看護師辞めたい人が知りたい辞めるタイミングや対処法|転職活動も

白衣の天使、そして患者さんの癒しであり頼もしい味方である看護師さん。ですが現代様々な理由から「看護師辞めたいなぁ」と考えている人が急増しています。この記事では、看護師を辞めたい人が知っておくべき辞めるタイミングや、対処法、看護師の転職事情について詳しくご紹介します。

看護師を辞めたい・辛いと感じるなら

いつもニコニコと患者さんに対応して小さい子供をあやすのも得意、わがまま老人の対応もお手の物!病院に行くたびに「凄いお仕事だなぁ」と感心します。

入院した際には呼べばいつでも来てくれて患者さんの話に耳を傾けいつでも頼れる存在の白衣の天使こと看護師さん。ですが夜勤の多さや肉体、精神面でも辞めたい、限界だと感じている人が多い事でも有名なのが看護師さんです。

もし今、看護師を辛い!辞めたいと感じるのならまずはこの記事を読んで、自分と同じように悩んでいる人の声や仕事自体は好きだからな…。という時の対策、本気で限界!となった時のための転職情報をぜひ参考にしてください。

看護師辞めたい人が知りたい、看護師を辞めた理由5つ

まずは看護師を辞めたいと考えている人が知りたい、看護師を辞めた人がどうして辞めたのか、理由を5つご紹介いたします。

人手不足で仕事量が多い

2015年時点で病院に勤務している看護師さんの数は82万1036人。そして准看護師さんは約14万人でした。そして病院の数、病床数は以下のとおりです。

  • 病院の数 8480
  • 病床数  156万5968

そして1日の平均在院患者数、1日の平均外来患者数が以下のとおりです。

1日平均在院患者数は1,393,069人で前年に比べ2,235人(対前年△0.2%)減少し、1日平均外来患者数は2,198,139人。

出典:http://www1.mhlw.go.jp/toukei/isc98_8/sec02.html

見てください。どう考えても看護師さんと准看護師さんを合わせてもゆったりと対応できる数ではありません。

医師と違って「診察をした、はい次の人ー。」だけではなくて患者さんへの対応などそれ以外にも回診のお手伝い、検査のお手伝い、点滴をかえたりとはるかに看護師さんの方が仕事量は多く、大病院ともなれば平均で何万人を1日に対応しなければなりません。

それにどんな病院でも看護師さんが何万人も働いているところなんてないでしょう。それだけ1人の看護師さんが受け持つ仕事が多いのが現状なのです。そして看護師さんの離職率は10%を超えていて余計に人手不足が深刻になっている状態です。

職場の人間関係に問題あり

看護師を辞めたいという人達の中には忙しさや人手不足うんぬんの前にナース達との人間関係に問題があって辞めたいと考えている人も多いのです。

以前大人気で映画にもなった「ナースのお仕事」のような「あさくらーー!せんぱーーい!」というような雰囲気は皆無に近く、女性だらけの大奥のような場所ですから、人間関係はドロドロなのだとか。

また、看護師さんになるには心優しい人よりも、気が強くいつでも緊張感を持てる人の方が適しているとも言われます。それは色々な人に出会い、生死を目にしてもへこたれない精神が必要だからです。

なので、気が強くツンツンとしている看護師さんも多く、リアル看護師さんいわく「バチバチした雰囲気がある」とも話していました。

新人さんに対しては、忙しい病棟内でモタモタされたり何回話してもわからない人には相当きつくあたってしまうという話もありました。確かに生死にかかわる現場ですから仕方がないと言えばないのですがこれが原因でやめたいと思っている人も多いでしょう。

