功者の9割は4社以上のエージェントを併用しています!)

【1位】リクルートエージェント絶対に使うべき、国内最大手の実績No1転職エージェント!公開求人・非公開求人含め20万件以上というダントツ業界トップの求人数
【2位】DODA利用者満足度はなんと驚異の90%!キャリアアドバイザーが優しく丁寧にサポートしてくれることから転職初心者には最適
【3位】パソナキャリア業界ダントツで高いサポート力と上質な求人が強みの転職エージェント。ハイキャリア人材の転職に強み。年収アップ率約7割

▼【登録無料】転職活動で役立つ!あなたの気づいていない強みを発見できるリクナビネクスト グッドポイント診断に登録しましょう!

3分で完了!グッドポイント診断はこちら!

※転職市場は動きが大きいため、この記事は常に最新の情報に更新してお届けしています。

【この記事の語り手:宮前】

阪大卒。元転職エージェント運営企業勤務の46歳。大手通信→大手シンクタンク→某転職エージェントキャリアアドバイザー→独立という経歴で、自身も転職エージェントを利用経験あり。

妻と中学生の息子が2人、愛犬がいる。某転職エージェントではIT領域のキャリアアドバイザーとして、面談しサポートした求職者は2000名以上。2016年に某転職エージェントを退職後、現在は企業に対して採用コンサルや面接の代行をしているほか、転職wikiで語り手として皆さんにプロでしか知り得ない情報をお伝えしている。

皆さまは以下のように思ってこの記事を開いたのではないでしょうか?

  • ◆転職エージェントとはどのようなサービスなのか知りたい
  • ◆転職エージェントのメリット・デメリットを知ったうえで利用したい
  • ◆転職エージェントと転職サイトとの違いを知りたい
  • ◆転職エージェントの活用法や選び方を知りたい

この記事をご覧になれば、上のような疑問をすべて解消でき、転職エージェントとは何かしっかり理解した上で最大限活用することができ、周りのライバルと差をつけることが可能になります。

また、この記事では、100%正しい情報を保証しています。というのは、自身で転職エージェント利用経験があり、2000名以上をサポートしてきた元キャリアアドバイザーの私宮前が執筆しているからです。

さらに、本記事でご紹介している転職エージェントの評判を調査した際には、各転職エージェント利用者約1000名に対して、web上や電話、対面で調査しています。その調査も学歴・年収・性別・業界業種などばらつきが生じないように調整しました。

では、転職エージェントとはどのようなサービスなのか見ていきましょう!

この記事に入る前に!読者の皆様へ宮前からひとこと

やっと気温が落ち着いてきて、過ごしやすくなってきましたね。

さて、この記事を読み進めてもらう前に皆さんにお伝えしたいことがあります。

それは、、、「10月は求人数が増えてライバルが少ない転職にもってこいの時期!早めの行動がベスト」ということです。

10月は夏にボーナスをもらってから退職した人材の欠員を埋めるため、企業は活発に採用活動を開始。10月は1年でいちばん求人数が多くなるのです!(産業別新規求人数の推移(一般)(平成29年度~)

さらに、10月の転職活動は4月入社に向けた採用ではないので、ライバルが少ないことが特徴。

この記事でご紹介する私宮前が厳選した転職エージェントから、4社以上の転職エージェントを併用すれば、この10月に最高のスタートを切ることができるでしょう!

ライバルが少なく求人数が最も多いこの10月、チャンスをものにするたった1つのコツは「今すぐ行動を起こすこと」です。

【図解】1分でわかる!転職エージェントとは

転職エージェントは正式には「有料職業紹介事業所」と呼ばれる、企業に対しては採用、利用者に対しては転職活動のサポートを提供するサービスです。

現在、転職エージェントは転職活動では使わない人はいないほどメジャーなサービスになっており、小規模な転職エージェントも数えるとその数は20000ほどもあると言われています。

転職エージェントは、企業に利用者を転職させることで、企業から年収の30%をフィーとして受け取っています。

つまり、転職エージェントは企業からの売り上げで成り立っているので利用者は無料で利用できるのです。

◆転職エージェントの仕組み

転職エージェントの仕組み

 

転職エージェントのサービス内容

転職エージェントは企業にとっては採用したい人材の採用を手伝いますが、利用者にとっては希望の転職実現に向けて転職活動をマンツーマンでサポートしてくれます。

例えば、転職エージェントは以下のようなことをしてくれます。

【転職エージェントがしてくれること】

  • キャリアカウンセリング
  • マッチする求人の紹介
  • 職務経歴書・履歴書の添削
  • 書類選考対策
  • 面接対策・模擬面接
  • 企業にあなたを推薦する推薦書の提出
  • 企業の情報収集
  • 年収交渉
  • 選考日程の調整
  • 円満退職のアドバイス

