▼当サイトで申込みが多い転職エージェントはこちら!(複数のエージェントに登録することで年収アップに直結する非公開求人を見つけやすくなります!)

【1位】リクルートエージェント絶対に使うべき、国内最大手のNo1転職エージェント!公開求人・非公開求人含め20万件以上というダントツ業界トップの求人数
【2位】DODA利用者満足度はなんと驚異の90%!キャリアアドバイザーが優しく丁寧にサポートしてくれることから転職初心者には最適
【3位】JACリクルートメント転職エージェントオリコンランキングで毎年総合第1位という非常に高い評価を受けている転職エージェント。

▼【登録無料】転職活動で役立つ!あなたの気づいていない強みを発見できるリクナビネクスト グッドポイント診断に登録しましょう!

3分で完了!グッドポイント診断はこちら!

パソナキャリアの面談の評判を体験談から徹底分析!

パソナキャリアは求人の質もよく、業績も業界第4位と業界でも大手と呼ばれている転職エージェントです。

また、パソナキャリアの一番の特徴はキャリアコンサルタントの質がとてもよく、初心者にも親切で丁寧なサポートができると高い評価を得ています。

そんなパソナキャリアの面談ですが、評判は実際どうなのでしょうか?

この記事では、体験談をもとに必要な持ち物なども含めてパソナキャリアの面談について解説していきます。

パソナキャリアの対面面談

そんなパソナキャリアの対面面談(カウンセリング)はどのような内容なのでしょうか。
パソナキャリアに登録するとまず対面面談を行います。

対面面談で行われる内容は、

  • システム説明
  • 職務経歴を詳しく確認
  • それぞれの企業を転職した理由
  • これまでに行った仕事内容や技術力、専門性などWordやExcelなどを使ったスキルの確認
  • 一般常識レベルの計算問題や一般常識問題の出題
  • タイピングテスト
  • 希望する求人の条件確認
  • 面談内容を元に検索した求人紹介

となっています。

中でも、職務経歴を詳しく確認する段階では、各企業ごとにキャリアコンサルタントが仕事内容や退職理由、スキルの確認などをしていきます。
かなり詳しく確認していきますので、事前にメモなどにまとめておくとスムーズに会話が進むでしょう。

パソナキャリアには各業界ごとに専門のキャリアコンサルタントが在籍しているため、登録した時点で登録者が得意とする分野や経験してきた分野のキャリアコンサルタントが面談することになります。

ですので、職務経歴や技術面などでキャリアコンサルタントが理解できていないということはありませんので、専門的な言葉を使ってもきちんと把握してくれますし、その技術がどれほどすごいものかも理解してもらえます。

では、そのほかパソナキャリアの面談で注意しなければならないことやパソナキャリアの面談を実際に行った人の口コミなどをご紹介していきますので、パソナキャリアで面談する時の参考にしてください。

面談が終了すると、その内容を元にキャリアコンサルタントがあなたに合う求人を探してくれます。
面談当日に紹介できる求人があればその場で紹介してもらえますので、詳細を確認して応募したい求人があればキャリアコンサルタントに伝えましょう。

求人を紹介されたからと言って、その場で決める必要はありませんので、「これ!」という求人がない場合は後日、新しい求人が紹介されるのを待ってもかまいません。

服装

服装は「オフィスカジュアルでもOK」と書かれていますので特にかしこまった服装をする必要はないのですが、ジーパンにTシャツのようなラフすぎる服装は好ましくありません。
パソナキャリアに来社した時に登録用の写真を撮影しますので、写真のことを考えるとスーツが好ましいでしょう。

また、面談と言っても、これから転職のサポートをしてもらうキャリアコンサルタントに初めて会うわけですから第一印象は大切です。

キャリアコンサルタントも、これからサポートする登録者がどんな人が把握するための面談でもありますから、清潔感のある服装で第一印象を良く見せるのは大切なことです。

求人に応募するとキャリアコンサルタントが代行で企業に応募してくれるのですが、その時に推薦コメントを添えて応募してくれます。
その時に実際に登録者と対面しているキャリアコンサルタントの言葉は企業側から見ても重要な判断材料になります。

