▼当サイトで申込みが多い転職エージェントはこちら!(複数のエージェントに登録することで年収アップに直結する非公開求人を見つけやすくなります!)

【1位】リクルートエージェント絶対に使うべき、国内最大手のNo1転職エージェント!公開求人・非公開求人含め20万件以上というダントツ業界トップの求人数
【2位】DODA利用者満足度はなんと驚異の90%!キャリアアドバイザーが優しく丁寧にサポートしてくれることから転職初心者には最適
【3位】JACリクルートメント転職エージェントオリコンランキングで毎年総合第1位という非常に高い評価を受けている転職エージェント。

▼【登録無料】転職活動で役立つ!あなたの気づいていない強みを発見できるリクナビネクスト グッドポイント診断に登録しましょう!

3分で完了!グッドポイント診断はこちら!

教師・教員を辞めたい人が知りたい辞めるタイミングや辞め方|転職活動も

教師とは全ての子供に平等に成長発達を促す人達です。色々なドラマが流行り見ている分には素晴らしい職業ですが、現在「教師を辞めたい」と考えている人も多いのです。この記事は教師・教員を辞めたい人が知っておくべき辞めるタイミングや辞め方、転職についてご紹介いたします。

教師辞めたい人が感じる、教師を辞めたい理由5選

教師が辞めたい!と感じている人の教師を辞めたい理由とは?皆さんが「あーなるほど」と思うような理由や「そうなんだ!」と初めて知る教職の現場がわかるかもしれません。

労働時間・拘束時間が長い

労働基準法で定められている法定内の労働時間は1日8時間、1週間で40時間までです。そして今問題になっているのがサービス残業という「賃金が発生しない残業」です。

そもそもそれ自体労働基準法違反なのですが…。

中学校教師のなんと8割が月に100時間以上の残業をしているという現状があります。月に100時間以上の残業は過労死ラインと言われ、異常な長時間残業と言えます。

2017年1月に政府が出した改革案では残業時間についてこのようになっています。

  • 月60時間
  • 繁忙期の場合は100時間まで

そして上のデータを見てください。教師は月100時間を超える残業を行っているという結果があります。もし既定の残業時間を超える場合「労使協定(36協定)」というものを結ばねばなりません。

労使協定とは以下

労働基準法では 1 日および 1 週の労働時間ならびに休日日数を定めていますが、同法第 36 条の規定 により時間外労働・休日労働協定(いわゆる「36 協定」)を締結し、労働基準監督署長に届け出ること を要件として、法定労働時間を超える時間外労働および法定休日における休日労働を認めています。

出典:厚生労働省

労使協定を結んでいても、残業時間は3ヶ月で120時間、1年で360時間までと定められています。

その後、2017年4月に働き方改革として残業の上限が規制される事になりました。その上限規制の参考にされたのが上記にもある「過労死ライン」というものです。

厚生労働省は、過労死の労災認定基準として、心疾患や脳疾患が発症する前の一ヶ月間に約100時間以上、または2~6ヶ月間に毎月約80時間以上の残業があった場合に、業務と発症との関係性が強いとしている。

出典:https://news.yahoo.co.jp/byline/ryouchida/20170428-00070371/

上の説明が過労死ラインの説明となっていて、これを見ていると教師はどう考えても過労死ラインをはるかに超えているとわかります。ただこの上限規制にも教師は入っていないのが現状。

まさに命を懸けた職業になっているわけです。

モンスターペアレントからの度重なるクレームに耐えられない

モンスターペアレントとは学校の教師、塾講師などに対して非常識的な要求をしたり自己中心的なクレームをつけてくる親御さんの事です。

他にも気に入らない教師がいると、ある事ない事をネットに書き込んだり、言いふらしたりする行為もモンスターペアレントの特徴です。

ここでモンスターペアレントをもっと理解してもらう為に実際にあった事例をご紹介いたします。

  • 我が子の成績が上がらないのは担任が悪い!だから担任を変えろ
  • わが子はいじめられて転校する!引っ越し費用や交通費を払え
  • 子供が風邪をひいて楽しみにしていた運動会に出れないから日時を延期しろ

何だか聞いたことがあるような内容です。他にも給食費や遠足日、修学旅行費など必要なお金を払わず、それについて連絡すると「義務教育なのに金を取るなんて!!」と激怒するなども。

