【決定版】会社の飲み会に行きたくないときの対処法

 

 

会社の飲み会に参加したくない、と思ったことはありませんか?プライベートを大切にしたい方だと、特に会社の飲み会は憂鬱になってしまいますよね。

そこで、ここでは会社の飲み会に参加させたい会社の心理や、飲み会に行きたくないよくある理由についてまとめてみました。行きたくないときの対処法についてもご紹介するので、ぜひ参考にしてください。

 

会社の飲み会に参加させたい会社の理由

会社としては、何とかして社員を飲み会に参加させたいと考えています。長時間残業によるモチベーションの低下を防ぐ、帰属意識の向上といった目的があるからです。ここでは、会社の飲み会に参加させたい会社の心理をご説明します。

長時間残業のモチベーション低下の打開策

残業はただでさえ体力と精神力を消耗しますし、そんな日が毎日続くと、社員の仕事に対するモチベーションも下がってきます。モチベーションが下がると、業務のスピードも低下し、クオリティも低くなってしまいます。

飲み会に参加させることで社員のガス抜きを行い、モチベーション低下の打開策としている会社は少なくありません。

社員の帰属意識の向上

お酒の席では新たな交流も生まれますし、社員同士がより絆を深めることもできます。腹を割って話し合うこともできますし、一体感を作り上げることもできるでしょう。

会社としては、社員の帰属意識をできるだけ高めたいと考えているため、飲み会に参加させようとするのです。帰属意識が高まれば、会社への忠誠心、貢献しようという気持ちも高まります。

 

会社の飲み会に行きたくないよくある理由

会社の飲み会に参加したくない、という方は意外に多いです。理由はいくつか挙げられますが、酔った勢いでダメ出しされたり、上下関係の気遣いが面倒くさいという方も少なくありません。ここでは、飲み会に参加したくないよくある理由をまとめました。

飲み会自体が強制参加

自由参加ならまだしも、多くの企業では飲み会への参加を強制しています。もちろん、どうしても参加できない理由があるのなら欠席できることが多いですが、基本は参加することになるのです。

こうした、強制という姿勢に反感を抱いている方は少なくありません。何かを強制されるというのは嫌なものなので、飲み会への参加自体がストレスになります。

酔った勢いでのダメ出し

アルコールが入ると気が大きくなります。そのため、日ごろは物静かで穏やかな上司も、突然部下に対してダメ出しを始めるようなこともあります。お酒が入っているので口調が荒くなったり、暴力的な発言をされる可能性もあるでしょう。

過去に参加した会社の飲み会で、こうした経験があると、もう参加したくないと考えるようになります。

お酌や上下関係の気遣い

友人同士の飲み会だと、誰に気を遣うこともなく、自分のペースでお酒を楽しめます。しかし、会社の飲み会となるとそうもいきません。

上司にお酌をしないといけないですし、部下が自分にお酌をしにくることもあるでしょう。こうした、組織の上下関係への気遣いに煩わしさを感じる方は少なくありません。

会話が続かない

普段から無口な方、口数が少ない方だと、飲み会の席でも会話が続かないことがあります。また、友人同士なら気軽に話せる人でも、会社の人となるとあまり喋れなくなるということは珍しくありません。会話が続かず、変な空気になってしまうため、飲み会に参加したくないという方もいるでしょう。

単純にお酒が苦手

お酒が好きな方にとって、飲み会はとても楽しい催しです。しかし、逆にお酒が苦手な方、飲めない方からすると、こうした席は苦痛でしかないでしょう。

周りはいい気持ちに酔っぱらっているのに、自分だけずっと素面でいなくてはなりませんし、酔っ払いの相手をするのも面倒です。無理に飲まされそうになるリスクもありますよね。

セクハラされる可能性がある

お酒が入ると気持ちが大きくなりますし、楽しい気分になるため、セクハラが起こりやすくなります。女性社員の体に必要以上に触ったり、下ネタを連発するといったことも考えられるでしょう。

過去の飲み会で、セクハラをされたことがある、という方だと二度と参加したくないと考えるはずです。セクハラだけでなく、こうした席ではアルハラも起こりやすいです。

 

会社の飲み会を断る方法

会社の飲み会を断るには、どうすればいいのでしょうか。いきたくない、と意思表示してしまうと、それ以降働きにくくなってしまうかもしれません。ここでは、会社の飲み会を断る効果的な方法についてピックアップしました。

家族を理由に断る

自分ではなく、家族を理由にして断るというのは王道ですね。既婚者なら、パートナーや子供の体調が悪いので、世話をしないといけない、といった具合です。また、

両親が高齢なら、介護をしなくてはいけない、といった理由でも通用するでしょう。家族から用事を頼まれている、法事の準備がある、といった理由でもいいですね。

体調不良を理由に断る

体調が悪い社員を、無理やり会社の飲み会に参加させようとすることは、恐らくないでしょう。そのため、体調が悪いことを理由に、飲み会への参加を断るのはアリです。

飲み会の直前に体調が悪い、と断るとウソだと思われてしまう可能性があるので、事前から伏線を用意しておきましょう。仕事中から体調が悪いことをアピールしておけばいいですね。

