▼当サイトで申込みが多い転職エージェントはこちら!(複数のエージェントに登録することで年収アップに直結する非公開求人を見つけやすくなります!)

【1位】リクルートエージェント絶対に使うべき、国内最大手のNo1転職エージェント!公開求人・非公開求人含め20万件以上というダントツ業界トップの求人数
【2位】DODA利用者満足度はなんと驚異の90%!キャリアアドバイザーが優しく丁寧にサポートしてくれることから転職初心者には最適
【3位】JACリクルートメント転職エージェントオリコンランキングで毎年総合第1位という非常に高い評価を受けている転職エージェント。

▼【登録無料】転職活動で役立つ!あなたの気づいていない強みを発見できるリクナビネクスト グッドポイント診断に登録しましょう!

3分で完了!グッドポイント診断はこちら!

紹介予定派遣の実態|メリット・デメリット、正社員登用の確率や面接の合格率、失敗話

紹介予定派遣とは?紹介予定派遣から直接雇用になれるってホント?紹介予定派遣についてよくわからないという人も多いですよね。紹介予定派遣は正社員になるための近道でもありますが、そのためには努力も必要です。この記事では紹介予定派遣から正社員になるためのポイントや、紹介予定派遣のメリット・デメリット、また直接雇用の面接で落ちる原因など、紹介予定派遣から正社員になるための全知識をご紹介しています。

紹介予定派遣とは

紹介予定派遣とは、派遣社員から正社員を目指すことができる制度です。本来の派遣社員であれば、3ヵ月から半年の更新を繰り返し、3年までしか働くことができませんが、紹介予定派遣は、「最長で半年後に正社員もしくは直接雇用への登用をすることを前提」に派遣されます。

「正社員として転職するのと何が違うの?」と疑問に思うかもしれません。また「本当に社員にしてもらえるの?」と不安もあるかと思います。この記事では、そんな紹介予定社員の実態について、元紹介予定派遣社員であった筆者の経験談を交えながらご紹介します。

紹介予定派遣のメリット

紹介予定派遣にはどのようなメリットがあるのでしょうか。実は、「今後正社員として働きたい!」と考える人にとって紹介予定派遣にはメリットがたくさんあるのです。紹介予定派遣のメリットを理解し、新しい働き方として検討してみましょう。

条件に合った企業求人を紹介してくれる

いずれ正社員になるかもしれない企業ですから、納得した会社に入りたいと思うものです。紹介予定派遣では、入社前に正社員になった場合の待遇も派遣会社から教えてくれることがあります。そのため、自分の希望や条件にあった企業求人をじっくりと選んで入社することができます。

直接雇用になる前に、職場の雰囲気や自分に合う仕事かを知ることができる

正社員で転職に成功したものの「思っていたのと業務内容や雰囲気が違う!」という失敗が誰にでも1回くらいはあるのではないでしょうか。紹介予定派遣はスタートは「派遣社員」として働きます。そのため、正社員登用の話が来る3か月から半年間の間に、「この職場でやっていけそうか」「自分に合いそうか」を判断することができます。

また、企業側も同じで「自社に合う人材か」「能力、やる気はあるか」などをお互いに見極めることできるため、お互いに人材のミスマッチを防ぎます。

最長6ヶ月で派遣社員から直接雇用へ切替が可能

紹介予定社員は、企業も人材をゆくゆくは直接雇用として迎えるつもりで募集し、入社させます。

派遣社員として入社し、最長で6カ月後に「直接雇用をするか否か」を協議の上、問題なしと判断されれば、そのまま直接雇用として入社します。経験者などスキルや能力が認められれば、3ヵ月ほどで切り替える人もいるようです。

最長6ヶ月間の派遣期間があるため、正社員への採用もある

企業にも最長6カ月間の間に紹介予定派遣のスキルややる気、成長をじっくりと観察し、評価する機会が与えられます。6か月後に直接雇用の可能性があるといっても、正社員に限らず、契約社員やパートなどの可能性もあります。

