バイトに行きたくない日の対処法|バイトへ行きたくないと思う根本的な解決方法も

「バイトに行きたくない…」と悩んでいませんか?生活のためとはいっても、バイトはだるいし行きたくないのはわかります。でも、バイトに行くのがストレスになるのは辛いですよね。実は、バイトに行きたくないときの対処法は解決方法はあるのです。この記事では、バイトに行きたくないときの対処法や解決方法を詳しくご紹介していきます。

バイトへ行きたくない・泣くほど怖い・辞めたい・怒られると思う理由5つ

バイトに行きたくない理由は人によってさまざまですよね。ここではほとんどの人がバイトにいきたくないと感じる代表的な5つの理由を見てみましょう。

1.上司が怒鳴るので怖い

上司が怒鳴るような怒り方をする人の場合、怒鳴られることを考えるだけでも胃がキリキリしてアルバイトに行きたくなくなりますよね。

特に飲食店の板前さんや、引っ越しの現場リーダーなど、理不尽な世界で生きてきた人たちにとっては怒って育てることが当たり前なので、理不尽な理由で怒ったり殴ったりする上司もいます。

2.ミスが多く怒られる

どれだけ注意して人間ならばミスは必ず出るものです。人間工学では「ヒューマンエラー」という言葉があり、人間はミスはするものという前提で考えられています。

ミスは生まれて当たり前なのに、ミスするごとに怒られていると、段々と怒られることが怖くなって本来の力が仕事中に出せなくなり、さらにミスが出て怒られるという悪循環に陥ってしまいますよね。

3.仕事の覚えが悪い

覚えることが多くて、何度聞いても覚えられずに「何回言わせたら分かるようになるの?」と怒られるのが嫌でアルバイトに行きたくなくなるパターンです。アルバイトで覚えなくてはならないことは将来役にたたないような事も多く、楽しいものではないので覚えるモチベーションも上がりませんよね。

もし、仕事が覚えられなくてバイト先の上司に怒られてばかりでどうしようもなく困っているようでしたら、以下の記事をご覧になってください。きっと解説の糸口がつかめるはずです!

仕事が覚えられない人の10の特徴と原因|対策をして仕事をできるようになろう

仕事が覚えられなくて辛い、辞めたいと思う人も多い あなたは仕事が辛いと思ったことはありますか?仕事を辞めたいと思う人…

4.職場で苦手な人がいる

どんな職場でも合わない人は必ず存在します。人間関係が良くないと一緒に働くことが苦痛でアルバイトに行くのがどんどん嫌になってきますよね。

アルバイトは長い時間先輩や同僚と共に過ごすので、苦手な人が1人いるだけでストレスは想像以上にかかっています。

バイト先でどうしても苦手な人がいて人間関係によるストレスで悩んでいるようでしたら、以下の2記事をご覧になってください。職場のストレスは放っておくとうつ病や最悪の場合自殺を招くことになってしまい、大変危険ですぐに対処する必要があるのです。

職場の人間関係を良くする方法5つ|人間関係に疲れた時の対処法も

職場の人間関係に疲れ、最悪退職する人も 仕事がハードで疲れがたまったとしても、休日にゆっくり休むことができれば、疲れ…

仕事でストレスを貯めやすい人の特徴と職場でのストレス解消法

仕事でストレスを感じない人はいませんが、ストレスが貯まってもうまく発散できる人もいますし、ストレスを貯めないようにできている人…

5.大きなミスをしていまい気まずい

お金の間違いや予約のとり間違い、クレームなど、大きな失敗をした後には気まずくてバイトに行きたくないですよね。大きなミスをした後に上司からネチネチ怒られるといたたまれない気持ちになります。

 

バイトへ行きたくないと思う根本的な解決方法4つ

どんなことでも出来るようになると楽しくなります。バイトも同じで、どんなバイトでも上手く仕事をこなすことができれば楽しく仕事できるようになります。バイトを楽しくするためのちょっとした工夫や、問題の解決方法をまとめます。

1.同じミスをしないための対策をする

同じミスをされると上司も「あれだけ教えたのに、ちゃんと聞いていたのか?」「同じミスばかりしていてやる気がないのか」と思います。同じミスをしないために、どうしてミスが起こったのか原因を探し出しましょう。

具体的な方法としては、ミスが起きる前・起きた時・起きた後の一連の流れを思い出し、どうすればミスを防げたのか、またどうすればミスした時の被害を最低限に抑えることができるのか考えて、次にどう活かせるのか考えておきましょう。

2.メモをとって覚える努力をする

上司がものを教えている時にメモをサッと取りだして覚える姿勢を見せると、上司も「ちゃんと聞こうとしているんだな」と感じて好感度も上がります。もちろん帰ってからもメモを見直すなどして忘れないように努力しましょう。

メモは書いて記録を残すものであって、仕事中に見直すためのものではありません。次のシフトの日までに完全に覚えていれば上司があなたを見る目は格段に変わるでしょう。

また、板前さんなどの職人気質の人の下で働くときには「メモをとるな」「体で覚えろ」と怒られることもあります。

そのような場合は隠れてメモを取るか、その日の仕事終わりに「あの時の仕事はこうすればよかったんでしたっけ?」などと聞いて復習すると格段に覚えやすくなります。目で見るだけでは明らかに覚えられないと感じる場合には、そのような工夫をして乗り切りましょう。

また、以下の記事では更に具体的に仕事の進め方について詳しくご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください!

