▼当サイトで申込みが多い転職エージェントはこちら!(転職成功者の9割は4社以上のエージェントを併用しています!)

【1位】リクルートエージェント絶対に使うべき、国内最大手の実績No1転職エージェント!公開求人・非公開求人含め20万件以上というダントツ業界トップの求人数
【2位】DODA利用者満足度はなんと驚異の90%!キャリアアドバイザーが優しく丁寧にサポートしてくれることから転職初心者には最適
【3位】パソナキャリア業界ダントツで高いサポート力と上質な求人が強みの転職エージェント。ハイキャリア人材の転職に強み。年収アップ率約7割

▼【登録無料】転職活動で役立つ!あなたの気づいていない強みを発見できるリクナビネクスト グッドポイント診断に登録しましょう!

3分で完了!グッドポイント診断はこちら!

【この記事の語り手】

 宮前

阪大卒。元転職エージェント運営企業勤務の46歳。妻と中学生の息子が2人、愛犬がいる。転職エージェントではIT領域のキャリアアドバイザーとして面談し、サポートした求職者は2000名以上。転職wikiでは語り手として皆さんにプロでしか知り得ない情報をお伝えしている。

 

 西野

2012年、慶応義塾大学を卒業。大手事業会社に入社し、ライフスタイル領域でのサービス企画でマーケティングや販促事業に従事。事業会社での経験を活かし、更に刺激的な新規事業にアサインしたいと考え、ITベンチャーへの転職を考えている。この記事では執筆を担当。

はじめまして!宮前と申します。

今回は、DODAの面談についてご紹介します!

実際に皆さんと同じく転職活動中の西野さんが実際に登録してDODAの面談に行ってきた体験談と併せて、「DODAの面談ではどんなことを訊かれるのか」「DODAの面談の服装は?」などの疑問を解消すべく、DODAの面談について網羅的にご紹介しますね!

西野
宮前さんに勧められてDODAの面談に行ってきたんですけど、、、期待以上に満足でした!サービスの質がかなり高くて、、、DODAは利用者満足度90%で業界トップの満足度を誇っているのも納得といった感じでした!
おお!とても満足だったようでよかったです!

私も、西野さんがどんなところで満足したのか、とても気になります…

西野
この記事では、実際にDODAの面談でどんな点が満足したのかも体験談で詳しくご紹介しますね!

この記事に入る前に!読者の皆様へ宮前からひとこと

やっと気温が落ち着いてきて、過ごしやすくなってきましたね。

さて、この記事を読み進めてもらう前に皆さんにお伝えしたいことがあります。

それは、、、「10月は求人数が増えてライバルが少ない転職にもってこいの時期!早めの行動がベスト」ということです。

10月は夏にボーナスをもらってから退職した人材の欠員を埋めるため、企業は活発に採用活動を開始。10月は1年でいちばん求人数が多くなるのです!(産業別新規求人数の推移(一般)(平成29年度~)

さらに、10月の転職活動は4月入社に向けた採用ではないので、ライバルが少ないことが特徴。

この記事で詳しくご紹介しますが、DODAは利用者満足度90%で、「DODAする(=転職する)」ということばを生み出した老舗転職エージェント。

type転職エージェント』『パソナキャリア』『マイナビエージェント』『リクルートエージェント』など他社転職エージェントを併用し、求人の量とサポートの質を補完してDODAを利用すれば、希望の転職実現へと最高のスタートを切ることができるでしょう!

ライバルが少なく求人数が最も多いこの10月、チャンスをものにするたった1つのコツは「今すぐ行動を起こすこと」です。

DODAの面談を受けた感想

皆さんと同じく転職活動中の筆者がDODAに登録して面談を受けてみた感想ですが、以下3つの点で非常に満足でした。

【DODAの面談で満足した3つの点】

  • 担当のキャリアアドバイザーが非常に親身になってくれた 
  • 転職活動の軸を確認できた
  • サンプルを用いてわかりやすく職務経歴書の添削をしてくれた
西野
DODAは利用者満足度90%と、転職エージェント業界随一の利用者満足度を誇っていますが、評判通りでした。詳しい評判が気になる方は以下の記事をチェックしてみてください!

DODAの評判ってどうなの?元エージェント社員が本音で暴露

皆さんはこのように思ってはいませんか? この記事をご覧になれば、上のような疑問をすべて解消できると自信を…

DODAの面談予約までの流れは3ステップ

まずは、面談を予約するまでの流れを解説していきます。

面談までの大きな流れは以下の画像のように3ステップになっています。

DODAの面談までの流れは]3ステップ
西野
以下、順に説明していきますね。

1.DODAへの登録

まずは面談を受けるのにDODAに登録しなくてはいけません。

西野
まだ登録してない方は以下のオフィシャルサイトから登録できますよ!

