バイトに行きたくない理由と原因別の対処法

 

 

バイトに行きたくない、と思ったことはありませんか?バイトに行く直前になって、今日は休みたい、と思ったことのある方もいるでしょう。

そこで、ここではよくあるバイトに行きたくない理由をまとめてみました。また、バイトに行きたくないときの、原因ごとの対処法についてもご紹介します。ぜひ参考にしてください。

 

よくあるバイトに行きたくない理由

バイトに行きたくない、という理由は人によってまちまちでしょうが、ここでは代表的なものをピックアップしました。仕事が覚えられない、大きなミスをしてしまった、学業が忙しいといった理由がありますね。詳しく見てみましょう。

仕事が覚えられない

アルバイトとはいえ、正社員と同じ業務を任せられることも多々あります。単純な作業ならいいのですが、複雑で覚えることがありすぎるバイトだと、なかなか覚えることができません。そうなると、アルバイトに行きたくないと思ってしまいます。

仕事が覚えられないとなると、誰かに自分の尻拭いをしてもらわなくてはなりません。先輩や同期の手を止めてしまうことにもなるでしょう。そうした罪悪感からも、バイトに行きたくないと思うことがあります。

大きなミスをした

アルバイト中に大きなミスをしてしまうと、罪悪感を覚えてしまいます。大きな損害を与えるようなミスをした、ほかのバイト、従業員に多大な迷惑をかけた、となるとなおさらでしょう。

このようなケースだと、一緒に働いている人にも顔を合わせにくくなってしまいます。どんな顔をして会えばいいのか分からない、と考えてしまうのです。また、やってしまったミスのことで、また叱られてしまうのでは、という恐怖心も頭をもたげてきます。

人間関係に悩んでいる

気の合う人ばかりと働いているのならまったく問題はないのですが、なかなかそうもいきません。気が合う人もいれば、気が合わない人、どうしても相性が悪い人と働かなくてはいけないこともあります。

職場にそのような人がいると、人間関係に悩んでしまうことになります。一緒に仕事をしていてもイライラする、頻繁に衝突してしまう、ということもあるでしょう。人間関係に悩んでバイトに行きたくない、というケースは多いです。

 

より詳しくは

バイトの人間関係でよくある悩みと解決策

学業が忙しい

学生の場合だと、学校が終わってからアルバイトに従事することになります。または、休日だけバイトしている、という方もいるでしょう。学生の本分はあくまで学業なので、そっちが忙しくなると、アルバイトどころではありません。

勉強しなくてはいけないことがたくさんある、という状況だと、とてもバイトはできないでしょう。アルバイトを休んで勉強したい、という気持ちにもなるはずです。大切な試験を控えているようなケースだと、なおさらです。

単にやる気が出ない

やる気がみなぎる日もあれば、逆にまったくやる気が出ない日もあります。アルバイトの業務内容がつまらない、恋人にフラれてしまった、もっといいバイトを見つけたなど、理由はいろいろあるでしょう。

やる気が出ないと、アルバイトを休みたい、行きたくないと考えてしまいます。こんな状態でアルバイトに行っても、迷惑をかけてしまうかも、ミスをするかもと、行けない言い訳を考えてしまうようになります。

体調が悪い

体調が悪いときには、アルバイトに行きたくないと思うはずです。風邪をひいて熱がある、腹痛がする、全身が筋肉痛など、体調が悪いときは動きたくもありません。 体調が悪いときに、無理に働いてしまうと余計に悪化させてしまう恐れもあります。

仕事でミスをしてしまう可能性も高いですし、風邪の場合だとほかの従業員に移してしまう可能性もあるでしょう。こうしたことも、体調が悪いときに休みたくなる理由です。

 

仕事が覚えられないときにバイトに行くための対処法

仕事の覚えが早い人もいれば、遅い人もいます。しかし、経験者でない限り、誰もが初めての経験となりますし、最初は仕事が覚えられなくて当然です。ここでは、仕事が覚えられないときの対処法についてまとめてみました。

