【タイプ別】むかつく上司の特徴と対処法

 

 

職場にむかつく上司はいませんか?むかつく上司が一人でもいると、仕事中にイライラしてしまうこともありますよね。そこで、ここではむかつく上司の特徴についてまとめてみました。

また、むかつく上司への対処法についてもご紹介するので、今後上司にむかついたときは、参考にしてください。上司がパワハラをしてきたときの対処もお伝えします。

 

むかつく上司の特徴

むかつく上司には、いったいどのような特徴があるのでしょうか。気分で態度が変わる、説教をしたがる、指示ができない、約束を破るといったことが挙げられます。ほかにもいろいろな特徴があるので、ここでチェックしてみましょう。

気分で態度が変わる

気分屋な上司はむかつきますよね。機嫌が良かったと思えば、何の前触れもなく突然機嫌が悪くなるようなタイプです。このようなタイプの上司は扱いにくいですし、仕事であってもなるべく関わりたいとは思わないでしょう。

ついさっきOKといったことを、数時間後にはダメと言いだすようなこともあります。

説教をしたがる

とにかく、部下に対して説教をしたがるタイプの上司です。このタイプは、部下のやることを細かくチェックしていますし、とても目ざといです。些細なミスでも説教のチャンス、と見ると、ネチネチ説教をしてきます。

特に、おとなしく説教を聞くようなタイプに狙いを定め、しつこく説教することが多いですね。

上に甘くて下に厳しい

自分よりも立場が上の人にはヘコヘコしますが、下の者に対しては厳しくあたるようなタイプです。人によって態度を変えるような人ですね。上には忠実なため覚えも良いですが、基本的に部下からは嫌われてしまうタイプです。

部下に責任転嫁する

自分の失敗を認めず、部下に責任転嫁してしまうタイプです。変にプライドが高い人が多く、明らかに自分のミスであったとしても、絶対にそれを認めようとはしません。

保身のためなら自分の部下さえ貶めようとします。上司は部下の責任をとるために存在しますが、そうした責任すら放棄した格好ですね。

指示ができない

部下は上からの指示に従って行動しなくてはなりません。しかし、その指示ができない上司がいるのも確かです。自分に自信がない、決断力がない、といったタイプですね。

結局、部下は自分の判断で行動しなくてはなりません。上司が指示をくれないから、と部下が自ら行動したら、それはそれで勝手な行動だと怒り始める人もいます。

約束を破る

約束は守るべきものですし、それを破るのは社会人として非常識といえます。このタイプは、物事を何でも軽く考えている節がありますし、約束を破ることにも罪悪感を覚えないことが多いです。部下との約束も平気で破ります。

自分凄いアピールをしたがる

自分がいかに凄いのかを、部下にアピールしてくるタイプです。部下からすると、どうでもいいような話を聞かされますし、むかつきます。仕事中はもちろんですが、会社の飲み会の席などでは、特にその傾向が強くなります。

基本的なマナーがない

社会人として生きていくためには、身につけておくべきマナーがあります。基本的なマナー、ビジネスのマナーがなっていないため、部下はむかついてしまいます。挨拶ができない、お礼を言わない、といったことですね。

 

コミュニケーションでできるむかつく上司の対処法

ここでは、コミュニケーションでできる、むかつく上司への対処法についてお伝えしたいと思います。仕事以外のコミュニケーションは避ける、相手を子供と思って接する、といった方法があります。詳しく見ていきましょう。

仕事以外のコミュニケーションは避ける

必要以上にコミュニケーションをとってしまうと、腹が立ってきます。そのため、コミュニケーションは必要最小限に留めておきましょう。基本的には、仕事で必要なときだけ関り、それ以外はいっさいのコミュニケーションを遮断します。

相手を子どもだと思って接する

子どもが言っているんだ、と思えば腹も立ちませんよね。そのため、上司が何かむかつく言動をしたときも、「相手は子どもなんだから仕方ない」と考えるようにしましょう。少しはイライラした気持ちも緩和されるはずです。

説教は聞き流す

むかつく上司からの説教をまじめに聞くのもバカバカしいです。時にはどうでもいいような説教もしてくるので、聞き流すようにしてください。とりあえず反省しているような表情で、頭の中ではまったく別のことを考えます。

論理的に反論する

上司によっては、支離滅裂なことを言ってくることもあります。そのようなタイプには、ロジカルに反論することで対応できます。きちんと論理的に反論すると、正論のため相手は反論できなくなってしまうでしょう。

同僚同士で上司の愚痴を言う

むかつく上司がいるとストレスも溜まってきます。そのままだとどんどんストレスが溜まってしまうので、たまには同僚同士で愚痴りあい、ストレスを発散しましょう。お酒を一緒に飲みながら、愚痴大会にするのもいいですね。

 

仕事中にできるむかつく上司の対処法

基本的に、上司にイライラさせられるのは仕事中です。できることなら、仕事中にむかつく上司に対処したいですよね。そこで、ここでは仕事中にできるむかつく上司への対処法をご紹介しましょう。

