新入社員で仕事を辞めたいと思った時の対処法や解決法|理由や辞めるタイミングなども

日本では、新人が入社して1年も経たないうちに退職してしまうというケースが多く見られます。社会人になって増える責任に耐えられないという人や、ブラック企業に入社してしまい必死の思いで退職するという人などその事情はさまざま。当記事では、新入社員が会社を辞めたいと思う原因や、辞めたいと思った時に取るべき行動などを解説します。

新入社員が辞めたいと思う時期は、1ヶ月、半年が多い

毎年4月、日本では多くの新入社員が会社員として新たなスタートを切りますが、一方で、入社早々「仕事を辞めたい」と考える新人も非常に多いです。

特に、入社1ヶ月後や半年後に新入社員の退職相談が急増するといわれています。

入社して1ヶ月も経つと、少しずつ環境や仕事にも慣れてきて、その分辛いことが浮き彫りになってしまいます。

入社直後は新しい環境への期待や興奮でモチベーションも高く保てますが、ゴールデンウィークで連休に入ると、それまでの疲れが一気に表面化してしまうのかもしれません。この現象は多くの人に共通して見られ、「5月病」という名前まで存在します。

また、入社して半年ほど経った後の夏から秋にかけても、多くの新入社員が「会社を辞めたい」と考えます。5月病を乗り越え、何とか仕事をこなしてきたものの、夏の楽しい雰囲気に自由だった学生時代を思い出してしまい、会社員としての生活に嫌気がさすケースです。

夏は誘惑が多く、ついつい羽目を外してしまいがち。そんな時にふと、「自由になりたい」などと考えてしまい、しばらく考えた結果冬になる前に退職願を出してしまうのかもしれません。

新入社員が辞めたいと思う理由・辞める理由

新入社員が会社を辞めたいと考える理由には、ある程度の共通点があります。ここでは、退職相談の中でもよくあるケースをご紹介します。

仕事内容・業務内容にやりがいを感じない

新入社員が会社を辞めたいと考える理由の一つに、「任された仕事にやりがいを感じない」というものがあります。

多くの企業では、総合職の社員を採用しており、入社後どこに配属されるかは会社によって決められます。そのため、入社前に希望していた部署とは違うところに配属されてしまうケースも多く、やりたい仕事をさせてもらえないという不満を抱えやすいのです。

もちろん、総合職採用ならば配属先が選べないことは双方承知のはずですが、実際にやりたくない仕事を毎日やるというのは想像以上に精神的負担が大きいものです。

また、入社前にあらかじめどのような仕事をするかわかっている場合でも、入社してみたら予想外の仕事を任されるというケースもあります。

事務職で入社したはずなのに、新人が任されるのはほぼ雑用ばかりだった…などという事例も存在します。

新人はできる仕事が少ない分、雑用をこなして少しでも会社に貢献すべきだという考えの企業も珍しくありませんが、あまりにも仕事にやりがいを感じられないとモチベーションの低下を招きやすいのです。

希望した部署に配属されなかった

総合職採用の場合は、会社が各部署の人員配置や適性などを考え新人の配属先を決めます。そのため、「営業をやりたい」と思って入社しても、営業とは全く異なる部署に配属される可能性は十分にあります。

新人をどのように育てるかということも考えた上での配属であるケースも多いため、数年経験を積めばその後希望の部署に異動できることもあります。

しかし、特定の部署への配属を強く希望する新入社員が異なる部署に配属された場合、仕事内容に不満を抱え込みやすい傾向があるのも事実です。

こういったケースでは、初めのうちは我慢して与えられた仕事をこなしていても、何らかのきっかけで不満が表面化し、そのまま退職に繋がりやすくなってしまうのです。

上司や先輩との人間関係が上手くいかない

配属先の人間関係に悩み会社を辞めてしまう人も少なくありません。会社では様々な人と関わりながら仕事をしていくため、時には性格が合わないと感じる人とも付き合わなければならないことがあります。

それが関わりの密な直属の上司や先輩であった場合、仕事へのモチベーションを失ってしまうこともあります。

上司や先輩との関係は、「先生と生徒」でも「親子」でもない、特殊な人間関係です。学生時代までの人間関係とは違い、利害関係をベースにした関わりになるため、特段の配慮が必要です。中には、上司との関係にプレッシャーを感じてしまう人も少なくありません。