効率的な仕事の進め方とコツが分かる「仕事の進め方10か条」|現状打破する改善方法も

仕事の進め方がわからない人が意外と多い もし何も知らず入ってきた新入社員がいれば、あなたは仕事の進め方を教え、完璧に…

3.怒られた時は、気持ちを前向きに切り替える

怒られるということはそれだけ関心を寄せてくれているということです。教えるということはかなり労力を消費しますし、誰だって自分が怒る事で後輩に嫌われるのは嫌です。

本当に嫌いな後輩がいた時、丁寧に教えるよりも黙って自分で後輩の間違いを修正した方が遥かに楽だと感じます。好きの反対は無関心という言葉がありますが、その通りだと思います。

先輩にとって怒るということは嫌な仕事だけど、それでも怒ってくれていることの意味を感じ取り、期待に応えられるように努力しましょう。怒られない関係性より怒られる関係性の方が親密な関係なのです。

4.受け流す力をアップする

とはいえ、どうしても納得できない理由で怒られたり、理不尽なことで怒られることもあります。そんな時はあまり気にせず、受け流すことで気持ちよく仕事を続けることができます。

時には右から左に受け流し、翌日にケロッと明るく振る舞う力も必要です。

 

バイトへ行きたくない日の対処法5つ

バイトに行きたくないと思っていても、お金が必要であったりまだ学べるものを学びきってないからやり遂げたい人など、辛くても続けなくてはならない人はたくさんいますよね。バイトが行きたくない日にすぐ使える対処法5つを紹介します。

1.気分の上がる音楽を聴いてテンションあげる

落ち込んだ気分で働いても、もちろん楽しくないですし、見てる方も気分のいいものではありません。自分の好きな音楽聞いて無理にでもテンションを上げて、楽しい気分のまま仕事に打ち込むようにしましょう。

この時のポイントとして、自分の「バイトに行きたくない」というマイナスの感情と、「音楽を聞いて楽しい」というプラスの感情を混ぜないことです。

音楽を聞いている時は間違いなく「楽しい」状況なので、バイトに行きたくない気持ちはどこか遠くに置いておき、音楽に乗りながら楽しい気分で「おはようございます!」と大きな声で明るく挨拶できれば、あとはスムーズに仕事中も楽しい気分のまま始められるでしょう。

2.今日のバイト終わりに自分へのご褒美を買うと決める

「仕事終わりには缶コーヒーを一本買って一息つく」「めちゃくちゃ忙しかった日には500円分コンビニでお菓子などを買って食べる」など、バイト終わりに自分へのご褒美を買うと決めておけば、バイト中に楽しみが出来て辛くても耐えきることができます。

その際、自分の中で一日に仕事終わりに使う金額を決めておかないと歯止めが効かず、せっかくバイトして稼いだお金がどんどん減っていくので気を付けましょう。遠足のおやつは300円までだから楽しいのです。

3.今日働いたらいくらになるかお金の計算をする

アルバイトがどれだけ辛くても、ちゃんと働きさえすればお金がもらえます。辛いことに意識を集中させるのではなく、働いたことで得られるお金のことを考えると楽しくバイトできます。

4.良いことがありそうと言い聞かせる

「アルバイトを頑張っていると店長が時給を上げてくれるかもしれない」「気前のいいお客さんがチップをくれるかもしれない」と、○○かもしれないと色んないい事を想像していれば辛いことに目を向けなくても済みます。

5.運命的な出会いがあるかもと思いバイトへ行く

アルバイトはお客さんやバイト先の人たちなど、様々な出会いが生まれます。また、アルバイトという環境は同じ目標に向かって動く集団なので、恋に落ちやすい環境になっています。ここで辞めたら運命的な出会いを逃すかもしれないと希望をもって働き続けましょう。

また、バイトが辛いときの対処法は、この記事だけでは紹介しきれませんので、以下の記事にまとめてあります。バイトが辛いと感じたら読んでみてください。きっとバイトが辛くなくなるはずです。

