▼当サイトで申込みが多い転職エージェントはこちら!(複数のエージェントに登録することで年収アップに直結する非公開求人を見つけやすくなります!)

【1位】リクルートエージェント絶対に使うべき、国内最大手のNo1転職エージェント!公開求人・非公開求人含め20万件以上というダントツ業界トップの求人数
【2位】DODA利用者満足度はなんと驚異の90%!キャリアアドバイザーが優しく丁寧にサポートしてくれることから転職初心者には最適
【3位】JACリクルートメント転職エージェントオリコンランキングで毎年総合第1位という非常に高い評価を受けている転職エージェント。

▼【登録無料】転職活動で役立つ!あなたの気づいていない強みを発見できるリクナビネクスト グッドポイント診断に登録しましょう!

3分で完了!グッドポイント診断はこちら!

使えない部下と使える部下の違い5つ|使えない部下の育て方から対応、年上の場合も

あなたの周りにこの「使えない部下」に該当する人はいますか?またはあなた自身が、その使えない部下によって苦しめられているのではないでしょうか?ここでは使えない部下の特徴や対処法を、いくつかに分けてピックアップしてみました。ぜひあなたの周囲にいる使えない部下を、使える部下に成長させてあげてくださいね。

使えない部下の特徴10選

あなたの周囲にも1人はいるはず。「使えない部下」。ここでの使えない部下の定義としては、新人でまだ仕事を覚えきれていない人というよりも、長年働いているのに仕事ができない人とします。

新人で仕事が覚えられていない場合は、さらなる教育が必要です。仕事を覚えさせられない上司にも責任があります。ですが、長く勤めているのに仕事ができないという人はこれからも使えません。

ではまず、使えない部下の特徴を紹介していきます。

1.言い訳が多い

使えない部下に多い言い訳。上司としてもうんざりしているのではないでしょうか?まず、失敗してしまうことは誰にでもあるものです。大切なのはその後です。

  • 素直に謝り、反省することができるか
  • その失敗について、はやめに対応することができるか
  • 対処能力があるか

この3点ができない人は代わりに言い訳を永遠と語ります。自分の行ったことに問題はなかったと言い張りたいのでしょう。言い訳をしても問題は進まないと理解していないのか、使えない部下の言い訳率はかなり高いのです。

2.仕事ができないのを上司のせいにする

1人前のプロとして仕事を任されている以上、誰にも押し付けることはできません。それが責任というものですよね。その責任感が欠落し、仕事ができないのを上司のせいにしたがる部下は多いのです。

しっかり教育されていなかったから、そんなことは今初めて聞いた、あの上司が難しい仕事ばかり任せてくるからと、現実的にありえないと感じることも使えない部下の中では常識で日常茶飯事なのです。

3.気分屋で機嫌が良い時と悪い時の差が激しい

使えない部下は仕事だけでなく空気を察することも苦手です。基本的に、自分を中心に世界は回っていると考えているようです。

例えば、自分の機嫌の良いときはとても気遣いのできる良い人になり、周囲を明るくするように努めます。ただし、機嫌が悪いときには社長がいてもお構いなしといった具合に気分の上下が大きいのです。

プライベートの場合はそれでもよいのですが、会社で一丸となって仕事をするのですから時には我慢するなど、感情のコントロールが必須になりますよね。

4.ミスを報告せず隠そうとする、人のせいにする

仕事において当たりまえな、報告、連絡、相談。「ほうれんそう」などと言われるものですね。使えない部下の兆候として、まず新人のときに説明したのにも関わらず、このほうれんそうができないということがあります。

ミスはその場で報告するのが基本です。怒られるのが嫌だから、とそのときの感情だけで動くと後に大きな問題として返ってきますよね。それが分からない人が多いのです。

また、本当に使えない部下は、ミスを報告せず後に痛い思いをした経験があるのにも関わらず、やはり報告をしないという人が多いです。

5.指示した仕事を正確にこなせない

上司が指示した仕事を正確にこなせない人は、これから更に使えない部下に成長していく可能性が高いです。なぜなら、自分で考えることができない人でも、指示ということなら言われた事をするだけなので、基本的に誰でもできます。

