▼当サイトで申込みが多い転職エージェントはこちら!(複数のエージェントに登録することで年収アップに直結する非公開求人を見つけやすくなります!)

【1位】パソナキャリア業界ダントツのサポート力を誇る利用必須の転職エージェント。利用者満足度96%
【2位】type転職エージェント年収アップ率は業界ダントツの71%!質の高い求人と桁外れな対企業交渉力が特徴。
【3位】リクルートエージェント絶対に使うべき、国内最大手のNo1転職エージェント!公開求人・非公開求人含め23万件以上というダントツ業界トップの求人数

▼【登録無料】転職活動で役立つ!あなたの気づいていない強みを発見できるリクナビネクスト グッドポイント診断に登録しましょう!

3分で完了!グッドポイント診断はこちら!

【動画あり】仕事にいきたくないときに考えるべき「6つのチェック項目」

「なんとなく仕事にいきたくない」「月曜日がきてほしくない」「電車に乗って仕事に向かっているときが憂鬱すぎる」そう、感じることってありますよね。

でも、仕事を休むわけにもいかないし…本当は今すぐにでも休みたいけど…

特に月曜日は満員電車に揺られながら「休みたいけど休めない、この状況どうにかしたい!」という気分になってしまうことは多いのでは?

この状況はつらいですよね。行きたくない仕事に行かねばならないのですから。

この記事では、実際に行きたくない仕事に行かねばならない場合の心の律し方や、無理しすぎて体や心を壊さないための対処法をご紹介していきます。

電車のなかや寝る前に読んでいただくと、きっと少しでも仕事に行きたくない状況とどんよりした気持ちを解消できるはずです。

仕事に行きたくないと考えているあなたへ

生活の基盤とも言える仕事ですが、心の持ちようによっては行きたくない日もあることでしょう。しかし、身体に鞭を打って仕事をし続けていれば、やがて心も疲弊してしまいます。

一度冷静になって、自分がしている仕事について深く見つめ直してみてください。仕事に行きたくないと悩んでいる人のために、気持ちを切り替える方法を紹介します。

そもそも仕事は人生のほんの一部と考えるべき

仕事をしなければならない、という先入観は捨てましょう。なぜなら仕事は人生の内のほんの一部にすぎないからです。

嫌な仕事を続けて身体に負担をかけ続け、その結果身体を壊してしまったら元も子もありません。仕事は確かに重要ですが、それだけに全てを縛られる必要もないのです。

仕事が嫌で嫌でどうしようもない方は以下2つの動画をチェックしてみてください。

元ライブドア創業者のホリエモンこと堀江貴文さん、2ちゃんねる創業者のひろゆきさんが「嫌いな仕事はさっさと辞めてしまえ!」というキャリア観を痛快に語っています。

次のステージに向けて行動力がわいてくるはずです。

解決しない場合は迷わず転職や独立に向けたアクションを

仕事へ行くのが嫌になってしまった原因が解決できる見込みがあれば、現在の職を続けるのも良いかもしれません。しかし、人間関係や業務の内容、待遇など、簡単には解決できない問題の方が多いもの。

