▼当サイトで申込みが多い転職エージェントはこちら!(転職成功者の9割は4社以上のエージェントを併用しています!)

【1位】パソナキャリア業界ダントツのサポート力を誇る利用必須の転職エージェント。利用者満足度96%
【2位】type転職エージェント年収アップ率は業界ダントツの71%!質の高い求人と桁外れな対企業交渉力が特徴。
【3位】リクルートエージェント絶対に使うべき、国内最大https://ad.presco.asia/cl/?b_id=SKdgwGQ3&t_id=1手のNo1転職エージェント!公開求人・非公開求人含め23万件以上というダントツ業界トップの求人数

▼【登録無料】転職活動で役立つ!あなたの気づいていない強みを発見できるリクナビネクスト グッドポイント診断に登録しましょう!

3分で完了!グッドポイント診断はこちら!

【この記事の語り手:宮前】

阪大卒。元転職エージェント運営企業勤務の46歳。妻と中学生の息子が2人、愛犬がいる。転職エージェントではIT領域のキャリアアドバイザーとして、面談しサポートした求職者は2000名以上。現在は企業に対して採用コンサルや面接の代行をしているほか、転職wikiでは語り手として皆さんにプロでしか知り得ない情報をお伝えしている。

 

【転職活動中の井上さん】

2012年、早稲田大学を卒業。ITベンチャーに入社し、Rubyエンジニアとして5年間勤務。ITベンチャーで得られる経験やスキルに限界を感じ、自身のキャリアアップとさらなる年収アップの為に大手上場企業への転職を希望している。

皆さんはこのように思ってはいませんか?

  • ◆マイナビエージェントの40代・50代(中高年)からの詳しい評判が知りたい
  • ◆マイナビエージェントは他の転職エージェントと比べたらどんなメリット・デメリットがあるのか知りたい
  • ◆40代・50代(中高年)だけど、自分はマイナビエージェントを利用すべきか否かを知りたい

この記事を読んでもらえれば、これらの疑問を解決し、希望の転職への大きな一歩を進むことができるようになることをお約束いたします!

では、さっそくマイナビエージェントの40代・50代(中高年)の評判について見ていきましょう!

この記事に入る前に!読者の皆様へ宮前からひとこと

やっと気温が落ち着いてきて、過ごしやすくなってきましたね。

さて、この記事を読み進めてもらう前に皆さんにお伝えしたいことがあります。

それは、、、「10月は求人数が増えてライバルが少ない転職にもってこいの時期!早めの行動がベスト」ということです。

10月は夏にボーナスをもらってから退職した人材の欠員を埋めるため、企業は活発に採用活動を開始。10月は1年でいちばん求人数が多くなるのです!(産業別新規求人数の推移(一般)(平成29年度~)

さらに、10月の転職活動は4月入社に向けた採用ではないので、ライバルが少ないことが特徴。

この記事で詳しくご紹介しますが、マイナビエージェントは利用者満足度96.4%で、非常に高いサポート力で選考通過率は他社転職エージェントの2倍を誇る転職エージェント。

type転職エージェント』『パソナキャリア』『リクルートエージェント』など他社転職エージェントを併用し、求人の量を補完してマイナビエージェントを利用すれば、希望の転職実現へと最高のスタートを切ることができるでしょう!

ライバルが少なく求人数が最も多いこの10月、チャンスをものにするたった1つのコツは「今すぐ行動を起こすこと」です。

マイナビエージェントの40代・50代の評判は良くない|他社エージェントを利用すべき

マイナビエージェントは新卒領域首位のマイナビが運営する転職エージェント。

マイナビは転職領域ではマイナビエージェントを運営しており、なんと利用者満足度は96.4%。

しかし、マイナビエージェントは若年層の転職には非常に強いものの、40代・50代(中高年)の転職にはこれといった強みはありません。

「1000万円以上の年収がある」「豊富なマネジメント経験がある」など特筆すべきキャリアを持っているとしても、40代・50代向けの求人は非常に少な目。

キャリアが低いとなれば、登録を拒否されてしまうこともよくあります。

マイナビエージェントを利用するのであれば、後ほどご紹介する転職エージェントを利用したほうが中高年の転職は間違いなくうまくいくはずです。

なので、転職wikiとしては40代・50代(中高年)であるならマイナビエージェントを利用せず、次の章でご紹介する転職エージェントを利用することをおすすめしています。

 

40代・50代(中高年)がマイナビエージェントの代わりに利用すべき転職エージェント

40代・50代(中高年)であれば、マイナビエージェントの代わりに以下6つの転職エージェントを利用すべきです。

【マイナビエージェントの代わりに40代・50代(中高年)が利用すべき転職エージェント】

  • 1.パソナキャリア
  • 2.JACリクルートメント
  • 3.ビズリーチ
  • 4.リクルートエージェント
  • 5.doda
では、それぞれ詳しく見ていきましょう!