しかし、「ぜひ会社で欲しい人材だ」と判断すれば、そのまま正社員として迎えられる可能性もあります。そのためには努力も必要ですが、自分が認められたという自信も加わり、正社員になれたときの喜びもひとしおでしょう。

紹介予定派遣のデメリット

直接雇用になれるという目標をもって働くことができ、モチベーションも上がりやすい紹介予定派遣ですが、一方で必ず正社員になれるわけではないなどのデメリットも多くあります。

紹介予定派遣から正社員になれない場合もある

紹介予定派遣から正社員には6か月後に必ずなれるという保証があって入社するのではなく、あくまでも、最長半年後に派遣社員と派遣会社と企業との合意により正社員になれるのです。

派遣会社が合意しないということはほぼありませんが、本人が「この会社は自分に合わない」「他の会社に行きたい」と言えばもちろん正社員として登用することにはらりませんし、企業側が「欲しい人材ではない」という判断をすれば、正社員登用はされずに見送られることもあります。

まれに、現場としては欲しい人材ではあるが、会社の業績などがこの半年で悪化し、正社員をとることができなくなった、などの理由で登用が見送られるケースもあります。

人材派遣会社が持つ繋がり内での紹介なので、業界によっては得意不得意がある

紹介予定派遣によって正社員登用となるか否かは、実は派遣会社の力量次第ともいえます。筆者の経験ですが、A派遣会社(業界大手)のXさんとBは派遣会社(派遣会社としては全国的には無名)のYさんに同時期に正社員への登用の話が来ましたが、採用直前になって、企業の業績不振で採用が見送られそうになりました。もう面接なども終わっており、採用通知を出す直前でのことです。

しかし、A派遣会社は断固として企業に抗議をし、Xさんは正社員になることができました。しかしB派遣会社はYさんを説得し、正社員への道を諦めさせました。

XさんよりYさんの方が業界での経験も長く、スキルが高いにも関わらず正社員になることができなかったのです。この話は、筆者の以前働いていた派遣会社で実際にあった出来事ですが、このような場合に派遣社員としての力関係が出てきます。

このような事態になった場合にはやはり大手派遣会社のほうが対応がしっかりとしていると感じましたので、紹介予定派遣での就業を考える際には、派遣会社選びにも注意していただきたいと思います。

紹介予定派遣の実態|利用を検討する人からある良くある質問

紹介予定派遣で働くにあたり、気になることは「本当に直接雇用されるのか?」ということだと思います。ここでは、紹介予定派遣の実態についてご紹介します。

紹介予定派遣から正社員登用や契約社員になれるのか

必ずしも直接雇用が約束されているわけではありません。やはり、企業としても直接雇用を前提に採用としているため、評価の目は厳しいものがあります。

やはり、「ただなんとなく覚えた仕事をこなすだけの人」と「自ら仕事の知識を吸収し、常に成長をし続ける人」がいれば、後者を採用したいと考えるでしょう。

また、人間ですから人の好き嫌いもあります。自分の働きやすい人と一緒に仕事をしたいと考えてしまうのも仕方のないことです。そのため、紹介予定派遣にも半年後の直接雇用に備えて、仕事のスキルを磨く、周りとコミュニケーションを積極的にとり、人間関係を円滑にしておくなどの努力が必要です。

紹介予定派遣から正社員になれる確率

筆者の経験では、普段真面目に業務を行っており、特に問題がなければ派遣社員側から断らない限り、正社員の話は来ていました。しかし、明確な確率というものは言い切れませんが、大体自分の派遣会社の企業への紹介予定派遣の実績を確認し、どのくらいの人が直接雇用されているのかを営業担当に聞いてみましょう。

「この企業は問題なければほぼ採用します」や「この企業は面接が厳しくなかなか採用されません」など情報を教えてくれます。もちろん、確率を上げたいのであれば前者のような企業に入ることが理想ですが、まれに「常に人手不足」「人の入れ替わりが激しい」などが理由から正社員になりやすいという企業もあります。

