▼当サイトで申込みが多い転職エージェントはこちら!(複数のエージェントに登録することで年収アップに直結する非公開求人を見つけやすくなります!)

【1位】リクルートエージェント絶対に使うべき、国内最大手のNo1転職エージェント!公開求人・非公開求人含め20万件以上というダントツ業界トップの求人数
【2位】DODA利用者満足度はなんと驚異の90%!キャリアアドバイザーが優しく丁寧にサポートしてくれることから転職初心者には最適
【3位】JACリクルートメント転職エージェントオリコンランキングで毎年総合第1位という非常に高い評価を受けている転職エージェント。

▼【登録無料】転職活動で役立つ!あなたの気づいていない強みを発見できるリクナビネクスト グッドポイント診断に登録しましょう!

3分で完了!グッドポイント診断はこちら!

契約社員と正社員で違う雇用契約形態や条件、働き方を徹底比較

「契約社員と正社員の違いってよくわからない…」このように契約社員と正社員の違いってよく分からない方も多いでしょう。しかし、両者の違いははっきりしており、また、契約社員は新たな制度が始まり、働き方は変わってくるのです。この記事では、契約社員と正社員、との雇用条件や働き方の違い、契約社員、正社員のメリット、デメリットなど、契約社員と正社員の違いを丁寧に、詳しく解説していきます。

契約社員とは

同じ会社にもかかわらずその雇用形態はさまざまです。「正社員」「契約社員」「派遣」「アルバイト」などがありますが、同じ場所で似たような仕事をしているのに何が違うのでしょか。この記事では、近いようで立場の違う「正社員」と「契約社員」の違いについてご紹介します。

契約社員と正社員の違い

正社員と契約社員は違います。転職などを考える場合は、まずこの違いを知っておいたほうがよいでしょう。「同じ社員でしょ?」「契約社員だって数年たてば正社員になれるんでしょ?」その考えは甘いかもしれません。

雇用期間

まず、正社員との雇用期間の違いについてご説明します。

【正社員】

雇用期間に期間の定めはなく、問題がなければ定年まで働き続けることができます。努力次第では昇給、昇進もあり、頑張った分だけ跳ね返りが多いのも特徴です。

また、退職金や賞与などがあり、給料は他の雇用形態と比べて断然多くなります。違いは給料面だけではありません。賃金の他に福利厚生も手厚く保証されており、恩恵を受けやすいです。転職をする際にも、他の雇用形態よりも高評価を受けやすいのも魅力です。

【契約社員】

一般的に、雇用期間に定めのある社員のことをいいます。基本的には1年など何度ごとに更新されることが多く、期間終了時に再契約がなければ、他の企業へ転職しなければなりません。福利厚生は正社員と同じように与えられる場合がほとんどですが、昇進や昇給の見込みは少なく、賞与が与えられないところも多いです。

準社員・嘱託・非常勤・臨時社員なども、これに含まれます。

業務時間

【正社員】

労働時間の原則は週40時間(1日8時間、休憩時間を除く)までと労働基準法で定められています。しかし、実際にはそれ以上働くことも多く、場合によっては残業や徹夜などに突入することもあります。

【契約社員】

雇用契約ごとに業務時間に定めがあるため、必ずしもフルタイムで働くというわけではありません。そのため、自分のライフスタイルに合った働き方を選ぶこともできます。

社会保険や有給休暇

【正社員】

福利厚生(健康保険、厚生年金、雇用保険、労災保険)は手厚く保証されています。その他にも会社によっては、家賃補助の支給、社員寮や保養所が格安で利用できたり、社員旅行への参加、仕事に必要な資格を取得する際に資格手当の支給などがあるところもあります。

特に健康保険、厚生年金、雇用保険、労災保険については、法律で保障されていますので、正社員であれば誰でも保証を受けることができます。

【契約社員】

契約社員の場合、福利厚生は正社員と違いがあるところが多いです。社会保険はある一定の条件を満たしていれば加入させる義務が会社にはあるため、条件さえ満たせば全員が加入することができます。