DODA公式サイト:https://doda.jp/

今すぐ転職できなくても、求人や転職ノウハウの収集だけのためだけでも登録しておくべきです!

では、早速簡単に登録の手順をご説明します。

最初に、DODA公式サイトをクリックすると以下の画面がでてきます。

DODA登録画面

赤枠がついている箇所が2か所ありますが、このうちのどちらかをクリックし、指示に従って以下の項目を入力すれば登録完了です。

【DODA登録時の入力項目】

  • 名前
  • 生年月日
  • 性別
  • 現住所
  • 電話番号
  • メールアドレス
  • パスワード
  • 最終学歴
  • 卒業区分
  • 現在の勤務状況
  • 転職回数
  • 勤務先会社名
  • 雇用形態
  • 勤務期間
  • 業種
  • 職種
  • 年収
  • 自由記入欄
  • 転職理由
  • 職務内容
  • 希望勤務地
  • 転職希望時期
  • カウンセリング希望拠点
  • カウンセリング希望日時
西野
注意点としては、「エージェントサービス」の箇所は必ず「希望する」にチェックしてするようにしてください。

そうしないと、求人サイトとしてだけの利用しかできなくなってしまい、求人の紹介や転職のサポートが受けられなくなってしまうので要注意です!

DODAの登録の詳しい手順やコツ、更に登録後のサービスの流れについては以下の記事でチェックしてみてください!

DODAに登録する際のポイントとサービスの流れをわかりやすく解説

DODAの登録方法と7つのポイント DODAの登録は以下の公式サイトをクリックし…

2.電話で面談日程の調整

私の場合、登録してなんと5分後にDODAの面談予約担当の方から電話が来て、面談の日程調整をしました。

リクルートエージェントは電話面談で担当のキャリアアドバイザーと話したのですが、DODAの場合はJACリクルートメントの場合と同じく面談の日程を調整するだけでした。

しかし、DODA登録後は私のように電話ですぐに面談日程を調整するというわけではなく、以下の4パターンに分かれるようです。

  • 1.「案件紹介は難しい」といった内容のメールが届き、電話面談すら行われない。
  • 2.電話で案件の紹介が難しい旨を告げられ、面談にはたどり着けない場合。
  • 3.まずは電話での面談が行われる場合。
  • 4.電話で対面による面談の予約を聞かれる場合。

3番目は電話面談の結果次第でサービスが利用でき、4番目はすぐに紹介できる求人があるのでサービスの利用ができます。

しかし、1番目と2番目は登録の際のレジュメでサービス利用の資格がないと判断されています。

つまり、DODAはだれでもサービス利用が可能かというと、必ずしもそうではないのです。

職歴や学歴がなかったり、登録に不備があったりしてサービスの利用を拒否されてしまう方もいるのです。

西野
私の場合、紹介できる求人がすぐにあったため電話では面談の日程調整をするだけでしたが、電話面談になった場合は面談につなげるためにいくつかポイントがありますので、以下の記事をあらかじめチェックしてください!(先述の記事ですが、登録方法とコツだけでなく電話面談の内容とポイントも詳述しています)

DODAに登録する際のポイントとサービスの流れをわかりやすく解説

DODAの登録方法と7つのポイント DODAの登録は以下の公式サイトをクリックし…

3.マイページの開設

面談前に、必ずマイページを開設し、職務経歴書をマイページ上で提出するようにメールで連絡がきます。

職務経歴書がないと、事前にキャリアアドバイザーが提案する求人を考えたり、面談当日にキャリアやスキルの深掘りがしづらくなってしまいます。

以下の画像はマイページですが、面談前に職務経歴書をアップロードしました!

西野
DODAには職務経歴書を簡単に作成できるレジュメビルダーというサービスがありますが、『リクルートエージェント』の「レジュメnavi」のほうが使いやすかったのでレジュメnaviで作成した職務経歴書をアップロードしました。
DODAの面談前日までに職務経歴書をマイページ上でアップロードする

【面談当日】会場までの道のりを解説

では、面談当日の面談会場までの道のりをご紹介していきます。

DODAのキャリアアドバイザーとの面談会場は「丸の内ビルディング」(パーソルキャリア(DODA運営会社)本社)でした。

西野
東京近郊にお住いの方はDODAのキャリアアドバイザーとの面談で訪問することになると思いますので、確認しておきましょう!

