【男女別】職場に好きな人がいるときの脈アリサインは?

 

 

職場に好きな人がいると、仕事にも張り合いが出ますよね。しかし、毎日顔を合わせる職場だからこそ、好きな人がいる場合には注意点もあります。

そこで、ここでは職場恋愛の難しさについてまとめてみました。また、男女別に、職場に好きな人がいるときの、脈ありサインをご紹介したいと思います。気になる方はぜひ目を通してくださいね。

 

職場恋愛は難しい?

職場恋愛は難しい、と言われることがありますが、それはどうしてなのでしょうか。職場の人間関係に影響してしまう、セクハラ扱いされるリスクがある、といったことが挙げられます。それぞれ、詳しく見てみましょう。

職場の人間関係に影響する

職場での恋愛だと、それが周りの人との人間関係にも影響してしまうことがあります。付き合うことになった場合も、ほかの異性が気を遣って話しかけてこなくなる、態度がよそよそしくなる、といったこともあるでしょう。仮に別れてしまったとなると、周りはさらに気を遣うでしょうし、仕事もしにくくなります。

セクハラ扱いされるリスクもある

好きな人には振り向いてほしいものですし、人によっては頑張ってアプローチをしようとするはずです。

しかし、そこが職場である以上、好意を持ったアプローチでもセクハラだと思われてしまうリスクがあります。今は特に、セクハラやパワハラに厳しい視線が注がれている時代なので、こうしたリスクも覚えておきましょう。

 

職場の好きな人に送る脈アリサイン【男性編】

ここでは、男性が職場の好きな人に送っている脈アリサインをご紹介します。目が合うとそらす、おふざけのコミュニケーションが多い、小さな変化によく気づく、などが代表的ですね。該当するものがないか、チェックしてください。

目が合うと逸らす

なぜか目はよく合うのに、合うとそらされてしまう、というケースだとその男性はあなたに気があるのかもしれません。目をそらすのは、恥ずかしいという気持ちや、好意を知られたくないという心理の現れです。意識しているからこそ、目が合うと思わず目を背けてしまいます。

おふざけのコミュニケーションが多い

よく冗談を言ってくる、同性同士のような接し方をしてくる、というのもよくある脈ありサインです。男性の本心では、もっと女性と仲良くなりたいと思っています。しかし、それを悟られないよう、ちょっとふざけた感じにして距離を詰めようとしているのです。小さな子供が好きな子にいたずらするようなものです。

小さな変化によく気付く

小さな変化によく気づくのは、それだけその人のことをよく見ている証拠です。髪を少しだけ切った、色をほんの少し明るくした、ネイルを変えたといった変化に気づくのなら、かなりしっかり見ています。

好きな人だからこそいつもよく観察しているのです。これも男性のよくある脈ありサインの一つといえるでしょう。

社内メールやチャットが頻繁に届く

社内メールやチャットを活用している企業は少なくありません。こうしたツールを使って、好きな女性に脈ありサインを送ってくる男性も多いです。別に今すぐ必要でないことが、社内メールやチャットで届くのなら、それは男性からの脈ありサインといえるでしょう。頻度が高くなるほど、脈があると考えられます。

仕事の依頼とお礼の食事が多い

単純に仕事がデキるため、お願いしてくるということも考えられます。しかし、そのあとでお礼の食事に誘ってくるようなら、それは脈ありサインと受け取れるでしょう。

そもそも、その仕事も本当は自分でこなせるのかもしれません。仕事をしてもらって、それを口実にお礼の食事に誘いたいだけという可能性が高いですね。

職場の飲み会でなぜかいつも席が近い

好きな人の近くにいたいと考えるのは、男性でも女性でも同じことです。職場の忘年会や新年会、普段の飲み会などで、なぜかいつも近くの席にいる、という場合だと脈があると考えられます。

単純に好きな人の近くにいたいという心理と、ほかの男性社員がアプローチしないよう、監視する目的もあるのでしょう。

 

職場の好きな人に送る脈アリサイン【女性編】

ここからは、女性が職場の好きな人に送る脈ありサインについてご紹介します。わざと好きな人の席の近くを歩く、困りごとの相談をよくする、一緒のタイミングで残業する、といったことが挙げられます。詳しく見てみましょう。

わざと好きな人の席の近くを歩く

別にどうしてもそこを通らなくてはいけないわけではないのに、わざわざ好きな人の近くを通ろうとします。これは、少しでも好きな人の近くにいたいという女性の心理が働いています。

また、好きな人の近くをわざと歩くことによって、自分の存在をアピールするという狙いもあるのでしょう。

メモや付箋を特別かわいく書く

オフィスで欠かせないツールの一つといえば、付箋です。ちょっとしたメモとして使用しますが、仕事仲間に伝えたいことを書くこともありますよね。女性だと、気になる男性には特別かわいく書いた付箋やメモを渡すことがあります。

これもやはり、気になる異性に対してのアピール、脈ありサインと言えるでしょう。

困ったことの相談がよく来る

困りごとの相談がよく来るという場合、女性からの脈ありサインかもしれません。困っていることの相談をするということは、それだけその男性のことを信頼しているということです。

信頼している、好意を持っているからこそ、心を開いて相談をしています。しかも、一度でなく何度かそのようなことがあるのなら、高い確率で脈ありサインといえます。

飲み会の参加を確認してくる

気になる異性だからこそ、職場の飲み会に参加するかどうかが気になっています。また、来てほしいという気持ちの表れとも受け取れるでしょう。

出席しない、と答えたとき、寂しそうな表情を見せたのなら、それはほぼ間違いなく気がある証拠と考えられます。出席しないと答えると、その女性も出席しないかもしれません。

