嫌いな上司の特徴や対処法と嫌いな上司がいるときの考え方

 

 

職場に嫌いな上司はいませんか?嫌いな上司がいると、仕事中にイライラしてしまったり、ストレスを感じることもあります。そこで、ここでは嫌いな上司に共通する特徴をまとめてみました。

また、嫌いな上司がいるときの考え方、嫌いな上司への対処法についてもご紹介します。職場に嫌いな上司がいる方は、ぜひ参考にしてください。

 

嫌いな上司に共通する特徴

嫌いと言われてしまうような上司には、共通する特徴があります。間違いを認めない、指示に一貫性がない、自分の都合を押し付ける、気分屋、相手によって態度を変えるなどです。それぞれ、詳しく見ていきましょう。

間違いを認めない

嫌われる上司は間違いを認めません。明らかに、自分が間違ったことをした、ミスをしたという場合でも、それを認めることはないのです。上司が間違っているのは、部下から見ても明らかですが、本人が認めないため強く追及もできません。

間違いを認めないだけならまだしも、酷い場合には責任を部下になすりつけることもあります。保身のために責任転嫁する、部下を貶めることもします。

指示に一貫性がない

さっきまでこうしろと言っていたのに、今度はああしろと言ってきた、という経験はありませんか?指示に一貫性のない上司だと、こうしたことが頻繁に起きてしまいます。これだと作業効率も悪くなりますよね。

指示に一貫性がないため、現場が混乱してしまうこともあります。その結果、仕事でのミスに繋がってしまうことも少なくありません。

自分の都合を押し付ける

自分の都合を押し付けてくる上司を、嫌いという方は少なくありません。早く帰りたいがために、部下に資料作りを急がせる、自分のミスの尻拭いをさせるために残業させる、といった感じですね。

部下からすると、どうしてあなたの都合を押し付けられないといけないの?といった感情を抱いてしまいます。これだと嫌われるのは当然ですね。

気分屋

気分屋な上司だと扱いに困ります。とても上機嫌かと思えば、数時間後には物凄く不機嫌になっている、ということもあるからです。仕事にもムラが生じることが多く、部下としてはやりにくくて仕方ありません。

いきなり何の前触れもなく、怒り始めるようなこともあります。これだと、職場の空気も悪くなってしまいますし、作業効率も低下してしまう可能性があります。

相手によって態度を変える

このタイプの上司は、自分より立場が上の人に対しては媚びへつらいます。そのため、立場が上の人からの覚えは良く、出世することも多いです。逆に、立場が下の者に対しては厳しく接したり、横柄な態度をとることもあります。

部下からすると、このような上司はまったく尊敬できませんよね。部下に対する態度が酷いことも多いため、部下のあいだで不満がくすぶることもあります。

 

嫌いな上司がいるときの考え方

嫌いな上司が職場にいると、それだけで仕事に対するモチベーションが下がってしまいます。そこで、ここでは嫌いな上司がいるときの考え方についてまとめてみました。職場に嫌いな上司がいるなら、ぜひ試してください。

仕事以外の楽しみに目を向ける

嫌いな上司のことばかり考えてしまうと、イライラする一方です。仕事以外の楽しみに目を向けることで、こうしたイライラも多少はマシになるでしょう。イラっとしたときは、好きなこと、趣味のことを考えてください。

これを機会に、何か趣味を見つけるのもいいかもしれません。仕事以外に夢中になれるものがあれば、嫌いな上司も気にならなくなるでしょう。

仕事中のユーモアを忘れない

仕事中にずっとピリピリしていると、それだけでストレスになります。それに加えて、嫌いな上司と関わってしまうと、さらにストレスは倍増してしまうでしょう。ピリピリせず、仕事中でもユーモアは忘れないでください。

嫌いな上司から注意を受けたときも、「機嫌が悪いな。奥さんとケンカでもしたのかな」と考えるだけで、クスっと嗤えますよね。

嫌いな上司との付き合いをメンタルゲームと考える

嫌いな上司と付き合うのは疲れるものですし、心の疲弊も激しいです。イライラさせられることも多々ありますし、感情的になってしまうこともあるでしょう。まともに向き合っていても疲れるだけなので、メンタルゲームだと考えてください。

「これは、自分と上司のメンタルゲームだ」と考えましょう。上司から何を言われてもイライラせず、常に平静を装ってくださいね。ゲームだと考えると気持ちも楽になります。

仕事の成果で上司を見返す

上司を見返したいのなら、仕事で成果を出すのがもっとも効果的です。成果をきちんと出せば、上司も何も言ってこないでしょう。普段から嫌味を言ってくるような上司でも、成果を出す部下には強く出られないものです。

成果を出そうとすれば、必然的に人より努力することになります。結果的に自分のスキルを高めることにも繋がるため、一石二鳥と言えます。

 

嫌いな上司への対処法

嫌いな上司には、どのように対処すればいいのでしょうか。いろいろな対処の仕方がありますが、一つには仕事以外の関係を避けることが挙げられます。また、ほかの上司や家族に相談する、職場に仲間を見つけるといった方法もあります。

上司に期待しない

イライラしてしまうのは、上司に期待しているからかもしれません。きちんとリーダーシップを発揮し、部下を導いてほしいという期待があるからこそ、イライラしてしまいます。ということは、最初から期待しなければストレスも軽減されるかもしれません。

