▼当サイトで申込みが多い転職エージェントはこちら!(複数のエージェントに登録することで年収アップに直結する非公開求人を見つけやすくなります!)

【1位】リクルートエージェント絶対に使うべき、国内最大手のNo1転職エージェント!公開求人・非公開求人含め20万件以上というダントツ業界トップの求人数
【2位】DODA利用者満足度はなんと驚異の90%!キャリアアドバイザーが優しく丁寧にサポートしてくれることから転職初心者には最適
【3位】JACリクルートメント転職エージェントオリコンランキングで毎年総合第1位という非常に高い評価を受けている転職エージェント。

▼【登録無料】転職活動で役立つ!あなたの気づいていない強みを発見できるリクナビネクスト グッドポイント診断に登録しましょう!

3分で完了!グッドポイント診断はこちら!

契約社員から正社員になれる?正社員登用になった事例や期間を徹底解説

現在は、契約社員として働く人が増えていることに加え、多くの方が契約社員から正社員として働きたいと思っている人も多いです。そんな中、どのようにしたら契約社員から正社員になれるのか、上司から推薦をもらうポイントは?転職活動する際に有利になるタイミングはあるのか、転職する際にグッと有利になるある方法など、この記事では、契約社員ならではの悩みを解決できる内容を紹介していきたいと思います。

契約社員から正社員になれる?

契約社員で現在お勤めしている方のほとんどが抱いている不安の中で、契約をいつ切られるかわからない、契約終了の日時が近づいてくると更に不安になるという方も多いではないでしょうか。契約を切られて仕事がなくなってしまったらどうしようという不安から、できることなら契約社員から正社員になり安定した状態で働きたいと思う方も多いです。

しかし、そう簡単に正社員になることができない現在、どのような人が契約社員から正社員になれるのか、また、どのくらいの可能性があるのでしょうか。

会社に勤めている年数が長ければ、正社員として任命されるということは稀で、基本的には他の契約社員よりも能力があったり、上司からの評価が必要になったりと、あの人は正社員に選ばれて当然だというほど、努力や実績を出さなければいけません。

現在は、「コミュニケーション能力」が重視される世の中でもあるので、コミュニケーション能力が高い人は優先的に正社員として雇用されるところもあれば、任された仕事をひたむきに一生懸命働いている努力家の人を評価して正社員として雇用する会社もあるので、採用基準は様々です。しかし、まずは上司や仲間から何か一つでも認められるほどの高い能力が必要となってくるでしょう。

契約社員から正社員になった方もいる

契約社員として不安定な環境の中、働くことから抜け出し正社員として働きたいと思うのは当然です。

そんな目標を自ら勝ち取り、契約社員から正社員になった人も実はたくさんいるので、決して狭き門ということではありません。

契約社員制度というものがある会社で、契約社員の間は試用期間という立場で働いてもらい、1年~2年後には正社員として働いてもらうという制度を整えている会社もあれば、実力勝負で1年間の間で一定以上の売り上げを上げた人などを評価して契約社員から正社員にするという会社もあります。

そのほかには、仕事をする上で優秀な資格を持っている人などを積極的に正社員として雇用する会社もあります。

会社によって正社員に登用する条件は異なりますが、共通するのは「実績がほかの方より優秀で会社には必要な人材だ」と評価されることです。

契約社員から正社員になれない方もいる

契約社員から正社員になった方もたくさんいますが、反対になれない方もいるのが現状です。

主に、なぜ正社員になれないのかという具体的な理由を紹介していきます。

  • 遅刻・早退や欠勤が多すぎる

これは、当たり前のことですが遅刻・早退そして欠勤が多い人は正社員には選ばれません。

契約社員の場合は、固定給ではなく時給のため、例え早退や欠勤が多くても働いた分のみしか報酬を支払わないという対応ができますが、正社員の場合そのようなことができません。

正社員として雇用する場合に会社は「受給する給料に値する又は、それ以上の実績」を求めてきます。

ですので、遅刻・早退そして欠勤が多い人は正社員として雇用する対象から外されます。

  • 素直ではない

成長を期待して、アドバイスや効率的なやり方を教えているのにも関わらず、自分のやり方を意見を主張して、改善をしないような自己中心的な人は、逆に会社としての実績が落ちてしまう可能性もあるため、非効率とみなされ必要ないと思われることがあります。

自分の意見を持たずに会社の言いなりになるのも、良くはないですが自分の主張を貫き通すのも良くありませんので、アドバイスや注意は素直に受け入れて向上心を示すことが大切です。

  • 私事優先の人

契約社員の場合は、責任があまり重くないため自由な部分が多いです。

しかし、遊びや自分の時間を優先してあまりにも私事で勤務を休んでしまうことがあったりすると会社側としては、正社員になったときにしっかり仕事に来てくれるのだろうかという不安が伴います。

