会社辞めるなら知っておきたい全情報|退職までの流れやタイミング、退職理由など

会社を辞めたいと考えている人の多くは、会社への切り出し方や転職先探しに対して迷いや不安を持っています。自分勝手な言い分や会社の不満をぶちまけて突然退職してしまうのは、大人としての対応とは言えません。会社に納得してもらった上で、円満退職することが次のステップにも繋がります。この記事では、円満に退職するためのポイントや進め方、注意点などをご紹介します。

会社を辞めるのは逃げ?

会社を辞めたいと思うに至る理由は人それぞれ違います。今、どんな理由で悩んでいるでしょうか。

  • 人間関係がこじれて気持ちが沈む
  • 仕事がつまらない、やりがいを感じない
  • 給与の手取り額が低い
  • 福利厚生が充実していない
  • 仕事内容が自分に合っていない
  • ノルマがきつくて辛い
  • 残業や休日出勤が多い
  • パワハラやセクハラがある
  • 評価が低く、モチベーションが上がらない

これらの悩みは、仕事をしていると誰でも一度は経験があるかもしれません。そこですぐに仕事を辞めるか、我慢して仕事を続けるかは自分が判断することになります。仕事を辞める場合は、本当に今辞めてもいいのだろうか、辞めることは逃げにならないだろうか…と自問自答しているかもしれません。

あなたは、会社を辞めたいと感じているからこの記事にたどり着いたのでしょう。少しでも会社を辞めたいと感じたのであれば、以下の記事をご覧になってください。

仕事を辞めたいなら必ずやるべき9ポイント+3つの対策|辞めたい理由を分析しよう

「仕事を辞めたいけど、甘えてると怒られる」 「仕事を辞めたいのに誰に相談したら良いかわからない」 このように悩む方は少…

会社を辞めることは逃げになるのでしょうか?ただ楽になりたいから会社を辞めるのであれば逃げと言われても仕方ありません。ただし、今の仕事を続けることで病気になってしまうまで追い込まれているのであれば、辞めることは逃げではありません。またステップアップをするのであれば、会社を辞めることは前向きな選択と言えます。

会社を辞めることを言うベストなタイミング

会社を辞めようと決めたなら、なるべく穏便にもめることなく円満退職するのがベストです。もめずに会社を辞めるために、また自分が損をしないためには、会社側に伝えるタイミングを考える必要があります。

賞与・ボーナスが出た後の6、7月または12月

賞与やボーナスは大抵どの会社でも、6~7月、12月に支給されます。早く辞めたいがために、賞与やボーナスをもらう直前に辞めてしまうと、もらえる物がもらえず後悔しかねません。退職後に転職先が決まっていなければ、収入が途絶えることもよく考えて、賞与やボーナスを正当に受け取ってから辞めるようにしましょう。

仕事の繁忙期が一区切り終った頃

仕事の繁忙期に辞めるのは、会社や同僚に迷惑をかけるのが目に見えています。そうなると「あの人は会社のことを何も考えずに自分勝手に辞めた。」と見られ、後味が悪い辞め方をすることになります。会社を辞めるのは、仕事の繁忙期が終わり、一区切り、一段落した頃を選びましょう。

また会社に迷惑をかけないという意味では、1~2ヶ月前には退職した旨を伝えておくと良いでしょう。社員が1人減ることで、会社の負担が増えるのは当然です。最後まで誠意を持って対応することが大切です。

会社を辞める時の理由・切り出し方

会社を辞める時に一番頭を悩ませるのが、理由づけです。たとえば人間関係が嫌で辞めたい、仕事がつまらないから辞めたい、給与の手取り額が低いので不満、など会社に伝えにくい理由の時もありますが、本心をそのまま会社に伝えると、円満退職の可能性は限りなく低くなります。

もし、あなたが「仕事がつまらない」「仕事にやりがいを感じない」という理由で会社を辞めたいのでしたら、以下の記事に対処法や解決策が詳しく紹介されているので、一読することをおすすめします。

