▼当サイトで申込みが多い転職エージェントはこちら!(複数のエージェントに登録することで年収アップに直結する非公開求人を見つけやすくなります!)

【1位】リクルートエージェント絶対に使うべき、国内最大手のNo1転職エージェント!公開求人・非公開求人含め20万件以上というダントツ業界トップの求人数
【2位】DODA利用者満足度はなんと驚異の90%!キャリアアドバイザーが優しく丁寧にサポートしてくれることから転職初心者には最適
【3位】JACリクルートメント転職エージェントオリコンランキングで毎年総合第1位という非常に高い評価を受けている転職エージェント。

▼【登録無料】転職活動で役立つ!あなたの気づいていない強みを発見できるリクナビネクスト グッドポイント診断に登録しましょう!

3分で完了!グッドポイント診断はこちら!

期待しない生き方のすすめ|人にも自分にも期待しない方法・心理・名言・本など

期待しない生き方と聞くとあまり良い印象ではないかもしれませんが、期待しない生き方とは一体何かが分かり理解できれば、他人にイライラしたり自分にイライラすることがなくなり、心穏やかに過ごせるようになります。

例えば、「この人はこうしてくれるだろう」と期待していたのに結局してくれかった時に、自分で勝手に期待しただけで相手は悪いことをしていないのに裏切られた気持ちになることはありませんか?

ここではそのような期待しない生き方について、解説いたします。

この記事を読めば、相手に期待しなくなり、より人生が豊かになることをお約束いたします。

期待しない生き方とは

裏切られた気持ちになるとイライラしたり、クヨクヨ悩んでしまいます。このような気持ちになるのは相手に期待しすぎたためです。

ですので、期待しない生き方を身につけることでこのような気持ちになることがありませんので、心穏やかに楽しく過ごすことができますし、相手に対してイライラすることもなくなります。

期待しない生き方をするには、例えば「自分でできることは全てやる」ことは相手に頼りすぎず自立心を持つことになりますし、「最終的な結論は自分が出す」というように結論を相手任せにするのではなく、自分の責任で結論を出すと相手に腹が立つこともなくなります。

このように、期待せずに生きるにはどのようにしていけばよいのか、そして期待せずに生きることでどのようなメリットがあるのかなど、期待しない生き方について解説していきましょう。

人に期待しない心理とは

人に期待するとイライラしたりクヨクヨするため精神的に辛い状態になります。

人への期待度が高ければ高いほど落胆は大きく、「この人は自分のことが嫌いなのかもしれない」と考えなくてもよいことを考えてしまったり、期待に応えてくれなかった時は相手を妬ましく思ってしまったり、怒りがこみあげてくることもあります。

このように、人に期待することで自分が抱えるリスクが増えますし、期待が大きければ大きいほどリスクも大きくなります。
ですが、期待度が小さければリスクも小さくなり、期待しなければリスクがないということなのです。

人それぞれ生きてきた環境が違うため価値観は違います。
そのため、「相手はこう思ってくれるだろう」「相手はこうしてくれるだろう」と期待しても、思い通りにならないことのほうが多いのです。

人に期待すると精神状態が不安定になったり、仕事に支障が出たりと期待することでリスクも生じます。
ましてや、「こう思ってほしい」「こう行動してほしい」と相手を変えることは価値観が違うため無理なのです。

相手を変えることが無理なら自分が期待しないようにすることでな精神的なダメージを防ぎ、得られるメリットもありますが、期待すればリスクが伴うということを覚えておかなければなりません。

期待しない生き方、10つのメリット

期待しない生き方をするということは、自分が思っている以上に大きなメリットがあります。
精神的にラクになるだけではなく自分の成長にもつながるので、期待しない生き方は生きていく上で必要なことなのです。

では、期待しない生き方で得られるメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。
メリットの中でも大きなものを10項目挙げてみました。

1.気持ちに余裕が出てくる

人に期待しなくなると精神的なダメージがなくなるので、気持ちに余裕が出てきます。

気持ちに余裕が出てくると「こうしてくれたらいいのに」と思っていた相手にも優しく接することができますし、心がスッキリしているので仕事の効率も上がります。

2.落胆する事が少なくなる

人に期待すればするほど落胆して辛い感情を抱くことになりますが、期待しなければ落胆することも少なくなり、精神的なダメージを受けることが少なくなります。
精神的なダメージを受けると仕事に支障が出たり、抱きたくない怒りや妬みなどの感情もなくなり、人間関係を悪くすることもありません。

