バイトの人間関係の悩みと改善方法|バイト先の人間関係をよりよくする方法

「バイト先の人間関係がツライ……」「バイトじゃなくて人間関係で疲れないといけないの?」このように思いながらバイトをしている人もいるでしょう。しかし、バイト先の人間関係で疲労する必要などないのです。この記事では、バイト先の人間関係の考え方や改善方法、また人間関係で悩まないバイトの選び方など詳しくまとめています。

バイトの人間関係で辛い・疲れる・馴染めない・めんどくさいと悩むことも

「バイト先の人間関係がもうイヤだ!」

「仕事内容よりも人間関係で疲れるバイトなんて辞めてしまいたい……」

「バイト先の人と溝ができていて毎日が憂鬱だ」

このようにバイト先の人間関係に悩む人は、実はかなりの人数になります。「もっと気楽にバイトが出来たらいいのに」と悩むことは正直不毛なことです。

バイト先の人間関係はあくまでも一時的なものですが、それでも人によっては人間関係に深く悩むことでしょう。

 

また、深刻な場合にはバイト先から受けるネガティブな言動にただ耐え、結局心身に負担を受けて辞めていく人までいます。そのため、バイト先の人間関係はうまく処理しなければなりません。

しかし、バイト先の人間関係に悩む人や苦しむ人は多いものの、人間関係をきちんと考えている人は少ない印象です。きちんと人間関係に向き合えば改善できる可能性もありますし、可能性がないのなら辞める決断もするべきです。

バイトが辛く、辞めたいなら以下の記事を参考にしてください。バイトの辛さから解放されるはずです。

バイトが辛い・しんどい時の対処法5つ|辛いバイトランキングTOP5も

バイトが辛いのということは甘えか よく「アルバイトが辛い」などと愚痴をこぼすと、「バイトくらいで辛いと思うのは甘えで…

バイト辞める電話のかけ方や理由の伝え方|円満に辞めるポイントまとめ

バイトを辞める際は電話よりも直接会って話す方がより良い アルバイトを辞める際、一番辛いのは直接会って店長と話し合わな…

バイトを辞めたい時に守りたい最低限のマナー|具体的な辞め方と辞める理由も

バイトを辞めたいと感じるのは1ヶ月、3ヶ月、半年くらいが多い 世の中にはたくさんのアルバイトがあります。また、た…

バイトの人間関係が原因で辞める人も多い

バイト先の人間関係が原因で辞めていく人は意外なほどに多いです。しかし、バイト先はあくまでも一時的な居場所であることが多く、そのため辞める障害は正規の仕事よりも少ないでしょう。

でも、一度始めたバイトを簡単に辞めることは難しい問題です。つまり、それだけ多くの人にとって人間関係が重荷になっているのです。

もちろん、人間関係が悪過ぎて自身に負担がかかるのであれば、バイト先を辞めて正解であると言えるでしょう。

しかし、「人間関係が悪い=バイトを辞めなければならない」ではありません。実際にはバイトの人間関係を改善することも考えられるからです。人間関係は双方向のものなので、自身からアプローチしていくことができます。

もちろん努力しても人間関係が改善せず、残念ながら変わらない時もあります。そのバイト先スタッフの問題であったり、バイト先そのものに問題があったりするケースも存在するからです。

どうしても人間関係を変えられないのであれば辞めるのは正解でしょう。我慢強いことは確かに素晴らしいことですが、自分の身に負担をかけてまで我慢する必要はないと考えられます。

もちろん、改善できる方法があるときは試してみるのが、その人にとってベストとなるでしょう。

人間関係の改善方法に関しては以下の記事で詳しくご紹介しています。また、人間関係に疲れた時の対処法もご紹介していますので、ぜひ、この記事と併せてご覧ください。

職場の人間関係を良くする方法5つ|人間関係に疲れた時の対処法も

職場の人間関係に疲れ、最悪退職する人も 仕事がハードで疲れがたまったとしても、休日にゆっくり休むことができれば、疲れ…

バイトの人間関係の悩み3つ

バイト先の人間関係には多くの悩みが考えられます。ここでは深刻化してしまいがちな原因を3つ紹介します。

一見すれば簡単なことにも見えますが、人間関係の悪化の原因として想像以上に心身にダメージを与える可能性が高いです。

なかには行き過ぎれば犯罪となる原因もあり、耐えられなければ抵抗する術も考えておきましょう。もちろん、人間関係改善の見込みがあるのなら、関係改善を通して環境を変えることも視野に入ります。

店長や社員からのパワハラ・セクハラ

店長と社員とバイトの間には確かな差があるのは仕方ありません。基本的に店長や社員の方がバイトよりも立場が上であることは否めないでしょう。彼らの方が仕事において責任を負っていると言えるからです。