仕事がつまらない・辞めたいと思った時の対処法|原因・解決策・対策など

仕事がつまらないと、日々やる気なく会社に行っている人はどれくらいいるのでしょうか。 「別に仕事を辞めたいというほどでは……

会社を辞める際は、会社側から「それなら仕方ないね。」「新しい環境でも頑張ってください。」と好意的な声をかけてもらえるような理由を考えてみましょう。

挑戦したいことができた

「決して会社が不満で辞めるのではありません。」「新たに自分が挑戦したいことができ勉強を始めたいです。」と前向きな気持ちで退職を望んでいることを、会社に伝えてみてください。会社としては辞められるのは大変な痛手ですが、新しいことにチャレンジしたいという心意気には賛同してくれるはずです。

会社としても社内のトラブルが理由で退職されることは、会社の評価や今後の対応にも関わるので、決して望んではいません。快く退職を受け入れてもらえるよう、前向きな理由を探しましょう。

家族の介護をする必要になった

家族の介護は、自分が年を取るにつれて降りかかる切実な問題です。実際にその必要がなくても家族の介護を理由に辞めたいと告げた場合、介護は社会的問題として日々取り上げられているので、会社側は深く現状をリサーチしようとはしません。コンプライアンスにも関わるので、個人情報については問い正さず退職をすんなり受け入れてくれるでしょう。

結婚を機に退職したい

結婚を機に退職したいと申し出るのは、最も円満な理由です。結婚だけでなく出産も同じですが、おめでたい話には喜んで同意してくれるはずです。家族の介護と違って、おめでたい話は詳しく会社が聞いてくるかもしれません。本当は結婚相手がまだ見つかっていない場合は、聞かれて困らないように、適切な答えを考えておきましょう。

会社を円満に退職する理由について、以下の記事ではより詳しくご紹介しています。ぜひ、併せてご覧ください。

退職理由ランキングと使える退職理由の例文|好感を持てる退職理由の伝え方も

退職理由は本音ではなく建前・嘘も必要 退職する際に本当のことを伝えるべきなのか、当たり障りのない理由を考えて伝えよう…

会社辞める理由ランキング|円満退社した建前の理由と辞めた本当の理由

社員でも準社員でもアルバイトもパートでも、目指すは円満退職 何らかの理由があり、仕事を辞めたいと思ったことはありませ…

会社を辞めると勇気ある決断をした後の流れ・ステップや手続き

どうしても会社の現状に我慢できず悩んだ末に、よし!会社を辞めようと勇気を振り絞って決めたなら、退職するまで、そして退職後の環境や生活に困ることがないようしっかり準備を始めましょう。そのステップを順序立ててご紹介します。

1.無収入でも生活できるよう、3ヶ月分の生活費を貯金する

まずは退職した後の生活について考えてみてください。2ヶ月後に退職するとして、退職した翌月からすぐに転職できれば問題ありませんが、自分が望む仕事にすぐに就けるかどうかは分かりません。何か月も収入がなく、仕事が見つからずでは、「仕事を辞めなければよかった…」と後悔することになりかねません。

退職後に一旦無収入になっても、何とか生活していけるぐらいの貯金、3ヶ月分の生活費を確保しておきましょう。お金が無い生活は想像以上にみじめで、心がすさんできます。転職活動を快活に進めるためにも、最低限のお金は貯金しておいてください。

貯蓄が完了したら、失業給付金手当の申請準備です。

失業給付金とは「再就職する気はある」「でも、もし再就職先がなかなか見つからなかったら」「再就職先でお給料がもらえるまでどうしたら」という時に使える方法です。

失業給付金(失業保険)について詳しくは以下の記事でチェックしてください。

知らないと損する失業保険を満額もらうための全知識

「失業保険って何?」 「どうやったらもらえるの?」 「どれくらいもらえるの?」 失業保険に対して、もらうための手続き…

この失業給付金は自己退職をしたらすぐに申請する事が可能になります。ただし自己退職の場合は申請がおりるまでに約3ヶ月の期間があるのでその間の生活費は確保しておいて欲しいのです。

そしてこの失業給付金をもらう為の条件、申請可能になる条件を以下でご紹介いたします。

失業給付金を申請できる条件

  • その3ヶ月の間はハローワークの転職講座に出席すること
  • 転職活動に専念すること
  • 雇用保険被保険者であり、退職した日からさかのぼって2年の間で1年以上の勤務期間があること
  • 再就職する気はあり、能力もあるが出来ない場合

