コミュ障向けの仕事を選ぶ基準やおすすめ職種業種7選|正社員狙える業種も

「コミュ障だけど働きたい」「コミュ障に向いた仕事が知りたい」このように思っているコミュ障の方向けに、この記事ではコミュ障と仕事の関係についてまとめます。コミュ障の意味や向いている仕事、長く仕事を続けるコツなどを紹介します。コミュ障にも向いている仕事は必ずあります。それではどうぞ本文をご覧ください。

コミュ障とは

コミュ障とは人とのコミュニケーションを苦手とする人たちのことです。あまりにも多くの場面で「コミュ障」という言葉を使っていますが、本来の「コミュニケーション障害」とはまた別のニュアンスで捉えるべきでしょう。

本来のコミュニケーション障害とは、生まれつき他者とのコミュニケーションが特別に苦手とする障害を持つことを意味します。

しかし、コミュ障はもっと広義の意味で使われ、生まれつきでなくとも人とのコミュニケーションが苦手なときに用いられます。何かのきっかけによって、コミュ障が解決に向かうことも多いです。

コミュ障には様々なパターンがありますが、コミュニケーションに苦手意識が伴うことが特色です。そのため必要なときにもコミュニケーションを避けてしまいがちです。結果的に、日常の生活や仕事に負担が生じることもあります。

現代社会ではコミュニケーションを過剰に要求されるケースも多く、残念ながらコミュ障は著しいハンデとなる可能性が高いでしょう。

一方で、コミュ障であったとしても日常生活は営まねばなりません。幸い、コミュ障は決して生活できないほど致命的な状態ではないことが多いです。自分にあった生活や仕事を選ぶことが幸せに暮らすことの第一歩です。

コミュ障であることを考慮した仕事選びをすることで、安定した暮らしができるでしょう。

コミュ障で仕事が続かないならキャリア診断テストを受けておこう

キャリア診断テストを受けることで、コミュ障であっても自分の強みを客観的に把握できるようになります。

確かにコミュ障であることは仕事を続ける上でハンデになることも多いですが、それ以外の自身の強みや自分に向いている仕事があるはずです。コミュ障であることがそれらを覆い隠している可能性は否定できないでしょう。

そのため客観的に自分の強みを分析しておく必要があります。その分析のためにキャリア診断テスト受けてみるのが良いでしょう。だいたい無料で利用できるはずなので、気軽に受けてみても良いでしょう。

キャリア診断は自分の強みが生きる仕事を探したり、採用面接の際に自分の強みをアピールしたりする役に立つでしょう。

また、自分の強みを認識することはコミュ障にとって自分の価値を再確認することです。自信をつけるためにも、キャリア診断を受けてみるのが良いのではないでしょうか。

おすすめのキャリア診断テスト

キャリア診断テストにも種類がありますが、この本文中では「グッドポイント診断」をオススメします。グッドポイント診断はリクルートキャリアが開発したキャリア診断サービスであり、約30分で本格的な診断できます。

30分かかることはキャリア診断としてはやや長く面倒ではあるものの、そのおかげで結果は的を射たものであるイメージが強いようです。自分では把握しにくい能力を客観的に把握しやすくなります。

グッドポイント診断のためにはリクナビNEXTへの登録が必須です。リクナビNEXTは転職サイトですが、今後コミュ障と付き合いながら転職も見据えるなら損はしないでしょう。

リクナビNEXTを利用して転職活動をするのなら、診断結果を志望企業に応募時に添付してくれますが、診断結果を確認するだけでも十分に役に立ちます。

コミュ障で仕事ができない・つらい・辞めたいなら

コミュ障が合わない仕事を続けると、仕事ができないことやコミュニケーションが取れないことから気持ち的に追い詰められてしまいます。結果として仕事がつらい・辞めたいと思うこともあるでしょう。

しかし、コミュ障が常にどんな仕事とも合わないわけでは決してありません。必ずどこかに合う仕事があるはずです。もちろん、この本文中でもそれらの仕事を紹介していきます。

コミュ障を改善したり、仕事の環境を改善したりと仕事のつらさと戦っていく方法もありますが、それら方法では及ばない時もまた多いです。そのような時には転職を考えることもひとつの選択肢でしょう。