逆に指示されたことも正確にできないようなら、この先の成長はあまり見込めないと考えてもよいでしょう。部下に仕事を任せようと考えたとき、こういうタイプの使えない部下には金額などの大事な計算など、意識的に回避するようにしましょう。

6.時間にルーズで遅刻が多い

指示された仕事を正確にこなせないのと同じくらいの確立で、時間にルーズだという点も挙げられます。遅刻が多いというのは、相手の時間を大きく阻害する事を理解していないせいでもあります。

やはり責任感が人よりもかなり薄いのでしょう。仕事として使えない部下というよりも、ここまでくると人間性が疑われます。

7.指示した仕事が指示通りできない

指示した仕事を正確にできないととても似ていますが、こちらの場合過程を指します。つまり、この通りに動いてくださいという、仕事の方法まで指示されてもその通りに動けないのです。

どうしてもこの順番で仕事をしてほしいという上司の意向も、この方法で進めてほしいというクライアントの意向も全て無視した形となっていますので、使えない部下確定ですね。

8.同じミスを繰り返す

たとえそれが小さなミスだとしてもミスはミスですよね。1つのミスを何回も繰り返している場合、学習能力が欠落しています。

普通、人間は1度ミスを犯した場合、次に同じ失敗を繰返さないように最善の道を探します。その段階も、もちろん最善方法も見つけられないまま同じ失敗を繰返す人は、使えない部下と認識されます。

9.仕事の進捗報告がない

先ほども挙げた「ほうれんそう」。やはりミスを報告しないのと同じように、仕事の進歩報告が全くない場合もあります。自分のやり方に口出しをしてほしくないという、プライドが高い人に多いです。

プライドが高く、使えない部下。1番上司が困ってしまうタイプだといえます。

10.一度に多くの仕事を遂行できない

使えない部下の極めつけは、1度に多くの仕事ができないという末期さ。仕事をこなすうえで管理ができないと何もできません。その場合、周囲が負担する仕事量も確実に増えていきます。上司だけではなく、色々な人にも使えないと思われてしまうでしょう。

使える部下の特徴5つ

使えない部下の特徴を挙げましたが、どれもひどいものばかりでしたね。では、次に使える部下とはどんな部下なのか?特徴を挙げていきます。

1.頼んだ仕事を締め切り前に終わらせる

使える部下は頼んだ仕事を締切前に終らせます。その部下の中では、締切=最悪でもその日までに提出する期限と捉えているからです。あくまでも、その日に提出ではなくその前に提出するべきだと無意識に感じているのです。

使える部下は、以下の記事にありますが、仕事を効率的に進める能力があります。使える部下の使えるが所以の秘密を知りたい方はぜひご覧ください。自分も学ぶことが多いはずです。

2.仕事の細部に気が利くと思う点がある

例えば、上司の指示書に相違する点があったとしましょう。その時にそのまま進行するのではなく、きちんと聞いたりメモを書いておいたりと仕事を丁寧にするという点があります。聞いて、納得できる答えが返ってくれば、それはただの心配で終るのです。聞くだけ聞こうという精神ですね。

仕事の細部に気が利くと上司に思ってもらえるような仕事をする人は、使える部下といっていいでしょう。

3.ミスをしたらすぐ報告し謝る

いくら使える部下でも、仕事において完璧な人はいません。ミスをしてしまうことも大いに考えられます。その時に「すぐ報告」「謝る」の2点ができると使える部下と認識されるのです。

ミスをしたら報告し謝る。仕事上で必須なことなのですが、当たり前の事を当たり前にできて、初めて使える部下と考えられるのです。

4.先輩の良い仕事ぶりを真似し取り入れる

良い意味で真似をするというのはとてもいいことです。真似と聞くと、どうしてもマイナスイメージが付きまといますが、先輩の仕事ぶりをきちんと観察し技を盗むことは仕事をはやく覚えることに繋がります。