転職エージェントはこれだけのサービスがあっても利用は完全無料。キャリアアドバイザーといわれる転職活動のパートナーがあなたをマンツーマンでサポートしてくれるのです。

転職エージェントの8つのメリット(利用者)

あなたが転職エージェントを利用するとき、以下8つのメリットを享受することができるため、自分ひとりで転職活動を進めるよりも圧倒的に有利に転職活動を進めることができます。

【転職エージェントの8つのメリット】

  • 1.無料で利用できる
  • 2.自分の強みや弱みを客観視できる
  • 3.転職活動の視野が広がる
  • 4.自分にマッチした求人を探してくれる
  • 5.選考が有利になる
  • 6.選考日程の調整を代行してくれる
  • 7.好条件で入社できる
  • 8.いつでも相談できるパートナーがつく

では、転職エージェントを利用することの8つのメリットについてそれぞれ見ていきましょう!

1.無料で利用できる

なんといっても転職エージェントを利用する最大のメリットは、全てのサービスを完全無料で利用できる点でしょう。

転職エージェントの全てのサービスが無料なのは、転職エージェントが企業からの紹介手数料で成立しているためです。

予備校は受験から入学まで、あなたの大学進学を徹底的にサポートしてくれますが、高い入学金と授業料がかかってしまいますよね。

それに対して転職エージェントは、求人の紹介から転職、さらには転職後のアフターフォローまで、あなたの転職を最初から最後まで徹底的にサポートしてくれます。

いわば、転職エージェントはあなたの転職活動を最初から最後まで徹底的にサポートする「無料の予備校」と言えるでしょう。

2.自分の強みを客観視できる

転職エージェントに登録すると、転職エージェントのキャリアアドバイザーとの面談があります。

面談では、キャリアアドバイザーはあなたにマッチした求人を紹介するために、あなたの経歴について根掘り葉掘り質問し、あなたのキャリアやスキルを深堀りしていきます。

キャリアアドバイザーはあなたのどういった点がどのような企業に評価されるかを教えてくれるので、「自分の強みがわからない」という方でも気づかない自分の強みを見出すことができ、転職の軸を明確化することができるのです!

3.転職活動の視野が広がる

転職エージェントを利用すると、今まで知らなかった業界や企業の求人を知ることができるため、視野が圧倒的に広がります。

特に、まだ転職の希望がはっきりと決まっていない方にとっては、様々な業界や企業の求人を紹介されることで自分の転職の希望を確立させることができます。

自分ひとりで転職活動をすると、求人を探すのも業界や業種が偏ってしまって視野が狭くなりがち。

転職エージェントを利用することであなたの将来の視野が広がり、希望の転職実現に近づくことができるのです!

4.自分にマッチした求人を探してくれる

転職エージェントは、面談であなたの経歴や希望をこまかくヒアリングした上であなたにマッチした求人を紹介。

そのため、仮に入社したとしても「こんなはずではなかった…」というミスマッチが起こりにくく、満足のいく転職が実現しやすいのです!

5.選考が有利になる

転職エージェントは、求人企業がどのような人材を欲しているかを知り尽くしており、企業ごとに特化した選考対策をしてくれます。

転職エージェントは職務経歴書や履歴書の添削・指導や面接対策など、企業の選考について網羅的にサポートしてくれます。

また、企業にあなたを推薦する推薦書を書いてくれたり、企業にきいて情報を収集してくれるので、ひとりで転職活動を進める場合と比較して圧倒的に選考が有利になるのです!

6.選考日程の調整を代行してくれる

ひとりで転職活動を進めるとなると、非常に大変になってくるのがスケジュール管理。

転職エージェントは、選考日程の調整や転職活動のスケジュールなど面倒くさいことを代行してくれるため、余計なことにストレスをかけずに済み、また効率的に転職活動を進めることができます。

実際に転職活動をするとわかるのですが、転職活動中は選考結果に一喜一憂したりと何かとストレスがかかります。

転職エージェントに選考日程の調整など面倒くさいことを任せることで、あなたは選考対策など大事なところに集中することができるのです!

7.好条件で入社できる

転職エージェントは、あなたが少しでも高い年収で入社できるよう、企業に掛け合ってくれるため好条件での転職が実現しやすくなります。

なぜ転職エージェントが企業に対して年収交渉をしてくれるかというと、自らの売り上げに直結するから。

転職エージェントは、企業から入社した人材の年収の30%ほどを紹介料として受け取ることで成立しています。

そのため、あなたの年収が高くなればなるほど、転職エージェントには企業から多くの紹介料がはいるのです。

転職エージェントもビジネスですし、キャリアアドバイザーや企業担当の社員にもノルマがあります。そのため、あなたがより良い条件で入社できるように必死になって仕事してくれるのです!