自分がつらい職場にしがみつく意味はほとんどありません。「仕事を辞めてはならない」という強迫観念によって、自分の健康を損なうことがあってはならないのです。

また、転職するのは早ければ早いほど新しい仕事を見極めることができ、慣れていくことが出来ます。

「必ず転職しろ」というわけではありませんが、ひとつの選択肢として考えてください。むしろコミュ障は自分に合った職場を積極的に探して行く必要があると言えるでしょう。

実際はコミュ障がゼロから転職を考え、進めることは難しいはずです。ノウハウも知識もなく、コミュニケーションをとることも厳しければ、なかなか転職活動は進まないでしょう。

しかし、転職エージェントを利用すれば、それらはある程度解消されます。転職エージェントとはキャリアコンサルタントや転職先候補と面接のセッティング、給与交渉などを代わりにやってくれるサービスです。

転職する側の利用料は無料であるため相談してみると良いでしょう。自身の転職活動をある程度エージェントが代わりに行ってくれることはコミュ障には特にありがたいです。

より詳しく転職エージェントについて知りたい方は下記記事にて転職エージェントに関する全ての情報をお伝えしております。

気になる方はチェックしてみてください。

転職エージェントとは|全てを理解し正しく使うための全情報

「転職エージェントって何?」 「転職エージェントの仕組みが知りたい」 「転職エージェントってどうやって選べば良いの?」 …

おすすめの転職エージェント

転職エージェントによってはキャリアコンサルタントの対応が雑だったり、求人数に差があったりします。

そのため、本当におすすめの転職エージェントを利用しないとあなたの貴重な時間が割かれてしまう可能性があります。

当サイトでは下記記事にて1000人以上の転職エージェント利用者の体験談を基に本当におすすめの転職エージェントを紹介しています。

気になる方はチェックしてみてください。

コミュ障が転職する場合には転職エージェントを利用することがオススメとなります。しかし、転職エージェントにもいくつかの種類があるため、ここではコミュ障に特におすすめな有名な3つのサービスを紹介します。「リクルートエージェント」と「DODA」、「パソナキャリア」の3つです。

複数登録することで、それぞれの転職エージェントの弱みを補いあうことができるので、転職エージェントを利用する際は複数登録することをおすすめします。

詳しくは下記記事にて解説しておりますので、ぜひご参考ください。

複数の転職エージェントを掛け持ちで利用すべき?理由付きで徹底解説

「転職エージェントを複数利用したほうが良い」 このような意見をよく聞くことがあります。 結論から言いますとこの知識…

リクルートエージェント

「リクルートエージェント」は、業績や求人数など他の転職エージェントと比較して圧倒的な実績を誇る転職エージェントです。

転職エージェントを利用する際はリクルートエージェントを利用しない手はないでしょう。

リクルートエージェントは転職をする全ての人におすすめの転職エージェントです。

DODA

「DODA」は業績、求人数共に業界第2位という大手転職エージェントで、登録者のペースに合わせて転職活動をしてくれますし、転職初心者にも優しいキャリアコンサルタントが在籍しています。

求人数も多く、求人の質も良いので全ての人におすすめの転職エージェントです。

パソナキャリア

また「パソナキャリア」もキャリアコンサルタントの質が高いと業界で有名な転職エージェントです。

業績は業界で第4位、求人数はリクルートエージェントやDODAに比べると少ないのですが、求人の質も良く、何と言ってもキャリアコンサルタントの質は業界でもずば抜けて高く、とにかく登録者の気持ちを優先して対応してくれますし、転職初心者にも優しくキメの細かいサポートが特徴です。

 

コミュ障が仕事を選ぶのに向いている職種・業種7選

コミュ障に向いている職種・職業を正社員・アルバイトに関わらず紹介します。ここで紹介する職種・職業は基本的に人とあまり接しない職業です。

仕事内容が個人で完結していたり、自宅で作業できたりする仕事を中心にピックアップしました。

このケースでは会社に雇用される立場よりも、自分の出来る範囲内で働く人、例えば個人事業主などの形で働いている人も多いようです。

会社に雇用されない場合には複数の仕事をする人もいるでしょう。今後の社会ではいくつかの収入源を確保することは有効な選択肢です。ここで紹介する仕事で働く人にはオススメの方法となります。

ポスティング

あまり人と接することがなく、一人で黙々と作業できるのがポスティングの仕事です。ポスティングは基本的にチラシをただポストに配る仕事になります。

ポスティングは街中でチラシを配っているサンプリングとは違い、仕事中にほぼ人と接することがありません。

ただし、まとまったお金を得るためには広範囲をポスティングする必要があり、やや体力的にしんどい仕事となります。シフトを含め自由になる部分が多いため、副業としてオススメの側面が強いでしょう。

