▼当サイトで申込みが多い転職エージェントはこちら!(転職成功者の9割は4社以上のエージェントを併用しています!)

【1位】リクルートエージェント絶対に使うべき、国内最大手の実績No1転職エージェント!公開求人・非公開求人含め20万件以上というダントツ業界トップの求人数
【2位】DODA利用者満足度はなんと驚異の90%!キャリアアドバイザーが優しく丁寧にサポートしてくれることから転職初心者には最適
【3位】パソナキャリア業界ダントツで高いサポート力と上質な求人が強みの転職エージェント。ハイキャリア人材の転職に強み。年収アップ率約7割

▼【登録無料】転職活動で役立つ!あなたの気づいていない強みを発見できるリクナビネクスト グッドポイント診断に登録しましょう!

3分で完了!グッドポイント診断はこちら!

【この記事の語り手:宮前】

阪大卒。元転職エージェント運営企業勤務の46歳。妻と中学生の息子が2人、愛犬がいる。転職エージェントではIT領域のキャリアアドバイザーとして、面談しサポートした求職者は2000名以上。現在は企業に対して採用コンサルや面接の代行をしているほか、転職wikiでは語り手として皆さんにプロでしか知り得ない情報をお伝えしている。

 

【転職活動中の井上さん】

2012年、早稲田大学を卒業。ITベンチャーに入社し、Rubyエンジニアとして5年間勤務。ITベンチャーで得られる経験やスキルに限界を感じ、自身のキャリアアップとさらなる年収アップの為に大手上場企業への転職を希望している。

皆さんはこのように感じてはいませんか?

  • ◆せっかくパソナキャリアを使うのなら最大限活用したい
  • ◆パソナキャリアの使い方がよくわからない
  • ◆パソナキャリアを使って他のライバルに差をつけたい

この記事を読んでもらえれば、これらの疑問を解決し、希望の転職への大きな一歩を進むことができるようになることをお約束いたします!

この記事では、具体的に以下のような内容でパソナキャリアの活用法をお伝えしています。

【この記事でお伝えしていること】

  • ◆パソナキャリアの特徴
  • ◆パソナキャリアで優先的に求人を紹介してもらう方法
  • ◆パソナキャリアを200%活用する上での守るべき注意点
でも、情報の信頼性について怪しいと思われる方もいらっしゃるかもしれません。

その点は心配無用です。ご安心ください。

この記事では、100%正しい情報を保証しています。というのは、2000名以上をサポートしてきた元転職エージェント社員の宮前が執筆しているからです。

では、さっそくパソナキャリアを最大限活用する使い方について見ていきましょう!

この記事に入る前に!読者の皆様へ宮前からひとこと

やっと気温が落ち着いてきて、過ごしやすくなってきましたね。

さて、この記事を読み進めてもらう前に皆さんにお伝えしたいことがあります。

それは、、、「10月は求人数が増えてライバルが少ない転職にもってこいの時期!早めの行動がベスト」ということです。

10月は夏にボーナスをもらってから退職した人材の欠員を埋めるため、企業は活発に採用活動を開始。10月は1年でいちばん求人数が多くなるのです!(産業別新規求人数の推移(一般)(平成29年度~)

さらに、10月の転職活動は4月入社に向けた採用ではないので、ライバルが少ないことが特徴。

この記事で詳しくご紹介しますが、パソナキャリアは業界ダントツと言われる桁違いのサポート力を誇り、年収アップ率は67.1%という実績のある転職エージェント。

type転職エージェント』『マイナビエージェント』『リクルートエージェント』など他社転職エージェントを併用し、求人の量を補完してパソナキャリアを利用すれば、希望の転職実現へと最高のスタートを切ることができるでしょう!

ライバルが少なく求人数が最も多いこの10月、チャンスをものにするたった1つのコツは「今すぐ行動を起こすこと」です。

パソナキャリアの特徴

パソナキャリアは派遣業界実績2位のパソナが運営している転職エージェントで、女性やエグゼクティブの転職に際立って強いという特徴があります。

パソナキャリアは圧倒的なサポート力が強みで、女性、エグゼクティブでなくても年齢性別業界業種関係なく満足度の高いサポートを受けることができます。

なんと、パソナキャリアの年収アップ率は平均67.1%!年収アップ率は『マイナビエージェント』と同じ数値です。

そんな高い年収アップ率を誇るパソナキャリアですが、主に以下7つの特徴があります。

【パソナキャリアの8つの特徴】

  • 1.求人の質が高く、独占求人が多い
  • 2.営業の求人に強い
  • 3.サポートの質が圧倒的に高い
  • 4.内定後のサポートと年収交渉に強い
  • 5.女性の転職に強い
  • 6.非正規雇用から正社員への転職・エグゼクティブの転職に強い
  • 7.連絡や報告が早い
パソナキャリアはダントツで高いサポート力だけでなく、派遣業界で培った企業とのコネクションもあり、求人の質も非常に高いのが特徴。

