シーン別!会話術を上げるための方法とおすすめ本7選

人と会話することが苦手な方は、会話術を知らないから苦痛となるのかもしれません。勇気がないから、話しかけることができないといった方は、ぜひ、今回の記事を参考に、ご自身の会話のスキルをアップしてみてください。小さなキッカケが大きな成功へと導かれていきます。素晴らしい会話術を身につけて、人間関係や仕事を充実させていきましょう。

初対面での会話術5つ

人生の中で、生きているとたくさんの困難にぶち当たり、挫折をしたり、素晴らしい出会いをして感謝をしたり、日々成長を遂げています。

人間は唯一言葉を話す動物です。

意志の疎通が取れるのは、言葉という伝達手段があるために成立する素晴らしい機能となっています。

人は、この言葉を使って、コミュニケーションをとります。

その大切な人との会話を充実させるには、いったいどのような方法があるのでしょうか。

1.出身地を聞く

初対面の方をお話しをされる際に、とっても重要な点があります。

それは、生まれた故郷の話題を出すことです。

そのことから、かなりの確率で新しい会話を生み出すことが可能となります。

お互いに違う場所で生まれて、この場で会話をすることができるのも何かの縁ですよね。

そういったことから、会話は弾んでいきます。

2.仕事・業種を聞く

その次に、プライベートのことを根掘り葉掘り聞いてしまうのは、タブーとされている方もいますが、実は、その遠慮から、次につながる会話が見つからず、疎遠になってしまうケースが少なくありません。

