年収450万の手取りや税金、生活レベル・仕事まとめ|年収450万の世界

年収450万円は、生活をする上で余裕ができてきたり、好きなことにも今までより多く使えるために目標にしている人も多いのではないでしょうか。この記事では、実際に年収450万円を達成している人は実際にどのくらいの金額が手元に残るのか、どのような職に就いている方が多いのか、どのような生活レベルなのか、子供がいる場合はどのような生活をしているのか、など年収450万円の世界を具体的にご紹介していきます。

年収450万の月収・手取りはいくら

年収450万円をもらっている方の手取り年収は約350万円~380万円と言われています。

つまり、手取りの月収で表すと約28万円~30万円ほどになります。

しかし、平均以下の月収26万円であっても、ボーナスを合わせると年収450万円を達成している方や月収が32万円ぐらいという方も多くいます。

年収450万円をもらっていると、働き始めたころに比べると多少贅沢ができる生活を送れるのではないでしょうか。

年収450万の税金・所得税はいくら

年収が450万円を超えると、所得税や住民税はいくら取られるのでしょうか。

実際に年収450万円の方の体験談をもとに情報をまとめてみたところ以下のような結果になりました。

税金等の種類 費用
所得税 約10万円
住民税 約20万円
社会保険料 約62~65万円

 

ですので、所得税と住民税を合わせて約30万円ほどの税金がとられる計算になります。

更に、社会保険料というものも年収450万円の方々は約62万円~65万円ほど引かれることになります。

年収450万の職業・仕事

それでは、年収450万円を超える方は一体どのような仕事をしているのか紹介していきます。

  • 大手メーカー総合職
  • 塾講師
  • 事務職
  • マスコミ系
  • 管理栄養士
  • 歯科技工士

あくまで紹介している仕事は一部ではありますが、様々な仕事があることがわかります。それぞれ細かく紹介していきましょう。

大手メーカー総合職

大手のメーカー総合職はお給料が低いというイメージや、大手なのにあまり稼ぐことができないというイメージを持っている方が多いのではないでしょうか。

しかし、決してそんなことはありませんのでご安心ください。

約6年ほど勤めて年収450万円を達成している人もいれば、それ以上稼いでいるという方もたくさんいますし、2年勤務して年収450万円を超えた方もいます。

40歳前後で年収600万円を超える方が多いですし、実際に40歳前後で年収600万円という額は平均よりも高い年収になります。

塾講師

塾講師の方の年収は、正直なところ塾の大きさなどによって年収が違うため、年収には大きな幅があります。

しかし、全国的に見ると塾講師の平均年収は約400万円~450万円です。

月収は約25万円~30万円ほどと言われています。

初任給もほかの職とは違って高いため、初年度の年収が350万円ほどで月収が20万円~25万円です。

塾講師は、勤務年数が長く経験をたくさん積むことで、主任や塾長という役職に就くことが多いです。

経験を積み塾長になることができると、なんと年収が800万円を超えていき、年収1000万円を超える人も出てきます。

一年目から高めの年収を手に入れることが可能ですが、塾講師はお給料の上がり方が非常に滑らかなため、毎年の昇給はあまり期待できません。

事務職

事務職では、「一般事務」と「貿易事務」の年収についてご紹介していきます。

まずは、一般事務職の年収ですが平均で約250万円~330万円ほどです。

20代の場合は、年収約200万円ほどと言われていますが、勤務年数が増えていくと少しづつ昇給していく仕組みです。

30歳後半~40代前半にかけて年収300万円~350万円という方の割合が増えていきます。

一般事務職は、比較的お給料が高い水準ではなく、年収を450万円を突破する人はいるが、年収を500万円を超える人はかなり限られてきます。

しかし、「貿易事務職」という職業があるのですが、貿易事務職は、専門用語や複雑な輸入業務のルールなどがあってとても専門性が高い仕事のため、給料が比較的高い水準にあります。