また、ポスティングは歩合制であるところと時給制であるところがありますが、より安定しやすいのは時給制のポスティング仕事となります。

新聞配達

新聞配達の仕事はコミュ障向けの仕事のひとつです。新聞配達とは言葉からイメージする通り、新聞を購読している各戸を訪問し、郵便受けに新聞を入れていく仕事になります。

新聞配達は人と会話をする機会がほぼないと言えるでしょう。コミュ障にとっては配達作業に集中できるため、負担が少ない仕事です。

また、新聞販売所に配達用の新聞を取りに行くときも、特に社員の人らとコミュニケーションを取る必要もありません。

特に朝刊の配達であれば人とすれ違うことさえあまりなく、コミュ障にとって非常に向いている仕事です。

在宅ワーク

在宅ワークで働くことはコミュ障にとって、とても負担が少ないでしょう。なぜなら在宅で働くことは、不意に誰かとコミュニケーションをとらなければいけない状況がほぼ考えられないからです。

在宅ワークとしてはデータ入力やプログラミング、翻訳やWEBデザインなどが考えられます。

人と関わることが少ないためコミュ障に向いている一方で、自己管理をしなければすぐにバランスを崩し仕事を続けられなくなってしまうでしょう。

ライター

ライターも多くの人が自宅で働いている仕事であり、コミュ障にオススメの仕事でしょう。現代のライターは人と関わることがほぼなく、コミュ障にとっては負担が軽い仕事です。

現在のライターはパソコンがあれば、ある程度作業する場所を選ばないため、自宅で作業する人も多く、パソコン上で依頼人とやりとりすることも多いです。

しかし、ライター仕事はセンスに依存する部分もあり、万人にライターオススメできるかと言うとやや難しい面があります。文章を構成する力や言い回し、あるいは表現力などを最低限読めるレベルまで持っていく必要があります。

きちんと自己管理して作業できること、お金を稼げるレベルにあることを満たせば、ライターはコミュ障にオススメの仕事と言えるでしょう。

でも、ライターの仕事はどう始められるんだろう…?ライターの仕事の魅力は何だろう…?とライターの仕事に関して興味がある方は以下の記事をご覧ください。ライターの仕事について詳しくご紹介しています。

ライターの仕事|種類や内容を知って理想のキャリアを手に入れよう

ライターの仕事の内容・業務 ライターの仕事の内容はPCやタブレットを用いて、文字を書くことです。大まかに分けて0から…

専門職

専門職は比較的雇用が安定するカテゴリであり、当然ながら生活も安定します。コミュ障にとって、手に職があることは他の人よりも強い武器となるでしょう。自分がやれることが明確である以上、他者に長く説明する必要もないからです。

現代であればプログラミンなどのIT関連職は特に雇用が安定しやすいです。また、それなりの期間の努力を必要とするため、力のある人材であれば多少コミュ障であろうと採用は容易となります。

コミュニケーションを避けるのではなく、自分自身の実力を持って働ける環境を得るつもりであれば、何かしの専門職を目指すのが良いでしょう。

クリエイティブ系

クリエイティブ系の職種はコミュ障向けの仕事であることが多いです。なぜならクリエイティブ系の仕事は独立して働きやすい仕事だからです。

例えば、イラストレーターやデザイナーなどが考えられますが、これらの仕事は現在ならパソコンがあればどこでも作業が可能でしょう。作業場所を選ばないため、自宅でも可能な仕事になります。

また、時給の考え方に合わず比較的自由な働き方の職種であるため、自分でコミュニケーションをとる相手を選ぶことも容易になります。

他に考えられるクリエイティブ系の職種としてはフリーランスの写真家や音楽家などが考えられるでしょう。ただし、センスとスキル、ノウハウが必須となり、誰でも出来るわけではありません。

デザインの仕事はデザインするものや手段によってさまざまな仕事があり、魅力があります。以下の記事ではデザインの仕事について網羅的にご紹介していますので、デザインの仕事に興味のある方はぜひご覧ください。

デザインの仕事|種類や内容、魅力を知って理想のキャリアを手に入れよう

デザインの仕事の内容・業務 デザインの仕事というと、デザインをする「デザイナー」と呼ばれる仕事になります。デザイナー…

また、この記事だけではコミュ障におすすめな仕事を紹介しきれません。コミュ障であっても、人と関わるのが本当に苦手だったり、中には対人恐怖症の人もいるでしょう。以下の記事ではコミュ障や対人恐怖症の人におすすめな仕事を幅広くご紹介しています。この記事と併せて読まれることをおすすめします。