相手に期待してしまったがために怒りや妬みの感情を抱いて人間関係が悪くなってしまうこともありますので、期待しないということは人間関係を良好に保つためにも必要なことなのです。

3.価値観の違いを受け入れやすくなる

相手に期待しなくなると、相手が自分の思っていた答えと違う答えを出しても「価値観が違うから仕方ない」と受け入れやすくなります。

相手に期待していると「なぜこうしてくれないの?」と自分と同じ価値観を求めようとしますが、相手に期待しなければ「この人はこういう人なんだ」と相手のことを受け入れやすくなります。

相手のことを受け入れやすくなると、相手は自分のことを理解してくれる人だと感じ絆も深まります。

4.自分にとって何が大切かが分かるようになる

「期待」は「依存」でもあります。
相手を頼りにし過ぎて期待しているので、この場合の期待と依存は同じです。
ですが、依存しすぎるとそのことばかりに目が行き、自分にとって何が大切なのかわからなくなってしまいます。

期待も同じで、期待しすぎるとそのことしか見えなくなってしまい、何が大切なのかを見失ってしまいます。
ですが、期待しない・依存しないことで自分で考え、行動するようになりますので、自分にとって何が大切なものかがわかるようになるのです。

5.自分がしたい事が増え、活動的になる

人に期待することがなくなると、自分で考え行動することが増えるので、自分がしたいことが見えてきて「やりたい」と思うことが増えてきます。

人に期待していた時は消極的だった人や、自分から行動することがなかった人も、期待しなくなることで自分で動き、考えるので活動的になり精神的にも強くなり明るくなります。

6.人付き合い・人間関係が楽になる

人に期待するとイヤな感情を抱き人間関係を崩してしまうこともありますが、期待しなくなることで人間関係も良好になり人付き合いや人間関係が楽になります。

仕事をする上でもプライベートでも人間関係は重要です。
人間関係が原因で仕事を辞めてしまう人が多い中、期待せずに過ごすことで人間関係をさほど気にすることがなくなり、生活自体が楽になっていくのです。

7.客観的な考え方ができるようになる

人に期待しなくなると、その人のことや周りが良く見えるようになり、客観的な考えができるようになります。
人に期待している時は、期待している人ことばかり気になったり、自分はこう思っているのにと自分の感情ばかりを優先させていたはずです。

ですが人に期待しなくなれば、その人の執着することもなくなり自分の感情をおしつけることもなくなるので周囲がよく見えるようになり主観的な考えから客観的な考えができるようになるのです。

8.仕事の幅や縁が広がる

仕事の幅が広がったり、縁が広がるようになるには自分が成長していなければなりません。
自分が成長していなければ巡り合う人は今までと同じような人ですが、自分が成長すると巡り合う人の質が高くなります。

自分の成長に合わせて縁や仕事の幅が広がるのですが、他人に期待していてはなかなか成長することができません。
他人に期待しなくなると自分で考えたり行動を起こすようになりますので、できる仕事の幅も広がり自分が成長することで縁も広がるようになるのです。

9.リスク対策ができるようになる

人に期待しないということは、自分でやらなければならないことが増えます。
つまり、自分にできることが増えるので何かリスクがあることが生じても、そのリスクに対して対策を講じることができるようになります。

リスク対策ができるのは仕事の面でも役に立ちますし、人から頼られる存在になりますから、さらに自分に自信がついて人に期待することも少なくなるでしょう。

10.自分に対して厳しくなる

人の期待しなくなると自分がしなければならないこと、またできることが増えるので自分に対して厳しくなります。
自分に厳しい人は人に対しても厳しいという意見がありますが、これは人の期待している人の場合です。

自分に厳しいけれど人の期待しない人は、他人には優しくできるのです。
そして、自分に厳しいことで今までできなかったことができるようになったり、会社での評価も上がり、なりたい自分に近づけるのではないでしょうか。

人に期待しない方法

人の期待しなければ得られるメリットがたくさんあるということがわかりました。
では、人の期待しないようにするにはどうすればよいのでしょうか。
人に期待してきた人にとっては、期待しない方法がわからず難しく感じるかもしれません。

