仕事ができない人の典型的な特徴や傾向|改善策や対処法も

仕事ができない人って職場にいますよね。「なんでいつまでたっても同じミスばかりするんだろう」と悩み、仕事ができない人は何を言っても仕事ができるようにならず、ストレスの種になっているのではないでしょうか?しかし、仕事ができない人には特徴があり、対処法を知ることで、現状を改善できます。この記事では、男女別に仕事ができない人の特徴や対処法、仕事ができない人が原因のイライラへの対処法を紹介していきます。

仕事ができない人と仕事をするとイライラすることも


仕事ができない人と仕事するとイライラしてくることはないでしょうか?もう少しこうしたらいいのにとかもっとこんな風にできるなど、仕事のできない人に対して、ジレンマを抱えている方も多いと思います。今回はそんな仕事ができない人の典型的な特徴や傾向、そして対策や改善策などもお伝えしていこうと思います。

 

仕事ができない人の共通点や傾向10つ

こちらの項目では仕事ができない人の共通点や傾向を10点挙げていきます。仕事ができないあの人やあの部下、あの上司にあてはまっていませんでしょうか?では、順に紹介していきます。

1.同じミスを繰り返す

防ぐことができないヒューマンエラーのミス、何度も同じようなミスをしているようでは周囲の方からの評判はがた落ちですよね。ミスを完全に0にすることはできませんが、工夫は仕事のやり方次第では限りなくミスを0に近づけることはできます。

ですが、仕事のできない人というのは同じようなミスを繰り返してしまうのです。

同じミスばかりしてしまうことは、実はちゃんとした対処法があるのです。以下の記事では失敗ばかりしてしまう時の対処法について、また同じ失敗ばかりしてしまう人を新人、中堅社員中心に詳しく紹介しています。対処法を知ることが今後の社員教育の効率化に直結するでしょう.

仕事を失敗ばかりする時の対処法・解決法5選|新人や中堅の特徴も

仕事が失敗ばかりだと誰でもクビになるかもと思ってしまう 高校や大学を卒業後に、大抵の方は就職をされることでしょう。 …

2.メモを取らない

上司からの仕事の説明などをしっかりとメモを取っていれば、ある程度のことは分からなくなったらノートを見返して、ミスを防ぐこともできます。

ですが、仕事のできない人はメモを取るという積極的に仕事を覚えようとする意志に欠けている人も多く、話を聞いただけでメモを取らずに分かった気になっている人も多くいます。

メモを取らないのはもちろん、いつまでたっても仕事を覚えらない部下や新人にうんざりしているのではないでしょうか?以下の記事では仕事が覚えられない人の特徴と対策を事細かにまとめていますので、仕事を覚えられない部下や新人にイライラしているようでしたら、ぜひご覧ください。

仕事が覚えられない人の10の特徴と原因|対策をして仕事をできるようになろう

仕事が覚えられなくて辛い、辞めたいと思う人も多い あなたは仕事が辛いと思ったことはありますか?仕事を辞めたいと思う人…

3.理解していないのに「分かりました」と返事する

頭の中で仕事に対して十分な理解ができていないのに、質問するということができずに、「分かりました。」という返事をしてしまう人が仕事のできない人に多い特徴です。          根本的に何が分からないかも分かっていなかったり、質問するほど考えられていないですし、頭の中も整理されていません。

でも、その場をやり過ごすことを優先してしまい、理解していないのに「分かりました。」と返事をしてしまいます。

4.自分の能力以上の仕事を抱えているのに、一人で全部しようとする

仕事ができない人は自分の能力が分かっていないですし、こういった分野は得意なこの人にやってもらってなど、頭の中で仕事を振り分けて誰かにその仕事を分担してもらうことができません。

まず、仕事をきちっと形態だてて考えられていないので、どうしたら効率的に仕事が進むかなどを根本的に理解できません。そのため、自分一人でできない仕事を抱えて、全部自分でやろうとしてしまいます。

その結果、全く仕事が終わらずに取っ散らかっているような状況に陥ってしまいます。

仕事を効率的にすすめる方法について、以下の記事で詳細に紹介してますので、自分がマスターし、仕事ができないと思う部下などに教えてあげてください。

効率的な仕事の進め方とコツが分かる「仕事の進め方10か条」|現状打破する改善方法も

仕事の進め方がわからない人が意外と多い もし何も知らず入ってきた新入社員がいれば、あなたは仕事の進め方を教え、完璧に…

5.言われたことをただ作業とし、何のためにしているか理解していない

一つの仕事を何のために、次に何をするためにこの仕事をしているかということを、頭で理解できていないので、ただの単純作業としか捉えていないことが多いです。             ですので、そこから臨機応変に仕事をしていくこともできないですし、言われたことをただ延々と作業としてやっている傾向があります。

