仕事がつまらないと感じたときにやるべきことまとめ

仕事が面白くない、つまらない、そう感じる人は非常に多いのではないでしょうか。

その原因も、職場の人間関係が悪いせいであったり仕事の内容が刺激が足りないものであったり、職場の待遇が悪いせいであったりと、仕事がつまらないと感じてしまう理由は人それぞれ。

この記事では、仕事がつまらないと感じてしまう原因ごとに、仕事がつまらないときの対処法をご紹介していきます。

 

仕事がつまらないと感じるよくある原因4選

仕事がつまらなく感じてしまうということは仕事になにかしら不満を感じてしまっているということ。

この記事では、仕事がつまらないと感じてしまう以下4つの原因についてご紹介していきます。

  • 結果が出ていない
  • 仕事内容が単調または複雑
  • 勤務条件や待遇が悪い
  • 職場の人間関係が悪い

では、それぞれ解説していきます。

結果が出ていない

せっかく仕事をしているのに結果が出ないとやる気がなくなってしまいます。自分は何のために苦労してきたのか意味がわからなくなるからです。

どうせ結果が出ないなら頑張っても意味がない、意味がないなら頑張る必要もない、という悪循環に陥ると、達成感を感じる機会も減り、ずっとつまらないままになってしまうでしょう。

仕事内容が単調または複雑

仕事の内容があまりにも単調だと刺激がまったくありません。何時間も同じことを繰り返すような作業を続けていると、どんどん眠たくなってきます。

逆に仕事が複雑すぎると、やり方を決めるだけでも大変です。どのように仕事を進めていけば良いのか見当もつかないことがあります。こうなると、よくわからないからつまらない、という思考になりがちです。

また、複雑な仕事だと作業の勘違いが起きたり、ミスしたりすることも増えるため、なかなか終わりません。仕事時間がどんどん長引くことも、つまらないと思ってしまう理由のひとつです。

勤務条件や待遇が悪い

たとえば、毎日残業をさせられているような環境ではやる気がなくなっていきます。あるいは、通勤だけで1時間以上もかかるような環境だと、会社に到着した時点で疲れてしまうことでしょう。

また、給与が低かったり、昇進や昇給のチャンスが少なかったりするのも仕事をつまらなくする原因です。頑張っても待遇は変わらないとなると、目標を持って働くのはなかなか難しいもの。ただ作業をこなすだけになってしまい、仕事の楽しさを感じられなくなってしまうでしょう。

職場の人間関係が悪い

職場をやめる原因の1位は人間関係。それぐらい、職場の人間関係に悩んでいる方は多いのです。自分と馬が合わない人がいたり、上司からパワハラされたりと、さまざまなトラブルが転職の理由になっているのです。

たとえ仕事内容や待遇が良くても、人間関係に問題があると長続きしません。 場合によっては同僚から無視されてしまったり、いじめを受けていることもあるでしょう。

こうした問題は放っておくのは良くありません。ストレスがたまりにたまり、うつを引き起こしてしまうことに繋がって今います。

ある程度の規模の会社であれば相談を受け付けている窓口がありますし、あるいは第三者機関に相談するという方法もありますので、抱え込まず相談しましょう。しかし、そのような対処をしても、人間関係の悪さが解決されないこともあります。

仕事を面白くする方法:結果が出ていない場合

仕事で結果がでていないと、周りと比較してしまい、自分のふがいなさを感じて落ち込むと思います。当然、仕事は楽しいものではなくなってしまいます。

この場合、以下3つの方法を実践すると「仕事は楽しいもの」と思えるようになるでしょう。

  • 職種の適性を考える
  • 業界の適性を考える
  • 資格取得や勉強を通じてスキルアップする

では、それぞれ解説していきます。

職種の適性を考える

結果がでていなくて仕事が面白くない場合、そもそもその仕事が自分に合っていない可能性があります。

極端な例ですが、営業マンがエンジニアで結果がでないのは当然でしょう。そもそも職種が自分に合ったものではないので当然結果はでません。

適正のない仕事をいつまでもしていても、面白くはなりません。そこでまずは自分がその職種に適正があるのか考えてみましょう。場合によっては、別の職種を目指すことも視野に入れるのです。そうすれば、仕事が面白くなるかもしれません。

