▼当サイトで申込みが多い転職エージェントはこちら!(複数のエージェントに登録することで年収アップに直結する非公開求人を見つけやすくなります!)

【1位】パソナキャリア業界ダントツのサポート力を誇る利用必須の転職エージェント。利用者満足度96%
【2位】type転職エージェント年収アップ率は業界ダントツの71%!質の高い求人と桁外れな対企業交渉力が特徴。
【3位】リクルートエージェント絶対に使うべき、国内最大手のNo1転職エージェント!公開求人・非公開求人含め23万件以上というダントツ業界トップの求人数

▼【登録無料】転職活動で役立つ!あなたの気づいていない強みを発見できるリクナビネクスト グッドポイント診断に登録しましょう!

3分で完了!グッドポイント診断はこちら!

仕事が続かない人の3つの重大リスクとは|原因別の対処法も紹介

日本では、仕事が続かない人に対して「忍耐力がない」、「協調性がない」など、マイナスイメージを抱きがちです。

世間の評価は気にしない人もいるでしょうが、安易に仕事を辞めてしまうと、自分や身近な人に実害が及んでしまう可能性が多いにあります。

仕事が続かずに悩んでいる方も多いと思いますが、仕事が続かずに辞めてしまうことが周囲に与える影響や、長続きしない原因、解決策を立てるための情報を紹介します。

仕事が続かない人の抱える3つのリスク

職場を辞めることで、在職中は当たり前に受けていた恩恵が得られなくなってしまいます。すでに仕事が続かないことを自覚している人のなかには、以下の内容を実際に体験している人もいるはずです。具体的に何があるのか見ていきましょう。

職場を辞めることで、在職中は当たり前に受けていた以下のような恩恵が得られなくなってしまいます。

  • 1.社会的信用を失う
  • 2.経済的な損失がある
  • 3.精神的に不安定になる

仕事を辞めたい気持ちは痛いほどわかりますが、仕事を辞めるか、仕事を続けるかは仕事が続かないことによるリスクを考慮した上で決めることが大事なのです。

1.社会的信用を失う

仕事が続かないと、次の仕事が決まるまでのあいだは無職です。厳しい現実として、無職の状態では社会的信用がありません。クレジットカードやカードローンなどの新規契約、アパートやマンションなどの賃貸借契約の審査に通ることが、非常に難しくなります。

また、仕事が続かない人は、せっかく仕事が決まっては辞め、ということの繰り返しで、短期間での離職歴が増える傾向にあります。その数が多いほど、次の職を探していても、企業側から「すぐに辞めてしまうのではないか」と思われて、仕事が決まりにくくなるかもしれません。

2.経済的な損失がある

無職でいるあいだは、何かで副収入を得ている人以外は無収入です。家賃や水道・光熱費、食費、通信費など、収入がない状態でも支出は発生します。しばらく無職でいても大丈夫な貯蓄がある人はまだ良いのですが、そうでない人は当然、生活していくことができません。

実家にいるから大丈夫、パートナーと暮らしているから大丈夫と考えている人もいるかもしれません。たしかに、家族やパートナーが経済的に支援してくれるかもしれませんが、その人達に経済的な損失を負わせていることになります。

3.精神的に不安定になる

辞めてしまってもまたすぐに次の仕事が決まると、楽観的に構える人がいます。

しかし、現実はそうではないことがめずらしくありません。

なかなか新しい職場が決まらないことで、経済的な損失がかさみ、それとともに焦りもふくらんでいきます。 お金に余裕がなくなってくると、心の余裕もなくなっていくものです。

無職のあいだ支援してくれている家族やパートナーなども、経済的な負担が大きくなればイヤミのひとつも言いたくなるかもしれません。家庭でも居心地が悪くなり、だんだん精神的に追い込まれてしまう可能性があります。

【セルフチェック】仕事が続かない5つの原因

仕事が続かない悩みを解決するには、どうしてそうなってしまうのかを探るのが近道です。

以下は転職wikiが東京23区内に勤務する年齢・性別・学歴・業種業界様々な社会人1000名に対してクラウドソーシングやweb上で調査してわかった、仕事が続かない原因の上位5つです。

  • 1.今の仕事や職種が嫌い
  • 2.仕事内容や条件面の理想が高すぎる
  • 3.飽き性・仕事が楽しくない
  • 4.経済的な危機感が薄い
  • 5.職場の人間関係が嫌い

