会社の飲み会が苦痛なら覚えておきたい大人マナーや好印象な断り方

 社会人になると避けて通れないのが”会社の飲み会”です。特に若手の人にとって、会社の飲み会を苦痛に感じる人は多いのではないでしょうか。今回は飲み会を苦痛と感じる原因から対処法、最低限押さえておきたいマナー、飲み会に参加する事でのメリットなど、会社の飲み会で使えるノウハウをご紹介します。

若者に多い、会社の飲み会が大嫌い・嫌いな理由

年末年始や年度末・年度始めなど、社会人になると様々なタイミングで飲み会が開催されるようになります。しかし、新人を含め若手社員たちにとっては苦痛を伴うイベントでもあります。では飲み会のどのような点に苦痛を感じているのでしょうか。代表的な理由をご紹介します。

会社の飲み会は苦痛で疲れるから、行かない・行きたくない

会社の飲み会を苦痛だと感じている人は、かなり多いのではないでしょうか。お酌をしなければならない、話したくない人とも話さなければならない、お酒を飲んでもくつろぐ事が出来ないなど、様々な理由から”苦痛”や”疲れる”といった気持ちになり、飲み会に対して消極的になってしまいます。

気を遣い続けるので面倒くさい

いくら無礼講と言えども、やはり上司や周囲の人に気を遣わない訳にはいきません。お酌のタイミングや料理の取り分けなど、常に周りに目を向けて細々と動き続けなければならないため、飲み会自体が面倒に感じてしまいます。

話をする事がなく、話を聞いていてもつまらない事が多い

飲み会によくあるのが、上司の自慢話や仕事の話など、興味の無い話に延々と付き合わなければならないという事です。年代や生活環境も違うため、ほとんどの場合がつまらない話である事が多いです。

お酒が飲めないのでその場で断り続けるのが苦痛

お酒が飲めない人にとって、お酒を勧められた時の対処が苦痛と感じる人もいます。飲めないと言って聞き入れてくれる人であれば良いのですが、なかにはしつこく何度もお酒を飲ませようとしてくる人もいます。こういうタイプの人に絡まれると、ますます飲み会が苦痛になってしまいます。

会社の飲み会を断る理由と好印象な断り方

ほぼ強制参加が暗黙のルールとなっている会社の飲み会ですが、どうしても行きたくないという事もあるかと思います。どのような断り方をすれば波風絶たず、うまく不参加に出来るでしょうか。印象を悪くせず、相手に納得してもらう断り方をご紹介します。

指定された方法で形式通りに返信・返事する

社内メールなどで飲み会の参加可否を問う連絡が一斉送信されてきた場合は、余計なアクションは起こさず、形式通りに不参加の旨を伝えましょう。下手に取り繕うと、相手に勘繰られる可能性があります。

「友達の結婚式で前泊するので行けない」など仕方ないと思われる理由をつける

不参加と伝えた場合、高確率で幹事や周囲の人間から『なんで?』と理由を聞かれます。その場合、結婚式などの冠婚葬祭を理由にしたり、既婚者であれば家族の看病をしなければならないなど、相手が納得してくれる理由を用意しましょう。

会社の飲み会を当日断る理由・断る方法

会社の飲み会に参加すると答えたけれども、当日になって行きたくなくなった場合、どのような理由で断ると良いでしょうか。以下、とっておきの当日会社の飲み会を断る方法をお伝えします。

仕事のトラブルでどうしても行けないと断る

自分が担当している仕事にトラブルが発生し、対応しなければならないと言って断る方法もあります。ただ、この理由を使う場合、誘ってきた相手が他部署の人間や自分の仕事内容を把握していない人間でないと、すぐに見破られてしまうので注意が必要です。

体調が悪すぎてどうしても行けないと丁重に断る

特に冬場に開催される飲み会の場合、風邪などで体調が悪いといって断るのも手です。風邪以外ででは酷い頭痛なども使えます。また、必ず断る場合は『大変申し訳ないけれども』という言葉を添えて、『次回は参加させてください』と言って丁寧に断ると良いです。