相手が人間として優れた「良い上司」であれば、仕事をする上で大切なことをたくさん教えてもらえるかもしれません。しかし、中には「モンスター上司」と呼ばれる横暴な人がいるのも事実で、そのような人にターゲットにされると精神上重大な負担を与えられることも。

慣れない会社員生活で疲弊している上に、上司や先輩との人間関係がこじれてしまうと「退職したい」と考える新入社員も多いようです。

もし、あなたが新入社員で仕事を辞めたいと思っていて、それが職場での人間関係が原因なら、以下の記事をご覧ください。きっと解決の糸口がつかめるはずです。

職場の人間関係を良くする方法5つ|人間関係に疲れた時の対処法も

職場の人間関係に疲れ、最悪退職する人も 仕事がハードで疲れがたまったとしても、休日にゆっくり休むことができれば、疲れ…

給与が低い

給与が低いことも、新入社員のモチベーション低下を招きます。特に仕事で覚えることが多く、毎日残業が続いているにも関わらず毎月の手取り額が少ないと、仕事を続ける意味を見失ってしまいやすくなります。

仕事内容に応じて給与の額も変動するならばまだ納得がいきますが、こなせる業務量が増えても月々の給料が増えていかないと、社員は不満をため込みやすくなっていきます。

「やりがい」や「会社への貢献」も社会人として大切なことですが、多くの人にとって働く第一の理由はお金です。給与が低いということは、働き続ける理由もそれだけ少ないと考えることもできます。

給与の低さに働き続ける意義を見失った新入社員の多くは、もっと条件の良い会社を求めて転職活動を始めてしまうのです。

新入社員で辞めたいと思った時の対処法や解決法

会社を辞めたいと思い立ったら、まずすべきことは?ここでは、退職願を提出する前にできることややるべきことをまとめています。

家族や友人、同期に相談する

会社を辞めたいと思ったら、まずは信頼できる人に相談しましょう。社会人経験の長い人に相談すれば、客観的で有益なアドバイスをもらえるかもしれません。

ただし、ここで注意したいのが「相談相手はなるべくたくさん」作ることです。会社を辞めるということは自分の人生にとって重大な出来事です。

人生のターニングポイントにもなり得ることを、身近な一人か二人の意見だけを参考にして決めてしまうのはリスキーであるといえます。

相談相手の立場や関係性によって、アドバイスは変わってきます。「我慢して続けたほうがいい」とアドバイスする人もいれば、「辞めたいなら辞めてもいい」という人もいるでしょう。

大切なのは、その人が「何故」そのようにアドバイスするのかというところです。経験に基づいたアドバイスであれば、貴重な体験談として参考になるかもしれません。

もしそうではなく、一般論や精神論などからくるアドバイスならば、より多くの人の意見も聞いて回ることをオススメします。

どちらにせよ、他者からのアドバイスは多くの場合有益ですが、最終的な判断やその責任は自分で背負う必要があります。できるだけ冷静に判断するためにも、たくさんの人の意見を聞いてみると良いでしょう。

辞めたい理由を挙げて原因を明確にし、解決方法を探す

退職を視野に入れて考えた時、まずは何故会社を辞めたいのかをクリアにしていきましょう。

会社を辞めたい理由は人によりけりですが、多くの場合その原因は一つではありません。いくつかの要因が重なり合い、最終的に「会社を辞めたい」という結論にたどり着くのではないでしょうか。

ならばまずは、辞めたい原因を紙に書くなどして可視化していきましょう。原因を一つずつ挙げていくことによって、自分にとって何が重要なのかが分かってきます。これは今後の転職先を考える際にも、条件を考慮する上で大いに役立ちます。

辞めたい原因がはっきりしたら、解決方法を考えましょう。本当に退職以外に解決方法はないのか?会社を辞めずに済む方法がまだあるのではないか?というポイントから解決方法を探れば、より良い結論が見つかるかもしれません。