以上がもらえる条件、申請可能な条件です。もし会社都合などで失業した場合はこの3ヶ月は免除される可能性もあります。

また、破産などの会社都合の退職、病気や妊娠出産、セクハラなどが原因の退職の場合は退職日からさかのぼった1年に半年以上勤務経験があれば申請は可能です。

次は失業給付金の申請場所・必要書類と方法です。

失業給付金の申請方法・申請場所・必要書類など

  • 申請場所 ハローワーク
  • 申請方法 ハローワークで求職の申し込みと失業給付金(手当)保険の受給申請を行う

申請場所と方法は上の通りです。次は以下で必要書類と必要なものをご説明いたします。

手続きの方法、手順については以下の記事で詳しく説明しています。

失業保険の延長できる条件や手続きに関する全知識|失業保険の延長の基礎知識も

失業保険の正式名称は「雇用保険」 失業保険とは、正式名称を雇用保険といい、労働者が何らかの理由で離職をした場合、次の就職…

  • 必要書類1 雇用保険非保険者離職票
  • 必要書類2 本人確認、住所、年齢を確認できる官公署の発行した写真付きのもの(運転免許証、マイナンバー写真付きなど)

  • 必要なもの1  印鑑
  • 必要なもの2  本人名義の普通預金通帳・写真(縦3,横2.5cmの正面上半身、そして3ヶ月以内に撮影したもの)2枚

手続きの必要書類と失業給付金の受け取り方について詳しくは以下の記事をご覧ください。

失業保険の必要書類まとめ|ハローワークでの失業保険のもらい方

ハローワークでの失業保険のもらい方 様々な理由で仕事を退職しなければならない時ってあると思います。中には、「次が決ま…

失業給付金はいつまでもらえる?いくらもらえる?

そして気になるのが失業給付金はいつまでもらえるのか、またいくらもらえるのかです。

  • 金額は直近6ヶ月の収入によって変わる
  • 勤続年数、年齢、退職理由によっても変わる

となっています。退職理由は「会社都合」か「自己都合」かで大きく条件や金額が変わってきますので、以下の2記事で確かめてください。

会社都合でもらえる失業保険についての全知識|給付金額や期間を徹底解説

失業保険の受給待遇を会社都合退職と自己都合退職で比較 失業保険の受給申請をする場合、退職理由を申請する必要があり…

知らないと損する自己都合退職で失業保険を賢く受給するための全知識

失業保険を自己都合退職で賢く受給する基礎知識 万が一、失業してしまった場合に役立つのが失業保険。しかし、この失業保険…

更に、失業給付金をいつまでもらえるのか、いくらもらえるのかを計算できるツールを以下にご紹介いたします。

失業給付金の給付額・期間を計算

基本的には失業給付金の給付額は退職前6ヶ月の給与の50~80%になります。期間もその人の事情によって変わりますのでぜひ自分はどうなるのか、チェックしてみてください。

この申請が下りれば焦らずに再就職に専念する事が出来ます。ぜひ利用を検討してください。

失業給付金の計算は複雑でわかりにくいですが、以下の記事でわかりやすく解説していますので、是非ご覧ください。

失業保険の計算がよく分かるまとめ|基本手当日額の給付額算出方法も

失業保険の計算は、年齢、勤続年数、退職理由、直近6カ月間の給与総額より決まる 退職後に受け取る失業保険の総額は、1日…

2.退職する時期を見極める・だいたい目安を決める

退職する時期や目安を決めましょう。会社が忙しい時期など会社に迷惑をかける時期は避けること、そして自分がボーナスを受け取らずに辞めて損をしないようにするなど、この時期なら会社にとっても、自分にとっても最適な日程、という日を選んで決めるようにしましょう。

3.退職予定日の約2ヶ月前から徐々に準備をし、転職先を探しはじめる

退職後にすぐに転職先へ勤めることができれば、それが一番ベストです。退職日を決めたら、退職予定日のおよそ2ヶ月前から少しずつ転職探しを始めましょう。仕事を辞める前に転職探しをすることで、退職後の収入に関する不安が解消する上、自分が活躍できそうな他の会社の存在を事前に知ることができ、自信にも繋がります。