その場合、転職に向けてアクションを起こすことをおすすめします。

でも、「そんなに簡単に転職してもいいの?」「まだ入社3ヶ月もたっていないんだけど転職していいものなの?」と転職に対してネガティブに考えている方も多いと思います。

しかし、今は転職が当たり前になり3人に1人が3年以内に会社を辞める時代。

40年ぶりともいわれている売り手市場で求人も多く、希望の転職が実現しやすくなったのです。

「仕事を辞めること」「転職すること」に対して抵抗がある方は以下の動画をみてください。きっと、転職向けて前向きに考えることができるようになるはずです。

有給取得や体調不良を理由に休んで将来を考える時間をもつべき

とにかく仕事が嫌で仕方がないといった場合には、休暇をとって、落ち着いて考える時間を取るのも手です。

仕事で追いつめられて、心に余裕を持って考える時間がないと、視野も狭くなってしまいがちです。

将来のことを考えるときは、幅広い視野で考える必要があります。一度落ち着いて自分を見つめ直す時間を持つためにも、休暇を上手に活用しましょう。

仕事に行きたくないと考えているあなたへ。まずはなぜそう思うかを考えよう

仕事をすることが嫌だと感じている人には、まずその原因を究明することが必要です。原因さえ分かれば、次に自分が何をしたら良いのかが見えてきます。心を立て直すためには時間を要することが予想されます。自分とじっくり向き合っていきましょう。

【チェック1】そもそもやっている仕事は好きな仕事か

自分のしている仕事に誇りが持てないと、モチベーションも著しく下がってしまうものです。そもそも嫌いな仕事をしていれば、行くのが嫌になってしまっても当然と言えます。

自分のキャリアプランや将来の夢に、今任されている仕事はつながっているのか、楽しんで仕事に取り組めているのか、まずはここからチェックしてみてください。

【チェック2】給料が少なすぎないか

仕事をこなして実績が認められるようになれば、自然と給与もモチベーションも向上していくものです。たとえ好きな仕事であったとしても、将来的な伸びが見込めないことが分かってしまうと、途端にやる気も出なくなってしまいます。

身の丈に合わない給料を望むのは良くありませんが、働きに対して適正な給料を受け取っているか、同業種、同年代の平均と比べてみましょう。

【チェック3】通勤時間が長すぎてないか

通勤時間が長いと、毎日の通勤だけで疲れてしまうため、仕事へ行きたくなくなってしまいますよね。2016年の総務省統計局による調査では、日本人の通勤時間の平均は、およそ40分でした。

どこからが長いと言えるのかは人によって異なるかもしれませんが、概ね1時間程度ならば長いと言っても良いでしょう。

【チェック4】残業が多すぎてないか

残業の時間が多いということは、それだけプライベートな時間が短くなるということを意味します。繁忙期など限られた期間ならばまだしも、慢性的に残業が多くなってしまうのは、組織の運営方針に問題がある可能性が高いです。

【チェック5】仕事でミスを連発していないか

仕事で失敗を続けてしまっていると、毎日が叱られるために仕事へ行くような感覚に陥ってしまいます。一度のミスで切り抜けられれば良いのですが、何度も連発してしまっていると、自己嫌悪へもつながりかねません。

仕事へ行くのも嫌だ、ミスを出し続ける自分も嫌だとなってしまうと、自宅から出たくなくなってしまいます。

【チェック6】同僚や上司、取引先との人間関係はどうか

人間関係が良好に保たれていない状態も、仕事に行くのが嫌になる原因に挙げられます。仕事では嫌でも苦手な人と顔を合わせなければなりません。気の合わない人と付き合うことは、心に大きな負担をかけてしまいます。

上司、同僚といった同じ会社の人との関係だけではなく、取引先の人との人間関係についてもチェックしてみてください。

【チェック1の対策】そもそもやっている仕事が好きでない場合の対策

仕事に行きたくない原因が、そもそも自分の仕事自体が好きではないという場合は、心持ちを変化させることを目標にしてみると良いでしょう。

「無理をしてでも仕事をしなければならない」という感覚を薄れさせることができれば、幾分気が楽になるものです。

まずは仲の良い同僚や友達に相談する

友達や仲良くしてくれている同僚に助けを求め、愚痴を聞いてもらうのも良い対処法と言えるでしょう。何か良い案を出してくれる可能性もありますし、誰かに話すことで気分転換にもつながります。

仕事は仕事!と自分の中で本当に割り切れるかを考える

好きなことだけをしてお金を稼ぐことができれば、それに越したことはありません。しかし、実際にはある程度はお金のために嫌な仕事も引き受けるものです。苦手なことがあっても、仕事は仕事と割り切ることができれば問題ありません。割り切って仕事ができるかどうかを冷静に考え直してみてください。