人との会話は、常に積極的にアプローチをしながら行うことが重要です。

たとえば、プライベートをあまり聞かれたくないといった方には、その話をしない別の方法でアプローチする方法もあります。

また、仕事や業種の話をすると、その人の人生観も垣間見ることができます。

専門職であれば、その世界の話を広げることができます。

飲食店であれば、今度会食する際の会場として利用することもできますね。

最初は、あなたに興味があります!ということを、丁寧にうかがうことから始めるようにすれば、相手も心を少しづつ許して、会話がどんどん弾んでいきます。

3.趣味を聞く

会話の中で、一番楽しく気を許して話せる内容が、趣味の話とされています。

趣味は、その人の性格もわかる良い話のキッカケにもなるので、興味があるように会話を進めていくことが重要です。

さまざまなジャンルの趣味が存在しますので、ひょっとしたら同じ趣味を持っている可能性もあります。

また、話の内容が無くなってしまったら、趣味の話を振ってみると、意外と話が盛り上がるケースもあります。

お互いに興味を持っているという意思を表すには、趣味の話を持ち込むとスムーズに会話が進みます。

4.最近変わったことがあったかを聞く

会話を進めていくにあたって、相手の変化に気づいてあげることも、会話を弾ませるキッカケになります。

ヘアスタイルやファッションの変化や、体調のことなどを気付いた点を、相手にうかがってみるのもいいかもしれません。

最近の調子をうかがうことは、相手の変化に気付いているという思いやりの部分と捉え、相手の方は気持ちを許してお話をしてくれる可能性があります。

ちょっとした変化に気づくことが、会話を弾ませるキッカケです。

5.最近ハマっていることを聞く

趣味の話をちょっと似ているかもしれませんが、最近ハマっているものを聞くことは、また違ったテイストでの話になるので、会話が弾みます。

テレビドラマのことや、コンビニの新作のお菓子の話でもいいのです。

共通のものがあれば、一気に話が盛り上がります。

それをキッカケに、今以上に仲良くなれるチャンスになるかもしれません。

仕事での会話術3つ

プライベートや仕事の会話の中で、ちょっと変化をつけると、より質の良い会話をすることができます。

ここでは、仕事での会話で役に立つ3つの方法をご紹介していきます。

1.天気などの当たり障りのない話で始める

会話が上手な人は、会話を途切れないように話すことができます。

相手のことに全く関心がない場合でも、会話を進めることができる技として、天気の話をすることです。

天気の話は、当たり障りのない話は、会話がとぎれないつなぎ止めの役割をしてくれます。

朝から寒くて、布団から出るのが苦痛という話に、同感することによって、朝が苦手な人という情報が手に入ります。

暑くて、毎日外の営業に行くことが大変だという話が、とっても共感できる話になるかもしれません。

たかが天気の話ではありますが、相手に興味をもって会話することで、どんどん内容のなる話になる可能性もあります。

また、当たり障りのない内容なので、警戒心が強い相手でもすんなりと会話をすることができます。

臨機応変に、天気から相手の生活の話をうかがうことも可能です。

2.業界の最新動向などの話をする

ビジネスの話で一番重要なのが、会話の中で企業の情報交換ができる方が、重要となります。

その中でも、業界の最新動向は会話が弾む重要なアイテムとなります。

予め、日経新聞やその業界の内容がわかる情報を手に入れておき、会話の中で知識として共有できるようにしておきましょう。

会話の中で、業界の最新動向がわかると、今以上にもっと親密な関係になるかもしれません。

3.最近読んでためになった本を聞く

今まで生きてきた中で、たくさんの人に出会い、素晴らしい影響を受けた経験はありませんか?

その中でも、人と同じように本を読んでご自身のためになったという影響ある本を、会話の中で探ってみることは、かなりの確率で会話が弾みます。

今までの読んできた本の中で、ベストセラーとなった本よりも、その人の人生を大きく変えたという本は、読む人によって意味が違って届くかもしれません。

尊敬する方との会話では、こういった影響を受けた本をうかがい、密かに読み進めていき、その人に近づけるような努力をすることで、もっと親密な関係になれるかもしれません。

小さいな努力は、将来大きな結果となって帰ってくることが多々あります。

たくさんの良書に出会い、人との会話に大いに活用していきましょう。

恋愛での会話術5つ

男女のお付き合いの中で、会話がスムーズに進行していけるかは、その後のお付き合いに関わってくる重要な役割となってきます。

そこで、デートなどで大変役に立つ5つの会話術をご紹介していきます。

1.好きな食べ物の話をする

単純に、相手の好きな食べ物や好みを知りたいと思いませんか。

食の好みは、長いお付き合いをされる上で、かなり重要なポイントになります。

薄口か濃い口かの違いは、手作りの料理を食べる際にわかることですが、予めの情報として女性は聞き出すと手料理を作る際に、大変役に立ちます。

また、和風か洋風といったジャンルでも質問されると、普段どういったものを好んで食事をされているのかもわかります。

食べ物が嫌いな方は、おそらくこの世の中には存在しないはずです。

万国共通の話題なので、会話が止まって気まずい雰囲気に使うこともできます。

2.好きな音楽、アーティスト、芸能人などの話をする

恋愛で、相手との趣味が合うことは、長いお付き合いになる二人にとって、とっても大切な接点となります。

その中でも、音楽やアーティスト、芸能人の話題は、永遠に話してられる内容になります。

お互いの好きな好みが違った場合は、その人の好みに合わせて一緒にライブなどに行ってみると、お互いの趣味嗜好がもっと理解し合えるようになるので、良いキッカケになります。

