むかつく上司や先輩へ仕返しする6つの方法|対処法や言い返すポイントも

突然ですが、あなたにはむかつく上司がいますか?そんな上司を倒したいと思ったことはありませんか?倒すことはできなくても、解決策はあります。今回はむかつく上司の対策方法や、対処方法を詳しくまとめてみました。あなたの周囲のむかつく上司や、むかつく上司を抱えている人におすすめです。

むかつく上司やむかつく先輩の特徴6つ

あなたの周囲にむかつく上司や、むかつく先輩はいますか?もし今いなくても、あなたの周囲にいるその上司や先輩は本性を隠しているだけかもしれません。本性を隠している場合、本性が現れるときがきっと来るはず。

そんなときにどのように対処したらいいのかをお伝えします。まず、むかつく上司やむかつく先輩の特徴を6つ見ていきましょう。

1.仕事のミスを部下のせいにする

仕事のミスを部下のせいにする上司には、とてもむかつきますよね。そして残念なことに、むかつく上司ほど仕事ができずにミスしがちです。自分が仕事をできないことを棚に上げて、そのミスを部下に押し付けるのは、大変迷惑な話です。

2.自分のやり方を貫く・他人のやり方を認めない

誰にでも、自分の仕事のやり方はありますよね。ですが仕事上であれば臨機応変さも大切です。自分のやり方が正しいときもあれば、他の人のやり方が正しいときもあります。

効率よく仕事をすることより自分のやり方を貫こうとする上司は、仕事のリズムを崩すことにもつながり、そこから「むかつく」という感情が生まれてしまうのです。

3.他人を褒めない

むかつく上司は他人を決して褒めません。なぜなら、他人を認められないからです。自分よりも相手が優れていることを認めたくないため、それが部下だとしても褒めることができないのです。心が狭いことが、なによりの原因ですね。

4.仕事ができない

何かしらの原因があるのかもしれませんが、仕事上で関わっていく以上は仕事ができないと煩わしいですよね。ただ、仕事ができない人でも人格的に信頼されていれば、むかつく上司に認定されない場合もあります。

仕事ができない人に関しての記事をお探しでしたら、こちらの記事がおすすめです。

仕事ができない人の典型的な特徴や傾向|改善策や対処法も

5.気分で態度・言動が変わる

そのときの気分で態度や言動が変わる上司は、部下からの信頼はありません。自分勝手な行動は、仕事上では控えるべきですよね。それができない上司は、部下からむかつく上司と思われる可能性が高くなります。

6.指示が曖昧ではっきりしない

むかつく上司は仕事ができないことが多いことは、先ほどお伝えしましたが、仕事ができない上司は自分が何をするべきか分かっていないことが原因です。

指示が曖昧であるのも、自分すら何をするべきか分からないため何も指示できないのです。

ムカつく上司を潰す方法・むかつく上司へ仕返しする方法6つ

まず、むかつく上司の下で働いている人には特徴があります。1つ目は自分の気持ちを素直に言わない人、2つ目はされるがままという人です。

1つ目の自分の気持ちを素直に言わない人は、上司という肩書きを恐れている場合があり、多少おかしいと感じていても見ないフリをします。見ないフリをすることは、相手を容認していることになりますから、何も言えないのです。

2つ目のされるがままの人。こちらも、されるがままというのは相手の行動を容認していることになります。今を我慢していれば今は乗り切れるでしょうが、今後同じことがないとはいえませんよね。そんな2つの特徴を持つ部下が、むかつく上司と引き合わされることが多いのです。

自分が使えない部下になっているから、むかつく上司を作り上げている可能性があります。もしそうだと思ったらこちらの記事を参考にしてみてください。

使えない部下と使える部下の違い5つ|使えない部下の育て方から対応、年上の場合も

もしあなたが使えない部下ではないのに、むかつく上司がいるのであれば、仕返しをしたいと思ったり上司を潰したいと思うときもあるでしょう。あなたが我慢ばかりしていても意味がありません。では、一体どうしたらいいのでしょうか?