断ったあとはフォローする

飲み会を断ったあとにフォローをしていないと、社内での評判が下がってしまうかもしれません。付き合いが悪いと言われてしまったり、評価に関わってくる可能性もあります。

そのため、断ったとしても「また誘ってください」「楽しみだったのに残念です」など、フォローの言葉を伝えましょう。上司への印象も随分変わってきますよ。

 

絶対に会社の飲み会に行かない方法

何が何でも会社の飲み会には参加したくない、という方もいるでしょう。そのような方は、どうすればいいのでしょうか。飲み会に参加しないキャラを作る、飲み会以外のコミュニケーションを大切にする、といったことが挙げられます。詳しく見ていきましょう。

会社の飲み会に参加しないキャラを作る

普段から、ちょっと変わったキャラを設定していると、飲み会に参加せずに済むかもしれません。飲み会はもちろん、職場の人とは絶対にプライベートでは関わらない、といったキャラがいいですね。

普段からそのような発言を繰り返し、実際職場の人と付き合いもなければ、飲み会を断っても「あいつなら仕方ない」と思われます。

飲み会以外でのコミュニケーションを大切にする

会社の飲み会の良し悪しは別として、飲みの席がコミュニケーションをとるのに有効なことは間違いありません。そのような席に参加しないとなれば、なるべく普段の業務時間内に、コミュニケーションをしっかりとるようにしましょう。

普段からきちんとコミュニケーションがとれていれば、飲み会に参加せずとも疎外感を感じることも少ないです。

 

会社の飲み会に参加するときに楽しむ方法

会社の飲み会は楽しくない、と思っている方も少なくないでしょう。しかし、どうせ参加しなければならない、となれば、できるだけ楽しみたいですよね。そこで、ここでは会社の飲み会に参加するときに、楽しむ方法をお伝えします。

同僚・上司の意外な一面を発見できる

飲み会の席では、普段一緒に仕事している人たちの、さまざまな顔を見ることができます。大人しい同僚が、お酒を飲んでとても饒舌になったり、普段笑わない上司が笑顔で笑っているようなところも見られるでしょう。

アルコールが入るとその人の本性が現れると言います。一緒に働いている人の、意外な一面が見れるのは面白いですね。

仕事のヒントになる

お酒の席で得た情報が、仕事のヒントになることもあります。お酒の席ではコミュニケーションも活発になりますし、いろいろな話を聞くことができます。

トップセールスマンからテクニックを聞き出したり、上司からマネジメントの秘訣を聞けたりする可能性もあるでしょう。仕事に活かせるさまざまな情報が手に入るかもしれません。

仲がよいメンバーと席を近づける

飲み会の席で、自分の周りがよく知らない人、上司ばかりとなるととても楽しむことはできません。楽しむためには、なるべく仲が良いメンバーの近くに座りましょう。

席が決められていることもあるかもしれませんが、お酒が入ってくれば自由に移動し始めます。仲が良いメンバーが近くにいれば、楽しくない飲み会も楽しめるでしょう。

 

会社の飲み会に参加する場合のマナー

ここでは、会社の飲み会に参加するときのマナーについてお話します。一度くらいは上司にお酌をする、一人一人に合わせて多少砕けた対応をする、過度な気遣いはしない、といったことですね。詳しく見ていきましょう。

細かな気配りは効果的

お酒の席で細かな気配りができると、上司からも「おっ」と思われやすいです。周りをきちんと見えている、気配りができる、と思われるので、今後大切な仕事を任されるようになるかもしれません。

上司のグラスにお酒が入っていないなら注いであげる、料理をとり分けてあげる、といったことですね。観察力を養うトレーニングにもなりますよ。

一度くらいは上司にお酌する

会社の飲み会に参加したくない、という方の中には、上司にお酌をするのが嫌だから、という方もいます。その気持ちも理解できますが、やはり直属の上司には一度くらいお酌をしておきましょう。

一度もお酌をしないと、あとから「あいつは気配りがまったくできない」と言いふらされてしまうかもしれません。嫌でも一度くらいしておきましょう。

一人ひとりに合わせて多少砕けた対応にする

すべての人に同じように対応してしまうと、事務的な対応になってしまいます。お酒を飲んで楽しむ席なので、多少は砕けた感じで問題ないでしょう。

また、一人一人に合わせて会話の内容を変えたり、話し方を変えてみるのも効果的ですね。多少砕けた対応にすれば、飲み会の席をしっかり楽しんでいる、といった印象を与えられます。

過度な気遣いはしない

過度な気遣いをしてしまうと、疲れてしまいます。会社の飲み会とはいえ、楽しむ席なので、あまり気遣いばかりではまったく楽しめなくなります。多少の気遣いは必要ですが、過度な気遣いはしないようにしましょう。

気遣いされるほうも疲れてしまいます。上司のグラスにお酒が入っていなかったら注いであげる、くらいでいいでしょう。

まとめ

会社の飲み会に参加したくない方の理由はまちまちですが、どうしても行きたくないのなら、家族や体調不良などを理由に断りましょう。

また、断ったあとはしっかりフォローを入れることも忘れないでください。会社の飲み会も、考え方や工夫次第で楽しめるので、ここでご紹介した内容をぜひ覚えておいてくださいね。

 

※記事の内容は、執筆時点での最新の情報となり、サービス内容・利用料金等を保証するものではありません。この記事の情報を基に行動する利用者の判断について、当社は一切の責任を負いかねます。サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、しかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。