DODAエージェントサービスに登録する際の3つの注意点と登録のコツ

DODAは適当に登録しては絶対にダメ!DODAのエージェントサービスは登録すれば誰でもサービスが受けられるわけではないんです。ここでは、DODAに登録する際にココは絶対気を付けたいという注意点や電話面談のコツ、登録の実際の流れを詳しくご紹介します。

DODAのエージェントサービスに登録しても断られることもある

転職エージェントサービスはたくさんあります。
どの転職エージェントも、アドバイザーやコンサルタントが相談に乗ってくれたり、条件交渉を代行してくれたり、面接などをサポートしてくれたりする嬉しいサービスです。

しかし、そういったサービス自体を受けるどころか、コンサルタントとの面談すら断られることもあることをご存知でしょうか?
そもそも、転職エージェントサービスはいろいろな手厚いサービスが全部無料!って不思議だと思いませんか?

転職エージェントサービスは求職者と企業をマッチングし、採用されると企業側から報酬を得るという仕組みになっていて、その報酬(FEE)の相場は採用された求職者の年収の3割程度と言われています。
つまり、年収500万円の人が転職エージェント経由で採用されると、150万円ほどの報酬が転職エージェント運営会社に支払われるということになります。

転職エージェントが確実に利益を上げるには、採用の見込みがある経験やスキルの高い転職希望者にたくさん登録してもらうのが正攻法です。
だから、企業から欲しいと言われそうにないと転職エージェントサービスが判断すれば、コンサルタントとの面談すら拒否されるということが起こるわけです。

転職エージェントサービスを確実に利用するには、ただ漫然と申し込むだけでは登録は出来てもその先のサポートなどを受けられないかも知れません。
それは、リクルートエージェントに次ぐ業界第2位と言われるDODAも同じです。

そこで、DODAのエージェントサービスを確実に受けるために、登録時や電話面談時に注意したいこと、やっておきたいことを徹底リサーチしました。

DODAを利用しようと思っている方は登録前に是非チェックしてみて下さい!

DODAエージェントサービスに登録する際の3つの注意点

登録する際のレジュメを丁寧に作成しておく

最近ビジネスシーンでは「レジュメ」という言葉が良く聞かれますが、レジュメとはフランス語で「要旨・概要」といった意味で、人材業界においては履歴書や職務経歴書の事を指す用語です。

DODAに登録する際に、名前などの個人情報とともに以前の職歴や経験・スキル、希望する条件などを記入しなければなりません。

この登録の際の情報が、いわばDODAが登録希望者を評価する基準となる「レジュメ」となりますから、このレジュメの書き方によってコンサルタントとの面談まで進めるかどうかが決まると言っても過言ではありません。

会員登録とエージェントサービスは違うことを把握しておく

リクルートエージェントやマイナビエージェントであれば、「サービスに登録すること=エージェントサービスを利用する」なのですが、DODAは求人情報を検索する「転職サイト」と人材紹介サービスの「エージェントサービス」の両方を手掛けているので、転職サイトのみを利用するのか、エージェントサービスも一緒に受けるのかを選べるようになっています。

ただDODAに会員登録するだけであれば、求人情報を閲覧するだけの転職サイト利用になります。
登録する際に「エージェントサービス」を申し込んでおかなければ、面接日程の調整や条件交渉などのサポートサービスが受けられませんので注意が必要です。

電話面談をしっかりしないとキャリアカウンセリングが受けられない

登録が無事終了するとその後のDODAからのリアクションはいくつかあります。

  1. 「案件紹介は難しい」といった内容のメールが届き、電話面談すら行われない。
  2. 電話で案件の紹介が難しい旨を告げられ、面談にはたどり着けない場合。
  3. まずは電話での面談が行われる場合。
  4. 電話で対面による面談の予約を聞かれる場合。