これが新任の先生だったり教育実習を修了して晴れて教師に!という人は高確率でターゲットにされますし、基本的に弱弱しい、まだ若い教師はこのようなクレームに終始悩まされます。

中には校長、教育委員会にまで同じ内容で怒鳴り込むという迷惑極まりないモンスターペアレントも。

ですから1日の大半を生徒の為に使えずに残業をしてクレーム対応をしたり、モンスターペアレントについての会議を行ったりが頻発して生徒の授業に必要な教材を揃えられないなどもあります。

学校の先生同士で考え方や価値観の違いで衝突

同じ教師とは言っても経験年数や今までの教師人生によっては大半の教師と考え方、価値観の違いで衝突します。よくドラマでもあります。

「あの子はお偉いさんの子供だから何をしても叱ってはいけない」と悟る中年教師と「そういう目で生徒を見るな!皆平等!」と歯向かう若い教師…。

教師と言っても皆、血の通った人間ですから様々な考えがあって様々な生徒や親御さんへの対応方法があります。それが良くても悪くても…。わかりあってチームワークで乗り切りたいと思っても大人と大人の衝突はそう簡単に終息しないものです。

生徒に関する以外の業務もある

教師=生徒に関する業務。というイメージはありますが現実はそうでもありません。以下に厚生労働省が発表している教師が行う生徒に関する業務以外についてご紹介いたします。

  • 部下職員、初任者、教育実習生などの指導・面談・安全点検・校内巡視・機器点検など
  • 職員会議、学校評議会、などの会議
  • 事務・報告書の作成、資料や文書の作成(調査統計・教育委員会への報告書など)

などなど生徒に関する業務以外にもやる事は盛りだくさんあるのです。その中から生徒達の授業に使う教材や書類、次の授業に関して。また親御さんへの対応もコミです。

一部の生徒から酷い扱いを受ける

ドラマでよく教師がいじめられて自殺したり精神的に病んでしまったという話があります。ここで以前に本当にあった教師いじめについてご紹介いたします。

【ケース1 20代後半の女性教師】

  • 女性だが素行の悪い生徒にはしっかり注意をして向き合う性格
  • 悪口を言われても動じずいつでもどの生徒にも平等であった
  • ある日、担当しているクラスでいじめが発生
  • いじめの理由が「ただ相手が気に入らないから」という事だったのでお互いに話し合わせる
  • 余計にいじめがひどくなり、教師はいじめられている子を守るように
  • その子は教室に来なくなり、完全にいじめの対象が女性教師に
  • 給食に黒板の消しカス、教室に入ろうとすると上から黒板消しが落ちて来る
  • 靴に画びょうを入れられて足にけがをする
  • 女子トイレでトイレして手を洗っていると近くのガラスを生徒が割って怪我
  • 廊下を歩いているといきなり男子生徒にあばらを蹴られて骨折

という事件が本当にありました。ただこの女性教師は絶対に負けず彼らを卒業に導き現在でも教師を続けています。そしてもう1つ事例をご紹介いたします。

【ケース2 20代後半 男性教師と40代後半 男性教師】

  • 熱血だから、顔が気持ち悪いからと男性生徒から罵倒を浴びる
  • ある日、男性生徒の中の1人に殴られて骨折、精神病院に
  • 職務復帰後もまた男性生徒の後輩から暴行を受けて職員を退職

というような事件もありました。このように何を、どうしてと思うような原因で一部の生徒からひどい嫌がらせを受けるという事案もあります。

それが非行をしている生徒だと何をされるかわからない!という恐怖もあるのです。それからその生徒たちと分かり合う事もなく、後から生徒に聞けば「理由はない、ただむかついた」とだけです。

小学校教師ならではの辛い、辞めたい理由

お次は小学校教師ならではの辞めたい理由をご紹介いたします。

学級崩壊で授業ができない

現代、暴力の低年齢化が進んでいます。事実小学校での校内暴力件数は1000件を超えています。その大半は生徒間の暴力で、小学校だからみんなで仲良く楽しく♪というのはありえない時代です。