参加はするが途中で早めに抜ける方法もあり

先に参加費を徴収されていたり、どうしても参加をしなければならない場合、飲み会の途中や1次会が終わったタイミングで抜け出すというのもありです。飲み会の途中で抜ける際には前述した”体調不良”などを理由にすると抜け出しやすいでしょう。

また、1次会が終わって皆で外に出たタイミングですっと抜ける、もしくは皆が居なくなるまでトイレに隠れて帰るというのもひとつの手です。

会社の飲み会をうまく過ごす方法

あまり気の乗らない会社の飲み会ですが、毎回参加しないというのは至難の業です。では、苦痛に満ちた飲み会をどのようにやり過ごせば良いでしょうか。

親しい同僚の隣に座る

親しい同僚が居る場合、隣に座って飲むという方法が一番楽な方法です。もしも開催時間ギリギリに到着してしまいそうなら、同僚に前もって隣の席を取っておいてもらうように言っておくと良いでしょう。そうすると、上司や苦手な人の横になる事を避けられます。

アルコールを飲んだふりで過ごす

お酒が飲めない人の場合、お酒に見えそうな飲み物を頼んでおくと無理矢理飲まされる可能性が低くなります。また、ジュースでもチューハイと言い張れば傍目にはわかりません。

一人で黙々と料理を食べる

とにかく会社の人と関わりたくない場合や近くに親しい同僚がいない場合、出された料理を黙々と食べるといのも手です。周囲からぼっちに見られて嫌だという人もいるかもしれませんが、案外酔っ払った人は周りが見えていないものです。思いっきり料理を楽しんでください。

気を使わずマイペースで過ごすのも一つの方法

周りに合わせて疲れるのなら、一層のこと周りなど気にせず自分のペースで飲み会を過ごしてみてはいかがでしょうか。下手に気を遣うと周囲から”アイツは気が利く奴だ”と見られ、飲み会の度に絡まれてしまう事もあります。

自分のペースで過ごせるようになると、無駄に絡まれる事が減る場合もあるので是非試してください。

聞きたくない話になったらトイレと言って席を外す

どこの会社の飲み会にも必ず居るのが、興味の無い話を延々とし続ける人です。会社の飲み会が嫌いだという人は、こういう人を相手にするのが嫌だからという人が多いのではないでしょうか。

もしも聞きたくない話が始まった場合、トイレに立って席を外し、違う席へと移動すると上手く逃げる事が出来ます。

会社の飲み会で守りたいマナー

気の進まない会社の飲み会と言えど、社会人であれば飲み会で守っておいた方が良いマナーというものがあります。そのいくつかをご紹介します。

お酌を依頼しない、お酌を申し出る心がけも時に大事

お酒が空になったからといって、自分からお酌を依頼するのは避けたいマナーです。また、話している相手のコップが空になった場合、こちらからお酌を申し出てあげましょう。

酒を飲み過ぎて、周りに迷惑をかけない

会社の飲み会に関わらず、飲み会において一番最悪なのは、お酒を飲み過ぎて周囲に迷惑をかける人です。話が弾んでついつい飲み過ぎてしまうという事もあるかもしれませんが、ここは社会人として自分にセーブをかけて飲みましょう。

会社の飲み会に参加するメリット

会社の飲み会は何も嫌な事ばかりではありません。お酒の席だからこそのメリットもあります。以下、会社の飲み会のメリットをご紹介します。

普段、話せない話で盛り上がり、仲が深まる

お酒が入ると皆緊張が緩み、普段離さないような人と共通の話題が見つかって、意気投合して盛り上がるという事があります。このように、接点の無い人と仲良くなるきっかけを作れるというのは、飲み会ならではのメリットです。

色んな人から色々な情報を聞くことができる

お酒のおかげで緊張が緩むのと同時に、口も緩くなりやすいのが飲み会の利点です。意外な情報を得る事も出来るので、色んな人と話してみましょう。

自分の仕事ぶりが認められている・評価されていると知ることも

自分の仕事が周囲からどのように評価されているのか、実は飲み会という場はそれを知るのにもってこいの場です。思い切って上司に話しかけてみたら、意外にも高く評価してくれていた、と知る事もあります。客観的な意見や評価を聞くにはうってつけです。