1.パソナキャリア

パソナキャリアは中高年の転職に絶大な強みを持っている転職エージェント。

業界ダントツのサポート力・非常に高い求人の質が特徴で、年収800万円以上のエグゼクティブ求人を多く保有。

また、「女性の転職ならパソナ」と昔から言われているようにパソナキャリアは女性の転職に絶大な強みを持っています。

ミドル層のハイキャリア女性専門のキャリアアドバイザーもおり、40代・50代以上の女性であれば非常に質の高いサポートを受けることができます。

40代・50代からエグゼクティブ(管理職)として出世したい方にとって、パソナキャリアは最高のパートナーになり得るでしょう!

【完全無料】|パソナキャリア公式サイトから2分で登録:http://www.pasonacareer.jp/

※合わないと思ったらすぐに解約可。ノーリスクで利用できます。

パソナキャリアの詳しい評判は以下↓

【パソナキャリア】40代・50代(中高年)の評判まとめ|元エージェント社員が本音で解説

皆さんはこのように思ってはいませんか? この記事を読んでもらえれば、これらの疑問を解決し、希望の転職への…

2.JACリクルートメント

JACリクルートメントは、ロンドン発祥でハイキャリア人材の転職に特化した日系転職エージェントです。

JACリクルートメントは、外資系企業を中心として年収800万円以上の質の高い求人を多く保有しているのが特徴。40代・50代(中高年)であれば、年収2000万円以上の大企業役員など魅力的なエグゼクティブ求人を紹介してくれます。

サポートの質も非常に高く、ハイキャリアな40代・50代(中高年)であればパソナキャリアと並んで非常に頼りになる転職エージェントです。

JACリクルートメントは40代・50代(中高年)以上のエグゼクティブ転職専門の「JACエグゼクティブ」というサービスを別ラインで展開しており、以下のように利用者の約半数が50代、転職者の大半が年収1000万円~2000万円となっています。

JACリクルートメントは別ラインでJACエグゼクティブとううサービスを展開しており、転職者の約半数が50代以上
40代・50代(中高年)の転職ではJACリクルートメント以上に強い転職エージェントはありません。

『JACリクルートメント』は40代・50代(中高年)の転職では必須の転職エージェントでしょう。

【完全無料】JACリクルートメント公式サイトから3分で登録:http://www.jac-recruitment.jp/

※合わないと思ったらすぐに解約可。ノーリスクで利用できます。

JACリクルートメントの詳しい評判は以下↓

JACリクルートメントの評判・口コミはどうなの?元エージェント社員が本音で解説

皆さんはこのように思ってはいませんか? この記事をご覧になれば、上のような疑問をすべて解消できると自信を…

3.ビズリーチ

『ビズリーチ』はハイキャリア層の転職に特化したヘッドハンティング型の転職エージェント。

ビズリーチは、社内外に優秀なヘッドハンターが2600名以上抱えており、あなたにぴったりのハイキャリア求人を紹介してくれます。

ビズリーチは非公開求人含め10万件以上という膨大な数のエグゼクティブ求人を保有しており、大企業部長クラス・役員・経営陣など年収1000万円以上の求人が非常に多いことが特徴です。

キャリア次第では年収2000万円クラスの求人も紹介される可能性もあります。

ビズリーチは「公開求人を検索して応募する」という転職サイトとしての使い方もできますが、基本的にヘッドハンティング型の転職エージェントなので、いきなりヘッドハントされてハッとするような質の高い求人を紹介されます。

