転職の大きな不安2つと転職の不安がなくなる方法

 

 

転職を考えるにあたり、不安を感じていませんか?今現在、転職活動をしている方でも、何かしらの不安を抱えているかもしれませんね。そこで、ここでは転職に関する大きな不安をまとめてみました。

また、転職前の不安を拭い去る方法、転職活動における不安の解決策などについてもご紹介します。気になる方はぜひ目を通してくださいね。

転職に関する大きな不安は?

転職に関する大きな不安として、転職活動がスムーズに進まないことが挙げられます。また、転職先に失敗してしまうのではという不安を抱えてしまう方もいるでしょう。以下それぞれの悩みを詳しく見てみましょう。

  • 転職活動がうまくいかない
  • 転職先に失敗する

転職活動がうまくいかない

この悩みは、転職活動を始める前、始めたあとにも抱えてしまいがちな悩みです。転職活動を始める前には、「転職先がスムーズに見つからなければどうしよう」という悩みを抱えてしまいます。転職活動を始めてからは「うまく転職先が見つからない」という悩みになるのです。なかなか転職できないと、気持ちもどんどん焦ってきます。

転職先に失敗する

転職する理由は人によってまちまちですが、前職に不満を感じてというケースはとても多いです。前職から解放され、希望を胸に入社した転職先が、実はブラック企業だったなどということは、誰にでも起こりえます。

実際に転職してから悩んでしまうこともあれば、転職先に失敗したらどうしようと不安を抱く方も少なくありません。

 

転職前の不安を拭い去る方法

いったいどのようにすれば、転職前の不安を拭い去ることができるのでしょうか。

例えば、以下4つのことが挙げられます。

  • 自分のやりたいことをあらかじめ考える
  • 転職の失敗談ばかりを耳にしない
  • 企業の情報収集は十分に行う
  • 自分のキャリアやスキルに自信を持つ

では、それぞれ見ていきましょう。

自分のやりたいことをあらかじめ考える

やりたいことが、自分の中で明確になっているでしょうか。まずは、やりたいことを考え、明確にしてみましょう。不安になってしまう理由の一つに、転職先で自分のやりたいことができるのかどうか、ということがあります。

やりたいことが明確になっていれば転職先探しもスムーズですし、本当にやりたいことができる会社に就職できるはずです。

転職の失敗談ばかりを耳にしない

転職前に、ネットで情報収集している方は多いはずです。ネット上には転職に関する失敗談、口コミもたくさんあるので、それをたくさん読んでいる方もいるでしょう。確かに、失敗談を読むのも大切ですが、そればかり目に入れてしまうと、必要以上に不安を煽ってしまいます。成功談にも目を通してください。

企業の情報収集は十分に行う

転職した先がブラック企業だったとなると、目も当てられません。そうならないためには、事前にしっかりと情報収集をしておく必要があります。企業のホームページは隅々まで目を通し、ネット上の口コミにも目を向けてみましょう。社名で検索し、悪い噂や評判がないかなど、徹底したリサーチをしてください。

自分のキャリアやスキルに自信を持つ

転職したものの、その会社でうまくやっていけるかどうか心配、という方もいます。こうした不安を打ち消すには、自分のキャリアやスキルに自信を持つことです。今まで自分がやってきたことを振り返ってみましょう。それなりのキャリア、スキルが備わっているはずです。自分に自信を持って取り組んでください。

 

転職活動の不安と解決策

初めて転職活動を始めるという方だと、いろいろな不安に押しつぶされそうになるかもしれません。そこで、ここでは転職活動における不安と、4つの解決策をご紹介したいと思います。ここで不安をしっかり打ち消してくださいね。

  • 転職のやり方を知らない:まずは転職サイトに登録する
  • 在職しながらの転職活動が大変:有給やエージェントを活用
  • 自分の強みがわからない:自己分析を実施
  • 円満退職が難しい:会社に伝える時期と退職理由を考える