しかし、住宅手当、家族手当などの支給は正社員に限って行っている企業も多く、契約社員は対象にならないこともあります。また、退職金はありません。

契約社員と正社員の違いに関しては下記記事で詳細に解説していますので、この記事と併せてご覧ください。

契約社員の契約更新期間、5年ルールは2018年4月より実施

2018年4月より、有期契約労働者(契約社員、パート、アルバイトなど)を対象に、無期の契約へと切り替えを行う取り組みが本格的に始まっています。これは、有期契約で働く労働者の「雇止め」への不安を解消し、よりよい労働環境を作ろと始まった取り組みです。

基本的には契約社員から正社員にはなれない

この制度を知り、「無期契約への切り替え=正社員への登用」だと誤解される人がいますが、残念ながら5年後に必ず正社員になれることを保証する取り組みではありません。

現在、全体の3割の人が通算5年を超えて有期労働契約を更新し続けています。長期にわたり働いていれば、すでに企業に「戦力」として定着している可能性は高いわけです。

そのため、「優秀な有期契約社員には長く会社にいてもらうべき」という考えのもと、よりお適切な雇用関係を築くために行う取り組みです。

そのため、あくまで無期契約となるだけであり、正社員として直接雇用をするわけではないのです。

5年ルールでは希望次第で有期雇用契約から無期雇用へ

5年経てば自動的に無期契約になるわけではなく、「労働者からの申込み」が必要となります。時期としては有期労働契約が終了する翌日から無期への切り替えとなります。

必ず正社員になれるということはなく、「無期契約」となることによって、雇止めへの不安がなくなります。また、無期契約になった際の会社の雇用形態にについても確認する必要があります。

これは企業にとっても意欲と能力のある人材を長期定期に確保することができ、長期的な人材戦略ができるようになるなどのメリットがあります。

例外として契約社員から正社員登用されることもある

契約社員だからといって次のステップが無期契約だけではありません。今までの活躍や実績が認められれば、会社との合意次第で正社員として雇用される可能性も十分に考えられます。

企業としても今までの働きぶりを見てきているため、社員の実力は十分理解しています。その上で正社員登用をすることにより、人材のミスマッチを防げるというメリットもあります。また、有期契約労働者を正規雇用とした場合、国からの助成金の支給が行われます。以下、厚生労働省のハンドブックからです。

〇有期契約労働者等を正規雇用労働者等に転換した場合、たとえば次の額が支給されます。
( )内は大企業の額 〈 〉は生産性要件を満たす場合の助成額
①有期→正規:1人当たり57万円〈72万円〉(42.75万円〈54万円〉)
②有期→無期:1人当たり28.5万円〈36万円〉(21.375万円〈27万円〉)
③無期→正規:1人当たり28.5万円〈36万円〉(21.375万円〈27万円〉)
※有期契約労働者を無期契約労働者に転換する場合は、平成25年4月1日以降に締結された契約に係る期間が4年未満である必要があります。また、転換前の基本給より5%以上昇給させる必要があります。

出典:厚生労働省

契約社員は正社員化される傾向も

化粧品メーカー大手の資生堂は契約社員が希望すれば正社員として採用するという制度を発表しました。また、沖縄セルラー電話も同様の発表をするなど、企業内で契約社員を正規雇用する動きが高まっています。

厚生労働省が発表した2017年9月の有効求人倍率は1.02倍となっており、これは2004年以降で最高となっています。景気が回復傾向にあるにもかかわらず人材が減っており、企業はどこも人手不足の状態となっています。

理由としては、賃金が上がらないことと、求人があっても職種や勤務地などのミスマッチによって人が集まらない、いわゆる「ミスマッチ失業率」が増えているせいだといわれています。

