バイトの人間関係でよくある悩みと解決策

 

 

バイト先の人間関係で、頭を悩ませたことはありませんか?店長や上司とうまくやれない、先輩と衝突してしまう、後輩が何を考えているか分からない、といったことですね。

そこで、ここではバイト先の人間関係で悩むケースについてまとめてみました。また、ケースごとに、解決策もご紹介するので、ぜひ今後に役立ててくださいね。

バイト先の人間関係で悩むケース

バイト先の人間関係で悩むケースは多々あります。上司や店長とうまくいかないこともあれば、先輩や同僚、後輩との関係がうまくいかないこともあります。ここでは、バイト先の人間関係で悩むケースをご紹介しましょう。

上司や店長

店長や上司とうまくいかないケースは意外に多いです。バイト先によっては、店長とアルバイト従業員のあいだに距離がありすぎることもありますし、意思の疎通が難しいのです。

そのため、余計に関係性が悪くなることもあります。 現場には顔を出さず、無茶な指示ばかりを出してくるような上司、店長だと、なおさら人間関係は悪化します。

先輩

バイト先で少し早く働き始めただけで、横柄な態度をとるような人もいます。このような先輩と働くとなると、あまり良い人間関係は築けないでしょう。

また、なぜか先輩から目を付けられてしまい、いびられてしまうようなケースもあります。 バイト先では一応先輩なので、後から入った手前あまり強く出ることができません。そうこうしているうちに、どんどん人間関係も悪化してしまいます。

同僚

人によって相性の合う、合わないがあるので、同僚と相性が良くないということは十分あり得ます。相性が合わないと衝突もしやすくなりますし、仕事中にケンカになってしまう、ということもあるでしょう。

同僚だと、立場を気にする必要がないため、ケンカにもなりやすいです。口喧嘩だけならまだしも、時には殴り合いのケンカになってしまう可能性もあります。

後輩

後輩との人間関係がこじれるケースとしては、自分の言うことを聞かなかった、といったことが挙げられます。先輩として指導しているのに、まったく聞き入れず、自分勝手な行動をとるような場合ですね。

このような後輩だと、こちらとしてはもう指導もしたくなくなります。サポートもしたくないでしょうし、関わることすらしたくないと考えてしまいます。

 

上司や店長と仲良くするコツ

上司や店長とうまくやっていくには、どうすればいいのでしょうか。与えられた仕事をきちんとこなす、というのは当然のことですね。バイトの関係だからと割り切って考えれば、表面上だけでも仲良くはできるでしょう。

与えられた仕事はきちんとこなす

与えられた仕事をこなしていないとなると、店長や上司との関係性も悪くなります。何度も指示しないといけないようでは、業務効率も悪くなってしまうでしょう。

店長だと経営についても考えないといけないため、業務効率が下がるのは困ります。 与えられた仕事はきちんとこなすことで、店長や上司との関係性を悪化させずに済みます。言われたことはすぐにこなすようにしましょう。

バイトの関係だからと割り切る

店長や上司とうまくやれない、と悩んでいてもどうしようもありません。改善できればいいのですが、それも難しいとなると、とりあえず表面上だけでも仲良くやっていく必要があります。

バイトの関係だと割り切れば、表面上は仲良くやれるでしょう。自分のプライベートには関りのない人ですし、あまり深く考えなくていいか、と思えるようになります。

問題が大きくなるならオーナーや本社へ相談

店長や上司からいじめを受けている、パワハラのようなことをされている、というケースだと、オーナーや本社に相談しましょう。問題がもっと大きくなる可能性がありますし、このようなケースだと放置するのはおすすめしません。

お店でのトップは店長でも、経営のトップはオーナーや本部です。今どのような状況なのかを、きちんと丁寧に説明しましょう。

 

バイト先で先輩と仲良くするコツ

バイト先で、先輩と仲良くするにはどうすればいいのでしょうか。きちんと敬意を持って接する、まじめに仕事に取り組んで認めてもらう、といったコツがあります。ここでは、先輩と仲良くやっていくコツをご紹介しましょう。

相手が年下でも先輩なら敬意をもって接する

バイト先には、自分より年下の先輩がいることもあります。年齢的には自分のほうが年上だったとしても、その職場で先に働き始めているのなら、相手が先輩になります。年齢は上だから、と偉そうにしてしまうと、トラブルの元です。

年下でも、自分より1日でも早くそこで働き始めているのなら、先輩です。それを理解した上で、敬意を持って接するようにしてください。

「ため口でいい」と言われたら従う

先輩から、ため口でいいと言われることもあるでしょう。しかし、人によっては、先輩には敬語で話すのが当然だと思っている方も多いです。先輩がいいと言っているのなら、素直にそれに従ったほうが仲良くはなれますよ。

ため口のほうが、相手とよりフランクに会話できるようになります。お互いの距離も近づくので、より良い関係を築けるでしょう。

ベテランスタッフと仲良くする

ベテランのスタッフと仲良くしておきましょう。ベテランのスタッフなら、バイト先でも格別の存在感があるはずです。先輩とあまり関係が良くなくても、ベテランのスタッフを味方につけておけば、とりあえずは安心です。