あなたも、当てはまるものもあったのではないでしょうか?以下、仕事が続かない原因上位4つに関して解説していきますね。

1.今の仕事や職種が嫌い

転職しても、前職のスキルや知識を活かして働きたいと考えるのは当然です。経験者ということで、給与面でもより良い待遇で採用してもらえるでしょう。

しかし、その仕事が好きではないのに転職先でも同じ職種についてしまえば、やはりだんだん嫌になり、辞めたくなってしまいます。仕事そのものが嫌いだと、長く続けることは難しいでしょう。

2.仕事内容や条件面の理想が高すぎる

好きな仕事しかしたくない、華やかな業務を担当したい、すぐに認められたい、給料は○万円以上、残業はしたくないなど、絶対に譲れないものがある人は仕事が続かない傾向があります。

「自分はここでくすぶっているような人間ではない」、「今より好条件の職場であれば能力を発揮できる」などと考えてしまうと、現実と理想のギャップに耐えられず、不満やストレスをためこみます。

正当な要求であれば次の職場でうまくいく可能性もありますが、理想が分不相応なものであれば、転職を繰り返すことになるでしょう。

3.飽き性・仕事が楽しくない

特に30代女性に多く見られたのが「すぐに仕事に飽きてしまう」「仕事が楽しくない」というもの。

職種によっては、毎日が同じ作業の繰り返しになることがあります。飽きっぽいタイプの人だと、慣れた途端にこれがこの先もずっと続くのかと嫌になって、仕事を辞めてしまうケースが少なくありません。

また、仕事で一定のゴールに到達して、大きな達成感・充実感を得ることをやりがいに感じる方は多いです。

しかし、そこに至るまでの作業量が多く、長期にわたり地味でつまらない仕事の積み重ねになることもめずらしくありません。これに楽しさを見出せず、仕事が続かないケースも考えられます。

4.経済的な危機感が薄い

20代未婚で実家暮らしの男女に多かったのが「経済的な危機感が薄い」ために仕事が続かなくなってしまうというもの。

仕事をしなくても生活していける人は、何か不満があったときにあっさり仕事を辞めてしまいがちです。

とくに実家にいて、金銭的なサポートを両親がしてくれるような環境にあったり実家が裕福な環境にあったりする人は、嫌なことを我慢してまで無理に仕事を続けようという気持ちがわきづらいでしょう。

5.職場の人間関係が嫌い

ウマが合わない人がいる、いじめやハラスメントに悩んでいるといった具合に、仕事上の人との関わりが嫌になって仕事が続かない人もいます。人格を否定されるような環境から逃げ出すことは、悪いことではありません。

しかし、客観的に見て職場に問題がないのに人間関係がつらいと感じるのは、自分に問題があるケースもあります。その場合、自分の言動を見直さない限り、どこへ行っても職場の人間関係が嫌になって仕事が続かないということになりかねません。

冷静になり、普段から仲の良い友人に客観的に性格や態度を見てもらうなどして、自分にも問題がないかチェックしましょう。

1.今の仕事や職種が嫌いな人の3つの解決策

安易に仕事を辞めて後悔するのを防ぐためには、自分はなぜ今の仕事を嫌いに感じてしまうのか、自分の気持ちを深掘りしてみることなどが役立ちます。

該当する方は、以下3つの対策をすべきでしょう。

  • 1.自己分析をする
  • 2.今の仕事の好きなところを探す
  • 3.部署の配置転換を希望する

では、それぞれ見ていきましょう!

1.自己分析をする

自分は何が得意で苦手なのか、何が好きで嫌いなのかという自己分析ができていないと、仕事が続かない悪循環にはまってしまいかねません。とくに嫌いで仕事が続かないわけなので、苦手なことや嫌いなことにフォーカスするのがおすすめです。

自己分析によって、苦手なこと、嫌いなことがわかれば、何が嫌で仕事を辞めたくなっているのかが浮き彫りになります。苦手を避ける方法を考えるきっかけにもなるでしょう。

2.今の仕事の好きなところを探す

今の仕事の嫌いなところだけでなく、好きなところを探してみましょう。辞めたいと思っていても、好き・嫌いのバランスを考えると、辞めることのデメリットのほうが大きいかもしれません。 まず嫌いなところと好きなところの両方を列挙してみましょう。

嫌いなところや苦手なところに関しては、克服できそうな点は削除します。そのうえで、好きのウェイトのほうが大きいのであれば、辞めるのはもったいないと考えて、もう一度頑張ってみましょう。

3.部署の配置転換を希望する

仕事を辞めてしまう前に、部署の配置換えに賭けてみる方法も有効です。他部署の人手不足の有無、本人の適正などが見られるため、希望が通るとは限りませんが、一度上司や人事部に相談してみましょう。

