理想の上司ってどんな人?性格・行動・スキルまとめ

 

 

理想の上司の下で働きたい、と思ったことがある方も多いでしょう。しかし、理想の上司とはいったいどのような上司なのでしょうか。そこで、ここではみんなが理想の上司に求めることを、まとめてみました。

理想の上司の性格、行動などもまとめているので、部下から慕われる上司になりたい方は、ぜひこの記事の内容を参考にしてください。

 

みんなが理想の上司に求めること

みんなが求める理想の上司は、人として尊敬できることが一つに挙げられます。また、仕事熱心で、多様な価値観を受け入れられる人、マネジメント力が高いといったことも理想の上司の条件ですね。詳しく見ていきましょう。

人として尊敬できる

どんなに仕事がデキる上司であっても、人として尊敬できないと理想的な上司とは言えません。職場ではバリバリ仕事をこなし、的確な指示を部下に与えられる人でも、私生活が乱れすぎているとなると、理想の上司とは言えないでしょう。

約束をきちんと守る、マナーが備わっているなど、人として尊敬できる人が理想の上司の条件です。

仕事熱心

仕事に対してきちんと向き合い、熱心に情熱を注いでいる人を理想の上司だと考える方が多いです。仕事熱心な人は、チームでの成果を求めているので、一人で手柄を独占しようとすることもありません。

喜びも悲しみも、部下と一緒に分かち合おうとするので、そうした部分も慕われます。部下としてもお手本にしたい上司ですよね。

多様な価値観を受け入れる力がある

価値観は人によって大きく異なります。生まれ育った環境によって違いますし、10人いれば10通りの価値観があるとも考えられるでしょう。自分の価値観がすべてだと考える上司だと、部下としては働きにくいことこの上ありません。

自分のことを否定されたような気持ちにもなるでしょう。多様な価値観を受け入れられる、広い度量が求められます。

マネジメント力の高さ

マネジメント力が高い上司は、洞察力に優れ、常に周囲や他人の状況をきちんと把握しています。部下の仕事についてもきちんと管理できていますし、部下は安心して目先の仕事に集中できます。

また、チームをより良い方向に引っ張っていくため、部下の育成もきちんと行います。このような上司だと、部下も仕事に対するモチベーションが高くなります。

 

理想の上司の性格は?

理想の上司は、どのような性格をしているのでしょうか。自分に厳しくて誠実、親しみやすい、結果を重んじるといった特徴がありますね。ここでは、多くの人が理想と感じる上司の、性格的な特徴についてまとめてみました。

自分に厳しくて誠実

自分に甘く、他人に厳しい上司だと部下はついていこうとは思いません。逆に、自分に厳しい上司だと、この人のために頑張って成果を出したい、と部下は考えるものです。

また、理想と言われる上司は誠実な性格なので、他人に対して嘘をついたり、貶めようとすることもありません。誰に対しても、誠実な姿勢で対応します。

親しみやすい

親しみやすいため、部下からも慕われやすいです。上司だからといって、偉そうな態度をとるのではなく、部下とも分け隔てなく接してくれるような感じですね。

部下からすると、親しみやすい上司にはどんな相談もできますし、頼りになる上司として尊敬します。プライベートな相談までされるような上司なら、かなり親しみやすいと思われていますね。

好き嫌いで部下と接しない

理想的と言われる上司は、好き嫌いで部下を区別したりしません。個人的に好きな部下を優遇し、嫌いな部下には仕事をさせない、冷遇するといったこともないのです。

すべての部下を平等と考えていますし、きちんと成果を出した者にはそれなりの評価をしたいと考えています。部下だけでなく、基本的に人の好き嫌いがありません。

結果を重んじる

結果を重んじるため、部下がきちんと結果を出したときには、正しい評価をしようとします。自分の手柄にしようとしたり、正当でない評価をすることはまずないでしょう。

結果を重視するため、なかなか結果を出せない部下に対しては、少々厳しい姿勢で臨むこともあります。しかし、叱る場合でも、きちんと部下のためを思って叱ってくれます。

いつでも毅然とした態度でいる

毅然とした態度を崩すことがありません。仕事でトラブルなどになったときも、常に冷静で毅然とした態度をとれます。上司たるものがオタオタしていては、部下が動揺してしまうと考えているのです。

上司のこうした姿を目の当たりにしているからこそ、部下は安心して仕事ができます。これも、理想と言われる上司の特徴ですね。

 

理想の上司の行動は?