8.いつでも相談できるパートナーがつく

ひとりで転職活動を進める上でネックになるのは相談できるパートナーがいないこと。

アドバイスがほしい時も相談できる相手がいないので、疑問が解消できないままになってしまいますし、なにより孤独を感じてストレスがたまってしまいます。

転職エージェントを利用すれば、いつでもあなたのサポートに時間をとってくれますし、気になったことやアドバイスが欲しい時も気軽に相談できます。

転職エージェントのキャリアアドバイザーはあなたの転職活動のパートナー。悩み事はすぐに相談できるので、疑問を残さず転職活動を進めることができます。

また、「円満退職するにはどうするか」「そもそも転職するかどうか迷ってきた」といった相談もしてくれるので、転職エージェントを利用することで不安を残さず転職活動をすすめることができます!

転職エージェントのメリット(企業側)

転職エージェントは、企業にとっては採用活動をトータルでサポートする「採用エージェント」。

企業は、転職エージェントを利用することで以下4つのメリットを享受することができるのです。

【企業が転職エージェントを利用する4つのメリット】

  • 1.採用コストを削減できる
  • 2.非公開求人を掲載することができる
  • 3.マッチする人材を採用することができる
  • 4.応募者数を増やすことができる

では、それぞれ解説していきますね!

1.採用コストを削減できる

企業が採用活動に転職エージェントを使うと、以下のように採用コストを抑えて採用活動を行うことが可能になります。

  • ◆入社が決まって初めて料金が発生するため、広告費などにコストをかける必要がない
  • ◆転職サイトのように大量の応募者が集まりすぎることもないため、応募者をふるいにかける人事の人件費も抑える

企業にとっては採用コストをいかに抑えて採用活動を行えるかがポイント。

転職エージェントは採用コストを極限まで抑えられるので、大企業だけでなく中小企業やスタートアップベンチャー企業といった企業でも利用しているのです!

2.非公開求人を掲載することができる

転職エージェントには非公開で掲載できる非公開求人という求人を掲載することができます。

非公開求人は競合他社に採用戦略を知られずに掲載できるため、新サービスにかかわる人材や重要なポジションの人材を他社に知られずに採用することができます。

それだけでなく、非公開求人にすることで応募が殺到するのをふせぐことができるため、応募者を選ぶコストを削減できます。

また、非公開求人は急に欠員がでたために早急に人材を採用したいという場合にも便利です。

転職サイトに求人を掲載するとなると、求人の公開まで3週間はかかりますし、何より高い掲載料がかかります。

転職エージェントの非公開求人なら、すぐに、お金をかけずに、効率的に採用活動を行うことが可能になるのです!

3.マッチする人材を採用できる

採用コスト削減にもつながりますが、転職エージェントを利用することで企業は求める人材像にマッチした人材を採用しやすくなります。

転職エージェントは利用者としっかり面談をし、経歴や希望に沿って求人を紹介します。そのため、利用者にとっては選考がうまくいきやすくなり、企業にとってはマッチする人材を採用できるのです!

4.応募者数を増やすことができる

転職エージェントは利用者にとっては「転職エージェント」ですが、企業にとっては「採用エージェント」。

企業がどのような人材を採用したいかに合わせて求人の文言作成をアドバイスしたり、企業が求めるような人材を紹介することで応募を増やすことができるのです。

特に、知名度のないような企業は応募者が集まってこないのが最大の問題。

ですが、転職エージェントを利用すれば知名度がなくても応募者を集めることが可能になり、採用活動をうまく進めることができるのです!

転職エージェントの5つのデメリット

転職エージェントはあなたの転職活動の頼もしいパートナー。しかし、転職エージェントにはメリットだけでなく以下5つのデメリットもあるので、利用の際は注意しなくてはなりません。

【転職エージェントの5つのデメリット】

  • 1.サービスを受けられない場合もある
  • 2.大量の求人に応募してしまう可能性がある
  • 3.うまい口にのせられてしまう可能性もある
  • 4.内定まで時間がかかってしまう
  • 5.選考に不利になる場合もある

転職エージェントはデメリットを理解した上で利用することが大事。では、転職エージェントのデメリットについて解説していきますね!

1.サービスを受けられない場合もある

転職エージェントは誰でもサービスを受けることができるわけではありません。

転職エージェントもクライアントの企業あってのビジネスなので、もしあなたがクライアント企業に紹介できそうな人材ではなかった場合、「紹介できる求人がありません」として利用を拒否されてしまうこともあるのです。

特に、年齢に対して年収が低すぎる場合や、勤めていたり希望する業界が転職エージェントの保有する求人にない場合が、転職エージェントのサービスを利用できない場合に多いです。

2.大量の求人に応募してしまう可能性がある

複数の転職エージェントを併用すると、求人を絞り切れずに大量の求人に応募してしまうこともあるので、応募する求人は精査するように気を付けなければなりません。

紹介された求人はすべて受ける必要はありませんし、転職エージェントもすべて受けることはまったくすすめていません!