仕方がないと受け入れて諦める

最後には、会社や環境ではなく自分の心持ちを変えるという方法です。長く続いてきた会社の習慣や決まりごとは、すぐに変わるものではありません。

会社を辞めるという決断があまりにもデメリットがある場合は、今の状況でもモチベーションを保てるよう考え方を変えてみるとうまくいくかもしれません。

新人のうちは、理不尽に思えることや、思い通りにいかないことも多いものです。何年か経って立場が変われば、仕事に対するやる気もまた上がってくることがあります。

個々の経済状況や家庭環境など、会社をすぐに辞められないという人も大勢います。その場合は、現状での妥協点を探り、「数年の我慢」として受け入れるのも選択肢の一つです。

仕事を辞めたいと感じたら、以下の記事も併せてご覧ください。もやもやが明確になり、晴れやかな気持ちになれるはずです。

期待しない生き方のすすめ|人にも自分にも期待しない方法・心理・名言・本など

期待しない生き方と聞くとあまり良い印象ではないかもしれませんが、期待しない生き方とは一体何かが分かり理解できれば、他人にイライ…

仕事を辞めたいなら必ずやるべき9ポイント+3つの対策|辞めたい理由を分析しよう

「仕事を辞めたいけど、甘えてると怒られる」 「仕事を辞めたいのに誰に相談したら良いかわからない」 このように悩む方は少…

新入社員が辞めるタイミングはいつが良いか

色々と解決策を探ってはみたものの、やはり退職せざるを得ないという場合もあるでしょう。では、どのタイミングで辞めれば円満退社ができるのでしょうか。

「立つ鳥跡を濁さず」という言葉通り、辞めるにしても会社への配慮は必要です。新入社員が辞めやすい時期を挙げていきます。

誠意を見せるなら、一つのプロジェクトなど仕事が一区切りしたタイミング

配属先で何らかのプロジェクトに携わっている場合、途中で辞めてしまうと会社への負担が大きく、時にはトラブルに発展してしまうこともあります。また、関わっているチームの人たちや、取引先にも大きな迷惑をかけてしまう可能性があります。

会社への負担を少なく、誠意ある姿勢を見せるなら、一つのプロジェクトが終わってから退職するのが良いでしょう。

また、次のプロジェクトの計画なども考え、退職の意志は早めに伝えるようにしましょう。

基本的には、会社には代わりの人がいるのでいつでも良い

しかし、原則として会社側は、従業員がいつ辞めてもいいように退職リスクを考慮して人員配置をするものです。そのため、たとえ新人が辞めてもまたすぐ後にその穴を埋めることが可能です。

プロジェクト単位での仕事ではない場合、退職する時期には必要以上にこだわらなくても構いません。

むしろ、あまりに会社側の都合ばかり配慮してしまうと、退職時期が3ヶ月先、半年先、1年先…とずるずると先延ばしになってしまう恐れがあります。辞めると思い立ったら、会社側へ相当な迷惑がかかる場合を除き、自分の希望するタイミングで辞めても問題はありません。

自分の将来と今後を決めてからがベスト

会社を辞めるタイミングは、まず自分の状況と将来設計を重点的に考えましょう。貯金はいくらか?次の就職先は見つかっているか?経歴に傷がつかないか?など、自分の将来にとって重要なポイントを見定め、退職時期を決めましょう。

退職後の生活を考えて、ボーナスの時期が過ぎてから辞めるという人も多いです。会社を辞めることは、生活を左右する大きな決断になるため、自分の経済状況はしっかりと把握しておきましょう。

また、リスクを最小限に抑えるために、転職先を確保してから退職するのも賢い方法です。仕事のない状態で生活すると精神的にも余裕がなくなってしまうため、在職中に次の道を決めておくことは非常に大切です。

侵入社員でも、会社を辞めた方がいい場合もあります。何もマイナスにとらえる必要はありません。

しかし、新入社員で仕事を辞めてはいけない場合もあります。以下の記事では、新入社員が仕事を辞めていい場合と辞めてはいけない場合を詳しくご紹介しており、更に仕事を辞めたくなってしまう理由についてより詳しくご紹介しています。

新入社員で仕事を辞めるのがいいのか、仕事を辞めてはいけないのか悩んでいる方へ

新入社員が辞める選択をしたその後のステップ

会社を辞めると決めたら、次にするべきことは?各ステップのポイントや注意点を解説します。

無料の仕事適正診断で適正業種を調べる

次の仕事を考える場合、自分の適性を調べるのはとても大切です。せっかく入った転職先で「仕事が合わない」という事態を防ぐために、事前に自分にはどんな仕事が向いているのかを知っておきましょう。

