▼当サイトで申込みが多い転職エージェントはこちら!(複数のエージェントに登録することで年収アップに直結する非公開求人を見つけやすくなります!)

【1位】リクルートエージェント絶対に使うべき、国内最大手のNo1転職エージェント!公開求人・非公開求人含め20万件以上というダントツ業界トップの求人数
【2位】DODA利用者満足度はなんと驚異の90%!キャリアアドバイザーが優しく丁寧にサポートしてくれることから転職初心者には最適
【3位】JACリクルートメント転職エージェントオリコンランキングで毎年総合第1位という非常に高い評価を受けている転職エージェント。

▼【登録無料】転職活動で役立つ!あなたの気づいていない強みを発見できるリクナビネクスト グッドポイント診断に登録しましょう!

3分で完了!グッドポイント診断はこちら!

臨床心理士の仕事|種類や内容を知って理想のキャリアを手に入れよう

臨床心理士と聞いて、漠然と「心のケアをする」仕事ということはイメージできるでしょう。しかし、臨床心理士の仕事はとても幅広い分野にわたり、高度な専門知識や技術が必要とされるのです。この記事では、臨床心理士の仕事の種類や1日の仕事の流れ、必要な資格、臨床心理士という仕事のやりがいや辛いことを詳しく紹介していきます。

臨床心理士の仕事の内容・業務

臨床心理士とは、国家資格ではなく数多くある心理系の民間資格の中でも「公益財団法人 日本臨床心理士資格認定協会」が1988年から実施する「臨床心理士資格試験」に合格して、資格者として認定を受けた人のことです。

そして、臨床心理学に基づく専門的な知識や技術を使って、”こころ”の問題を抱えた依頼者(クライエント)それぞれに合った問題解決をサポートする”心の専門家”です。

臨床心理士は、クライエントの”こころ”の問題解決をサポートする際に、まずはクライエントの話をじっくりと聞き、親身になって理解し共感することで信頼関係を築いていきます。

そして、専門知識や技法を使ってクライエントが自分の考えを整理したり、問題点の理解を手助けすることにより、クライエント自身で”こころ”の問題を解決できるように導いていきます。

2015年12月1日から従業員50名以上の全事業所にストレスチェックが義務化されるなど、複雑化する現代のストレス社会の中で「メンタル心理カウンセラー」や「心理セラピスト」など“こころ”の問題を扱う職業は増えてきています。

それらの職業の中でも臨床心理士は、専門性や信頼性が最も高いものとして知られ、臨床心理士による”こころ”のサポートを求めるニーズは高まっています。

※平成29(2017)年4月1日現在で32,914名の「臨床心理士」が認定されています

出典:公益財団法人 日本臨床心理士資格認定協会ホームページ

”臨床心理士に求められる固有な専門業務”として下記の4つの専門業務が挙げられています。

  • 臨床心理査定(アセスメント)

臨床心理士は、さまざまな心理テストや観察・面接を通じて、クライエントの特徴やどこに問題があるのかを明らかにしていきます。そして望ましい支援方法を検討します。

  • 臨床心理面接(心理カウンセリング)

臨床心理士は、臨床心理学的技法による心理カウンセリングを行い、クライエントとの信頼関係を築いていきます。臨床心理学的技法には、夢分析や集団心理療法、イメージ療法などがあります。

  • 臨床心理的地域援助(地域コンサルテーション)

臨床心理士は、クライエント個人のサポートだけでなく、多くの人々が集う地域や学校、職場などのコミュニティの”こころ”の問題の支援を行う地域コンサルテーション活動も行います。

