▼当サイトで申込みが多い転職エージェントはこちら!(複数のエージェントに登録することで年収アップに直結する非公開求人を見つけやすくなります!)

【1位】リクルートエージェント絶対に使うべき、国内最大手のNo1転職エージェント!公開求人・非公開求人含め20万件以上というダントツ業界トップの求人数
【2位】DODA利用者満足度はなんと驚異の90%!キャリアアドバイザーが優しく丁寧にサポートしてくれることから転職初心者には最適
【3位】JACリクルートメント転職エージェントオリコンランキングで毎年総合第1位という非常に高い評価を受けている転職エージェント。

▼【登録無料】転職活動で役立つ!あなたの気づいていない強みを発見できるリクナビネクスト グッドポイント診断に登録しましょう!

3分で完了!グッドポイント診断はこちら!

仕事のオーバーワークとは|症状・原因を知って対処・解決するための全知識

「どんどん仕事が増える……。これは大丈夫だろうか?」「働きすぎかもしれない。集中できていない気がする」このようなオーバーワーク気味な社会人向けに、オーバーワークと健康の関係や対策についてまとめます。最終手段として前向きに転職をする方法も取り上げます。それでは本文をご覧ください。

仕事のオーバーワークとは

「オーバーワーク」はシンプルに日本語にすると「働きすぎ」となります。しかし、オーバーワークという言葉の裏には、ダメージやトラブルに繋がるニュアンスも含まれています。

日々会社で任せられる業務量が増え続けてしまう……。このような状況に悩んでいる人は多いのではないでしょうか。

どれだけ真面目に働いても次から次へと業務が舞い込み、終始気が休まる時間がない状態が続くようでは疲労が蓄積するばかりでしょう。

もっとも、短期間のオーバーワークは社会人として仕方がない面もあります。業界によって繁忙期が違う以上、ピンポイントにとても忙しい時期は有り得るでしょう。

一方で、慢性的にオーバーワークであることは致命的です。何よりもオーバーワークの終わりが見えない状況は前向きな感情を奪いかねません。

しかし、基本的に上司や会社から与えられた仕事を断ることは難しいでしょう。仕事が積み重なるうちにオーバーワークになってしまう社会人が大勢います。

さらに厄介なことに著しいオーバーワーク状態が続くと、心身に悪い影響を与える可能性が高いにも関わらず自覚が薄いことも多いです。

オーバーワークが続くと過労やストレスによって様々な症状が現われます。メディアではよく過労による「うつ病」が取り上げられますが、それ以前から体や心にはダメージが出ているのです。

オーバーワークが原因であるのに、ただの疲れであると誤解してしまい、日常的な健康を損なっていく人は大勢います。オーバーワーク状態であるのならば、積極的に対策を取らなければならないのです。

仕事のオーバーワークの基準

仕事におけるオーバーワークの基準そのものは明確に定められていませんが、近いものとして過労死ラインが厚生労働省によって定められています。

オーバーワークとは働きすぎであるため、最終的に行き着く最悪のケースとは過労死となるでしょう。ですので実際には厚生労働省が定める過労死ラインよりもはるか手前がオーバーワークの基準となるはずです。

実際の過労死ラインは働きすぎによって健康障害が生じた場合に、労働時間と障害の因果関係を認定できるかの基準のひとつです。

過労死ラインは月に80時間以上の残業となっており、これは月に20日間出勤すると毎日4時間以上の残業があることになります。このくらいの残業時間であれば、それなりの人数が該当しそうです。

この過労死ラインはあくまでも労働災害認定の際のひとつの目安に過ぎません。オーバーワークにならずに健康に働いていくには、このラインよりもはるか手前で引き返す必要があります。

オーバーワークにならずに健康に働くために最も有効性が高いのは、月の残業時間を45時間までとすることでしょう。労働基準法にも残業時間は原則45時間までと定められています。

職種や繁忙期の都合で例外もありますが、1ヶ月に45時間以上の残業が続くようなら要注意となるでしょう。

オーバーワークに注意して働くのなら、1ヶ月の残業時間はできれば45時間までを心がけ、80時間を超えないようにしましょう。仮に80時間の基準を超えてしまっている場合は繰り返さないようにするべきです。