気になった企業や、受けてみたい企業だけ応募すれば良いのです。

3.うまい口にのせられてしまう可能性もある

転職エージェントのキャリアアドバイザーは利用者の将来を思って本当にマッチした求人を紹介し、親身にサポートしてくれます。

しかし、キャリアアドバイザーによっては年収が高く離職率も非常に高いようないわゆる「ブラック企業」をごり押ししてきたり、内定辞退しようとすると強く引き留められたりすることも、残念ながらあるのです。

その場合、担当のキャリアアドバイザーを変更し、自分に合うキャリアアドバイザーを仲間にしましょう!

転職成功のコツは、自分に合うキャリアアドバイザーを仲間にできるかどうかにかかっていると言っても過言ではないのです。

担当の変更はメールでキャリアアドバイザーに以下の例文を送るだけなので、直接キャリアアドバイザーと顔を合わせなくても大丈夫です!

担当の変更申請メール例

お世話になっております。御社から転職のコンサルを受けさせて頂いている後藤と申します。

現在、担当をして頂いている星野様には大変お世話になっており、丁寧なご対応を頂いておりますので大変感謝をしておりますが、他の方のご意見も参考にさせていただきたく思っております。

調整の方が可能でありましたら、志望しております広告業界に精通していらっしゃるアドバイザーの方とお話をしたく考えております。

お手数をおかけし恐縮ではございますが、何卒よろしくお願い致します。

4.内定まで時間がかかってしまう

転職エージェントは、職務経歴書や履歴書の添削などから面接対策などあなたの転職活動をトータルでサポートしてくれます。

しかし、親身にサポートしてくれる分電話やメールでやりとりすることも多くなるため、内定がとれるまで時間がかかってしまうこともあります。

転職エージェントは親身にサポートしてくれるので、内定まで時間がかかってしまうのはしようがないと割り切るべきでしょう。

5.選考に不利になる場合もある

転職エージェント経由で内定が決まり、入社をすると企業側は転職エージェントにあなたの年収に加え、年収の30%ほどの金額を紹介料として転職エージェントに支払う必要があります。

そのため、自社のHPから応募してきたあなたと同じくらいの年・スペックの人がいたとしたら、企業はあなたではなく、もう一方の人を採用する可能性が高まります。

転職エージェントに年収の30%ほどの紹介料を支払わずに採用できるのですから、「コストをかけてでも採用したい!」と企業に思われないと選考で不利になることもあるのです。

企業には、自分の強みをうまく伝えるようにしましょう!

転職エージェントは「総合型」と「特化型」の2種類

あなたの転職活動を徹底的にサポートしてくれる転職エージェントですが、「総合型転職エージェント」と「特化型転職エージェント」の2種類があります。

では、それぞれの特徴を解説していきますね!

総合型転職エージェントとは

総合型転職エージェントは、業界業種関わらずに膨大な量の求人を保有している転職エージェント。

幅広い業界をカバーし、非常に多くの求人を保有しているため、転職の視野を広げることができます。

有名な転職エージェントだと以下のような転職エージェントが総合型転職エージェントです。

あなたが知っているような転職エージェントはだいたいは総合型転職エージェント。求人数を増やすため、転職するなら利用はマストです。

特化型転職エージェントとは

特化型転職エージェントは、業種や業界、年収など特定のターゲットに特化した転職エージェント。

キャリアアドバイザーには業界出身者が多く、業界や企業ごとに特化した専門的なサポートを受けることができます。

特化型転職エージェントには以下のようなサービスがあります。

【主な特化型転職エージェント】

特化型転職エージェントは、総合型転職エージェントではカバーできない業界のノウハウや専門知識を持っているので、総合型転職エージェントと併用することで双方のメリットを伸ばし、デメリットを補完して利用することができます!

総合型・特化型転職エージェントのメリット・デメリット

総合型転職エージェント、特化型転職エージェントは双方もちろんメリットもありますが、デメリットもあります。

総合型転職エージェント・特化型転職エージェントのメリットとデメリット

総合型転職エージェントと特化型転職エージェントをうまく併用して利用することが、転職成功のコツです!

転職エージェントはさらに「分業型」・「両面型」に分かれる

転職エージェントは総合型と特化型に分かれているだけでなく、さらにサポート体制の違いによって「分業型」「両面型」に分かれています。

では、「分業型」「両面型」の特徴とメリット・デメリットについてみていきましょう!