その為、学級崩壊で授業が出来ないという事実があり、実際ネットでも「学級崩壊をしている」「うちの子供が学級崩壊クラスにいるから心配だ」という口コミも増えています。

暴力以外にも授業の時間に教室にいない、授業を妨害する、教師に対してやたらと挑発的で授業どころではないという情報も。

中学校教師・高校教員を辞めたい理由

お次は中高の教師・教員が辞めたいと思う理由です。

部活の顧問に抜擢され、土日祝日も遠征がある

小学校と違うのは部活がある事です。例えば陸上、サッカー、バスケットボール部など遠征があるので休みがないという事もあります。

他にも練習に付き合う為に朝も早くグラウンドにいて整備を行ったりと授業以外でも忙しく休む暇がない!というのが本音。またここに「なんでうちの子が選抜じゃないの?」なんて親御さん対応も入ってきます。

教員を辞める最適なタイミング

もう限界!じゃいつ辞める?ここでは辞める時の最適なタイミングをご紹介いたします。

担任などを持っていれば年度末の3月が最適

担任などを持っているのなら年度末の3月が最適でしょう。4月からはまた新しい新任や違う学校への転勤の可能性もありますから、自分が何か担当を任される前に辞めるのが良いでしょう。

学期末の区切り

年度末まで待てない!というのであれば学期末の区切りに辞めるのも良いでしょう。どちらにせよ担当途中に辞めるのは出来れば避けたいのが本音。学期末や年度の終わりが区切りが良く辞めるタイミングとしては逃せません。

初任で教師辞めたい時の対処法

夢と期待を持って教師を始めたのは良いものの、現実と理想のギャップにノックアウト!もう辞めたい…。そんな時はどうしたらいいの!?

家族や友人に相談する

1番は辞める前に家族や友人に相談して意見を聞く事でしょう。ただ注意したいのはそれはアドバイス、意見であって最終的にどうするのかは自分次第です。

教師を経験していない人にはわからない現状がありますからあなたが求めている答えはないかもしれません。ただ同じ教師ならばその人はどのように乗り越えたのかというアドバイスをもらえるかもしれません。

何にせよ、人に心の毒を吐き出すことは頭や心を整理する点でとても大切です。

教師の職業が嫌なのか、職場が嫌なのか等、辞めたい原因を突き止める

まずは、辞めたい理由をしっかりと把握する事が大切です。教師という職業が嫌なのか。職場が嫌なのか。他にもモンスターペアレントが嫌なのか…。

そこをはっきりしないと再就職するのか、するとしても別の職業にするのかなどが固まりません。まずは辞めたい理由を突き止めてそこから全てがスタートします。

教師を辞めたいとき、辞めたい理由の分析は大事です。以下の記事では、仕事を辞めたくなった時、辞めたい理由を冷静に分析でき、今後の人生をうまく始めるためのノウハウをご紹介しています。

公的な相談窓口で相談する

辞めたい理由がわかった、どうしてもわからない、どちらの場合でもプロに相談するという手もあります。

こころの相談窓口

  • 本人以外の家族でも相談可能
  • 相談料無料(フリーダイヤル以外は通話料がかかります)
  • 他にも自殺予防ダイヤルもあります

政府が公開しているサイトで、秘密厳守というのも信頼できる点です。またこのサイトには教師が語る自分なりの方法、考え方、乗り越え方も項目があり、詳しく掲載されていますのでぜひご覧ください。

教員をどうしても辞めたい時の辞め方

何が何でも教師を辞めたい!もう限界!となったらご覧ください。

希望退職したい予定日一ヶ月前に校長宛てに文書で提出

弁護士によると、公務員が退職をしたい場合は予定日1カ月前と就業規則に掲載しているところは多いのですが、法律的にはそれより前でもOK。

特に法律的な規制もないのですが、やはり引継ぎなども考えると1カ月前が良いでしょう。それだけ教師は色々な事をやらねばならず大変なんだという事がよくわかります。

また口頭での退職宣言は「聞いていない」「覚えていない」と言われる可能性も高いので校長宛てに文書で提出しましょう。もし破られても良いようにダミーも作っておいてください。

教師を辞めてよかったと感じる瞬間

実際に教師を辞めた人が語る、教師を辞めて良かったと思う瞬間はどんな時?

