転職で不安な気持ちを解消する方法|未経験業種や入社前・内定後は必読

転職活動を始めてみて、不安を感じたことはありませんか。ほとんどの方が一度は不安を感じたことがあるでしょう。また、「内定が取れない」「転職後に活躍できるか心配」など様々な種類の不安があるでしょう。中にはなぜ不安なのかわからないが不安を感じている方もいるでしょう。そこで、この記事では、転職活動ではどのような不安を感じるのか、また、どのようにして不安を解消するのかを詳しくご紹介します。

転職に関する不安の種類は、転職活動時と転職内定後の2種類

転職をしていて多くの方が感じている不安は、大きく分けて2種類あります。転職活動時と、転職内定後です。まずは、それぞれどのような不安があるのかを紹介します。自分がなんとなく不安でなぜ不安なのかわからない方は、まずは悩みを明確にしましょう。

【転職活動時】転職すると決めた後の転職活動についての不安

転職活動は、必ずしもうまくいくわけではなく、「この先どうなってしまうんだろう」「ちゃんと転職できるだろうか」と不安に感じることが多いですよね。まずは、転職活動中に多くの方が抱えている不安をご紹介します。

転職して年収が上がるか

転職して、前の職場の年収よりも大幅に年収が下がってしまうと、特に家庭を持っている方は、生活に大きな影響が出てしまいます。ですので、「今の職場が嫌いだ」、「もっといい職場で働きたい」という理由で転職を決意したとしても、年収は気になってしまうでしょう。

転職して今より労働が辛くならないか

前の職場が辛くて転職をしたにも関わらず、転職先がもっと辛い職場であったら、転職した意味がまるっきりなくなってしまいます。前の仕事が辛いからという以外の理由で転職を決めた方にとっても仕事がよりつらくなることは好ましくないでしょう。

しかし、この不安は、体験入社などの内定をもらう前に会社を訪ねることができる会社であれば、多少解消することができます。他にも、会社に関係のある方に話をきいたり、インターネットで会社について調べたりと、おおよその雰囲気を知ることはできます。

転職して新しい業種や新しい会社に馴染めるか

転職ではなくても、新しい職場で働く際には誰もが不安になることでしょう。会社の雰囲気に馴染めないと、仕事自体は自分のやりたいことであったとしても、職場に居づらくなってしまい、もう一度転職することになりかねません。

反対に、馴染むことができれば、毎日の仕事が楽しくなるので、転職は成功したといえるでしょう。転職の成功と失敗を分ける大きな要素なので、その分不安も大きいのです。

【転職後】内定決定後の入社前の不安

無事、転職活動を終えても不安を感じてしまうことはあるでしょう。以下、内定決定後に多くの方が感じている不安をご紹介します。

転職決まったけど不安、入社前や未経験業種の内定後は特に不安

新しい職場が決まり嬉しい反面、「この職場で自分はやっていけるのだろうか」という不安を覚える人も多いです。特に未経験の業種だと、「自分が向いていなかったらどうしよう」と、さらに大きな不安を感じるでしょう。

条件通りで働くことができるホワイト企業か

今は、あきらかに法律で決められた上限を超える残業をさせられたり、募集案件には書いていないような仕事をやらせたりするブラック企業が増えています。ブラック企業に入ってしまうと、少ない給料で異常な量の仕事をすることになるので、どうにかして入社する前に見極めたいものです。

しかし、多くの場合、入ってみたらブラック企業だったということが多いので、不安になる方は多いですよね。入社する会社について少しでも知っている知り合いがいれば、話を聞いてみたり、口コミサイトで評判を確認するのがいいでしょう。

新しい会社の方々に受け入れてもらえるか

初めて会社に行く日に、冷たい対応をされ、雑な扱いを受けてしまわないだろうかと思う人もいるでしょう。また、初日から冷たい対応をされると、その先の仕事もつまらないのではないかと思ってしまうこともありますよね。初日は暖かく迎えてもらいたいと多くの人は思っているはずです。ですので、自分を受け入れてくれるかを不安に感じる人も多いでしょう。