どうしても人の真似をすることに抵抗がある場合、教わってみると堂々と真似することができます。

5.コミュニケーション能力が高く、連絡・相談・報告が迅速

使える部下の特徴として1番大きいのが、コミュニケーション能力に長けている点です。「ほうれんそう」ができるだけでなく迅速にできるというのもポイント。コミュニケーション能力がそんなに高くなくても、ほうれんそうができていれば問題ないという会社も多くあります。

使えない部下と使える部下の違い5つ

ここでは今まで挙げてきた、使えない部下の特徴と使える部下の特徴を差にして表してみました。自分がどちらに該当するのか、また部下に困っているあなたはどこを改善させればよいのか、見極めてくださいね。

1.仕事の全体像を捉える能力の差

仕事の全体像を上手く捉えているか、そうでないかで使える部下かどうかが決まってきます。上司でなくとも、仕事の全体像を捉えておくことでイレギュラーな問題の対策を考えることができます。与えられた仕事だけをこなしているような状態だと、問題解決能力は育ちません。

2.仕事を学ぶ姿勢の差

使える部下は仕事ができ、使えない部下は仕事ができない。当たり前のことですが、そうしてそんな差が生まれてしまうのでしょうか?

その理由は、仕事を学ぶときの姿勢にあります。それくらいできると感じる内容を教えられているときに、「それは知ってます」といった具合に何も学ぼうとしない人と、「知っている内容だけどこの中から更に何かを搾取できるかもしれない」と違う視点で学ぼうとすると、見えるものも変わります。

3.ミスした後の対応の差

ミスをしたあとに使える部下はきちんと謝り、どう対応したら良いのか考え指示を仰ぎます。使えない部下はその場で報告せず、内密に問題を片付けて後にバレるということを繰り返します。

4.仕事の細部・方向性の差

まず全体を通して仕事内容を見れない場合、細部に気を遣っている暇はありません。使える部下は当たり前の仕事をできてから細部に気を遣っています。

また仕事の方向性にも同じ部分があり、全体を通してみることができない使えない部下の場合、方向性を上司から伝えたとしても、自分のやり方で進めていってしまいます。

使える部下と使えない部下の差は、こんな目に見えない場所でもあるということです。

5.性格・人間性の差

この点に関しては、使えない部下以前の話なのですが、マイペースすぎたり時間を守らないなどの性格、人間性の差が使える部下との境界線です。生きてきた過程が違うにしても、過度な自分本位は周囲に迷惑をかけてしまいます。

使える部下として、人に迷惑をかけないということが最前線なのかもしれませんね。

使えない部下の使い方・育て方や対応・対処法5つ

使えない部下、使える部下の差を見てきて、どのように対応したらよいか分からなくなりそうですよね。当てはまる項目が多ければ多いほど、改善は不可能に近づきます。

ではどのような対応、対処法が有効なのでしょうか?5つ紹介します。

1.仕事の全体像を話してから、細分化した仕事の一つを頼む

使えない部下はどんな場合でも全体像を掴むのが苦手です。対策としては、仕事の全体像や目的(ゴール地点)を話してから、細分化した上で仕事を任せましょう。

このとき注意して欲しいのは一気に仕事を頼まないことです。1つに集中させることが大切なので、慣れてきたときに複数個を頼みましょう。

2.分からないこと、困ったこと、戸惑う事があれば聞いてほしいと最初に伝える

必ず分からないことが出るはずなので、先に困ったときは相談するように伝えます。聞きたいと感じていても、上司を怖い存在だと思っている場合自ら相談することはありません。いつでも話を聞くよというひと言でよいので、仕事を任せる際にでも声を掛けてみてください。