実際には、求人情報サイト「はたらこねっと」の調査によりますと、約40%の人が直接雇用にはならなかったとの結果になっています。

実際に紹介予定派遣で「働いたことがある」方のうち、41%は「直接雇用にはならなかった」と回答 理由は「希望条件に満たない」と感じている場合が多く、「就業先に断られた」は9%と少ない結果に

出典:http://www.hatarako.net/pr/2015/1027/

そのため、直接雇用の話があるまでに自身で正社員になるべきなのか、条件や環境を吟味して見極めることも必要です。

私の以前いた派遣会社の担当企業に「半年後にほぼ100%正社員として登用する」という企業がありましたが、激務で人の定着率が低いうえ、1年間に3人もうつ病の社員を出すような会社であり、常に誰かが休職している…という企業がありました。

派遣として勤務していると、会社のいろいろな内部事情が見えてきます。目の前の業務だけではなく、周りもよく観察した上で「本当にやっていけそうか」を判断しましょう。

紹介予定派遣の面接を受けた合格率

派遣で働くときに、労働者派遣法の規定により、本来であれば面接は禁止されています。

しかし、紹介予定派遣では面接をすることが認められています。なぜならば、企業も自社で採用をするつもりで募集を行っているため、事前に紹介予定派遣の人柄やスキルなどを把握しておく必要があるためです。そのため、普通の派遣社員よりも採用の基準は厳しくなります。

しかし、職務経歴書・履歴書を提出し、面接さえ突破すれば、紹介予定派遣社員の全体の約70%が正社員になっているという結果になっています。

紹介予定派遣を利用する年齢層の実態はどのくらいか

「紹介予定で社員を目指したいけど…年齢が不安」と思う人はいませんか。確かに、一般的には転職は年齢が上がるほど不利ともいわれています。

その理由としては「年齢が上がると、会社の上司と年齢が近くなってしまうため人材として扱いづらくなる」や「他の新入社員とのバランスを考えている」などと言われていますが、企業で求人をかける際に年齢などで制限をかけることは禁止されています。

そもそも企業が「若い人が欲しい」と思っているのは、今後の勤続年数やポテンシャルを考えての採用であるからです。

しかし、「即戦力がほしい」と考えている企業があることも事実ではあります。そのため、「最初は若い人を希望していたけれど、派遣会社から優秀な人材を紹介されたからそちらを採用する」という考えに変わることも十分に考えられるのです。

また、「能力やスキルを重視する」という求人もたくさんあります。そのため、年齢で諦めてしまわずに、自分のスキルに合う企業を根気よく探すことが必要です。

実際に、年齢に関係なく多くの人が派遣社員から直接雇用になれたという体験談があります。以下の体験談は筆者が勤務していた派遣会社での知り合いのものです。

 

30代男性:電化製品販売

派遣社員として、家具や電化製品のアドバイザー、販売員として勤務していました。社員として働いている人より成果を出そうと、成果を出している上司を研究するなど一生懸命業務に取り組んでいたところ、契約社員で採用されることになりました。現在、会社では店長をさせて頂いており、エリアマネージャーへの就任が決まりました。やりがいのある仕事を紹介してもらい、感謝しています。

紹介予定派遣を利用した男性女性の実態

紹介予定派遣で働くことのメリットは、あらかじめ自分に合う職場かどうかを判断できるということですが、それ以上に、「普通に就職活動を行っただけでは到底入れないような大手企業の正社員になれるかもしれない」という魅力もあります。

ここでは、実際に紹介予定派遣を利用した人をリサーチし、声をまとめてみました。

20代女性:営業

友人にすすめられるがままに派遣会社に登録。そこではじめて紹介予定派遣の仕組みを知りました。「自分にあった会社で長く働きたい」という希望にぴったりで、この仕組みを使って転職活動をしたいと決意。就業を開始した会社は、活気があって明るい社風で、社員のモチベーションが高いという点を派遣期間中に自分の目で確かめました。仕事内容も自分にぴったりだったため、長期的に成長できる会社だと確信し入社に至りました!