  • 調査・研究活動

臨床心理士は、”こころ”の問題のサポートを行っていくため、基礎となる臨床心理的調査や研究活動を行います。

臨床心理士の1日の仕事の流れ

総合病院の精神科で働く臨床心理士の1日の仕事の流れをご紹介しましょう。

  • 8:30 出勤

白衣に着替えて準備をします。また1日のスケジュールを確認します。

  • 8:50 ミーティング

精神科のスタッフ同士だけでなく、他の科の医師や看護師とも情報を共有します。

  • 9:00 患者対応

主に外来患者さんのカウンセリングを行います。面接や心理検査などを行います。

  • 12:00 お昼休憩

昼食をしっかり食べて栄養を補給し、午後の業務に備えます。

  • 13:00 患者対応

外来患者や入院患者のカウンセリングを行います。 精神科だけではなく他の科に入院している患者のカウンセリングも行います。

  • 17:00 カンファレンス

患者対応が落ち着いたら、患者のカルテ記入やスタッフ同士で打ち合わせ(カンファレンス)を行い 情報を共有します。

  • 18:00 勤務終了

特に残業がなければ、そのまま帰宅できます。

臨床心理士の仕事の種類

臨床心理士は、教育、医療、司法、福祉、産業など5つの幅広い分野で活躍しています。

  • 教育分野
  • 医療・保健分野
  • 福祉分野
  • 司法・矯正分野
  • 産業分野

教育分野

近年のいじめの深刻化や不登校児童・生徒の増加など、児童・生徒の”こころ”を取り巻く環境の急激に変化しています。そして、児童・生徒や保護者、教職員の抱える悩みに対応するために、1995年に文部科学省によりスクールカウンセラーが創設され、全国の公立学校にスクールカウンセラーが配置されています。

臨床心理士は、学校に通う生徒の発達や学業、生活面の”こころ”の問題に対して、生徒本人だけでなく親や教師も含めて心理的なサポートを行います。

医療・保険分野

臨床心理士は医療機関の精神科や心療内科などで勤務し、ガン患者やHIV感染者、身体疾患を持つ方など、”こころ”の問題で不適応に陥っている人や病気・ケガをしている人への心理的サポートを行います。患者本人だけでなく、家族や患者に関わるスタッフも含まれます。

また、臨床心理士は保健所や保健センターなどでは住民の健康管理、薬物やアルコールの依存症、引きこもりの相談を行い、小児科や保健師とともに乳幼児の健康診査・発達相談も行います。

福祉分野

臨床心理士は児童相談所で「児童心理司」として、子供の虐待や障害児・親の相談や助言などを行ったり、幼稚園や保育所を回って保護者の子育て相談を行ったりします。

また臨床心理士は「心理判定員」として女性相談センターでDV被害の相談を受ける場合や、老人福祉施設で認知症患者の対応をすることもあります。

司法・矯正分野

臨床心理士は多くが公務員として司法の場での処遇を決定するための心理的なテストや調査、矯正に向けての心理的サポートを行います。

刑務所では「法務技官」や「民間カウンセラー」として受刑者のカウンセリングや集団療法を行います。家庭裁判所の調査官として、少年事件や離婚訴訟などで心理状態の調査、処遇の検討を行います。

産業分野

臨床心理士は大企業の社内相談室や健康管理センターに常駐して、社内の人間関係や労働環境の相談、メンタルヘルスチェックの実施を行います。

また、メンタルヘルス対策に関する助成制度が始まったことから、臨床心理士は従業員支援プログラム(Employee Assistance Program::EAP)の導入を支援する外部機関でクライアント企業の従業員の相談、上司や同僚へのコンサルテーションなどを行います。

臨床心理士は、公共職業安定所などで就職・転職支援の際の心理的サポートも行います。

臨床心理士の仕事のやりがい

臨床心理士は、非常に幅広い分野にわたり、また専門性の高い仕事です。では、どのような時にやりがいを感じることができるのでしょうか。

  • クライエントが自分と関わることで少しずつ元気になっていったとき
  • 「ありがとう」「あなたに会えてよかった」とクライエントから感謝の言葉をもらえたとき
  • 小さな子供からお年寄りまで、いろんな考え方を持つ人々の気持ちがわかるようになったとき
  • 日々の地道な勉強と業務の経験から自分の成長が感じられるようになったとき