貿易事務職ですと、大企業に務めている方は、年齢が30代前半で年収は430万円ほどが平均になっています。

貿易事務職は、30代に入ると年収400万円を超える人が多く、中には年収500万円前後まで到達する人もいます。

貿易事務は、昔から勤務年数が長いほどお給料が高くなる「年功序列」のため、務める期間が長いほど年収はドンドン高くなっていきます。

マスコミ系

マスコミ系で有名な職業で言えば、テレビ局などがあげられます。

テレビ局で東証1,2部の企業の場合、社員の平均年収は約570万円~600万円です。

日本の一般的なサラリーマンの平均年収は、約400万円~450万円と言われているので、どれだけ年収が高いかということが一目でわかります。

また、有名大手テレビ局になると、平均年収は1000万円を超えます。

以下、有名大手テレビ局の年収を一部ご紹介します。

テレビ局名 平均年収
フジテレビ 約1500万円
朝日放送 約1400万円
TBS 約1400万円

このように、テレビ局は大手の企業に入社すれば、非常に高額の給料をもらえるのです。

管理栄養士

管理栄養士は、公務員として働く場合とそうでない場合があるため、一概に管理栄養士の平均年収いくらというのは一概に言えませんが、平均で約300万円~500万円だと言えます。

管理栄養士の割合的に多いのは年齢が30代半ばで、平均年収が約350万円です。

公務員として働く場合は、人事院や人事委員会などで決められた供与体系に応じたお給料がもらえるので安定した生活を送ることができます。

管理栄養士も勤務年数に応じてドンドンお給料が上がっていく仕組みであり、待遇などは他のところよりもしっかりしていますので、働きやすい職場が多いです。

管理栄養士の仕事について詳しく知りたい方は以下の記事を併せてご覧ください。

管理栄養士の仕事|種類や内容を知って理想のキャリアを手に入れよう

管理栄養士の仕事の内容・業務 管理栄養士とは、病院や介護老人施設の食事提供を行ったり、保育園や学校などの給食の献立作…

歯科技工士

歯科技工士として務める場合、初任給が15万円~17万円と言われていますので、正直いきなり高いお金をもらうことはほぼ不可能であり、年収が低いと思われているイメージも間違いではありません。

その結果として、歯科技工士の平均年収は約400万円~450万円と言われています。

年収が低いというイメージがありますが、平均が低いだけであって自分のスキルや勤続年数、務める場所によって平均以上の年収を獲得することも十分可能です。

規模が大きなところですと、平均年収が600万円を超えてくるなど高いお給料をもらえることも可能です。

月収が50万円~60万円の求人があったり、30代で年収450万円を超える人もたくさんいるなど、歯科技工士は可能性の幅が大きい業界です。

仕事内容は、大変なところもありますが、一概に年収が低い業界と決めつけるのではなく、たくさん求人を探してみると意外と平均以上の年収を得ることも十分可能です。

年収450万の女性の職業・仕事

年収450万円を超える女性も現在はたくさん存在します。

そんな方々は、一体どのような職に就いている人が多いのかまとめましたので、以下にご紹介していきます。

  • プログラマー・システムエンジニア
  • 商品企画

それでは、それぞれ詳しく見ていきましょう。

プログラマー・システムエンジニア

プログラマー・システムエンジニアの平均年収は約300万円~500万円と年収の幅があります。

プログラマー・システムエンジニアの仕事は、忙しくなる時期と忙しくない時期が多いため、収入は不安定と言える業界でもあります。

一部の人は、ある程度のスキルと経験を身に着け独立し、フリーランスとして年収を1000万円を突破する人もこの業界には存在します。

しかし、フリーランスになり仕事がなくなったときに収入が一気に0円になるため、何か飛びぬけるようなスキルを必ず身につけない限りフリーランスとして活躍するのは厳しいです。

中には、インターネットを使って自分が作ったツールやプログラムを売り込み大きなお金を稼ぐような人もいます。

5000万円や1億円という大金を稼ぐ人もいるため、自分のスキルを存分に使い稼ぐことも可能です。

商品企画

商品企画の年収は男女で差が大きく開いてしまう職業ですが、男性の平均年収は580万円~600万円、女性の場合は430万円~450万円と高い水準であることは間違いありません。

実力勝負の業界なので、良い成績を残せば年齢に関係なく高い年収を突破することもできるので、年収1000万円を男性は6%、女性は1%と少ないですが、超えている人もいます。

中には、小さい会社から大手の会社にスカウトによって引き抜かれることもありますので、一気に年収が上がったという実例もあります。

また、交流会などに積極的に参加をして、自分を売り込み大手の企業に移行した人もいるので積極性も大切になってきます。

年収450万の生活レベル・生活水準

さて、年収450万円を達成している人は、一体どのような生活をしているか気になることでしょう。

実際に、年収450万円を達成した人の体験談ですと、普通より少し贅沢はできるという人が多いです。

子供が一人いる三人家族のMさんの場合はおおよそ以下のような暮らしをしています。

費用の種類 費用
家賃 8万円
食費 5万円
保険料 3万円
光熱費 2万円
通信費 2万円
教育費 5万円
娯楽費 1万円
その他 1万円
貯金 3万円
合計 30万円

