▼当サイトで申込みが多い転職エージェントはこちら!(複数のエージェントに登録することで年収アップに直結する非公開求人を見つけやすくなります!)

【1位】リクルートエージェント絶対に使うべき、国内最大手のNo1転職エージェント!公開求人・非公開求人含め20万件以上というダントツ業界トップの求人数
【2位】DODA利用者満足度はなんと驚異の90%!キャリアアドバイザーが優しく丁寧にサポートしてくれることから転職初心者には最適
【3位】JACリクルートメント転職エージェントオリコンランキングで毎年総合第1位という非常に高い評価を受けている転職エージェント。

▼【登録無料】転職活動で役立つ!あなたの気づいていない強みを発見できるリクナビネクスト グッドポイント診断に登録しましょう!

3分で完了!グッドポイント診断はこちら!

バイト辞める電話のかけ方や理由の伝え方|円満に辞めるポイントまとめ

バイトを辞める時は会って話さなくてはならないと思われがちですが、法律上では電話で辞めても問題ありません。電話だと気持ちが伝わりにくいデメリットもありますが、直接会うより緊張せずに退職の話し合いができるうえ、うまく使えば円満に退社することも可能です。この記事では、電話でバイトを辞める際のコツや、シチュエーション別の対応をご紹介します。ぜひ、電話でバイトを辞める際のポイントを押さえておきましょう。

バイトを辞める際は電話よりも直接会って話す方がより良い

アルバイトを辞める際、一番辛いのは直接会って店長と話し合わなくてはならないことですよね。もちろん直接会って話した方が相手に誠意も伝わり、その後の関係も良好になりやすいというメリットがありますが、どうしてもこれ以上関わりたくない場合や、会って話しても相手にしてもらえない事が予想される場合には、電話でアルバイトを辞める旨を伝えるという方法もあります。

法律上は直接でも電話でも問題ない

実は、アルバイトを辞める際は必ず会って話し合うものというルールが一般的ですが、法律上では電話で辞めても問題はありません。直接会って話さなくてはならないというのは「社会の一般的な常識」であり、法的な拘束力はないのです。

バイトを辞める時、法律上では2週間前の申し出が必要

ただし、電話で辞める旨を伝えたからといって、その瞬間からアルバイト先との関係が切れるわけではありません。民法の第627条に「当事者が雇用の期間を定めなかった時は、各当事者はいつでも解約の申し入れをすることができる。この場合において、雇用は解約の申し入れの日から2週間を経過することによって終了する。」と明記されています。

なので、アルバイトとして採用されたときに渡される雇用契約書に雇用の期間についての決まりがない場合には、最低2週間前に申請すればアルバイトを辞める事ができます。

バイトを辞める電話のかけ方・言い方のポイント

電話で辞めるからといってマナーをおろそかにして対応したら関係性は最悪になりますし、今後会う時も気まずくなります。お互いが気持ちよく分かれられるように、最低限のマナーやポイントを押さえておきましょう。

バイトを辞めたい日から約2週間前から一ヶ月前に申し出る

最低でも2週間前、社会の一般常識としては1ヶ月前が目安です。もちろん、早すぎて困ることは無いので、早めに辞めなければならない予定が分かったのであればその時点で早めに連絡しておきましょう。

辞める理由を用意する

直接会って話した場合などは雰囲気などでこちらがどれだけ真剣なのか感じ取ってくれますが、電話は顔が見えない分、声のみでのコミュニケーションで相手を説得しなくてはなりません。相手が納得してくれるような完璧な理由を用意して、スピーチをするつもりで何度も練習しておきましょう。

バイトを辞める電話で最初に要点を切り出す言い方

アルバイトを辞める相談は誰でも気乗りしなかったり、緊張したりしてだらだらと長く話してしまいがちです。しかしこれでは自分で何を話しているのか分からなくなってしまい、本当に伝えたいことが伝えられずに終わってしまいます。

手が空いているであろう時間を狙い、「退職のご相談がございます」と先に要件を伝えてしまうことで一気に時間が短縮される上、自分の本当に伝えたいことに集中できます。先に結論から話す練習もしておきましょう。

バイトを辞める旨を電話で伝える理由

「急な決定だったので、取り急ぎの連絡として電話させて頂きました」「本来ならば直接会ってお話ししたいのですが、どうしてもお店に伺う時間が作れそうもないので大変申し訳ないのですが、電話での連絡とさせていただきました」など、どうして電話で話さなくてはならなかったのか、その理由を伝えておきましょう。