せっかくこれだけ強みのあるパソナキャリアを利用するなら、最大限活用したいですよね。

これから、パソナキャリアを最大限活用する方法をお伝えしていきます!

パソナキャリアの詳しい評判についてもっと知りたい方は、まずは以下の記事をチェックしてみてください。評判だけでなく口コミもご覧になることができますよ。

マイナビエージェントの評判はどうなの?元エージェント社員が本音で解説

皆さんはこのように思ってはいませんか? この記事をご覧になれば、上のような疑問をすべて解消できると自信を…

パソナキャリアの賢い使い方|優先的に求人を紹介してもらう3つのポイント

パソナキャリアを賢く利用し、優先的に求人を紹介してもらうには以下の3点を意識してください。

優先的に求人を紹介してもらう3つのポイント

  • 1.今すぐにでも転職したいとの意思表示をする
  • 2.登録したら、初回の面談には必ず参加する
  • 3.担当者とは密にコミュニケーションをとる
では、以下一つずつ説明しますね!

1.今すぐにでも転職したいとの意思表示をする

パソナキャリアを利用する際は、必ず今すぐにでも転職したいという意思表示をしましょう。

というのは、パソナキャリアに限らずすべての転職エージェントは転職しそうな人を積極的にサポートしたくなるからです。

実は、パソナキャリアはクライアントとなる求人企業に利用者を人材として提供し(転職させ)、求人企業から転職した利用者の年収の30%ほどを人材紹介料として得ることで初めて売り上げが発生するというビジネスモデルを採用しています。

そのため、提供するすべてのサービスを完全無料にできることに加え、いち早く転職したい人ならすぐに売り上げに直結しそうな人ということなので全力でサポートしたくなる、ということなんです。

パソナキャリアのキャリアアドバイザーとの面談では「どのくらいの期間で転職したいとかって希望はありますか?」と必ず聞かれますが、絶対に「今すぐにでも転職したい」という意思を伝えるようにすることが大事です。

パソナキャリアのサポートのレベルが断然変わってきますから。

2.登録したら、初回の面談には必ず参加する

パソナキャリアに登録した際には、必ず初回の面談に参加するようにしてください。

というのは、初回の面談に参加しているか否かで、今後優先的に求人を紹介できるか否かが決まるからです。

優先的に求人を紹介したいなら、絶対に初回の面談に参加するようにしてください!時間にルーズだと思われてしまうので、無断遅刻も厳禁です!

3.担当者とは密にコミュニケーションをとる

担当者とは密なコミュニケーションをとるようにしましょう。

担当者はあなたとやり取りしていく中で、あなたの希望やスキルなどを把握していくからです。

転職活動の状況も報告すれば、キャリアアドバイザーはあなたに合わせたスケジュールを提案してくれたり企業への応募も代行してくれますよ!

また、普段から連絡を取っていると何か困ったことや気になることがあった時にも頼りやすいですよね。

そういった意味でも担当と積極的に連絡をとるとよいです。

パソナキャリアを最大限活用するための5つのポイント

以下5つのポイントを意識すると、パソナキャリアを最大限活用することができます。

パソナキャリアを最大限活用するための5つのポイント

  • 1.応募企業ごとに応募書類の添削アドバイスをもらう
  • 2.情報収集をキャリアアドバイザーに任せる
  • 3.応募企業に聞きづらい確認事項・条件交渉などはキャリアアドバイザーを利用する
  • 4.面接後の感想・入社意欲を率直にキャリアアドバイザーに伝える
  • 5.複数の転職エージェントにも併せて登録する
では、以下一つずつご説明しますね!

1.応募企業ごとに応募書類の添削アドバイスをもらう

先述の通り、パソナキャリアはダントツで高いサポート力が強みの転職エージェント。

せっかくなら、パソナキャリアのキャリアアドバイザーから紹介された求人に応募するときは、絶対に応募書類の添削をしてもらってもっと書類選考突破率を高めましょう!