業界の適性を考える

たとえ職種を変えたとしても、仕事がつまらないこともあります。これは、その業界に自分の適正がなかったということかもしれません。

職種だけではなく、業界についての適性も考えてみましょう。その業界に自分は本当に面白さを見出しているのか、自分の性格や能力と合っているのか考えてみることも大事です。

資格取得や勉強を通じてスキルアップする

仕事が難しくて結果がでないのであれば、資格を取得して専門的な知識やスキルをつけたりすることで、結果を出せるようになるでしょう。いずれにしても、勉強や資格取得などで今よりもスキルアップをすることで結果につながる可能性も高いため、仕事が面白くなるはずです。

身に着けた資格や知識、知恵は今後さらに結果を出すことにもつながりますし、会社にとっては専門知識を備えた人材を求めていますから、転職すれば大きく収入アップを達成することも可能です。

 

仕事を面白くする方法:仕事内容が単調な場合

機械的な事務作業、ひたすら電話対応といった仕事は単調すぎて面白味を感じることは難しいでしょう。

このように仕事内容が単調で仕事の面白さを感じることができない場合は、以下4つの方法を試してみましょう。

  • 自分の仕事の会社・社会への貢献度を考える
  • 効率アップをするために工夫する
  • 上司や他の人の仕事ぶりを観察する
  • 部署異動を相談する

きっと、単調な毎日に刺激が生まれ、仕事の面白さを再認識できるようになるかもしれません。

では、ひとつずつ見ていきましょう。

自分の仕事の会社・社会への貢献度を考える

たとえその仕事が単調でも、会社や社会に貢献できるならば、やる気が出てくるでしょう。その仕事をする意味を見出すことによって、モチベーションを高めるのです。

たとえば、その仕事で会社が成長するならば、自分の将来の待遇にも影響します。また、社会に貢献できるならば、多くの人の役に立つため、努力は無駄になりません。

このように、同じ単調な仕事でも、思考を変えるだけで楽しさを見出すことができるのです。

効率アップをするために工夫する

単調な仕事は、時間をかけてしまっているから面白さを感じることができないということもできます。

いかにして仕事を片付けることができるかを考え、効率アップを図る工夫をすることをおすすめします。さまざまな工夫をしながら仕事していく過程は、新しい刺激があって面白いものです。

また、単調な仕事を早く終わらせれば、別のもっと面白い仕事に時間を割くこともできるかもしれません。仕事が早いと認めてもらえれば会社での評価も上がり、新しい仕事を任せてもらえるきっかけにもなるでしょう。

上司や他の人の仕事ぶりを観察する

自分と同じ仕事をしている人が周りにたくさんいるならば、その人達を観察しましょう。どのような仕事の仕方をしているか観察して、自分のやり方と比較してみます。

そうすれば、もっと良いやり方がわかり、それを活かして楽しく仕事ができるかもしれません。

部署異動を相談する

どうしても今の仕事に我慢できないのであれば、別の仕事ができる部署へ異動するのもひとつです。上司に部署異動について相談をすれば、取り合ってくれるかもしれません。

その際には、今の仕事が自分に全然合っていないことをちゃんと伝えましょう。説得力のある言い方をすれば、上司も真剣にあなたの話を聞いてくれます。 会社としても、適正のない仕事をいつまでもさせておきたくはないはずです。真剣に相談をすれば、部署異動が実現するかもしれません。

 