学業や資格試験の勉強などを理由にバイトを辞める

学生や転職活動やスキルアップのために資格取得の勉強をしている人にとっては、アルバイトよりも学業のほうが本業です。アルバイトを続けるために成績が下がっているようでは本末転倒です。

「アルバイトと学業の両立が難しく、成績が落ちてきてしまったので学業一本に絞りたい」「自分の人生を左右する大切な試験があるので、自分の使える時間を全て使いきって全力で挑みたい」などのように伝えましょう。

また、「将来の夢の為に必要になる資格試験の為に勉強に専念したい」など、自分の人生に一貫性がある理由であればアルバイトを辞める理由としては強力で説得力があります。アルバイトを続けていては自分の将来に影響が出るので後悔しない道を選びたいという旨を伝えれば店長も理解してくれるでしょう。

家庭の事情が理由でバイトを辞める場合

家庭の事情で辞めざるを得ない時は「家族が体調を崩してしまい、家事を手伝う必要がある」「祖父母の様態が悪くなり、介護の関係で人手が足りずに困っている」など、家事や介護でいっぱいいっぱいでアルバイトに費やす時間がとれなくなってしまった旨を伝えましょう。

家庭の事情にはアルバイトも首を突っ込みにくく、辞めるには強力な理由なので、「先輩とどうしてもそりが合わない」「職場の方針がどうしても気に入らない」など伝えにくい理由で辞めたい場合はこれらの家庭の事情を持ち出して辞めた方が賢明でしょう。

バイト先から引き留められた場合

もちろんどんなバイトでも辞めるといってから二つ返事で了解を得られるわけではありません。理由を深く掘り下げてきたり、交渉してくる場合もあるでしょう。バイト先がどのような対応をしてくるのか予想しておくことでスムーズに交渉を進められます。

就業規則で1ヶ月前までに行っておく必要があると言われる場合

世の中には1ヶ月前に申告しなくては辞められないという「社会の常識」があります。アルバイトに採用されたときの雇用契約書にもこのように書かれている場合が多いです。その契約書に同意した上で急に辞めるのは契約違反であり、店側から訴えられる場合もあるのです。

店側から訴えられないためにも、とっておきの電話でバイトを辞める切り出し方をお伝えします。

出社が難しいと答える

上記にある通り、店側が契約書を作っていても、バイトだから許される場合もあります。店側も全ての責任をアルバイトに負わせることはできないのです。

「本当に家族の体調が悪く一刻を争う状況である」など、出社がどうしても難しいことを説明する為に、自分の状況を詳しく話した後、店長と話し合って残りのシフトをどうにかできないか相談しましょう。

代わりのシフトが見つかり次第で良いかと言われた場合

いざ、勇気を出して電話でバイトを辞めたい旨を伝えたものの、「忙しいから代わりのシフトが見つるまで辞めないでほしい」と言われてしまった…でも、資格試験が目前に迫っていてすぐにバイトを辞めたい…そんなときに使えるテクニックが以下になります。

10日までは勤務します、などと勤務できる日を伝える

代わりのシフトが見つかり次第というのはバイト先にとって有利すぎる条件です。「~日までは働けます」等こちらの希望の条件を提示して、お互いが譲歩して交渉を行うことを心がけましょう。

人が足りないなどの理由で引きとめられた場合

すぐにでもバイトを辞めたいのに、「今は人手不足でどうしてもキミがいないと店が回らないんだ。頼むからやめないでほしい」と言われてしまった… そんなときは以下のバイトを辞めるテクニックを使ってください。

知人や友人に紹介しますと伝える

人が足りないというのは店側の人材管理の問題であり、アルバイトが責任を負う必要はありません。「知人や友人に紹介します」と伝え、自分が協力できることはする姿勢を持ちながらも、私自身はシフトに入ることはできないとキッパリ伝えましょう。電話で伝えるときは申し訳なさを出しながらも、明るい声で伝えることがミソです。

研修中にバイトを辞める電話をする場合

バイトに申し込んでみたはいいものの、研修が始まり、「あれ、思っていたバイトと違う…」と違和感を感じ、バイト先の人と顔を合わせたくないほどに辞めたくなることもあるでしょう。