時には上の立場である社員からバイトが理不尽に責められることもあります。もちろん、自身のミスで責められるようなら仕方がありませんが、彼らのストレス発散に威張り散らされていることもあるようです。

店長や社員から理不尽に責められるのはパワハラです。また、時に異性であればセクハラに発展することもあります。悲しいですが、パワハラ・セクハラを受け、泣き寝入りしやすいのがバイトスタッフの現実です。

「せっかくのバイトだから辞めさせられたくない」と思って我慢を続けると、心身に負荷が蓄積してしまいます。結果として、バイト先の人間関係における大きな悩みとなってしまいかねません。

「店長や社員がいなければいいな」と思いながら働いていても、効率は良くないですし、ストレスにしかなりません。

あまりにも横暴な社員で、人間関係の改善が難しいようであれば、我慢せずに別のバイトを考えるべきなのかもしれません。

パワハラ、セクハラについては以下の記事で詳しくご紹介しています。

セクハラの具体例まとめ|職場や飲み会でのセクハラな言葉、メール例文、事例も

セクハラ(セクシャルハラスメント)とは セクハラの正式名称は皆さんもご存知の「セクシャルハラスメント」です。セクハラ…

パワハラ上司から身を守るパワハラ対策や仕返し|パワハラ上司の特徴や心理も

パワハラ上司の特徴3つ パワハラとはパワーハラスメントの略称。詳しく解説すると、職場の上司などが自分より立場の低い部…

パートやバイトの先輩が人の悪口ばかりでうんざり

パートやバイトの先輩たちはバイト先をよく見ています。そのため悪口が出ることもあるでしょう。

ただし、悪口を言うことが目的になってしまっていて、止められなくなっている人もいます。悪口は周りの人にうんざりとした思いを与えるでしょう。毎日聞いていては大小の悪影響が考えられます。

パートやバイトであることから社員や店長の悪口をよく聞くこともありますし、他にも同じパートやバイトの人の悪口を聞くこともあるでしょう。

聞くつもりがなくても、聞かなければその人との関係が悪化することもあり得るため、なかなか原因を取り除くことが難しいです。 悪口を言う人を説得するのもリスクが高いでしょう。

社員とバイトの間で溝ができていて仕事しづらい

どのようなバイト先であれ、社員とバイトの間には溝ができやすい傾向があります。もちろん、この溝は仕事を円滑に回すのを妨げるでしょう。

「社員だから」、あるいは「バイトだから」と区別がついてしまうことは多々あります。この枠組を超えるのはバイトでは本当に難しいでしょう。

この溝が原因で人間関係が悪化することはありますが、明確に原因を排除することは非常に難しいです。溝を排除しようとすると悪い方に馴れ合いが発生する恐れまであります。

社員であれ、バイトであれ働いていることは同じですが、もちろん待遇や責任には差があります。同じ場所で働いているのですから、できれば良い関係を築きたいのですが、やはり立場が邪魔をするようです。

バイトの人間関係の改善法10つ

バイト先の人間関係を良くしようと思えば、自分から動くことが必要でしょう。ここでは人間関係を改善する参考になるよう10の方法を紹介します。

1.程よく受け流す力をつけ、割り切る

人間関係には摩擦やストレスがつきものと割り切ることも重要です。誰と関係を持ったとしても、良い関係だけになることはありえません。嫌なことを言う人はどこにでもいるものです。

嫌なことを言ったり、嫌な態度をとったりする彼らのネガティブな言動を気にしてばかりいても仕方ありません。「スルースキル」を身につけることも必要になるでしょう。スルースキルとは物事をあえて無視する力のことです。

人間関係で必要なのは、ネガティブな言動を受け止めて耐える我慢強さではなくて、必要以上の負担を無理せず受け流す力でしょう。

2.一定の距離感を保つ

人間関係の距離が近くなりすぎるとトラブルに発展することが多々あります。バイト先の人間関係であれば、一定の距離を保つことも重要になるでしょう。

もちろん、是非とも友人になりたい人とまで距離を保つ必要はありません。あまりにも愛想良くしすぎて、誰とでも距離を近くしすぎるとトラブルに巻き込まれやすくなります。

家族間や友人間でのトラブルも頻発していることからわかるように、人間関係の距離が近いことはトラブルに発展しやすいものです。

誰と距離を近くし、誰と距離を保つのか、この見極めが重要となります。あくまでもバイト先であれば、ある程度は誰とでも距離を保ちつつ、そして孤立もしないようにしておくのも選択肢のひとつです。

3.仕事だけの人間関係と割り切る

バイト先の人間関係において、先輩や後輩、あるいは社員の人や同僚たちはどんな関係でしょうか。それは簡単に言えば仕事先だけの人間関係です。そして、それ以上に捉える必要は本来ありません。