6.整理整頓ができていない

整理整頓は脳の状態とよく言われますが、机の上など整理整頓ができないのは、物事の段取りなどを組んで進められるかということと密接に関わっているので、仕事も段取りを組んで進められないので、仕事のできない人は整理整頓もできない人が多いです。

7.ネガティブで否定形の発言が多い

仕事のできない人は、ネガティブな否定形の発言を無意識にしてしまいます。         「でも」や「だって」や「どうせ」など根本的に建設的な思考回路をしていないので、感情でネガティブなものに支配されて、ついつい口癖のようにネガティブ発言をしてしまいます。

8.決断が遅い、または決断がなかなかできない

仕事のできない人は優柔不断で決断力に欠ける傾向が強いです。               物事や仕事を理論的に体系だてて考え、効率を良くするような思考ができないので、どうしても決断力が鈍ります。                                    その決断をすることによって、今後どういった展開になっていくのかなども考えられないので、その場にいる人の雰囲気に流されてしまったり、中々決断できないという状態に陥ります。

結果として、なかなか決断できないことで仕事がいつまでたっても終わらず、「仕事が遅い」ということになるのです。仕事が遅い人には、イライラしますよね。以下の記事では、仕事が遅い人の改善法を具体的に紹介していますので、仕事が遅い人にイライラしている人はぜひ、ご覧ください。きっとイライラが晴れるでしょう。

仕事が遅い人の特徴7つ|イライラする前に試したい改善法も

仕事が遅いと迷惑になることも 仕事が遅いというのは単に時間だけがかかってしまうというだけではありません。時間がかかっ…

9.話しかけにくい雰囲気がある

基本的に言葉がネガティブなことをよく発していたりして、あまり明るく開放的な雰囲気ではありません。                                        閉鎖的な印象があって、話しかけにくい雰囲気があります。

10.消極的で笑顔が少ない

自分から積極的に何かをしようといったような気持ちが少ないのでとても消極的な印象です。  笑顔も少なく、明るさは感じられない雰囲気です。

 

仕事ができない人の特徴とその対処法・改善策10つ

仕事ができない人は、いつまでたっても仕事ができるようになりませんし、仕事で大きなストレスになりますよね。この項では、仕事ができない人の対処法と改善策を10挙げていきます。ぜひ、対処法と改善策を理解してトライしてみましょう!

1.ミスの原因を見つけ、対策を決めて実行する

いつも同じようなミスをしているのであれば、そのミスの原因を見つけて、対策を練って実行しましょう。ミスがいつも同じというようなことが分かっていれば、対策も練りやすいので周りの方も協力して実行できるように促していきましょう。

2.常にメモをする事を習慣づける

メモをとればミスをする前に正しいやり方が分かりますので、必ずメモをとる習慣をつけましょう。                                          少しでも分からないことがあれば、メモを見返して反復していけば自然とミスも減っていくでしょう。

3.分からない時は、分かりませんと言う

分からない時も曖昧に分かりますと返事をせずに、分からないことは分からないときちんと言う習慣をつけましょう。                                   そして、質問をするという癖をつけて、分からないことはうやむやにせずに、その場で正しいやり方を理解するようにしていきましょう。

4.自分の作業能力を把握し、出来ない事は人に頼む

自分で対処しきれない仕事量でいっぱいいっぱいになってしまっていることが往々にしてあるので、自分の作業能力をキチンと把握して、出来ないことは出来る人に頼むように癖つけていきましょう。

5.作業の先に、何があるか全体像を把握して作業する

作業をただ単純にやるという事を出来るだけ避けて、この作業をやった後に何の作業があるか?そしてこの作業は何のためにやっているのか、全体的な流れを把握して作業をしていきましょう。

6.使ったものは元の位置に戻し、整理整頓を心がける

整理整頓ができていないのは脳の状態と同じと言われているように、仕事ができない人は中々整理整頓ができません。                                   そこを一つ一つ使ったものは、その都度元の位置に戻しましょう。