ただし、オーバーワークになるのは時間以外にも仕事の質なども影響してきます。時間を参考にする以上に自分の「疲れている」という感覚を信じることが大事になるでしょう。

慢性的に疲れを覚える場合はオーバーワークの初期症状の可能性もあり、特に注意が必要です。

仕事でオーバーワークを引き起こす原因3つ

オーバーワークが働きすぎを意味している以上、オーバーワークを引き起こす原因が日々の仕事のどこかに存在していることになります。オーバーワークの原因を見つめ直すことで解消の糸口になるでしょう。

仕事でオーバーワークを引き起こす原因は、自分に問題がある場合と環境に問題がある場合の2パターンに分かれます。あるいはそれら二つの要因を同時に持っているケースもあります。

オーバーワークの原因はいくつも考えられますが、一般的な原因を3つ紹介します。しかし、この3つの問題が独立していることは少なく、多くの場合ではこの3つが複数該当しているケースが多いようです。

仕事を抱え過ぎている

上司や会社から与えられた仕事は断らないことが基本となっています。この考えが強く社会人に根ざしているため、キャパシティを超えても与えられた仕事を受け入れる人が多くいます。

キャパシティを超えて仕事を抱えすぎていることが、オーバーワークのひとつの原因になります。

しかし、仕事を抱えすぎることは本来なら非効率的な仕事の進め方です。キャパシティを超えた仕事を断れる環境にないことや、自身が上手な仕事の断り方を知らないことも要因となっています。

断れる仕事ならば断る技術も社会人には必要でしょう。

スケジュール管理、優先順位などが疎かになっている

スケジュール管理や仕事の優先順位付けが疎かになっていると、オーバーワークに繋がりやすいです。これらの管理を疎かにしたためのオーバーワークは、主に自分に原因のあるオーバーワークと言えます。

スケジュール管理が疎かになると仕事の進め方は非効率的となり、ただ時間と疲労だけが積み重なってしまうでしょう。

仕事の抱え過ぎなどの他の原因によって管理が疎かになるケースもあるため、自分の能力だけではこの原因を改善できないケースもあります。

周りの人、関係各部署の担当の人と連絡・調整ができていない

周りの人と仕事の調整ができていないことがオーバーワークの原因になります。

仕事は一人で完結するものではないため、必ず他の人と連携をとって仕事を進めるはずです。しかし、そこで周囲との調整ができなければ、仕事は一気に非効率化してしまうでしょう。

もちろん、周囲と調整出来ない問題は自分に非があるケースも存在しますが、周りに非があるケースも存在します。しかも、周りの人もオーバーワーク気味で手が回らないとなると難しい状況に追い詰められることになります。

自身がきちんと連絡・調整をすることも必要ですが、周囲に促す事や上司に指示を得ることも必要でしょう。

仕事のオーバーワークで起こる症状7つ

仕事でオーバーワーク状態になるといくつもの弊害があらわれます。「身の疲れだけ」と甘く見ることは出来ないのです。働きすぎが行き過ぎてしまうと、無視できないダメージやトラブルに繋がりやすくなります。

紹介するオーバーワーク7つの症状のうち、症状が軽いものも重いものもありますが、どの症状であれ、より重度の症状に進行していく可能性があります。

オーバーワークの自覚がある人は特に気をつけてセルフチェックするようにしましょう。

頭痛・胃痛・腹痛などが起こりやすい

人間の体内には自律神経がありますが、オーバーワークのストレス過剰な環境はこの自律神経のバランスを崩します。その結果、オーバーワークによって頭痛や胃痛、腹痛が起きやすい体調になってしまうでしょう。

基本的に自立神経はストレスによる影響を受けやすいです。自律神経は体内のあらゆるところに影響するため、どのようなところにストレスの影響が出るかも、その時にならなければよく分からないことが多いです。

頭痛や胃痛、腹痛以外に不調を感じた時もオーバーワークによる影響を疑う必要があります。

一方で、頭痛や胃痛、腹痛は一般的にやや軽視しやすい傾向にあります。オーバーワーク気味である場合はその悪影響を疑うようにしましょう。

机の上などが物だらけになる

オーバーワークによって机の上が物だらけになることがあります。そもそもオーバーワーク状態では仕事はなかなか片付かず、仕事自体も抱えすぎであるため、机の上もなかなか整理はできないでしょう。

「整理する時間さえない」とまでになると、オーバーワークも深刻な状態にあると考えられます。

別のケースとしては、オーバーワークによって気力や意欲が著しく減ってしまい、机の上を片付けられなくなっているケースもあります。こちらは精神的に深刻なダメージを受けている可能性もあります。

