やりたくない仕事をしているあなたに贈る3つの解決策

やりたい仕事に就けている人はいったいどれくらいいるのでしょうか。

今の仕事をやりたい仕事とまではいかなくても「やりたくない」仕事だという人は少ないのではないでしょうか。

また、仕事内容によっては「この仕事はやりたくない」とピンポイントでやりたくない仕事がある人もいるでしょう。

ここでは、そんな方のためにやりたくない仕事をどのように楽しくできるのかなどの解決法や対処法をお届けいたします。

 

やりたくない仕事の3つの原因とは?

やりたくない仕事と一口に言っても、やりたくない理由は様々。主にやりたくない仕事になる場合は以下3点に該当していると言えます。

  • 1.自分が苦手な仕事であることが多い
  • 2.自分の価値観に合わない仕事であることが多い
  • 3.マイナスな感情で向き合うため疲れる

では、それぞれ解説していきます。

1.自分が苦手な仕事であることが多い

技術的に難しい仕事や自分と相性の悪い仕事は苦手意識を持ってしまうでしょう。苦手な仕事は効率が悪く、なかなか進みません。そのため、ますます苦手意識が強まってしまいます。

特に新入社員の場合、まずは会社から指示された仕事をこなすばかりになり、自分の好きな仕事を選ぶというのは難しいでしょう。成長のためにと、苦手な仕事を渡されることもあるかもしれません。

こういった仕事に対してどんどん苦手意識がついてしまうケースも多いです。

2.自分の価値観に合わない仕事であることが多い

やろうと思えば技術的には可能なものの、相性の悪い仕事もあります。たとえば、人と接するのがあまり好きじゃないのに営業の仕事をしている、単調な作業が苦手なのに事務作業が多いなどです。

そういう仕事は自分の価値観と合わず、なかなか受け入れられません。仕事をやる意味を見出すことができず、モチベーションがまったく上がらないという人もいるでしょう。

3.マイナスな感情で向き合うため疲れる

苦手意識を持っていたり、価値観の合わない仕事をするときには、マイナスな気持ちになっている可能性が高いです。もしそのような気持ちで仕事をすると、どんどん精神に負担がかかってしまいます。 怒りや不満といった感情があると、それをコントロールすることにも大きなエネルギーを使うと言われています。

つまり、不満を抱えているだけで仕事の疲労感が通常よりも増えてしまうのです。業務を終えるたびに疲労感が蓄積されれば、「仕事をやりたくない」という思考になるのも当然でしょう。

 

やりたくない仕事を受け入れる3つの方法

やりたくない仕事がある場合、放置するとつらい気持ちが増していくだけです。ネガティブな循環から抜け出すためにも、やりたくない仕事を受け入れるための以下3つの方法について詳しくご紹介します。

  • 1.やりたくない仕事に意味を見出す
  • 2.やりたくない仕事と上手に付き合う
  • 3.転職しやりたい仕事を始める

1.やりたくない仕事に意味を見出す

人間は意味のないことをやると苦痛を感じてしまうものです。やりたくない仕事にも、何らかの価値や意味を見出せれば、やる気を出すことができるでしょう。

たとえば、その仕事でスキルを身につける、出世のチャンスを見つける、などです。 もしかすると、仕事を与えられたときに、相手がその意味を教えてくれないかもしれません。そういう場合は相手に聞いてみる、あるいは自分で仕事の意味を見つけてみましょう。

仕事に意味を持たせるだけで、同じ業務でもモチベーションが変わってくるはずです。

2.やりたくない仕事と上手に付き合う

自分の好きな仕事をしてお金をもらうのは理想的でしょう。しかし、そうした仕事に就ける人は全体の3~4割程度だと言われています。世の中の半分以上の人は、自分の好きなこととは別の仕事をしているということです。

「仕事とはやりたくないことをしてお金をもらうこと」と割り切ってしまうことで、かえって仕事と上手に付き合えるようになるかもしれません。

3.転職しやりたい仕事を始める

どうしてもその仕事をやりたくないと思ったなら、転職を検討してみましょう。いつまでもやりたくない仕事に苦労していると、自分だけでなく職場の人にも迷惑をかけてしまいかねません。時間を無駄にするのはもったいないことです。

思い切って転職をすれば、別の仕事ができるようになり、やりたい仕事ができるかもしれません。

 