  • 自由な時間が増えた
  • クレームなどから離れられた

などが多いでしょう。自分に使える時間が増えて、非常識なクレームに悩まされ対応策を会議する事もない…。I`m free!という事でしょう。

人格を否定するようなモンスターペアレントからも逃れられますから、もう悩んで悩んで苦しむ事からはおさらばできるわけです。

教師を辞めたいなら転職も選択肢の一つに

教師を辞めたいのなら転職も考えてみましょう。そうは言ってもなかなか自分が思うような仕事に出会えない…。という場合は転職エージェントはいかがでしょうか。

転職エージェントとは何千人、何万人の転職をサポート、プロデュースしてきた転職のプロ集団でお勧めする理由は以下の点、

  • ハローワークや自分で転職先を探すより早い
  • 転職エージェントだからこそ知っている情報がある
  • その人にあった転職方法、転職先をアドバイスしてくれる
  • 完全無料で職務履歴書の添削や面接対策をしてくれる
より詳しく転職エージェントについて知りたい方は下記記事にて転職エージェントに関する全ての情報をお伝えしております。

気になる方はチェックしてみてください。

転職エージェントとは|全てを理解し正しく使うための全情報

「転職エージェントって何?」 「転職エージェントの仕組みが知りたい」 「転職エージェントってどうやって選べば良いの?」 …

おすすめの転職エージェント

転職エージェントによってはキャリアコンサルタントの対応が雑だったり、求人数に差があったりします。

そのため、本当におすすめの転職エージェントを利用しないとあなたの貴重な時間が割かれてしまう可能性があります。

当サイトでは下記記事にて1000人以上の転職エージェント利用者の体験談を基に本当におすすめの転職エージェントを紹介しています。

気になる方はチェックしてみてください。

転職初心者の方におすすめしたい転職エージェントは「リクルートエージェント」と「DODA」、「パソナキャリア」の3つです。

複数登録することで、それぞれの転職エージェントの弱みを補いあうことができるので、転職エージェントを利用する際は複数登録することをおすすめ致します。

詳しくは下記記事にて解説しておりますので、ぜひご参考ください。

複数の転職エージェントを掛け持ちで利用すべき?理由付きで徹底解説

「転職エージェントを複数利用したほうが良い」このような意見をよく聞くことがあります。結論から言いますとこの知識…

リクルートエージェント

「リクルートエージェント」は、業績や求人数など他の転職エージェントと比較して圧倒的な実績を誇る転職エージェントです。

転職エージェントを利用する際はリクルートエージェントを利用しない手はないでしょう。

リクルートエージェントは転職をする全ての人におすすめの転職エージェントです。

DODA

「DODA」は業績、求人数共に業界第2位という大手転職エージェントで、登録者のペースに合わせて転職活動をしてくれますし、転職初心者にも優しいキャリアコンサルタントが在籍しています。

求人数も多く、求人の質も良いので全ての人におすすめの転職エージェントです。

パソナキャリア

また「パソナキャリア」もキャリアコンサルタントの質が高いと業界で有名な転職エージェントです。

業績は業界で第4位、求人数はリクルートエージェントやDODAに比べると少ないのですが、求人の質も良く、何と言ってもキャリアコンサルタントの質は業界でもずば抜けて高く、とにかく登録者の気持ちを優先して対応してくれますし、転職初心者にも優しくキメの細かいサポートが特徴です。

 

教師辞めたい人が考えるべき、後悔しないための辞めたあとの事

次は教師を辞めたい人に考えておいて欲しい、辞めた後の事についてご紹介いたします。

辞めるのは生活費3ヶ月分を貯蓄してから

もし辞める!と決意したらまずは生活費3ヶ月分を貯蓄してからにしましょう。貯蓄が難しいのなら家族と話し合って助け合う計画を立てても良いでしょう。

貯蓄、相談が完了したら、失業給付金手当の申請準備です。

失業給付金とは「再就職する気はある」「でも、もし再就職先がなかなか見つからなかったら」「再就職先でお給料がもらえるまでどうしたら」という時に使える方法です。

失業給付金(失業保険)について詳しくは以下の記事でチェックしてください。

知らないと損する失業保険を満額もらうための全知識

「失業保険って何?」 「どうやったらもらえるの?」 「どれくらいもらえるの?」失業保険に対して、もらうための手続き…

この失業給付金は自己退職をしたらすぐに申請する事が可能になります。ただし自己退職の場合は申請がおりるまでに約3ヶ月の期間があるのでその間の生活費は確保しておいて欲しいのです。