3.仕事の締切時間を決めて、仕事を依頼する

この日の何時までにこれをお願いしまうと、はっきり納期を決めてしまいます。あまり信用がない場合は上司のほうで何日か早めに納期を変えて知らせましょう。

そうすることで、自分だけでは後回しにしてしまう仕事も上司からの納期があるからと真面目に仕事をしてくれるでしょう。

4.良いと思った点は素直に褒める

褒めて伸ばす作戦のように、良いと思った点は素直に褒めることが大切です。単純なことですが、褒められて嬉しくない人はいませんよね。どんな形でもやる気を引き出せれば、良い結果に繋がります。

また自分より目上の位置にいる人に褒めてもらうことは自分の実力を認められたと考えます。自信がつき、積極的になるかもしれません。

5.心配な時は頼んだ仕事状況についてどうなっているか、声をかけて見る

部下が動かないなら・・・と少々投げやりにはなりますが、状況を報告されずにどのような状況か分からないよりはいいはず。心配になったらこちらから聞いてみましょう。使えない部下はそのほとんどが仕事ができない人です。ある程度の段階で行き詰っている可能性が多くあるのです。

とはいっても上記の全ての方法はやりすぎると成長しません。何をやらせてもダメだった、これからの対応に正直困っているという人が、「短期間だけ」行いましょう。

使えない部下が年上だった場合の対応3つ

なんとも気まずい状況ですが、使えない部下が年上であることは大いにあります。まだまだ日本の会社は学歴や経歴などを気にするので、長年勤めてきた中卒よりも、入社3年目の院卒20代が役職に就いたりもするのです。

今の例えの場合、年上の使える部下になりますがこの状況で使えない部下もいるのです。年下の上司からするとどう扱っていいのか分かりません。そんな時にしたい対応を3つ紹介します。

1.敬語を使って仕事のやり取りをする

部下だとしても年上は年上です。生きてきた年数も違いますし、部下とはいえ多くの仕事をこなしてきました。元の職場ではかなり上の立場だったかもしれません。

その場合、例え部下でも年上は尊敬するべきだと思いませんか?対応的には敬語でやり取りをするのが正解です。人間として、タメ語はあまりおすすめできませんよね。

2.「~していただけると助かります」と伝える

やはりここも年上ですから、部下を使おうという態度が見えるという事を聞いてくれません。きちんと敬語で、何か頼みごとがあるときは「~していただけると助かります」と伝えましょう。使えない部下だとしても、相手は年上です。

3.プライドが高い事が多いので、褒めて持ち上げる

部下が年上だと少なからず不満はあります。なぜ、こんなにも年下が私の上司になるのか理解はできても納得できていないからです。そんな年上上司に指図されるとあまり良い気はしませんよね。

使えない部下のくせにと感じてしまうかもしれませんが、自分のことをできる上司だと考え余裕を保ちましょう。使えない部下が年上の場合、プライドが高い場合が多いです。そんなときは褒められる場所を褒めて、少し持ち上げましょう。

無視したいほど使えない部下をクビ・辞めさせる対応・対処法3つ

上記の事を試して無事成長する部下もいるのですが、既に手遅れ状態の使えない部下もいますよね。そんな場合、上司がどんなに育てようとしても空振ってしまいます。

では無視したいほど使えない部下を辞めさせる方法を3つお伝えしていきます。

1.上司に部下のことについて相談する

まずは自分の上司に相談してみましょう。多く相談しているとあなたの育成能力を疑問視されてしまいますので、もう1人では手に負えないというところまで粘ってみましょう。

2.最低限の仕事しか頼まない

会社に在籍していて給料を受け取っている以上、仕事はこなしてもらわなければいけません。ですが使えない部下に仕事を頼むと2度手間で誰も引き受けたがらない。そんな状況になるのであれば、いっそのこと最低限の仕事しか頼まないという方法もあります。

最低限の、ミスしてもそこまで大事にならない仕事というのはやりがいも少なく、達成感を感じられません。なぜ自分はこの仕事をしているのかと考え、自ら辞める人もいるはずです。

3.この仕事向いてないじゃないと、遠回しに言う

これは直接言ってしまうと上司としての発言問題になってしまうので、あくまでも遠まわしに転職を勧めてみてはいかがでしょうか?あなたにはこういう仕事が向いているのでは?と提案することが大切です。

使えない部下がストレスなら転職も選択肢の一つに

そんな使えない部下の面倒はもう見たくない、頂く給料以外になぜこんなことをしなくてはいけないのかと考え始めてしまったら、仕事を辞めてしまうの手です。

使えない部下を抱えて同じ会社で働き続けるなら、今よりもう少しお給料が高くて部下育成にも手当てが支給されるところで働きたくありませんか?