人と関わらない仕事16選|1人でできる仕事で正社員やバイト、女性向けも

人と関わらない仕事をして人と関わらない生き方や生活はできる 人間関係が苦手でコミュニケーションをとるのが億劫であった…

対人恐怖症でもできる仕事・職種やバイトまとめ|おすすめの仕事10選

対人恐怖症という言葉をあなたは聞いたことがありますか。あなたがもし「人が怖い」「社会が怖い」など、人と接することに恐怖を感じて…

コミュ障向けの仕事で正社員も狙える職種・業種5選

コミュニケーションをとる機会が少ない職種や対人関係が気楽な職業であれば、コミュ障でも正社員を狙うことが可能です。ここではコミュ障向け正社員の仕事を5つ紹介します。

軽いコミュ障である場合や、これから仕事を通じてコミュ障を克服していくと決めた人にオススメの仕事となるでしょう。今現在はコミュ障であったとしても、向上心を持って正社員を狙っていけば状況が改善することもあります。

いずれは正社員としてコミュニケーションをとりながら働いていくことを考えるなら、最初の段階でコミュニケーションを適度に保ちながら働ける職場を探すのがベストです。

コミュ障である人は「どこまでのコミュニケーションなら負担にならず行えるか」、あるいは「どのようなコミュニケーションなら慣れることができるか」を考えて、職場を選ぶのが良いでしょう。

トラックの運転手

仕事に関するコミュニケーションができることが大前提ですが、トラックの運転手はコミュ障にも働きやすいでしょう。特に軽度なコミュ障であれば、さほど問題にはならないはずです。運転が好きな人はさらに良い環境でしょう。

トラックの運転手自体は人手不足が続いており、採用は比較的幅広くなっています。ただし、同僚とは業務の連絡をするためにもやり取りが必須です。

多少の不自由は抱えますが、大体の時間は運転しているため、それほどコミュニケーションが負担になりません。

肉体労働寄りの仕事であるためか給料は悪くないのでオススメでしょう。

ビルメンテナンス・清掃員

意外なほどコミュ障に人気なのがビルメンテナンスや清掃員の仕事です。言葉のイメージ通り、ビルの点検や保守や施設の清掃を行います。

仕事中は積極的には誰かと話すことがありません。余所のビルや施設を点検したり、清掃したりしながら頻繁に他者と話をされては当該ビルや施設の人は迷惑でしょう。

さらに、基本的に同僚としか話すことがないため、コミュニケーションが楽な仕事と言えるでしょう。

一方で、スキルを使う点検や保守、清掃の仕事であれば専門的な仕事と言え、十分なスキルさえあれば働きやすい環境となります。

製造業・工場ライン作業員

コミュ障であり、かつ同じことを繰り返す作業に向いている人は製造業や工場のライン作業員もオススメとなるでしょう。

基本的に日々同じ業務を繰り返すため、飽きが来る人には本当に向いていないのですが、慣れてしまえばわずかなコミュニケーションで作業をこなすことができます。

作業内容の指示を必要とし、また機械を使う仕事である以上は、コミュニケーション自体は必須となります。しかし、慣れてしまえば必要最小限の指示を聞くだけで良くなるでしょう。

基本的にライン作業などは無駄話をしている時間はないため、黙々と作業に取り掛かることができます。

倉庫での軽作業

初期こそ慣れるためにコミュニケーションをとる必要が多くあるものの、慣れてしまえば倉庫での軽作業はコミュ障にオススメの仕事です。

倉庫での軽作業にはいくつかの種類があり、ピッキングや仕分け作業、そして梱包作業・出庫作業などが考えられます。軽作業という言葉のイメージとは違い、重量がある物の運搬も行うため体力を要する場合もあるでしょう。

雑談等のコミュニケーションの負担は少ないため、肉体的な負担が気にならない場合にはオススメとなるでしょう。もちろん、仕事用のコミュニケーションは少ないながらも必須であり慣れる必要があります。

特別なスキルを必要としない作業であるため多くの人が可能な仕事です。ただし、場合によってはフォークリフト運転の求人などもあり、こちらにも応募できるようにと考えるといくつか免許をとっても良いかもしれません。

