仕事でやる気が出ない日・出ない時にやる気を出す方法10選|原因・特徴も

仕事をしていると「やる気が出ない」という時もあります。

特に社会に出てから数年経ってくると、それなりに力の抜きどころや集中しなければならないところが分かっているので、世渡りも上手になりなんとなく日常をこなしている人が多いのではないでしょうか。

仕事でやる気が出ない理由は人それぞれで、「仕事にやりがいがない」「毎日同じことの繰り返しでつまらない」「人間関係がイヤ」「労働環境が悪い」「会社の社風が合わない」「給料が割に合わない」など、考え出せば色々出てくるかもしれません。

ここでは、仕事にやる気が出ないときに確認するべき原因とその対処法についてご紹介いたします。

仕事でやる気が出ない原因

 

やる気が出ない原因を知ろうとせず放置していると、どんどん状況は悪化してしまい、結局仕事を辞めてしまう可能性があります。

仕事でやる気が出ない時は「なぜやる気がでないんだろう」と自分のことを見つめ直し、原因を知ることも大切です。

睡眠不足で体が疲れている

やる気が出ない時の一つの原因として睡眠不足が挙げられます。
睡眠不足が続くと体力が低下し、思考能力も低下します。
体と心は密接につながっていますので、体が疲れれば心も疲れてきます。

「体が疲れたけど気持ちは元気!」というのは自分が好きなスポーツや趣味などでその日1日気持ちの良い汗を流した時に感じることで、仕事で睡眠不足が続くと体が疲れてきますから、次第に心も疲れてしまうのです。
結果的に「やる気が出ない」という状態になってしまうので、睡眠不足は大敵です。

ストレスが多く心が病んでいる

仕事をしていると様々なストレスに悩まされます。
人間関係、仕事でのプレッシャー、社風、待遇、仕事内容など納得できないことや理不尽な対応などで様々な場面でストレスがかかってきます。

このストレスが多くなればなるほど精神的に耐えられなくなり心が病んでしまいます。
ストレスが多くなると「やる気が出ない」という状態では留まらず、精神的な病になってしまう可能性もありますので、何に対してストレスを感じているのか、ストレスの原因をしっかり把握し、改善していく必要があります。

仕事でやる気が出ない人の特徴

 

仕事でやる気が出ない人には特徴があります。

もちろん、全てがこの状態に当てはまるわけではありませんが、仕事でやる気が出ない人の多くに、これらの特徴が見られます。

では、仕事でやる気が出ない人の特徴とはどのようなものなのでしょうか。

ストレス発散せず、一人でためこむ

仕事でやる気が出ない人の特徴としてストレスの発散のしかたが分からない、もしくはストレスを発散する時間がないなどで、誰にも相談できずにストレスを溜め込んでしまう人がいます。

ストレスをいつまでも発散できずに溜め込んでしまっても状況は一向に良くなりません。
ストレスを発散して考えるスペースを空けることで、改善策や対処法などを受け入れることができるようになるので、ストレスを溜め込まず発散することが大切です。

また、誰かに相談するとストレスが軽減されますので、信頼できる人に相談してみましょう。

燃え尽き症候群に陥りやすい

仕事でやる気がでない人の中には、入社したことで満足してしまったり、大きなプロジェクトを任されて成功したなど、自分が目標としていたことがうまくいくと、その時点で満足して燃え尽きてしまう人がいます。

「燃え尽き症候群」とも呼ばれますが、何かを達成するとやる気がなくなる人が「燃え尽き症候群」に陥りやすいので、自分がそうだと思う人は常に新たな目標を設定して燃え尽きてもさらに燃えられるようにしていかなければなりません。

仕事でやる気が出ないならキャリア診断テストをまず受けよう

仕事でやる気が出ないということは、今やっている仕事があなたに向いていない可能性もあるかもしれません。

そこで、今の仕事があなたに本当にあっている職業なのかを診断するためにも、キャリア診断テストというものを受けてみることをおすすめします。

キャリア診断テストとは、質問に答えていくことで自己分析をしてくれるもので、自分に合っている仕事は何なのかを知ることができます。

おすすめのキャリア診断テスト

おすすめのキャリア診断テストはリクルートが提供している「グッドポイント診断」です。

リクナビNEXTという転職サイトに登録している人はログインすれば無料で診断を受けることができ、リクナビNEXTに登録していない人でも無料登録をすればすぐに診断を受けることができます。