先輩や同僚に何度も教わる

仕事が覚えられないのなら、覚えるまで教わることです。先輩や同僚など、自分よりも仕事がデキる人に教えてもらい、少しでも覚えるようにしてください。一度聞いて覚えられないのなら、二度、三度と聞くことが大切です。 人によっては、恥ずかしくて聞けないということもあるかもしれません。

しかし、聞かずに仕事でミスをしてしまうほうが、もっと恥ずかしいということを理解しましょう。聞くは一時の恥聞かぬは一生の恥です。

むしろ積極的にバイトをすべきと考える

考え方を変えてみましょう。仕事が覚えられないから行きたくない、ではなく、仕事が覚えられないからこそ、積極的にバイトをするべき、と考えてください。結局のところ、仕事を覚えるには働くしかないのです。

同じ職場でバリバリ働いている人たちも、最初は初心者だったはずです。毎日のように仕事に励み、少しずつ仕事を覚えていった結果、今があるのです。積極的にバイトに打ち込めば、やがて仕事は覚えられるはずです。

 

大きなミスをしたときにバイトに行くための対処法

アルバイトで大きなミスをしてしまうと、翌日から行きたくなくなってしまいます。このような時には、どう対処すればいいのでしょうか。仕事のミスはよくあるものと割り切る、同じミスをしないということが大切です。

仕事のミスはよくあるものと割り切る

仕事でまったくミスをしない、という人は恐らくいません。どんな大ベテランでも、仕事でミスをすることはあるのです。仕事でミスをするということはよくあることですし、むしろミスをしてしまうのは人として当たり前です。 よくあることだ、と考え方を変えてみましょう。

もちろん、だからといってミスをしていいわけはありませんが、そう考えると少しは気持ちが楽になります。大切なのは、その失敗を繰り返さないということですね。

同じミスをしないように先輩にアドバイスをもらう

ミスは誰にでもあることですが、同じミスを何度も繰り返すのはいただけません。さすがに、同じミスを何度も繰り返していると、先輩やそこの責任者から叱られてしまいます。 一度してしまった失敗は、二度と繰り返さないと誓いましょう。

その上で、失敗を繰り返さないよう先輩からアドバイスをもらってください。犯しやすいミスだと、先輩も同じミスをしてきた可能性があります。注意点なども熟知していると思うので、積極的に聞いてみましょう。

 

人間関係に悩んでいるときにバイトに行くための対処法

職場の人とうまくいかない、どうしても合わない人がいる、となるとアルバイトにも行きたくなくなりますよね。このような時は、どのような対策が考えられるのでしょうか。いくつかピックアップしてご紹介します。

第三者を交えて気になる相手と仲良くする

気になる人、かみ合わない人がいるのなら、その人と仲良くすることを考えてみましょう。気になる人を特定している場合となりますが、その人と仲良くなることができれば、バイトに行きたくないと考えなくなります。

効果的なのは、第三者を交えて仲良くなることです。同僚でその人と仲の良い人がいるのなら、その人にお願いして一緒に食事に行くというのもいいですね。憂鬱な気持ちにさせる対象と仲良くなることで、休もうという気もなくなります。

合わない人とはシフトを変える

何が何でも気が合わない、相性が悪すぎる、という相手とは到底仲良くできません。このような場合だと、シフトを変えてもらうという手があります。シフトを変えてもらえば、相性の良くない人と顔を合わさずに済みます。

学生のアルバイトだと、毎日出勤している人は少ないはずです。週に3回、月曜と水曜、金曜といった具合にシフトを組まれることが多いです。そのため、曜日や時間帯をずらすことで、問題は解決するはずです。

 

学業が忙しいときにバイトに行くための対処法

学業が忙しくなると、アルバイトが重荷になってしまうことがあります。アルバイトをしているせいで学業に支障をきたすわけにもいきませんし、困りどころですよね。こんなときは、どのように対処すればいいのでしょうか。

事前にシフトを相談する

シフトを相談しましょう。アルバイト先にもよりますが、バイトならある程度シフトの自由度が高いことも多いです。柔軟に対応してくれることも多いので、まずはシフトについて責任者に相談することが先決と言えるでしょう。