夜勤などがあり身体的にも辛い

看護師さんにとって、夜勤が終わって家に帰宅したら担当患者さんが急変!なんて事もざらです。だからこそ休めるうちに休んでおきたいのですがそうもいきません。

看護師の夜勤経験がない人からすると「夜は静かで暇なんじゃない?」と思われがちなのですが実は忙しい!その夜勤の内容を詳しく例を交えてご紹介いたします。

  • 17:00~ 夜勤開始・日勤からの申し送り(患者さんの様子や状態などを聞きメモしたりする)
  • 17:30~ 夜の配膳の準備、経管栄養の準備、食前の薬の配布・食前の血糖値測定
  • 18:00~ 夜の食事の配膳、食事の介助、食後の薬の配布、口腔ケア
  • 19:00~ 検温、夜の分の抗生剤の点滴
  • 20:30~ 睡眠薬が必要な人に配布、排泄介助
  • 21;00~ 消灯
  • 21;30~ 食事休憩(この時に急患や入院患者のナースコール、トイレへの付き添いなどにも対応)
  • 22:00~ 看護記録の記入、翌日の点滴や内服薬、入院の準備
  • 23;00~ 巡回
  • 1:00~3;00~ 巡回(交代での仮眠)
  • 5:00~ 食事休憩(この時に急患や入院患者のナースコール、トイレへの付き添いなどにも対応)
  • 6:00~ 点滴投与、検温、採血
  • 7:30~ 経管栄養投与の準備、食前薬の配布、食前血糖値の測定
  • 8:00~ 食事の配膳、食事介助、食後薬の配布、口腔ケア
  • 8:30~ 看護記録を記入
  • 9:00~ 日勤への申し送り 終了

以上が例を交えた夜勤の内容です。交代での仮眠も夜間の急患がいれば取れませんし、こう見てもらえばわかるように休める暇なんてほとんどありません。

夜勤が終了して1日休んでもまた次の日は仕事と体力的に限界を訴える人も多いのはうなずけます。

ミスをして医療事故をしないか不安・怖い

上のような日常を送っていれば睡眠不足や集中力不足などもあって、ミスをしてしまう可能性もないわけではありません。もっとブラックだと休日返上もありえますから不安ですし怖いというのが本音です。

看護師さんは食事時間は15分程度、睡眠は最高2時間程度が主流で中には睡眠障害やうつ病などを発症する事もあります。

ですから現在は看護師をペアで組ませてミスを防止、負担を軽減させる「パートナーシップ・ナーシング・システム」通称PNSが注目を集めています。

PNSを導入することで超過勤務防止や、離職率の抑制、医療ミスの防止が出来ると話題になっています。

雰囲気が悪く精神的に辛い

雰囲気が悪く、というのは病院内、または病棟内、そしてナースステーション内という事でしょう。これはその病棟、ナースステーションで働く人はあまり分からないのですが、勤務異動という同じ病院内でも違う病棟に異動したりするとよくわかります。

雰囲気を作っているのはそこで常勤している看護師さんですから、大雑把が集まれば整理整頓が出来ていなかったり、逆に整理整頓が得意な人が多ければ綺麗なナースセンターになります。

そして派閥を作るような性格の人がいるならばそこはもう大奥、新しく入った人は仕事どころではなくなってしまうでしょう。

男性的な性格の人が多いナースセンターならば、気づかぬうちに自分も大声で話したり男性的な考えをするようになるでしょうし、とにかく元々そこにいる人で雰囲気も全く違うのです。

看護師辞めたい人が参考にしたい、看護師辞めるタイミング5つ

辞めたいとは思うものの、人手不足や新人さんに引継ぎをしなければならないなど考えると面倒になってしまったり、辞めるとしても転職先は?など色々と悩んでしまいます。

そこで実際に看護師を辞めた人がお勧めする「辞めるタイミング」を5つご紹介いたします。

体力的に辛くなった時

看護師にとって大切なものは知識や経験もありますが、何より体力と精神勝負です。ですから体力的に辛くなってきたのなら辞めるタイミングと捉えましょう。

看護師とは言えど、患者さんのトイレの介助をしたり配膳したりとかなり体力を使う場面が多いです。もし我慢して患者さんと一緒に転んでしまったら、配膳している途中に落としてしまったらと考えたら気が気じゃありません。

転んでしまった場合は最悪患者さんの病状を悪化させてしまう可能性もありますし、落としてしまったら片付けなどやる事が増えてしまう事になります。

それに落としてしまった配膳を食べるはずだった人は手配が完了するまでご飯を食べられないなんて事もあるのです。

また体力に限界を感じていながら看護師を続けていると、医師の指示を聞き間違えたり判断を誤って医療ミスを起こす事だってあるのです。

限界を感じたなら一度立ち止まって、続けるべきか辞めるべきかをしっかり考えてください。

生活費3ヶ月分を貯蓄できた時

体力的、人手不足以外にも辞めて気になるのが「その後、転職してお給料がもらえるまでをどうしたら良いのか」という事です。

そこで「失業給付金」についてご説明させていただきます。失業給付金とは「再就職する気はある」「でもすぐに再就職先が見つからない」「再就職先でお給料がもらえるまでどうしたら」という人の為にあるものです。