自分のキャラクターを理解してもらえる

仕事中はなかなかお互い深く関わる事が出来なくても、飲み会では距離を縮めやすくなります。これを利用して、自分のキャラクターを理解してもらいましょう。

仕事で少し困ってることを話したら改善に向けて話が進んだ

業務中になかなか相談出来ない事や、わざわざ聞くまでも無いと自分の中にため込んでいた悩みを飲み会の席で話してみたら、思いがけずアドバイスをもらって状況が好転したという事もあります。飲み会という場を利用して、悩みを周囲に相談してみましょう。

会社の飲み会が嫌なら転職も選択肢の一つに

会社の飲み会自体が多く、また非常に苦痛を伴う場合は転職をするというのもひとつの手です。転職を考えているのなら、転職エージェントを利用し、自分に合った職場を探してみましょう。

転職エージェントは、転職を考えている人達を無料でサポートしてくれるサービスです。転職に係る面倒な手続きなど最初から最後まであなたをサポートしてくれます。

より詳しく転職エージェントについて知りたい方は下記記事にて転職エージェントに関する全ての情報をお伝えしております。

気になる方はチェックしてみてください。

転職エージェントとは|全てを理解し正しく使うための全情報

「転職エージェントって何?」 「転職エージェントの仕組みが知りたい」 「転職エージェントってどうやって選べば良いの?」 …

おすすめの転職エージェント

転職エージェントによってはキャリアコンサルタントの対応が雑だったり、求人数に差があったりします。

そのため、本当におすすめの転職エージェントを利用しないとあなたの貴重な時間が割かれてしまう可能性があります。

当サイトでは下記記事にて1000人以上の転職エージェント利用者の体験談を基に本当におすすめの転職エージェントを紹介しています。

気になる方はチェックしてみてください。

転職初心者の方におすすめしたい転職エージェントは「リクルートエージェント」と「DODA」、「パソナキャリア」の3つです。

複数登録することで、それぞれの転職エージェントの弱みを補いあうことができるので、転職エージェントを利用する際は複数登録することをおすすめ致します。

詳しくは下記記事にて解説しておりますので、ぜひご参考ください。

複数の転職エージェントを掛け持ちで利用すべき?理由付きで徹底解説

「転職エージェントを複数利用したほうが良い」 このような意見をよく聞くことがあります。 結論から言いますとこの知識…

「リクルートエージェント」は、業績や求人数など他の転職エージェントと比較して圧倒的な実績を誇る転職エージェントです。

転職エージェントを利用する際はリクルートエージェントを利用しない手はないでしょう。

リクルートエージェントは転職をする全ての人におすすめの転職エージェントです。

「DODA」は業績、求人数共に業界第2位という大手転職エージェントで、登録者のペースに合わせて転職活動をしてくれますし、転職初心者にも優しいキャリアコンサルタントが在籍しています。

求人数も多く、求人の質も良いので全ての人におすすめの転職エージェントです。

また「パソナキャリア」もキャリアコンサルタントの質が高いと業界で有名な転職エージェントです。

業績は業界で第4位、求人数はリクルートエージェントやDODAに比べると少ないのですが、求人の質も良く、何と言ってもキャリアコンサルタントの質は業界でもずば抜けて高く、とにかく登録者の気持ちを優先して対応してくれますし、転職初心者にも優しくキメの細かいサポートが特徴です。

会社の飲み会は参加して、上手くやり過ごす方法を身につけるのがベター

会社の飲み会に対してあまり良い印象を持っていない若者は多いかもしれませんが、飲み会を通して多くのチャンスやメリットを受ける事が出来ます。苦手だからと避けるより、自分なりに楽しむ方法を模索して、有意義な時間にしましょう。

※記事の内容は、執筆時点での最新の情報となり、サービス内容・利用料金等を保証するものではありません。この記事の情報を基に行動する利用者の判断について、当社は一切の責任を負いかねます。サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、しかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。