面談会場(丸の内ビルディング)までの道のり

丸の内ビルディング(通称丸ビル)までのアクセスは、面談の案内のメールに以下のように記載があります。

DODA面談会場までのアクセス

私は職場が山手線沿いにあるので、東京駅から丸ビルに行きました。

東京駅直通なので、非常にアクセスが良いですよ。

以下の画像がDODAの入居する面談場所の丸ビルです。

DODAの面談会場となるパーソルキャリア本社が入居する丸ビル
西野
東京駅丸の内南口目の前なので、すぐにわかりますよ!とはいえ、東京駅周辺には大きなビルがたくさんありますので余裕をもって到着するようにしましょう。

面談のブースまでの道のり

丸ビルの中に入ると、広々としたロビーがあります。

DODA面談会場の丸ビルのロビー
西野
ちなみに、中央に人がたくさん座っていますが約半分はDODAの面談に来ている方々でした。受付で混んだので、面談開始10分前には到着しているべきです!

警備員さんがいるので、警備員さんに免許証やマイナンバーカードなど身分がわかるものを提示して、「パーソルキャリアの面談にきました」と伝えて受付を通ります。

そして、エレベーターで27階まで一気に上がると以下の案内がありますので、案内の通り進むとDODAの受付があります。

DODA受付までの案内

受付のお姉さんに面談に来た旨を伝えると、面談のブースを案内されました。

面談を受けるブースは完全個室になっており、ネットカフェのようでした。

DODAの面談ブースは個室になっている(外側)
西野
ブースの中は外は曇りガラスになっており外からは全く見えず、防音になっていて外からの音は全く聞こえません。

プライバシーに配慮したつくりになっており、中は落ち着いたBGMがかかっていてリラックスできました!

DODAの面談ブースは個室になっており防音(内側)

【面談本番】面談の内容を暴露

では、DODAのキャリアアドバイザーとの面談の内容を暴露していきたいと思います。

面談の流れとしては以下4段階で進み、1時間ほどで面談が終わりました。

DODAの面談の流れは4ステップ

担当のキャリアアドバイザーの方は、WEBマーケティングやSEなどIT専門のキャリアアドバイザーの女性の方で、いかにも知的という見た目の方でした。

面談の最初にキャリアアドバイザーから名刺を頂きました。

面談でもらったDODAキャリアアドバイザーの名刺
西野
以下、面談の構成ごとに詳しく内容をご紹介していきます!

転職したい理由と今後のビジョンのヒアリング

最初に、転職したいと思った理由は登録内容と合っているか聞かれ、更に「今後転職活動を経てどうなりたいか」と今後のビジョンを聞かれました。

西野
今後のビジョンをちゃんと語ることができると、「転職を経てこうなりたいから絶対に転職したい!」という強い意志を伝えることができ、キャリアアドバイザーをやる気にできますよ!

キャリアアドバイザーの質問に答えていくうちに、「なんとなくこうなりたいなぁ」と思っていたのが明確になり、しっかりした転職の軸を確認することができました。

現在、過去についてのヒアリング

僕がDODAの面談で最も印象的だったのは、「現在、過去についてのヒアリング」です。

「現在の事業は楽しいですか?」「どういったところが楽しいですか?」など、キャリアアドバイザーからの質問に答えていきましたが、「なぜ慶應義塾大学を受けたのですか?」や「どういった軸で就活していましたか?」といったように過去について深く聞かれたのが非常に印象的でした。

西野
キャリアアドバイザーは、過去の経験が今の仕事にどう結びついているのか、更に転職先で過去の経験がどう生かせるのか確認しているのだと思います。

DODAのキャリアアドバイザーは非常に洞察力が高いと感じました!

企業に求める条件のヒアリング

転職理由や今後のビジョン、現在と過去の経験を聞かれた後は、これまでのやり取りを元に企業に求める条件や転職の条件を確認していきました。

例えば、転職の条件ですと「希望年収や勤務地の希望」「残業時間は気にするか」といったことを質問され、質問に対して答えていきました。

転職したい企業に求める条件については、「ベンチャーと大手どっちが良いですか?」「WEBの中でも特定の事業をしている会社が良いですか?」「行きたい特定の会社はありますか?その理由は?」などの質問に答えていき、最終的に以下のようなやり取りをして求人を提案してもらうことになりました。

DODAのキャリアアドバイザー
方向性は3つあると思っていて、1つめはBtoBの会社さん、2つめはBtoCの会社sann、3つめはメーカーや銀行など事業会社のマーケティング部です。

どの領域が良いなど、希望はありますか?