40代・50代(中高年)のエグゼクティブ転職では、ビズリーチは絶対に登録しておくべき転職エージェントです。

【完全無料】ビズリーチ公式サイトから2分で登録:https://www.bizreach.jp/

※合わないと思ったらすぐに解約可。ノーリスクで利用できます。

4.リクルートエージェント

『リクルートエージェント』は1977年のサービス開始以来のべ41万人の転職を実現させてきた、実績業界No.1の最大手転職エージェント

特筆すべきはその求人数と内定決定率の高さ。

8割以上の非公開求人を含め、20万件もの求人を保有。求人が少なくなりがちな40代・50代(中高年)にとっては非常に頼もしく感じるはずです。

もちろん、エグゼクティブ転職専門のキャリアアドバイザーチームもおり、エグゼクティブ求人も大量に保有しています。

また、リクルートエージェントは他社の2倍以上の50%という内定率を誇っていることが特徴。リクルートエージェントを利用することでグッと40代・50代(中高年)の転職活動を有利に進めることができるはずです!

【完全無料】リクルートエージェント公式サイトから2分で登録:https://www.r-agent.com/

※合わないと思ったらすぐに解約可。ノーリスクで利用できます。

リクルートエージェントの詳しい評判は以下↓

【リクルートエージェント】中高年の評判まとめ|元社員が転職成功の秘訣を公開

リクルートエージェントは中高年からの評判がダントツで良い! リクルートエ…

5.doda

『doda』はリクルートエージェントに次いで業界実績2位の転職エージェントです。

10万件以上の求人の中には40代・50代(中高年)向けの求人も多く、地方の求人も非常に多く保有しています。

dodaもエグゼクティブ転職のサポート体制がしっかりしており、エグゼクティブ転職専門のキャリアアドバイザーからサポート・求人紹介を受けることができます。

dodaもエグゼクティブ求人を多く保有しているので、求人の確保が最重要課題となる40代・50代(中高年)の転職では強い味方になるでしょう。

【完全無料】doda公式サイトから2分で登録:https://doda.jp/

※合わないと思ったらすぐに解約可。ノーリスクで利用できます。

dodaの詳しい評判は以下↓

dodaの評判ってどうなの?元エージェント社員が本音で暴露

皆さんはこのように思ってはいませんか? この記事をご覧になれば、上のような疑問をすべて解消できると自信を…

中高年の効果的な転職エージェントの使い方

最初に申し上げておく必要がありますが、40代・50代の転職は以下2つの理由で非常に苦労してしまうことを覚悟しなければなりません。

【40代・50代以上の転職が大変な2つの理由】

  • 1.求人が少なくなってしまう
  • 2.管理職として期待されているため、未経験業種への転職はほぼ不可能

40代・50代は管理職として期待されているため、豊富なマネジメント経験と高いキャリアがあれば大幅年収アップが期待でき、転職もうまくいきやすいですが、目立ったスキルやキャリアがないと厳しい戦いになってしまいます。

そんな40代・50代の転職を有利に進めるためには、20代、30代以上に転職エージェントをうまく活用する必要があります。

そこで、転職wikiでは以下2つの理由から、先ほどご紹介した転職エージェントにすべて登録し、利用することをおすすめしています。

【40代・50代が絶対に転職エージェントを併用すべき理由】

  • 1.質の高い非公開求人の数を確保できる
  •  ・・・40代・50代以上向けの求人はガクッと減ってしまうので、とにかく数を確保することが大事
  • 2.複数のキャリアアドバイザーからの意見を訊ける
  •  ・・・1人のキャリアアドバイザーの意見だけに頼ってしまうと思考が偏ってしまったり、意見に流されてしまう可能性がある
いくら厳しいと言われる中高年の転職でも、厳選した転職エージェントを併用すればうまく進められますので、マイナビエージェントの代わりに先ほどご紹介した以下の転職エージェントに登録してみてください!

まとめ|40代・50代ならマイナビエージェントのかわりに5つの転職エージェントを併用しよう

これまでついてきて下さりありがとうございました!

ここで、再度この記事のポイントをおさらいしていきましょう!

【この記事の2つのポイント】

この記事を読んだことで、あなたが大きな一歩を踏み出すことができれば幸いです。

希望の転職を実現するためにも、くれぐれも体調にはお気をつけくださいね。

皆さまが満足のできる転職ができるよう、陰ながら応援しております!

の口コミ平均評価

評価なし 評価なし (全0件)

あなたの評価を教えてください!