Aさんは、毎月3万円をコツコツ貯金をしています。

年収450万の家賃相場

年収450万円の場合、家賃の相場は9万円~10万円というところです。

独身の場合は、更によい家に住むことも可能ですので、友人などを大勢呼んでパーティーなどを開くことも可能な良い家に住んでいる人もいます。

子供がいたり、趣味に対してお金を使いたいという方は、家賃が6万円~8万円という方が多いので、節約重視の方の家賃相場は6万円~8万円になります。

年収450万で一人暮らし・独身の場合

年収450万円で一人暮らしのAさんとBさんの体験談をもとにどのような生活をしているのかご紹介していきます。

Aさんの場合家賃は、7万円のところに住んでおり、自炊をして節約しているため食費は、3万円前後、趣味などには4万円~5万円を使って生活をしています。

貯金は毎月8万円~10万円貯金をしているので、ある程度貯金も溜まっています。

Bさんの場合は、家賃が11万円で自炊をしているため食費は3万円、オシャレをすることが好きなので、インテリグッズや服などに使うお金は約5万円~7万円です。

それでも、貯金は5万円~6万円できています。

年収450万の貯金額

年収に限らず、貯金は年収の20%ほど貯金することを目標にするとよいといわれています。

ですので、年収450万円の場合は手取り金額によって左右しますが、約6万円~7万円を月に貯金できればかなり順調に貯金ができていると言えます。

貯金額の平均は、大学を卒業してから約25,000円ほど貯金をしていき、総額で約500万円と言われています。

年収450万で住宅ローンは組めるか

年収450万円を超えてくると住宅のローンを組もうと考える人が多い傾向です。

年収450万円でも住宅ローンは組むことが可能ですが、銀行から借りることができる金額が少し低いです。

自分の年収の5倍~7倍のローンを組むのが適当と言われていますので、年収450万円の場合は2250万円~約3100万円の住宅ローンを組むことが可能です。

都心から離れれば、家を購入することは可能ですが、都心の場合は生活が少しきつくなるのであまり、おススメはしません。

ですので、年収450万円で自分の家を買う人は田舎のほうに家を建てたりしている人が多く、都心に住む人は賃貸住宅に住んでいる人が多いです。

年収450万台を稼いでいる・もらえる人の割合・男性女性別

年収が450万円である人の割合は、全体で約14%です。

男女別で割合を表すと、男性の場合は約17%、女性は9%と言われています。

年収が500万円を突破できていない人の割合は、約6割と言われており、年収300万円~400万円代が最も多い割合になっています。

年収450万円からの割合が急激に下がっているため、年収400万円から450万円を達成できる壁は少し大きなものになってくるのではないでしょうか。

男性は、年収450万円を30代の間に達成し、女性は40代の間に突破すると言われているので、年収450万円を達成してない方はぜひ目標として頑張ってみましょう。

30歳、40歳で年収450万は多いか少ないか

30歳、40歳で年収450万円は多いか少ないかと言われると、多いほうです。

先ほど、男性は、年収450万円を30代の間に達成し、女性は40代の間に突破すると言われていると言いましたが、実際突破していない人の割合が多く、年収450万円から人数がグッと減ります。

女性の場合、年収が400万円以下の割合が8割ですので、年収450万円を達成している女性は2割よりもさらに少ない存在になります。

ですので、30歳、40歳で年収450万円は平均的だという方もいますが、実際のところ突破している人が少ないので多く給料をもらっている分類だと言えます。

年収450万の人と結婚・結婚生活・結婚観

年収450万円を稼いでいる方と結婚を考えている場合、特に心配することはないと言えます。

一般的な過程のように、普通に生活を送れることは十分可能です。

新作のブランド品を毎回買ったり、旅行を頻繁に行くというのは無理がありますが、定期的に好きなブランドのバッグや服を買ったり、年に数回であれば旅行を行くことも可能です。