研修中にバイトを辞めたくなり、電話でバイトを辞めたいときには以下の方法を実践してみてください。

正直に理由を話す

働いてみて初めて分かる事もあります。「まだ働いて1ヶ月も経っていないのに辞めるのはちょっと…」と感じる気持ちも分かりますが、働いてみてどうしても合わないと分かったのであれば早めに辞めてしまった方が自分の時間も節約できますし、店側も教育にかける時間を短縮できる上に次の人材の募集・面接・教育に早く取り掛かることができます。

あまり気負いせずに、「大変申し訳ありませんが、思っていた業務内容と異なったため辞めさせていただきます」など正直に理由を伝えましょう。

バイト辞める電話を即日すぐする場合

アルバイトを始めて1日で辞めたいと思った場合も同様です。「まだ1日しか働いてないんだから」と引き止められる可能性がありますが、自身のイメージしていた内容とのギャップなどを伝えて早めに辞めてしまいましょう。

また、たとえ1日の勤務でも店は従業員に給与を払う責任があると法律で決められています。給料を曖昧にされて支払われないことのないように、給料について確認しておくことも必要です。

高校生がバイトを辞める電話をする場合

高校生でもアルバイトとして雇われている以上、社会人としての扱いです。高校生だからといってマナーに反した電話をするのはやめておきましょう。また、逆にお店側が「高校生だから威嚇すれば辞めないでいてくれるかもしれない」となめられる場合もあるので、きちんと社会人としてのマナーを守り、大人同士として話し合えるようにしましょう。

バイトを辞める電話で伝える場合の時間帯

基本的に、忙しくない時間帯にかける

辞める際の電話であればかなりの時間がとられることが予想されます。引き止められたりして話が長引いた場合、お店にも迷惑が掛かります。営業時間外か、昼間などの忙しくない時間帯に電話するようにしましょう。

居酒屋であれば営業時間前の4時~5時もしくは10時~12時くらい、カフェなどの飲食店であればランチとディナーの間の時間帯も狙い目です。

スーパーはお昼や夕暮れ時の混雑した時間を除いた2時~4時頃の時間帯を狙いましょう。

コンビニなど24時間動くお店は店長のいる時間帯は店ごとによって異なるので、自分が働いてみて暇そうだなと思う時間帯に電話しましょう。

バイトを辞める電話をして店長がいない時

バイトを辞める電話をしたとしても、店長が不在で、バイトを辞められなかった…そんな時、うまく電話でバイトを辞めるための対応は以下になります。

再度電話をすると伝える

店長が不在だった場合、いつ頃帰ってくるのか確認し、帰ってくる期間に合わせてまたこちらから電話すると伝えましょう。

直接話をしたい場合は、仕事のことで話したいと会うアポイントを取る

電話では解決できなさそうな場合や、直接会って話したい場合には電話でアポイントを取っておくとスムーズに話し合いができます。店長も電話を受けた時点で大体は退職についての話だろうなと予想しているので、突然「実は退職の相談が…」と切り出すよりも話が早いです。

バイトを辞める電話でどうしても辞めさせてもらえない場合

バイト先の人にどうしても顔を合わせたくなく、勇気を振り絞ってバイトを辞めるために電話をしたものの、辞められそうにない…そんなときに使える最終奥義をご紹介します。

特定記録付き郵便で退職届を発送し、到着日から14日後の退職希望を申し出る

特定記録付き郵便とは、引き受けの記録として受領証を受け取れるサービスです。退職届を渡したことが公的な記録として手元に残るので、法的な争いに発展した場合に有効な証拠となります。

一方的な辞め方になるので、できるだけ避けたい別れ方です。最終手段として、このような方法もあると覚えておく程度にしましょう。

バイトを辞める電話をする時は、想定される会話を準備しておこう

アルバイトを辞める時は緊張して上手く話せずに、だらだらと話が長引いてしまいがちです。しかし、要点を抑えて手短に話さないと本当に伝えたいことが伝わりません。電話は一見手軽に思われますが、電話だからこそ表情やしぐさを読み取って貰えない分だけ、上手に伝える努力しなくてはなりません。

緊張しないでスムーズに話し合いが済むように想定される返しを考えて繰り返し練習して、考えなくてもスラスラと喋れるまで頭に叩き込みましょう。

上手なスピーチなら電話越しでも円満な退職ができます。頑張って下さい!

※記事の内容は、執筆時点での最新の情報となり、サービス内容・利用料金等を保証するものではありません。この記事の情報を基に行動する利用者の判断について、当社は一切の責任を負いかねます。サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、しかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。