やはり、会社としては最低でもお給料に見合った実績を出してくれる人を望んでいるので、私事を優先してしまい、不安が大きい人は採用される確率が少ないです。

  • マイナスな発言やマイナスな思考が多い人

日本人は、ネガティブな人が多いと言われているので仕方がないと言えば、仕方がないことですが、あまりにもマイナス発現やマイナス思考の人は上司から評価しづらい傾向にあります。

企業からしても、向上心があって絶対に良い実績を出しますという人と、希望に添えるかわかりませんが最低限お給料に見合った努力はします、という人が入る場合、前者の人のほうを選ぶ会社がほとんどです。

ですので、極端に謙虚すぎてマイナス思考やマイナス発言が多くなるのは控えたほうが良いです。

  • 自尊心があまりにも高い

自尊心が高すぎるあまり、会社に対して文句が多い人や、注意やアドバイスに対して反抗するような人はどうしても正社員として雇用したと思う会社はいません。

注意や怒られてしまい、ついつい反論してしまう時もあるとは思いますが、そこはグッとこらえて受け入れることも大切です。

  • 勤務年数が長ければ登用されると思っている人

事実上、勤務年数が長ければその能力や実力を評価してもらい、契約社員から正社員に登用されることが多いです。

しかし、それは勤務年数に応じた実績や能力が伴っている場合に限るということを忘れてはいけません。

単純に、勤務年数が長ければ正社員になれると思っていて人は、どうしても向上心が低いため、勤務年数に応じた必要な技術や経験が大きく不足していることがあります。

その結果、勤務年数が長いのにも関わらずなかなか正社員になることができないと言うような負の連鎖が始まってしまいます。

契約社員から正社員になるのは企業の制度次第

今まで、正社員になれる人となれない人の特徴などを挙げてきましたが、その点を改善すれば正社員になれる可能性が高まるのかというとそうではありません。

まず、大前提としてその会社はどのようにして正社員になれる流れがあるのかということを確認することが大切です。

ある会社は、新卒のみ正社員として採用すると言うような決まりがある場合、契約社員から正社員になるにはどうやっても不可能であることがわかります。

飛びぬけている能力や実績があったとしても、正社員は新卒のみと書いてあればそれに従わなければなりません。

反対に、実績や能力を評価して正社員へ登用する会社もあるためまずは、その会社は正社員をどのような採用の仕方をしているのかということが一番大切になってきます。

契約社員が正社員になる事に関する法律の条文はない

基本的に契約社員が正社員になることに対して、法律はありません。

良く勘違いされている方も多い、契約社員3年で正社員になれるのかということなどを紹介していきます。

契約社員3年で正社員になるのではなく、雇用契約期限の有無が変わるだけ

契約社員で働いていますと、良く「3年」「5年」という言葉を見る機会が多いという人もいるのではないでしょうか。

これは、会社で雇用の安定性を考えることが目的とされており、契約する期間を決め手雇用を結ぶ契約社員などは、無期限労働契約というものに切り替えをする年です。

良く、3年・5年ルールという様に言われますが、正社員として採用されなかったため、現在は契約社員として働いている人などもたくさんいるので、そのような人たちに向けて雇用の安定性を考えるというルールになります。

ですので、契約社員は3年で正社員になれると思っている方も多いですが、それは違うということを頭に入れておきましょう。

契約社員から正社員へなりたいなら

多くの人が望んでいる契約社員から正社員になる道のりはどのようにすればよいのでしょうか。

面接での聞き出すテクニックや転職する際に有利になるポイント、評価される具体的なポイントを紹介していきます。

契約社員から正社員になれる制度があるか面接で確認

契約社員として働き、それから正社員として働くことを考えている場合は、正社員登用試験を受験しなければなりません。

ですので、まずは面接で以下のようなことをこちらから質問してみるというのが大切です。

  • 過去に正社員として登用された人はどのくらいいるか
  • 過去に正社員になった方は、どのくらいの期間で正社員になれたのか
  • 業務上必要な資格や、評価の基準はあるのか

などというようなことを、聞くようにすると良いです。

そうすることで、正社員になるために必要な資格や企業が求めている人材がわかることがあり、自分の前向きな思いなどをぶつけながら質問することで、意欲的な人だと認識してもらい興味を示してもらえる可能性もあります。

契約社員から正社員登用があった企業へと転職する

正社員になるために、契約社員から正社員登用がある会社に転職するというのも一つの手段です。

転職した会社で生きる資格を持っていたり、専門的な資格を持っていると現在務めている会社ではなく、他の会社に正社員として転職することも可能です。

もちろん、資格を持っていれば仕事の幅も広がるため、必要とされる可能性が高まるので資格は一つの武器になります。

一つの会社で正社員登用を狙うのは、評価されなかったりしなければ可能性が低くなりますが、転職は自分から自分が有利になれる会社を探せるため、正社員として雇用される確率は大幅に上がります。