「分業型」転職エージェントの特徴・メリット・デメリット

分業型転職エージェントは利用者の転職支援をおこなう「キャリアアドバイザー」と、企業に対して採用支援や求人開拓を行う「企業担当」に分かれています。

国内の有名な転職エージェントのほとんどが分業型を採用しており、以下のような転職エージェントが分業型転職エージェントです。

分業型転職エージェントのメリット・デメリットについてもご紹介しておきましょう。

分業型転職エージェントのメリットは以下のようになっています。

【分業型転職エージェントの3つのメリット】

  • 1.紹介する求人を増やしやすい
  • ・・・企業担当が企業相手に営業をかけるため、非常に多くの求人を確保することができる
  • 2.レスポンスを早めることができる
  • ・・・キャリアアドバイザー、企業担当が各自担当領域に集中しているのでレスポンスが早い
  • 3.親身なサポートを提供できる
  • ・・・キャリアアドバイザーは利用者のサポートに集中できる

逆に、分業型転職エージェントのデメリットは以下のようになっています。

  • 【分業型転職エージェントの2つのデメリット】
  • 1.紹介企業の詳細についてわかりにくいところもある
  • ・・・キャリアアドバイザーが直接企業の人と話しているわけではないため
  • 2.サービスの質が下がる可能性もある
  • ・・・キャリアアドバイザーと企業担当の連携がうまくできておらず、レスポンスが遅れたり企業の情報がうまく伝わらないなどの場合もある

「両面型」転職エージェントの特徴・メリット・デメリット

両面型転職エージェントは、キャリアアドバイザーが利用者の転職サポートと企業の採用担当を兼ねているのが特徴。

多くの外資系転職エージェントのほか、ハイキャリア向け転職エージェント、多くの中小転職エージェントは両面型を採用しています。

以下のような転職エージェントが両面型転職エージェントです。

では、両面型転職エージェントのメリット・デメリットについても解説していきます!

両面型転職エージェントのメリットは以下のようになっています。

【両面型転職エージェントの2つのメリット】

  • 1.企業の情報を熟知している
  • ・・・キャリアアドバイザーは企業の人と直接話しているため、企業の情報に熟知
  • 2.上質な対応ができる
  • ・・・個人の能力に依存するため、キャリアアドバイザーが優秀
  • ・・・深い企業理解に基づいた専門的で質の高いサポートができる

逆に、両面型転職エージェントのデメリットは以下のようになっています。

【両面型転職エージェントの3つのデメリット】

  • 1.求人数が少ない
  • ・・・キャリアアドバイザーは企業側も対応するため、紹介できる求人は少なくなりがち
  • 2.担当者が忙しい
  • ・・・キャリアアドバイザーは企業担当も兼ねているため外出していたりするため、時間がとりにくい
  • 3.日程調整がしにくい
  • ・・・応募する企業ごとに別のキャリアアドバイザーがつくので、日程調整の手間がかかる

分業型、両面型には双方メリット・デメリットがあるので、双方のメリット・デメリットを理解した上で「総合型転職エージェント」と「特化型転職エージェント」を併用すると、120%転職エージェントを活用することが可能になります!

転職サイトと転職エージェントの違い

ここまで転職エージェントについて詳しくご紹介してきましたが、「転職サイトと転職エージェント、何が違うの?」と思っている方も多いのではないでしょうか?

実は、両者は似ているようで全く別のサービス。

転職エージェントと転職サイトの最大の違いはサポートがあるか否かです。

転職エージェントはキャリアアドバイザーがあなたにマンツーマンでつき、あなたの転職をトータルでサポートしますが、転職サイトはサポートがないため、自分で求人を検索して自分で応募しなければなりません。

また、転職サイトは広告と考えるべきです。

転職サイトは、2週間単位で10万円~200万円の掲載料がかかり、企業はお金を払って転職サイトに求人を掲載します。

それに対して転職エージェントは無料で求人を掲載することができ、企業は入社が決まったら年収の30%ほどを転職エージェントに支払います。

転職サイトは企業がお金を払って掲載する広告なので、当然ながら企業に関する悪い情報は書かれていません。そのため、入社後のミスマッチが多くなりがちです。

一方、転職エージェントの場合は「異常に離職率が高い」など良くない情報があればちゃんと伝えてくれるため、満足のいく転職が実現しやすくなります。

結論、圧倒的に転職エージェントをおすすめします。しかし、転職サイトは大量の公開求人を見れるため、企業や業界の視野を広げるために利用すべきです!