先輩が後輩をいびろうとしても、ベテランのスタッフが助けてくれるでしょう。その先輩をきちんと叱りつけてくれるかもしれません。

真面目に仕事に取り組んで認めてもらう

仕事にまじめに取り組んでいれば、先輩も目をかけてくれるようになります。与えられた仕事はきちんとこなし、先輩からのアドバイスもきちんと受け入れましょう。

先輩が頑張りを認めてくれれば、仲良くなれるはずです。 また、分からないことがあれば、積極的に先輩にアドバイスを求めましょう。そうすることで、より一層先輩との距離が近くなりますよ。

適度に先輩を褒める

先輩と仲良くやっていきたいのなら、適度に先輩のことは褒めましょう。後輩から褒められて、嫌な気分になる先輩はあまりいません。「仕事が早いですね」「とても丁寧な仕事ですね」など、適度に褒めてあげてください。

注意点としては、あくまで適度に褒めるということです。過度に褒めてしまうと、ゴマを擦っていると思われて逆効果になってしまうでしょう。

 

バイト先で同僚と仲良くなるコツ

バイト先の同僚と仲良くなるコツをお伝えします。同僚は同期に入ったスタッフなので、仲良くなりやすいです。ただ、同じ立場のため関係性が悪化しやすいのも事実なので、そこは注意が必要です。

社員との連携を大事にする

社員との連携を大事にすることで、仕事もやりやすくなります。同僚とも情報を共有しやすくなりますし、一体感を持って仕事に取り組むことができるでしょう。

社員との連携を大事にするため、日ごろからしっかりコミュニケーションをとるように心がけてください。

他の同僚の悪口を言わない

ほかの同僚の悪口を言ってしまうと、「自分も陰で悪口を言われているのでは」と思われてしまいます。疑心暗鬼になってしまう可能性もあるので、ほかの同僚の悪口を言うのはやめましょう。

また、悪口を言うのはあまり褒められたことではありませんし、単純に嫌われてしまう恐れもあります。因果応報という言葉があるように、自分も悪口を言われるようになるかもしれません。

特定の異性をひいきしない

特定の異性をひいきしてしまうと、トラブルの元になりやすいです。ほかの同僚から反感を買ってしまう恐れもありますし、よからぬ噂がバイト先に広がることも考えられます。

その異性のアルバイトスタッフにも迷惑がかかるでしょう。 同僚は、同性でも異性でもみんな同じ立場です。すべての同僚に対して平等に接するべきですし、ひいきするべきではありません。誤解を招く恐れもあるのでやめましょう。

仕事をサボらない

仕事をさぼってしまうと、そのしわ寄せがほかの同僚にいきます。「あいつがサボるせいで忙しい」と言われてしまいますし、信用もなくしてしまうでしょう。

与えられた仕事はきちんとこなすようにしてください。 頻繁に仕事をサボっていると、仲の良い同僚であっても、店長や上司に言いつけられる恐れがあります。最悪クビになるので、注意してください。

 

バイト先で後輩と仲良くなるコツ

バイト先の後輩と仲良くなるには、本人のペースで育成することが大切です。また、どんなことでも優しく受け止めてあげることが大事ですね。叱って伸ばすのではなく、本人の良いところを見つけ、褒めて伸ばしてあげましょう。

本人のペースで育成する

自分のペースで育成しようとしても、うまくいかないことが多いです。無理なペースで育成しようとすると、「この先輩とは合わない」と思われてしまう可能性もあります。

本人のペースで育成することを心がけましょう。 一つのステップごとに、きちんと理解できたかどうか確認してあげることです。理解してマスターしたら、次のステップに進んでいきましょう。

優しく受け止める

時には厳しくする必要もありますが、まだ入って間もない後輩だと、基本的には優しく受け止めてあげることです。

優しく受け止めてあげていれば、「頼りになる優しい先輩」と思ってもらえますし、お互いの距離も縮まります。 優しく受け止めてあげることは大切ですが、きちんと言うべきことは言いましょう。それと優しく受け止めることはまた別問題になります。

後輩の得意なことを見つける

後輩が得意なことを見つけて、そこを伸ばしてあげましょう。もちろん、そのバイトに活かせるかどうかは分かりませんが、活かせそうなら積極的に伸ばしてあげてください。

また、得意なことを見つけたら、なるべく褒めてあげましょう。得意なことだけでなく、優れたところ、良いところが見つかれば、その都度褒めてあげてくださいね。

よく褒める

叱って伸ばすよりも、褒めて伸ばしたほうが後輩とは仲良くなれます。自分が厳しく叱られながらバイトをしてきたからといって、同じことを後輩にするのは間違っています。

特に、最近の若い世代だと叱られることに耐性がないと言われています。厳しく叱るとすぐにバイトを辞めてしまうかもしれません。叱るにしても、9褒めて1叱るくらいにしたほうがいいかもしれませんね。

 

まとめ

バイトの人間関係でよくある悩みや、解決策についてご紹介してきました。バイト先の人間関係が良くないと、ギスギスした雰囲気の中働くことになってしまいます。

ストレスも溜まってしまうので、なるべく良い人間関係の中で働きたいですよね。ここでご紹介した記事の内容を、ぜひ今後のバイトに活かしてくださいね。

※記事の内容は、執筆時点での最新の情報となり、サービス内容・利用料金等を保証するものではありません。この記事の情報を基に行動する利用者の判断について、当社は一切の責任を負いかねます。サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、しかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。