モチベーションが上がらない

オーバーワークによる症状としてモチベーションが上がらないケースが考えられます。オーバーワークによって慢性的な疲労に悩まされる人が多い中で、どのようにして仕事にモチベーションを見出せば良いかわからないでしょう。

しかも、オーバーワークによる疲労感は仕事だけでなく日常生活にもついて回るのです。オーバーワークによるモチベーションの減退が、日常生活まで悪影響を与えることも珍しくありません。

単にやる気がないだけではなく、オーバーワークによるダメージを受けている状態です。他のオーバーワークの弊害もすぐに現れる可能性があります。

仕事の忙しさによってモチベーションが下がった時ほど、今後に注意が必要な状態と言えるでしょう。

集中力が低下する

オーバーワークが続くと集中力が低下していきます。人間の集中力は連続して保つことができず、必ず休息・睡眠を必要とします。オーバーワークにより休息・睡眠を奪われることにより、集中力低下が慢性化してしまうでしょう。

オーバーワークによって、集中力は想像以上のペースで低下していきます。仕事だけでなく日常生活を行う上で集中力が果たす役割は大きいので、言葉から受ける印象よりも遥かに危険な状況です。

仕事のミスが多くなる

オーバーワークが続くとミスが増えてしまいます。それはオーバーワークによって引き起こされたさまざまな不調によるものです。例えば、集中力や判断力、注意力などの欠如を指します。

仕事のミスが増えた時は、オーバーワークによって自覚のない不調が複数進行中である可能性もあるでしょう。オーバーワーク状態ではいい仕事ができないばかりか、日常生活にも影響が出始めます。

不意の仕事のミスが増え始めたら思っている以上に疲労が蓄積している証拠です。軽く見ずに危機感を持って自身の状況を分析しましょう。

ストレスによる過食や拒食が起こる

オーバーワークの症状の一つにストレスによって過食や拒食が起きてしまうことがあります。これらは体内の自律神経が乱れてしまったことが直接の原因です。

ストレスは自律神経を乱しやすいため、オーバーワークによる強いストレス環境は食生活に容易に影響を与えます。

日々の食事をする上で過食・拒食の傾向は比較的分かりやすいでしょう。セルフチェックをしやすい症状と言えるので、見落とさないようにしたいです。

ネガティブ思考になりやすい

オーバーワークによってネガティブ思考に陥りやすくなります。オーバーワークは肉体的にも精神的にも疲労し、ネガティブ思考を引き起こすのです。ネガティブ思考は感情のバランスを崩すなどデメリットしか生みません。

疲労感を覚えたままに働き続けると、不安や心配などのマイナス要素が目にとまりやすくなります。すると、心が落ち込みネガティブ思考に囚われてしまうでしょう。

状況が改善されなければ、ネガティブ思考はさらなるネガティブ思考を呼びやすく、負のスパイラルへ突入してしまう可能性さえあります。

気持ちの負のスパイラルに陥ってしまうと自力で解消するのが難しくなる傾向にあります。ですので本格的に解決が難しくなる前に、一度職場を離れるなどの根本的な対策さえ必要となるでしょう。

仕事のオーバーワークの対策6つ

オーバーワークによって受ける悪影響は多種多様であり、しかも日常生活にも影響を与える可能性があります。オーバーワーク対策は絶対にしなければいけないことになるでしょう。

ただ状況に流されるばかりではオーバーワーク状態が解消するはずはありません。周囲の人が解消してくれる可能性は残念ながら少ないのが現代社会です。

オーバーワーク対策のために自分から環境を変えたり、自分の仕事の進め方を変えたりしなければなりません。

オーバーワーク対策として6つの方法を紹介します。自分だけで実行できる方法もあれば、周囲の人に訴える方法もあります。重要になるのは任せられた仕事をどのように扱うか、自分の時間をどのように使うかになるでしょう。

人に依頼できる仕事は人にお願いして仕事量を減らす

オーバーワーク対策として人にお願いして仕事量を減らすことが考えられます。ただし、人にお願いしてよい仕事かどうかを見極めることが大前提になるでしょう。自分にしか出来ない重要な仕事を人に渡すのは無理です。

自分でこなすのが厳しければ、頼んでよい仕事をほかの人にお願いすることは一つの選択肢でしょう。実際、自分一人で仕事を背負っているわけではありません。効率化を図ることも出来るため、決して自己都合だけではないのです。