必要以上に期待しすぎてしまうと、ストレスが溜まります。上司は頼りにならないから、自分たちで何とかしよう、と思ったほうが気も楽になります。

仕事以外の関係を避ける

嫌いな上司とは、職場で顔を合わせるだけでも嫌なはずです。仕事で関わるのも嫌なのに、仕事以外で関わるのはもっと嫌なものですよね。あくまで職場だけの関係に留め、プライベートではいっさい関わらないようにしましょう。

休日に上司から電話がかかってきても、出る必要はありません。職場以外では完全に赤の他人、と考えてみましょう。

職場の同僚で仲間を見つける

職場には同僚もいるはずです。同僚に仲間を見つければ、嫌な上司について愚痴を言い合うこともできるでしょう。自分の中にだけ溜め込むこともなくなりますし、これだけでもストレスは随分軽減されるはずです。

また、仲間を見つけることで、上司からの理不尽な攻撃にも対処できます。お互いのことを、かばいあうこともできますよね。

他の上司に相談する

直属の上司が嫌いという場合だと、ほかの上司に相談することも考えましょう。上司は決して一人だけではないでしょうし、まともな上司もいるはずです。できるだけ、信頼できそうな上司を選び、相談することをおすすめします。

ほかの上司に相談するときは、できるだけ具体的に話すことです。上司の何に困っているのか、何が嫌なのかをきちんと、丁寧に話すことで解決策が見つかるかもしれません。

家族に相談する

自分よりも長い人生を歩んでいる、ご両親にまずは相談してみましょう。会社勤めをしている父親、もしくは母親なら、「こんな上司がいるんだけど」と話してみてください。ご両親なりの意見やアドバイスがもらえるかもしれません。

人生経験はご両親のほうが圧倒的に豊富なので、具体的な解決策を示してくれるかもしれません。また、上司としての気持ちや考えなども語ってくれる可能性があります。

 

嫌いな上司と関わらない方法

嫌いな上司とは、なるべく関わりたくないものです。例え仕事でも関わりたくない、という方もいるでしょう。では、嫌いな上司とはどうすれば関わらないで済むのでしょうか。ここでは、具体的な方法をいくつかピックアップしました。

社長や経営幹部に相談する

どうしても上司に我慢できない、という場合には、経営者や経営幹部に相談してみましょう。社長との距離が近い会社なら、直接社長に相談したほうがいいかもしれませんね。我慢できない理由を丁寧に説明しましょう。

社員が快適に働ける職場環境を整えるのは、社長や経営幹部の仕事です。相談することで、何かしらの対策を考えてくれる可能性があります。

部署異動を希望する

上司は嫌いだけど会社は辞めたくない、という方も多いはずです。このようなケースだと、部署移動を希望するという手があります。部署が変われば、直属の上司も変わるので、嫌いな上司とはもう関わらずに済むでしょう。

ただ、部署異動を希望したからといって、必ずしも要望が受け入れられるとは限りません。また、異動先の上司がもっと問題のある人だった、という可能性もあります。

転職する

上司の言動に改善が見られない、部署異動も聞き入れてもらえない、となると残る手は転職です。ほかの会社に転職してしまえば、もう嫌いな上司と関わり合いになることはいっさいありません。

転職するのなら、在職中に転職活動を始めましょう。辞めてすぐ転職できればいいですが、そうでない場合には収入源がなくなってしまいます。

 

【転職する際は転職エージェントを使おう】

今転職活動には必須になっているサービスが転職エージェント。転職エージェントは求人の紹介から面接対策、円満退社のためのアドバイス、年収の交渉など転職にかかわるすべてを完全無料で提供してくれるサービス。

転職エージェントについては以下の記事で詳しくご紹介しています。

 

嫌いな上司にやってはいけないこと

嫌いな上司とはできる限り関わりたくないものですが、やってはいけないことがいくつかあります。完全無視する、退職させるほどの仕返し、などですね。ここでは、それぞれどうしてダメなのかを説明します。

完全無視

喋りたくもない、近寄りたくもない、という上司だと完全に無視したい気持ちも理解できます。しかし、その職場で働いている以上それはできません。どんなに嫌いな上司であっても、あなたの上役であることには変わりないのです。

完全無視することで、あなたの評価に大きく影響してしまうでしょう。上司の言うことをまったく聞かない、指示したことをしない、問題のある部下だと評されてしまうかもしれません。どんなに嫌いでも、完全無視はやめましょう。

退職させるほどの仕返し

腹に据えかねて、上司が退職するほどの仕返しをしたとしましょう。この場合、退職することになった上司は、ほぼ間違いなくあなたに恨みを抱きます。今後、どのような手段で報復されるか分かったものではありません。

また、退職に追い込まれたということで、裁判を起こされる可能性もあります。慰謝料を請求される可能性も否めないでしょう。泥沼のトラブルになってしまうリスクもあるので、こうしたことは絶対にNGです。

 

まとめ

嫌いな上司の特徴や、対処法についてご紹介しました。嫌いな上司とは、できるだけ関わらないようにし、仕事以外でも関りを持たないようにしましょう。

必要に応じて、ほかの上司や社長、経営幹部に相談することも覚えておいてください。嫌な上司にきちんと対処し、毎日楽しく快適に働けるようになればいいですね。

※記事の内容は、執筆時点での最新の情報となり、サービス内容・利用料金等を保証するものではありません。この記事の情報を基に行動する利用者の判断について、当社は一切の責任を負いかねます。サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、しかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。