▼当サイトで申込みが多い転職エージェントはこちら!(複数のエージェントに登録することで年収アップに直結する非公開求人を見つけやすくなります!)

【1位】パソナキャリア業界ダントツのサポート力を誇る利用必須の転職エージェント。利用者満足度96%
【2位】type転職エージェント年収アップ率は業界ダントツの71%!質の高い求人と桁外れな対企業交渉力が特徴。
【3位】リクルートエージェント絶対に使うべき、国内最大手のNo1転職エージェント!公開求人・非公開求人含め23万件以上というダントツ業界トップの求人数

▼【登録無料】転職活動で役立つ!あなたの気づいていない強みを発見できるリクナビネクスト グッドポイント診断に登録しましょう!

3分で完了!グッドポイント診断はこちら!

アプローチ別|仕事のやる気が出ないときにモチベーションを引き出す方法

「やる気が出ない」と一口にいっても、「仕事に対しやる気をまったく感じることができない」「やる気がわくまで時間がかかる」「やる気は出るけれど持続しない」など、いろいろなパターンの人がいるでしょう。

モチベーションがない状態をある状態にし、持続させるには、ネックになっていることを把握し、適切な対処法をとるのがポイントです。今回は、それを実行するために有用な情報をまとめました。

仕事のやる気が出ない人のセルフチェック

心身の疲労や仕事内容、人間関係と、仕事のやる気が出ない理由はいろいろあります。あなたは以下のどれかに当てはまってはいませんか?

  • 残業や休日出勤が多い
  • 仕事にやりがいがない
  • 職場や取引先に嫌いな人がいる
  • 周囲に相談できる人や尊敬できる人がいない
  • 言われたことをただこなしている
  • 自分のスキルや経験を活かせていない

自分がどれに当てはまるのか知れば、解決策も見えてくるというものです。さっそく、セルフチェックしてみましょう。

残業や休日出勤が多い

しっかりと休めなくなってしまうのが、残業や休日出勤が多いことの問題点です。日々の疲労がその場その場でしっかり取り除かれなければ、残った疲労が体に溜め込まれていってしまいます。

心身の疲労が蓄積されてくると、さまざまな症状があらわれます。やる気が出ないこともそのなかのひとつ。放置しているとうつ病、過労死といった深刻な問題に繋がりかねません。

仕事にやりがいがない

仕事をはじめたばかりの頃はどんな仕事にも新鮮味があるものです。しかし、毎日同じでは時間の経過と共に飽きがきます。地味で単調な作業を繰り返す毎日で、やる気がわかなくなっているのかもしれません。

また、何かの役に立っていると思える仕事には、やりがいを感じることができるものです。しかしそうではない、無意味と思えるような仕事を任されているために、やる気が出ないケースもあります。

職場や取引先に嫌いな人がいる

仕事で嫌な人と関わらなければいけないと、苦痛で仕事に対するモチベーションも下がります。解決策がないまま日増しにストレスがたまっていき、仕事に行くこと自体が嫌になってしまう人も少なくありません。

また、人が嫌いなわけではないけれど、職場全体の雰囲気が合わないという人もいます。学生サークルのようなノリ、体育会系のノリなどその会社独特の空気になじめない場合も、やる気が出づらいです。

周囲に相談できる人や尊敬できる人がいない

仕事上、プライベートの悩みや困りごとがあると、それに囚われてやる気が出ないことがあります。そんなとき、的確なアドバイスをくれるような人がいないと一人で抱え込むことになり、仕事にまで気が回りません。

また、自分のまわりに尊敬できる人がいれば、その人から刺激を受けて自分も前向きに頑張れるものです。周囲に助けになってくれる人物がいないと、やる気が起きづらいでしょう。

言われたことをただこなしている

日々、ビジネスパーソンは休む暇なく与えられる仕事の処理に追われています。そのなかで、ここをこうすればもっと効率が良くなるなど、改善できる点を発見することもあるでしょう。