そしてこの失業給付金をもらう為の条件、申請可能になる条件を以下でご紹介いたします。

失業給付金を申請できる条件

  • その3ヶ月の間はハローワークの転職講座に出席すること
  • 転職活動に専念すること
  • 雇用保険被保険者であり、退職した日からさかのぼって2年の間で1年以上の勤務期間があること
  • 再就職する気はあり、能力もあるが出来ない場合

以上がもらえる条件、申請可能な条件です。もし会社都合などで失業した場合はこの3ヶ月は免除される可能性もあります。

また、破産などの会社都合の退職、病気や妊娠出産、セクハラなどが原因の退職の場合は退職日からさかのぼった1年に半年以上勤務経験があれば申請は可能です。

次は失業給付金の申請場所・必要書類と方法です。

失業給付金の申請方法・申請場所・必要書類など

  • 申請場所 ハローワーク
  • 申請方法 ハローワークで求職の申し込みと失業給付金(手当)保険の受給申請を行う

申請場所と方法は上の通りです。次は以下で必要書類と必要なものをご説明いたします。

手続きの方法、手順については以下の記事で詳しく説明しています。

  • 必要書類1 雇用保険非保険者離職票
  • 必要書類2 本人確認、住所、年齢を確認できる官公署の発行した写真付きのもの(運転免許証、マイナンバー写真付きなど)

  • 必要なもの1  印鑑
  • 必要なもの2  本人名義の普通預金通帳・写真(縦3,横2.5cmの正面上半身、そして3ヶ月以内に撮影したもの)2枚

手続きの必要書類と失業給付金の受け取り方について詳しくは以下の記事をご覧ください。

失業保険の必要書類まとめ|ハローワークでの失業保険のもらい方

ハローワークでの失業保険のもらい方様々な理由で仕事を退職しなければならない時ってあると思います。中には、「次が決ま…

失業給付金はいつまでもらえる?いくらもらえる?

そして気になるのが失業給付金はいつまでもらえるのか、またいくらもらえるのかです。

  • 金額は直近6ヶ月の収入によって変わる
  • 勤続年数、年齢、退職理由によっても変わる

となっています。退職理由は「会社都合」か「自己都合」かで大きく条件や金額が変わってきますので、以下の2記事で確かめてください。

更に、失業給付金をいつまでもらえるのか、いくらもらえるのかを計算できるツールを以下にご紹介いたします。

失業給付金の給付額・期間を計算

基本的には失業給付金の給付額は退職前6ヶ月の給与の50~80%になります。期間もその人の事情によって変わりますのでぜひ自分はどうなるのか、チェックしてみてください。

この申請が下りれば焦らずに再就職に専念する事が出来ます。ぜひ利用を検討してください。

失業給付金の計算は複雑でわかりにくいですが、以下の記事でわかりやすく解説していますので、是非ご覧ください。

教師を辞めた後は、塾講師や塾経営など教育関係につく人が多い

教師を辞めた後、皆はどんな再就職先を見つけたの?という事で調べたところ「塾講師や塾経営」などフィールドは違えど教育に関係する職業に再就職する人が多いです。

このような人はやはり生徒がうんぬんではなくて仕事の忙しさ、モンスターペアレントの対応など人間関係や業務が苦痛になった人が多いのでしょう。教育に関われる事には幸せや、やりがいを感じているからこそ、また教育関係を選んだのです。

教師辞めたい時は、辞める前に家族や友人に相談を

今回は教師を辞めたいと考えている人に向けて、辞めたい理由や今後どうすればよいかなどをご紹介してきました。私たちは知らない色々な現状があって涙ぐましい努力の結晶が教師なんだなと思います。

教師を辞めたいと考えているのならまずは相談です。一人よりも色々な人の意見を聞けば自分では考えつかなかったような対策や方法が見つかるかもしれません。

転職を考えたらぜひ転職エージェントとあなたが輝ける最高の職場を見つけて新たなスタートを切っていただきたいと思います。

教師は素晴らしい職業です。その職業に就きたいと思う人が減らないようにもっともっと環境が整った教育現場が増えて欲しいと切に願います。

 

※記事の内容は、執筆時点での最新の情報となり、サービス内容・利用料金等を保証するものではありません。この記事の情報を基に行動する利用者の判断について、当社は一切の責任を負いかねます。サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、しかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。