結婚して、専業主婦を夢見ている方もいると思いますが、実際に年収450万円で二人暮らしの生活を除いて見ると、専業主婦になるのは厳しいという意見が多いです。

多少余裕のある生活はできますが、緊急なことがあり支出が大きくなると一気に生活が厳しくなる可能性もあるからです。

ですので、正社員としてではなくともパートやアルバイトをして奥さんも稼いでいる家庭が多いです。

20代から年収450万以上を狙うなら転職や資格取得も

年収450万円を20代のうちから突破したいという方や、今の会社を辞めて年収450万円を目指せる会社で頑張りたいという方は多いです。

しかし、現在の会社に通勤しつつ、転職活動をしていくのは正直大変ではないでしょうか。

そんな方には、ぜひ活用してほしいことあります。

結論から申しますと、「転職エージェント」を利用することです。

転職エージェントは完全無料で利用することができ、転職や就職に関わるほとんどの面倒な作業を代行してくれ、転職のプロであるコンサルタントからアドバイスをいただくことができるため、転職初心者の方は使わない手はないです。

より詳しく転職エージェントについて知りたい方は下記記事にて転職エージェントに関する全ての情報をお伝えしております。

気になる方はチェックしてみてください。

転職エージェントとは|全てを理解し正しく使うための全情報

「転職エージェントって何?」 「転職エージェントの仕組みが知りたい」 「転職エージェントってどうやって選べば良いの?」 …

おすすめの転職エージェント

転職エージェントによってはキャリアコンサルタントの対応が雑だったり、求人数に差があったりします。

そのため、あなたに合った転職エージェントを利用しないと必要以上に時間を割くことになってしまったり、不本意な転職につながってしまう可能性があります。

当サイトでは下記記事にて1000人以上の転職エージェント利用者の体験談を基に本当におすすめの転職エージェントを紹介しています。

気になる方はチェックしてみてください。

転職初心者の方におすすめしたい転職エージェントはリクルートエージェント」と「DODA」、「パソナキャリアの3つです。

複数登録することで、それぞれの転職エージェントの弱みを補いあうことができるので、転職エージェントを利用する際は絶対に複数登録するべきであると断言できます。

詳しくは下記記事にて解説しておりますので、ぜひご参考ください。

複数の転職エージェントを掛け持ちで利用すべき?理由付きで徹底解説

「転職エージェントを複数利用したほうが良い」 このような意見をよく聞くことがあります。 結論から言いますとこの知識…

リクルートエージェント

「リクルートエージェント」は、業績や求人数など他の転職エージェントと比較して圧倒的な実績を誇る転職エージェントです。

転職エージェントを利用する際はリクルートエージェントを利用しない手はないでしょう。

リクルートエージェントは転職をする全ての人におすすめの転職エージェントです。

DODA

「DODA」は業績、求人数共に業界第2位という大手転職エージェントで、登録者のペースに合わせて転職活動をしてくれますし、転職初心者にも優しいキャリアコンサルタントが在籍しています。

求人数も多く、求人の質も良いので全ての人におすすめの転職エージェントです。

パソナキャリア

また「パソナキャリア」もキャリアコンサルタントの質が高いと業界で有名な転職エージェントです。

業績は業界で第4位、求人数はリクルートエージェントやDODAに比べると少ないのですが、求人の質も良く、何と言ってもキャリアコンサルタントの質は業界でもずば抜けて高く、とにかく登録者の気持ちを優先して対応してくれますし、転職初心者にも優しくキメの細かいサポートが特徴です。

年収450万は中央値超えで、比較的良い年収と考えられる

年収が、500万円未満の方は全体の6割以上で、年収が450万円を超えるあたりから達成されている方の人数がものすごく低くなります。

どの年代であろうと、年収を450万円を突破している人は比較的良い年収と言えるでしょう。

今まで、好きなものを買うために節約などをしてきた方も少しは、節約を意識しないで生活することも可能です。

さらに、年末や誕生日などイベントがあるときは友人などを呼び、パーティーなどを行えるほど広い家に住むことができ少し自慢ができるような家にも住むことが可能です。

年収450万円の生活は、様々なことに対して余裕を持つことができるので、ぜひ現在の職場でスキルアップして昇進を目指したり、転職エージェントを利用して更に年収が高い業種に転職するなど、さらなる高みを目指して頑張りましょう。

※記事の内容は、執筆時点での最新の情報となり、サービス内容・利用料金等を保証するものではありません。この記事の情報を基に行動する利用者の判断について、当社は一切の責任を負いかねます。サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、しかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。