転職に関する不安な気持ちを解消する方法

日々の転職活動に追われ、募る不安。しかし、どのように不安を解消するのかわからない…という方は多いでしょう。しかし、意識や考え方を少し変えたり、少し行動してみるだけで、不安が解消されることがあるのです。ここからは、どのように転職活動における不安を解消するかをご紹介します。

不安なことを紙に箇条書きで書き出す

自分は今なぜ不安に感じているのかを紙に書きだしてみましょう。何に対して不安をおぼえているのかわからないことが一番不安になってしまうからです。なんとなく不安というのは、解決策を見つけるのも難しく、不安が解消されにくいのです。

ですので、何が不安なのかを紙に書きだして自分自身で理解することで、自分の今の状態がわかり、不安が解消されるでしょう。自分がなぜ不安なのかわからない方は、上の文章をよく読んで自分の中の不安を見つけることから始めましょう。

コントロールできる不安だけ解消する方法を見つける

不安なことの中には、どうしようもないものもあれば、自分で解消することができるものもあります。例えば、給料に関する不安です。これは、インターネットで調べたり、会社の方や転職エージェントの方に相談すれば、実際の給料を知ることができるので、不安を解消することができます。自分の力で解消できる不安はどんどん解消していきましょう。

コントロールできない不安は忘れる

「会社に馴染めるか」など、実際に会社に行って働いてみないと解消できない不安もあります。考えてもしょうがない不安は忘れてしまうのが一番です。実際に行ってみないとわからないことを考えるのは時間の無駄です。

さらに、考えれば考えるほどどんどん不安になるので、いいことが何一つありません。ですので、自分の好きなことをして忘れましょう。忘れることも、不安から逃げているように見えますが、一つの有効な手段です。不安と一つ一つ向き合わずに、どうしようもないものは忘れましょう。

不安で仕方ない場合は、開き直ることも大事

どうしても解消できない、忘れられない不安がある、または不安が少しでもあると考え込んでしまう人もいるでしょう。真面目な人や、完璧主義な人が陥りやすいです。どうにもできない不安があるのであれば、そのままにしておき、開き直りましょう。

「不安があるのは当たり前だ」、「不安なのは仕方がない」と開き直ることができれば、どうにもならない不安があっても、深く考え込んでしまうことはないでしょう。真面目な人や完璧主義の人にとって、開き直るのは難しいと思いますが、様々な場面で活用できる方法なので、ぜひトライしてみてください。

良いイメージや想像を持つ

不安なことについてばかり考えていると、どんどんネガティブになっていき、最悪の場合うつ病になってしまうかもしれません。ですので、ポジティブなイメージを浮かべてみましょう。例えば、会社の全員に歓迎され、多くの仲間を作り、毎日楽しく働いている姿や、スピード昇進をしている姿などです。

ポジティブなイメージをたくさん持つことができれば、それだけ初出勤の日が待ち遠しくなります。不安なことばかり考えるのはやめて、会社に入ってから起こりうる自分にとっていいことをたくさん考えるようにしましょう。

親しい人に不安を打ち明ける

誰にも相談することなく、不安を一人で抱え込んでいる人は実に多いです。ですが、不安は一人で抱え込まずに、一度親しい人に打ち明けてみるのが有効な手です。不安を誰かに話すだけでも、不安は解消されます。もし、不安を打ち明けた人が過去に転職したことのある人であれば、励ましの言葉やためになるアドバイスをもらえるでしょう。

自分の信頼できる仲のいい誰かに相談することで、転職に限らず様々な不安を解消することができます。自分ではどうにもできないと思ったら、誰かに相談すると思ったよりも簡単に気が晴れることがあるでしょう。

【年代別】転職の不安

転職の不安は、転職活動中と内定後のほかにも、年代ごとの悩みもあります。ここからは、年代別に多くの方が感じてしまう転職の不安をご紹介します。自分の抱えている不安の正体をよりはっきりさせ、先ほどご紹介した対処法を試しましょう。

20代の転職の不安

まだまだ社会では歴が浅く、キャリアが浅い20代。そんな20代で転職活動をしている方が感じやすい不安をご紹介します。

【転職前】経験値・キャリアが少ない事が不安

20代で転職した方は、社会にでてから長くても10年程しか経っていませんので、まだまだ社会人として未熟といえます。にもかかわらず転職をするとなると、経験値、キャリアの少なさを不安に感じる方も多いでしょう。