臨床心理士は、年齢や性別、職業、考え方など、それぞれ全く異なる多くの人々の”こころ”に寄り添い、問題を解決へと導くことができる仕事です。

また、日々の経験が自分の成長、そして、より多くの人の幸せにつながっていることが実感できることも、臨床心理士の仕事の大きなやりがいとなります。

臨床心理士の仕事の辛い部分

臨床心理士は、専門性が高くやりがいのある仕事ですが、もちろん辛いところもあります。

  • 資格取得するまで、そして資格を取得し臨床心理士の仕事を始めてからも勉強が必要なところ
  • 経験が浅いうちは非常勤として職場をかけ持つ場合もあり、雇用が不安定なこともあるところ
  • 人の心の暗い部分に触れることも多く、それらを受け止めなければならないところ
  • 人命に関わるような大きな”こころ”の問題を扱う場合、大きなストレスになることもあるところ

臨床心理士の仕事は専門性が高いことから、常に新しい知識や技術を取り入れる努力が必要であり、また他の仕事では経験できない場面に数多く出会うこともあります。

臨床心理士としての努力や経験が、そのまま専門性や信頼性の高さ自分の成長につながっています。

臨床心理士の仕事をするには

「臨床心理士」は資格取得が少し難しいため、数多くある民間資格の中で最も信頼性があるものとされていますが、臨床心理に関わる仕事をするのに必ずしも必要ではありません。

しかし、病院職員の募集要項に臨床心理士の資格の記載があったり、保健センターや児童相談所などの相談員やカウンセラーに応募する際に、臨床心理士の資格を取得していることが有利に働くこともあります。

臨床心理士の資格を取得するには、「公益財団法人 日本臨床心理士資格認定協会」が実施する「臨床心理士資格試験」に合格して資格者として認定を受ける必要があります。

臨床心理士の資格を取得する流れは一般的には以下の通りとなります。

  • 臨床心理士の指定大学院もしくは専門職大学院に入学する
  • 指定大学院もしくは専門職大学院を卒業する
  • 臨床心理士資格試験に合格し、資格者として認定を受ける

〈主な受験資格〉
●指定大学院(1種・2種)を修了し、所定の条件を充足している者
●臨床心理士養成に関する専門職大学院を修了した者
●諸外国で指定大学院と同等以上の教育歴があり、修了後の日本国内における心理臨床経験2年以上を有する者
●医師免許取得者で、取得後、心理臨床経験2年以上を有する者  など

出典:公益財団法人 日本臨床心理士資格認定協会ホームページ

  • 臨床心理士の指定大学院もしくは専門職大学院に入学する

一般的には「指定大学院」もしくは「専門職大学院」を受験するには、「大学卒業」以上の学歴が必要です。入学試験では心理学の基本問題が出題されます。

  • 指定大学院もしくは専門職大学院を卒業する

指定大学院(1種)もしくは専門職大学院を卒業すると、すぐに臨床心理士資格試験を受験することができます。また、指定大学院(2種)を卒業後は、1年以上の心理臨床業務の実務経験を経ないと臨床心理士資格試験を受験することができません。

  • 臨床心理士資格試験に合格し、資格者として認定を受ける

資格試験は、一次試験(マークシート方式と論文記述)、二次試験(口述面接)で行われます。

最終的な合格率は60%程度です。

資格試験に合格した後、日本臨床心理士資格認定協会から臨床心理士の「資格認定証書」と携帯用の身分証明書として本人の顔写真を貼付した「資格登録証明書(IDカード)」が合格者に届いて初めて資格認定が完了し、「臨床心理士」の資格を取得することができます。