契約社員のメリット

福利厚生面や出世など正社員と比べると恩恵が少ないように感じる契約社員ですが、労働者の状況によってはメリットのある働きかたとなることもあります。

次の更新をどうするか決められる有期雇用契約

「この会社なんだか合わないな…」「もっといい会社に転職したい」そんな考えがある場合、有期雇用契約であればすっきりと辞めることができます。

無期契約だと雇止めの心配がなくなるため、なんとなく今後の不安などから居残ってしまいがちですが、契約期間が決まっていれば次のステップに応じてキャリアプランを立てやすいでしょう。

基本的に転勤なし

転勤がいやな人っていると思います。契約社員であれば、転勤がなくずっと同じ場所で働き続けることが基本的には可能です。企業によっては、契約社員を「地域限定社員」として転勤があるところもありますが、その場合も特定の地域のみでの異動となり、いきなり他県へ行くことになるようなことはありません。

「家の近くだからこの職場を選んだ」という人も、転勤になってガッカリ…という心配もなくなりますね。

5年ルールで働いた後、希望すれば契約社員も無期労働契約へ

2014年より改正労働法が改正され、2018年4月から本格的に無期転換への申込みが始まります。無期変化ルールとは、同じ労働者と企業との間で有期労働契約が5年を超えて更新された場合、労働者からの申し入れにより次回の更新より無期労働契約(期間の定めのない契約)へと転換するという制度です。

例えば、契約期間が1年後ごとの更新で、それが5回繰り返された場合、6回目の更新で無期に変えてもらえるよう企業に申し出ることができます。また、契約期間が3年の場合は、1回目の更新後には次回で5年を超えることになりますので更新後の3年間の間に申込みを行えば、次回の更新より無期に変換されます。

ポイントは、勝手に切り替わるわけではないということです。労働者からの申し入れが必要となりますのでご注意ください。

契約社員のデメリット

切り替えずに契約社員のままでいた場合にはどのようなデメリットがあるのでしょうか。契約社員は正社員と比べて自由度が高い分、やはりデメリットも多く存在します。順番に見ていきましょう。

賞与や昇給がない場合が多い

契約社員には賞与や昇給がないところが多いため、「いつまで働いても認められない」というジレンマを経験することになるかもしれません。

また、賞与がないため生涯年収という面で見た場合、やはり正社員よりは少なくなってしまいます。

退職金がないことが多い

会社を退職した場合、次がすでに決まっていればいいのですが、そうでない場合に役立つのが退職金です。しかし、契約社員の場合は退職金がないところがほとんどです。

そもそも、退職金については労働基準法やその他の法律に支給についてや金額についての定めはないからです。そのため、本来であれば退職金を導入しなければならないという決まりがあるわけではないのです。

これは、正社員の場合も同じであり、契約社員から正社員に登用された際にも、契約内容を確認する必要があります。

福利厚生や各種手当がない場合が多い

契約社員では、正社員と違い十分な福利厚生や手当を受けられないこともあります。そのため、「同じように働いているのに何故…?」と不安を感じることもあるかもしれません。

また、労働条件によっては、社会保険にも加入できない場合もあります。主な理由は以下の通りです。

  • 個人事務所で従業員が5名以下の場合は社会保険が免除されます
  • 労働時間や日数が正社員の4分の3以下である場合は、社会保険に入ることはできません
  • 雇用期間が2カ月未満の短期契約である場合は加入ができません
  • 週の労働時間が20時間である場合
  • 雇用契約が31日以下と決まっている

正社員のメリット

様々な出当てが充実しており、手厚いイメージのある正社員。まずはそのメリットから確認していきましょう。

毎月収入が安定

契約社員とは給料形態に違いがあります。基本的に正社員の場合は、基本給に加え残業代はもちおろんのこと、通勤手当や住居手当などの各種手当が上乗せされて支給されます。月給だけで見れば、契約社員や派遣社員より少ないと感じることもあるかもしれません。