以前の勤務先、つまり看護師の職業を自己退職した場合にこの失業給付金の申請をする事が可能になるのです。そしてその失業給付金がおりるのが約3ヶ月後なので、3ヶ月分の生活費を貯蓄できたら辞めるタイミングだと書いたのです。

そしてこの失業給付金をもらう為の条件、申請可能になる条件を以下でご紹介いたします。

失業給付金を申請できる条件

  • その3ヶ月の間はハローワークの転職講座に出席すること
  • 転職活動に専念すること
  • 雇用保険被保険者であり、退職した日からさかのぼって2年の間で1年以上の勤務期間があること
  • 再就職する気はあり、能力もあるが出来ない場合

以上がもらえる条件、申請可能な条件です。もし会社都合などで失業した場合はこの3ヶ月は免除される可能性もあります。

また、破産などの会社都合の退職、病気や妊娠出産、セクハラなどが原因の退職の場合は退職日からさかのぼった1年に半年以上勤務経験があれば申請は可能です。

次に失業給付金の申請場所・必要書類と方法をご紹介します。

失業給付金の申請方法・申請場所・必要書類など

  • 申請場所 ハローワーク
  • 申請方法 ハローワークで求職の申し込みと失業給付金(手当)保険の受給申請を行う

申請場所と方法は上の通りです。もし申請方法がよくわからなくても、ハローワークに行けば申請方法は教えてもらえるので安心です。次は以下で必要書類と必要なものをご説明いたします。

  • 必要書類1 雇用保険非保険者離職票
  • 必要書類2 本人確認、住所、年齢を確認できる官公署の発行した写真付きのもの(運転免許証、マイナンバー写真付きなど)

  • 必要なもの1  印鑑
  • 必要なもの2  本人名義の普通預金通帳・写真(縦3,横2.5cmの正面上半身、そして3ヶ月以内に撮影したもの)2枚

以上になります。この申請をしつつ3ヶ月分の貯蓄があれば安心してゆっくりと再就職を探したり新しい仕事へ挑戦する為の準備期間にしたりする事が出来ます。

会社の組織体制変更がある時

大半の辞めた看護師さんは、会社の組織体制変更を辞めるタイミングとして利用していました。組織体制が変更という事は、上司・業務内容・ナースセンターの異動など様々な変化があります。

この時に業務や人間関係に区切りをつけやすい事からこの時期をタイミングとして利用するのも手です。とは言え、慣れた環境、業務から新しい事を始めたり辞めるのは勇気がいりますが自分のこれからの新しい未来の為に一歩前に踏み出してみましょう。

身体的にも精神的にも辛くなった時

肉体的に辛いと感じたら辞めるタイミングとご紹介しましたが、精神的に辛くなった時も同じです。ここで1人の元看護師さんのケースをご紹介します。

【ケース1 30代 元看護師】

この看護師さんは毎日の業務多忙によってうつ病を発症しました。性格はとても真面目で評価を気にするタイプだったそうです。この看護師さんは同僚に精神科を紹介されてうつ病が発覚しました。その症状は以下

  • 寝ても夜中に目が覚める
  • 疲れやすい(特に朝)
  • 家にいても夫が仕事に行くと不安感や気分の落ち込みが激しい

などで同僚に勤務終業後毎日相談していた結果、精神科を紹介された流れです。うつ病の原因は看護師の発表会でかなり業務が多忙になった事、人間関係があったとされます。

今、看護師を辞めたいと考えている人はこのような症状はありませんか?ただ疲れているだけと思っていませんか?もしかするとうつ病発症の前兆かもしれません。

そうなる前に、辞めるという決断をしないと後々の再就職にも影響してきます。患者さんの前にまずは自分としっかり向き合ってください。

違法な医療行為を強要された時

例えば、看護師による患者への静脈注射は元々は違法な医療行為でしたが、平成14年の行政通達により可能になりました。

そして看護師による妊婦への内診は現在は法律で違法医療行為とされていますが、産科医の不足により可能にしたら良いのではないかという意見も出てきています。

このように、段々と医師がするべき医療行為も看護師でも行為が可能になっていく時代になったわけですが、それでもまだ医師でないと施してはならない医療行為はたくさんあります。

