集中力がない時に試したい、集中力を高める10の対処法|集中力低下の原因7つも

仕事をこなすうえで欠かすことができない「集中力」。集中力をずっと保っていられる方法があれば、今よりもっと良い仕事ができるのにと悩んだことはありませんか?実はどんな人でも集中力を常に保っていることはできません。ではなぜあの人はずっと集中していられるのか、その対策を原因と共にまとめてみました。

集中力がない・集中力低下の原因7つ

あなたは長期の仕事に対して集中力を保っていられますか?時には周囲に迷惑をかけてしまう集中力の低下。まず集中力がない人はなぜ集中できないのか、その原因を探っていきましょう。

1.気になることが多くて、頭の中で思考迷走している

集中できないということは目先の1つの物事だけを見られないということで、様々なことに関心を持つことができる好奇心旺盛な人とも解釈できます。気になると感じることが多すぎて、集中しないといけないことは理解していても、頭の中で混乱が起きている可能性があります。

好奇心旺盛なのはチャレンジ精神もあり仕事に有益なことなのですが、集中するときに集中することができないと注意力も散漫してしまい、小さなミスが起こりやすくなります。

よって、集中力がない人は頭の中で思考し迷走していることがあるのです。

2.仕事する環境に飽きた、新鮮さがない

ある程度仕事をこなせるようになると、今まで新鮮だった仕事内容に飽きが訪れます。本来、仕事内容に飽きたとしても集中力を保つことが普通です。ただし、こだわりを持って仕事に取り組みたいと考える人ほど、飽きがでてきてしまうと死活問題となります。

もし、仕事する環境に飽きた、新鮮さがないということでしたら、一度立ち止まってよく考えるか、思い切って転職して新しい環境で働くことをおすすめします。

仕事が飽きた・仕事のやりがいが感じられない、または転職も考えようかなぁという人は以下の記事を参考にしてください。きっと悩みが解決できるはずです。

仕事のやりがいを感じない時の解決法|原因・理由なども

「仕事のやりがいは?」と聞かれると人それぞれ答えは違ってきます。 「自分の仕事が認められること」「人の役に立つ仕事ができ…

3.空想や想像するのが好き

あなたが学生の頃、授業中に外を眺めている生徒を見たことはありませんか?本来は授業内容に集中するべきなのに、空を眺めていたり校庭を眺めていたりする生徒は空想や想像の世界にいたと考えられますよね。

なんで空は青いのだろう?今日も校庭を整備しているな。近所のおばあさんが散歩している。など、集中しなくてはいけないものが目の前にあるにも関わらず、空想や想像をしてしまうのです。これは一種の癖のようなものなのかもしれません。

4.仕事を頑張る目標や欲しい物をゴールに設定していない

集中力がないと同時に、何をしても充実感が感じられない人に多いのは「目標がない」ということ。この仕事をクリアするという目標でもいいですし、この仕事が終わったら温泉に行こうなどの娯楽的な目標でもいいのです。

長い時間集中していられる人は才能ではありません。どんな人にも心が折れかけるときはあります。要は、そのときに気持ちをつなぎとめる何かがあればその場は乗り切れますよね。

目標でも欲しいものを買うなどのご褒美でも良いので、なにかしらを設定してみると集中できるかもしれません。

5.やっている仕事に締切がない、もしくは締切まで時間がある

こちらは4とも通じる箇所がありますが、締切も1つの目標です。この日までにこの仕事を終わらせようという「締切」。これがないと集中を継続するのが難しい人もいます。

締切がなければ明日やろう、と後回しにできてしまうためですね。

6.気が散る要素が多く、仕事に集中できない

また学生の頃を思い出して欲しいのですが、自分の家や部屋だとどうしても勉強に集中できないという経験はありませんか?それは気が散る要素が多いことに原因があります。

自分の部屋には漫画がたくさん置いてある、家のリビングにはテレビもゲームもある・・・。そういう状態で勉強に集中することはもはや至難の技ですよね。仕事も同じで、取り組む環境に何かしらの気が散る要素があれば集中できなくなってしまうのも無理はありませんよね。

7.自分は気づいていないが障害を持っている可能性も

障害に関しては苦しむことはありません。例えばADHDという病気がありますよね。本人は幼い頃から自分だけどうしてできないのか、覚えられないのか、集中できないのかと悩んではいるものの、周囲の大人に気付かれず成長している場合があります。