バイトが辛い・しんどい時の対処法5つ|辛いバイトランキングTOP5も

バイトが辛いのということは甘えか よく「アルバイトが辛い」などと愚痴をこぼすと、「バイトくらいで辛いと思うのは甘えで…

 

高校生がバイトへ行きたくない時

高校生だってお金を貰って働いている以上社会人と同じ扱いです。しかし、高校生はアルバイトより学校を優先させるべきなので、もしアルバイトを休みたいのに休みにくい人は以下の理由を使って店長に休みを申請してみましょう。

部活の大会や試験が近いので休みますと言って休む

高校生は毎日勉強や部活で忙しく、高校生活の貴重な放課後はアルバイトに費やせるほど余裕のあるものではありません。バイト先も高校生を不当に長時間働かせると世間から大きなバッシングを浴びます。高校生の特権を使って、行きたくない時は理由をつけてキッパリと休んでしまいましょう。

買いたい物のために頑張る

高校生でアルバイトをしている人はそう多くはありません。その分、お金を稼ぐと他の生徒と大きな差別化になります。高校生で3万円持ってたらヒーローになれます。頑張って稼いだお金で好きな物を買って、周りの生徒に自慢してやりましょう。

 

新人がバイトへ行きたくない時

始めたばかりのバイト。でも、いざ働いてみると思っていたイメージとは違う…始めたばかりだけどもう辞めたい… そんな状態では、バイトに行きたくありませんよね。以下、新人がバイトに行きたくない場合の対処法をご紹介します。

 

最初は誰でもミスで叱られると前向きに考える

最初は誰でも仕事が分からないため、叱られることが多くなります。しかし、ミスしても叱られないようになった時が一番危ないのです。「叱られてる間は自分に期待してくれてるんだ」と考え、上司に叱られる余地がなくなるまで成長してやりましょう。

 

バイトへ行きたくない日が続き、辞めたい時は電話や直接辞める旨を伝える

辞めたい日が何日も続き、どうしても辞めたい場合には、早めに辞める旨を伝えましょう。早めに伝えることで自分の負担も早くから解消し、バイト先も次の人材探しに早く取り掛かれます。辞めたいけど悩んでいる時間が双方にとって一番もったいないのです。

しかし、バイトを辞めるのは勇気がいるしどのように辞めればいいのか難しいですよね、以下の記事では、直接、また電話でバイトを円滑に辞める方法をご紹介していますので、ご一読してトライしてみてください!バイトを辞めるのは早めがベストです。

バイト辞める電話のかけ方や理由の伝え方|円満に辞めるポイントまとめ

バイトを辞める際は電話よりも直接会って話す方がより良い アルバイトを辞める際、一番辛いのは直接会って店長と話し合わな…

バイトを辞めたい時に守りたい最低限のマナー|具体的な辞め方と辞める理由も

バイトを辞めたいと感じるのは1ヶ月、3ヶ月、半年くらいが多い 世の中にはたくさんのアルバイトがあります。また、た…

 

コンビニのバイトへ行きたくない時

コンビニは、駅やオフィスから近かったりすると非常に多くのお客さんの対応をしなければいけませんし、お客さんもすべていい人であるわけではありません。中には、バイトの店員に向かって罵声を浴びせたり、店員を人扱いしていないようなお客さんの対応をしなければならない場合もあり、「コンビニのバイト行きたくない」と思うことも多いはずです。

以下、コンビニのバイトへ行きたくないときの対処法をご紹介します。

今日は良いお客さんが多いかもと思って出勤

コンビニは客層に偏りがなく、様々なお客様が来店します。「今日はもしかしたら有名人が来るかも」「めちゃくちゃ優しい人が来て接客を褒められるかも」などと想像して出勤してみましょう。

 

バイトへ行きたくない日が続くなら、辞めることも考える

新しいバイトを探しましょう。世の中には一生かけても経験しきれないほどバイトがあふれているので、職場を変えているうちに自分に合った天職が見つかるかもしれません。また、正社員と違ってバイトは責任はありませんので、気軽に辞めることができます。

 

バイトへ行きたくない時は、連絡をいれて休むことも大切

アルバイトは社員と違い、会社から福利厚生や労働の保障がされていない分、こちらも会社に尽くしすぎる義理はありません。申請すれば好きな時に休みが取れるのがアルバイトの良いところです。

誰でも最初は楽しそうであったり、ワクワクしたから今のバイトを選んだはずです。どんなバイトでもやり続けているとだんだん狭い視野でしか物事を見れなくなってきて、バイトが嫌になってきます。そんな時は少し距離を置いて視野を広げてみると、入ってばかりの頃のワクワクした気持ちで働けるかもしれませんよ。

※記事の内容は、執筆時点での最新の情報となり、サービス内容・利用料金等を保証するものではありません。この記事の情報を基に行動する利用者の判断について、当社は一切の責任を負いかねます。サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、しかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。