このうち①と②は、登録の際のレジュメで見込みがないと判断されていますが、③の場合には電話面談の結果次第では担当者と直接面談できる可能性があります。

つまり、この時の電話面談が重要だということです。
せっかくチャンスがあったのに、カウンセリングを受けられない!では目もあてられません。

DODAエージェントサービスのレジュメの書き方

先程述べたように、登録の際のレジュメは丁寧に書くことが大切です。

DODA登録の際にとても重要となるレジュメの書き方のコツをご紹介します。

希望条件や経験・スキルなど、6つの項目に分けてご説明します。

希望条件欄では希望を絞りすぎない

転職を目指す人にはそれなりに希望の業種や職種があると思います。
ただ、ここで業種や職種をあまり絞り込んでしまわずに、ある程度幅をもった書き方をしておく方が選択肢が広がります。

例えば現在、家電メーカーで営業職に就いているからと言って、「家電メーカーの営業希望」と絞り込んでしまうのではなく、「家電関連業種希望」だったり「業種は問わず営業職」といったように含みを持たせて書く方がいいようです。

「エージェントサービスを希望する」にチェックを入れておく

DODAは転職サイトと転職エージェントが合体したサービスであることをお伝えしました。

面接の日程調整や条件交渉、面接や書類作成のアドバイスといったエージェントサービスを利用したいのであれば、忘れずにエージェントサービスを希望するにチェックを入れておきましょう。

そうでないと、電話面談にすらたどり着けませんから。

転職希望時期はなるべく早く

会員登録画面でエージェントサービスを希望して申し込むと、希望条件やカウンセリング設定の詳細入力画面が追加されます。

ここで希望の転職時期を選択できるのですが、あまりに遅い例えば2~3年後の転職希望であれば、採用側にもDODAにとっても必要な人材とは認められず、面談を拒否されるかも知れません。

できるだけ早い時期を選択しましょう。

経験・スキルは多く書いておく

先程の詳細入力画面で、資格や英語力や経験・スキルを登録することが出来ます。
経験やスキルはたくさんあるほど評価されますから、可能な限り入力しましょう。

その中でも採用側が重視していると言われるのが「組織マネジメント経験」です。
例えば後輩やアルバイトに業務に関する指示を行った場合もマネジメントですから、スキルに加えておきましょう。

転職理由は素直に

転職理由を入力する際には素直な理由を書けばいいのですが、「休みが少ない」「収入が低い」や「周囲とうまくいかず」といったようなネガティブな理由をそのまま書くのではなく、ポジティブな表現に変換しましょう。

例えば「よりモチベーションを高く持てる職場で会社に貢献したい」や「より効率的に働ける環境に身を置きたい」といった表現です。

もちろん、面談・カウンセリングの際には「実は…」と本音を打ち明けた方が希望が伝わりやすいので安心して相談しましょう。

職務内容は職務経歴書と同じものを記載する

登録画面の職務内容は正直に書くのはもちろんですが、正確に伝わるように事前に職務経歴書を作成しておいて、それと同じ内容を記入しましょう。

その後の電話面談でも尋ねられるので、一貫した答えが出来るように事前に用意しておくと安心です。

DODAエージェントサービスを受けるための電話面談のコツ

一般的に転職エージェントサービスは、登録するとコンサルタントの面談もしくはカウンセリング拒否のどちらかとなります。

しかし、DODAはエージェントサービスに登録が完了したら、すぐにカウンセリングか否か?ではなく電話による面談というステップがあります。

コンサルタントによるカウンセリングにたどり着けるのか?それともそこで終了してしまうのかは電話面談にかかっています。

エージェントサービスを受けられるかどうかが決まる電話面談成功へのカギをご紹介します。

電話面談で聞かれること

まずは電話面談で聞かれることを挙げてみましょう。

  • 希望業種・職種
  • 希望年収
  • 転職の意思
  • 転職時期
  • 転職理由
  • 現在(または前職)の業種や職種
  • 経験やスキル
  • 現在の転職活動の状況