以下の動画は林修先生がキャリア論について語っている動画ですが、仕事が好きになれない方にとっては仕事に対して前向きになれるヒントが満載ですよ。

「好きなこと」「得意なこと」ができる環境に転職し、生産性が上がりやりがいも給料も上がったという例は非常に多く耳にするので、好きな仕事ができていない場合は転職を考えるのも選択肢に入れてみることをおすすめします。

【併せて読まれている記事】

◆転職活動で必須のサービス「転職エージェント」とは

転職エージェントとは|100%理解して120%活用するための全情報

◆おすすめの転職エージェント

おすすめ転職エージェントを比較|1000人の口コミ・評判から転職のプロが厳選

【チェック2の対策】給料が少なすぎる場合の対策

給料の金額は仕事への意欲に直結します。給料が少なすぎるときには、仕事に価値を見出せているか否か、将来性はあるかどうか、ほかに収入を得る方法はないか否かを考えてみると良いでしょう。

まずは今の仕事に価値を見出せているか改めて考えよう

仕事の価値は、単純にもらえる金額だけで判断することはできません。給料は安くても、その分やりがいを感じられる仕事であれば、金額以上の価値があります。やりがいを感じられているか否かは、職を長く続けるためにも非常に重要な事柄なので、慎重に吟味してください。

自分はキャリアアップの可能性があるかを探ろう

このまま仕事を続けていった場合、将来的にキャリアアップを果たせるかどうかも考えておく必要があります。もしも見込みがあるのであれば、今頑張って仕事を続けることで将来的に給料がアップしていき、お金の問題は解決されるでしょう。

逆にキャリアアップの見込みがない場合には、転職を検討してみても良いかもしれません。

自分のスキルやキャリアが生かせる企業に転職し、大幅給料アップを実現している方は大勢いるのです。

副業で給与を増やすものひとつの手段

お金のことで困っているのならば、他の方法で収入を得るという方法もあります。副業として何かを始めてみるのも良いでしょう。投資や在宅ワークなど、自分に合った副業を探して収入アップを目指してみてください。

【チェック3の対策】通勤時間が長すぎる場合の対策

通勤時間が長いと、会社に行くだけで疲れてしまったり、仕事で疲れた身体に鞭を打って帰宅したりしなければなりません。具体的な対策としては、通勤時間を有意義に活用するか、引っ越しをするといった方法が考えられます。

通勤時間を有効に過ごせる方法はないかを探る

資格の勉強を始めたり、隙間時間を活用して読書をしたりといった方法で、長い通勤時間を活かすこともできます。

通勤時間をぼんやり過ごしてしまうと、移動時間が無意味なものに感じられ、仕事に行きたくないという思いも強くなってしまいます。

スキルアップでも趣味でもかまいませんので、移動時間で何ができるのかを考えてみましょう。

近くに引っ越しするのもひとつ

あまりに通勤時間が長い場合は、会社の近くに引っ越すのもひとつの方法です。

物理的に通勤時間を削減することで、自分の時間も確保しやすくなり、会社へ行くのを億劫に思う気持ちも解消されるかもしれません。

実際、筆者はオフィス移転の際にオフィスから徒歩1分のマンションを借りて今も住んでいますが、満員電車がなく非常に快適です。

ただし、引っ越しにはそれなりの費用もかかってしまうので、資金計画をしっかり練った上で行うようにしましょう。

【チェック4の対策】残業が多すぎる場合の対策

残業が多いせいで会社での拘束時間が長くなると、プライベートの時間が削られてしまい、気が滅入ってしまうものです。残業を減らす具体的な方法について考えてみるようにしましょう。