仕事を面白くする方法:勤務条件や待遇が悪い場合

残業続き、低い給与、長い通勤時間…など勤務条件や待遇が悪いときには以下3つの方法を実践すれば仕事に面白さを感じることができるはずです。

  • 職場環境の改善要望を出す
  • 会社の近くに引越す
  • 給与アップを交渉する

職場環境の改善要望を出す

職場環境に問題があるならば、その改善要望を会社に出しましょう。その際は現在の環境に問題があり、このままでは仕事の効率が落ちてしまうと伝えましょう。会社は職場環境が良好に保たれるように努力する義務があります。もし、改善要望を取り合わないならば、転職を視野に入れるのもありです。

職場環境の問題としては、たとえばパソコンのスペックが低すぎる、ネット環境が悪い、といった点があります。これらは仕事の能率に大きく影響する要素です。また、エアコンの設定温度や騒音などの問題も気になることが多いでしょう。ちょっとしたことでも、仕事をしている人に与える影響は大きいものです。

会社の近くに引越す

もし通勤にとても時間がかかっているならば、会社の近くに引っ越しましょう。通勤に時間をかけるのは、非常に時間がもったいなく、心身への負担も大きいものです。会社の方で家賃手当を出してくれるところもありますし、会社の寮を設置しているところもあるため、そちらも調べておきましょう。

通勤に1時間以上かかるのと、15分程度で終わるのは、かなりの差があります。毎日30分以上の通勤時間をカットできれば、年間を通してかなりの時間のゆとりが生まれるのです。時間に余裕が生まれることで、満員電車のストレスに加え、仕事がつまらない、面倒だ、と感じる原因を軽減できるかもしれません。

給与アップを交渉する

給与に満足できないならば、思い切って交渉をするのも良いでしょう。一般的な給与アップの交渉は10~20%程度の範囲だと言われています。自分のスキルに自身があり、そこよりも評価がかなり低いと感じるなら、20%アップの交渉に踏み切ってみるのもありです。

もちろん、与えられた仕事に見合うだけの成果を出している前提にはなります。焦って闇雲に交渉するのはNGです。自分の会社への貢献度などを改めて見直し、交渉できる材料をきちんと準備してから実行しましょう。

なお、自身の年齢、同じ職種に就いている人の平均給与額を調べ、そこよりも自分が高いか低いかをチェックするのも、交渉材料のひとつになります。

 

仕事を面白くする方法:職場の人間関係が悪い場合

職場の人間関係が悪い場合、以下3つの方法を実践してみてください。

  • 職場では最小限の関わりに留める
  • 飲み会や業務外のイベントには参加しない
  • 違う部署での仕事を希望する

では、それぞれ解説していきます。

職場では最小限の関わりに留める

上司や先輩、あるいは同僚の中に嫌な人がいるならば、その人にできるだけ近寄らないようにしましょう。もちろん全く関わらないのは難しいですが、最小限に留めることが大事です。

たとえば、昼食の時間になったら誘われないようにすぐにオフィスを離れる、休憩に行くタイミングをずらす、仕事が終わったら早めに帰る、などです。

できるだけ嫌な人とかかわることを辞めることで大幅にストレスは減り、仕事にも集中できます。結果的に仕事の楽しさを再び感じることになる可能性も大いにあるでしょう。

飲み会や業務外のイベントには参加しない

たとえ仕事中には関わりを避けられたとしても、社外では接する機会があるかもしれません。たとえば、飲み会や業務外のイベントであると、避けようがない場合もあります。できるだけ関わりを減らしたいという場合は、こうしたイベントに参加しないのもありでしょう。

ただし、業務外の行事に参加しないと、周りの人みんなから距離を置かれるかもしれません。一部の嫌な人と離れるために、他の人間関係を犠牲にするのはもったいないものです。仲の良い人には先に事情を話しておくなど、周りの理解を得ておけば、職場でのやりにくさも軽減できるはずです。

違う部署での仕事を希望する

結局、どれだけその人のことを避けようとしても、同じ部署にいるならば接する機会はたくさんあります。こちらが避けても、向こうから接近してくることもあるでしょう。この場合は、違う部署で仕事をすることを希望してみるのもひとつです。