ですが、期待しない方法を知れば「これならできるかも」と思うようなこともありますので、まずはできることから始めてみてはいかがでしょうか。

それでは、人の期待しない方法をご紹介しましょう。

自分は自分、他人は他人と割り切る

人の期待してしまう人は、自分と他人が同じ価値観であってほしいと思っていることが多く、自分の価値観に賛同してもらえなければ裏切られたと感じマイナスの感情を抱いてしまいます。

ですが、人それぞれ育った環境や生まれた環境が違うため価値観が違って当たり前なのです。
自分と他人は違うのだということが理解できれば、自分は自分、他人は他人と割り切ることができるでしょう。

最初は難しく感じますが、自分には理解できないことをするのも、理解できるけれど自分ではできないと感じるのも全て他人を見て感じることです。
「こんな人もいるんだ」と学ぶ気持ちで接することができれば、割り切ることができるようになるでしょう。

できる範囲内は自分で行動する

人に期待しないようにする第一歩と言ってよいのが「できる範囲のことは自分で行動する」ということです。
人に期待してしまうと「こうしてほしい」「ああしてほしい」と思っているため自分で行動することが少なくなります。

結果的に自分でできることは少なくなりますし、人がしてくれなかった時にはマイナスの感情が生まれますので、人に頼りきるのは良いことではありません。
できる範囲のことを自分で行動するようにし、できなかった時に他人に頼むようにすると、その人のすごさもわかりますし、こんな人になりたいと目標もでき仕事にやりがいが出てきます。

また、できる範囲のことを自分で行動するようになると他人に頼ることが少なくなりますので人に期待することが減る上に自分でできることが増えるので一石二鳥で良い方向に進むことでしょう。

自分に期待しない方法

これまでは他人に期待しないということでお話してきましたが、自分に期待しすぎても疲れてしまいます。
自分に期待するというのは「これくらいなら自分はできる」「自分ならやり遂げることができる」と自分へのハードルを上げてしまうことです。

自分へのハードルを上げると達成した時の充実感は得難いものがありますが、達成できなければ自己嫌悪に陥りますし、やる気もなくなってしまいます。

自分への期待は、ある程度必要ですが必要以上に期待してしまうと精神的に疲れてしまいますので、自分に期待しないということも大切なのです。

では、自分に期待しない方法とはどのような方法なのでしょうか。
自分を追い詰めないためにも皆様に知っていただきたい方法ですので覚えておいてください。

自分で出来る範囲の結果で満足したと思うようにする

まず、自分に期待している人は自分ができる範囲以上の結果を求めていることがあります。
自分のMAXの力より少し高い力を出さなければ到達できない結果であれば成長していけるのですが、明らかに自分の今の力量では届かない結果を求めている人がいます。

まずは分の力量を見極め、自分が出来る範囲内の力で結果が出せるようにしましょう。
そこから少しずつ目標を高くして結果が出せるようにしていけばよいので、最初は自分の出来る範囲で出た結果に満足して「達成感」を感じることが大切です。

自分でコントロールできないものは諦める

自分に期待しすぎると「自分ならできる」と自分ではコントロールできないようなことも「できる」と思ってやり続ける人がいます。

「無理!できない!」と言うよりは「できる!」と思って取り組む方が良い結果を招くことが多いのですが、自分でコントロールできないような大きなものは、いくら「できる!」と思っても良い結果にならないことが多いのです。

「できる!」と思っていたのに結果が「できなかった」となると精神的にもダメージを受けますし、自分はできない人間なんだと思い込んでしまいます。
ですが、自分ではコントロールできないようなことに挑戦しているのでできなくても当然なのです。

自分でコントロールできないようなことに取り組む場合は、自分にできないと判断したら素直に諦めることも大切です。

期待した事が実現できるか、目標に変換してみる

自分に期待しすぎているとわかった時に、自分が設定した目標が実現できないとなると「自分はできない人間なんだ」とマイナスの感情が出てきてしまいます。
マイナスの感情が出てきてしまうと、期待しない生き方がよいとは言えません。

ですが、期待していた目標が実現できない時は、最終的な目標に変換してみてはどうでしょうか。
すぐに実現できない事でも、小さな目標達成を重ねていくことで、最終的に最初に設定した目標に到達することができれば「できた」ことになります。

