会社を辞めるときの準備・退職方法と注意点

 

 

会社を辞めたいと思ったことはありませんか?会社を辞めたいと思う理由は人によってまちまちですし、お金の問題もあれば人間関係が嫌になった、というケースもあります。そこで、ここでは会社を辞めたいと思った理由をまとめてみました。また、会社を辞めるときの準備や、退職方法、注意点などについてもお伝えします。

 

会社を辞めたいと思う理由

給与が少ない、という理由で会社を辞めたいと考える方は少なくありません。また、職場の人間関係が嫌になった、仕事内容が自分に合わないといった理由で退職を考える方も多いです。詳しく見てみましょう。

  • お金の問題
  • 職場の人間関係
  • 自分に合わない仕事内容
  • 長い労働時間や勤務条件
  • 社風と合わない

お金の問題

貰っている給料が少なすぎるとなると、生活に関わってきます。満足いく生活ができない、生活水準を維持できないとなると、会社を辞めようと考えてしまいます。

また、給料が下がった、ボーナスがカットされたという理由も多いですね。 残業をすれば手当てがつくのが普通ですが、手当てがつかないとなると、これも不満につながります。十分な残業手当が出ないどころか、いつもサービス残業となると、会社を辞めたいと思うのはある意味当然でしょう。

職場の人間関係

人間関係が良くない環境で働くのは、精神的にもツライです。ストレスになりますし、これも会社を辞めたいと思う代表的な理由といえるでしょう。どうしても気が合わない同僚がいる、衝突してばかりの上司がいる、といった具合です。 組織の中で働く以上、周りに合わせるということも大切です。

しかし、人間関係が悪くなってくると、周りに合わせるのも嫌になってきますし、常に居心地の悪さを感じることもあります。

自分に合わない仕事内容

入社する前に聞いていた仕事内容と違う、というケースだと、辞めたいと考えるようになります。また、当初自分が思っていた仕事と違う、実際にやってみると、まったくやりがいを感じられなかった、ということもあるでしょう。

仕事は毎日のことなので、仕事内容が自分に合わないとなると、ストレスになってしまいます。人と会話するのが苦手なのに、毎日外回りの営業ばかり担当させられてしまうと、心身共にしんどくなってしまうでしょう。

長い労働時間や勤務条件

労働時間が長いとなると、自宅に帰る時間も遅くなってしまいます。自宅と職場の往復になってしまい、プライベートに割く時間がまったくなくなってしまう、ということもあるでしょう。

会社への拘束時間が長すぎるのもツライですが、勤務条件が合わないのもしんどいです。シフト制だったり、夜勤があるようなケースですね。シフト制や夜勤がある職場だと、ライフスタイルも変わってしまいます。

社風と合わない

社風は会社によって大きく異なります。社員は家族、といった温かい社風を打ち出している会社だったとしても、それをうざったく感じる人もいるでしょう。社風に合わないと、辞めたいと思ってしまいます。

社風を変えることは難しいですし、自分が我慢するか職場を去るしかありません。我慢できるのなら問題ありませんが、どうしても合わないとなると、転職を考え始めてしまいます。

 

会社を辞めるかどうかを考える方法

会社を辞めるかどうか、自問自答を繰り返してしまうケースも少なくないでしょう。なかなか自分の中で答えを出せないまま、ズルズルと会社に残り続けてしまうということもあります。ここでは、会社を辞めるかどうかを考える以下3つの方法をピックアップしてみました。

  • まずはノートに自分の気持ちを書き出す
  • 会社以外の友人や家族に相談する
  • 信頼できる上司や先輩に気持ちを打ち明ける

それぞれ見ていきましょう。

まずはノートに自分の気持ちを書き出す

頭の中で考えていても、なかなか考えがまとまらず、余計に混乱してしまいます。そこで、自分の考えや思いをノートに書きだすことをおすすめします。

こうすることで、自分の思いを客観的に見ることが可能になるのです。 どうして会社を辞めたいと思っているのか、心当たりがあることを、すべてピックアップしてください。

ちょっとしたことでもいいので、すべて書き出しましょう。その中から、どうしても譲れない部分をさらに絞りだしてください。

会社以外の友人や家族に相談する

会社を辞めたい、という気持ちを同じ会社の人間に相談するのはおすすめできません。相談した相手も、同じように会社に何かしらの不満を持っていれば話は変わってきますが、そうでない場合は引き止められます。

