DODAの転職フェアの評判を口コミや体験談から徹底分析!

「DODAの転職フェアについての評判が知りたい」「DODAの転職フェアの情報が欲しい」DODAの転職フェアに行ったことがない人はこのようなことでお悩みではないでしょうか?事前に知っていると得する情報も多いので、知っておくべき情報をまとめました。ここでは、DODAの転職フェアの評判を実際の体験談をもとに解説いたします。

DODAの転職フェアとは

DODAの転職フェアは日本最大規模を誇る転職フェアで、多くの企業が会場内に設置されたブースに入るので、その企業の人事担当や現場担当の人の声を生で聞くことができるイベントです。

中でも東京で開催される転職フェアは参加企業数200社以上という規模を誇るため、多くの企業から情報を仕入れることができます。入場料無料ですし、出入りも自由です。服装も自由ですので気軽に転職活動に活用することができます。

転職フェアで得られる情報としては、「自分が希望するキャリアを積むことができるのか」「社内で仕事をする際にどのような環境で仕事ができるのか」など、いざ入社してから「こんなはずではなかった…」ということを未然に防ぐことができます。

また、会場内には様々なサービスが用意されており、転職エージェントに所属する転職のプロであるキャリアコンサルタントから転職活動についてもアドバイスを個別に教えてもらえたり、転職のノウハウを学べるセミナーやマッチングガイドコーナーなどもあり、転職に関する疑問を一挙に解決できるイベントとなっています。

中でも「転職フェアスカウトサービス」があり、DODAの転職フェアまでにインターネットで自分の履歴などプロフィールを登録しておけば自分に興味を持った企業から面談スカウトが来るというサービスもあります。

参加するメリット

DODAの転職フェアに参加するメリットで一番大きなメリットは「自分が希望する条件を満たす企業がある」ということです。

DODAの転職フェアは国内最大規模を誇るため、自分が希望する条件を満たしている企業を見つけやすいのです。

これだけ大きな転職フェアですから、通常であれば1対1の会話は難しくなりますが、DODAの転職フェアは1対1の対話が可能ですので深い部分まで話しができるのも大きなメリットでしょう。

DODAが転職エージェントの中でも大手に入るため、取引先企業も大手や優良企業が多く転職フェアに参加している企業の質が高いのもメリットではないでしょうか。

また、転職フェア当日に受付を行いますが、当日までにインターネットからプロフィールを入力しておくと受付がスムーズで開場15分前から優先で入場することができますし、スカウトサービスも利用できるので、これもメリットと言えるでしょう。

さらに、エントリーシートを印刷した時に得られる引換券をフェア当日に持参するとamazonで使えるギフト券500円分をもらえますし、事前にインターネットから登録した人に関しては抽選でamazonで使えるギフト券5,000円分が当たるというイベントもあります。

事前登録をすると得られるメリットはこれだけではなく、出店している企業から興味があると感じた求職者には面談希望のメッセージが届きます。

そのメッセージが届いた企業を訪問すると2社訪問につき500円分のギフト券が1枚もらうことができ、上限4枚までもらえますので、これも大きなメリットであり楽しみとなるのではないでしょうか。

参加するデメリット

参加することで生じるメリットはほとんどありませんが、これだけ大きな転職フェアですので人が多く順番待ちをすることも出てくるでしょう。

また、フェアに参加している年代で25歳~34歳という年齢が圧倒的に多く、20代前半や35歳以上の人が少ないので若い年代や中堅以上の人は参加しにくいかもしれません。