しかし、提案できる立場にない、上司が聞く耳を持ってくれないなどの理由で諦めるしかなく、マニュアル・指示通りにタスクを片付けていくことしか許されない環境では、やる気が出るはずがありません。

自分のスキルや経験を活かせていない

スキルや経験というのは、自分にとっては強み・長所といえる部分です。それを最大限に発揮することができない職場環境に身を置いていることがストレスとなり、やる気が出ない人がいます。

逆に、今の仕事を長く継続することで新たなスキルの習得や、将来的に役立つ経験ができる見込みがない場合も同様です。

自分のスキルや経験を活かせる職場はたくさんあるはずなので、転職して環境を変えることがベストでしょう。

仕事のやる気を出す方法:とにかく行動編

頭のなかや身のまわりをすっきり整理するなど、何かしらの行動を起こすことによって、やる気が出ない状態から脱出することが可能です。

具体的には、以下を実践してみることをおすすめします。

  • 日々のタスクを書き出す
  • 正しい姿勢で働く
  • 作業スペースを片付ける
  • 5分だけ集中すると意識する
  • 小さな目標を作って達成する
  • 有酸素運動をする
  • 栄養価の高い美味しいものを食べる

では、それぞれ見ていきましょう。

日々のタスクを書き出す

仕事が多過ぎてやる気が出ない、というのはよくある話です。まずは何から手を着けたら良いのかわからない、頭のなかがごちゃごちゃになっている状態をすっきりさせましょう。

現状で抱えているタスクを書き出して、納期や所要時間、重要度で優先順位を付けます。こうして可視化することによって、進むべき方向がはっきりして、モチベーションに繋がるでしょう。

正しい姿勢で働く

姿勢とやる気が出ないことに関係があることは知っているでしょうか。猫背の人は、やる気がしっかりと発揮されないという、実験結果もあるそうです。思い当たる人はぜひ改善しましょう。

椅子は座ったときに膝が股関節より少し高い位置にくるものを選びます。座ったときに、腰の湾曲を保つクッションも用意しましょう。座るときは深く腰掛け、前かがみにならず作業してください。

作業スペースを片付ける

作業スペースが散らかっている状態では、イライラして集中することができず、ストレスがたまってしまいます。

仕事でやる気が出ないときには、机や引き出し、ロッカー、作業場を片付けましょう。 作業環境がすっきりすると、気分も一新されます。「さて、仕事をはじめよう」という気にもなれるでしょう。無駄なものが置かれておらず、何がどこにあるのかも把握できるため、作業効率もUPします。

5分だけ集中すると意識する

やる気が出ない状態でも手を動かせば、脳の側坐核が刺激されてやる気物質のドーパミンが分泌されます。面倒臭くてもとりあえずやってみることが、やる気を出すための何よりのコツなのです。

しかもこれは、5分だけという短い時間でも意味があります。実際に5分が経過した時点で作業をいったんストップしたとしても、もっとやろうという気持ちになれているはずです。

小さな目標を作って達成する

一日の仕事を漠然とこなしているのは良くありません。仕事に対する意欲が削がれてしまうだけでなく、精度まで低下してしまうからです。そのため、小さな目標をたくさん立てましょう。

小さな目標でも、クリアすれば達成感を味わうことができます。すると、脳では先述したやる気物質のドーパミンが分泌されるのです。

有酸素運動をする

仕事でやる気が出ない人は、運動不足の可能性もあります。
「なんだかだるいなぁ」とダラダラと1日過ごすと、その日1日ずっとだるいままということはありませんか?

逆に、「だるいけれど動かないと…」と無理にでも体を動かしてみると意外とその後動けるようになったという経験はないでしょうか?