辞めないように説得してくるかもしれませんし、もしかすると上司の耳に入ってしまうかもしれません。「退社するらしい」という噂が一人歩きしてしまう恐れもあるので、会社以外の友人、家族に相談しましょう。

信頼できる上司や先輩に気持ちを打ち明ける

職場に信頼できる上司、先輩がいるのなら、その人たちに相談するのもアリです。もっとも身近であなたのことを見てくれている人たちなので、適切なアドバイスをもらえるかもしれません。

漠然と辞めたい、と相談しても引き止められるだけなので、どうして辞めたいのかを伝えることです。辞めたいと思っている理由をきちんと伝えることで、何かしらの助言を貰える可能性があります。

 

会社を辞めると決めたらすべきこと【考え方編】

会社を辞めると決心したものの、まだ考えがぐらついている、ということもあります。そこで、ここでは会社を辞めると決めたときの考え方についてまとめてみました。辞めると決心したのなら、このように考えるようにしてください。

会社を辞めても人生は何とでもなる

会社を辞める、ということを人生の一大事のように考えてしまう方もいます。しかし、会社を辞めても人生は何とでもなります。仕事はあくまで生活費を稼ぐための手段であり、会社は生活費を稼ぐための場所です。 会社を辞めたところで、それがあなたの人生を大きく左右することはありません。

逆に、もっと自分に合った職場が見つかり、今まで以上に幸福度の高い人生を送れる可能性もあるのです。

現職を辞めた自分の穴は意外と埋まる

会社を辞めてしまうと、仕事が回らなくなってしまうのでは、という余計な心配をしてしまう方もいます。しかし、そのような心配はいっさい無用です。人が一人辞めたくらいで回らなくなる職場は、逆に問題でしょう。 そのような心配せずとも、意外にすんなり回り始めるものです。

後任の社員が後を引き継ぎますし、まったく問題ありません。そのため、罪の意識に苛まれることもありませんし、心配することもないのです。

次の会社には大きなチャンスや新たな仲間と出会える

次の会社では、大きなチャンスがあなたを待っている可能性があります。今以上にステップアップ、キャリアアップできる可能性もあるでしょう。

不満を抱えている職場にいつまでも固執していると、チャンスを逃してしまいます。 会社の仲間たちと離れるのは寂しい、と思ってしまうかもしれませんが、新たな職場では新しい仲間も待っています。より素晴らしい、レベルの高い仲間と出会える可能性もありますし、長く付き合える友も見つかるかもしれません。

 

会社を辞めると決めたらすべきこと【準備編】

辞めると決めたなら、本業に影響を出さない程度に転職活動を始めましょう。辞めてから転職活動を始めるようでは遅いです。また、採用決まったら、会社に退職するという意思をしっかり伝える必要があります。

本業に影響が出ないように転職活動を始める

会社を辞めてから転職活動をしようとする方もいます。しかし、これはあまりおすすめできません。退職したあと、すんなり次の職場が見つかればいいのですが、その保証はないのです。なかなか転職できない、ということにもなりかねません。

新たな職場が見つからないとなると、収入源を断たれてしまいます。生活できなくなる恐れもあるので、本業に影響を出さない程度に、転職活動をしてください。休憩時間などに、ネットを使って転職先を探しましょう。

採用が決まったら会社へ退職の意思を伝える

退職の意思は、直属の上司に伝えましょう。きちんと伝えないと、会社側も困ってしまいます。引継ぎのことなどもあるので、採用が決まったらまずは直属の上司に、退職するという意思を伝えてください。

 