残業が多い理由を整理する

残業が多くなってしまうことには必ず理由があります。大まかに、自分のスキルが不足している場合と、仕事の絶対量が多く手に負えない場合のふたつです。

スキル不足が原因であれば、今後、自分の頑張り次第で事態が好転していくこともあります。

しかし、仕事量が原因であれば、組織の管理体制が整っていないのが本質的な要因です。

その場合、自分がいくら頑張ってスキルアップをしても根本解決に至ることはないので、転職などの抜本的な対策をとる必要があります。まずは残業の理由はどちらに属しているのか、検討してみてください。

スキルを磨ける環境であるかを客観的にとらえる

自分のスキルが不足していることが残業へとつながっているケースならば、スキルアップを目指して努力するのもひとつの方法です。それには、現在の職場がスキルを磨ける環境なのかどうかも重要となります。

スキルアップのための時間も確保できないほど忙しいのであれば、解決は望めないでしょう。その場合、スキルアップが望める会社に転職することをおすすめします。

仕事を断ることもとても大切

必要以上に仕事を引き受けすぎて、残業が増えていることも考えられます。仕事の量があまりに多く、引き受けたら残業が確定してしまうような状態であれば、勇気を出して断ってみるのも良いかもしれません。

自分のこなせる仕事量と、労力の割合をしっかり考えて、断ることも視野に入れるようにしましょう。

【チェック5の対策】仕事でミスを連発している場合の対策

仕事でミスが続いてしまっているときには、

  • 自分がその仕事に向いているかどうか
  • スキルアップによってミスが減るまで耐えられるか

というふたつの観点から対策を考えてみましょう。

そもそもその仕事に向いているかどうかを考える

人には向き不向きがあります。ミスが続いてしまっている原因は、そもそも仕事が向いていないという可能性も否定できません。その場合は自分に向いている仕事を探して転職も検討しましょう。

頑張ればスキルアップは必ずする!それまで耐えられるかを考える

仕事を続けてスキルアップをしていけば、ミスも少なくなっていくと考えられます。頑張り次第でスキルは必ず向上していくので、辛抱強く努力を重ねていくのも良いでしょう。 もっとも大きな問題は、ミスが少なくなるまで耐えられるかどうかという点です。

とても耐えきれないと感じた場合は、職場環境などほかの問題があるか、そもそもその仕事が好きと思えていないのかもしれません。転職や異動など別の道を検討してみましょう。

【チェック6の対策】上司や同僚、取引先との人間関係が問題の場合の対策

人間関係が原因となって仕事に行きたくないと思っている場合は、コミュニケーションを取って関係を良好に保つことや、友人に相談をすることなどを中心に対策を練ってみてください。

パワハラやモラハラにあたらないかを確認

他の同僚と成績は変わらないのに、より多く叱責を受けている、自分だけが集中的に嫌がらせを受けているといった場合は、パワハラやモラハラにあたります。客観的に見ても不当な扱いを受けている場合は、人事部や労働組合の相談窓口に相談してみるのも手です。

信頼できる仕事仲間に相談をする

普段から仲良くしていて、信頼できる仕事仲間に相談をして、冷静な意見を聞くのも良いでしょう。客観的な意見を聞くことができれば、自分の良くない点の改善にもつながります。

もし相手方が明確に悪いとなれば、その仕事仲間は自分の味方になってくれるはずです。仲間を増やして対抗していく姿勢を取りましょう。

自分自身の問題と相手の問題を冷静に整理する

人間関係が良好であるか否かは、これまでの立ち振る舞いが深く関係しています。一概にどちらが悪いと言い切れないことも多いので、自分自身の問題点と相手の問題点を整理して分析してみると良いでしょう。

そして、自分が直せる部分は積極的に直していけば、人間関係は少しずつ改善されていきます。

人間関係回復に向けたプランを立てる

コミュニケーションを密にすることで、人は親近感を持ちやすいと言われています。お酒の席に自分から誘ってみたり、仕事で分からないことを積極的に聞いてみたりなど、その人と積極的に関わろうと動いていけば、関係が回復していくこともあります。