また、好きなドラマなどに出てくる芸能人の話は、どの世代のカップルでも共通点として会話を広げるキーワードになります。

3.最近のドラマ・映画の話をする

最近のドラマや映画の話をすることは、カップルではなくても会話が盛り上がります。

話の展開を予測してみたり、出演している芸能人の話題を引っ張りだしたり、さまざまな情報を共有することができるので、会話に必要不可欠な部分となります。

また、映画は話題作のものをピックアップして、会話に出してみると、より興味をそそります。

また、見た作品の話のあらすじを少しお話をしてみることで、続きが気になり、映画を一緒に観に行くチャンスになるかもしれません。

そのためには、エンタメの情報収集も欠かせません。

4.休日の過ごし方を聞く

普段の休日の過ごし方は、何をしているのかを会話に盛り込んでみると、相手に対してとても興味があることが伝わります。

休日は、ゆっくり家で過ごす方は、外に出かけることが苦手なのかもしれません。

そんなときは、家でゆっくり映画鑑賞会を提案したり、手料理をふるまってゆっくり食事会をすることもできます。

また、休日はアクティブに外に出て、アウトドアな体験をしたい方は、一緒に散歩に出たり、登山にチャレンジしてみるのもいいかもしれません。

キッカケがあちらこちらに落ちている休日の過ごし方は、好きな人との大切なデートを充実させる大きなチャンスになります。

5.楽しい・かわいい・面白いなど見た聞いた体験した事の感情が一緒かをたまに確かめる

常日頃一緒に過ごしているカップルは、会話にマンネリを覚えれいるかもしれません。

自分のことで手一杯になっているときは、相手のことを考えての会話ができなくなっているので、あえてそんなときは、相手が体験した楽しかったことや面白かったことなど、自分と共通な部分があるのかを確かめてみるのも、会話を弾ませる技術となります。

最初から、マンネリと諦めずにゲーム感覚で相手との会話を楽しむのもいいですね。

友達同士の会話術3つ

今度は、友達同士の会話を弾ませる3つの方法をご紹介していきます。

1.「話聞いて」と言って、がっつり話を聞いてもらう

自分の話を心置きなく話せるのは、友達との間が良好な証拠です。

なので、そういった相手にはがっつり自分の話を聞いてもらえるようにアピールしましょう。

最近起こった体験で、辛かったことや悲しかったことなど、一緒に共有してもらえるととっても安心しますよね。

または、とっても嬉しかったことや楽しかったことを、聞いてもらえると、気持ちにゆとりが生まれて誰かに優しくできるものです。

友達との会話に満足したら、今度は相手側の話もがっつり聞くことが大切です。

イーブンな関係は、長い友情を育むにはとても大切なこととなります。

2.共通の話題を見つけ、その話題のネタを話す

共通の話題を探して話すということは、常日頃から自然に行っているかもしれません。

しかし、ここで今一度、共通の話題を探してみることは、会話をもっと弾ませる良いキッカケになります。

相手のことをもっと知りたいという願望は、会話の内容を色濃くしてくれる最良の材料となります。

3.話を変えたい時は素直な感想を伝えた後「ところで」と話を切り替える

会話の途中で話を変えたいときがあります。

しかし、相手のことを考えてしまうと、なんとなく興味がない話をダラダラ聞いてしまい、イライラしたりつまらなくなって相手に伝わってしまう可能性があります。

そんなときに、率直な自分の意見を話した後に「ところで」と話しを切り替えると、相手に嫌な思いを与えることなく話を進めていくことができます。

会話をしている最中に「ところで」といきなり話を変えてしまうのは、絶対にいけませんが、しっかりと相手の気持ちもくみ取りながら、話を変えていきたい場合には、この言葉が大変役に立ちます。