30代男性:メーカー営業

以前に転職をした際に「イメージしていた会社と違った」経験があり、転職に慎重になっていました。
紹介予定派遣の仕組みを使用すれば、「こんなはずじゃなかった」ということは起こりにくいと思い、再度転職活動をすることに。派遣就業開始後は、メーカーのラウンダー営業として主に販売促進の仕事を担当しました。派遣期間中は、取り扱う商材や仕事内容はもちろんのこと、会社の雰囲気・方針・教育制度などもしっかり確認することができました。3年後・5年後の自分の働く姿やキャリアップもイメージできたので、入社を決めました。紹介予定派遣は、「失敗のない転職」を目指す方にぴったりの制度だと思います。

紹介予定派遣の実態|失敗話

転職に失敗しないための紹介予定派遣であるはずが、中には「正社員になったとたん希望していない部署に行かされた!」「雰囲気が違った」など失敗もあるようです。ここでは、失敗談も併せてご紹介します。

20代女性:経理

今も紹介予定派遣でお仕事をしているのですが、営業担当が退職して変わったので、契約期間満了が近かったので今後の派遣先企業の雇用条件について確認を求めたところ、契約した当初の募集内容と全く違う条件を言い渡され、困惑しました。全く興味のない部署だったので正直このままでよかったのかなぁと思っていますが、とりあえず頑張っています。

20代男性:事務

現在は紹介予定派遣で働いていますが、いつもの頑張りが認められ、来年から直雇用で働けることになりました。

しかし、再度直雇用の条件を確認したのですが、以前に派遣会社から提示されていた給与条件が収で63万円も少ないものになっていました

このように入社後にあらかじめ聞いていた就業条件と違うということも多いのです。そのため、正規雇用になる際には、契約書をよく確認することをおすすめします。また、条件などに納得がいなない場合は、遠慮なく派遣会社に相談し、交渉してもらいましょう。

紹介予定派遣の実態|面接で落ちる原因

紹介予定派遣から正規雇用になる前には正社員と同じく面接を行うこところがほとんどです。企業は今までの頑張りを見てきているため、仕事のスキルについては問題ないと判断しています。そのため、人間性と最後の意思確認のために面接を行う場合が多いのです。

しかし、面接は正社員として採用する際よりも落ちることが多いのが現状。以下、面接で落ちる原因を解説していきます。

志望動機がはっきりしていない

これから会社の一員として働くにあたり、本人の意思の確認を行います。その際に「なぜこの企業で働き続けたいと思ったか」「なぜ直接雇用になる旨を承諾したのか」を明確に伝える必要があります。

この際に「正社員になれるから頑張った」という漠然とした答えは絶対にNGです。会社は、「正社員になれるのなら、うちの会社でなくてもどこでもいいのでは?」と思ってしまいます。

自分がこれまで働いて生きた中で感じた会社の魅力をや仕事のやりがいを伝えたうえで、「この会社でしかできないことがある」ということをアピールすることが重要です。

雰囲気と合わない

先ほども言いましたが、会社はこの半年間紹介予定派遣をよく観察し、最終的に直接雇用にするかどうかの判断を行っています。

仕事のスキルについてはもちろんですが、その人間性も審査の対象になっていると思ってください。会社には会社の「雰囲気」というものがあります。

全体的に明るい人が多く元気な雰囲気の場所に、「極端に無口で控えめな人」がいればやはり「この人とは合わないな」とみんなが思うことでしょう。

性格を否定するわけではありませんが、「極端に回りから浮いている人」や、「協調性がない人」は付き合いづらさを感じ、採用されない可能性があります。

誰しも「付き合いやすい人」「一緒に働きやすい人」を選びたくなるものです。そのため、仕事をすることはもちろんですが、人間関係は非常に重要となってくるのです。

派遣先企業と条件が合わない

直接雇用をする際には、雇用形態が変わることになります。その中のひとつが給料ですが、正社員になったらトータル的に月収が下がったり、残業時間が増えたりと働く環境が変化する場合が多くあります。