仕事だけの人間関係以上の人間関係を築く場合は、バイト先の外で関係を築けば良いでしょう。バイト先ではあくまでも仕事だけの人間関係と割り切るのが得策です。

4.感謝の気持ちを言葉で伝える

どんな人間関係であれ感謝の気持ちを言葉で伝えることは重要です。「ありがとう」と言われて嫌な気持ちになる人はほとんどいません。ちょっとしたことでも伝えていけば、人間関係も改善に向かっていきます。

仕事上であれば自分たちの仕事を円滑に回すためにも重要な言葉です。もちろん、「はい、わかりました」という言葉だけで足りないわけではありません。しかし、業務連絡や指示以上に親切にされたら感謝を伝えましょう。

特に多少なりともフォローしてもらった場合には感謝の気持ちを伝えると良いでしょう。そもそも、感謝する気持ちは自然と口からでても良いものです。たとえ苦手な人であっても、感謝の気持ちは伝えるよう心がけましょう。

5.人の悪口を言わない

人の悪口を言うことはどんな関係でも避けるべきことでしょう。つい、悪口を言ってしまう人は注意しなければなりません。悪口で何かが改善することはまずないと言えるでしょう。

そもそも人間関係の改善を目指す上で、悪感情を伝えてしまっては意味がありません。何よりも悪口を言ってしまった自分が悪いように思い込んでしまいます。

悪口を繰り返すと「彼、または彼女が悪い人だ」と思い込んでしまいます。実際には一時の感情であったとしても、確かな悪感情が自分の中に根付いてしまう可能性があるのです。

6.ミスをした時は素直に謝る

ミスをした時に素直に謝ることができることは、どんな人間関係におけるコミュニケーションであれ、その関係を健全に保つ最も大切な手段のひとつです。

自分に非がある時にそれを素直に認めることは、正規の仕事であれ、アルバイトであれ、変わらず大事であると言えるでしょう。あるいは、仕事から離れた場所の人間関係であってもその重要性は変わらないでしょう。

ミスをした時は素直に認めて、失敗をカバーする方向で動くほうが本人も気が楽です。人間は正しいことをしているときが最もモチベーションが高く、自身の能力もよく発揮できます。

一方で、ミスをしたとわかっていながら誤魔化そうとしたり、逆に怒ってしまったりすると、落ち着くまで何もかも空回りしてしまいがちです。

7.適度な雑談でコミュニケーションをとる

人間関係で適切な距離をとるためには適度なコミュニケーションが必要です。コミュニケーションには雑談が適しているでしょう。

積極的な雑談を用いたコミュニケーションが苦手であっても、聞き役に徹するなら重要なコミュニケーションです。人との会話ではシッカリと聞いていると反応することも意味があります。

もちろん、徐々にでも自分から雑談をふれるようになりましょう。挨拶の後に一言、ニ言程度の雑談からはじめても良いです。

一方で、雑談のコミュニケーションを苦にしない人は積極的に行いましょう。しかし、不用意に距離を詰めすぎないようにしてください。あくまでもバイト先の先輩や後輩、同僚であるという自覚は持ちましょう。

8.挨拶をしっかりする

挨拶はどんな人間関係においてもコミュニケーションの基本です。あいさつそのものはハキハキとする必要がありますが、必要以上に力を入れなくても大丈夫でしょう。元気な挨拶が必須になって嫌になっては意味がありません。

実際のところ、真面目に働いているのなら挨拶は自然と出てくる可能性が高いです。さらに、周囲の人間関係を気にするような人ほど、バイト先の人たちが挨拶をしているのに、自分は挨拶しないなどは出来ないでしょう。

一方で、バイト先で挨拶があまり聞かれないのなら少し気を付けたほうが良いでしょう。人間関係悪化の土壌が既に存在するかもしれません。余計なダメージをもらわないように、少し観察しておきましょう。

9.気づいたらフォローする気遣いを忘れない

口数が少なくとも、仕事のフォローを忘れない人は悪く思われたりはしません。気づいたときにはフォローを忘れないようにしましょう。

ただし、バイト先では自分に与えられた責任以上を背負う必要がないのも事実です。自分の責任になるほどに誰かの仕事をフォローしていると、人間関係は緊張感を失ってしまいます。

的確なフォローと行き過ぎたフォローはまるで違う結果になります。誰かに依存されたり、押し付けられたり、迷惑がられたりしないように気を付けましょう。基本的に自身の余力でフォローするくらいがお互いに健全です。

10.報告・連絡・相談のサイクルを徹底する

報告・連絡・相談のサイクルはどんな仕事であれ重要なファクターです。よく「ホウ・レン・ソウをしっかりしろ」と言われます。実際には人間関係が目当てでなくとも、報告・連絡・相談のサイクルは徹底すべきです。