1.されたことを同じ方法でそのまま仕返しする

むかつく上司は、自分がやっていることの重大さが分かっていない可能性があります。この場合、口頭でいくら言っても無駄ですし、遠まわしに言っても伝わりません。

そんなときには「されたことを同じ方法でそのままお返しする」が有効です。そんな子供じみたことできないと、一瞬頭をよぎりますが、要は何をしているか理解できない上司に教えればいいのです。

きっとむかつく上司はあなたのことを怒るでしょう。そのときに、「あなた(むかつく上司)がしていることを見習いました」とでも言いましょう。相手は、自分も同じ事をした手間なにも言えなくなり、自分の行動を見直すことになります。

嫌味なやり方かもしれませんが、これくらいしないと気付いてくれない上司はたくさんいるのです。

2.困っている時に関わらない

むかつく上司が目の前で困っていたとして、あなたは助けたいと思わないかもしれません。それを批判する人もいるかもしれません。でもそれでいいのです。

もちろん、仕事上で困っていることだったり、クライアントと直接関わる場合は大人気ないことはしてはいけません。ですが手が回らないときなど、緊急性を要しない場合に困っているときは関わらないようにしましょう。

3.上司の上司に報告する

むかつく上司の上にいる人は、やはり上司。上司の上司に相談すると解決することが多いのです。上司に報告する前に、上司の上司へ相談してもいいのかと考えがちですが、親身に聞いてくれるような人の場合は放っておかずに対応してくれます。

どんなにむかつく上司でも、上司という立場になるにはそれまでの経歴があります。そのむかつく上司を育てた上司に、対処法を仰ぐと良いでしょう。

4.むかつく上司のむかついたところを同僚に話す

一見解決には結びつかないような対処法ですが、これは同僚と協力して問題を防いだり、情報を共有して対策を考えたりするための方法です。

大げさではなく、日々のストレスは仕事に大きく影響します。むかつく上司の下でこれから先も仕事をしていかなければいけないので、同僚にむかついた箇所を話して部下同士で解決に進みましょう。

5.むかつく上司のミスから学ぶことが多いと、他の人にあえて言う

むかつく上司を使うという手段があります。聞こえこそ悪いものの、むかつく上司がいるから自分がいるくらいのことを周囲に言ってしまいましょう。現に、むかつく上司がいるから「あんな上司にならないようにしよう」という心構えができるのです。

むかつく上司のミスから学ぶことが多いといえる部下。部下が上司より大人な考えを持つのです。周囲には讃えられるでしょうし、むかつく上司に周囲の声を経由して、この思いが届くかもしれません。

むかつく上司は、自分より立場が低い人を見下す傾向があります。部下が直接直して欲しい部分を話すよりも周囲から言われたほうが聞きやすいのです。見栄ばかりのプライドも、このときばかりは良い方向へ働きますよ。

6.相談窓口へ相談する

会社に相談窓口がある場合、第3者に相談する事をおすすめします。もし窓口がない場合、インターネットで「相談窓口」と検索すると該当する電話番号が出てきます。

1人で抱え込まず、周囲の人と協力することが大切です。

無視したいほどムカつく上司の対処法6つ

むかつく上司と話していると精神が持ちませんよね。最初は話を真面目に聞いていることができても次第にむかつく点が気になりだし、話に集中できないかもしれませんよね。

そんなときに無視してしまうのは簡単ですが、大人になり他の対処法を試してみましょう。

1.話を聞いてるふりをし、受け流す

話しを聞いているフリをする。これが1番の対策なのではないでしょうか?仕事に関する指示などがあれば、しっかり聞かなければいけません。ですが、基本的に上司の小言は気にしなくていいでしょう。上司の文句の塊であれば、なおさらです。

「また、変なこと言っているな」くらいで受け流すと、いちいち上司の思いやりのない言葉に傷つかずにすむでしょう。

2.かわいそうな人だと思って接する

「この人、かわいそうな人だな」と思って上司に接してみて下さい。言葉に出さなくても、無視をしなくても、自分の心構えだけで変わります。

むかつく行動、むかつく言動1つ1つに「かわいそう」と思うだけで心に余裕ができるので、かわいそうな人に親切にしてあげた私、という優越感に浸ることもできます。

3.理解してくれる人とむかつく上司の愚痴を共有

会社内でも、同僚でも上司でも部下でも、家族でも、友人でも話せる人に愚痴を言って共有してみましょう。話したことで気持ちが楽になり、共有することで聞いた人への注意喚起にもなります。

ただし、会社内の人で理解のない人、信用ののない人に愚痴をこぼしてしまうと噂になったり、言ったほう側が追い込まれることになりかねないので、注意しましょう。

4.むかつく上司の良いところを見つける

人には良いところと悪いところがあるものです。上司のむかつく場所だけ見ていても、上司の悪いところが直らなければ意味がありませんよね。それなら、そんなむかつく上司の良いところを探してみましょう。