実際、医師が施さねばならない医療行為を看護師にさせた事で医療ミスを起こした事件もありました。そうなると処罰が重くなるのは資格を持たない看護師です。

仮に、それが医師の指示だったとしても、そのような事件を起こせば二度と看護師としては働けなくなってしまいます。その為にも違法医療行為を強要してくるような病院はすぐに辞めるべきです。

人間関係で看護師を辞めたい時の対処法

仕事どうこうではなく、人間関係が辛い!辞めたい!そう思った時はどうしたら?という事で、ここでは人間関係が原因で看護師を辞めたい時の対処法をご紹介いたします。

家族や友人に相談する

人は誰かに話をして吐き出す事で心が軽くなり、自分の頭の整理をする事が出来るようになります。なので答えを知りたくて相談するというよりは、自分の中で答えを見つける為に話すのです。

ですから信頼できる家族や友人にありのままの思いを相談してみましょう。大半は「辞めればいい」「そんなものだ」と言われてしまうでしょう。

実際に働いてみないと気持ちは理解出来ないですし、理解があるはずの同僚でも自分なりに答えを見つけて働いている可能性もあります。なので中にはショックを受ける回答もあるでしょう。ですが、相談した人の回答に耳を傾けつつ、話す事、そして自分の答えを見つけることを意識しましょう。

仲間や理解者を作る

それでもやはり「わかるよ」「そうだよね」と気持ちを共有したい!理解者が欲しい!と思うのならばナース達が集まるコミュニティはいかがでしょうか。

ナースカタリーナ

このナースカタリーナは現役看護師さん達が集まるコミュニティサイトで、同じように悩み、みんなで励まし合って解決策、対策を考える素晴らしいコミュニティです。

例えば、病院に馴染めない、新人として入ったけれど辞めた、など様々なお悩みが投稿されています。ぜひこちらも利用してみてはいかがでしょうか。

苦手な人の良い所を探す

よく「君の嫌いなところが1つあったら好きなところを3つ探すから!」のようなセリフがあるように、苦手な人の良い所を探すのも手です。

ただこれだと嫌な部分が50個あったらどうするの!?とい思うでしょう。なのでこの方法はまだそこまで相手を知らないが「キツイ言い方をする」など嫌いなところが1,2個の時に使える手です。

異動願いを出す

仕事自体は好き!病院は好き!という場合は異動願いを出して場所を変わるのも良い手です。ですが、どの病院も病棟も人手不足なわけですから、今自分が勤務しているナースステーションが人手不足というのも当然ありえる話です。

ですからダメ元で相談してみましょう。それでもできるだけ要望が通るように、理由を明確に伝える為にも自分がどうして異動願いを出すのか、なにが、どうしてという風に相手に伝わりやすいように頭を整理しておきましょう。

でも耐えるしかない…。耐えるを選んだときは

そうは言っても今は耐えるしか…。と思ったのなら必ず何か理由があるのでしょうから無理に上に書いたような事を強制はしません。ですがそのまま耐えていたら体に心に必ず支障が出てしまいます。

そこで以下に耐える時に抑えておきたいポイントを2つご紹介いたします。

  • 何を言われても反論しない(生意気!と言われない為に)
  • 仲間に入れなかった時も「関わらない方が幸せだ」と前向きに考える

反論しないに関しては仕事上必要のない会話などに対してです。仕事に関して間違っている!と思ったのなら反論の前に、医師や他の同僚に確認してください。

その後、「あの時の話って」と蒸し返すのではなくてそれが緊急ならば蒸し返すのも仕方ありませんが過ぎた話だったのなら自分の心の中の教訓として覚えておけば良いのです。

要するにいちいち反応していたら心が持ちませんから毅然とした態度で対応してくださいという事です。

会話の中に入れなくても周りが楽しそうにお茶を飲んでいても「この人たちには裏があるんだ。関わるとろくな事がないのだから幸せだ!」と思えるようになってください。

耐える事を選んだ以上、どれだけ自分の心や体に傷やもやもやを残さないで切り替えられるかが重要です。それが出来ない!というならば上に書いた対策を入れつつ、シフトチェンジしてください。