30代、40代で転職している方と比べれば、社会に出てからの時間が短いので、経験値やキャリアが少ないのは仕方がないことです。しかし、若いのは一つの長所です。また、仕事を早く吸収することができるなど、20代には多くの長所があります。他にも、若いことの長所を考えてみると、少しでも不安が解消されるでしょう。

【転職後】自分が役立てる会社か不安

いざ内定をもらえても、「本当にこの会社の役に立てるのだろうか」と不安を覚えることもあるでしょう。特に、社会経験の少ない20代の方は多いです。

しかし、会社は役に立たない人を採用しません。会社のために役に立ってくれると思ったから内定を出したのではないでしょうか。自分のできることをしていれば、自然と会社の役に立つことはできるでしょう。

30代の転職の不安

10年選手として中堅の位置で活躍する30代。そんな30代で転職活動をしている多くの方が感じている転職の不安をご紹介します。

【転職前】今の環境より良い仕事へ転職できるか不安

30代ともなると、仕事が手につき、慣れている状態です。にもかかわらず転職するということは、元の職場に大きな不満がある、もしくはやりたいことができたからですよね。しかし、いざ転職し「前の職場のほうが働いて楽しかった」となってしまうと、「転職しなければよかった」と思ってしまうのです。

勇気を振り絞って転職したのに、より辛い職場に入ってしまう可能性があると思うと、転職活動自体に不安を感じてしまうのです。

【転職後】自分のスキルが新しい会社で発揮できるか不安

新しく仕事を始めるとしたら、自分が今まで培ってきたスキルを発揮できる仕事をしたいと思う方が多いでしょう。新しく覚えることが少ないですし、即戦力としてすぐに会社に貢献することができるからです。

しかし、転職して前の職場では一切やったことのない仕事を任されてしまうと、たちまち真逆のことが起こります。一から仕事を覚えなければならず、会社に貢献するまでに時間がかかってしまいます。働いててつまらないと感じることも多くなってしまうでしょう。

自分のスキルを活かせるかどうかで、大きく仕事の有意義さが変わってしまいます。ですので、スキルを活かせるかを不安に感じる人も非常に多いです。

40代の転職の不安

会社員としてベテランの域に達した40代。そんな40代の多くの方が転職活動で抱えている悩みをご紹介します。

【転職前】家族などの理解が得られるか不安

家庭があると、転職するのはかなり大きな決断になります。40代と、仕事が安定してきた頃となるとなおさらです。自分の転職に家族全員の生活がかかっているので、適当に転職して元の会社よりも辛く、年収の低い会社に入ってしまうと、家族にまで迷惑をかけてしまいます。

40代での転職は家族全員の生活がかかっているので、自分の決意がどれだけ硬くても、家族を説得するのは困難になるでしょう。自分がなぜ転職したいのか、どのくらいの期間で次の職場を見つける予定なのかを正直に話すことが、家族から理解を得る一番の近道です。

【転職後】40代で新しい環境に溶け込めるか不安

新しい職場に行けば、新しい上司、新しい同僚がいます。また新しい人間関係を築かなければなりません。若い人は元気よく、柔軟に新しい環境になじめるでしょう。

しかし、40代となると話は別です。過去に転職をしていなければ、20年程同じ環境にいたことになります。そこからいきなり新しい環境に溶け込めるだろうかと、不安を覚える人も非常に多いです。

転職で不安なら転職エージェントに相談しよう

始めて転職する方は、どのように始めればいいのか、どのような活動をするのかでわからない部分も多いと思います。そんな方は、転職エージェントを利用してみてはいかがでしょうか。

転職エージェントは、転職に関する様々な相談に乗ってくれます。また、転職したい思いが強ければ、キャリアコンサルタントは必ず味方になってくれます。さらに、大量の案件の中から自分にあった案件を紹介してくれるので、自分で案件をみる手間が省けます。