もちろん、自分からいきなり同僚に相談するのは難しい場合もあるでしょう。その場合には上司に相談して仕事を分配してもらえるようにお願いするべきです。

睡眠時間をなるべく増やす

オーバーワークによる疲労を精神的にも肉体的にも効率よく癒してくれるのは睡眠をとることです。睡眠時間をなるべく多くとることにより、オーバーワークの対策ができるでしょう。

諸説ありますが、睡眠時間は7時間以上がベストと言われます。また、睡眠時間には夜10時から深夜2時の間は含むべきであると考えられています。

最もおすすめの方法は睡眠時間とともに睡眠の質にも気をつけることです。最低限きちんと自宅で寝ることからはじめましょう。

仕事を断る、または締切期限を延ばしてもらう

オーバーワーク対策に仕事を断ることや、締切の期限を延ばしてもらうことも考えましょう。ただし、自分に与えられた仕事が断れる仕事かどうか判断できることが必要です。

しかし、基本的に仕事を断ることや期限を延ばしてもらうことは言い出しにくいものです。また、上司や同僚に伝えたとしても意見が通るとは限りません。

必要となるのは自分がこなせる仕事の量を把握しておき、今任せられても無理であることを説明し説得することでしょう。

勤務時間を短くできるように仕事を調整

勤務時間を短くすることはオーバーワーク対策として極めて有効でしょう。そのためには勤務時間を短くできるように、仕事自体を調整しなければいけません。

仕事を調整することはスケジュールをきちんと立てることです。「現在抱えている仕事量が多いから、どの仕事ならば翌日に回しても良いのか」など、このような優先順位をきちんと把握していることが重要でしょう。

仕事に優先順位をつけていなければ、延々と仕事をし続け仕事の配分がめちゃくちゃとなってしまいます。勤務時間を基本的に短くするためには、毎日同じくらいの時間となるように仕事を割り振るべきです。

仕事を効率的に進めることは難しく、テクニックが必要になります。以下の記事では仕事を効率的に進めるためのテクニックをたくさんご紹介していますので、是非試してください。

こまめに休みを取る

オーバーワークになる原因は時間の要素だけではありません。仕事のやり方によって疲労が貯まることでもオーバーワーク状態になります。

そこで、仕事の時間そのものは変わらずとも、休みを挟むことによってオーバーワークになるのを防ぐことができます。

オーバーワークは長時間勤務を著しく連続してしまうことによって起きやすいです。そのため、仕事の間にこまめに軽い運動をしたり、ストレッチをしたりすることが有効でしょう。

長時間の勤務が続くと疑われる時は、こまめに休みを取ることを習慣化すると良いです。

仕事の効率化を図る

オーバーワーク自体を回避する方法として、仕事を効率化する方法があります。仕事を効率化できれば勤務時間は短くなるでしょう。

増え続ける仕事を効率化しなければ手が回らない時はいずれやってくるでしょう。特にルーチン化出来る部分はルーチン作業にしておくと、スムーズに仕事を進めていくことができます。

仕事のオーバーワークを改善するための解決法4つ

仕事におけるオーバーワークを改善する方法を4つ紹介します。特に自分の意思で改善できる部分を取り上げていきます。ここで紹介するものはより基本的な改善方法であり、一時的なオーバーワーク対策ではありません。

オーバーワークになってから急いで対策をするのではなく、日常の仕事から改善を心がけておくべきです。これら改善方法は自分の仕事の進め方に関わるものなので、周囲の人に助けを求める必要がないのも気が楽でしょう。

思い切って1日休む

思い切って1日仕事を休むことは最高のリフレッシュとなるでしょう。もちろん、オーバーワークによって追い詰められ、逃げるというわけではありません。

きちんと自分のスケジュールと相談した上で、1日リフレッシュ期間をとっても大丈夫と判断し休むのです。

オーバーワークによってもたらされる疲労の最も効率的な解消方法は休憩をとることで間違いありません。1日だけでもしっかり休めば、また十全な体調で仕事にとりかかれるでしょう。

一方で、多くの人にとっては何の理由もなく休むことは気が引けるようです。しかし、仕事の効率化のために1日休むことは十分に必要なことです。きちんと仕事を処理しきれるなら休むことを気に病む必要はないはずです。

あまりにも周囲の人の目を気にしすぎて、まるで休まないことはオーバーワークへ一直線となる傾向があるため注意しましょう。

自分が作業できる仕事量を日々調べる

自分が仕事をこなす上でかかる時間を見積もることが必要です。例えば、スケジュールを立てる上で、どれくらいの作業時間が見込まれるかが分からなければ、正しいスケジュールは立てられないでしょう。

