会社辞める理由ランキング|円満退社した建前の理由と辞めた本当の理由

人間関係や仕事内容、勤務条件など様々な理由から会社を辞めたいと思った時、どんな理由で会社に伝えれば良いのか迷っていませんか。本音で理由を伝えた場合、会社側にはあまり良い印象にならないため、退職させてもらえなかったり、辞める前に大きなトラブルになる可能性も。会社に納得してもらった上で円満退職するには理由選びが大切です。会社を辞める理由ランキングをチェックしながら最適の方法を見つけましょう。

社員でも準社員でもアルバイトもパートでも、目指すは円満退職

何らかの理由があり、仕事を辞めたいと思ったことはありませんか?体調を崩し仕事を続けられない場合は仕方ありませんが、ほとんどは仕事をしていくうちに不満な要素が1つ2つと出てくることによって、徐々に退職したい気持ちが大きくなります。

いざ仕事を辞めるにしても、会社側ともめて退職するのは何となく後味が悪いもの。正社員であれ、準社員であれ、アルバイトやパートであれ、辞める時は円満に気持ちよく事を進めるようにしましょう。そうすれば退職時のトラブルを引きずることなく、次のステップへ気持ちよく歩み出すことができます。

会社辞める理由は本音と建前が必要

会社を辞める時には理由を伝える必要がありますが、給与額が不満、仕事内容が気に入らない、人間関係がうまくいかない…など本当の理由を言うと、必ずと言っていいほどもめる原因になります。

円満退職を望むなら、本音は心の奥に隠して、建前上の理由を伝えるのがベストです。建前というと悪い意味の言葉に聞こえますが、退職理由に使う場合は辞める自分自身にとっても会社側にとっても、トラブルなく円満に退職へと話を進めるために使うので、問題はありません。

建前は、相手も自分も傷つけない大人の対応と認識してください。建前の理由を考えて、上手に円満退職へと導きましょう。

会社辞める理由ランキング本音編

会社を辞める理由はいろいろありますが、会社への不満や自己都合などの場合、本音で言い出せない場合があります。よくある本音ランキングをご紹介しましょう。自分の理由と比べながらチェックしてみてください。

会社辞める理由ランキング本音編5位「キャリアアップしたい」

転職して今の仕事よりキャリアアップしたいと言う気持ちがおこるのは、やりがいのある仕事ができていないからです。仕事をどんなに頑張っていてもポストは入社当時のまま…こんな会社では昇進への夢は望めません。

今のキャリアに満足できないと感じるのは上昇志向の表れで悪いことではありませんが、仕事内容に不満があると取られかねないので、会社にはストレートに伝えにくい本音と言えるでしょう。

会社辞める理由ランキング本音編4位「仕事内容にやりがいを感じない」

仕事に就いた頃は右も左分からず、ただひたすらに仕事を覚えることに没頭してきたはずです。仕事に慣れてくると余裕が出てくるので、本当にこの仕事がやりたかっのだろうか、と自答することがあるかもしれません。

仕事内容に納得して入社したつもりでも、いざやり始めると自分に向いていなかった、思っていた仕事内容と違った、又はやりたい事をさせてもらえない、などの理由で退職したい気持ちがつのってきます。

仕事にやりがいを感じることがなくなり、「仕事を辞めたい…」と悩んでいるのは辛いですよね。以下の記事では仕事にやりがいを感じられないときの対処法をまとめていますので、ぜひご覧になってください。

仕事のやりがいを感じない時の解決法|原因・理由なども

「仕事のやりがいは?」と聞かれると人それぞれ答えは違ってきます。 「自分の仕事が認められること」「人の役に立つ仕事ができ…

会社辞める理由ランキング本音編3位「給与が低い」

給与の額は、生活の安定をはかる上でも仕事に対するモチベーションをキープする上でも大切なポイントです。頑張って働いていても、それに見合った給与がもらえなければ、辞めたい気持ちがおこって当然です。

「給与が低いので辞めます!」と本音をストレートに伝えるのは、なかなか勇気がいることです。また会社の経営や運営を否定していることになるので、どんなに不満でも避けた方が無難です。

会社辞める理由ランキング本音編2位「労働環境や労働時間に問題」

ハードな残業や過酷なシフトにより過労死する人が増え、社会問題になっています。いわゆるブラック企業です。適切な労働環境や労働時間が守られておらず、ノルマ達成のために休日返上、昼夜を問わず働き続けていては、体も心も壊れてしまいます。

会社を辞める理由の本音2位に入っているというのも、それだけひどい労働条件で働いている人が多い証です。早めの対処が必要と言えるでしょう。

会社辞める理由ランキング本音編1位「人間関係」

上司や先輩からのパワハラ、お局的な女性グループからの嫌がらせ、中傷など職場では人間関係に悩む人がとても多いのが現状です。仕事がどんなにハードでも、共に仕事をする人たちとの関係が良好であれば、これからも頑張ろう!と思えるものです。