新卒や新人、1年目2年目で看護師辞めたい気持ちが続く時の対処法

1,2年目はまだまだ忙しく覚える事もたくさん!その中で患者さんや医師、ナース達との兼ね合いもあり、夜勤などなどもう疲れた!辞めたい!という気持ちが続いて消えない人への対処法です。

看護師が嫌なのか、職場が嫌なのかなど辞めたい原因を突き止める

自分はどうして辞めたいのか、看護師が嫌?職場が嫌?はたまた?と辞めたい原因を突き止めましょう。かと言って頭がゴチャゴチャでもう全て嫌なの!という方は以下をお試しください。

  • 紙とペンを用意して、紙に今自分の頭にある事を思いつく限り書く
  • 書けたら「許せる、許せない」というように選択肢を作る
  • 紙に書いてあるものをその選択肢に分けていく

という簡単な方法です。実はこれはカウンセリングの現場でも使われており自分が心の底から考えている事、嫌だと思っている事を導き出すのに適した方法なのです。

これをやってみると「自分が悩んでいたのはこれだったんだ」「いつも全部が嫌と思っていたけどそうではなかったんだ」と驚くでしょう。

そこから改めて自分がどうして辞めたいのか、何が嫌なのかを知ってこれからどうするべきかを考えましょう。

仕事だと割り切って考えてみる

「仕事は好きだし、仕事だと割り切ればどうってことない!」と思える余裕がまだあるならばそう思い込むのも一種の手です。

人は痛いと思い込めばどこかが痛くなりますし大丈夫と思えば大丈夫となれる時もあります。要するに、気持ちの問題だということです。ですがこれを実践しても無理な場合は、体も心も限界なのです。仕事を辞めて休む、転職を考えるという方にベクトルをまわしてください。

看護師辞めたい気持ちが続くなら、辞めて転職も視野に

頭を整理した結果、「仕事は好き!職場が嫌なんだ!」となったなら転職を考えましょう。そうは言っても転職って大変で現在は色々な求人情報があって頭が混乱します。

そこでここではぜひお勧めしたい転職エージェントについてご紹介いたします。

転職エージェントとは何千人、何万人の転職をサポート、プロデュースしてきた転職のプロ集団でお勧めする理由は以下の点、

  • ハローワークや自分で転職先を探すより早い
  • 転職エージェントだからこそ知っている情報がある
  • その人にあった転職方法、転職先をアドバイスしてくれる

など、一人一人に丁寧に対応してくれるのもお勧めする点です。その丁寧さ、求人の良質さも利用者が多い秘訣なのです。

より詳しく転職エージェントについて知りたい方は下記記事にて転職エージェントに関する全ての情報をお伝えしております。

気になる方はチェックしてみてください。

転職エージェントとは|全てを理解し正しく使うための全情報

「転職エージェントって何?」 「転職エージェントの仕組みが知りたい」 「転職エージェントってどうやって選べば良いの?」 …

おすすめの転職エージェント

転職エージェントによってはキャリアコンサルタントの対応が雑だったり、求人数に差があったりします。

そのため、本当におすすめの転職エージェントを利用しないとあなたの貴重な時間が割かれてしまう可能性があります。

当サイトでは下記記事にて1000人以上の転職エージェント利用者の体験談を基に本当におすすめの転職エージェントを紹介しています。

気になる方はチェックしてみてください。

転職初心者の方におすすめしたい転職エージェントは「リクルートエージェント」と「DODA」、「パソナキャリア」の3つです。

複数登録することで、それぞれの転職エージェントの弱みを補いあうことができるので、転職エージェントを利用する際は複数登録することをおすすめ致します。

詳しくは下記記事にて解説しておりますので、ぜひご参考ください。

複数の転職エージェントを掛け持ちで利用すべき?理由付きで徹底解説

「転職エージェントを複数利用したほうが良い」 このような意見をよく聞くことがあります。 結論から言いますとこの知識…

リクルートエージェント

「リクルートエージェント」は、業績や求人数など他の転職エージェントと比較して圧倒的な実績を誇る転職エージェントです。

転職エージェントを利用する際はリクルートエージェントを利用しない手はないでしょう。

リクルートエージェントは転職をする全ての人におすすめの転職エージェントです。

DODA

「DODA」は業績、求人数共に業界第2位という大手転職エージェントで、登録者のペースに合わせて転職活動をしてくれますし、転職初心者にも優しいキャリアコンサルタントが在籍しています。