私宮前は、転職サイトでどのような会社があるのか調査し、転職エージェントで求人を紹介してもらうという使い方をおすすめしています。

図解でも両者の違いをまとめたのでチェックしてみてください。

転職エージェント 転職サイト
サポートの有無 キャリア相談、職務経歴書・履歴書の添削、面接対策まで転職活動をトータルにサポート サポートはなし。自力で転職活動を進める必要がある
気軽さ キャリアアドバイザーと相談して今後のスケジュールを決めていくので、気軽さはない 完全に自分のペースで転職活動を進められるので非常に気軽
応募求人数 あなたのキャリアやスキルを考慮した上で厳選して求人を紹介する 気になった求人は何社でも応募することができる
業界や企業の情報量 転職エージェントでしか知りえない企業の裏情報や詳細な知識を保有 掲載してある企業の情報を知ることができるが、企業は高い広告費を払って掲載しているので、良いことしか書かれていない
転職成功率 転職活動をトータルでサポートしてくれたり、転職の相談に乗ってくれるので各段に転職成功率が上がる サポートがなく自力で転職活動を進めなければならないため、転職成功率は低い
未経験業界への挑戦 キャリアやスキルによっては未経験業界に挑戦できる 気になった求人には何社でも応募できるため、未経験業界へのチャレンジも可能(ただし、サポートがないため不利)
転職活動期間 キャリアアドバイザーと相談して転職活動を進めるので、3ヶ月以内で転職が決まる場合が大半 マイペースで転職活動を進めることができるので、転職時期も短縮したり長めにとることも可能

 

転職エージェントのサービスの流れ

これまで転職エージェントについて詳しく解説してきましたが、この章では実際に転職エージェントがどのような流れでサポートしてくれるのか見ていきましょう。

転職エージェントは、以下6ステップでサービスが進行していきます。

転職エージェントのサービスの流れ
では、各ステップごとに解説していきますね!

1.登録

転職エージェントを利用するために、まずは各転職エージェントの公式サイトから登録します。どの転職エージェントも1分~5分ほどで登録でき、時間もかからず簡単です。

ここで注意が必要で、パソナキャリアやDODAは派遣のサービスもやっているため「転職エージェントではなく派遣のサービスに登録していた」ということになりかねません。

また、『type転職エージェントに登録しようとしたら転職サイトの「@type」だった』『マイナビエージェントに登録しようとしたら「マイナビ転職」に登録していた』という例もよく聞きます。

なので、転職エージェントに登録する際は公式サイトかどうか確かめてから登録するようにしましょう!

心配な方は以下から登録することをおすすめします。

◆パソナキャリア:https://www.pasonacareer.jp/

◆type転職エージェント:https://type.career-agent.jp/

◆マイナビエージェント:https://mynavi-agent.jp/

◆リクルートエージェント:https://www.r-agent.com/

◆JACリクルートメント:http://www.jac-recruitment.jp/

◆DODA:https://doda.jp/

2.面談準備

転職エージェントに登録すると、電話がかかってきて転職エージェントのキャリアアドバイザーとの面談の日程を調整します。

この段階では、面談に臨むため職務経歴書・履歴書を作成し、転職エージェントに提出します。

職務経歴書を作成したことがなくても、転職エージェントのマイページに詳しく書き方が書かれているので問題ありません。

また、以下のようなことをあらかじめ面談前に準備しておくと、面談の質を各段に上げ、より自分にマッチした求人の紹介につなげることができます!
  • キャリアやスキルの整理
  • 自分の強み・弱みの整理
  • 転職の希望の整理

3.面談

日時が決まったら、実際に転職エージェントのオフィスに足を運び、キャリアアドバイザーと面談します。

面談ではキャリアアドバイザーはあなたに対しての質問を通し、あなたのキャリアやスキルを棚卸し、さらにあなたの転職の希望を詳しくヒアリングした上であなたにマッチした求人を紹介。

また、あらかじめ作成した職務経歴書・履歴書をプロの視点からアドバイス、添削してくれます。

面談の質を向上させるために、面談前にはちゃんと準備しておきましょう!

◆転職エージェントの面談について詳しく見てみる

【2019年版】失敗談から学ぶ転職エージェント面談を徹底解説

※転職市場は動きが大きいため、この記事は常に最新の情報に更新してお届けしています。 皆さんはこのように思ってはい…

◆転職エージェントの面談の体験談を見てみる

【体験談】パソナキャリアの面談の詳しい内容や要点を公開

パソナキャリアの面談を受けた感想 皆さんと同じく転職活動中の筆者がパソナキャリア…

4.選考

転職エージェントから紹介された求人から「受ける」「受けない」を精査し、実際に企業の選考に進みます。

多くの求人を紹介されると思うので「受ける」「受けない」は迷うと思いますが、受ける求人を決める際は、以下の観点で絞り込んでいくことをおすすめします。

  • その企業でいきいきと働くイメージがつくか
  • その求人は希望に合っているか
  • その企業で働けば現状の不満は解消できるか
  • その企業は自分の求めるカルチャーと合っているか
  • その企業は将来安定しているか
  • その企業は離職率が高くないか、社員からの現状の不満多くないか

転職エージェントは企業に取り合って選考日程や転職活動のスケジュールを調整してくれるので、あなたは選考対策など大事なことに集中することができます。

また、転職エージェントは企業にあなたを推薦する推薦書を書いてくれるほか、選考対策を徹底的にやってくれます。特に、模擬面接は非常に役立ちますよ!