7.前向きなポジティブな発言を心がける

癖でネガティブな言葉を発してしまうようになっていますので、言葉に意識を向けて、出来るだけ前向きでポジティブな発言を心がけましょう。

8.決断に困ったら、10秒ルールで決める

仕事ができない人の特徴として、決断ができなくて優柔不断という傾向が強いので、そこは自分で意識して、決断に困ったら10秒で決めるというルールを作りましょう。            仕事の大きな決断などは中々、最初からはできないと思いますので、レストランに行って食べるメニューをすぐに決めるということからでも構わないので、即断する癖をつけていきましょう。

9.日頃から人とコミュニケーションを取るように心がける

仕事ができない人というのは消極的で中々、人とコミュニケーションがとれなかったりします。 そこを自分で意識的になって、まずは挨拶することからでも構わないので積極的に自分からコミュニケーションをとるようにしていきましょう。

10.人と話す時は、笑顔を心がける

仕事ができない人は閉鎖的で中々笑顔が出にくい傾向がありますが、それも訓練次第でどうにかなるものです。                                      人と話す時は、自分の表情に意識的になって、出来るだけ笑顔でいることを心がけましょう。

 

仕事ができない男性の特徴3つ

仕事ができない男性はどのような特徴があるのでしょうか?この項では仕事ができない男性の特徴をお伝えします。

1.期限から逆算して仕事ができない

仕事の全体像が把握できていないので、その仕事にかかる時間や期限などが曖昧になっていますので、期限から逆算しての仕事ができません。

2.曖昧な発言や返事をする

仕事ができない人は決断力がありませんし、仕事の全体像や今やっていることの真意なども掴めていないので、曖昧は発言や返事をしがちな傾向にあります。

3.責任がのしかかる発言をしたがらない

仕事ができない人は責任を取りたくないと考えている人が多いです。             ですので、責任がのしかかる発言はしたがらない傾向が強いです。

 

仕事できない女性の特徴3つ

この項では、仕事ができない女性の特徴を3つご紹介します。いつも仕事ができなくてストレスの種になっている女性の部下は、以下の特徴に当てはまっているのではないでしょうか。

1.感情の起伏が激しく、すぐ感情的になる

仕事ができない女性は感情に起伏が激しく、すぐに感情的になる傾向が強いです。       仕事ですから、理性的にやっていかなければならないことも感情論で決めてしまいがちです。

2.仕事以外の話、特に噂話が好き

仕事のできない女性は同僚や部下、上司などのプライベートな噂話などが好きです。      そういった事が仕事と全く関係がないという事が分からないので、低レベルな噂話などを喜々としてしている傾向が強いです。

3.人の話を聞かない

仕事のできない女性は人の話を聞かない傾向が強いです。                  感情的ですので、人から何か指示をされることも好まないですし、話を聞くこともシャットアウトしてしまう所があります。

 

仕事ができない人がいてイライラする時の対応・対処法、改善策

仕事ができない人は、いつも同じことができないし、いるだけでストレスになって仕事にいきたくない…仕事ができない人は、自分が誠意を込めて教えてもアウトプットを出してくれないので、大きなストレスになりますよね。この項では、仕事ができない人がいてイライラしてしまった時の対処法と改善策をお伝えしたいきます。

1.深呼吸をして感情を落ち着かせる

深呼吸をして、自分の感情を落ち着かせて、仕事ができない人に対して感情的にならないように心がけましょう。

2.病気で病んでいる人だと思って対応する

自分と同じだと思うから、仕事ができないことに対して腹が立ったりするものです。      この人は病気で病んでいるんだと思えば、そんなに腹も立たないのでそのように思うのも対応策の一つです。

3.簡単なタスクレベルで仕事を依頼し、時間を限定して依頼する

仕事ができない人は全体像も把握できていないので、簡単なレベルの仕事を任せて、時間もこの時間内に終わらせるようにという指示を出しましょう。

4.仕事依頼した側から定期的に仕事の進捗確認作業を行う

仕事を依頼したら、任せっぱなしにしないで、どこまで仕事ができているかその都度、進捗状況を確認しましょう。

5.人材を育てる事を意識して接する

仕事ができない人はそれだけ上司に育てられていなくて、仕事ができないという事も考えられるので、自分が育てようという意識を持てば、ミスをしてもそんなに腹も立たなくなってきます。