転職のやり方を知らない:まずは転職エージェントに登録する

初めての転職だと、そもそもどうすればいいのか分からないという方も多いはずです。まずは、転職エージェントに登録してみましょう。

転職エージェントは転職を0からサポートしてくれるサービスで、登録することで企業からオファーが来たり、スキルや希望に見合った案件を紹介してもらえます。エージェントによるアドバイスが受けられることも。

 

【関連記事】

転職エージェントとは|100%理解して120%活用するための全情報

在職しながらの転職活動が大変:有給やエージェントを活用

有給が残っているのなら、休みを取って転職活動にあてられます。いくつかピックアップして、面接の日を決め、また有給を使って面接を受けに行くということもできるでしょう。また、エージェントを活用する手もあります。転職先となる企業を紹介してくれ、選考のサポートまで行ってくれるため便利です。

 

【転職する際は転職エージェントを使おう】

今転職活動には必須になっているサービスが転職エージェント。転職エージェントは求人の紹介から面接対策、円満退社のためのアドバイス、年収の交渉など転職にかかわるすべてを完全無料で提供してくれるサービス。

おすすめの転職エージェントについては以下の記事で詳しくご紹介しています。

おすすめ転職エージェントを比較|1000人の口コミ・評判から転職のプロが厳選

自分の強みがわからない:自己分析を実施

自己分析を行うことで、自分の強みを知ることができます。自己分析の方法はいろいろありますが、手っ取り早いのは、これまでの人生で印象深かった出来事などを深掘りしていく方法です。

バイトを頑張ったことなら、なぜ頑張れたかを深掘りします。このようにして、どんどん深掘りすれば最終的に自分の強みが見えてきます。

円満退職が難しい:会社に伝える時期と退職理由を考える

円満に退社したいのなら、会社に伝える時期を考えましょう。まず、繁忙期は絶対に避けるべきです。もっとも忙しくなる時期に人がいなくなるのは会社にとって痛手です。

また、退職理由は本音を言わず、当たり障りのない理由にしたほうが良いでしょう。給与が少ないから転職する場合でも、家族の介護といった理由が無難です。

 

【退職方法について詳しく】

会社を辞める理由7つ!円満退職のコツをご紹介します

会社を辞めるときの準備・退職方法と注意点

 

転職先に失敗する不安と解決策

転職先に失敗してしまったら、という不安も抱えてしまうかもしれません。実際に転職してみないことには分からない部分もありますが、事前に不安を解消することは可能です。ここで提示する以下4つの解決策も覚えておきましょう。

  • 人間関係がうまくいかない:礼儀は大事にする
  • 仕事ができるか心配:新人のつもりで話を聞く
  • 激務にならないか怖い:事前に忙しさをリサーチする
  • 年収アップできるか:エージェントに給与交渉を依頼する

人間関係がうまくいかない:礼儀は大事にする

人間関係がうまくいかない原因もいろいろありますが、自ら悪くしないよう、礼儀関係はしっかりしましょう。目上の人に対しての接し方はもちろん、自分より先に入社している人はみんな先輩です。

例え年下でも、会社では先輩となるので、非礼があってはいけません。そのあたりをきちんとしておけば、そこまで不安になることはないでしょう。

 

【職場の人間関係を改善する方法についてより詳しく】

職場の人間関係を良くする方法5つ|人間関係に疲れた時の対処法も

 

仕事ができるか心配:新人のつもりで話を聞く

例え同じ業界に転職したとしても、会社が違えばやり方や方針も違ってきます。そのため、同じ業界だったとしても、新人のつもりで話を聞くことが大切です。同じ業界にいたということで、プライドもあるかもしれません。しかし、そのプライドが仕事の邪魔になることもあります。

激務にならないか怖い:事前に忙しさをリサーチする

激務で、毎日自宅と職場の往復となると、プライベートに割く時間がなくなってしまいます。そうならないよう、事前に忙しさはリサーチしておきましょう。リサーチはインターネットを使うとスピーディです。その会社で働いている方の口コミが見つかれば、熟読してください。