部署異動は、人間関係や仕事内容が一変されるため、不満を解消できます。 また、部署を移ることで新しい仕事に挑戦できます。それも仕事のやる気を高めてくれる要素となるかもしれません。

 

仕事がつまらないときにやってはいけないこと

仕事がつまらないからといって、ついやってしまうことがあります。しかし、その行為がさらに自分を苦しめてしまう可能性も。悪循環に陥らないためにも、以下の行為は絶対に控えましょう。

  • 同じ会社の同僚に話す
  • 無理やり楽しもうとする
  • 無計画に転職する

では、それぞれ見ていきましょう。

同じ会社の同僚に話す

仕事の不満について愚痴をこぼすのは良いことですが、相手を選びましょう。もし会社の同僚に話してしまうと、それが上司の耳に入るかもしれません。あなたが会社に不満を持っていると噂されてしまうと、当然働きにくくなるはずです。同じ会社の同僚には、基本的に仕事の不満を伝えるべきではないのです。

どうしても愚痴をこぼしたいならば、会社とまったく関わりのない人にするべきです。家族や恋人、友人などの第三者に話しましょう。ただし、会社には守秘義務があります。違反すると罰則の対象になりますから、会社の内情まで喋らないよう注意しましょう。

無理やり楽しもうとする

仕事が面白くないのにはさまざまな理由があるものです。それらを無視して無理に楽しもうとするのはよくありません。それは心身に無理な負担をかけることになります。

どこかでその無理が限界に達してしまい、爆発するかもしれません。無理に楽しむのではなく、状況を変えて面白くする工夫をしましょう。

無計画に転職する

今の仕事が面白くないならば、転職をするのも悪くありません。しかし、転職というのは大きな決断となります。環境が変化するため、ひょっとしたら今よりも悪い環境になってしまう可能性もあるのです。 無計画な転職は失敗のもとです。

どんな企業があるかきちんと調べる、転職希望先の企業について事前に調査する、そもそも今の業種が自分に合っているかを考えるなど、あらゆる角度から検討したうえで転職に踏み切りましょう。

 

どうしても転職したい!と思ったときにすべきこと

しっかりと検討したうえで、どうしても転職したいという結論が出たなら、実際に転職活動をしてみましょう。転職したいときにするべき以下の2つのことを紹介します。

  • 転職市場における自分の価値を調べる
  • 実際に転職活動を始める

では、それぞれ見ていきましょう。

転職市場における自分の価値を調べる

転職市場において、あなたのスペックが需要のあるものかどうか調べてみましょう。たとえば、あなたの持っているスキルや経験、資格について書き出してください。それらが他の会社にとって魅力のあるものかどうかを調べてみるのです。

実際に転職活動を始める

もし転職市場において自分に価値があるとわかったならば、実際に転職活動を始めてみましょう。 求人を探す場合、数年前まではフリーペーパーや新聞広告などが主流でした。

しかし現代では、転職サイトで求人を探して転職エージェントを利用して転職活動を進めるという方法が主流になっています。

転職サイトで条件を絞り込んで求人を探し、転職エージェントで職務経歴書の添削や面接対策、求人の紹介などをしてもらうのです。

転職サイトも転職エージェントもともに利用は完全無料なので、転職活動で利用しない理由はありません。

◆併せて読みたい記事

転職エージェントとは|100%理解して120%活用するための全情報

おすすめ転職エージェントを比較|1000人の口コミ・評判から転職のプロが厳選

 

まとめ

結果が出なかったり、今の仕事と相性が悪かったりすると、仕事をつまらないと感じやすいものです。そういうときには、部署を異動する、仕事のやり方を工夫する、転職する、といった対処法があります。

仕事がつまらないと感じている方は、こちらを参考にして状況を改善していきましょう。

※記事の内容は、執筆時点での最新の情報となり、サービス内容・利用料金等を保証するものではありません。この記事の情報を基に行動する利用者の判断について、当社は一切の責任を負いかねます。サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、しかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。