部下のミスをかばってくれるような上司は、かなり理想的ですよね。また、部下の悩みをよく聞いてくれる、有言実行、褒めるべきことはしっかり褒める、というのも理想の上司の行動です。詳しく見ていきましょう。

部下のミスをかばってくれる

ミスをしたときは、失敗したという焦りや不安、恐怖が湧き上がってきます。会社に損害を与えてしまった、と凍り付いてしまうこともあるでしょう。そんなとき、上司が部下のミスをかばってくれたら、それだけで部下は嬉しい気持になるでしょう。

ミスをかばうだけでなく、しっかりとフォローしてくれたらなおさら感激ですよね。 基本的に、デキる上司は部下が重大なミスをしないよう、きちんと管理しています。

それでも部下がミスをしたときは、上司の責任であると考えますし、全力で部下をかばおうとしてくれるのです。部下の責任をとることこそ、上司の仕事だと理解しています。

叱るときは行動を叱る

叱るときに、頭ごなしに叱るようなことはありません。また、本人を叱るというよりは、その行動について叱ります。仕事で失敗した部下を叱るときも、本人を否定するような叱り方をせず、行動そのものを叱るということですね。

今後同じ失敗をしないようにアドバイスも与えてくれるでしょうし、部下としては感謝の気持ちを抱いてしまいます。

部下の悩みをよく聞く

理想の上司は、部下の悩みをよく聞いてくれます。部下が悩んでそうだと感じたら、自ら積極的に声をかけることもありますし、きちんと向き合ってくれるのです。

仕事だけでなく、プライベートな相談に乗ってくれるようなこともあるでしょう。話を聞いてくれるだけでなく、悩みを解決するための適切なアドバイスももらえるかもしれません。

悩んでいる部下を連れて、お酒を飲みに行ったり、食事に行くということもあります。そのような席のほうが、部下が悩みを告白しやすいと考えているからです。普段から、きちんと部下とコミュニケーションがとれているからこそ、こうした行動もとれるのです。

常に有言実行

口先だけの上司についていく部下はいません。理想と言われる上司は、常に有言実行で、やるといったことは必ずやり遂げてしまいます。できないことを口にすることはありませんし、口にした以上は結果を出します。上司のそんな姿を近くで見ているからこそ、部下たちもモチベーションを高められるのです。

褒めるべきところは褒める

失敗したときは思いっきり叱るのに、うまくいったときはまったく褒めてくれない、という上司だと部下のモチベーションは上がりません。理想の上司は、褒めるべきところはきちんと褒めてくれます。

褒めて部下を伸ばそうと考えますし、むやみに叱ることもありません。部下が褒められることをしたときは、手放しで褒めてくれます。

 

理想の上司が持つスキルは?

理想と言われるような上司は、いったいどのようなスキルを持っているのでしょうか。高い決断力、指導力、ビジョンを共有する力、実務スキルなどがあげられます。ここでは、理想の上司が持つスキルについてお話します。

高い決断力

上司がなかなか決断できないとなると、部下は不安になってしまいます。また、決断に時間がかかることで、チャンスを逃してしまうかもしれません。理想の上司は、決断するときにはスパッと決断してしまいます。

判断する力に優れていますし、短時間で重大な決断も下してしまうのです。自分に自信があり、部下を信じているからこそ瞬時に決断できます。

部下のキャリア形成が上手

理想の上司は、自分のことばかり考えているわけではありません。きちんと部下のことも考えていますし、キャリア形成も上手です。つまり、マネジメントスキルが高いということですね。

きちんと自分の部下を育成でき、資格取得の後押しをしてくれることもあります。すべての部下に、平等にキャリアアップのチャンスも与えています。

指導力がある

いくら仕事ができても、指導力が足りないと部下は育ちません。理想の上司は、指導力が高く、部下を育成する力に長けています。一方的に教えて終わりではなく、部下の習熟度を確認しつつ指導を行うため、部下もしっかり成長できるというわけです。