周囲の環境や仕事内容が変われば、嫌いだった仕事が好きになれるかもしれません。

ただ、新しい部署の人とうまくいかない、希望とは異なる仕事内容になるなど、うまくいかないこともあるという点は、頭に入れておく必要があります。

2.仕事内容や条件面の理想が高すぎる人の3つの解決策

高望みをしているために仕事が続かない人は、受け身で理想を叶えようとするのをやめましょう。

該当する方の解決策としては、以下3つが有効です。

  • 1.今の会社で出世を目指して目標を立てる
  • 2.資格取得などで給与アップを目指す
  • 3.条件面で妥協できることを探す

もし理想が高すぎるために仕事が続かない場合、捨てるべきところは捨てるのがポイントです。解決策の例を見ていきましょう。

1.今の会社で出世を目指して目標を立てる

仕事を辞めるよりも、今の会社で理想の条件を目指したほうが現実的と考え方を変えてみましょう。経験があるぶん、転職して一から始めるよりも、現職のほうがスキルの習得や昇進のペースは速く、融通も利くはずです。

新しい職場が今より悪条件になるリスクがありますし、新しい職場自体、なかなか決まらないこともあり得ない話ではありません。 理想と現実のギャップで辞めるのではなく、そのギャップを埋める方向に進みましょう。

たとえば出世したいのであれば、具体的にどのポジションにつきたいのか、実現には何の努力が必要かを明確にし、実践していくのです。

2.資格取得などで給与アップを目指す

すべての職場に用意されているわけではありませんが、特定の資格ホルダーに対しては手当てが支払われるところがあります。劇的に待遇が改善されるわけではないかもしれませんが、給与は上がりますし、業務内容も資格を活かせるものとなります。

また、職場によってはインセンティブ制度を導入していることがあります。これは成果に対して基本給以外に支払われる報酬のことです。

業種・職種によっては百万円単位など高額を稼ぐこともできます。給与に不満がある場合は、これを目指してみるのも手です。

3.条件面で妥協できることを探す

すべて自分の望みどおりの条件がそろう職場は、そうそうあるものではありません。自分が不満に感じている条件のなかで、妥協できる点がないか考えてみましょう。

たとえば、本当は毎日定時で帰りたいけれど、多少の残業が発生する日がよくあるとしましょう。そのことが原因で不平不満でいっぱいになるのではなく、そのなかでプライベートタイムをいかに充実させるか、前向きに考えることもできます。

転職エージェントに登録し、面談を受けてみると希望通りの求人を紹介してもらえることも多いので、まずは情報収集のために転職エージェントに登録することをおすすめします。

◆併せて読みたい記事

おすすめ転職エージェントを比較|1000人の口コミ・評判から転職のプロが厳選

3.飽き性・仕事が楽しくない人の3つの解決策

仕事に飽きて楽しくなくても、辞めずに続けられる人はどんなふうに仕事に取り組んでいるのでしょうか。

もし、あなたが「すぐに仕事に飽きてしまって慢性的に刺激が足りない」「仕事に楽しさが見いだせない」というのであれば以下3つのことを実践してみてください。

  • 1.マンネリ化や仕事が嫌いな原因を分析する
  • 2.自分の裁量の範囲内で仕事内容を工夫する
  • 3.今の職場で主体的に提案する

では、それぞれ見ていきましょう!

1マンネリ化や仕事が嫌いな原因を分析する

なんとなく飽きてしまった、楽しめなくなったという理由で、そのまま辞めてしまうのはもったいないことです。まだまだ伸びしろがあったり、新たなチャレンジができたりするのに、それに気づかないままになってしまう可能性があるためです。

今の仕事のどこに嫌気がさしているのか、分析してみると良いでしょう。原因がはっきりすれば、それを排除するにはどういう手段があるのかにも気づけます。手段によっては、辞めるのを踏みとどまれるかもしれません。

2.自分の裁量の範囲内で仕事内容を工夫する

とくに単調な作業の繰り返しは、飽きっぽい性分の人にとっては耐え難い退屈でしょう。マニュアル・指示どおりに同じことをこなすだけの毎日では、仕事を辞めたいと思う気持ちは大きくなっていく一方です。

このような仕事であっても、もっと効率良くこなすにはどうすれば良いのかなど、突き詰めることはできます。

今日より明日、明日より明後日と、工夫が結果に繋がれば、そこに仕事の面白さを見出すことができるでしょう。

3.今の職場で主体的に提案する

仕事をしていると、もっとこうしたほうが良くなるなどと、まわりが気づいていない問題点に気づくことがあります。仕事に刺激が欲しいと思うのであれば、臆することなく提案をしてみましょう。