ですが、データを見る限りでは転職限界と言われている40代以上も参加人数が多いようですので、40代を超えると参加しやすいかもしれません。

DODAの転職フェアの口コミ・評判

DODAの転職フェアに参加している人はとても多いため転職フェアの口コミや評判もたくさん紹介されています。

数ある口コミや評判を見て、特に多い口コミや口コミの中でも重要な内容などをそれぞれの口コミに分けてご紹介していきましょう。

表に出回ってない情報が手に入る

20代男性:会社員

一度に多くの企業の情報を知れて良かった。表に出回っていない情報がとても多くて感動。

20代女性:事務職

実際に会って話さないとわからない情報ってあるのだなと感じました。ネット上にない情報を知ることができたので、参加できて良かったです。

たくさんの企業と直接話せれる

20代男性:IT

自分には大したキャリアも学歴もなかったので、僕なんかを評価してくれる企業なんてないと思っていました。

しかしDODA転職フェアでいろんな企業の人事担当の方と話すことができて、前向きな気持ちになれました。

20代男性:営業

DODAの転職フェアに行って良かったと感じた点は2点になります。
・最大級のため、たくさんの企業が来ていた
・企業の人事担当の方と直接話ができた
特に、たくさんの企業の人事担当の方と話ができたのは自分にとってかなりプラスになった感じました。

そのまま選考に進むこともある

20代男性:エンジニア

DODAの転職フェアで、企業の人事担当と仲良くなって、そのまま直接採用の話になった。

20代男性:営業

話していた企業から後日連絡が来て、そのまま選考まで進み、内定が決まりました。面談などが面倒な人はDODAの転職フェアに行くべきです。

転職したい企業が見つかる

20代男性:営業

事前に転職サイトで見ていた情報だと、わからないことも多く、どっから選べば良いのかもわからないことも多かったので、転職フェアに参加することで自分が転職したい企業がどこか明確になりました。

20代女性:会社員

自分探しの旅の一環でDODAの転職フェアに参加しました。いろんな企業と話をしているうちに自分がどの企業に転職したいのかわかるようになりました。

人が多すぎる

20代女性:営業

DODAの転職フェアに行ってまず思ったことは、人が多すぎることです。東京ドームシティで開催されていたのですが、長蛇の列ができていてかなり萎えました。

20代男性:IT

人気企業だとかなり長蛇の列ができていたので、説明を聞くのにかなりの時間がかかってしまいました。時間がない人には向いてないイベントです。

DODAの転職フェア時の服装

DODAの転職フェアの服装は基本的には自由となっていますが、様々な企業が参加しており一次面接を兼ねている企業もあることからスーツで行くのが無難でしょう。

実際に転職フェアに参加している人の口コミを見てもスーツで来場する人が多く、男性の場合はほとんどがスーツで、女性もスーツが多くなっています。

女性の場合はスーツではなくても清潔感のあるシックな色の服装で参加してきたという人がいますが、圧倒的にスーツで参加している人が多いため、自分の服装が場違いなのではないかと服装にばかり気を取られて肝心の聞きたかったことが聞けなかったという人もいました。

参加している企業も自社に必要な人材かを見極めているところもありますから、面接のように堅い雰囲気ではありませんがスーツ行く方が清潔感もあり印象も良く見えるでしょう。

DODA転職フェアに参加するなら事前登録をするべき4つの理由

DODAの転職フェアに参加する場合、インターネットから自分のプロフィールを登録することで得られるメリットがたくさんあります。

前章などで少し記載していますが、事前登録するとどのようなことがあるのかまとめてみましょう。

入場時間を短縮できる

DODAの転職フェアは規模が大きいため企業関係者や求職者など多くの人が出入りしています。
中でも入場する際の受付は事前登録していなければ、その場でエントリーシートに記入することになりますので時間がかかり入場も遅くなります。

もちろん来場者数も多いため待ち時間もあるでしょう。
実際、受付は長蛇の列だったと言っている口コミもありましたので、入場時間を短縮できるのは大きなメリットではないでしょうか。

事前登録すると入場時間より15分早く入場することができますので、人が少ないうちに話してみたい企業の目星をつけることもでき、受付時間が短縮されますので転職フェアに参加するなら事前登録をしておく方がよいでしょう。