もし長い期間、どうして自分だけと苦しんでいたなら恥ずかしがらずに病院で医師に診察してもらいましょう。もし病気であれば、そういう障害があってできなかったのかと理由が判明するため気持ち的に楽になります。

自分では気付いていなかったが障害を抱えているという事例は決して少なくありません。集中できないことで自身を責め続けるよりも、原因を突き止めて対策した方が懸命ですね。

集中力がない時に試したい対処法|集中力が続かなくなった時の対策も

次に原因に合った、集中力がないときの対策方法を一緒に考えていきましょう。全ての方法が必ず合うとも限らないので、様々な方法を試してみてくださいね。

1.やらないといけない事を書き出してスケジュールを立てる

基本的に仕事が残っている状態でいるのに集中力が切れてしまうときは、頭の中が軽く混乱状態にあるといえます。なぜなら、やらないといけないことが頭の中で整理できていないためです。それを解決するには目に見える形で「書き出す」ということが大切です。

箇条書きで良いので仕事内容を1回全て紙に書き出してみましょう。おのずと何に取り組むべきかが分かります。視覚に訴えるという行為は頭の中を整理する効果があるのです。

またやらないといけない事を書き終わったら、スケジュールも組んでしまいます。日時を決めてしまうと、後に新しく任された仕事が出てきたときにも調節がしやすいのです。

仕事の進め方に関して、以下の記事ではもっと詳しく解説してますので、ぜひご確認ください。

効率的な仕事の進め方とコツが分かる「仕事の進め方10か条」|現状打破する改善方法も

仕事の進め方がわからない人が意外と多い もし何も知らず入ってきた新入社員がいれば、あなたは仕事の進め方を教え、完璧に…

2.一つのことに集中できる環境を作る

例えばこの仕事が終わるまではデスクから離れないなど、集中できる環境を作ってしまうというのも手ですね。学生時代、家にいると漫画があって集中できないとカフェで勉強した人も多いのではないでしょうか?

基本的に生理現象以外では、この場から離れないなどの自己流ルールを設定して行ってみましょう。ただしトイレに行くのを我慢すると膀胱炎などの病気になりますし、暑い日に水分を摂取するのを我慢すると脱水を起こします。危険なのでそれはやめましょう。

3.いつもと違う場所や環境で、仕事や勉強をする

仕事内容に飽きてしまった人などに効果的なこの方法。仕事内容を変えるわけにはいきませんから、あくまでも仕事を変えた「風」で環境を変えてみましょう。

また飽きてしまった人以外にも、思ったように進まなくなってしまった人なども1度環境を変えてみることが大切です。環境を変えるだけで気分がリフレッシュされるのでおすすめです。もうだめだと投げやりになってしまう前に試したい方法です。

4.川や森、空などの自然をイメージした音楽を聴く

これは会社内の場合イヤフォン必須ですが、自然をイメージした曲を聴く方法です。人間は自然の音を聴くだけで心拍数が下がります。結果的に落ち着きに繋がり、必死になりすぎて見えていなかった部分に気付くことができます。

これは個人差があり必ず心拍数が下がるとも言い切れません。また、川の音や森の音、空の音のどの音で落ち着けるのかも個人差があります。様々な音を聴いてみて、自分に1番合っていると思った曲を聴いてみましょう。

5.目標をより細かく設定し直す、目標の数値を少し低くする

元々集中力があったのにどうしても途中で切れてしまうという人は、自分の気がつかないところで完璧主義思考を持っている場合があります。または、目標がざっくりしすぎていて方向を見失ってしまう場合もあります。

まずは目標に設定していた数値を少し低くしてみましょう。あなたは頑張ろうとしすぎて高々と目標を掲げていませんか?最初は意気込んで着手しても、無理かもしれないと弱気になった瞬間に集中力がなくなってしまいます。

そして目標がざっくりしすぎていると、取り組んでいるうちに方向が見えなくなることがあります。目標設定するときはざっくりでも良いのですが着手するときに、いつまでにこれを終わらせるといった具合に、3つ程度に分けて設定してみましょう。

6.欲しい物や手に入れたい物の写真を見て、頑張ろうと思う

今の仕事を終えたときに、自分にご褒美を設定しておくと心が折れかけたときにも立て直せます。毎回ご褒美を設定するのも大変ですから、小さなことでも良いのです。

例えば、「この仕事を終わらせてはやくランチを食べに行こう」というご褒美でも良いわけです。大事なのは、今を終らせれば次に期待できる何かが待っているという状況を作り出すことです。

この仕事を終らせて早く子供に会いたいと思うなら、デスクの上に子供の写真を飾っておくのも効果抜群です。

7.視界に入る余計なものをすべて片付ける

好奇心旺盛すぎて集中力が切れてしまう人におすすめなのが、「視界に入る余計なもの」を全て片付けてしまうという方法です。あなたは部屋の片づけをしているときに、卒業アルバムを見つけて見入ってしまったことはありませんか?