井上
企業ごとに求めている人材が違うし、問われていることも様々だし… 企業ごとに応募書類を書かなければいけないんだけど自分で全部やるのはしんどすぎるし無理だよ!!!
そんなときは、パソナキャリアのキャリアアドバイザーに応募書類の添削をお願いしてもらいましょう。

パソナキャリアのキャリアアドバイザーは業界出身者であったりと求人企業や業界知識がとても豊富なので実践的な対策ができます。なにより自分のリソースを大事な面接対策など他のことに割くことができますよ!

2.情報収集をキャリアアドバイザーに任せる

転職活動は情報収集をいかに効率化するかで決まりますので、情報収集はキャリアアドバイザーに任せましょう。

キャリアアドバイザーは情報収集のプロなので、あなたの希望をくみ取りながら必要な情報を収集してくれるからです。

また、個人で企業内部の情報を集めることは負担も大きく限界があるので任せるところは思い切って任せてもらうのが得策です。

パソナキャリアのキャリアアドバイザーは業界や求人企業について知り尽くしているから、「A社の面接官は〇〇さんで、面接では必ずこんなこと訊かれるから絶対に対策した方がいい」「B社の年収は実際に提示年収より高いし、実は新規事業部をつくる予定なんです」など、他の転職エージェントでは絶対に知り得ないような貴重な情報をたくさん保有しているんです!

情報収集をパソナキャリアのキャリアアドバイザーに任せることが、転職成功のカギと言えるでしょう。

3.応募企業に訊きづらい確認事項・条件交渉などはキャリアアドバイザーを利用する

年収や労働時間、年収交渉など、企業には直接聞きにくい確認事項はパソナキャリアのキャリアアドバイザーを通しましょう。

なぜなら、パソナキャリアのキャリアアドバイザーは企業との直接交渉を得意としているからです。

実際、年収交渉したいけど、どういう風に言っていいのかわからないし、自分にマイナスイメージがついてしまうのでは?といった悩みを持っている人は多いのではないでしょうか?
井上
せっかく内定もらえたんだし良い条件で入社したいけど、企業側からマイナスに評価されそうだし心配… あと、残業とか企業風土もどうしても気になっちゃうんだよな…
心配なことや聞きたいことは遠慮なくキャリアアドバイザーに訊きましょう!

キャリアアドバイザーは企業の担当にあなたが訊きにくいようなことを全部代わりに訊いてくれますよ!

また、パソナキャリアは転職者の年収の一部を企業からもらうことで成り立っているビジネスモデルなので、なるべく高い年収で入社させようとしてキャリアアドバイザーは年収交渉に力を入れていますし、年収交渉は得意中の得意なんです!

4.面接後の感想・入社意欲を率直にキャリアアドバイザーに伝える

面接が終わったら、面接後には感想と入社意欲をキャリアアドバイザーに伝えましょう。

井上
面接後に感想を言ったり入社意欲を伝えることをしない人がほとんどだと思いますが、これ、実はすごく損をしているんです。

なぜなら、面接後に感想や入社意欲をキャリアアドバイザーに伝えるのは転職成功の鉄板テクニックだからです。

井上
実際に、面接に落ちてしまったけれど、感想と入社意欲をキャリアアドバイザーに伝えたところ、再度別の部署で面接の機会を設けてくれてキャリアアドバイザーの徹底的なフィードバックもあって見事内定を勝ち取った、なんてこともあるんですよ!

面接が終わり次第、すぐに面接の感想と入社意欲をキャリアアドバイザーに伝えるようにしましょう。

5.複数の転職エージェントに併せて登録する

パソナキャリアを利用するときは、必ず複数の転職エージェントを併用するようにしてください。理想は併せて4社以上登録することです。

転職エージェントを併用する5つの理由

  • 1.転職決定者の9割が4社以上併用している
  • 2.パソナキャリアのデメリットを打ち消し、メリットを伸ばすことができる
  • 3.自分に合う最適なキャリアアドバイザーに出会える可能性が高くなる
  • 4.それぞれの転職エージェントの特徴ごとに使い分けられる
  • 5.より多くの独占案件を見ることができる
転職wikiでは、「転職エージェントおすすめランキング|1000人の口コミ・評判を元社員がまとめてみた結果」から以下5つの転職エージェントをおすすめしています。

好みに合わせて登録してみましょう!