仕事でやる気を出す方法10選

仕事でやる気が出ないという人は、何らかの原因があります。そして、それに伴いやる気を出す方法も変わってきます。

そこで、やる気が出ない原因ごとにやる気を出す方法を解説していきますので、自分がどのタイプに当たるか見極めてやる気を出す方法を実践してみましょう。

仕事でやる気を出す方法1「色々考えていることを整理する」

仕事でやる気が出ない時は、色々考えすぎて頭がモヤモヤしている場合があります。
特に、考えても仕方のないことを考えていると、いつまでたっても解決の糸口が見つからず迷宮に迷い込んだようになり、抜け出すことが難しくなります。
一度頭の中を整理するために考えるのを辞めてみると「あれ?なんでこんなことをずっと考えていたんだろう」と思うこともあるでしょう。

色々なことを考えすぎて仕事でやる気が出ない場合は一度立ち止まって、今考えていることを紙に書くなどして整理してみましょう。
そうすれば本当に考えなければならないことと、考えても仕方がないことの区別ができて、自分は何をすれば良いのか見えてくるのではないでしょうか。

仕事でやる気を出す方法2「ぶどう糖を摂取し、一定に保つ」

疲れている時になぜか甘いものが欲しくなるというのは、皆さんもよくあることではないでしょうか。
疲れている時はぶどう糖を摂取すると良いと言われてますし、チョコレートや飴などの甘いものは素早くぶどう糖を摂取できるので、甘いものを食べて疲れ回復!と思っていませんか?

実は、チョコレートや飴などを食べて不足しているぶどう糖を補うのは良いことなのですが、砂糖を含む甘いものは体内にぶどう糖ば急激に吸収されます。
急激にぶどう糖が吸収されると血液中のぶどう糖の濃度が濃くなります。

ぶどう糖の濃度が濃くなると、それを抑えるためにすい臓がインスリンという物質を分泌するのですが、インスリンには血糖値を下げる働きがあるため、急激にぶどう糖が吸収されると、インスリンにより急激に血糖値が下がります。

血糖値が下がるということはぶどう糖が減っているということになりますので、血糖値を急激に上げると疲れている前の状態よりぶどう糖が減り、脳にぶどう糖が供給されず、さらに疲れている状態になるのです。

ぶどう糖を摂取するには炭水化物などで摂取し、急激にぶどう糖を上昇させるのではなく一定に保つことが大切です。

仕事でやる気を出す方法3「理想・目標と現実の差を小さくする」

仕事でやる気をだすために目標や理想を持つのは大切なことです。
ですが、自分の能力に見合っていない目標や理想を掲げていませんか?

自分の力で達成できない目標や理想は、自分の力を思い知らされるので仕事でやる気がなくなってしまいます。
目標や理想は大きい方が良いと言いますが、それは最終段階のことです。

自分が成長しなければ大きな目標を達成することはできませんので、まずは自分の能力を見極め、最初は手が届きそうで簡単には届かない程度の小さな目標から設定していきます。

小さな目標を少しずつ大きな目標にすることと、簡単に手が届く目標ではなく、自分の精一杯の力よりほんの少し頑張らなくてはならないくらいの目標を立てるようにしましょう。

そうすれば少しずつ自分の能力も向上し、目標を達成できるたびに達成感を味わうことができ仕事でもやる気が出てくるでしょう。

仕事でやる気を出す方法4「有酸素運動をする」

仕事でやる気が出ない人は、運動不足の可能性もあります。
「なんだかだるいなぁ」とダラダラと1日過ごすと、その日1日ずっとだるいままということはありませんか?
逆に、「だるいけれど動かないと…」と無理にでも体を動かしてみると意外とその後動けるようになったという経験はないでしょうか?