いきなり大きな目標を実現させようとするのではなく、小さなことの積み重ねから大きな目標を達成できる自分に成長できるのです。
期待を期待のまま終わらせてしまっては、何も達成できない自分になってしまいます。

最終的な目標に変えて、小さな目標を叶えていくという行動を起こすように流れを作ってみましょう。

「どのように目標を立てればいいのかわからない」という方は下記の記事をご覧ください。具体的に目標の立て方が書いてあるので、目標を立てやすくなるでしょう。

人に期待しない名言

期待しないと思っていても、今まで人に期待して生きてきたのですから、すぐに自分の考えを変えられるものではありません。

「また期待して裏切られた気分になってしまった」という時は、人に期待しない名言を覚えておくと「そっか、忘れてしまっていた」と人に期待しない生き方が自分のメリットになると思い出すことができます。

では、人に期待しない名言をいくつかご紹介しましょう。

他人を変えるより自分を変えた方が早い

「他人を変えるより自分を変えた方が早い」という言葉は人に期待しない生き方をする上で、とても大切なことです。
そして、自分が成長する上でも大切な言葉ですから、覚えておいたほうがよいでしょう。

人は「こうしてほしい」「ああしてほしい」と他人に期待しがちです。
ですが、その人と自分とは生きてきた環境が違いますから、相手に悪気はなくても自分が思ったような行動をしてはくれないでしょう。

自分が勝手に相手に期待して、勝手に裏切られた気分になりマイナス感情を抱くくらいなら、自分が変わった方が早いですし、相手を恨んだり妬むこともありません。

自分が人に期待しない生き方をすることで自分が変わっていき、自分が成長するにつれて周りの環境も変わってきますから、自分が生きやすいように変わっていくのです。

他人の人生観や過去は、十人十色でみな違う

自分の価値観を押し付けるのは、人に期待している証拠です。ですが、自分が思ったように相手は行動してくれません。

同じ環境い育ったように見える兄弟でさえ、考え方や性格、人生観は違います。

誰一人として自分を同じ過去を持ち、人生観を持ち、価値観を持っている人はいないのです。
十人十色という言葉があるように、人それぞれ違っていて当然ですから、自分の価値観と違っていて当たり前だということを覚えておきましょう。

期待した時は落差があることを承知しておく

人に期待しない生き方をしていても、どうしても期待しなければならない場面が出てきます。
例えば、「プレゼンを任せる」「チームリーダーを任せる」など、誰かに何かを任せる時は少なからず期待してしまうものです。

「プレゼンがうまくいって契約が取れれば…」「うまくチームをまとめて優勝できれば…」と期待してしまう気持ちもわかります。
ですが、期待すれば「落差」があることはこれまでにもお話しました。

もし、誰かに期待してしまうときは、必ず落差があるということを承知しておかなければなりません。
落差があることを承知していなければ、また裏切られた感情が芽生えてしまいます。

ですが、落差があることを承知していれば「仕方ない」と割り切れるのです。
「期待すれば落差がある」ということをしっかり覚えておきましょう。

期待しない生き方や期待しない方法に関する本

期待しない生き方をさらに理解したいという人のために、期待しない生き方に関する本をご紹介します。

アメリカ文学者の詩人であり、「老子」がベストセラーにもなっている加島祥造氏の著書「求めない」という詩集です。

理論的に「期待しない生き方」を書いているわけではなく、「求めない」から始まる約100篇の詩を集めたもので、あらゆる「求めない」が書かれており、期待しないという部分ではリンクして読むことができます。

詩集の中には「なるほど」と思うことも多く、期待しない生き方をさらに深く知ることができるのではないでしょうか。

期待しない生き方を試してみよう

期待しない生き方は自分の心を癒し、自分を成長させるものです。
期待すればするほど自分の心は荒れていき、期待すればするほど自分では動かないので成長することもありません。

人に期待することがどれだけ自分を弱くし何もできない自分になるかがお分かりいただけたのではないでしょうか。
期待しない生き方を試してみれば自分が成長していけると実感できますし、強くなれる自分にも気づくでしょう。

そして強くなっても心穏やかにスッキリとした気持ちになり、これからの自分の人生が楽しくなっていくのではないでしょうか。

※記事の内容は、執筆時点での最新の情報となり、サービス内容・利用料金等を保証するものではありません。この記事の情報を基に行動する利用者の判断について、当社は一切の責任を負いかねます。サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、しかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。