そのため、紹介予定派遣と企業とで条件や希望のすり合わせがうまくいかないと、「無理をして社員になってもらわなくてもいい」「そんな条件なら派遣のままのほうがいい」と意見の食い違いが起こり、採用されない可能性があります。

せっかくのチャンスを棒に振らないためにも、紹介予定社員として就業する前に「もし、正社員になった場合の待遇」をあらかじめ派遣会社に確認しておくといいでしょう。

また、納得できない場合、派遣会社にも間に入ってもらい、お互いが納得し少しでもよい環境で働けるよう話し合いをすることが重要です。

企業リサーチが足りていない

紹介予定派遣としても予め企業のリサーチを念入りにしておく必要があります。例えば、インターネットなどで企業の口コミを確認しておく、周りの社員に待遇などを少し聞いておくなど、自分が社員になるイメージが湧くかどうかも非常に重要です。

また、トップの考えや会社理念などが自分に合うかどうかをよく調べておきましょう。

紹介予定派遣の実態|面接で受かるための対策

紹介予定派遣で正社員になる人はどのような人なのでしょうか。ここでは面接に受かるためのポイントをご紹介します。

自分の得意・不得意をしっかり説明できる

「自分はこの会社でなにができるのか」をしっかりとアピールする必要があります。そのためには、今までやってきた業務を踏まえ、「こんな時はこう対応した、周りの反応はこうだった」など、明確にイメージさせるように伝えることが重要です。

また、会社に必要な資格やスキルを持っている場合は、強いアピールポイントとなります。自分が企業にとってメリットのある人間であることを伝えることが重要です。

具体的な説明や前向きな回答ができる

「あなたは運がいいほうですか?」

このような質問をされたらどのように答えますか?これはある大手企業で必ず聞かれる項目です。いきなり運の話をされて戸惑うことでしょう。

しかし、この質問の意図は、「何事もポジティブに捉えることができるか」と判断するために行っています。そのため、この質問がきたら、自信をもって「いいほうです!」と答えましょう。具体的には?と聞かれたら「いい友人に恵まれたこと」「御社と出会えたこと」などなんでもいいのでポジティブな回答をすることは必須です。

ちなみに私が働いていた派遣会社のスタッフさんが、直接雇用の面接のときに同じ質問をされました。Aさんは堂々と「運はいいほうです。理由は家族がまだ元気だからです」と答えBさんは「悪いほうのいいでお願いします。クジ運が悪いので…」と答えたそうです。

つい、自分の運と聞かれて謙遜して控えめに答えてしまったのだと思いますが、客観的にみて、採用したいと思うのはAさんさんではないでしょうか。

このように説明は具体的に前向きに答えたほうが、印象はよくなります。

派遣会社と事前打合せを入念にする

派遣会社は多くの紹介予定派遣を企業に送り出している実績があるため、「どんな人が受かりやすいか」をよく知っています。そのため、派遣会社から情報を得ておくのも非常に重要です。

面接官の雰囲気や必ず聞かれる質問、好まれる回答などを教えてくれるでしょう。

紹介予定派遣の実態は人ぞれぞれ、最長6ヶ月間なので慎重な選択を

最長半年の間で自分が働いていく企業を見極めのるは難しいかもしれません。しかし、それは企業も同じです。

そのため、まずはしっかりと仕事を真面目にこなし、話がもらえるように頑張りましょう。そうすればどうするかは自由に選択ができます。

企業が紹介予定で採用するのは、書類だけではみえない、紹介予定派遣の「可能性」を見たいからです。派遣の期間内にしっかりと会社を吟味し、今後の自分のキャリアアップに生かす選択をしましょう。

※記事の内容は、執筆時点での最新の情報となり、サービス内容・利用料金等を保証するものではありません。この記事の情報を基に行動する利用者の判断について、当社は一切の責任を負いかねます。サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、しかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。