【転職する際は転職エージェントを使おう】

今転職活動には必須になっているサービスが転職エージェント。転職エージェントは求人の紹介から面接対策、円満退社のためのアドバイス、年収の交渉など転職にかかわるすべてを完全無料で提供してくれるサービス。

転職エージェントについては以下の記事で詳しくご紹介しています。

 

やりたくない仕事に意味を見出す3つの方法

漠然と仕事をしている人は、これが世の中の役に立っているのか、楽しさがあるのかを考えてみましょう。仕事の意味を見出すための方法について紹介します。

  • 1.世の中や会社のためになっているかを考えてみる
  • 2.仕事に対する視野を広げてみる
  • 3.やりたくない仕事の中にも「楽しさ」を見つける

1.世の中や会社のためになっているかを考えてみる

その仕事が社会や会社に貢献しているものであれば、やりがいが出てきます。たとえやりたくない仕事でも、それに喜んでくれる人がいるならば、やる気が湧いてくるでしょう。そういう要素が少しでも存在していないか考えてみてください。

もし、他者に貢献できる要素があるならば、その人を助けてあげる気持ちで仕事をしてみましょう。人助けだと思うと、嫌なことも我慢できるかもしれません。

その仕事が会社の発展に貢献できる要素があるならば、それは巡り巡って自分にも利益があります。このように考えれば、どんな仕事にも意味を見出すことは可能でしょう。

2.仕事に対する視野を広げてみる

やりたくない仕事ができるのは、仕事への思い込みが強すぎるからかもしれません。もっと広い視野を持って考えてみれば、意味や楽しさが見つかるかもしれないのです。

たとえば、あなたがやりたくない仕事を楽しんでやっている人がいるはずです。その理由についてよく考えてみましょう。もしかしたらそこに、仕事の楽しさを見つけるヒントが隠されているかもしれません。

少しでも嫌なことがあると、すぐにそれが苦手だと決めつけてしまう人がいます。視野が狭いと、こういった思考に陥りやすいものです。仕事の本質を見逃さないためにも、自分を俯瞰してみるような広い視点をもって仕事に取り組んでみましょう。

3.やりたくない仕事の中にも「楽しさ」を見つける

仕事が楽しくないのは、自身の考え方に問題があるのかもしれません。仕事を楽しんでやっている方は、楽しさを見つけることが上手いもの。たとえば、昨日よりも10分早く終わらせるという目標を立てる、もっと効率化できるのではないかと改善点を探りながら仕事に取り組む、などです。

考え方を変えることで、楽しく仕事ができる可能性はあります。なんとなく作業的にこなしていた仕事も、どこかに「楽しさ」がないか探してみましょう。

 

りたくない仕事と上手に付き合う5つの方法

やりたくない仕事を無理なくこなすためのヒントは、定型化と妥協です。ここでは、やりたくない仕事と上手く付き合う方法を紹介します。

  • 1.やりたい仕事だけで働くことは不可能
  • 2.仕事を定型化する
  • 3.平均点の仕事で妥協する
  • 4.自分の精神力の強さを褒める
  • 5.日記をつけてネガティブな感情を吐き出す

1.やりたい仕事だけで働くことは不可能

大前提として、「自分の好きな仕事だけやって稼ぐことはできない」と考えましょう。たとえ自分の好きな仕事であっても、その中には自分がやりたくないこともあるはず。つまり、やりたいことしかやらずに仕事をこなすというのはほぼ不可能です。

まずは、「やりたくない仕事は必ず存在する」ことを理解したうえで、その仕事とどう付き合っていくのかを考えていきましょう。

2.仕事を定型化する

完全に仕事をルーチンワークにしてしまうと、何も考えずに流れ作業で仕事をこなせます。やりたくない仕事は、無心で取り組めるように定型化してしまいましょう。そうすれば、ストレスを溜めることなく、嫌な仕事を効率よくこなしていけます。

定型化するときのポイントは、作業内容を分解することです。たとえば、報告書を作成するという作業があったときに、必要な資料をまとめる・書く内容を箇条書きでまとめる・見出しを立てる・本文を書く・漏れがないか確認する、のように手順を分解します。

すると、「報告書を書く」という漠然とした業務が明確な手順として可視化されます。 手順を分解してToDoリストにしておけば、次回からも同じやり方で報告書が作成できるようになります。これが業務の定型化です。