西野
特に希望はないので、幅広く見てみたいです!
DODAのキャリアアドバイザー
わかりました!では、幅広く求人をご紹介しますね。

本日の夜にはマイページ上で求人を掲載しておきます。

おそらく、200、300件ほどのご紹介になりますので、本日中にはすべて見れないかと思います(笑)

西野
そんなに提案してくださるんですね!(笑)楽しみにしてます!

面談が終了して帰宅後、キャリアアドバイザーの言葉を信じてマイページを確認したら大量の求人が掲載されていました。その数295件。

採用プロジェクト担当とスカウトサービスからの求人も合わせると、総求人数は349件という膨大な数の求人を紹介されました。

DODAで紹介された求人がDODAマイページ上で紹介されていた

面談の後日、更にメールでも求人を紹介されました。

DODAの面談後日、メールでも求人が紹介された

職務経歴書の添削

最後に、マイページ上で提出した職務経歴書の添削指導をしてくれました。

西野
私自身初めての転職で職務経歴書を書いたことがなかったので、かなり改善の余地があると言われてしまいました…

具体的には、「仕事で上げた成果は具体的に数字を使って書いた方が良い」「クライアントのweb経由の売上比率を30%引き上げたのはどのような戦略を立てたからなのか詳しく書いた方が良い」といったことを指摘されました。

西野
キャリアアドバイザーの方は実際に僕と同じ事業をしているような方の職務経歴書のサンプルを用いてどこが良くてどこがダメなのか指導してくださり、丁寧でわかりやすかったです!

職務経歴書の添削指導が終わると、マイページの使い方を実際の画面を使って教えてくれ、最後に質問や疑問がないか聞かれて1時間にわたるDODAの面談は終了しました。

面談の際の3つのポイント

では、ここからは私も説明させていただきますね。

面談の際は、事前に以下の3点を意識するようにしておきましょう!

【面談の際に意識するべき3つのこと】

  • ①「今すぐ転職をしたい」という熱意を伝える
  • ②事前に企業に求める条件や不安なことを明確にしておく
  • ③自分を飾らず包み隠さず話す

①「今すぐ転職したい」という意思を伝える

DODAはじめとした転職エージェントは利用者を求人企業に転職させ、求人企業から転職した利用者の年収の一部を紹介手数料としてもらうことで売上を立てています。

そのため、「今すぐ転職したいんだ…!」という熱意を伝えることで「売上につながりやすい有望な利用者」と思わせることができ、キャリアアドバイザーのやる気に火をつけることができますよ!

②事前に企業に求める条件や不安なことを明確にしておく

事前に企業に求める条件や不安なことを明確にしておくことで、面談がサクサク進みますし、キャリアアドバイザーはよりあなたに合った求人を提案することができます。

転職は人生において大きなイベントなのですから、面倒くさがらずにキャリアアドバイザーとの面談の前には必ず自分が転職に求める条件や不安なことをまとめておくようにしましょう!

③自分を飾らずに包み隠さず話す

面談で最も大事な点が「自分を包み隠さずに話す」ということです。

キャリアアドバイザーとの面談では、「自分を良く見せたい」「質の高い求人を紹介してもらいたい」と考えて嘘をついて自分を良く見せようとする人がいますが、嘘は必ずばれるので絶対に嘘はつかないようにしてください。

見栄をはって嘘をついてしまうと、DODAからの信用をなくしてしまって求人を紹介されなくなってしまうことになってしまいます…

面談の際は嘘をつかず、ありのままの自分で臨んでください。

DODAの面談についてよくある質問

DODAの面談を受ける前に、疑問は解消してから面談に臨みたいですよね。

そこで、DODAの面談でよくある質問と、質問に対して回答していきたいと思います。

DODAの面談は私服?スーツ?

DODAの面談時の服装ですが、結論なんでもOKです。

僕も私服で参加しました。

でも、面談の際、本当に私服で大丈夫だったのか心配になったのでキャリアアドバイザーの方に訊いてみましたが、キャリアアドバイザーの方は

DODAのキャリアアドバイザー
「服装は自由なので私服でもOKです。仕事終わりなどでスーツの方もいますが、自分を表現できる服装であればなんでもありです。ジャージでもOKですよ笑 髪型や髪色も自由でOKです!」

と言っていました。

ただ、キャリアアドバイザーの方はこのように言ってくれていますが、あまりにも清潔感のない恰好は避けましょう。仕事でも清潔感がないのでは?と思われ、良質な求人を紹介してもらえない可能性もありますよ。

DODAの面談の際の持ち物は?