また、「臨床心理士」の仕事をする場合には以下のように「心理職」と呼ばれ、公務員の資格がも必要となるものもあります。

  • 国家公務員

法務省保護局「保護観察官」、警察庁科学警察研究所「警察庁技官」、法務省矯正局「法務技官」

  • 地方公務員

児童相談所「児童心理司」、県立病院などの「心理判定員」

また、転職エージェントを利用することで簡単に就職することができます。

転職エージェントは完全無料で利用することができ、転職や就職に関わるほとんどの面倒な作業を代行してくれ、転職のプロであるコンサルタントからアドバイスをいただくことができるため、転職初心者の方は使わない手はないです。

より詳しく転職エージェントについて知りたい方は下記記事にて転職エージェントに関する全ての情報をお伝えしております。

気になる方はチェックしてみてください。

転職エージェントとは|全てを理解し正しく使うための全情報

「転職エージェントって何?」 「転職エージェントの仕組みが知りたい」 「転職エージェントってどうやって選べば良いの?」 …

おすすめの転職エージェント

転職エージェントによってはキャリアコンサルタントの対応が雑だったり、求人数に差があったりします。

そのため、本当におすすめの転職エージェントを利用しないとあなたの貴重な時間が割かれてしまう可能性があります。

当サイトでは下記記事にて1000人以上の転職エージェント利用者の体験談を基に本当におすすめの転職エージェントを紹介しています。

気になる方はチェックしてみてください。

転職初心者の方におすすめしたい転職エージェントは「リクルートエージェント」と「DODA」、「パソナキャリア」の3つです。

複数登録することで、それぞれの転職エージェントの弱みを補いあうことができるので、転職エージェントを利用する際は複数登録することをおすすめ致します。

詳しくは下記記事にて解説しておりますので、ぜひご参考ください。

複数の転職エージェントを掛け持ちで利用すべき?理由付きで徹底解説

「転職エージェントを複数利用したほうが良い」 このような意見をよく聞くことがあります。 結論から言いますとこの知識…

「リクルートエージェント」は、業績や求人数など他の転職エージェントと比較して圧倒的な実績を誇る転職エージェントです。

転職エージェントを利用する際はリクルートエージェントを利用しない手はないでしょう。

リクルートエージェントは転職をする全ての人におすすめの転職エージェントです。

「DODA」は業績、求人数共に業界第2位という大手転職エージェントで、登録者のペースに合わせて転職活動をしてくれますし、転職初心者にも優しいキャリアコンサルタントが在籍しています。

求人数も多く、求人の質も良いので全ての人におすすめの転職エージェントです。

また「パソナキャリア」もキャリアコンサルタントの質が高いと業界で有名な転職エージェントです。

業績は業界で第4位、求人数はリクルートエージェントやDODAに比べると少ないのですが、求人の質も良く、何と言ってもキャリアコンサルタントの質は業界でもずば抜けて高く、とにかく登録者の気持ちを優先して対応してくれますし、転職初心者にも優しくキメの細かいサポートが特徴です。

臨床心理士の仕事の主な就職先

多くの人びとの”こころ”の問題をサポートする臨床心理士の就職先は幅広いですが、教育、医療、司法、福祉、産業などの職域分野でわかりやすく分類してみると、以下の通りとなります。

※一般社団法人 日本臨床心理士会 第7回 「臨床心理士の動向調査」報告書(2016年4月)なお、日本臨床心理士会所属の臨床心理士19,533人中、回答した10,321人のデータをもとに算出。

医療・保険分野

臨床心理士の就職先数のトップは、医療・保健分野(28.8%)です。実際には多くの人が病院・診療所(25.5%)に就職し、臨床心理士として就職する人の総数の1/4以上にもなります。

学校に通う生徒の発達、学業、生活面の”こころ”の問題に対して、生徒本人だけでなく、親や教師も含めて、心理的なサポートを行います。

  • 精神病院
  • 総合病院(精神科、心療内科、小児科他)
  • 医院、クリニック
  • 保健所
  • 精神保健福祉センター
  • リハビリテーションセンター
  • 市町村の保健センター