むかつく上司の良いところを見つけられれば、見方が一気に変わるかもしません。むかつく上司の良いところを見つけたら、ぜひそこだけを見るようにしましょう。

5.人として生理的に受け付けないと割り切る

むかつく上司がどうしてそんな状態なのかと考える前に、この人は上司の前に人として受け付けない人なんだと割り切ってしまいましょう。

割り切ることができると不思議なことに、深い部分まで関わらないようにしようと脳が考えます。人として生理的に受け付けない人にむかついていても仕方ありませんよね。怒りという感情がなくなっていくのが、自分で感じられるはずです。

6.なるべく距離をとる、関わらないように仕事をすすめる

仕事中にある程度の関わりは必要になります。でも、必要以上に関わらないようにすることはできますよね。なるべく距離をとったり、なるべく関わらないようにするだけで、充分な対策法になります。

指示を仰ぐなら他の上司に、チェックしてもらうのも他の上司になど、部下としてできる対策は小さいことかもしれませんが、気持ち的には楽になりますよ。

むかつく上司を辞めさせたいと思うなら、転職も視野に入れる

むかつく上司をどうしてもやめさせたいと思うなら、転職することを考えてみてもいいかもしれません。辞職願を出す理由を、きちんとむかつく上司のせいだと伝えましょう。もし、上司よりあなたが大切だと会社が思えば、辞職願を受理せず、むかつく上司だけをやめさせることができるでしょう。

ただ、給与が高く使えないむかつく上司を、あなたより優先する会社なら、これから先働いていても良いことはありません。完全に転職を考えてしまいましょう。

転職と簡単に言われてもと感じてしまうのは、転職をしたことがないから不安なだけです。転職に少しでも不安を抱えているなら、転職エージェントをおすすめします。

転職に関する様々な不安や疑問を解決してくれたり、転職のサポートをしてくれる転職エージェント。利用してみる価値ありです。1人で悩まないようにしてくださいね。

「ムカつく上司やっつけゲーム」や「むかつく上司を殺すゲーム」でストレス発散

むかつく上司を倒したいと願ったことはありますか?それをゲームとして開発した人がいるのです。誰もが思っている「むかつく上司を倒したい」という願いを、非物理的に叶える優れものです。

ムカつく上司やっつけゲーム・むかつく上司を殺すゲーム

ムカつく上司やっつけゲームというゲームが存在します。これはむかつく上司を様々な方法で倒していくというものです。カーソルを該当する物の上に持っていくと赤く反応します。赤くなった部分をクリックすると、その物に応じて上司の倒し方が変わるという、なんとも楽しいゲームです。

ただ少し、ゲームの内容がグロいので血が苦手な人にはおすすめできません。また現実世界では絶対真似しないでくださいね。動画がありますので、こちらをご覧ください。

ムカつく上司やっつけゲーム

 

むかつく上司に言い返す時のポイント

むかつく上司に言い返すポイントは2つあります。まずは先手を打つこと。相手の流れに飲み込まれないようにすることが大切です。

2つ目は言いたい事は言ってしまうこと。避けていても問題は解決しません。ではどうしたらいいのでしょうか?具体的な対策法をまとめてみました。

1.最初に謝る、または感謝する

まず1つ目ですが、「ご指摘ありがとうございます」や「申し訳ありません」と先に謝ったり感謝することです。何もないときに謝る必要はありませんが、自分にミスがあったときにここぞとばかりに言ってくる上司にはむかつきますよね。

言われる前に言ってしまう、その上で愚痴を言う上司は周囲からの評価を自分でどんどん下げているのです。放っておきましょう。

2.ズバリ言いたいことを要点をまとめて簡潔に言う

2つ目になりますが、言いたい事を簡単に、そして的確に相手に伝えましょう。避けているばかりでは問題は解決しません。要点をまとめて言いましょう。

相手に非がある場合、何も言い返せません。周囲からは「よく言ってくれた」と小さなヒーローになりそうですね。全員で言いたい事を言うのも、心強いでしょう。

ムカつく上司を無視したりや言い返す前に、色々な対処法を試そう

いかがだったでしょうか?むかつく上司はどの会社にも1人はいる存在なのに、対策法を置いている会社なんてありませんよね。

インターネットで探してこの記事にたどり着いたあなただからこそ、むかつく上司を無視したり言い返す前に様々な対策ができるはず。色々な対処方法を試して、どうにかむかつく上司から解放されて仕事が円滑に進むように工夫しましょう。

※記事の内容は、執筆時点での最新の情報となり、サービス内容・利用料金等を保証するものではありません。この記事の情報を基に行動する利用者の判断について、当社は一切の責任を負いかねます。サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、しかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。