リクナビNEXTの「グッドポイント診断」では、30分程度の診断で自分の適性を分析してくれます。決断力がどの程度あるか、柔軟性や慎重性、冷静さなど、突出した5つの特性を示し、どんな業種が向いているのかを知ることができます。

客観的に自分の気づかなかった特性に気づくことができ、企業への自己アピールにも活用することが可能です。

無料で診断できる上に、リクナビNEXTから求人に応募する際には自己分析資料として応募書類に添付することもできるため、企業側としても人物像をイメージしやすく、選考に有利になる可能性があります。

転職を考えている人にとっては、もはや必須とも言える自己分析ツールです。

転職先を探す

会社を辞める前に、転職活動を始めましょう。勤めながらの転職活動は、時間のやりくりやスケジュール調整が大変ですが、転職先が決まる前に仕事を辞めてしまうと、その分無収入の期間が発生してしまいます。

収入がないというのは想像以上に精神的な負担が大きく、冷静な判断ができなくなる恐れもあります。

会社に勤め、一定の収入がある状態で転職活動を進めたほうが、心にも余裕を持って選考に臨めるため、焦って悪条件の会社に入社してしまう可能性が少なくなります。

会社を辞める前に、まずは転職活動からスタートしましょう。

退職したい旨を伝え、退職願いを出す

無事転職先も決まり、退職の目処がたったら、直属の上司に退職の意志を伝えましょう。

多くの会社では、退職希望日の1−2ヶ月前に退職を申し出ることになっています。法的には退職日から2週間前の告知で退職できることになっていますが、できるだけ円満退社をするためにも余裕を持って退職願を出しましょう。

また、退職日にはお世話になった同僚や上司に挨拶して回りましょう。辞めてしまう会社でも、場合によってはその後も人間関係が続くことがあります。双方気持ちよく退職できるよう、気遣いの気持ちを忘れないようにしてください。

新入社員が辞めるか残って続けるかの選択はじっくりと

経験の少ない新入社員だからこそ、慎重になったほうがいい場合があります。会社を辞めるべきかどうか迷った時の、判断のポイントを解説します。

転職する場合が良いケース

新入社員の退職理由は様々ですが、中には速やかに転職したほうがいいケースも存在します。

例えば、明らかに会社側に違法性が認められる場合。残業代の不払いや、業務上違法になる行為を目撃した時、また、度を超えたパワハラなどの行為が見受けられる場合は、すぐさま転職活動を始めたほうが良いでしょう。

残念なことですが、日本にはまだまだ社員を使い捨てにする「ブラック企業」が依然として残っています。当たり前のように従業員の労働力を搾取する会社もあるため、心身を壊してしまう前に、そういうったブラック企業から逃れる対策を取りましょう。

「これって違法なの?」と、判断に迷った場合、労働基準監督署の相談窓口に問い合わせると良いでしょう。労基法に照らし合わせ、違法かどうかの判断を教えてくれます。

もし、勤務している職場が「パワハラが蔓延している」「異常な長時間労働がある」などでしたら、それはブラック企業の可能性があり、すぐにでも転職するべきです。以下3記事ではブラック企業の特徴、ブラック企業を辞めたいときの対処法、パワハラの特徴と対処法について詳しくご紹介しています。

ブラック企業辞めたい人が取るべき5つの行動|転職を視野に入れておこう

新卒での就職先・転職先がブラックだったら 概要でご紹介したように、厚生労働省がブラックリストとして公開しているブラッ…

パワハラ対策の全知識|パワハラ上司との付き合い方、復讐・仕返し例も

パワハラ上司の心理3つ 上司がパワハラを行う時の心理には、大きく分けて3つのパターンが考えられます。どのパターンも自…

ブラック企業の特徴と見分け方完全マニュアル|転職のプロが徹底解説

「就職や転職をする際はブラック企業を避けたい」 ブラック企業やホワイト企業といった言葉はよく使われるようになりましたが、…

新入社員を辞めたいなら転職も選択肢の一つに

まだ経験が浅い新入社員だからこそ、転職市場では大きな価値があると考えている企業も少なくありません。「第二新卒」というカードが有効な時期に転職活動を始めれば、現状よりも好条件の仕事と出会える可能性も十分あります。