仕事ができない人にストレスを抱えるのはもちろんですが、もしかしたらそのほかの要因でもストレスを抱えているかもしれませんし、ストレスをためやすいのかもしれません。以下の記事では職場でストレスを抱えやすい人の特徴を具体的に紹介していますし、ストレスの対処法についても詳細に紹介しています。

仕事が出来ない人はじめ、職場が原因でストレスを抱えていましたら、ぜひご覧ください。きっと、ストレス解決の糸口が見えるはずです。

仕事でストレスを貯めやすい人の特徴と職場でのストレス解消法

仕事でストレスを感じない人はいませんが、ストレスが貯まってもうまく発散できる人もいますし、ストレスを貯めないようにできている人…

 

仕事ができない人と仕事をするのが嫌なら転職も視野に

自分の職場が仕事ができないだらけで、そういった人達と仕事をするのが嫌であれば転職エージェントを使って転職することも視野にいれましょう。                     仕事ができない人ばかりの職場というのは、往々にしてその会社の体質であり、レベルが低い会社である可能性がありますので、もっと自分に合った会社に転職することも一つの手段です。

より詳しく転職エージェントについて知りたい方は下記記事にて転職エージェントに関する全ての情報をお伝えしております。

気になる方はチェックしてみてください。

転職エージェントとは|全てを理解し正しく使うための全情報

「転職エージェントって何?」 「転職エージェントの仕組みが知りたい」 「転職エージェントってどうやって選べば良いの?」 …

おすすめの転職エージェント

転職エージェントによってはキャリアコンサルタントの対応が雑だったり、求人数に差があったりします。

そのため、本当におすすめの転職エージェントを利用しないとあなたの貴重な時間が割かれてしまう可能性があります。

当サイトでは下記記事にて1000人以上の転職エージェント利用者の体験談を基に本当におすすめの転職エージェントを紹介しています。

気になる方はチェックしてみてください。

転職初心者の方におすすめしたい転職エージェントは「リクルートエージェント」と「DODA」、「パソナキャリア」の3つです。

複数登録することで、それぞれの転職エージェントの弱みを補いあうことができるので、転職エージェントを利用する際は複数登録することをおすすめ致します。

詳しくは下記記事にて解説しておりますので、ぜひご参考ください。

複数の転職エージェントを掛け持ちで利用すべき?理由付きで徹底解説

「転職エージェントを複数利用したほうが良い」 このような意見をよく聞くことがあります。 結論から言いますとこの知識…

リクルートエージェント

「リクルートエージェント」は、業績や求人数など他の転職エージェントと比較して圧倒的な実績を誇る転職エージェントです。

転職エージェントを利用する際はリクルートエージェントを利用しない手はないでしょう。

リクルートエージェントは転職をする全ての人におすすめの転職エージェントです。

DODA

「DODA」は業績、求人数共に業界第2位という大手転職エージェントで、登録者のペースに合わせて転職活動をしてくれますし、転職初心者にも優しいキャリアコンサルタントが在籍しています。

求人数も多く、求人の質も良いので全ての人におすすめの転職エージェントです。

パソナキャリア

また「パソナキャリア」もキャリアコンサルタントの質が高いと業界で有名な転職エージェントです。

業績は業界で第4位、求人数はリクルートエージェントやDODAに比べると少ないのですが、求人の質も良く、何と言ってもキャリアコンサルタントの質は業界でもずば抜けて高く、とにかく登録者の気持ちを優先して対応してくれますし、転職初心者にも優しくキメの細かいサポートが特徴です。

仕事できない人と仕事をする際は、おおらかな気持ちで対応しよう

仕事ができない人と一緒に仕事をしているとイライラすることもあるかもしれませんが、もしかしたら発達障害かもしれませんし、心が病んでいるかもしれません。

自分とは違う人間ですので、自分のように出来ないとしてもおおらかな気持ちで対応をして、自分はイライラしないように心がけましょう。

また、どうしても我慢がならなかったり、自分はもっと高いレベルをしてみたいと考えているのであれば、転職にチャレンジしてみるということも効果的かもしれません。

転職コンサルタントに登録して相談をすることでより高い給与で働くことができる会社を見つけられる可能性もあるので積極的に利用してみてください。

※記事の内容は、執筆時点での最新の情報となり、サービス内容・利用料金等を保証するものではありません。この記事の情報を基に行動する利用者の判断について、当社は一切の責任を負いかねます。サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、しかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。