その結果、チーム全体のスキルが底上げされ、しっかり結果を残せるようになります。

ビジョンを共有する力

チームで結果を出すためには、リーダーがビジョンを明確にする必要があります。上司がきちんとビジョンを掲げるのはもちろんですが、それをチームで共有しなくてはなりません。

理想の上司は、ビジョンを共有する力に長けており、すべての部下にビジョンを浸透させられます。ビジョンを共有することで、チームがより良い方向に進めるようになります。

いざというときの実務スキル

上司はマネジメントが主な仕事になることが多いですが、時には実務もこなさなくてはなりません。管理はできるのに、実務になるとさっぱり、という上司だと部下としては頼りないと感じてしまいますよね。

理想の上司は、いざという時の実務スキルも高いです。部下としては、何かあったときも上司がサポートしてくれるため、安心できます。

 

みんなが理想の上司だと思う芸能人:男性編

ここでは、多くの人が理想の上司だと思う芸能人をピックアップしてみました。こんな人に上司になってほしい、という人たちですね。まずは男性編で、タモリさんや内村光良さん、池上彰さんなどをご紹介します。

タモリ

芸能界において重鎮と言われる一人ですね。お笑いビッグ3の一人としても知られていますし、多くの芸能人から慕われている存在です。

常に一定のテンションを保っていますし、そうした部分が理想の上司にしたいと思われているのかもしれません。ユーモアのセンスも抜群なので、上司にこんな人がいればきっと職場も楽しくなるでしょう。

内村光良

お笑いコンビ、ウッチャンナンチャンの一人です。ウッチャンの愛称で親しまれており、長きに渡って芸能界の第一線で活躍し続けています。

本業はお笑いですが、まじめな司会もできるため、そうした部分が理想の上司にしたいと思われているのでしょう。温厚そうな性格なので、部下としても安心して働けそうですよね。

池上彰

ジャーナリストであり大学教授でもあります。さまざまなメディアで活躍しているジャーナリストで、常に冷静な分析と的確な持論を繰り広げています。

まじめで冷静沈着な印象が強いですが、実はダジャレが大好きという一面を持つことがよく知られていますね。番組スタッフに止めてほしいと言われても、ダジャレを言い続けるそうです。

 

みんなが理想の上司だと思う芸能人:女性編

ここからは、理想の上司だと思う女性の芸能人をご紹介します。アナウンサーの水卜麻美さんや、女優の天海祐希さん、石田ゆり子さんなどが、理想の上司にしたいと思われています。一人ずつご紹介しましょう。

水卜麻美

女子アナの常識を打ち破ったと言われる、ぽっちゃり系女子アナです。食レポに関してはかなり定評があり、豪快かつおいしそうに食べるその姿に惹かれる方は少なくありません。

後輩の面倒見が良いことでも知られていますし、定期的に後輩のアナウンサーを連れて食事会を開催しています。そうした面倒見の良さが理想の上司と言われる理由でしょう。

天海祐希

宝ジェンヌとして活躍したあと、女優に転身し成功した天海祐希さん。クールビューティーと呼ぶにふさわしいルックスで、男性も女性も魅了してきました。

ドラマや映画などで演じる役柄も、冷静で落ち着いた、大人の女性が多く、それが理想の上司と言われる理由かもしれません。いざというとき頼りになりそうな、かっこいい上司です。

石田ゆり子

女優として、エッセイストとしても活動している石田ゆり子さん。現在では個人事務所の社長兼女優として活動しています。年齢を感じさせない美しいルックスと、透き通るような声が魅力的ですね。

優しそうですし、部下をやる気にさせるような上司になれるかもしれません。単純に、こんな美人の上司がほしいと思った方も多いのではないでしょうか。

 

まとめ

理想の上司の性格や特徴などについてまとめてみましたが、いかがだったでしょうか。こんな上司、確かに欲しいと思った方も多いかもしれませんね。

もし、今現在チームをまとめる管理職として働いている方は、ここでお伝えした内容はきっと参考になると思います。理想の上司を目指すことで、さらにマネジメント力がアップするかもしれませんよ。

※記事の内容は、執筆時点での最新の情報となり、サービス内容・利用料金等を保証するものではありません。この記事の情報を基に行動する利用者の判断について、当社は一切の責任を負いかねます。サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、しかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。