【パソナキャリアと併用すべき転職エージェント5選】

  • マイナビエージェント(評判・口コミはこちら):利用者満足度驚異の96.4%、年収アップ率67.1%、第二新卒の年収アップ率は70%超。圧倒的なサポート力と求人の質の高さが強み
  • リクルートエージェント(評判・口コミはこちら):95%のパソナキャリア利用者が併用。実績業界No.1、求人数業界No.1(20万件以上)
  • JACリクルートメント(評判・口コミはこちら):外資系・最大手志望者などハイキャリア向け。NTT実施転職エージェント顧客満足度No.1
  • ワークポート(評判・口コミはこちら):IT転職で最強。4年連続で転職決定人数業界No.1
  • DODA(評判・口コミはこちら):同業界/業種の転職に圧倒的強み。高いサポート力と優しいキャリアアドバイザーが魅力
これらの転職エージェントと併用すると、パソナキャリアを200%活用できます!また、業界別に特化している特化型転職エージェントも併用するとより有利に転職活動を進めることができます。
  転職エージェント 詳細解説ページ
20代 リクルートエージェント 20代でも年収大幅アップ!おすすめの転職エージェントまとめ 
30代 パソナキャリア 30代の転職を成功させるために使うべき転職エージェントまとめ 
40代 DODA 40代でも転職できる!選び方とおすすめのエージェントまとめ 
女性 パソナキャリア 知らないと転職できない!女性におすすめの転職エージェントまとめ 
IT・WEB ワークポート 【経験者推奨】同ポジションで年収100万アップに成功!IT・WEB系転職エージェントおすすめランキング 
外資 JACリクルートメント 年収アップ間違いなし!おすすめの外資系転職エージェントまとめ 
海外 Spring転職エージェント 海外で転職するなら絶対使うべき転職エージェントまとめ 
第二新卒 アイデムスマートエージェント 年収アップ間違いなし!第二新卒におすすめの転職エージェントまとめ 
エグゼクティブ ビズリーチ エグゼクティブの方向け!キャリアアップできるおすすめの転職エージェントまとめ 
コンサル ムービンストラテジックキャリア キャリアアップ間違いなし!コンサルにおすすめの転職エージェントまとめ 
金融 コトラ 年収アップ間違いなし!金融業界におすすめの転職エージェントまとめ 
経理 MS-JAPAN キャリアアップ間違いなし!経理におすすめの転職エージェントまとめ 
アパレル クリーデンス アパレル業界に転職するなら絶対に使うべき転職エージェントまとめ
転職wikiでは、以上ご紹介した転職エージェントに加え、まだまだおすすめな転職エージェントをご紹介しています!

さらに、年齢や業界ごとにおすすめな転職エージェントもランキングにしたので、ぜひご覧になってください!

【要注意】パソナキャリアの利用で気を付けるべき7つのこと

せっかくパソナキャリアを活用できても、以下の8つのことを守らないと最大限活用できているとは言えません。

【パソナキャリアを使う上で注意するべき8つのポイント】

  • 1.キャリアアドバイザーは自分に合う人を探す
  • 2.面談前から自分の経歴をパソナキャリアに伝えておく
  • 3.事前連絡なしに面談に遅刻しない
  • 4.面談は態度良く望む
  • 5.前の会社の退職理由を素直に話しすぎない
  • 6.求人を紹介してもらったら企業情報口コミサイトで求人企業について調査する
  • 7.1求人1エージェントを徹底する
  • 8.転職後もキャリアアドバイザーと良好な関係を築く
以上紹介してきたポイントに加え、これら8つのことを守って初めてパソナキャリアの価値を最大限にして活用することが可能になります!

では、ひとつずつ見ていきましょう!

1.キャリアアドバイザーは自分に合う人を探す

どんなに優秀なキャリアアドバイザーでも、あなたが嫌だと思ってしまったら疑いが止まらなくなってしまい思うような転職活動が出来なくなってしまいます。

もし、担当のキャリアアドバイザーが合わないなぁと感じたらキャリアアドバイザーに以下のようなメールを送り、担当を変えてもらいましょう!