ポイントとしては、選考後には必ずフィードバックをもらうことです。合否はどうであれ、必ず「受かった」「落ちた」の根拠を教えてくれるので、次につながる本質的な力をつけることができるのです!

5.内定

めでたく内定が決まった場合、転職エージェントは企業に対して年収交渉をしてくれるので、年収アップ転職が実現しやすくなります。

さらに、円満退職に向けたアドバイスをくれるので気持ちよく退職でき、転職することができるのです!

6.アフターフォロー

転職エージェントは内定を決めたらそこでサービスが終わるわけではありません。

転職エージェントは、転職後もキャリアアップ関連のセミナーを開催するなどし、あなたのキャリアをサポートします。

また、キャリアアドバイザーは業後に飲みにいってキャリアを語り合う仲になることも多いです。

私宮前も、今でも元利用者の方と飲みに行って仕事の話をきくのが楽しみで、独立した今でもお付き合いのある方はかなりいらっしゃいますよ!

◆併せて読みたい記事

以下の記事では、各ステップごとに転職エージェントを最大限活用するためのポイントを詳しくお伝えしています。

この章と併せてチェックすると、転職エージェントを最大限活用できるようになるでしょう!

転職エージェントの賢い使い方を元転職エージェント社員が解説

※転職市場は動きが大きいため、この記事は常に最新の情報に更新してお届けしています。 皆さんは転職エージェントを利…

転職エージェントを利用すべき人

転職エージェントを利用すべき人は、結論「転職を考えているすべての人」と言えます。

転職を考えているすべての人の中でも、特に以下に当てはまる方は転職エージェントを利用すべきです。

◆転職の希望がはっきりしていない人

◆経歴やスキルに自信がなく、転職に不安な人

◆未経験業種・業界にチャレンジしたい人

◆ブラック企業には転職したくない人

◆現職が忙しい人

◆じっくり考えて転職をすすめたい人

◆面接が苦手な人

◆転職の希望が明確な人

転職エージェントは、転職サイトと違ってキャリアアドバイザーによる親身なサポートや豊富な無料のセミナーがあります。

そのため、自力で転職活動を進めるのに比べて圧倒的に有利になるのです!

おすすめの転職エージェント

この章では、転職wikiが実際に利用者1000名(学歴・年収・性別・業種業界・年齢などばらつきがないように配慮)に対して行った調査と、元転職エージェント社員宮前の視点から選んだ「おすすめの転職エージェント」をご紹介します。

まずは、こちらで気になった転職エージェントにすべて登録し、後述する5つの基準で自分に合った転職エージェントに絞り込んでいきましょう!

総合型転職エージェント

  • パソナキャリア(評判・口コミはこちら):サポート力は業界ダントツNo.1で年収アップ率驚異の約70%
  • type転職エージェント(評判・口コミはこちら
  • 年収アップ率業界トップの71%。非常に質の高い求人と強力なサポート力が特徴。20代~40代のほか、女性やエグゼクティブ転職にも強み
  • マイナビエージェント(評判・口コミはこちら
  • 満足度96.4%、選考通過率は他社の2倍以上、年収アップ率も約7割を誇る政府認定の超優良転職エージェント。総合型と業界特化型のハイブリッド転職エージェント。20代と30代前半の転職に強み
  • リクルートエージェント(評判・口コミはこちら
  • 実績業界No.1、内定率業界No.1、求人数業界No.1(19万件以上)の最大手転職エージェント
  • JACリクルートメント(評判・口コミはこちら
  • 外資系・最大手志望者などハイキャリア向け。NTT実施転職エージェント顧客満足度No.1
  • ワークポート(評判・口コミはこちら
  • IT転職で最強。4年連続で転職決定人数業界No.1
  • DODA(評判・口コミはこちら
  • 同業界/業種の転職、初めての転職に圧倒的強み。高いサポート力と優しいキャリアアドバイザーが魅力

特化型転職エージェント

業界・属性 おすすめ転職エージェント
IT・WEB・ゲーム
女性
エグゼクティブ・ハイキャリア層
フリーター・ニート・第二新卒・既卒
アパレル

※総合型転職エージェントでも、業界に特化したサービスをしているために業界特化型転職エージェントとしているものもあります。

年齢別おすすめ転職エージェント

「総合型転職エージェント」「特化型転職エージェント」の中で気になった転職エージェントをすべて登録し、さらに年齢別におすすめの転職エージェントを登録。

そのうえで後述する5つの比較基準で4社ほどの転職エージェントに絞り込むのがベストでしょう!