契約社員から正社員になるのは正社員から正社員になるより難易度が高く可能性が低いとよく言われますが、現在は従業員が不足している企業が多いのが現状です。

少しでも、戦力になる従業員がほしいというのが企業の思いでもあるので、自分が有利になりそうな会社がありましたら、積極的にアピールしていくことで正社員として雇ってもらう可能性も十分ありますので、すぐに諦めずに根気強く転職活動をしていきましょう。

仕事の実績を残し、会社に貢献する

勤務している会社で一定以上の実績を残すことができていて、会社に必要な人材であると上司から評価されている場合、更に活躍してもらうために正社員として雇用してくれる可能性もあります。

会社からは「人事評価」「勤続期間」という2つのポイントから正社員にするかどうか決められることが多いです。

  • 人事評価

この人事評価というのは、その人が仕事に対する実績や成果が会社が定めている一定以上を超えているかどうかということがポイントになってきます。

どのくらいの頻度で人事評価を行うかはその会社によって変わりますが、おおよそ年2回行うというのが一般的です。

  • 勤続期間

企業は、すぐやめる人より長く継続して働いてくれる人を好みます。

ですので勤続年数が高いとすぐに会社を辞めない人だと認識されるため、どのくらい会社に勤めているかということがポイントとなってきます。

具体的に何年くらいだと良いと言うのは断言できませんが、契約社員の場合は1~2年という期間が適当です。

この、「人事評価」「勤続期間」は一定以上のレベルを上回っていないといけいなという会社もある中、人数不足の場合超えていなくても達していれば大丈夫というところもあります。

実際に契約社員から正社員へなった人の事例

それでは、実際に契約社員から正社員になった人の具体的な体験談を紹介していきます。

Aさんは2年の間、正社員として働いていましたがその会社を退社し、3年目のときに契約社員として入社しました。

Aさんは、任された仕事は真面目にやり遂げ、継続して頑張っていました。

そして、1年が経過し入社して2年目の時に上司の方から正社員登用試験を受けないかという話はされました。

ちなみに、その方の試験内容を大まかに紹介すると

  • 筆記試験
  • 面接
  • プレゼン

この3つでした。

上司からは、推薦があるとかなり有利になると言われており、推薦を出すとAさんは言われていました。

このときに、上司からの推薦がないと更に合格する難易度が上がるため、できる限り上司の方にお願いして推薦を出してもらうほうが有利になります。

Aさんは、推薦してくれた上司になぜ自分を推薦してくれたのかということが気になり聞いてみました。

その結果

  • 他の契約社員に比べて、仕事を真面目にこなしていた。
  • 自分に与えられた仕事のみこなすのではなく、自分の担当の範囲を超えて仕事をしていたこともあった
  • とても、向上心があり仕事に対して意欲的であった。
  • 会社の中でかなり評判が良かった。

この4つがAさんを推薦した理由でした。

やはり、契約社員といっても大切な従業員のため上司はその成果を見てくれています。

時には、自分の担当を超えて仕事をしたことなどもしっかり評価してくれていて、その結果会社の中でかなりの努力家ということで評価されていました。

Aさんは、入社して1年で正社員に登用されましたが、やはりほかの契約社員よりも何倍も真面目で努力家だったことが決め手だったと上司の方は言っていました。

気になる契約社員から正社員になった時の給与の差

実際のところ、月々の給料を見てみると正社員よりも契約社員のほうが多くもらていることが多いです。

契約社員のほうが稼げると思うかもしれませんが、契約社員と正社員の大きな違いは「ボーナス」があるかないかということです。

数は少ないですが、契約社員にもボーナスを支払うところもあります。

しかし、その場合はそれ以上のボーナスを正社員に支払うため年収としてみると契約社員と正社員の給料の差は大きく開きます。

さらに、正社員は年末年始やゴールデンウイークなどの長期休みのときも給料は固定であるので、下がったりすることはありません。

反対に、契約社員は時給なので休みが多ければ多いほど給料が減ってしまいます。

給与だけではなく、契約社員と正社員との間には雇用条件や働き方など大きな違いがあります。以下の記事では、契約社員と正社員との違いを詳細にまとめて紹介しています。契約社員から正社員を目指す人にとっては必見ですので、是非ご覧ください。