3.平均点の仕事で妥協する

仕事は常に全力でやる必要はありません。基本的には平均点さえ取れていればそれで十分です。やりたくない仕事を100点満点目指して行うのはとてもつらいものです。

しかし、平均点で良いならば、適度に力を抜いてこなせるため、疲れません。 真面目な方ほどやりたくない仕事にも全力を出そうとします。

しかし、それでは体力がもたないでしょう。嫌な仕事は適度に手を抜いて、本当に好きな仕事や大事な仕事に力を入れましょう。

4.自分の精神力の強さを褒める

やりたくない仕事に取り組むことは、一つの試練であると考えてみましょう。そして、試練を乗り越えられたら成長できた考え、自分の精神力を褒めるのです。

何かの修行や訓練をしているつもりで仕事に取り組むことで、嫌な仕事にも価値を見出せます。

5.日記をつけてネガティブな感情を吐き出す

やりたくない仕事をしていると、どんどんストレスが溜まり、不満を抱えてしまいます。そうした感情をしっかりと吐き出すことでスッキリしましょう。

たとえば日記をつけて、そこに自分のネガティブな感情をどんどん書き出す方法があります。

日記であれば、誰にも見られる心配はありません。普段は言えないような黒い感情をさらけ出しても良いのです。後で読み返すことを意識する必要はありません。とにかくマイナスな感情を出す過程に意味があります。

 

我慢のしすぎはNG!転職してやりたい仕事を始める4つのメリット

転職をすればストレスから解放されて、好きな仕事ができるかもしれません。転職をするメリットを紹介します。

転職をすればストレスから解放されて、好きな仕事ができるかもしれません。転職には以下4つのメリットがありますので、順番に解説していきます。

  • 1.ストレスから解放される
  • 2.得意なスキルが伸ばせる
  • 3.好きな仕事に出会える
  • 4.年収がアップする可能性がある

1.ストレスから解放される

仕事のストレスが溜まり続けると、心身に大きな負担を与えてしまいます。最近は、過労死も社会問題となっているように、心と体の疲れを放置したまま仕事を続けるのはNGです。

転職をすれば嫌な仕事から離れられ、ストレスも解消されるでしょう。もちろん、転職先でも新たに嫌な仕事が出てくることもあります。かえって状況が悪化するといったことにならないためにも、今の状況と希望先の調査が欠かせません。

まず、自分が現職で何を一番のストレスと感じているかを考え、書き出してみましょう。そして、転職先ではそのストレスの要因となる事象が起こらないかを最優先に見ます。こうすることで、今より状況が悪化するリスクを最小限に抑えらることができるのです。

2.得意なスキルが伸ばせる

自分の得意なことを活かせる仕事をしていると楽しいものです。そういう仕事をやり続けることができれば、どんどんスキル的にも人間的にも成長していきます。また、自分の専門性を活かせる仕事であれば、大きな成果を上げて待遇を良くできるでしょう。

自分の価値を上手く引き出せない仕事を長く続けるのはもったいないこと。適性に合っていないと感じたら、得意なことを活かせる企業への転職を検討しましょう。

3.好きな仕事に出会える

転職活動にはさまざまな可能性があるもの。いろいろな選択肢の中から、自分が本当に興味の持てる仕事を見つけられるかもしれません。

好きな仕事に出会える可能性を高めるためには、事前準備も大事です。求人を見る前に、まず自分のやりたいこと、好きな仕事は何かを書き出していきましょう。そこに優先順位をつけていきます。

すると、自分が本当にやりたいことは何かが浮かび上がってくるはずです。求人情報を見るときは、この書き出した内容をもとに探しましょう。

4.年収がアップする可能性がある

転職をすれば、今とは異なる待遇で働けるようになります。たとえば年収がアップすれば、仕事へのやる気が湧いてくるでしょう。 もし現在の待遇に満足していないならば、それが仕事のやる気を落としている原因かもしれません。転職活動では仕事内容だけではなく年収にもこだわりましょう。

 

まとめ

自分の苦手な仕事や価値観の合わない仕事はやりたくないもの。そんな仕事にも意味を見出したり、上手に付き合ったりすることは大切です。

どうしても無理ならば、転職をするという方法もあります。今回紹介したことを意識して、やりたくない仕事とも上手く付き合っていきましょう。

 

※記事の内容は、執筆時点での最新の情報となり、サービス内容・利用料金等を保証するものではありません。この記事の情報を基に行動する利用者の判断について、当社は一切の責任を負いかねます。サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、しかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。