アルバイトの時間を短くしてもらう、ということも検討してください。アルバイトの時間が短くなれば、その分勉強などに充てることができます。また、平日は出勤せず、週末の土日だけ働くというスタイルもおすすめです。

直前になるなら代わりの人を立てるよう調整する

直前に休まなくてはいけない、というシーンに直面することもあります。このようなケースだと、アルバイト先は人員が足らずに困ってしまうかもしれません。そのため、直前になるなら代わりの人を立てるよう調整が必要です。

できるだけ、早めに責任者に伝えることが大切です。ギリギリすぎると、代わりとなる人員を確保できないかもしれません。休む、早退することがわかった時点で、責任者に相談するのがいいですね。

 

単にやる気が出ないときにバイトに行くための対処法

アルバイトにやる気が出ないときは、どのような対処が考えられるのでしょうか。趣味などに打ち込んで気分転換をする、給料のことを考える、といったことが挙げられます。ここでは、やる気が出ないときの対処法をお伝えしましょう。

趣味などに打ち込んで気分転換する

アルバイトに精を出しすぎると、ある日突然やる気をなくしてしまうことがあります。毎日バイトばかりでは面白くありませんし、バイトにもやりがいを感じられなくなるでしょう。

気分転換をすることで、再びアルバイトに精を出せるようになるかもしれません。自分の好きな趣味に打ち込むなどして、気分転換を図ってみましょう。時間とお金に余裕があるのなら、ちょっとしたプチ旅行に出かけるのも、良い気分転換になりますよ。

得られるお給料のことを考える

アルバイトをしている最大の理由は、お金を得るためです。そのため、やる気がいまいち起きない、というときは、給料日のことを考えてみましょう。

お給料をもらって、その足で好きな物をショッピングに行く姿も想像してください。 頑張って働いた分、給料となって返ってきます。そのお金で欲しいものを買っている姿を想像すれば、きっとやる気も再び湧いてくるはずです。

お給料が入ったら、自分へのご褒美を何か買うと決めておくとモチベーションも保てるでしょう。

 

体調が悪いときにバイトに行くための対処法

体調が悪いときは、アルバイトを休みたくなるものです。体調が悪いときに無理してもいけませんし、基本的にこういうときは休んだほうが良いでしょう。代わりを見つけて休む、正直に申し出るといったことが大切です。

代わりを見つけて休む

体調が悪いときに、無理して出勤しても悪化してしまう恐れがあります。たかが風邪でも、こじらせて悪化する恐れがありますし、職場の人に移してしまう恐れもあります。そのため、体調が悪いときは基本休むことを考えましょう。

しかし、いきなり人手が減ってしまうと、バイト先も困ってしまいます。そのため、代わりに出勤してくれる人を確保して休むことをおすすめします。バイト仲間で、非番になっている人に連絡を取りましょう。

あまりに体調が悪いときは正直に申し出る

体調が悪いにも関わらず、何とか出勤したものの、やっぱり体調が悪いということもあるでしょう。このような時は、無理をしないのが一番です。そのままだと倒れてしまう恐れもあるので、正直に申し出ましょう。

責任者に相談したうえで、早退させてもらうことです。ここで悪化してしまうと、明日以降もアルバイトに出てこれなくなる可能性もあります。バイト先としてもそれは困ると思うので、早退させてくれるはずです。

 

バイトに行きたくない気持ちが重症化した場合

バイトに行きたくない、という気持ちが重症化してしまうこともあります。どうしても行きたくない、もう二度と行きたくない、という状況下では、どのような対処法があるのでしょうか。バイト先を辞める、新たなバイト先を探すの二択があります。

 

バイトが辛い時の対処法

バイトが辛いと感じる4つの理由と対処法

今のバイト先を辞める

どのような理由があるにせよ、どうしても行きたくないのなら、もうそのバイト先は辞めたほうが良いでしょう。そのような状態で働いたとしても、ミスを繰り返してしまうかもしれませんし、周りに迷惑をかける可能性があります。