その人との人間関係を諦めるのも大切

どうしてもうまが合わない場合には、その人との人間関係は諦めるという方法もあります。仕事では最低限の報告や連絡、相談が必要です。

しかし、これら以外のコミュニケーションは諦めてしまっても仕事に支障はありません。ストレスは最小限にとどめて、仕事だと割り切るように心がけてください。とても人間関係に耐えられないという場合には、転職することをおすすめします。

今までの人間関係がリセットされ、あなたを貶める人間はいなくなりますし、嫌いな人間がいないだけで仕事の生産性が上がって給料も上がるので、転職は非常に有効な選択肢でしょう。

もし、あなたが人間関係で悩んでいたら以下の動画をチェックしてみてください。きっと現状を変える考え方になれるはずです。

自分が会社を辞めるときに考えること

どうしても仕事に行きたくない、転職したい場合は、後々のことも考えて計画的に行動を起こしていく必要があります。会社を辞めるときにはどのような点に注意して動いていけば良いのでしょうか。

今の会社のことは考えない

自分が辞めたらこの会社はどうなってしまうのか、という心配はしないようにしましょう。会社を辞めるという決断に迷いが生じますし、迷惑をかけてしまうなどと考えていれば、辞めるに辞められなくなってしまいます。

むしろ、あなたが抜けただけで組織が機能しなくなるような会社は組織運営に問題がありますし、100%会社の責任です。

憲法でも職業選択の自由が保障されていますから、会社を辞めることに対して重く考える必要は全くないのです。

職場の外に友達を作る

退職前から、次の仕事へとつながる交友関係を広げていくことが望ましいです。職場の外で友達をたくさん作っておけば、その伝手で新たな仕事に就ける可能性もあります。

望みの仕事があり、既にどの道に進むかを決めている場合には、その業界に関係している人と話をしてみましょう。職場外の交友関係は、必ず新たな仕事の糧となります。

失業期間は満喫する

次の仕事を探すまでの失業期間中は、将来のことを考えると不安になってしまい、心にも負担がかかってしまいます。

失業期間中は趣味に没頭する時間を作る、旅行へ出かけるなど自由を満喫して、前向きな心を維持できるように心がけてください。

転職エージェントに登録して面談を受けてみるなど、転職のための勉強時間を確保するのも有効です。何もしていないと不安になってしまうものなので、リフレッシュには外へ出かける活動がおすすめです。

【併せて読まれている記事】

◆転職エージェントの面談とは

失敗談から学ぶ転職エージェント面談を徹底解説

最低限の貯金や収入は確保する

仕事を辞める前には、辞めた後にかかる生活費のことを考えておく必要があります。貯蓄はどの程度あるのか、失業保険などでもらえる収入はどの程度なのか、そしてどの程度の期間ならば借金をせずに転職が可能なのかなどを考えておきましょう。

生活費がひっ迫していると、転職活動も制限されてしまいます。 たとえば半年間なら生活費を工面できる状態なら、6カ月という時間を使ってどんなことができるのか、あらかじめ計画を立てておきましょう。

まとめ

仕事に行きたくないと思うようになるには、必ず何かしらの原因があります。その原因に対して的確な対処ができれば、仕事へのモチベーションを維持することも可能です。

対策として転職を考えている場合には、後々のことを考えて、計画的に転職活動をしていく必要があります。長い人生、仕事だけが全てではありません。落ち着いてじっくりと将来のことを考えていきましょう。

併せて読まれている記事

◆転職活動で必須のサービス「転職エージェント」とは

転職エージェントとは|100%理解して120%活用するための全情報

◆おすすめの転職エージェント

おすすめ転職エージェントを比較|1000人の口コミ・評判から転職のプロが厳選

◆転職エージェントの面談とは

失敗談から学ぶ転職エージェント面談を徹底解説

※記事の内容は、執筆時点での最新の情報となり、サービス内容・利用料金等を保証するものではありません。この記事の情報を基に行動する利用者の判断について、当社は一切の責任を負いかねます。サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、しかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。