また、エージェントを利用するときは、そっちから調査してもらう方法もあります。

年収アップできるか:エージェントに給与交渉を依頼する

前職よりも高い年収が欲しい、というケースでも、自ら交渉はしにくいですよね。このような場合だと、エージェントに給与交渉をしてもらうのがもっとも現実的です。転職エージェントは、転職希望者の給与交渉も行ってくれるので、事前に希望年収を伝えておけば、企業と交渉してくれます。

 

転職先で好かれる人になるポイント

転職先でうまくやっていくためには、すでに働いている人たちから好かれる必要もあります。しかし、どのようにすれば転職先で好かれる人になれるのでしょうか。ここでは、転職先で好かれる人になる4つのポイントをレクチャーします。

  • 挨拶や自己紹介は元気よく行う
  • 自発的に学ぶ
  • 同僚への気遣いは欠かせない
  • 新しい会社の社風になじむ努力をする

挨拶や自己紹介は元気よく行う

最初の印象はとても大切なので、初出社のときは挨拶、自己紹介をきちんと行いましょう。できるだけ元気に、明るく行うのがポイントですね。最初に暗い、感じが悪い、といった印象を与えてしまうと、それがずっと尾を引いてしまいます。好かれるかどうかは、最初の印象にかかっていますよ。

自発的に学ぶ

言われたことしかやらないのと、自発的に仕事を覚えようとするのとでは、周りに与える印象が大きく異なります。自発的に学ぼうとしているのなら、やる気がある、情熱があるといった印象も与えられるでしょう。先輩がやっている仕事なども、積極的に声をかけて、学びながらどんどん仕事を覚えてください。

同僚への気遣いは欠かせない

同僚とは言え、先に入社しているのなら相手のほうが先輩です。後から入ってきて、同僚のようにふるまわれてしまうと、ストレスも与えてしまうでしょう。そのため、立場上は同僚だったとしても、相手が少しでも先に入社しているのなら、先輩として接したほうが印象は良くなります。覚えておきましょう。

新しい会社の社風になじむ努力をする

社風は会社によって異なります。自由な雰囲気の会社もあれば、仕事中に私語もできないほどピリピリした空気の会社もあります。郷に入っては郷に従え、という言葉もあるので、新しい会社の社風にできるだけ早くなじむようにしましょう。

ただ、どうしても社風がなじめないという場合、仕事以前の問題なので、今一度考えたほうがいいかもしれません。

 

転職前に再確認!今の会社でできること

もう転職しかない、と思い詰める前に、もしかすると今の会社でできることがあるかもしれません。希望する部署への配属を希望する、待遇の交渉を行うといったことです。もしかすると転職する必要がなくなるかもしれません。

まずは希望する部署への配属を希望する

今の部署に不満があるのなら、別の部署への配置換えを希望してみてはどうでしょうか。営業の仕事に辟易としているのなら、総務や広報部といった部署へ変わると仕事内容はガラッと変わります。

希望した部署に配属してもらえれば、不満がなくなるかもしれませんね。希望が聞き入れられるかどうかは不明ですが、言ってみる価値はあります。

給与や待遇などの条件交渉を行う

給与が少なすぎる、休日がもっとほしい、といった待遇面の不満があるのなら、会社と交渉してみましょう。会社によって交渉の窓口は異なると思いますが、分からない場合は上司に相談してください。

規模の大きな会社だと突っぱねられてしまうかもしれませんが、もしかすると交渉に応じてくれる可能性もあります。アグレッシブに交渉してみましょう。

 

まとめ

転職がうまくいかない、転職先に失敗するかも、といった不安は、初めて転職する方なら誰しも抱きがちです。ここでは、不安の解決策についても言及したので、今現在転職で不安を感じている方は、ぜひ参考にしてください。

また、転職する前にできることもいくつかあります。配置換えの希望を出す、待遇改善の交渉をしてみることも、検討してみましょう。

※記事の内容は、執筆時点での最新の情報となり、サービス内容・利用料金等を保証するものではありません。この記事の情報を基に行動する利用者の判断について、当社は一切の責任を負いかねます。サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、しかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。