以下の記事にでは、あなたに向いている仕事の見つけ方ややりがいのある仕事の見つけ方について詳しくご紹介しています。ぜひ、転職先を探し始める際の参考にしてください。

やりがいのある仕事を見つけるポイント|仕事満足ランキングも

「やりがいのある仕事」が持つ、言葉の意味とは また、「この仕事がしたい!」とやってみたものの「やりがいのある仕事では…

自分に合う仕事を見つける3つのポイント|向いている仕事かわからない時の対処法

自分に合う仕事・職業を探す、3つのポイント 自分にどんな仕事がピッタリと合うのか、どれだけの人がしっかりと自覚してい…

4.上司に辞めたい旨を伝える

退職日を決め転職活動を始めて、退職後のおおよその生活設計を立てることができれば、上司に辞めたい旨を伝えましょう。しっかり自分の準備が整った上で上司に伝えることで、自分自身の心に余裕が生まれ、上司や会社側との交渉も円滑に進みやすくなります。円満退職できるように、理由づけやタイミングなどをしっかり精査しましょう。

5.引き継ぎ資料まとめや有給休暇消化を計画

上司や会社に退職の了解が得られたら、自分がしていた仕事の引き継ぎを始めます。退職した後に会社側に迷惑をかけないために、大切な仕事です。誰が見てもすぐに分かる資料作りやメモなど詳細に作成して残しておきましょう。

また有給休暇が残っている場合は、なるべく消化してから退職することをおすすめします。有給休暇は仕事をする人にとっての当然の権利です。業務に支障が出ない程度で有給休暇を消化し、転職活動に時間を使いましょう。

6.退職願いを提出する

最後に退職願いを提出しますが、その前に必ず就業規則を確認してください。会社によって退職規定は違います。「〇ヶ月前に退職を申し出ること」などの文言が記載されていますので、規定に則した方法で退職願いを作成しましょう。

退職願いを書く時に守っておきたいポイントは3つ。

  • 白の便箋を用意。(B5かA4で罫線ありもOK)
  • 黒のボールペンか万年筆を使う。(摩擦で消えるタイプのペンはNG)
  • できれば手書き、縦書きで書く。

また退職願いに記載する退職理由については「一身上の都合」と書くのが当たり障りがなく、どの理由も全て網羅されるのでよく使われます。

会社を辞める時の言い方と気を付ける事

会社を辞めることを伝える時には、言い方や伝え方に気をつける必要があります。言葉の使い方次第で、会社側が受け取る印象が全く違ってきます。円満に退職の日を迎えらるよう細心の注意を払いましょう。

事が穏便に進むようにオブラートに包んで伝える

退職の意向を伝える時は、まず会社には申し訳ないという気持ちを言葉のトーンや表情で表しましょう。退職をしたいという気持ちは、はっきり伝える必要がありますが、事が穏便に進むようにオブラートに包んで伝えるのも効果的です。強い口調で言われると、反感をかうことになります。最後の仕事だと思い、低姿勢かつ丁寧に対応しましょう。

説得されるパターンへの無難な返答を考えておく

会社にとって有能だと思われていた場合、辞めずに残ってほしいと説得される可能性があります。「転職しなくても、この会社で君の実力は発揮できるはずだ。」「やりたいことには相談に乗るから退職は考え直してくれないか。」と引き留めるために手を変え品を変え説得してくるかもしれません。

絶対に退職をしたいと思うなら、その時にひるんで流されてしまわないよう、しっかりと返す言葉を考えておきましょう。「そのように思っていただいて本当に有り難く感謝しています。」と前置きした上で、家の事情や勉強の時間が欲しいなど会社が反対できない理由を話して、納得してもらうことが大切です。