契約社員と正社員で違う雇用契約形態や条件、働き方を徹底比較

契約社員とは 同じ会社にもかかわらずその雇用形態はさまざまです。「正社員」「契約社員」「派遣」「アルバイト」などがあ…

契約社員から正社員へとなる期間はどのくらい

具体的に、この期間で正社員になれるというのは存在しません。

先ほどのようなAさんのように入社して1年で正社員になれるような例もあれば、わずか3か月で正社員になれる人もいます。

反対に2年、5年と働いていてもなかなか正社員になれないという人もいます。

何度も言いますが、実績や資格があり、その会社には欠かせない人材になることが早く正社員として働ける近道です。

契約社員から正社員登用を狙って転職する人も多い

現在、お勤めしている会社で正社員を目指すのも良いですが、仮にうまくいかなかったときのために転職に対する知識も蓄えておきましょう。

多くの方が誤認していることが「在職中は転職活動ができない」ということです。

決して、そのようなことはないですし、逆に退職してから転職活動をするより在職中に転職活動をするほうがグッと有利になるのです。

更に、すでに契約期間の終了が半年~1年前になった時点で転職活動をする方もいます。

すべて、自分の思った通りに物事が運べば良いですが、上手く進まなかったことのことを考えて早め早めに対策を練ることが大事になってきます。

契約社員を退職するなら転職活動を始めよう

早い方で契約終了1年前から転職活動をしていると言い、グッと有利になると言いましたが、転職活動がスムーズに進み更に有利になる方法もあるので知識を蓄えてほかの方と差を付けましょう。

結論から申しますと、「転職エージェント」を使うのがとても効率的です。

転職エージェントは完全無料で利用することができ、転職や就職に関わるほとんどの面倒な作業を代行してくれ、転職のプロであるコンサルタントからアドバイスをいただくことができるため、転職初心者の方は使わない手はないです。

より詳しく転職エージェントについて知りたい方は下記記事にて転職エージェントに関する全ての情報をお伝えしております。

気になる方はチェックしてみてください。

転職エージェントとは|100%理解して120%活用するための全情報

※転職市場は動きが大きいため、この記事は常に最新の情報に更新してお届けしています。 皆さまは以下のように思ってこ…

おすすめの転職エージェント

転職エージェントによってはキャリアコンサルタントの対応が雑だったり、求人数に差があったりします。

そのため、本当におすすめの転職エージェントを利用しないとあなたの貴重な時間が割かれてしまう可能性があります。

当サイトでは下記記事にて1000人以上の転職エージェント利用者の体験談を基に本当におすすめの転職エージェントを紹介しています。

気になる方はチェックしてみてください。

転職初心者の方におすすめしたい転職エージェントは「リクルートエージェント」と「DODA」、「パソナキャリア」の3つです。

複数登録することで、それぞれの転職エージェントの弱みを補いあうことができるので、転職エージェントを利用する際は複数登録することをおすすめ致します。

詳しくは下記記事にて解説しておりますので、ぜひご参考ください。

転職エージェントを複数利用すべき理由とは|元転職エージェント社員が徹底解説

※転職市場は動きが大きいため、この記事は常に最新の情報に更新してお届けしています。 皆さんはこのように思ってはい…

「リクルートエージェント」は、業績や求人数など他の転職エージェントと比較して圧倒的な実績を誇る転職エージェントです。

転職エージェントを利用する際はリクルートエージェントを利用しない手はないでしょう。

リクルートエージェントは転職をする全ての人におすすめの転職エージェントです。

「DODA」は業績、求人数共に業界第2位という大手転職エージェントで、登録者のペースに合わせて転職活動をしてくれますし、転職初心者にも優しいキャリアコンサルタントが在籍しています。

求人数も多く、求人の質も良いので全ての人におすすめの転職エージェントです。

また「パソナキャリア」もキャリアコンサルタントの質が高いと業界で有名な転職エージェントです。

業績は業界で第4位、求人数はリクルートエージェントやDODAに比べると少ないのですが、求人の質も良く、何と言ってもキャリアコンサルタントの質は業界でもずば抜けて高く、とにかく登録者の気持ちを優先して対応してくれますし、転職初心者にも優しくキメの細かいサポートが特徴です。

 

契約社員から正社員登用を狙うなら、実績がある企業がおすすめ

正社員登用を狙う場合は、やはり過去に実績がある企業を選ぶことも重要となってきます。

その際に、正直どの企業が正社員登用をした実績があるのかどうかと調べるのも一苦労です。

そのような場合、先ほども紹介した転職エージェントに相談することでその手間が省け質の高い求人を探すことができるでしょう。

更に、念を押して面接のときに過去にどのくらい正社員登用をしたのかということも質問することで良いです。

やはり、給与の面であってもボーナスをもらえたり、固定給のため長期休みがあっても収入が落ちることはなく安定して生活ができます。

ですので、今回紹介したことを生かしてぜひスムーズな転職活動を目指してましょう。

※記事の内容は、執筆時点での最新の情報となり、サービス内容・利用料金等を保証するものではありません。この記事の情報を基に行動する利用者の判断について、当社は一切の責任を負いかねます。サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、しかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。