担当の変更申請メール例

お世話になっております。御社から転職のコンサルを受けさせて頂いている後藤と申します。

現在、担当をして頂いている星野様には大変お世話になっており、丁寧なご対応を頂いておりますので大変感謝をしておりますが、他の方のご意見も参考にさせていただきたく思っております。

調整の方が可能でありましたら、志望しております広告業界に精通していらっしゃるアドバイザーの方とお話をしたく考えております。

お手数をおかけし恐縮ではございますが、何卒よろしくお願い致します。

2.面談前から自分の経歴をパソナキャリアに伝えておく

以下の理由で、面談前から自分の経歴をパソナキャリアに詳しく伝えるようにしましょう。

【面談前に自分の経歴を転職エージェントに伝えるべき理由】

1.事前に経歴やスキルがわかれば事前に求人の候補を探すことができ、求人の紹介数が多くなり、求人の質も高くなるから。

パソナキャリアに登録する際はパソナキャリア公式サイトから登録することになりますが、以下のように登録すると良いでしょう!

【会社名・部署・役職】転職wiki株式会社:第Ⅱ営業部:部長

【職務内容】新卒で転職wiki株式会社に入社し、約5年ほどクライアントの新規開拓営業を担当。その後は3年間営業部マネージャーとして10名の組織を統率し、営業目標の達成に向けてメンターとして後輩の育成を主に担当。現在は第Ⅱ営業部部長として3年間営業部全体を統括指揮し、事業部最高の売り上げを達成。

【保有資格・スキル】営業、マネジメント

【今後の仕事の希望】

現職では100名を超す大きな事業部で働いておりますが、マネジメントの経験を活かし、より小さい組織のトップとして早い事業展開の中で自分の能力を最大限発揮できるような環境に挑戦したいと考えるようになりたいと考えるようになりました。

そこで、より小規模で立ち上がって間もないスタートアップベンチャー企業でしたら、今まで培った営業とマネジメントのスキルを活かして企業を成長軌道にのせつつ、人材の育成にも携われると考えている次第です。

転職初心者なので何から始めたら良いのか、何を行動した良いのか全くわからない状態なので、ぜひともご相談させてください。

【希望勤務地】東京都内

【希望年収】現状年収800万円ほどですが、高度なマネジメント、組織育成を学べる環境であれば、600万円程度までの減少は覚悟しております。

3.事前連絡なしに面談に遅刻しない

パソナキャリアのキャリアアドバイザーとの面談に参加する際は、以下2つの理由で絶対に遅刻しないようにしてください。

【面談に遅刻してはいけない2つの理由】

  • 1.パソナキャリアは求人を紹介するとき、面談に参加しているか否かを見ている
  • 2.選考本番でも遅刻する信頼性の低い求職者と認識され、質の低い求人しか紹介されなくなる
面談に遅刻してしまったせいで、パソナキャリアの強みである求人の質の高さを実感できず思ったように転職活動が進まないということにならないよう、絶対に面談に遅刻するのはNGです!

4.面談は態度良く望む

キャリアアドバイザーとの面談は、キャリアアドバイザーと仲良くなる以外にも以下の理由で絶対に態度良く臨むようにしてください。

【面談は態度良く臨むべき理由】

  • 1.利用者はパソナキャリアにとってはクライアントである求人企業に提供する商品であるから
  •  ・・・態度が悪い利用者は企業からすれば不良品。キャリアアドバイザーからしても求人を紹介し、企業に紹介できない
逆に言えば、態度よく面談に臨めば多少実績はなかったとしても、パソナキャリアにとっては自信を持ってクライアントの求人企業に紹介できる人材になれます!

ですので、キャリアアドバイザーとの面談に臨む際は自分を商品として売り込む覚悟で臨みましょう!

5.前の会社の退職理由を素直に話しすぎない

パソナキャリアを利用する上では、以下の理由で前の会社の退職理由(「つまらなかったから」「上司と喧嘩したから」などのような、あなたが簡単に会社を辞めてしまうと判断されてしまう理由)を正直に話しすぎないことを意識してください。

【前の会社の退職理由を正直に話しすぎるべきでない2つの理由】

  • 1.転職先をすぐに退職してしまうと、パソナキャリアは罰金を払わなくてはいけない
  • 2.パソナキャリアと求人企業との仲が険悪になり、今後の取引に悪影響を及ぼす
あなたが簡単に会社を辞めてしまうような人材と判断されてしまうような理由を伝えてしまうと、「次の会社もすぐに辞めてしまうんだろうな」と思われるので今後求人を紹介できないなんてことにもなってしまいます。