警備員

一箇所にとどまっていることが苦でない性格であれば、警備員はコミュ障にオススメの仕事です。

警備は駐車場やデパート、企業のビルなど様々な場所で勤めます。勤務時間中は特に異常がなければ、同じ場所に居続けることから忍耐する力が必要となるでしょう。

警備員が話し込むような風景を見たことがないでしょう。警備員のコミュニケーションの機会は比較的少ないのです。そして、同僚と相談しながら進めるような仕事ではないため、比較的気楽に働けるでしょう。

コミュ障の人が仕事を長く続けるための仕事を選ぶ基準

コミュ障が長く仕事を続けるために、どのような基準で仕事を選べば良いのかを紹介します。

コミュ障だからといって働かずには絶対に生きていけません。また、コミュ障で働けないと思っていると、コンプレックスが深まってしまうかもしれません。仕事は社会参加を果たす手段でもあるからです。

一方で、コミュ障と付き合いながら働くことで事態が改善する可能性もあるのです。人生で常にコミュ障であると決まってはいません。どんなキッカケでコミュ障が改善するかはわかりませんし、仕事をすることの可能性もあります。

コミュ障とはきっとうまく付き合っていけるはずです。そのためにも、コミュ障であることと付き合いながら仕事をこなす方法を紹介していきます。

一人で黙々と作業する時間が多い仕事

コミュ障が長く働こうと思えば、一人で黙々と作業をする時間が多い仕事を選ぶべきでしょう。

コミュ障は誰と会話がなかったとしても、周囲に人がいるとその目を気にしてしまったり、自分が間違っているのではと疑ってしまったりと、自身を追い詰めてしまう傾向があります。

他の人と仕事上の協力が多ければ、なおさら疑心暗鬼やネガティブ嗜好の傾向は強くなります。

そのためできれば1人の作業で完結するか、あまり他の人と関わらない仕事環境が良いでしょう。

他人に気を遣う必要がない、もしく少ない事

コミュニケーション自体を少なくすることや、人と接する機会自体を少なくすることは、コミュ障が長く働いていく上で有効となるでしょう。つまり、対人関係自体が少ない仕事を探すのがオススメです。

コミュ障はどうしても対人関係が気になる環境では力を発揮できない傾向にあります。仕事を順調にこなしたいと願うコミュ障には厳しい状況です。

途中から環境を変えるのは難しいため、最初から他人と関わる機会が少ない仕事が最も気楽でしょう。

残念ながらコミュニケーションの機会を減らすことは、コミュ障改善の機会を減らすことにも繋がりかねません。

しかし、一方でコミュニケーションの機会を減らすことで仕事の効率を上げることができるのなら、その成果が自信を与えてくれるでしょう。

仕事の結果を積み重ね自信を得ることは、いつの日かコミュ障の改善へと繋がる可能性も大いにあり得ます。

専門職を選んでスキルアップできる事

コミュニケーションが苦手であることは劣等感を生みやすいです。仕事の上でもこの劣等感に悩むこともあるでしょう。しかし、他の自信のある分野で役に立っている実感がこの劣等感を埋めてくれるはずです。

実際にある専門分野で頼りにされることは、コミュニケーションが苦手でも受け入れられやすくコミュ障にとっても楽になるでしょう。

専門職としてスキルアップすることで、職場に必要となる人材となり、コミュ障のハンデも打ち消せるはずです。

専門職となると1人で作業できることもあるため、コミュ障が専門職を目指すことも有効でしょう。

コミュ障の仕事は対人やりとりが少ないがおすすめ

 

コミュ障であったとしても、どんどんと働いていくことができます。コミュニケーションは確かに職場でよく求められるものですが、苦手であれば避けて悪い道理はありません。避けても働ける職場を選べば良いのです。

あるいは、コミュニケーション以上に人から必要とされる技術を身につけることもひとつの方法でしょう。

本文ではコミュ障の意味やコミュ障の仕事を考える上で助けになるキャリアプランニングについて、あるいはコミュニケーションの負担の少ない働き方についてまとめました。

本文中でいくつもコミュ障向けの仕事をいくつも紹介しているように、コミュ障であっても働ける分野は幅広く用意されているのです。

決してコミュ障であるからといって投げやりにならず、働きやすい環境を目指し仕事を選ぶと良いでしょう。

コミュ障として働いていくことがつらいのであれば、本文中ではコミュ障が長く働くための方法について提案しました。これを参考にしてコミュ障であったとしても気楽に働ける環境を手に入れましょう。

※記事の内容は、執筆時点での最新の情報となり、サービス内容・利用料金等を保証するものではありません。この記事の情報を基に行動する利用者の判断について、当社は一切の責任を負いかねます。サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、しかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。