「脳を鍛えるには運動しかない」という著書があるように、体を動かすことで脳が活性化しやる気も出てきます。
1日に最低30分ウォーキングやランニングなど有酸素運動をすると健康にも良いと言われていますから、心身の健康を図るためにも有酸素運動をしてみてはいかがでしょうか。

仕事でやる気を出す方法5「普段聞かない音楽を聴く」

仕事でやる気が出ない時は、いつもと違うことをしてみるのも気分転換になって気持ちが軽くなります。
お金がかかるとストレスを感じてしまう人もいるので、お金がかからず気分転換できる方法として音楽を聴くというのはどうでしょうか。

普段聞いている音楽ではなく、普段聞かない音楽を聴いてみると気持ちが軽くなったり元気になるものです。
やる気が出ない時は、普段聞かない音楽で癒されるのも良い方法ではないでしょうか。

仕事でやる気を出す方法6「15分集中、5分休憩のサイクル」

仕事でやる気がでない原因に、ダラダラと長い時間頑張ろうとしていることが挙げられます。
人の集中できる時間は限られており20分程度が限界だと言われています。

その20分の間に難しい仕事をして5分ほど休憩するなど集中力を保つには休憩が必要です。
もし、頻繁に休憩が取れない場合は20分は難しい仕事をして、その後は慣れている仕事や比較的簡単な仕事をするなど自分で集中できる時間や力を抜く時間、または休憩する時間などを決めて仕事にメリハリをつけてみましょう。

仕事でやる気を出す方法7「炭水化物や砂糖の摂取量を減らす」

仕事でやる気を出す方法2でぶどう糖の摂取についてご説明しましたが、炭水化物を摂取すると良いと記述していますが、炭水化物も摂取のしすぎはよくありません。

砂糖はぶどう糖が急激に増加して、すい臓からインスリンが分泌され血糖値が急で気に上がるのですが、炭水化物も摂取しすぎると血糖値が急激に上昇します。
お昼ご飯を食べると眠くなる、やる気がなくなるというのは、血糖値が上昇しているためです。

お昼ご飯を食べるなということではありませんが、摂取しすぎるとやる気が出なくなってしまいますので、腹八分くらいに抑えておき炭水化物の摂取量は半分くらいが望ましいでしょう。

やる気をアップさせるにはナッツ類や野菜、果物、チーズ、肉、魚などを食べると良いので、やる気が出ないなという時はこれらの食べ物を少しずつ補給してみましょう。

仕事でやる気を出す方法8「睡眠時間を確保する」

睡眠不足が続くと体が疲れるだけではなく、脳も十分な休養が取れていないためやる気が出なくなってしまいます。
睡眠不足だと体の疲れだけではなく心も疲れてきて、やる気は出ません。

体と脳をしっかり休ませてあげなくてはやる気も回復しませんので、まずは睡眠時間をしっかりとることです。
そして、ぐっすりと眠れるように良質の睡眠が取れるようにしましょう。

寝る前にストレッチをしたり、寝室にアロマオイルを炊いたり、ぬるめのお風呂に使って体の疲れを取るなど、良い眠りを取れるように工夫してみましょう。

仕事でやる気を出す方法9「ストレスの原因を見つけ、解消する方法を探し、実行する」

仕事でやる気が出ない時はストレスが原因になっている可能性た高いでしょう。
「仕事がつまらない」「人間関係が疲れる」「給料面に不満がある」など、仕事に対してストレスを感じているなら、その問題を解決する方法を探さなくてはなりません。

精神的なストレスを感じている時は、そのストレスが解消されたり軽減されなければやる気も出ませんので、まずは自分が何に対してストレスを感じているのかを考えてみましょう。

そしてストレスの原因が分かれば、その原因を解決する方法やストレスを発散する方法を実行してストレスを溜めないようにします。
ストレスが溜まるとやる気が出ない状態が続きますが、ストレスが軽減されればやる気も出てきますので、まずは原因を探り問題解決する方法を見つけましょう。

仕事でやる気を出す方法10「栄養価の高い美味しいものを食べる」

仕事でやる気が出ない時は美味しいものを食べると元気が出ます。
自分が好きな食べ物を食べるのも良いのですが栄養が足りていないと脳にきちんと栄養が行き届いていないので疲れも取れませんし、体も栄養が足りていなければ動きにくくなります。

やる気が出ない時は旬の食材を使った季節の料理は取り入れたいところです。
ぶどう糖を補充するとやる気は出ても摂取のし過ぎはよくないということで、あくまでも瞬間的にやる気を出す時の応急処置だと考えましょう。