ですので、面談の時は服装自由とはなっていても、できればきちんとした服装がよいのでスーツで行くか、スーツの代わりになるような清潔感のある服装がよいでしょう。

ただし、仕事が忙しく休みが取れない人は仕事帰りに面談を行うことになります。
仕事には色々ありますから、作業服で仕事をしている人もいるでしょう。
仕事帰りの面談で、仕事内容から作業服で仕事を行っている人の場合は、一度帰って着替える時間がなければ作業服でもかまいません。

対面面談の口コミ・評判

では、実際にキャリアコンサルタントで面談を行った人の口コミや評判をみてみましょう。

20代男性:営業
パソナキャリアでの対面面談があったから、自分の希望のキャリアについて考えることができました。

親身なサポートの噂は前から聞いてはいましたが、その通りでびっくりしています。

20代男性:エンジニア
対面面談で職歴を聞いていただき、私の強みをどのように生かしていくのかについて、的確なアドバイスをいただけました。

そのおかげもあって、第一希望の企業に転職が決まりました。

パソナキャリアの電話面談

職務経歴や希望条件などの確認をする面談は、基本的に対面面談となっています。パソナキャリアの拠点は東京・大阪・名古屋を中心に点在していますが、基本的に全国各地に対応できるようになっていますので、地方にも拠点はあります。

ですが、地方でも近くにパソナキャリアの拠点がない場合もあります。

パソナキャリアの拠点がない場合は来社が難しくなりますので、その時は電話での面談になります。

対面面談より時間が短いので電話面談の方がラクだと思われる方も多いのですが、やはり一度対面で面談をしお互いの顔を知って話をする方が会話もはずみ、信頼感も出てきます。

ですので、出来る限り対面面談を行った方がよいのですが、対面面談ができる時間に仕事を休めない、遠方でパソナキャリアの拠点まで行くことが難しいという人は電話面談となります。

電話面談でも対面面談と聞かれる内容は変わりません。電話での面談ですから相手の顔が見えないだけに、声のトーンには注意しましょう。

自分が不機嫌ではなくても、声のトーンが暗ければ不機嫌な印象を与えてしまいます。電話面談の時は、明るめの声で普段よりハキハキ答えるようにしましょう。

電話面談の口コミ・評判

では、実際に電話面談を行った人の口コミをいくつかご紹介していきましょう。

20代女性:マーケティング・企画
パソナキャリアの対面での面談が厳しいとのことで、電話での面談をしていただきました。

転職エージェント特有の営業っぽさがなかったので、私自身とても話しやすかったです。

30代男性:SE
私の場合は地方在住で、地方への転職希望だったため、都内や都市部の支店へ出向くのもなあ、と思っていたので、電話面談を希望しました。

面談をして一番思ったことといえば、他のどの転職エージェントと比較しても親身なサポート体制をしようとしている姿勢は圧倒的だと感じたことです。

パソナキャリアの面談にかかる時間

パソナキャリアの対面面談時間は、2時間程度と案内されることが多いのですが、実際にはその時間より短い場合が多いようです。

早い人では1時間ほどで終了しますし、かかっても1時間30分くらいですので、パソナキャリアは長く見ても2時間ということで伝えているのでしょう。

また、電話での面談もありますが、電話面談の場合は対面面談の時より時間が短く、約30分~45分程度で終了します。

もちろん話の内容によりますが、顔を合わせて話していない分、比較的淡々と話しが進んでいくようです。

パソナキャリアの面談前に準備するべき持ち物

パソナキャリアの対面面談当日までに準備しておくべき持ち物があります。職務経歴書や履歴書はどの転職エージェントでも当日までに準備が必要です。

これに加えて、写真データとヒアリングシートが必要になります。

ヒアリングシートはパソナキャリアの指定フォーマットがありますので、そこに記入しましょう。
ヒアリングシートに書く内容は、前職から転職した理由、年収、希望職種、希望年収、その他希望する条件などを記載します。