求人数も多く、求人の質も良いので全ての人におすすめの転職エージェントです。

パソナキャリア

また「パソナキャリア」もキャリアコンサルタントの質が高いと業界で有名な転職エージェントです。

業績は業界で第4位、求人数はリクルートエージェントやDODAに比べると少ないのですが、求人の質も良く、何と言ってもキャリアコンサルタントの質は業界でもずば抜けて高く、とにかく登録者の気持ちを優先して対応してくれますし、転職初心者にも優しくキメの細かいサポートが特徴です。

また、現在の職場に、人間関係のぎくしゃくや給料や労働面で不満があるだけで、「看護師の仕事は好きだし今後も看護師として新しい場所に転職したい!」という人は、看護師の転職に特化した転職サイトや転職エージェントを詳細に紹介している記事が以下にありますので、ぜひご確認ください。

看護師で転職するなら絶対に使うべきおすすめの転職サイトとその選び方

看護師で転職を考えているけど、とりあえず有名どころの転職サイトに登録しておけばいいか、などと思っていないでしょうか? ま…

 

看護師辞めたい人が考えるべき、看護師辞めたあとの事

看護師を辞めたいと考えたなら1番に考えて欲しいのが看護師を辞めた後の事です。再就職は同じ看護師を選択するのか、はたまた?ここでは実際に転職した人はどうしたのかをご紹介いたします。

夜勤の無い医療業界への転職をする人が多い

看護師を辞めて再就職をした人は夜勤のない診療所やクリニック、訪問介護ステーションなどに再就職をしています。

やはり夜勤がない、大病院ではないという点でかなり自由が利くようになったと言います。忙しさも忙しいのに変わりはないですが全く心の持ちようが違うとも話していました。

夜勤がない事で自分の体も心も労われる時間が増えたというのが大きな点でしょう。看護師になった人は皆さん医療の仕事がお好きだという事です。やりがいがあってとても輝いています。

今までの情報を基にすると、人間関係と夜勤が何より辞める原因になっているという事がよくわかりました。

医療の仕事といっても、様々な仕事があります。以下の記事では医療の仕事全般について詳しく紹介していますので、転職の際の選択肢選びにぜひ参考にしてください。

医療の仕事|種類や内容を知って理想のキャリアを手に入れよう

医療の仕事の内容・業務 日本は、世界の中でも長寿の国として有名です。なぜ長寿の国でいられているのか?その理由の一つと…

医療事務の仕事|種類や内容を知って理想のキャリアを手に入れよう

医療事務の仕事の内容・業務 医療事務という言葉は、よく聞くけれど実際にどういう仕事内容なのか、どういった資格が必要な…

看護師辞めたい時と思い始めたら、まず家族や友人に相談を

看護師さんはいつも頑張っていて笑顔で輝いていると見えますが、実は悩んで我慢しているのだという事がよくわかりました。

今回は看護師を辞めたい人に向けた記事を書きましたが、病院というのは人と人の支え合いが大切な場所です。人は一人では生きていけないという事がよくわかる場所でもあります。

だからこそ、その現場にいる看護師さんが一人で悩んで抱え込んでうつ病になってしまうというのは本末転倒だと思うのです。

ですから辞めたいと悩んだら誰かに話す、相談する事は絶対に心に留めておいてください。私たちにとって看護師さんは医師よりも近い存在で必要な存在です。

もし転職を考える際は失業給付金を利用したり転職エージェントに相談して次の転職先ではあなたの生き生きとした心からの笑顔を見れる事を楽しみにしています。

※記事の内容は、執筆時点での最新の情報となり、サービス内容・利用料金等を保証するものではありません。この記事の情報を基に行動する利用者の判断について、当社は一切の責任を負いかねます。サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、しかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。