やる気を持続させるには、旬の食べ物を選んで摂取するようにします。
旬というくらいですから、その食べ物を食べるのに一番良い時期ということです。
ですので、栄養価が最も高い旬の食べ物を食べてやる気を取り戻しましょう。

「やる気が出ない」「仕事を辞めたい」と思う日が多いなら

やる気が出る方法をご紹介してきましたが、あまりにもやる気が出ない日が多かったり、仕事を辞めたいと思う日が多い場合は、今ご紹介してきた方法を試しても効果が出ないかもしれません。

やる気が出ない、仕事を辞めたいと思う日が多いということは、それだけ心身ともに弱まっていますから心の病気になっていたり、その会社ではやる気が出ないのかもしれません。

やる気が出なかったり仕事を辞めたいと思う日が多い時はどうすればよいのでしょうか。

仕事でやる気が出ないなら病気を疑う

仕事でやる気が出ない日が多い時は精神的な病にかかっている可能性があります。
やる気が出ない日が長く続き改善することができないと、ストレスがどんどん溜まっていき心の病にかかっている可能性があります。

これまでご紹介してきた改善方法を実行してみても一向に心の回復が見られない場合は精神的な病にかかっているのかもしれません。
その場合は心療内科でカウンセリングを受けるなどして心の回復に努めましょう。

仕事でやる気が出ないなら転職も考える

自分なりに色々な改善策を試してみても仕事でやる気が出ない場合は転職を考えてみてもよいのではないでしょうか。
どんなに努力をしても今に仕事に楽しさややりがいを見出せない場合は、今の会社ではやる気が出ないのかもしれません。

仕事内容に不満があったり、会社のやり方や方針などが自分に合っていない場合は、会社が変わればやる気が出る可能性がありますので、「この会社では無理かも」と感じた時は転職も視野に入れておいたほうがよいでしょう。

とは言えど、自分の力だけで転職をしようとしても転職初心者の方はあまりうまく行かないことが多いので、転職のプロであるキャリアコンサルタントに任せましょう。

キャリアコンサルタントとは転職エージェントに在籍してるアドバイザーのことで、登録すれば無料で転職の支援を行ってくれます。

より詳しく転職エージェントについて知りたい方は下記記事にて転職エージェントに関する全ての情報をお伝えしております。

気になる方はチェックしてみてください。

転職エージェントとは|全てを理解し正しく使うための全情報

「転職エージェントって何?」 「転職エージェントの仕組みが知りたい」 「転職エージェントってどうやって選べば良いの?」 …

おすすめの転職エージェント

転職エージェントによってはキャリアコンサルタントの対応が雑だったり、求人数に差があったりします。

そのため、本当におすすめの転職エージェントを利用しないとあなたの貴重な時間が割かれてしまう可能性があります。

当サイトでは下記記事にて1000人以上の転職エージェント利用者の体験談を基に本当におすすめの転職エージェントを紹介しています。

気になる方はチェックしてみてください。

転職初心者の方におすすめしたい転職エージェントは「リクルートエージェント」と「DODA」、「パソナキャリア」の3つです。

複数登録することで、それぞれの転職エージェントの弱みを補いあうことができるので、転職エージェントを利用する際は複数登録することをおすすめ致します。

詳しくは下記記事にて解説しておりますので、ぜひご参考ください。

複数の転職エージェントを掛け持ちで利用すべき?理由付きで徹底解説

「転職エージェントを複数利用したほうが良い」 このような意見をよく聞くことがあります。 結論から言いますとこの知識…

リクルートエージェント

「リクルートエージェント」は、業績や求人数など他の転職エージェントと比較して圧倒的な実績を誇る転職エージェントです。

転職エージェントを利用する際はリクルートエージェントを利用しない手はないでしょう。

リクルートエージェントは転職をする全ての人におすすめの転職エージェントです。

DODA

「DODA」は業績、求人数共に業界第2位という大手転職エージェントで、登録者のペースに合わせて転職活動をしてくれますし、転職初心者にも優しいキャリアコンサルタントが在籍しています。