自分が作業できる仕事量は毎日記録にとっておくと良いです。例えば、日報に書いてもよいでしょうし、何かにメモしておいてもよいでしょう。

記録の付け方は、1時間と見積もっていた仕事が50分で終わったのか、それとも3時間以上かかってしまったのかなどを記録しておきます。

実際の作業時間と予測時間のズレを知ることで、時間の見積もり能力を高めることが出来ます。仕事を効率的に進めるための最も基礎的な能力です。作業時間の見積もり能力は鍛えておいて損がない能力でしょう。

オーバーワークになってしまう人は、自分がどれだけ作業できるのか理解していない人に多い印象があります。この作業には何分必要なのか予想できるとオーバーワークを防ぎやすいです。

仕事を書き出し、仕事量を見える化して把握する

オーバーワークを防ぐために仕事の書き出しは心強い味方になってくれます。

目の前にある仕事をただ消化していくだけでは、延々と終わりが来ることはありません。毎日、毎日終わりの見えない仕事に追われ、いつか心がポッキリと折れてしまうでしょう。

終わりが見えない仕事に追われないように、仕事を書き出して仕事量を見える化して把握する必要です。見える化する事によって、仕事の優先順位やそれにかかる時間などを推測することができます。

優先順位をきちんとつけておけば変に焦る必要もなく、作業にかかる時間をきちんと予測しておけば時間の使い方が効率的になるでしょう。

仕事のやり方を変えて、効率が良い方法を採用する

オーバーワークになる以前から仕事の効率について見つめ直すことは重要になるでしょう。

いざオーバーワークになってから、仕事の効率化を図ったとしてもうまくいかないことが多いです。余裕のある時期に出来る限り仕事を効率化しましょう。仕事のやり方を変え、試行錯誤が出来るのは余裕のある時期に限ります。

この試行錯誤の期間中に効率の良い仕事の進め方を採用します。特に毎日行う作業ほどルーチンワークにしてしまうのがオススメです。

その都度仕事の流れを組み立てるよりも、決まった流れや枠組みがあると、一気に仕事が楽に進められるようになります。

仕事のオーバーワークが続き、解決法も試したけど無理なら、転職も考える

最終的に自分を守ることは自分でやるしかありません。オーバーワークによって心身が疲弊し壊れてしまっては、なんのために働いているのかわからないでしょう。まずは自分の健全な生活のために働いている人が多いはずです。

また、そもそも働いている会社が法外の労働を強いている「ブラック企業」の可能性もあります。

ブラック企業の特徴、辞めたくなった時の対処法については以下の記事で詳しくご紹介していますので、「自分の会社、ブラック企業かも…」という方はぜひご確認ください。

ブラック企業の特徴と見分け方完全マニュアル|転職のプロが徹底解説

「就職や転職をする際はブラック企業を避けたい」 ブラック企業やホワイト企業といった言葉はよく使われるようになりましたが、…

自分を守るためには転職することも視野に入れることをオススメします。やはり利益とコスト減を優先したい会社側の意向とは、どうしても折り合いがつかないこともあるのです。

仮に「オーバーワークだから配慮して欲しい」と訴えても、実際に仕事の時間を減らしてくれる企業は残念ながら稀でしょう。

この時に再考を迫る効力があるのは第一に病気の診断書の存在になります。「オーバーワークで体調を崩した」と主張することです。しかし、病院のお世話になる前に打開したいのが本当のところでしょう。

また、病気になるまで働いたところで、今度は転職の選択肢がなくなってしまいます。より多くの選択肢を確保するためにも、病気になるような働き方はできません。

選択肢のひとつとして転職を考えることは、これからの社会では一般的になっていくでしょう。常にオーバーワーク状態であることは極めて危険です。

しかも、オーバーワークが会社の風潮であれば、改善は期待できないのですから転職も仕方がありません。

会社から追い出されるわけでも、逃げるわけでもなく、自分を助け健康に安らかに暮らすことを最優先にして転職するのです。本来であれば誰もが転職も考えるべきですが、残念ながら体を壊してしまう人もいます。

転職を考えるなら、まずは「転職エージェント」の利用を考えて欲しいです。転職エージェントは特に20代や30代の若手ビジネスマンに身近になってきた転職サービスです。

転職エージェントは完全無料で利用することができ、転職や就職に関わるほとんどの面倒な作業を代行してくれ、転職のプロであるコンサルタントからアドバイスをいただくことができるため、転職初心者の方は使わない手はないです。