視界に自分の興味が湧くものを置いておくと、気付いたときには仕事を放り出して時間だけが経ってしまっているという状況になってしまいます。私生活では時間を無駄にしてしまっただけで済みますが、仕事に関しては問題になってしまいますよね。

仕事に取り組む前に視界に入るものを全て片付けたり、布を掛けて見えなくさせましょう。かなり効果がある方法です。

8.軽いストレッチやツボ押しをする

長時間仕事に取り組んでいると筋肉が固まってきてしまって、頭なども凝り固まってきてしまいます。そんなときは軽いストレッチをしてみたりツボ押しをしてみましょう。そうすることで血液の循環が良くなり、切れていた集中力もだんだん増してきます。

またそれと同時に体を温めるということも大切です。体が冷えていると思考力、集中力、やる気が薄れていくそうです。ストレッチして温めた体の状態をキープするよう心がけてみてくださいね。

9.水分を取ったり、ぶどう糖を取ったりする

集中力がなくなるというのは、自分の体が休憩してくださいと訴えているサインでもあります。そのため体の中の何かが少なくなってしまったとき、多くなってしまったときに集中力が切れてしまいます。

例えば水分や糖が足りない場合、補給してあげるだけで集中力が戻ってきます。またトイレに行きたいときも我慢していると集中力も切れてしまいますし、体に悪影響を及ぼすので体の反応にはしっかり応えましょう。

10.思い切って別のタスク・作業へと変える

納期に余裕がある場合にのみできる対策方法ですが、思い切って別の仕事に取り組んでみるのも良い方法といえます。仕事内容に飽きてしまった場合も進まなくなってしまった場合も、とりあえずといった形で新しい仕事に手を伸ばしてみるだけで集中力が戻ってきます。

もちろん、納期ギリギリの場合は違う方法を試してみてくださいね。

集中力がない時、または集中力が続かなくなった時の勉強法や仕事術

ここからは集中力がないとき、集中力が続かなくなってしまったときの勉強法や仕事術を紹介いたします。普段の生活に応用できる方法でもあるので、試したことがない人はぜひ試してみましょう。

ストップウォッチで時間をセットして、タイマーがなるまで仕事をする

集中力に波がある人におすすめしたい方法がタイマーを設定する方法です。ストップウォッチを活用するとこのような利点があります。

  • 設定時間に音が鳴ると分かっているだけで他の音が気にならず集中できる
  • 自分で時間を決めるため短めに設定可能
  • 1つの目標になる
  • 決心が固い人はタイマーがなるまで意地でも続ける
  • 達成感が味わえる

仕事に取り組んでいる時間は同じでも、ストップウォッチを使うということで仕事環境も変えられていますね。様々な対策方法が盛り込まれている手段です。

子供の時から集中力がなく、大人になっても集中力がないなら病気や障害の可能性も

子供のときから集中力がない、自分の中でずっとなにかが変だと感じていたなど、長期に渡って変化を感じられていない場合は病気による障害かもしれません。ADHDなど、自分が大人になっても知らずに苦しんでいる人は意外と多いのです。

この記事を読んで、まさか自分が病気なんてあるわけがないと思ったあなたは1番危険です。1度病院で適切な診断を受けてみましょう。1人で苦しむ必要はもうありませんよ。

集中力がない時は時間を決めて気分転換するなどの対策を試そう

ここまで集中力がない人に向けて様々な原因や対策を紹介してきましたが、あなたに当てはあるもの、または効果的な対策はみつかりましたか?どの方法も全ての人に効果的なわけではありません。効果があるまで試し続けて見ましょう。

集中力がどうしても切れてしまうときもあると思います。そんなときは自分を責めずに、気分転換を行い、その後の仕事にも頑張って取り組んでくださいね。

 

※記事の内容は、執筆時点での最新の情報となり、サービス内容・利用料金等を保証するものではありません。この記事の情報を基に行動する利用者の判断について、当社は一切の責任を負いかねます。サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、しかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。