しかし、長い目で見ればよほどの理由がない限り解雇されることもなく非常に安定した立場であるといえるでしょう。

賞与がある

正社員の特権ともいえるものが賞与です。賞与だけで、他の雇用形態よりも収入に数十万から数百万の差が出ることもあります。

仕事をするにあたってのモチベーションにも繋がるでしょう。

退職金がある

定年時などの楽しみのひとつでもあります。退職金を受け取ることによって、自分の今までの努力や苦労が報われて様な気分になることはもちろん、「やり遂げた!」という達成感を味わうことができます。この職場で頑張ってきてよかった!と思う瞬間のひとつでしょう。

福利厚生や各種手当がある

社会保険はもちろんのこと、各種手当がどんどん上乗せされ、それによって月の給料も変わってきます。また、役職につけば役職手当などがプラスされ、給料が頑張り次第で上がっていくことも醍醐味のひとつです。

また、会社の福利厚生には保養所の格安利用や、家族手当などもあります。自分だけではなく、家族がある人はさらに恩恵を受けることができるでしょう。

正社員のデメリット

安泰なイメージの強い正社員ですが、一方で強いプレッシャーに悩むこともあります。

責任が重くなる

やはり契約社員やアルバイトなどと比べると、業務に関わる責任が重くなります。それは立場が上になるほど重くなり、時には他人のミスについて自分が謝らなければないこともあるでしょう。

しかし、正社員とは会社の正式な一員であり、「自分じゃないから関係ない」と言えません。会社の出来事を自分のことして捉えることも時には必要となってきます。

もし、「正社員でプレッシャーに耐えるのが辛い…」「派遣社員だけど正社員になるうえでプレッシャーに対処する方法を知っておきたい」のでしたら以下の記事で仕事の不安やプレッシャーを乗り越える方法を詳しく解説していますので、ぜひご覧ください。

仕事のプレッシャーや不安を乗り越える10の方法|ストレス・吐き気などの克服も

「上司から仕事に対する期待が大きすぎる」 「上司のプレッシャーに耐えられない」このような悩みを抱えていませんか? …

長期休暇が取りにくい

会社の繁忙期や大きなプロジェクトの途中などに長期にわたる休暇が非常に取りにくくなります。有休があっても何年も取れず、退職の際に使い切るということも珍しいことではありません。

キャリアアップを求められることもある

正社員になると自分のできる仕事だけをやっていくわけにはいきません。いろいろな仕事を自らどんどん吸収していく貪欲さがないと、周りのやる気ある社員と、あっという間に差がついてしまいます。

その差はこの先何年もかけて自分の出世などに影響を及ぼす可能性があります。日々経験を積み、キャリアアップを目指す努力が必要です。

契約社員とパート・アルバイトの違い

契約社員はなんとなくパートやアルバイトとも違う印象ですね。以下、どのような違いがあるのか解説します。

パート、アルバイトといった区分は「パートタイム労働法」で定義されているいわゆる短時間労働者です。「1週間の所定労働時間が、同一の事業所に雇用される通常の労働者の所定労働時間に比べて短い労働者」とされています。

契約社員、パート、アルバイトとの主な違いは、労働時間の差です。パート、アルバイトは短い時間だけ働くことが可能なので、一日に○時間だけ、といった細かいシフトの調節などが可能になります。一方、契約社員はほぼ正社員に準じた労働時間になります。

契約社員のボーナス

ボーナスは労働基準法では賃金の一部となりますが、支給の義務があるわけではありません。しかい、業績が良かったり、特に優秀である場合には、契約社員でもボーナスの支給がある企業もあります。

それは、臨時のものだったり、契約上のものだったりと様々ですので、今一度契約書を見直してみるといいでしょう。

ただし。大抵の場合は、正社員よりは少ない金額であることが多いようです。

契約社員の退職を決意したら転職活動を進めておこう

「無期契約になったとしても正社員になれる可能性がないのであれば、他の企業で社員を目指そう!」と思ったら、今までのスキルや経験を生かして転職活動を始めることをおすすめします。