6.求人を紹介してもらったら企業情報口コミサイトで求人企業について調査する

パソナキャリアは求人の質・求人紹介の精度ともに非常に高いことに定評がある転職エージェント。

しかし、面談の際に訊かれると思いますが条件をあまり絞らずに幅広く紹介してもらうこともできます。

その場合、自分の求める条件に合わない求人も紹介されることもあります。

また、紹介される数より希望する条件とのマッチング重視で求人を紹介してもらう場合も、よりマッチング精度の高い求人を見つけることもできます。

転職wikiがおすすめしているのは、紹介してもらった求人の求人企業について日本最大の社員口コミサイト『VORKERS』で調査してみることです。

残業時間や待遇、社風など企業の社員からのリアルな口コミを見ることができるので、安心して選考を受けることができますし、今後求人を紹介してもらう際にもより細かく条件を絞り込むことができます。

また、『VORKERS』であらかじめ待遇や社風などを調査しておくと転職後もギャップを感じることなく働くことができますよ!

満足のいく転職を実現するにはあらかじめ求人企業について調査することが大事です!

『VORKERS』は登録、利用も無料でできるので利用しない手はないでしょう!

7.1求人1エージェントを徹底する

以下の理由で、1つの求人には複数の転職エージェントから申し込まないようにしてください。

【1求人1エージェントを徹底すべき理由】

  • 1.転職エージェントに不信感を与えてしまう
  •  ・・・求人企業からキャリアアドバイザーに連絡がいくので、パソナキャリアに不信感を与えてしまい、キャリアアドバイザーが責められてしまいます。
うっかりして複数の転職エージェントから同じ求人に申し込みそうになることはあると思いますが、今後求人を紹介できなくなってしまうので「どのエージェントからどの企業に申し込んだか」は必ず管理してください!

8.転職後もキャリアアドバイザーと良好な関係を築く

転職が決まったらそこでキャリアアドバイザーとはかかわりをなくしてしまう方が実に多いですが、以下2つの理由でキャリアアドバイザーとは転職後も仲良くするようにしてください。

【転職後もキャリアアドバイザーと仲良くすべき2つの理由】

  • 1.仕事で困ったときに相談できる
  •  ・・・キャリアアドバイザーとしては辞められたら困るのでなんでも相談に乗ってもらえるし、企業に直接言いにくいことも代わりに伝えてくれる
  • 2.キャリアアップセミナーなどに招待してもらえる
  •  ・・・キャリアアドバイザーは転職した利用者の今後の活躍を望んでいるので、定期的にキャリアアップセミナーを開催している
もし、転職後にあなたが仕事で成果を出していたら、更に高い年収やキャリアの仕事を紹介してもらえることもあるので、転職後もキャリアアドバイザーとは仲良くしましょう!

パソナキャリアの価値を無限に引き上げて最大限活用しよう!

ここまでついてきてくださりありがとうございました!

パソナキャリアを最大限活用するための使い方をご紹介してきましたが、いかがでしたか?

ここで、再度この記事のポイントをおさらいしておきましょう!

【この記事の3つのポイント】

  • 1.パソナキャリアで優先的に求人を紹介してもらうには3つのポイントがある
  •  ①今すぐにでも転職したいとの意思表示をする
  •  ②登録したら、初回の面談には必ず参加する
  •  ③担当者とは密にコミュニケーションをとる
  • 2.パソナキャリアを最大限活用するには5つのポイントがある
  •  ①応募企業ごとに応募書類の添削アドバイスをもらう
  •  ②情報収集をキャリアアドバイザーに任せる
  •  ③応募企業に聞きづらい確認事項・条件交渉などはキャリアアドバイザーを利用する
  •  ④面接後の感想・入社意欲を率直にキャリアアドバイザーに伝える
  •  ➄複数の転職エージェントにも併せて登録する
  • 3.パソナキャリアを最大限活用するには8つのことに気を付けるべし
  •  ①キャリアアドバイザーは自分に合う人を探す
  •  ②面談前から自分の経歴をパソナキャリアに伝えておく
  •  ③事前連絡なしに面談に遅刻しない
  •  ④面談は態度良く望む
  •  ➄前の会社の退職理由を素直に話しすぎない
  •  ⑥求人を紹介してもらったら企業情報口コミサイトで求人企業について調査する
  •  ➆1求人1エージェントを徹底する
  •  ⑧転職後もキャリアアドバイザーと良好な関係を築く
長い間お疲れ様でした!

パソナキャリアを最大限活用し、皆様の転職活動がうまくいくことを陰ながらお祈りしております。

の口コミ平均評価

評価なし 評価なし (全0件)

あなたの評価を教えてください!