会社を辞めると決めたらすべきこと【退職編】

ここからは、会社を辞めると決めたときの、具体的な退職の方法についてお伝えします。繁忙期を避けて退職する、相談するような感じで退職の意思を伝える、退職願を提出する、といったことですね。詳しく見てみましょう。

会社の繁忙期を避けた退職時期を設定する

どの業界にも、繁忙期と呼ばれる時期があります。引っ越し業界だと、3~4月にかけては繁忙期となり、大変忙しくなってしまいます。この時期に退職してしまうと、人員が足りなくなり、会社が大変なので、繁忙期を避けた退職時期を設定しましょう。

自分の勤めている会社なら、繁忙期がいつなのかは把握しているはずです。わざわざ繁忙期に退職しようとしてしまうと、余計な遺恨を残しかねません。円満に退社するためにも、繁忙期を避けた時期に退職するのが基本です。

退職する1~3ヶ月前に上司にアポを取る

1週間前、3日前に辞めると伝えて退職するのは、社会人として非常識です。これだと、引継ぎもきちんとできないでしょうし、会社は困ってしまいますよね。お世話になった上司、一緒に働いてきた同僚をも困らせてしまいます。 退職する1~3ヵ月前に上司にアポをとり、退職の意思を伝えるのが基本です。

あまり早すぎても、職場にいづらくなってしまうかもしれないので、1ヵ月前くらいがもっとも妥当なタイミングといえるでしょう。

相談するような表現で退職意思を伝える

きっぱりと本音で退職理由を伝えてしまうと、円満退社とならない可能性があります。そのため、上司に退職の意思を伝えるときには、相談するような表現で伝えましょう。

相談するようなトーン、ニュアンスで伝えますが、しっかりと退職の意思は伝えることです。曖昧になってしまうと、上司も間違った受け止め方をしてしまうかもしれません。退職の意思が固いことは伝えるべきです。

退職願を提出する

退職願は、直属の上司に提出します。退職願には、一身上の都合により退職するという文言を入れます。ただ、退職願というのは、会社に対して退職を願い出るためのものなので、却下されてしまう可能性があることは覚えておきましょう。

つまり、退職願を提出したとしても、上司が受理してくれないということもあり得るのです。そのため、本気で辞めたいのなら、退職願ではなく退職届を提出するべきです。退職届は、会社に退職の可否を問わず、退職することを会社側に通告する書類となります。

引継ぎを行う

もう辞めるからどうでもいい、というのは社会人としてやや問題があります。今までお世話になってきた会社ですし、自分が辞めた後のことも考えてあげなくてはなりません。

特に、自分の後任となる人が困らないよう、きちんと引継ぎをしてあげる必要があります。後任の人が困らないよう、きちんと引継ぎをしましょう。わかりやすいよう、ファイルにまとめたり、困ったとき用のメモを残してあげると好印象です。

 

会社を辞めるときに気を付けること

会社を辞めるときには、いくつか気を付けるべきことがあります。競合他社への転職は禁止、極力ケンカ別れはしない、前職の悪評は立てない、といったことですね。どういうことなのか、詳しく見てみましょう。

競合他社への転職は禁止

競合他社へ転職されてしまうと、会社としては大きなダメージとなってしまいます。そのため、基本的に多くの企業では、就業規則に競合他社への転職を禁止する一文を入れているのです。

ただ、実際には競合他社に転職するというのはよくあることです。スキルや経験を活かせるのは、やはり同じ業界なので、こうしたことはよくあります。一応就業規則にそう書いてあるので、会社には伝えないという認識で良いでしょう。

極力ケンカ別れはしないこと

会社に不満がたくさんあるのなら、ケンカ別れになってしまうこともあります。もう辞めるから、と上司に対してケンカ腰で啖呵を切ったり、横柄な態度をとってしまうということも考えられますね。 しかし、これはおすすめできません。

これから先、前職の会社や、上司とまったく関わらないという保証はないからです。もしかすると、転職先の会社と前職の会社が提携しており、関わることがある可能性もあります。