人間関係のもつれが続くと、心が疲れ果てて仕事をする気力が無くなります。ひどくなるとうつ病になる場合もあるので我慢しすぎるのは禁物です。

早くこの場から逃れたいという気持ちが日増しに強くなり、退職を考えるようになりますが、会社に人間関係が退職理由であると本音を伝えても、100%理解してもらえる保証はありません。逆に自分のことを悪く言われる可能性もあるので、避けた方が良いでしょう。

職場の人間関係問題は辛いですよね。筆者もパワハラ上司からの嫌がらせでストレスになり、転職を経験しています。職場での嫌がらせやパワハラ上司、人間関係に悩んでいて会社を辞めたいのでしたら、以下の記事を読んでみてください。きっと、パワハラ上司や嫌がらせ、職場の人間関係のことは忘れて前向きな気持ちになれるはずです。

職場で嫌がらせを受けた時の具体的な対策5つ|適切な相談窓口や加害者の特徴も

職場で嫌がらせを受けたら 職場に恵まれている人からするとあり得ないと感じることでもある「嫌がらせ」。もしかしたら自分…

職場の人間関係を良くする方法5つ|人間関係に疲れた時の対処法も

職場の人間関係に疲れ、最悪退職する人も 仕事がハードで疲れがたまったとしても、休日にゆっくり休むことができれば、疲れ…

パワハラ上司から身を守るパワハラ対策や仕返し|パワハラ上司の特徴や心理も

パワハラ上司の特徴3つ パワハラとはパワーハラスメントの略称。詳しく解説すると、職場の上司などが自分より立場の低い部…

会社辞める理由ランキング建前・嘘編

本音の理由が言えない場合は、建前、つまり嘘の理由を作って伝えることになります。嘘も方便と言いますが、円満退社で事を進めるためには建前や嘘の理由を伝えることは、1つの方法としてとらえるべきです。建前としてよく使われる理由をご紹介します。

会社辞める理由ランキング建前・嘘編5位「体調不良」

本音で理由を会社に伝えられない場合は、建前や実際とは違う嘘を伝えることになります。よく使われるのが体調不良。体に関わることなので、会社側も無理に引き留めることはできません。診断書を出すように言われることもあるので、その点は注意が必要です。

会社辞める理由ランキング建前・嘘編4位「田舎へ帰ります」

田舎へ帰ります、実家へ帰ることになりました、という理由は物理的に会社へ通勤が不可能となるので、会社も納得せざるを得ません。ただし、実際は会社に通える場所に住んでいてバッタリ誰かに会う可能性もあるので、リスクがあるという事を覚えておいてください。

会社辞める理由ランキング建前・嘘編3位「留学など挑戦したいことができた」

留学など挑戦したいことができた、という理由はとても前向きで、会社も反対する理由が見つからないはずです。仕事や会社が嫌だから辞めるのではない、という印象を与えるので会社側も好意的にとらえてくれます。トラブルなく気持ちよく退職するために、良い意味での「はったり」も必要です。

会社辞める理由ランキング建前・嘘編2位「家庭の事情・親の病気」

親の介護や病気など、家庭の事情は会社を辞める理由として使いやすく、会社が気分を悪くしたり、反対することはほぼあり得ません。家庭の事情で仕事ができなくなることは、誰にでもあることです。「その理由なら仕方ない。」と認めてもらえて、逆に「これから大変だけど頑張ってね。」と労いの言葉をもらえるかもしれません。

会社辞める理由ランキング建前・嘘編1位「転職などのキャリアアップ・キャリアチェンジ」

建前と言っても本心に近いのが「違った仕事にチャレンジしたい!」「転職してキャリアアップしたい!」という退職理由。本当の理由が別にあるとしても、転職をしたいと伝えるので、全くの嘘ではありません。

現在の会社の業務には無い仕事に興味を持った、転職してチャレンジしたいと伝えれば、会社としては引き留めたくても、どうすることもできないので納得してくれるでしょう。

会社辞める理由以外に大切なタイミングと言い方・伝え方

退職を上司に伝えるタイミングは、いつでもいいというわけではありません。会社の都合、状況を把握した上で、適切なタイミングと上手な伝え方をすることで思い通りの退職が望めます。

退職希望日の1ヶ月前か2ヶ月前には上司に相談する

退職する意思を固めたら、退職希望日の1ヶ月前か2ヶ月前には上司に相談する必要があります。辞めると決めたから、来週退職させてください!というのはあまりに早急で会社に迷惑がかかり、トラブルの元になります。