特に初めて転職活動をされる方は、面倒な作業を引き受けてくれる上に、困った時には相談に乗ってくれる転職エージェントを利用してみてはいかがでしょうか。

しかも、転職エージェントは完全無料で利用することができ、転職や就職に関わるほとんどの面倒な作業を代行してくれ、転職のプロであるコンサルタントからアドバイスをいただくことができるため、転職初心者の方は使わない手はないです。

より詳しく転職エージェントについて知りたい方は下記記事にて転職エージェントに関する全ての情報をお伝えしております。

気になる方はチェックしてみてください。

転職エージェントとは|全てを理解し正しく使うための全情報

「転職エージェントって何?」 「転職エージェントの仕組みが知りたい」 「転職エージェントってどうやって選べば良いの?」 …

おすすめの転職エージェント

転職エージェントによってはキャリアコンサルタントの対応が雑だったり、求人数に差があったりします。

そのため、本当におすすめの転職エージェントを利用しないとあなたの貴重な時間が割かれてしまう可能性があります。

当サイトでは下記記事にて1000人以上の転職エージェント利用者の体験談を基に本当におすすめの転職エージェントを紹介しています。

気になる方はチェックしてみてください。

転職初心者の方におすすめしたい転職エージェントは「リクルートエージェント」と「DODA」、「パソナキャリア」の3つです。

複数登録することで、それぞれの転職エージェントの弱みを補いあうことができるので、転職エージェントを利用する際は複数登録することをおすすめ致します。

詳しくは下記記事にて解説しておりますので、ぜひご参考ください。

複数の転職エージェントを掛け持ちで利用すべき?理由付きで徹底解説

「転職エージェントを複数利用したほうが良い」 このような意見をよく聞くことがあります。 結論から言いますとこの知識…

「リクルートエージェント」は、業績や求人数など他の転職エージェントと比較して圧倒的な実績を誇る転職エージェントです。

転職エージェントを利用する際はリクルートエージェントを利用しない手はないでしょう。

リクルートエージェントは転職をする全ての人におすすめの転職エージェントです。

「DODA」は業績、求人数共に業界第2位という大手転職エージェントで、登録者のペースに合わせて転職活動をしてくれますし、転職初心者にも優しいキャリアコンサルタントが在籍しています。

求人数も多く、求人の質も良いので全ての人におすすめの転職エージェントです。

また「パソナキャリア」もキャリアコンサルタントの質が高いと業界で有名な転職エージェントです。

業績は業界で第4位、求人数はリクルートエージェントやDODAに比べると少ないのですが、求人の質も良く、何と言ってもキャリアコンサルタントの質は業界でもずば抜けて高く、とにかく登録者の気持ちを優先して対応してくれますし、転職初心者にも優しくキメの細かいサポートが特徴です。

転職が不安で「うつ」っぽくなったら病院へ

転職活動をしている中で、何事にもやる気が起きないなど、不安を感じているだけではないと感じることがあれば一度病院に行くことをお勧めします。うつ病にかかっている可能性があるかもしれません。

転職活動をしていると、「書類がなかなか通らない…」「面接で何度も落ちてしまう…」「いい案件が見つからない…」などでストレスがたまること、不安が募ることが多いですよね。最悪の場合、転職活動をしていてうつ病になってしまったというケースもあります。

うつ病になってしまうと生活もままならなくなってしまうので、うつ病の危険を感じたらすぐに病院にいくようにしましょう。

転職不安な時は、不安要素を明確にして解消していこう

不安でどうしよう、どうしようと思っているだけでは、不安が消えることはありません。何が不安なのかをひとつずつ明らかにして、一つずつ解消していきましょう。

不安があると、転職活動に悪影響しかありません。自分の出せる全力を出せなくなってしまいます。ですので、まずは不安を取り除き、自分の力をすべて出し切れるようにしましょう。すると結果が出るようになり、みるみる不安がなくなっていきます。

不安に押しつぶされず、一つ一つと向き合っていけば、不安が消え去り、楽しく仕事ができるようになるでしょう。

※記事の内容は、執筆時点での最新の情報となり、サービス内容・利用料金等を保証するものではありません。この記事の情報を基に行動する利用者の判断について、当社は一切の責任を負いかねます。サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、しかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。