前職の悪評は立てないこと

お世話になってきた会社なので、悪評を立てるのは人として問題があります。会社からすると、恩を仇で返されたと感じるかもしれません。特に、転職活動中の面接では、前職のことを悪く言うのはやめましょう。

面接で前職のことを悪く言ってしまうと、良くない印象を持たれてしまいます。辞めるとき、また同じように会社の悪口を言われてしまうのでは、と思われ、不採用になってしまう恐れがあります。

 

どうしても円満退社が難しい場合の対処法

円満退社できるのが一番ですが、それが難しいこともあります。このようなときは、いったいどうすればいいのでしょうか。ここでは、円満退社が難しいときに、どうすればいいのかをまとめてみました。

強引な引き止めは毅然とした態度で接する

会社によっては、強引に引き止めてくるかもしれません。もしかすると、情に訴えかけてくるようなこともあるかもしれません。しかし、仮にそこで思いとどまったとしても、結局はまた辞めたくなるはずです。 根本的な不満を解決してもらわないと、辞めるという気持ちは変わらないでしょう。

そのため、たとえ強引な引き止めに遭ったとしても、毅然とした態度で接するようにしてください。退職の意思は変わらない、とはっきり伝えましょう。

自分の後任は育てること

スムーズに退社するためにも、日ごろから後任を育てるようにしましょう。部下がいるのなら、普段から仕事を教えておくのもいいですね。仕事をいつでも引継ぎできるようにしておくのが、ポイントです。

後任を育てるのはもちろんですが、スムーズな引継ぎができるように資料をまとめておくのもおすすめです。仕事をやる上で必要になること、困ったときのマニュアルなどを作っておいてあげるのも良いでしょう。

個人的な理由で退職意思を伝えること

退職するとなると、その理由を伝えることになるはずです。この、退職理由によってはスムーズに辞められない可能性があるので、注意が必要です。例えば、給与が安いという理由だと、給与をアップするから辞めないでと言われてしまう恐れがあります。

手を打たれてしまうと、辞めづらくなります。そうならないような、理由を考えておくべきでしょう。例えば、家族の介護をしないといけない、結婚することになった、体調がすぐれないなどが挙げられます。これらの理由なら、引き止めにくいでしょう。

意思表示から2週間で退職できる法律を活用

会社に退職の意思を伝えたものの、辞めさせてくれない、というトラブルは実際にあります。特に、ブラック企業と呼ばれるような会社だと、こうしたケースは珍しくありません。

民法627条では、期限の定めのない労働契約だった場合、2週間の予告期間を設ければいつでも退職できるとなっています。つまり、退職の自由は民法によって定められているのです。会社が辞めさせてくれない場合は、この法律を思い出してください。

退職代行サービスを活用する

会社に自分から言い出せない、辞めさせてくれない、出社せずに辞めたい、といった方のニーズに応えるサービスもあります。それが、退職代行サービスです。

文字通り、退職を代行してくれるサービスで、業者によっては即日対応してくれることもあります。直接上司と会話する必要もありませんし、辞めるまでのすべてのプロセスを代行してもらえます。

 

【転職する際は転職エージェントを使おう】

今転職活動には必須になっているサービスが転職エージェント。転職エージェントは求人の紹介から面接対策、円満退社のためのアドバイス、年収の交渉など転職にかかわるすべてを完全無料で提供してくれるサービス。

転職エージェントについては以下の記事で詳しくご紹介しています。

 

まとめ

会社を辞めたい理由は人によって異なりますが、できることなら円満に退社したいものですよね。次の職場でどう関わってくるかもわかりませんし、なるべく遺恨を残さずに辞めたいものです。

ここではそのためのヒントもいくつかご紹介しました。また、自分で退職を切り出す勇気がない、という方は、最後にご紹介した退職代行サービスも検討してみましょう。

※記事の内容は、執筆時点での最新の情報となり、サービス内容・利用料金等を保証するものではありません。この記事の情報を基に行動する利用者の判断について、当社は一切の責任を負いかねます。サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、しかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。