教育分野

医療・保健分野についで多いのが教育分野(23.3%)です。実際の就職先では、都道府県など自治体に就職しスクールカウンセラーとして学校へ派遣(12.4%)されるケースが目立ちます。

学校に通う生徒の発達や学業、生活面の”こころ”の問題に対して、生徒本人だけでなく親や教師も含めて心理的なサポートを行います。

  • 公立学校、私立学校(スクールカウンセラー)
  • 教育センター
  • 各種教育相談機関

福祉分野

次いで就職先として3番目に多いのが福祉分野(13.3%)となります。多くが児童相談所などの児童福祉施設・機関(9.0%)に「児童心理司」として就職します。子供の発達・非行、障害を持つ人、女性・高齢者の問題など、福祉に関する心理的サポートを行います。

  • 児童相談所
  • 療育施設
  • 福祉施設
  • 心身障害者福祉センター
  • 障害者作業所
  • 女性相談センター
  • 母子保健センター
  • 老人福祉施設
  • 地域活動支援センター
  • 助産所
  • グループホーム

労働・産業分野

過度の労働や人間関係によるストレスなどから”こころ”に悩みを抱える労働者をサポートするため、大企業を中心にメンタルヘルスをサポートする部署の設置や従業員支援プログラムを提供する外部機関が増えています。

企業のメンタルヘルス部門や外部専門機関に臨床心理士として産業・労働分野(3.9%)へ就職する人が見受けられるようになりました。

  • 民間企業(企業内相談室、企業内健康管理センター)
  • メンタルヘルスの専門機関
  • 公共職業安定所(ハローワーク)
  • 安全保健センター
  • 障害者職業センター

司法・矯正分野

臨床心理士の就職先として最も少ない分野が司法・矯正分野(2.8%)です。ほとんどの人が公務員として就職します。

司法の場での処遇を決定するための心理的なテストや調査、矯正に向けての心理的サポートを行います。

また、2006年の「刑事収容施設法」以降、さまざまな人が収容されている女子施設や長期収容者がいる行刑施設に、公務員の法務技官に加えて民間のカウンセラーも収容者の心理的サポートを行うようになっています。

  • 家庭裁判所
  • 少年鑑別所、少年院、刑務所、拘置所
  • 保護観察所
  • 警視庁、道府県警察本部
  • 児童自立支援施設

 その他

  • 大学・研究所(15.8%)

臨床心理学の研究職や臨床心理職の養成職として就職するほか、併設されている学生相談室や臨床心理センターなどに就職し「相談員」として学生や教職員、地域住民の心理的サポートを行います。

  • 大学、短期大学、専門学校、研究所・研究機関、大学附属臨床心理センター
  • 私設心理相談分野(3.6%)

臨床心理士が個人または組織で運営している心理相談機関に就職するケースもあります。クライアントのさまざまな心理的悩みや課題の解決へ向け一緒に取り組みます。

臨床心理士の仕事はとても魅力的

臨床心理士は、小さな子供からお年寄りまで様々な職業に就く人々が問題を抱えている”こころ”にじっくりと寄り添うことで、問題を解決へと導いていくことができる魅力的な仕事です。

クライエントによってはカウンセリングの効果が現れるまで数年かかる場合もあり、忍耐力が必要とあることもあります。しかし、臨床心理士の仕事はクライエントから「ありがとう」と感謝され、より多くの人の幸せにつながっていることや自分自身の成長を日々実感できます。

また、大企業を中心に従業員のメンタルヘルスをサポートする部署の設置や外部専門機関の従業員支援プログラムを導入する企業が増えるなど、臨床心理士の活躍する場が広がってきていることも大きな魅力です。

※記事の内容は、執筆時点での最新の情報となり、サービス内容・利用料金等を保証するものではありません。この記事の情報を基に行動する利用者の判断について、当社は一切の責任を負いかねます。サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、しかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。