案が採用され、結果が出れば、やりがいを感じることができるはずです。

ダメであれば辞めるぐらいの気持ちであれば、上に意見することで自分の評価が下がる恐怖心は感じにくいでしょう。的確な主張で、パート→店長→スーパーバイザー→エリアマネージャーに出世を遂げたような方もいます。

4.経済的な危機感が薄い人の3つの解決策

働かなくてもなんとかなるという意識は、なかなか変えられるものではありません。知識・技術・経験もないまま年齢を重ねることのないよう、そうなる前に実践したいのは以下3つの方法です。

  • 1.一人暮らしをする
  • 2.実家に一人暮らしと同額のお金を入れる
  • 3.貯金の目標を立てる

2.一人暮らしをする

実家を離れて一人暮らしを始めれば、自分を働かなければいけない環境に追い込めます。家賃や水道光熱費、食費や通信費、交通費など、すべてを自分で捻出しなければいけません。

最低でも生活を維持するだけの金額は稼がないといけないため、安易に仕事を辞めるわけにはいかなくなります。

ただし、「一人暮らしをしても、生活が苦しくなれば親に頼ればいい」と考えてしまうと、何の解決にもなりません。誰にも頼ることなく、自立のための一人暮らしをしなければいけません。

3.実家に一人暮らしと同額のお金を入れる

仕事をしつつ、実家にずっとい続ける生活を選択するとしても、一人暮らしをした場合にかかるお金と同額を実家に入れるようにしてみましょう。

やりくりの仕方を覚えれば、一人暮らしをしなければいけなくなったときに、実家に頼らずとも経済的に困窮するリスクを低くできます。

また、実家にお金を入れているということで、自分が家族の生活に貢献しているという気持ちにもなれます。感謝されれば幸福感もあり、それが働くことへのモチベーションにも繋がるでしょう。

3.貯金の目標を立てる

なんとかなると思えている理由が、なんとかしてくれる人がいるからということであれば、その存在がなくなったときのために貯蓄しましょう。

「目標額が貯まるまでは頑張らなければ」という思いがあれば、仕事が続かないということも自ずとなくなっていくのではないでしょうか。

お金があるぶん使ってしまうという人は、定期預金や積み立て型の保険に加入するなどしても良いでしょう。目標額に向けてお金を貯めていくことが、仕事のモチベーションに繋がることもあります。

5.職場の人間関係が嫌いな人の2つの解決策

自分の人との関わり方がまずいために、職場に不満を感じ辞めたくなっている可能性もあります。どこへ行っても人間関係が原因で仕事が続かないという人が見直すべきポイントは以下2つです。

  • 1.最低限の関わりと割り切る
  • 2.コミュニケーション能力を身につける

1.最低限の関わりと割り切る

勤務先での人間関係に不満が生じてしまうのは、相手に余計な期待をしているというのが主な理由のひとつです。職場にいる全員に好かれたい、できるだけ多くの人と個人的に仲良くなりたいと思っていると、壁にぶつかりやすくなります。

仕事での人間関係は、業務をスムーズに進めるために構築するものです。

しかし、自分が親しいと思っていた人と、業務上必要な部分以外でズレを感じることがあると、意欲を失ってしまうかもしれません。業務に支障がないのであれば、ある程度割り切ることも大切です。

2.コミュニケーション能力を身につける

仕事をしていて関わる人達とのコミュニケーションがうまくいかないと感じるのであれば、コミュニケーション能力に磨きをかけるのも良いでしょう。悪い癖を直すことによって、信頼関係を築きやすくなります。

たとえば、相手が喋っている途中なのにさえぎってしまう、自分が思っていることと違うと否定してしまうなどを無意識にしていないでしょうか。

聞き上手になるだけでも、自分が感じる人間関係の良し悪しというのは随分と違ってくるものです。

まとめ

仕事が続かないと、収入を得る機会や信用を失い、環境によっては家族にも負担をかけてしまいます。

それに伴い、自分自身の精神的な安定性まで損なわれてしまうことになりかねません。

今回ご紹介した内容が、「現状ではいけない」という気づきに繋がり、解決策を実行に移すきっかけとなれば幸いです。

※記事の内容は、執筆時点での最新の情報となり、サービス内容・利用料金等を保証するものではありません。この記事の情報を基に行動する利用者の判断について、当社は一切の責任を負いかねます。サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、しかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。