また、新人という立場は、仕事ができなくても大目に見てもらえるお得な面もあります。若い新入社員のうちに転職を決めれば、仕事を覚えるプレッシャーもまだ少なく済むかもしれません。

今の時代、転職するのは当たり前になっています。現在の会社より良い条件の会社はたくさんあり、辛くストレスを抱えながら働くのは残念なことです。

会社を辞めたいと考えたら、一度転職活動にチャレンジして自分の市場価値を測ってみるのも一つの手でしょう。

転職活動で不可欠なのが「転職エージェント」に登録し、利用することです。

転職エージェントは完全無料で利用することができ、転職や就職に関わるほとんどの面倒な作業を代行してくれ、転職のプロであるコンサルタントからアドバイスをもらえるサービスで、転職初心者の方は使わない手はないです。

より詳しく転職エージェントについて知りたい方は下記記事にて転職エージェントに関する全ての情報をお伝えしております。

気になる方はチェックしてみてください。

転職エージェントとは|全てを理解し正しく使うための全情報

「転職エージェントって何?」 「転職エージェントの仕組みが知りたい」 「転職エージェントってどうやって選べば良いの?」 …

おすすめの転職エージェント

転職エージェントによってはキャリアコンサルタントの対応が雑だったり、求人数に差があったりします。

そのため、本当におすすめの転職エージェントを利用しないとあなたの貴重な時間が割かれてしまう可能性があります。

当サイトでは下記記事にて1000人以上の転職エージェント利用者の体験談を基に本当におすすめの転職エージェントを紹介しています。

気になる方はチェックしてみてください。

転職初心者の方におすすめしたい転職エージェントは「リクルートエージェント」と「DODA」、「パソナキャリア」の3つです。

複数登録することで、それぞれの転職エージェントの弱みを補いあうことができるので、転職エージェントを利用する際は複数登録することをおすすめ致します。

詳しくは下記記事にて解説しておりますので、ぜひご参考ください。

複数の転職エージェントを掛け持ちで利用すべき?理由付きで徹底解説

「転職エージェントを複数利用したほうが良い」 このような意見をよく聞くことがあります。 結論から言いますとこの知識…

リクルートエージェント

「リクルートエージェント」は、業績や求人数など他の転職エージェントと比較して圧倒的な実績を誇る転職エージェントです。

転職エージェントを利用する際はリクルートエージェントを利用しない手はないでしょう。

リクルートエージェントは転職をする全ての人におすすめの転職エージェントです。

DODA

「DODA」は業績、求人数共に業界第2位という大手転職エージェントで、登録者のペースに合わせて転職活動をしてくれますし、転職初心者にも優しいキャリアコンサルタントが在籍しています。

求人数も多く、求人の質も良いので全ての人におすすめの転職エージェントです。

パソナキャリア

また「パソナキャリア」もキャリアコンサルタントの質が高いと業界で有名な転職エージェントです。

業績は業界で第4位、求人数はリクルートエージェントやDODAに比べると少ないのですが、求人の質も良く、何と言ってもキャリアコンサルタントの質は業界でもずば抜けて高く、とにかく登録者の気持ちを優先して対応してくれますし、転職初心者にも優しくキメの細かいサポートが特徴です。

新入社員で辞めたいと思ったら、まず踏みとどまって相談を

新卒で入った会社を辞めたいと思う経験は、誰にでも少なからずあるものです。ただ単に慣れない会社生活に疲れただけなのか、自分の将来を考えた上での退職なのかを冷静に見極める必要があります。

できるだけ俯瞰して客観的な視点から考えるためにも、会社を辞めたいと思ったらまずは信頼できる人に相談しましょう。人生において重要な選択だからこそ、慎重に、そして前向きに今後のことを考えるようにしてください。

どのような選択をするにせよ、自分の人生の舵取りは自分にしかできません。これからどんな風に生きていきたいかをじっくりと考えて、納得のいく結論を出しましょう。

※記事の内容は、執筆時点での最新の情報となり、サービス内容・利用料金等を保証するものではありません。この記事の情報を基に行動する利用者の判断について、当社は一切の責任を負いかねます。サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、しかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。