より詳しく転職エージェントについて知りたい方は下記記事にて転職エージェントに関する全ての情報をお伝えしております。

気になる方はチェックしてみてください。

転職エージェントとは|100%理解して120%活用するための全情報

※転職市場は動きが大きいため、この記事は常に最新の情報に更新してお届けしています。 皆さまは以下のように思ってこ…

おすすめの転職エージェント

転職エージェントによってはキャリアコンサルタントの対応が雑だったり、求人数に差があったりします。

そのため、本当におすすめの転職エージェントを利用しないとあなたの貴重な時間が割かれてしまう可能性があります。

当サイトでは下記記事にて1000人以上の転職エージェント利用者の体験談を基に本当におすすめの転職エージェントを紹介しています。

気になる方はチェックしてみてください。

転職初心者の方におすすめしたい転職エージェントは「リクルートエージェント」と「DODA」、「パソナキャリア」の3つです。

複数登録することで、それぞれの転職エージェントの弱みを補いあうことができるので、転職エージェントを利用する際は複数登録することをおすすめ致します。

詳しくは下記記事にて解説しておりますので、ぜひご参考ください。

転職エージェントを複数利用すべき理由とは|元転職エージェント社員が徹底解説

※転職市場は動きが大きいため、この記事は常に最新の情報に更新してお届けしています。 皆さんはこのように思ってはい…

「リクルートエージェント」は、業績や求人数など他の転職エージェントと比較して圧倒的な実績を誇る転職エージェントです。

転職エージェントを利用する際はリクルートエージェントを利用しない手はないでしょう。

リクルートエージェントは転職をする全ての人におすすめの転職エージェントです。

「DODA」は業績、求人数共に業界第2位という大手転職エージェントで、登録者のペースに合わせて転職活動をしてくれますし、転職初心者にも優しいキャリアコンサルタントが在籍しています。

求人数も多く、求人の質も良いので全ての人におすすめの転職エージェントです。

また「パソナキャリア」もキャリアコンサルタントの質が高いと業界で有名な転職エージェントです。

業績は業界で第4位、求人数はリクルートエージェントやDODAに比べると少ないのですが、求人の質も良く、何と言ってもキャリアコンサルタントの質は業界でもずば抜けて高く、とにかく登録者の気持ちを優先して対応してくれますし、転職初心者にも優しくキメの細かいサポートが特徴です。

仕事のオーバーワークの症状が出たら、ひとまず体を休ませよう

オーバーワークについて基準や対策、改善策をまとめました。オーバーワークは現代社会におけるビジネスマンの多くが悩んでいることであり、自身を守るためにも決して軽く考えてはいけません。

オーバーワークによってもたらされる症状は様々ですが、どれも心身にとって悪影響となります。しかも、決して無視ができる類のものではありません。オーバーワークの症状が出たら、対策と改善に向けて取り組むべきです。

また、確かにオーバーワークの症状が出たら対策に取り組むべきですが、できればそれ以前からオーバーワークの改善には力を入れるべきでしょう。本文中では仕事の効率化を中心とした対策や改善を紹介しました。

しかし、オーバーワークの症状が出た時に最も必要なことは、体をゆっくりと休ませることです。無理をしすぎることは決して良いことではありません。本来、休むことは誰に対して遠慮することではなく、自分最優先で休んでも良いのです。

十分に休んでからオーバーワークに立ち向かうことが、本当は正解であるケースが想像以上に多いでしょう。休むことによって回復を図り、オーバーワークを解消する方法を思いつく可能性もあります。

周囲の人が分かってくれなくとも、会社が分かってくれなくとも、自分だけは自身の体と心の疲労を分かってあげましょう。オーバーワーク状態にある時は自分の感覚に従い、無理だと思ったら休むのが正解です。

オーバーワーク状態から離れてしまえば、他の人に仕事を頼んだり、上司に相談して仕事を減らしたり、あるいは、どうにもならなければ転職を考えたりと、いくつも選択肢が残っていることに気づくでしょう。

慢性的なオーバーワーク状態に追い詰められる必要は、本当ならどこにもないことを覚えておいて下さい。

※記事の内容は、執筆時点での最新の情報となり、サービス内容・利用料金等を保証するものではありません。この記事の情報を基に行動する利用者の判断について、当社は一切の責任を負いかねます。サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、しかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。