「脳を鍛えるには運動しかない」という著書があるように、体を動かすことで脳が活性化しやる気も出てきます。

1日に最低30分ウォーキングやランニングなど有酸素運動をすると健康にも良いと言われていますから、心身の健康を図るためにも有酸

素運動をしてみてはいかがでしょうか。

栄養価の高い美味しいものを食べる

仕事でやる気が出ない時は美味しいものを食べると元気が出ます。
自分が好きな食べ物を食べるのも良いのですが、栄養が足りていないと脳にきちんと栄養が行き届いていないので疲れも取れませんし、体も栄養が足りていなければ動きにくくなります。

栄養バランスを考え、栄養価が高く味もおいしいものを意識して食べるようにしましょう。食べ物から気持ちをプラスに変えていくのです。

仕事のやる気を出す方法:自分を見つめる編

目的もなく毎日仕事をこなし続けるだけ、少し仕事がうまくいかないと全然ダメだなどと後ろ向きな発言をする……。こうした言動に心当たりのある人は、以下を実践して自分を見つめ直すことで、やる気が出ない問題が解決するかもしれません。

  • 仕事で達成したい大きなゴールを書き出す
  • 自分の行動や結果を褒める
  • ビジネス書を読む
  • 他人に感謝する

では、それぞれ見ていきましょう。

仕事で達成したい大きなゴールを書き出す

何のために仕事をしているのか、大きなゴールを設定すると働く意味を見出せます。そして、そこへ向かっていこうというモチベーションにもなるでしょう。到達すれば自身の成長にも繋がります。 ただ、ゴールに到達するまでのあいだ、やる気を持続させるのは困難です。

ゴールに向かう途中に、先述した小さな目標を多く作っておいて、達成感を味わえるようにすると良いでしょう。

自分の行動や結果を褒める

仕事が思うように運ばないとき、ついついネガティブな発言をしてしまってはいないでしょうか。これは余計にやる気を失わせ、取り戻しにくくなってしまうためやめましょう。

自分を否定しそうになったときは、ポジティブな発言をしましょう。口に出しても良いですし、心のなかで呟いても大丈夫です。言葉と感情は直結しているため、言葉にして自分を肯定することでやる気が取り戻せるでしょう。些細なことでも自分を褒めてあげてください。

ビジネス書を読む

世の中には数多くのビジネス書があります。紙媒体・電子媒体のどちらでもかまいません。仕事でやる気が出ない人がやる気を出すにはどうするか、その方法がまとめられている本もありますし、自己啓発系の書籍もおすすめです。

読んだことによって感化されて、モチベーションが上がるかもしれません。自分を変えるきっかけとして、手に取ってみてはいかがでしょうか。

他人に感謝する

ありがとうと口に出すほか、心のなかで感謝の気持ちを抱くのも、やる気を出すのに効果的です。脳内でオキシトシンというホルモンが分泌され、ストレスを解消し、幸福感を与えてくれるなどの効果が期待できます。 感謝による幸福感は、業務での生産性アップに繋がるという海外の調査結果があります。

日本でも、感謝する人のほうがやりがいを感じ、組織が成果を出している人が多いという調査結果があるため、ぜひ実践してみましょう。

仕事のやる気を出す方法:休憩方法の工夫編

仕事中にあるちょっとした休憩時間や、仕事が終わったあとの時間、休日の時間の使い方に、仕事のやる気が出ない問題を解決するヒントがあります。

以下は、手軽にできて試す価値のある方法ばかりなので、挑戦してみてください。

  • 小休憩のときに糖分を補給する
  • 普段きかない音楽をきく
  • 休日は趣味に没頭する
  • 友達と飲みに行く
  • 有給を使って休む

では、それぞれ見ていきましょう。

小休憩のときに糖分を補給する

脳の唯一のエネルギー源は糖分です。糖が足りない状態では、脳はエネルギーを産生することができません。結果、イライラして集中力に欠ける、やる気が出ないなど、仕事がはかどらなくなります。

そのため、小休憩のタイミングで糖分を摂ると良いでしょう。チョコレートなど吸収が良いものがおすすめです。ただ、眠気や疲労の感じやすさに繋がるため、摂り過ぎには注意してください。