面白いと思われる会話術・楽しい会話術3つ

会話上手な方は、相手を思いやって会話を進めることができる人です。

その中でも、面白いことや楽しいといった内容の会話ができることは、とっても重要なスキルになります。

ぜひ、身につけてみてください。

1.相手が話し続けたい話題の時は、話しが続くよう感情をくみ取った相槌を返す

とにかく相手の会話にのめり込むように聞きながら、しっかりと相槌を打つことです。

あなたにとっても興味があるアピールは、会話を弾ませる重要なカギとなります。

2.話しの内容に意外性・ギャップ、落ちを作る

会話の中で、起承転結をつけるのは、会話上達したい方に絶対にお勧めの方法なのですが、意外性とギャップや落ちは、相手の興味を多いにそそります。

例えば、完璧に見える上司がいます。

その上司は、実はアニメが大好きで毎週末一人でアニソンを歌いにカラオケに通っているという内容は、かなり興味をそそりますよね。

3.ボケの要素を入れてみる

真面目に見える会話に、いきなりボケをつけてみると、いきなりな展開に会話をしている相手は、びっくりします。

しかし、強い印象を与え、覚えてもらえる良いチャンスにもなります。

話題作りの会話術5つ

会話の話題を作ることは、かなり重要な下準備になります。

ここでは5つの話題作りの方法をご紹介していきます。

1.目に見えるものを話題にする

会話している方の目に入っている内容を話題にすることは、簡単に話題をゲットできる要素となりますので、覚えておくと便利です。

2.聞こえてくる物を話題にする

耳に聞こえて来たものをすぐに話題に変えます。

救急車の音が聞こえたら、最近よく事故を見かけていた内容を思い出し、会話にすることができます。

3.飲食した物を話題にする

会食している際に、絶対に話題にできるのが、食事をしているメニューやテイストのことです。

一緒に食べているものの味を共有してみたり、お互いのおいしさをシェアしたり話題は尽きません。

4.香りを話題にする

身につけている香水やコロン、使用している柔軟剤などの話は、女性がとっても得意とする内容です。

最近流行している香りや、ずっと昔から好きな香りの話は、相手の興味を引きます。

5.暑い・寒い・風の強さなど感じた物を話題にする

会話をしているときの天候の話は、相手がスムーズに会話に溶け込むことができる内容です。

毎日暑くて、体がだるい話や、寒くて何枚も下着を重ねているなどの会話は、主婦の方には大切な会話となります。

返しの会話術3つ

会話をしている際に、一方的に会話をしている方がいますが、相手を立たせて会話をしていくことが、会話上級者です。

3つの会話の返し方を習得して、聞き上手になりましょう。

1.意見が同じときは、相槌を打って同調する

相手と同意見になったときは、思い切り理解ある相槌で、好感を持って返答しましょう。

相手は、気持ちを良くしてもっと会話を進めてきます。

2.意見がある時は最初「なるほど」と受け入れる

自分の意見を述べる際には、いきなり回答をしてはいけません。

最初に「なるほど」と、相手を尊重してから意見を話しましょう。

3.意見する時は「~はどう」と提案型で返す

また、自分の意見を主張したい場合は、相手の意見に同調しながらも、否定はせずに「~はどうでしょうか?」と提案して回答を求めます。

会話術のおすすめ本7冊

実際に、会話をもっと上達させたい方のために、7冊のお勧めの本をご紹介していきます。

1.雑談力が上がる話し方

こちらの本は、その名の通り、雑談力が上がる内容が書かれています。

雑談は、相手の興味を多いにそそります。

会話が止まってしまった際には、この本の内容を思い出して会話を楽しみましょう。

2.会話が途切れない話66のルール

とぎれない話し方が66個も書かれており、会話がとぎれてしまうことが怖い方に必見の内容です。

3.話すより10倍ラク! 聞く会話術

話し上手は聞き上手ということをよく耳にしますが、その聞き上手になるための方法についてまとめている本です。

4.本音に気づく会話術

うわべだけの会話に飽き飽きしている方の必見です。

信頼を得られるようになる会話をしていけるようになりましょう。

5.銀座流売れっ娘ホステスの会話術―気遣いと品のよさで心をつかむ魅力的な話し方

銀座で売れっ子のホステスになるには、なんといっても気遣いある会話ができることではないでしょうか。

品の良さを感じさせる素晴らしい会話ができるようになりましょう。

6.ツカむ!話術

人の心をつかむにはどうしたらよいのかという内容が、しっかりとレクチャーされている良本です。

7.聞く力

プライベートやビジネスにも適用できる会話術が、この本にギッシリと詰まっています。

誰もが簡単なコツさえつかめてしまえば、今以上に会話がどんどん弾んで行きます。

会話術を上手く使って、会話ベタを克服しよう

人と会話することが苦手な方は、会話術を知らないから苦痛となるのかもしれません。

勇気がないから、話しかけることができないといった方は、ぜひ、今回の記事を参考に、ご自身の会話のスキルをアップしてみてください。

小さなキッカケが大きな成功へと導かれていきます。

ぜひ、素晴らしい会話術を身につけて、人間関係や仕事を充実させていきましょう。

※記事の内容は、執筆時点での最新の情報となり、サービス内容・利用料金等を保証するものではありません。この記事の情報を基に行動する利用者の判断について、当社は一切の責任を負いかねます。サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、しかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。