こういったことが聞かれると思いますので、手元に職務経歴書を置いて事前に答えを用意しておきましょう。

転職活動状況は正直に話す

今現在、どういった転職活動を行っているのか?もしくはまだ何も活動を始めていない、といった転職活動状況は正直に話しましょう。

さらに、他の転職エージェントや転職サイトを利用しているならば、それも打ち明けていいでしょう。

担当者も出来れば自社経由で採用が決まって欲しいですから、一生懸命になってくれるかも知れません。

転職の意思は固くしておく

もし、まだ転職をはっきり決めていない、どうしようか迷っているという場合、転職の意思が固まってから登録した方がいいかも知れません。

とりあえず登録して、転職できるところを探すという利用の仕方もあると思いますが、電話面談で転職の意思があまり無いと感じたら見込みなしと判断され、サポートを拒否されるか無事面談まで進んでも親身になってサポートしてくれない可能性があります。

転職する!という意思はしっかり固めておきましょう。

転職理由は前向きな理由にしておく

先程レジュメの項で電話面談では転職理由は正直に話していいとご説明しましたが、あまりに後ろ向きな理由や、ただの愚痴になってしまわないように気を付けましょう。

退職理由と転職理由は違います。ここが嫌、我慢できないから辞めるといういわば後ろ向きなのが退職理由ですが、労働環境を改善したい、もっと上を目指したい!という前向きなのが転職理由と言えるかも知れません。

ただ不満を並べるのではなく、「その不満を解消し、こういった職場でこんな仕事がしたい!」というポジティブな転職理由なら、担当者のモチベーションも上がると思います。

希望年収は妥当な金額にする

誰でも年収は高い方がいいに決まっています。でも、「現実的に考えてそれは無理…」な年収を転職先に希望するのは得策ではありません。

レジュメの希望条件でも幅を持たせると書きましたが、希望年収も妥当な金額にしましょう。

とは言っても、あまりい低い金額設定ではブラックな求人しか回ってこないかも知れませんから注意しましょう。

DODAエージェントサービスの登録方法

レジュメの書き方や電話面談の注意点が分かったら、いよいよDODAに登録です。

実際の登録画面を見ながら、手順や注意点を詳しくご説明します。

まずは名前や生年月日といった個人情報の入力です。

次にメールアドレス(会員ID)やパスワードの設定です。

続いて学歴を入力します。

ここからが重要です。現在の勤務状況や転職回数を記入します。

この職務経歴と、後から入力する経歴やスキルが面談に値するか否かの判断材料になっていると思われますので、集中して良いレジュメになるよう努力しましょう。

ちなみに、選択の部分はこういったプルダウンメニューになっています。

そして初期入力画面の最後に自由記入欄があります。希望する業種や職種、年収などを記入します。

最後に忘れてはいけないのがエージェントサービスに申し込む事です。
2項目とも最初からチェックが入っていますので、忘れないとは思いますが念のために

以上でSTEP1は終了です。続いてSTEP2に進みます。

語学力や資格、スキルを記入します。
レジュメの項でご説明したように、経験・スキルは出来るだけたくさん記入しましょう。

さらに直近の職務経歴ですが、STEP1にはなかった項目「職務内容」があります。
現在の仕事の内容を詳しく、それでいて簡潔にまとめましょう。

続いて希望条件の入力です。
希望職種や希望勤務地を記入しますが、任意にはなっていますが転職希望時期は先程もお伝えしたように、出来るだけ早い時期に設定しておきましょう。

最後にキャリアカウンセリング、つまり担当者との面談の希望を入力します。
これはあくまで希望ですので、面談の予約ではありません。

以上でDODA転職エージェントへの登録が終了しました。

DODAエージェントサービスを使って転職を成功させよう

DODAエージェントサービスへの登録に関する記事、いかがでしたでしょうか?

転職活動に必須のアイテムとも言える「転職エージェントサービス」、その中でもリクルートエージェントと並んで是非登録して欲しいエージェントサービスのDODA。

レジュメや電話面談といった関門を突破して手厚いサポートを手に入れましょう。
そして、あなたにとってベターな、いえ、ベストな転職を成功させましょう!

※記事の内容は、執筆時点での最新の情報となり、サービス内容・利用料金等を保証するものではありません。この記事の情報を基に行動する利用者の判断について、当社は一切の責任を負いかねます。サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、しかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。