ところが民法の第627条では退職の申し出から2週間を過ぎれば雇用を解約できるとされています。

(期間の定めのない雇用の解約の申入れ)
第六二七条 当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

しかし、これは雇用の期間を記した定めがなかった場合のことで、実際にはそれぞれの会社で就業規則が設けられているので、就業規則に則した判断となります。現実問題として、急に会社を退職したいと伝えて実際にすぐに辞めてしまうことは、会社に大きなダメージと迷惑をかけることになるので、円満退職は望めません。

仕事の繁忙期は避ける

仕事の繁忙期は、猫の手も借りたいほどの忙しさです。その大変さは自分自身が一番よくわかっているはずです。そんな時期に退職したいと伝えることは、大人としての対応とは言えません。

上司に納得して退職を認めてもらえるようにするためにも繁忙期は避けて、じっくり話を聞いてもらえるタイミングを見計らってから相談するようにしましょう。

会社を辞めるなら転職活動は早めに

会社を辞めたいと思った瞬間に、一刻も早く辞めたいがために焦る気持ちもわかりますが、在職中から退職後の転職先について着々と準備をしておく必要があります。仕事をしながらでも転職活動は十分可能です。少しでも早く転職先を調べたり相談することで、先行きの不安がぐんと楽になります。

転職を考える人がよく利用する人気のサイトが転職エージェントです。登録すれば完全無料で転職の相談が受けられ、希望の会社が見つかれば面接までの細かな手続きを全て転職エージェントが代行してくれるので、今の仕事を続けながらの転職活動がとてもやりやすいのが特徴です。ぜひ一度チェックしてみてください。

より詳しく転職エージェントについて知りたい方は下記記事にて転職エージェントに関する全ての情報をお伝えしております。

気になる方はチェックしてみてください。

転職エージェントとは|全てを理解し正しく使うための全情報

「転職エージェントって何?」 「転職エージェントの仕組みが知りたい」 「転職エージェントってどうやって選べば良いの?」 …

おすすめの転職エージェント

転職エージェントによってはキャリアコンサルタントの対応が雑だったり、求人数に差があったりします。

そのため、本当におすすめの転職エージェントを利用しないとあなたの貴重な時間が割かれてしまう可能性があります。

当サイトでは下記記事にて1000人以上の転職エージェント利用者の体験談を基に本当におすすめの転職エージェントを紹介しています。

気になる方はチェックしてみてください。

転職初心者の方におすすめしたい転職エージェントは「リクルートエージェント」と「DODA」、「パソナキャリア」の3つです。

複数登録することで、それぞれの転職エージェントの弱みを補いあうことができるので、転職エージェントを利用する際は複数登録することをおすすめ致します。

詳しくは下記記事にて解説しておりますので、ぜひご参考ください。

複数の転職エージェントを掛け持ちで利用すべき?理由付きで徹底解説

「転職エージェントを複数利用したほうが良い」 このような意見をよく聞くことがあります。 結論から言いますとこの知識…

「リクルートエージェント」は、業績や求人数など他の転職エージェントと比較して圧倒的な実績を誇る転職エージェントです。

転職エージェントを利用する際はリクルートエージェントを利用しない手はないでしょう。

リクルートエージェントは転職をする全ての人におすすめの転職エージェントです。

「DODA」は業績、求人数共に業界第2位という大手転職エージェントで、登録者のペースに合わせて転職活動をしてくれますし、転職初心者にも優しいキャリアコンサルタントが在籍しています。

求人数も多く、求人の質も良いので全ての人におすすめの転職エージェントです。

また「パソナキャリア」もキャリアコンサルタントの質が高いと業界で有名な転職エージェントです。

業績は業界で第4位、求人数はリクルートエージェントやDODAに比べると少ないのですが、求人の質も良く、何と言ってもキャリアコンサルタントの質は業界でもずば抜けて高く、とにかく登録者の気持ちを優先して対応してくれますし、転職初心者にも優しくキメの細かいサポートが特徴です。

会社辞める理由は「一身上の都合」が一番無難

会社を辞める理由について、建前と本音の両面からご紹介しましたが、最も無難なのがよく使われる「一身上の都合」です。体調不良、キャリアアップ、家庭の事情など、どの理由も当てはまる広範囲の意味を含む理由だからです。その上会社側にも失礼に当たらず、円満に退職できる妥当な言葉と言えるでしょう。

次の仕事に気持ちよく就業するためにもトラブルなく退職するのが一番です。転職活動をしながら、円満退職を目指して準備を進めていきましょう。

※記事の内容は、執筆時点での最新の情報となり、サービス内容・利用料金等を保証するものではありません。この記事の情報を基に行動する利用者の判断について、当社は一切の責任を負いかねます。サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、しかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。