一緒のタイミングで残業する

同じタイミングで残業をするのも、男性に対する脈ありサインである可能性が高いです。しかも、どうしても今日やらなくてはいけない仕事でもないのに、わざわざ残業するようだと、ほぼ間違いないでしょう。

好きな人とできるだけ長く同じ空間にいたい、あわよくば、そのまま一緒に帰りたいといった想いが見え隠れしています。

一緒に帰ろうとする

一緒に帰ろうとするのは、お互いの距離をもっと縮めたいと考えているからです。職場の中では基本的に仕事の話しかしないことが多いので、仕事が終わったあとなら距離も詰めやすいと考えています。学生のとき、好きな人と一緒に帰りたいと思ったことは、女性ならありますよね。それとまったく同じ感じです。

 

職場の好きな人への上手なアプローチ術

職場に好きな人がいる場合、どのようにアプローチすればいいのでしょうか。挨拶は常に笑顔を心がける、仕事の相談からコミュニケーションを増やすというのが王道です。ここでは、職場における好きな人への以下4つのアプローチ術をレクチャーしましょう。

  • 挨拶は笑顔を心がける
  • 仕事の相談からコミュニケーションを増やす
  • 自分の机の周りはきれいにする
  • 休憩時間を合わせる

挨拶は笑顔を心がける

笑顔が素敵な人だと、相手に良い印象を与えられます。これは、男性でも女性でもまったく同じことが言えるでしょう。いつもブスッとした、暗い表情の人よりも、明るい笑顔の人のほうが好感を抱けますよね。できることなら、挨拶だけでなく、できるだけいつも笑顔を心がけるようにしましょう。

仕事の相談からコミュニケーションを増やす

職場の仲間だと、仕事の相談が会話のとっかかりになります。仕事で困っていること、悩んでいることなどを相談してみましょう。

そこから会話を広げることができますし、相談に乗ってもらったお礼という口実で食事やデートにも誘いやすくなります。仕事の相談を通じて、少しずつお互いの距離を詰めていくのは有効です。

自分の机の周りはきれいにする

デスク周りは常に綺麗にしておきましょう。デスクがいつも散らかっている、汚いという状態だと、相手に良い印象を与えられません。だらしない、片付けができない人だと思われてしまいます。

仕事がデキる人というのは、デスク周りもスッキリしています。デキる人をアピールするためにも、常に綺麗な状態を保ってください。

休憩時間を合わせる

休憩時間を合わせることで、コミュニケーションがとりやすくなります。職場によっては、一斉に休憩をとるようなところもあるでしょうが、各々が自己の判断で休憩をとるような会社も多いです。

休憩時間を合わせれば、会話するチャンスも増えますし、ランチにも一緒に行けるかもしれません。さりげなく、休憩時間を合わしてください。

 

職場に好きな人がいるときのNG行動

ここでは、職場に好きな人がいるときに、してはいけない4つの行動についてまとめてみました。このような行動をしてしまうと、恋が成就するどころか、引かれてしまうかもしれません。職場に好きな人がいる方は、しっかり覚えておきましょう。

  • あまりに華美な化粧や髪型にしないこと
  • 相手によって態度を変えないこと
  • プライベートは詮索しすぎないこと
  • しつこくアピールしないこと

あまりに華美な化粧や髪型にしないこと

職場は、あくまで仕事をする場所です。決して男女の出会いを促進する場ではありませんし、遊び場でもありません。

好きな人がいる場合、華美な化粧や髪形にして気を引きたいという気持ちも理解できますが、これはNGです。仕事に対していい加減な人、という印象を持たれてしまう恐れもあり、逆効果になってしまいます。

相手によって態度を変えないこと

自分よりも立場が下の者には高圧的な態度をとるのに、上司には媚びへつらう、といった感じです。このような人は、男女関係なく嫌われてしまいます。

人間としての器の小ささが透けて見えますし、人として付き合いたくないと思われてしまうでしょう。相手が誰であろうと、同じ態度で接することを心がけてください。

プライベートは詮索しすぎないこと

好きな人のプライベートは気になるものです。休日には何をしているのか、普段仕事が終わったあとに何をしているのか、というのは気になりますよね。

さりげなく聞く分には構いませんが、詮索しすぎると怖いと思われてしまいます。ストーカーなのかと疑われてしまうかもしれないので、詮索のしすぎはやめましょう。

しつこくアピールしないこと

振り向いてくれないからといって、しつこくアピールしてしまうのもNGです。上司に相談されてしまう恐れがありますし、逆効果になってしまう可能性が高いです。好意を持っている相手に対しては、さりげなくそれをアピールしながら、距離を詰めていくことです。

 

まとめ

男女別の脈ありサインについてまとめてみましたが、いかがだったでしょうか。

覚えておくと、自分に対する脈ありサインなのかどうかも判断できますよね。職場に好きな人がいるのなら、まずは仕事の相談などからコミュニケーションを増やしていきましょう。ここでお伝えした、NG項目についても覚えておいてくださいね。

※記事の内容は、執筆時点での最新の情報となり、サービス内容・利用料金等を保証するものではありません。この記事の情報を基に行動する利用者の判断について、当社は一切の責任を負いかねます。サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、しかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。