ヒアリングシートは面談時に必要ですので詳しく書いておいたほうがよいでしょう。

また、職務経歴書をさらに詳しく確認していきますので、それぞれの企業を退社した理由や転職理由、仕事内容やどのようなスキルが必要だったかなどを別のメモなどに書いておきましょう。そうすれば面談もスムーズに進むことでしょう。

あとは、本人確認のための写真付きで確認が取れるものは1つ、写真が付いていない場合は2つ必要です。

その他、シャチハタ以外の印鑑、登録時のIDとパスワード、資格を証明する書類が必要です。筆記用具やメモなど自分が必要と思ったものも必ず準備していきましょう。

さらに言えば、書類などを渡されることもありますので、A4サイズが入る大きめのカバンが良いでしょう。

パソナキャリアの面談の予約・申し込み方法

パソナキャリアの面談の予約や申し込みをするには、まずは公式サイトから無料の会員登録をしなければなりません。

パソナキャリアの公式サイトにある「転職サポートに登録」とうボタンをクリックすると登録が始まります。

登録する内容は、最初に氏名や生年月日、メールアドレスなどのプロフィールを入力し、その他職務経歴やスキル、資格の有無、希望条件などを入力していきます。

入力内容に職務経歴がありますので、職務経歴書や履歴書を準備しておくと便利です。

また、パソナキャリアの応募フォームを見ると履歴書や職務経歴書をアップロードできるようになっていますので、WordやExcelに履歴書や職務経歴書を作っている人は、その内容をコピー&ペーストで貼りつけておくと便利です。

全ての入力が終わったら内容確認をして登録完了となります。登録が完了すると数日以内にパソナキャリアからメールか電話で連絡が来ますので、面談の日時を決めます。

パソナキャリアはレスポンスが早いので、比較的早く連絡が来るのですが、年末年始やお盆、ゴールデンウィークなど大型連休が重なっている場合は連絡までに時間がかかることがりますので、ご注意ください。

日時の設定をしたら、あとは当日までに必要なものを準備して面談に臨みましょう。

パソナキャリアの面談は土日でもできる?

パソナキャリアで面談できる曜日は平日と土曜日となっていますので、日曜日と祝日の面談はありません。

電話面談の場合も日曜日と祝日は面談できませんのでご注意ください。

ただし、土曜日の面談は月に1回となっていますので混雑が予想されます。

その月に1回の土曜日の面談も月によって変わりますので、何周目の土曜日など決まりはありませんから面談希望の月に問い合わせなければなりません。

ですが、平日の休みは取れなくても土曜日なら面談に行けるという人も多いので、土曜日の面談があるのは助かるのではないでしょうか。

パソナキャリアに面談して転職活動をスタートさせよう

パソナキャリアの面談は他の転職エージェントに比べると丁寧だと言われています。

早い人で1時間程度で終了と記載していますが、ほとんどの場合が1時間30分ほどかかります。

ですので、「少し長いな」と感じるかもしれませんが、他の転職エージェントでも最初の面談時間は同じくらいかかります。

ですが、質問内容はとても細かくかみ砕いて行ってくれますのでわかりやすく答えやすいですし、希望条件に関してもできるだけ登録者の希望に沿えるような求人を紹介してくれます。

紹介できる求人数は、平均で10件~15件くらいだそうですが、応募したいと思う求人がそのうち5割を超えている人がほとんどです。

求人の質も良く、面談も丁寧、対応も早いというのは転職活動をする上でとても大切なことですし、何と言っても転職活動を一緒にしていくキャリアコンサルタントの質が高いので、転職活動がスムーズに進むのではないでしょうか。

まずやパソナキャリアに登録するところから転職活動はスタートします。

これだけ質の高いキャリアコンサルタントが揃っている転職エージェントはあまりありませんから、パソナキャリアの面談を受けて転職活動をスタートさせてみてはいかがでしょうか。

※記事の内容は、執筆時点での最新の情報となり、サービス内容・利用料金等を保証するものではありません。この記事の情報を基に行動する利用者の判断について、当社は一切の責任を負いかねます。サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、しかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。