500円分のギフト券がもらえる

DODAの転職フェアでは事前登録をするだけでamazonで使える500円分のギフト券をもらうことができます。

500円分のギフト券をもらうには、事前登録時に印刷したエントリーシートにある引換券を持参する必要がありますので、当日忘れないようにしましょう。

これは事前登録をしている人には必ずもらえるものですので、事前登録しておいて損はないでしょう。

amazonでは転職に必要なアイテムが様々販売されていますので、もらったギフト券を利用して転職活動に必要なアイテムを購入できるのも大きなメリットとなるでしょう。

企業から面談のスカウトをされる

事前登録している人のみのサービスとしてスカウトサービスがあります。
事前登録している人の情報を見て企業側が興味を示すと面談希望のスカウトメールがくる可能性があります。

もちろん、可能性ですので面談メールが来ない可能性もありますが、DODAの転職フェアは大規模ですからスカウトされる確率は高くなりますし、参加している企業の質が高いため事前登録しておいて損はないでしょう。

5000円分の商品券が当たる

事前登録している人の中から抽選でamazonのギフト券5,000円分(最大)が当たるというサービスがあります。

これも事前登録していなければ受け取れないサービスですし、5,000円分となればかなり大きな金額ですから転職活動に必要なアイテムをそろえることもできるでしょう。

これだけ事前登録者に対して有益なサービスがあるということは事前登録しておいた方がよいということですし、事前登録して生じるデメリットはありませんから、メリットばかりなら登録しておいた方がよいのではないでしょうか。

【2017年最新版】DODAの転職フェアの開催情報

これまでのご説明でDODAの転職フェアに参加してみたいと思われた方に、DODAの転職フェアの開催情報をお伝えしておきましょう。

2017年の開催状況を記載しておきますが、終了している地区に関しては2018年の最新開催情報を掲載しておきます。

東京

開催日時:2017年10月12日(木)14時~21時
2017年10月13日(金)14時~21時
2017年10月14日(土)11時~18時
開催場所:東京ドームシティ プリズムホール

東京地区の2017年の転職フェアがすでに終了しているため2018年の最新版をご紹介しておきます。

開催日時:2018年2月1日(木)14時~21時
2018年2月2日(金)14時~21時
2018年2月3日(土)11時~18時
開催場所:東京ドームシティ プリズムホール

大阪

開催日時:2017年9月7日(木)14時~21時
2017年9月8日(金)14時~21時
2017年9月9日(土)11時~18時
開催場所:梅田ハービスホール

大阪地区の2017年の転職フェアがすでに終了しているため2018年の最新版をご紹介しておきます。

開催日時:2018年1月11日(木)14時~21時
2018年1月12日(金)14時~21時
2018年1月13日(土)11時~18時
開催場所:梅田ハービスホール

福岡

開催日時:2017年11月17日(金)14時~21時
2017年11月18日(土)11時~18時
開催場所:JR九州ホール/博多

福岡地区の2017年の転職フェアはすでに終了していますが、2017年の11月に開催されているため2018年の開催時期については未定となっています。

名古屋

開催日時:2017年10月27日(金)14時~21時
2017年10月28日(土)11時~18時
開催場所:国際会議場イベントホール/西高蔵

名古屋地区の2017年の転職フェアがすでに終了しているため2018年の最新版をご紹介しておきます。

開催日時:2018年2月16日(金)14時~21時
2018年2月17日(土)11時~18時
開催場所:国際会議場イベントホール/西高蔵

DODA転職フェアのユーザー層

転職フェアの特徴や得られる情報、日程などがわかりましたので、実際転職フェアの雰囲気がわかるように参加しているユーザー層について解説していきたいと思います。

東京での転職フェア開催の際には3日間の開催で13,000~14,000人を超えるユーザーが参加しています。

転職フェアの中でもDODAの転職フェアは大規模ですから参加人数が多いので、東京の転職フェアに参加したユーザー層を参考にしてみましょう。

年齢・職種・転職回数・来場回数などユーザーに関する情報を掲載していきますので、会場の雰囲気が分かれば幸いです。

年齢

DODAの転職フェアに参加しているユーザー層は19歳以下が0.1%、20~24歳が8.6%、25~29歳が27.7%、30~34歳が22.7%、35~39歳が15.1%、40歳以上が25.7%となっており、20~34歳までの年齢層で全体の60%を占めていることになります。