しかし、「自分で仕事を探すのは大変…」と感じたら、転職エージェントを利用してみるのはどうでしょうか。

転職エージェントとは、転職者のスキルや希望、経験を明確に把握し、綿密なカウンセリングを行ったうえで最適な仕事を紹介する転職のプロのことです。

仕事の紹介だけではなく、転職活動を行うにあたって不安に思うことや、通る履歴書の書き方から面接対策まで相談に乗ってくれるところもあります。

まずは何社か登録をしてみて、自分にあったエージェントを探すところからスタートしましょう。

より詳しく転職エージェントについて知りたい方は下記記事にて転職エージェントに関する全ての情報をお伝えしております。

気になる方はチェックしてみてください。

転職エージェントとは|全てを理解し正しく使うための全情報

「転職エージェントって何?」 「転職エージェントの仕組みが知りたい」 「転職エージェントってどうやって選べば良いの?」 …

おすすめの転職エージェント

転職エージェントによってはキャリアコンサルタントの対応が雑だったり、求人数に差があったりします。

そのため、本当におすすめの転職エージェントを利用しないとあなたの貴重な時間が割かれてしまう可能性があります。

当サイトでは下記記事にて1000人以上の転職エージェント利用者の体験談を基に本当におすすめの転職エージェントを紹介しています。

気になる方はチェックしてみてください。

転職初心者の方におすすめしたい転職エージェントは「リクルートエージェント」と「DODA」、「パソナキャリア」の3つです。

複数登録することで、それぞれの転職エージェントの弱みを補いあうことができるので、転職エージェントを利用する際は複数登録することをおすすめ致します。

詳しくは下記記事にて解説しておりますので、ぜひご参考ください。

複数の転職エージェントを掛け持ちで利用すべき?理由付きで徹底解説

「転職エージェントを複数利用したほうが良い」このような意見をよく聞くことがあります。結論から言いますとこの知識…

「リクルートエージェント」は、業績や求人数など他の転職エージェントと比較して圧倒的な実績を誇る転職エージェントです。

転職エージェントを利用する際はリクルートエージェントを利用しない手はないでしょう。

リクルートエージェントは転職をする全ての人におすすめの転職エージェントです。

「DODA」は業績、求人数共に業界第2位という大手転職エージェントで、登録者のペースに合わせて転職活動をしてくれますし、転職初心者にも優しいキャリアコンサルタントが在籍しています。

求人数も多く、求人の質も良いので全ての人におすすめの転職エージェントです。

また「パソナキャリア」もキャリアコンサルタントの質が高いと業界で有名な転職エージェントです。

業績は業界で第4位、求人数はリクルートエージェントやDODAに比べると少ないのですが、求人の質も良く、何と言ってもキャリアコンサルタントの質は業界でもずば抜けて高く、とにかく登録者の気持ちを優先して対応してくれますし、転職初心者にも優しくキメの細かいサポートが特徴です。

契約社員と正社員の違いを見極めて、どちらにするか選ぼう

「安定の正社員」「自由度の高い契約社員」…迷うところだと思います。しかし、自分の今後の人生プランを考えればイメージは湧いてくるのではないでしょか。

例えば、

「今後やりたいことがあり、まだまだ自分探しを続けたい」という人は自由度の高い契約社員を選ぶのがよいでしょう。

一方で

「もう今後は安定して長く働きたい。転職はもういいかな…」と思う人は、腰を据えて、正社員として働くことをおすすめします。

5年後、10年後の自分をイメージし「どういう風になっていたいか」を明確にすれば答えが見えてくるかもしれません。

 

※記事の内容は、執筆時点での最新の情報となり、サービス内容・利用料金等を保証するものではありません。この記事の情報を基に行動する利用者の判断について、当社は一切の責任を負いかねます。サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、しかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。