求人数も多く、求人の質も良いので全ての人におすすめの転職エージェントです。

パソナキャリア

また「パソナキャリア」もキャリアコンサルタントの質が高いと業界で有名な転職エージェントです。

業績は業界で第4位、求人数はリクルートエージェントやDODAに比べると少ないのですが、求人の質も良く、何と言ってもキャリアコンサルタントの質は業界でもずば抜けて高く、とにかく登録者の気持ちを優先して対応してくれますし、転職初心者にも優しくキメの細かいサポートが特徴です。

仕事のやる気ない後輩・部下の対処法

自分が仕事に対してやる気が出ない場合ではなく、後輩や部下が仕事でやる気が出ない場合もあります。
実は、自分がやる気が出ないよりも後輩や部下のやる気を引き出す方が難しい場合もあるのです。

自分の場合は、自分の感情をコントロールしたり、自分のやる気が出るのはどんなことをした時かなども分かっていますから、自分のやる気を回復させやすいのです。
ですが、人のやる気を回復させるのはとても難しく、その人でなければわからないこともたくさんありますから、後輩や部下が仕事のやる気が出ない場合の対処法もご紹介しておきましょう。

期限を設定して仕事を依頼する

後輩や部下の仕事のやる気が出ない場合は、ダラダラ仕事をさせるのではなく期限を設定して仕事を依頼するとよいでしょう。
人は、期限があるものに対して「守らなければいけない」という意識が働くので、単に仕事を任せるのではなく「期限を設定」して仕事を任せてみましょう。

すると、その時間までには依頼した仕事を上げてくるようになりますから自分の仕事もはかどりますし、後輩や部下も仕事が片付いていきますから仕事がやりやすくなるはずです。

また、期限を決めると時間の配分なども考えるようになりますから、結果的に自分も後輩や部下も仕事の優先順位などを考え、効率よく仕事ができるようになりモチベーションアップにもつながります。

できている部分を褒め、改善点は提案する

後輩や部下のやる気をなくしているのは自分の言動という可能性があります。
後輩や部下がした仕事内容を見て、改善点だけを伝えていませんか?
改善点ということは自分ができていないところですから、出来ていないところばかりを指摘されると「自分はできない人間なんだ」と自己嫌悪に陥り、「どうせやっても、また注意される」とやる気もなくなってしまいます。

ですが、仕事ですから改善しなければならないところは伝えなければなりません。
改善点を伝える時は、まずその仕事の中でできている部分や良いと感じた部分を十分褒めてあげましょう。
その後に「ここをもう少しこうしてみると、もっとよくなったように感じるなぁ」など「ここをこうしなさい」と命令口調で言うのではなく、提案するように伝えてみましょう。

命令されると受け入れられない言葉でも提案なら受け入れられる人が多いので、褒めたあとに提案するように改善点を伝えると後輩や部下のやる気も上がり「じゃあ、ここをもっとこうしてみよう」とさらに良いアイデアが浮かぶかもしれません。

仕事でやる気が出ない時は対処法を試そう

仕事でやる気が出ないという時は皆さんが経験しているのではないでしょうか。
やる気が出ないまま仕事をしていくのは辛いことですし、そのまま放置してストレスが溜まってしまうと心の病気になっていきます。

そうならないためにも、まずはやる気が出ない時に試してほしい10項目を試してみてください。
自分の状況が合っているものを試してもかまいませんし、全部試してみてもかまいません。

仕事でやる気がなければプライベートでも心底楽しむことができませんから、結局ストレスがたまってしまいます。
ですが、なぜ仕事でやる気が出ないのかという原因がわかり改善することができれば今までの自分ではないくらい仕事が楽しくなったり、意欲も湧いてきます。

また、考え方次第で大きく方向性が変わることもありますので、まずは仕事でやる気が出ないと感じている、今の自分をリセットするためにも原因をつきとめ、心をスッキリさせることから始めてみましょう。

しかし、どんなに自分で考えても実践をしてみてもやる気が出てこないようであれば、転職エージェントに相談してみることも非常に効果的です。転職のプロであるキャリアコンサルタントはモチベーション持続のプロでもあります。ぜひ利用してみてくださいね、

※記事の内容は、執筆時点での最新の情報となり、サービス内容・利用料金等を保証するものではありません。この記事の情報を基に行動する利用者の判断について、当社は一切の責任を負いかねます。サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、しかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。