もし、あなたの会社が「ブラック企業」である場合、辞めさせてくれなかったり、最悪の場合は損害賠償を求めてきたりといった事態になってしまう場合も考えられます。

もし、ブラック企業で働いていると自覚しており、ブラック企業を辞めたいということであれば以下の記事をご覧になってください。

ブラック企業辞めたい人が取るべき5つの行動|転職を視野に入れておこう

新卒での就職先・転職先がブラックだったら 概要でご紹介したように、厚生労働省がブラックリストとして公開しているブラッ…

ブラック企業の特徴と見分け方完全マニュアル|転職のプロが徹底解説

「就職や転職をする際はブラック企業を避けたい」 ブラック企業やホワイト企業といった言葉はよく使われるようになりましたが、…

会社を辞める前から転職活動は始めておく

先にも述べたように退職後の生活を安定させるためにも転職活動は、在職中から進めておくことが大切です。ところが会社を辞める前は引き継ぎ資料の作成や、挨拶回りなど普段の業務とは別の事に時間が取られます。

時間がタイトな中で、自分で会社を探したり、コンタクトを取るのは至難の業。そんな時におすすめなのが転職エージェントです。転職エージェントは選りすぐられた企業を数多くラインナップしていて、求職者の適性や希望を考慮した上で最適な会社を提供してくれます。会社側との連絡も全て代行してくれるので、退職前の忙しい時期にはとても助かります。

登録料も無料で、お金がかからない点も嬉しいポイントです。退職しようと決めたら、早速転職エージェントに登録して、転職活動を始めましょう。

より詳しく転職エージェントについて知りたい方は下記記事にて転職エージェントに関する全ての情報をお伝えしております。

気になる方はチェックしてみてください。

転職エージェントとは|全てを理解し正しく使うための全情報

「転職エージェントって何?」 「転職エージェントの仕組みが知りたい」 「転職エージェントってどうやって選べば良いの?」 …

おすすめの転職エージェント

転職エージェントによってはキャリアコンサルタントの対応が雑だったり、求人数に差があったりします。

そのため、本当におすすめの転職エージェントを利用しないとあなたの貴重な時間が割かれてしまう可能性があります。

当サイトでは下記記事にて1000人以上の転職エージェント利用者の体験談を基に本当におすすめの転職エージェントを紹介しています。

気になる方はチェックしてみてください。

転職初心者の方におすすめしたい転職エージェントは「リクルートエージェント」と「DODA」、「パソナキャリア」の3つです。

複数登録することで、それぞれの転職エージェントの弱みを補いあうことができるので、転職エージェントを利用する際は複数登録することをおすすめ致します。

詳しくは下記記事にて解説しておりますので、ぜひご参考ください。

複数の転職エージェントを掛け持ちで利用すべき?理由付きで徹底解説

「転職エージェントを複数利用したほうが良い」 このような意見をよく聞くことがあります。 結論から言いますとこの知識…

リクルートエージェント

「リクルートエージェント」は、業績や求人数など他の転職エージェントと比較して圧倒的な実績を誇る転職エージェントです。

転職エージェントを利用する際はリクルートエージェントを利用しない手はないでしょう。

リクルートエージェントは転職をする全ての人におすすめの転職エージェントです。

DODA

「DODA」は業績、求人数共に業界第2位という大手転職エージェントで、登録者のペースに合わせて転職活動をしてくれますし、転職初心者にも優しいキャリアコンサルタントが在籍しています。

求人数も多く、求人の質も良いので全ての人におすすめの転職エージェントです。

パソナキャリア

また「パソナキャリア」もキャリアコンサルタントの質が高いと業界で有名な転職エージェントです。

業績は業界で第4位、求人数はリクルートエージェントやDODAに比べると少ないのですが、求人の質も良く、何と言ってもキャリアコンサルタントの質は業界でもずば抜けて高く、とにかく登録者の気持ちを優先して対応してくれますし、転職初心者にも優しくキメの細かいサポートが特徴です。

会社を辞める時は、円満退職を心がけよう

立つ鳥跡を濁さずということわざがあるように、その場を立ち去る時には穏やかに、円満に済むのが一番です。退職はそうするに至った理由が何であれ、自己都合であることには違いありません。

会社になるべく迷惑をかけないような配慮や準備をして、退職を温かく受け入れてもらえるような言葉選びや理由づけをすることが大切です。円満退職となれば、新しい仕事をきっと気持ちよくスタートできるはずです。

※記事の内容は、執筆時点での最新の情報となり、サービス内容・利用料金等を保証するものではありません。この記事の情報を基に行動する利用者の判断について、当社は一切の責任を負いかねます。サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、しかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。