そもそもこの報告・連絡・相談のサイクルをシッカリ出来ない人は信頼できません。勝手に物事を進めて、勝手に自滅して、勝手に回りにダメージを与えそうだからです。

基本的に信頼できる人間とは良い関係を築きたいでしょう。仕事上で信頼を得る行為とは報告・連絡・相談のサイクルを守る人間です。その上で仕事も円滑に進めやすくなるので、報告・連絡・相談のサイクルは徹底するべきです。

人間関係が良いバイト先の選び方3つ

バイト先の人間関係の負担を軽減することを考えるなら、そもそもバイト先自体を人間関係基準で選ぶことも選択肢です。人間関係が良いバイト先を選ぶ方法を3つ紹介します。

既にバイト先で本格的に働いている状態であれば、人間関係が悪化しても改善する方針を取りたいところです。あるいは負担を避け、バイト先を辞めることも選択肢になるでしょう。

しかし、バイト先を決める前であれば、そもそも人間関係が良さそうなバイト先を選んで落ち着くことも考えられるはずです。

バイト先に人間関係が悪化してしまう土壌が既に存在するときもあります。どんな人間関係を改善する努力も通じないこともあるでしょう。人間関係で疲労しないためにも人間関係が悪化しそうなバイト先は避けることが必要です。

1.上司が怒鳴っている声がしないか

バイト先を探している時に上司が怒鳴っている声が聞こえた職場は要注意です。場合によってはお客様がいる中で、他の社員やバイトを怒鳴っていることになります。職場の人間関係は非常に悪いと推測できるでしょう。

人目を気にせずに怒鳴る上司とうまくやっていける人はいるでしょうか。また、人前で怒鳴られて気分良く働く気になるでしょうか。このようなバイト先では上司と良い人間関係を築くのは難しいと考えられます。

最悪のケースではバイト先の他の人たちまでも雰囲気が悪い場合があります。怒鳴り散らす上司が発する影響が、バイト先全体に悪影響を与えてしまうからです。やはり、上司の怒鳴り声が聞こえるバイト先は避けるべきとなります。

仮に人目から隠れて上司が怒鳴っていることを偶然聞いた場合でも、度を越しているようなら避けるべきケースとなるでしょう。

2.スタッフ同士の雰囲気が良いか

バイト先候補と考えている職場のスタッフ同士の雰囲気が良いことは、良い人間関係を作りやすい土壌がその職場にはあると考えられます。優先的にバイト先候補に入れても良いでしょう。

一方で、スタッフ同士の仲がいいところに、新たにバイトとして入っていくことには緊張が伴うかもしれません。しかし、スタッフ同士の仲が悪いバイト先を選ぶよりは、はるかにメリットが大きくリスクが少ないでしょう。

既に出来上がっている良好な人間関係に恐れずに、スタッフ同士の仲がいいバイト先を優先して選びましょう。

3.店内の掃除が行き届いているか

店内の掃除が行き届いているお店は、スタッフの教育がよくできているお店と考えることができるでしょう。一方で、店内の掃除がまるで行き届いていないなら、スタッフ教育があまり良くないお店となります。

スタッフ教育が行き届いているお店は、人間関係も良好であることが多いです。きちんと秩序だった人材管理が行われているからでしょう。

実際に、スタッフ教育が行き届いていないお店のスタッフは、人間関係もあまり良いものを作ろうとしない傾向です。そのようなお店で働き始めても、自分ばかりが気をつかって疲れてしまう結果となるでしょう。

店内の掃除が行き届いていないお店でのバイトは、できれば避けるべきであると考えられます。

バイトの人間関係は割り切るのが解決の道

バイト先の人間関係で疲れることは基本的には損となります。なかにはバイト先を辞めるだけでは済まず、心身にダメージを負ってしまうこともあります。

もちろん最初から人間関係について、変に冷めた目で見て孤立してしまうのはもっと悪い事態に繋がりかねません。しかし、一方で人間関係は親密であれば良いというものではないでしょう。

人間関係のトラブルに巻き込まれるのは、あまりにも近すぎる人間関係を築いた時も該当します。バイト先では適切な人間関係の距離感を保つのが重要となるでしょう。

特にバイト先であれば人間関係は割り切ることが必要です。バイト先の人達から受ける言動を重く受けとめ過ぎず、ネガティブな言動については「そういう人もいる」と割り切っていくのが良いでしょう。

また、バイト先の人間関係を良くするために、いくつかのコツや方法を載せています。他にも良いバイト先の選び方や、人間関係の疲れる原因についても提示しました。今回の記事を参考にして快適なバイト先を手に入れてください。

※記事の内容は、執筆時点での最新の情報となり、サービス内容・利用料金等を保証するものではありません。この記事の情報を基に行動する利用者の判断について、当社は一切の責任を負いかねます。サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、しかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。