面談の際には、「運転免許証」「マイナンバーカード」「パスポート」など身分証明ができる顔写真つきの身分証明書を持参するようにしてください。

西野
僕の場合はパーソルキャリアが入居する丸ビルでしたが、他の面談場所でも建物内に入るときに身分証が必要になりますので、忘れずに持参するようにしましょう!

DODAの面談の開催場所は?

DODAの面談の開催場所は本社か支社になります。

以下、全国のDODAの面談開催場所になります。

面談開催場所 東京 東京都千代田区丸の内2-4-1
丸の内ビルディング27F・28F
横浜 神奈川県横浜市西区北幸1-11-15
横浜STビル14F
名古屋 愛知県名古屋市中村区名駅三丁目28-12
大名古屋ビルヂング14F
京都 京都府京都市下京区西洞院通り
塩小路上ル東塩小路町608-9
日本生命京都三哲ビル2F
大阪 大阪府大阪市北区大深町3-1
グランフロント大阪タワーB 17F
神戸 兵庫県神戸市中央区江戸町95
井門神戸ビル9F
広島 広島県広島市中区基町11-10
合人社広島紙屋町ビル4階
福岡 福岡県福岡市中央区天神1-1-1
アクロス福岡13F
北海道 北海道札幌市中央区北一条西4丁目2-2
札幌ノースプラザ9F
仙台 宮城県仙台市青葉区国分町3-4-33
仙台定禅寺ビル3F

 

もし、「近くに面談できる場所がない」ということでしたら、電話のみでも面談を受け付けているので電話面談で対応してもらいましょう!登録の後のメールで「電話面談希望」との旨をキャリアアドバイザーに伝えてください。

DODAの面談は土日でも受けられる?

DODAの面談は平日(9:00~20:00開始)か土曜(10:00~18:00開始)の間で行われ、日曜は対応していないのでご注意ください。

もし、「仕事が終わるのが遅くなってしまう」「どうしても時間が取れない」ということであれば電話でも対応してるので、面談予約の際に予約担当者かキャリアアドバイザーに伝えましょう。

まとめ|DODAの面談を受けて転職活動のスタートダッシュを決めよう!

西野
ここまでついてきてくださりありがとうございました!

実際に面談に行ってきた体験談をもとに「DODAの面談はどのようなことを聞かれるのか」「DODAの面談はどう進むのか」などDODAの面談について多角的に説明してきました。

ここで、この記事のポイントをおさらいしておきましょう!

【この記事の3つのポイント】

  • 1.DODAの面談は3ステップで予約できる
  •  ①DODAに登録
  •  ②電話で面談日程の調整
  •   ・・・電話面談になる場合も多いので、「DODAに登録する際のポイントとサービスの流れをわかりやすく解説」を読んで電話面談の際のポイントを確認しておくべし
  •  ③マイページの開設
  •   ・・・面談前日までに職務経歴書のアップロードを忘れずに!
  • 2.DODAの面談は4段階の流れで進む
  •  ①転職したい理由と今後のビジョンのヒアリング
  •  ②現在・過去についてのヒアリング
  •  ③企業に求める条件のヒアリング
  •  ④職務経歴書の添削
  • 3.面談は以下の3点を意識して臨むべし!
  •  ①今すぐ転職をしたいという熱意を伝える
  •  ②事前に企業に求める条件や不安なことを明確にしておく
  •  ③自分を飾らず包み隠さず話す
西野
DODAは業界トップの利用者満足度です。実際、面談ではキャリアアドバイザーが親身になって話を聞いてくれたので非常に満足できました!

皆さんも、DODAに登録して面談を受け、転職の悩みを相談してみてください。

DODAの良いところは、完全無料なので気軽に試せることです。登録もサクッと終わるのでこの機会に登録してみましょう!

人気のある求人はすぐに掲載が終了してしまうので、早めの行動が大事ですよ!

登録方法や登録の際のポイント、サービスの流れを確認しておきたい方は以下の記事もチェックしてみてください。

DODAに登録する際のポイントとサービスの流れをわかりやすく解説

DODAの登録方法と7つのポイント DODAの登録は以下の公式サイトをクリックし…

DODAについて紹介している記事

転職エージェントの面談について紹介している記事

の口コミ平均評価

評価なし 評価なし (全0件)

あなたの評価を教えてください!