実際に転職することが多い年代ですから、このデータを見れば納得といったところでしょう。

20~34歳と言えば働き盛りの年代ですから、会場も活気にあふれ、働き盛りの人材を確保しようとする企業の熱も伝わってくるのではないでしょうか。

職種

DODAの転職フェアに参加しているユーザーの職業で単独職業として一番多いのが営業職の人で23.6%となっています。

企画や事務、その他の職種の人は35.5%となっていますが、様々な職種の人が合算されていますので、営業職の人が最も多いと言えるでしょう。

次いで販売・サービスが14.9%、ITエンジニアが13.7%、ものづくりエンジニアが9.6%、土木・建築が2.8%となっています。

営業職の人の割合が多いのはうなずけますが、DODAの転職フェアはIT関連の人が多く参加しているのも特徴的ではないでしょうか。

IT関連だけでも20%を超えていますから、IT関連の企業に転職したい人は是非参加していただきたい転職フェアです。

転職回数

DODAの転職フェアに参加しているユーザー層の中で、「転職回数がこれまでにない」つまり、初めて転職をするという人が全体の39.6%と圧倒的に多いデータとなりました。

やはり、初めての転職はわからないことばかりで不安も多く、企業情報を得る方法がわからないという人もいますので転職フェアに参加する人が多いのでしょう。

その次に多かったのが転職回数3回以上というユーザー層で、企業側から見ても転職回数3回は「仕事が続かない人なのでは?」と思われるギリギリのラインです。

「転職回数が3回あるが転職に影響があるのか」など、自分が希望する企業に直接聞くこともできますので、転職回数が多い人も不安を解消するためと自分が求める企業で採用される確率があるのかなどを確認しに来ているようです。

その次に多かったユーザー層は転職回数1回で18.4%、次いで転職回数2回の13.9%となっています。

転職回数1回や2回であれば転職に影響することはほとんどありませんし、転職経験があるため転職に関する知識や経験などから不安に感じることが少なく参加するユーザーが少ないのかもしれません。

来場回数

転職フェアに来場する回数で最も多かったのが「初めて」という人で全体の57%にも及びました。
次いで2回目という人が19.9%、4回目以上という人が12.3%、3回目という人が10.7%という結果になりました。

やはり、転職フェアに参加することで様々な企業の情報を得ることができますし、知識も増え経験に繋がりますから、2回目以降は来場する人が少なくなるのではないでしょうか。

DODAの転職フェアに参加して転職を成功させよう

DODAの転職フェアは国内でも最大級です。数ある転職エージェントの中でも実績・求人数共に業界第2位を誇りますから、これだけ大きな規模で転職フェアを開催できるのでしょう。

また、転職フェアを開催している転職エージェントは他にもありますが参加企業数がDODAほど多いところはないでしょう。

規模が大きいため会場も大きく、迫力に圧倒されるかもしれませんが、質の良い求人を保有するDODAの転職フェアはメリットとなることがたくさんあります。

DODAの転職フェアを活かして自分が転職したい企業に転職できるよう情報を仕入れ、普段は聞けない現場の生の声を聞いて希望企業を絞り込んでいきましょう。

現場の生の声を聞けるので、自分が想像していた仕事内容や会社と違うということがなくなります。

そうすれば転職後に「こんなはずではなかった…」と後悔することもありませんので、転職フェアを最大限に活用して転職活動成功させましょう。

※記事の内容は、執筆時点での最新の情報となり、サービス内容・利用料金等を保証するものではありません。この記事の情報を基に行動する利用者の判断について、当社は一切の責任を負いかねます。サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、しかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。