辞めると決めたのなら、できるだけ早く責任者に伝えることです。責任者としては、なるべく早く代わりとなる人材を確保しなくてはなりません。バイト先に迷惑をかけないよう、なるべく早く伝えてください。

 

バイトをスムーズに辞める方法

バイトを辞めたいときにスムーズに辞められる方法

次のバイト先を探す

次のアルバイトを探すのもアリです。もし、今のアルバイト先の仕事内容が自分に合っていないと感じているのなら、今度は違う業種にしてみましょう。自分に合ったバイトなら、楽しく長続きできるはずです。

接客の仕事が苦手と感じていたのなら、次は裏方の仕事がいいですね。飲食店だと、ホールでなく厨房での調理スタッフが該当します。自分の性格も客観的に分析し、自分にマッチしたアルバイトを見つけてください。

 

バイトに行きやすくなるバイト先選びのコツ

バイト先選びに工夫をするだけで、バイトに行きやすくなります。自宅から近いところを選ぶ、自分の好きなことをバイトにする、将来に役立つバイトを選ぶといったことですね。詳しく見ていきましょう。

自宅から近いこと

自宅から遠い職場だと、やる気を失ってしまうことがあります。バイト先に行くまでが面倒くさい、と感じてしまうこともあるので、なるべく自宅から近いバイト先を選びましょう。

自宅から近くても、アクセスが悪すぎると、行きたくないと思ってしまうかもしれません。そのため、アルバイト先までのアクセス方法にも注目しましょう。できるだけ、毎日短時間で快適に通勤できる、そんなバイト先が理想的ですね。

自分の好きなこと

自分の好きなことをバイトにすれば、行きたくないと思うことも少ないでしょう。例えば、車が好きならガソリンスタンドでのアルバイトが考えられますし、人との会話が好きなら飲食店での接客の仕事が挙げられます。

今はアルバイトも多様化していますし、さまざまな仕事を探せます。かわいい恰好をするのが好きなら、メイド喫茶もいいですし、文章を書くのが好きならライティングのバイトも良いでしょう。やりたいこと、好きなことをバイトにしてみましょう。

就活や将来に役立つこと

就活に役立つバイトなら、自分のためになるのでやる気も保てます。例えば、コールセンターのバイトでしょうか。就活では言葉遣いやマナーも重視されますが、コールセンターのバイトなら正しい言葉遣いも学べます。

また、将来に役立つアルバイトも、モチベーションを高く保って働けるでしょう。この場合だと、まずは自分が将来何をしたいか、何になりたいかを考えることが大切です。自分が関わりたい業界でバイトするのがおすすめですね。

時給がいいこと

やはり、時給が高いとやる気も出ます。同じ仕事内容でも、時給が安いのと高いのとでは、気合の入り方が大きく異なります。たくさん稼ぐことのできるアルバイトなら、行きたくないと感じることも少ないでしょう。

時給がいいアルバイトとなると、ナイトワークが挙げられます。キャバクラやクラブ、ガールズバーなどですね。未成年だと採用してもらえないことも多いですが、20歳以上なら学生でも採用してもらえることがほとんどです。

シフト調整がしやすいこと

シフトに融通が利かないとなると、少々働きにくくなってしまいます。学業が忙しくなったときなども、シフト調整がしにくいとなると、アルバイトに行きたくないと感じてしまうでしょう。

できるだけ、シフト調整しやすい、融通の利きやすいアルバイトを選ぶことです。これは、アルバイト先によってまちまちなので、面接を受けるときに確認することをおすすめします。

 

まとめ

仕事が覚えられない、学業が忙しい、体調が悪いなど、バイトに行きたくない理由はいろいろ考えられます。ここでは、それぞれの理由ごとに対処法をお伝えしたので、ぜひ今後に役立ててくださいね。また、どうしてもアルバイトに行きたくないのなら、とりあえず辞めて新しいバイトを見つけるのもいいと思います。

 

関連記事

※記事の内容は、執筆時点での最新の情報となり、サービス内容・利用料金等を保証するものではありません。この記事の情報を基に行動する利用者の判断について、当社は一切の責任を負いかねます。サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、しかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。