普段きかない音楽をきく

仕事でやる気が出ない時は、いつもと違うことをしてみるのも気分転換になって気持ちが軽くなります。

お金がかかるとストレスを感じてしまう人もいるので、お金がかからず気分転換できる方法として音楽を聴くというのはどうでしょうか。

普段聞いている音楽ではなく、普段聞かない音楽を聴いてみると気持ちが軽くなったり元気になるものです。

休憩時間のほんの少しだけでも、やる気が出ない時は普段聞かない音楽で癒されるのも良い方法ではないでしょうか。

休日は趣味に没頭する

睡眠やマッサージなどによって身体的な疲労を取り除くことも、やる気が出ない問題の対処法として効果的です。体力の回復とあわせて、精神的な疲労も休日を使って取り除きましょう。

とくに、休みの日に趣味に没頭することは、精神的な疲労をケアする方法としておすすめです。ストレス発散にもなりますし、趣味に集中しているあいだは、仕事のことを忘れさせてくれるでしょう。

友達と飲みに行く

どうもやる気が出ないと感じるときには、友達を誘って飲みに出かけるのも良いでしょう。会話を楽しみながらお酒を飲むことは、良い気分転換になってまた頑張ろうという気持ちになれるものです。

友達と飲みに出かけるなどのイベントを、仕事のあとのご褒美と位置づけるのもおすすめです。ご褒美が待っていると思えば、仕事へのやる気も違ってくるでしょう。

有給を使って休む

有給休暇を取得しにくい雰囲気がある職場にいる人もいるかもしれません。しかし、やる気が出ない状態を脱出するために、思い切って仕事から離れるのが有効なこともあります。

とくに心身の疲労が相当に蓄積していると、メンタルの病気を患ったり、過労で倒れたりと、最悪の場合は命に関わります。有給を使ってリフレッシュして、自分を労わってあげましょう。

「やる気が出ない」「仕事を辞めたい」と思う日が多いなら

やる気が出る方法をご紹介してきましたが、あまりにもやる気が出ない日が多かったり、仕事を辞めたいと思う日が多い場合は、今ご紹介してきた方法を試しても効果が出ないかもしれません。

やる気が出ない、仕事を辞めたいと思う日が多いということは、それだけ心身ともに弱まっていますから心の病気になっていたり、その会社ではやる気が出ないのかもしれません。

やる気が出なかったり仕事を辞めたいと思う日が多い時はどうすればよいのでしょうか。

仕事でやる気が出ないなら病気を疑う

仕事でやる気が出ない日が多い時は精神的な病にかかっている可能性があります。
やる気が出ない日が長く続き改善することができないと、ストレスがどんどん溜まっていき心の病にかかっている可能性があります。

これまでご紹介してきた改善方法を実行してみても一向に心の回復が見られない場合は精神的な病にかかっているのかもしれません。
その場合は心療内科でカウンセリングを受けるなどして心の回復に努めましょう。

仕事でやる気が出ないなら転職も考える

自分なりに色々な改善策を試してみても仕事でやる気が出ない場合は転職を考えてみてもよいのではないでしょうか。
どんなに努力をしても今に仕事に楽しさややりがいを見出せない場合は、今の会社ではやる気が出ないのかもしれません。

仕事内容に不満があったり、会社のやり方や方針などが自分に合っていない場合は、会社が変わればやる気が出る可能性がありますので、「この会社では無理かも」と感じた時は転職も視野に入れておいたほうがよいでしょう。

とは言えど、自分の力だけで転職をしようとしても転職初心者の方はあまりうまく行かないことが多いので、転職のプロである「転職エージェント」に任せましょう。

◆併せて読まれている記事

おすすめ転職エージェントを比較|1000人の口コミ・評判から転職のプロが厳選

まとめ

仕事のやる気が出ない原因によっては、退職や転職を選択する人もいます。とくに人間関係が原因であれば、自分一人の努力で改善することは難しいものです。

しかし、原因が自分にある場合は、行動次第で変わることができます。退職や転職を決める前に、今回ご紹介したやる気を出す方法を実践してみてください。

※記事の内容は、執筆時点での最新の情報となり、サービス内容・利用料金等を保証するものではありません。この記事の情報を基に行動する利用者の判断について、当社は一切の責任を負いかねます。サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、しかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。