では、年齢別おすすめ転職エージェントもご紹介していきますね。
年齢 おすすめ転職エージェント
第二新卒
20代
30代
40代・50代以上

 

おすすめの転職エージェントについてより詳しくは以下の記事をチェックしてみてください。

おすすめ転職エージェントを比較|1000人の口コミ・評判から転職のプロが厳選

※転職市場は動きが大きいため、この記事は常に最新の情報に更新してお届けしています。 皆さんはこのように思ってはい…

転職エージェントの賢い選び方

転職活動は転職エージェントのキャリアアドバイザーと二人三脚で進めていくことになるので、自分に合った転職エージェントを選ばなければなりません。

自分に合った転職エージェントを選ばないと、人生一大イベントである転職が失敗に終わる可能性があり、大変危険なのです。

結論、以下5つの比較基準から転職エージェントを選んでいくべきです。

【転職エージェントを選ぶ際の5つの比較基準】

  • 1.キャリアアドバイザーの質
  • 2.キャリアアドバイザーとの相性
  • 3.求人の量
  • 4.求人の質
  • 5.サポート内容

また、「おすすめ転職エージェントを比較|1000人の口コミ・評判から転職のプロが厳選」か上記でご紹介した転職エージェントから、気になった転職エージェントにはすべて登録し、4社ほどに絞り込んで併用して使うことをおすすめします。

では、なぜ4社ほどの転職エージェントを併用することが良いのか。

その理由は以下の3つです。

【転職エージェントを4社以上併用すべき3つの理由】

  • 1.自分に合うキャリアアドバイザーに出会える
  • 2.それぞれの転職エージェントの特徴ごとに使い分けできる
  • 3.多くの独占非公開求人を見ることができる

実際に、リクナビNEXTの調査では、転職決定者は平均4.2社の転職エージェントを併用していることがわかりましたし、転職wikiが転職エージェント利用者1000名に対して実施した調査でも結果は同様でした。

出典:リクナビNEXT

以下の記事では、なぜ転職エージェントは1社だけではいけないのか?なぜ転職エージェントは併用してはじめて効果的に使うことができるのか?その理由を詳しく解説しています!

転職エージェントを複数利用すべき理由とは|元転職エージェント社員が徹底解説

※転職市場は動きが大きいため、この記事は常に最新の情報に更新してお届けしています。 皆さんはこのように思ってはい…

また、転職活動は本当に自分に合った転職エージェントを見方につけることが大事。

以下の記事では、どのようにして自分にあった転職エージェントを選ぶことができるのか詳しく解説していますので、この記事と併せてチェックしてみてください!

転職エージェントの失敗しない選び方をプロが解説|5つの比較基準とは

※転職市場は動きが大きいため、この記事は常に最新の情報に更新してお届けしています。 転職成功のためには、…

まとめ

この記事では転職エージェントとは何か、転職サイトとの違いを交えて詳しくご紹介していきました。

後は、正しい選び方で転職エージェントを4社ほど併用すれば、希望の転職の実現はグッと近づくことでしょう。

まずは、この記事でご紹介した以下の転職エージェントに登録し、キャリアアドバイザーとの面談を受けてみましょう!
  • パソナキャリア(評判・口コミはこちら):サポート力は業界ダントツNo.1で年収アップ率驚異の約70%
  • type転職エージェント(評判・口コミはこちら
  • 年収アップ率業界トップの71%。非常に質の高い求人と強力なサポート力が特徴。20代~40代のほか、女性やエグゼクティブ転職にも強み
  • マイナビエージェント(評判・口コミはこちら
  • 満足度96.4%、選考通過率は他社の2倍以上、年収アップ率も約7割を誇る政府認定の超優良転職エージェント。総合型と業界特化型のハイブリッド転職エージェント。20代と30代前半の転職に強み
  • リクルートエージェント(評判・口コミはこちら
  • 実績業界No.1、内定率業界No.1、求人数業界No.1(19万件以上)の最大手転職エージェント
  • JACリクルートメント(評判・口コミはこちら
  • 外資系・最大手志望者などハイキャリア向け。NTT実施転職エージェント顧客満足度No.1
  • ワークポート(評判・口コミはこちら
  • IT転職で最強。4年連続で転職決定人数業界No.1
  • DODA(評判・口コミはこちら
  • 同業界/業種の転職、初めての転職に圧倒的強み。高いサポート力と優しいキャリアアドバイザーが魅力

そのうえで上記でご紹介した「年齢別のおすすめ転職エージェント」や「特化型転職エージェント」に登録し、転職活動を進めていきましょう!

この記事をご覧になったことで、あなたが希望の転職が実現できるようになればこんな嬉しいことはありません。

皆様のお役に立てたのであれば、今まで転職エージェントで働いてきて本当に良かったと思っています。

では、皆様が希望の転職が実現できることをお祈りしております!

の口コミ平均評価

評価なし 評価なし (全0件)

あなたの評価を教えてください!