成果を出して見返す

きちんと仕事で成果を出せば、上司から文句を言われることもありません。上司がぐうの音も出ないほどの成果を出しましょう。そのためには、周りの人よりも努力しないといけませんが、上司を黙らすにはこれが一番の策です。

成果を出しているにも関わらず、上司が説教をしたり、言いがかりのようなことを言ってくることもあります。そのような時は、自分の出した成果を突き付けてやりましょう。

できれば、成果を数値化したものを突き付けてください。そうすればきっと大人しくなります。

上司が困っているときに助けない

むかつく上司が困っているときに助けないことで、気持ちがすっきりします。ちょっと子どもじみたやり方かもしれませんが、相手が子どものような上司の場合にはこれがもっともおすすめです。頼られても忙しいからと断りましょう。

仕事の無茶ぶりをされたら上司も巻き込む

仕事で無茶ぶりをされると、腹が立ちますよね。どうして、自分一人でこんな仕事をしないといけないのか、と憤りを感じるはずです。こんな時は、上司も巻き込んでしまいましょう。上司なんだから一緒にお願いします、と伝えてください。

無茶ぶりをしている、という意識が上司にもあれば、巻き込みやすいです。ただ、上司によっては無茶ぶりをしている意識がないこともあるため、そのような上司だと巻き込みにくいですね。上手におねだりするなどして、何とか巻き込んでください。

修行だと思って取り組む

一流の職業人となるための、修行だと思って取り組んでみましょう。上司に言われて働いている、という意識だとどうしても腹が立つこともあります。修行のため、自分自身の将来のためと思うことで、イライラする気持ちを抑えることもできるでしょう。

むかついたときは、一度深呼吸して「修行のため・自分のため」と心の中で唱えてください。そうすれば、多少気持ちも落ち着くでしょう。上司のためではなく、自分のためという意識を持ってくださいね。

上司の強みを探して受け入れる

むかつく上司でも、探せば強みやイイところが見つかるかもしれません。今は、上司のむかつく部分しか見えていないでしょうし、そこばかりが自分の中で強調されているはずです。強みやイイところが見つかれば、上司に抱く感情も変わってくるでしょう。

 

むかつく上司がパワハラ化したときの対処法

むかつく上司に対処していたら、突然パワハラされるようになった、ということもあるかもしれません。このような時には、どのように対処すればいいのでしょうか。社長や経営幹部に伝える、労働基準局に訴える、といった方法があります。

社長や経営幹部に伝える

パワハラは社会問題にもなっていますし、多くの企業がパワハラをなくそうと努力しています。パワハラがある職場だと、悪い噂が広がり会社の評判を落とすことにも繋がりかねません。

ネットでパワハラのあるブラック企業、と噂が流れてしまうと、求人を募集したときも人材が集まらない、といったことも考えられます。

また、パワハラは社員のモチベーションを低下させるため、生産性を著しく損ねることになります。そうしたことは、社長や経営幹部も理解しているはずなので、パワハラをされたときは上層部に相談しましょう。

会社に社員の相談窓口があればそこで相談するのも良いですし、直接上層部に直訴するのも良いかもしれません。

労働基準局に訴える

労働基準局とは、労働者の仕事に関する悩みを解決するための機関です。厚生労働省の内部部局であり、労働局や労働基準監督署の上部組織にあたります。労働基準監督署と同様に捜査権限を持っており、違法な経営をしている会社には自ら立ち入り調査を行い、時には逮捕をすることもあります。

ただ、労働基準局は、原則として労働者個人から相談を受け付けるようなことはありません。そのため、パワハラの被害を受けたときは、労働基準監督署に相談することになるでしょう。

 

むかつく上司から学べること

むかつく上司は、同じ職場で同じ空気を吸っているだけでも嫌になるものです。しかし、そのようなむかつく上司でも、学べることもあります。ここでは、むかつく上司から学べることについてご紹介しましょう。

自分が出世したときの反面教師になる

むかつく上司にイライラさせられ続けてきた方だと、自分は絶対そんな上司にならないと考えるはずです。つまり、自分が出世したときの反面教師になるということですね。人の振り見て我が振り直せ、ということです。

自分が上司のどのようなところにイライラさせられてきたか、という部分を理解できていれば、自分はそうならないように努力できます。

違う視点から仕事が学べる

確かにむかつく上司はイライラしますが、それは裏を返せば自分たちとは違う視点で物事を見ているということでもあります。視点が違うからこそ、分かり合えずイライラしてしまうのですね。

違う視点から仕事を学べるというのは、ある意味メリットかもしれません。もしかすると、「そういう考え方もあるのか」と気づけるかもしれませんよ。

 

まとめ

むかつく上司の特徴や、対処法についてまとめてみましたが、いかがだったでしょうか。むかつく上司はそこにいるだけでストレスになってしまいますし、仕事に対するモチベーションも下がってしまいます。

なるべく上手に対処し、ストレスも軽減したいですね。むかつく上司にイライラさせられている、という方はぜひ今後の仕事で活かしてください。

※記事の内容は、執筆時点での最新の情報となり、サービス内容・利用料金等を保証するものではありません。この記事の情報を基に行動する利用者の判断について、当社は一切の責任を負いかねます。サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、しかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。