転職ならおすすめは転職エージェント。希望のお給料や手当てなどからでも転職先を探せますし、1人では不安というひとはぜひ転職エージェントに相談されてみてはいかがでしょうか?

使えない部下から解放されて、気分もスッキリ。お仕事に集中できる環境が手に入ります。

より詳しく転職エージェントについて知りたい方は下記記事にて転職エージェントに関する全ての情報をお伝えしております。

気になる方はチェックしてみてください。

転職エージェントとは|100%理解して120%活用するための全情報

※転職市場は動きが大きいため、この記事は常に最新の情報に更新してお届けしています。 皆さまは以下のように思ってこ…

おすすめの転職エージェント

転職エージェントによってはキャリアコンサルタントの対応が雑だったり、求人数に差があったりします。

そのため、本当におすすめの転職エージェントを利用しないとあなたの貴重な時間が割かれてしまう可能性があります。

当サイトでは下記記事にて1000人以上の転職エージェント利用者の体験談を基に本当におすすめの転職エージェントを紹介しています。

気になる方はチェックしてみてください。

転職初心者の方におすすめしたい転職エージェントは「リクルートエージェント」と「DODA」、「パソナキャリア」の3つです。

複数登録することで、それぞれの転職エージェントの弱みを補いあうことができるので、転職エージェントを利用する際は複数登録することをおすすめ致します。

詳しくは下記記事にて解説しておりますので、ぜひご参考ください。

転職エージェントを複数利用すべき理由とは|元転職エージェント社員が徹底解説

※転職市場は動きが大きいため、この記事は常に最新の情報に更新してお届けしています。 皆さんはこのように思ってはい…

「リクルートエージェント」は、業績や求人数など他の転職エージェントと比較して圧倒的な実績を誇る転職エージェントです。

転職エージェントを利用する際はリクルートエージェントを利用しない手はないでしょう。

リクルートエージェントは転職をする全ての人におすすめの転職エージェントです。

「DODA」は業績、求人数共に業界第2位という大手転職エージェントで、登録者のペースに合わせて転職活動をしてくれますし、転職初心者にも優しいキャリアコンサルタントが在籍しています。

求人数も多く、求人の質も良いので全ての人におすすめの転職エージェントです。

また「パソナキャリア」もキャリアコンサルタントの質が高いと業界で有名な転職エージェントです。

業績は業界で第4位、求人数はリクルートエージェントやDODAに比べると少ないのですが、求人の質も良く、何と言ってもキャリアコンサルタントの質は業界でもずば抜けて高く、とにかく登録者の気持ちを優先して対応してくれますし、転職初心者にも優しくキメの細かいサポートが特徴です。

使えない部下を持った時は、心を広く余裕を持って対応するよう心がけよう

さてここまで様々な方法を挙げてきましたが、あなたの周囲に当てはまっている人、今まさにその人で悩んでいるんだという人はいましたか?

使えない部下を持ったときは、ぜひ上司のあなたが心を広くして受け入れる態勢を整えてください。人を変えるということはとても難しいこと。心を広く長く指導し続ける必要があるのです。どうか体を崩されない程度に、根気よす部下の育成を続けてくださいね。

※記事の内容は、執筆時点での最新の情報となり、サービス内容・利用料金等を保証するものではありません。この記事の情報を基に行動する利用者の判断について、当社は一切の責任を負いかねます。サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、しかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。