▼当サイトで申込みが多い転職エージェントはこちら!(複数のエージェントに登録することで年収アップに直結する非公開求人を見つけやすくなります!)

【1位】リクルートエージェント絶対に使うべき、国内最大手のNo1転職エージェント!公開求人・非公開求人含め20万件以上というダントツ業界トップの求人数
【2位】DODA利用者満足度はなんと驚異の90%!キャリアアドバイザーが優しく丁寧にサポートしてくれることから転職初心者には最適
【3位】JACリクルートメント転職エージェントオリコンランキングで毎年総合第1位という非常に高い評価を受けている転職エージェント。

▼【登録無料】転職活動で役立つ!あなたの気づいていない強みを発見できるリクナビネクスト グッドポイント診断に登録しましょう!

3分で完了!グッドポイント診断はこちら!

パソナキャリアの登録方法とその後の流れ|注意点やよくある質問も

パソナキャリアの登録方法と。転職エージェントとは企業に人材を紹介する仲介役ですが、中でもパソナキャリアはサポートが大変充実した転職エージェントです。

今回はパソナキャリアを利用してみたい方向けに登録までの手順や事前にしておくべきことなどを中心にご紹介します。

パソナキャリアの特徴や強み、メリット

「パソナキャリア」をご存知でしょうか。パソナキャリアは、人材派遣会社のパソナが1988年に開始した転職エージェントのサービスです。転職エージェントとはコンサルタントがあなたの経歴や希望職種をもとに、企業にあなたを紹介するサービスです。

転職を視野に入れている方、転職するという方にはぜひ利用していただきたいサービスです。気軽に登録して一度話を聞いてみたりイベントに参加してみるだけでもあなたの転職の役に立つでしょう。

しかし、転職エージェントは実際いくつも存在しており、それぞれの転職エージェントによって雰囲気、特徴、強みにしている部分が全く違います。自分にぴったり合った転職エージェントを選ばなければ満足のいくサポートは受けられません。

では「パソナキャリア」とはどのような転職エージェントなのでしょうか。その特徴をご紹介します。

女性の転職に強い

パソナキャリアは業界一女性の転職に強いといえる転職エージェントです。

パソナグループ全体として女性活躍推進を目標にしています。業界内でもパソナキャリアの女性支援に力を入れていることは有名です。女性向けのサービスの質や保有案件の数は言うまでもなく業界トップレベルです。

また、転職エージェントとしては珍しく、パソナキャリアは女性社員が多いです。管理職も半数は女性です。希望すれば女性のコンサルタントを担当にすることも可能です。

やはり女性のほうが、女性特有の悩みや視点を理解してもらいやすいです。もちろん男性社員も女性支援に関する教育をきちんと受けているので、しっかりあなたの力になってくれるでしょう。

「ウーマンキャリア」という女性の転職支援専用のサイトを運営しており、このことからも女性支援に特化しているといえます。

大手企業との取引実績が多い

パソナキャリアは、長年の歴史で積み重なってきた大手企業との取引実績があり、信頼がおけます。

実際に20~30代だけでなく、40代の方のパソナキャリアを利用した転職成功例は多くあります。大手企業とのコネクションの強さがこれを可能にしています。

またパソナキャリアは非公開求人の質が非常に高いです。これもそういったコネクションの賜物です。

年収アップ率の高さ

パソナキャリアを利用した人の年収アップ率は実に67パーセントにものぼります。やはり求人の質の高さが利用者の年収アップにつながっています。

パソナキャリアはこういった年収アップ率をきちんと公開しており、そういった点でも信頼がおけます。

キャリアアドバイザーの質が高い

「利益よりも社会貢献」という方針のパソナキャリアは、キャリアアドバイザーの対応の質が非常に高いです。キャリアアドバイザーひとりひとりがしっかりとした教育を受けています。

経歴書や履歴書の添削や面接対策など、普通の転職エージェントではなかなか行き届かない部分まで親身にサポートしてもらえます。

転職が初めてで不安だという方や、転職を視野に入れているけれどなかなか踏み切れないという方には特におすすめです。

パソナキャリアの登録手順や登録方法

パソナキャリアに興味をもったけれどどうやって登録すればいいのだろう、という方向けに登録手順や登録方法を詳しくご紹介します。

パソナキャリア登録方法1.公式ホームページにてインターネット・WEB登録

まずは、公式ホームページを開き、インターネット・WEB登録をします。

公式ホームページはこちらです。

http://www.pasonacareer.jp/

1-1.登録フォームに必要事項を記入し送信

公式ホームページ右上の「転職サポートお申込み」のボタンをクリックし、必要事項を記入します。

1-2.登録完了のメールを受信

必要事項を記入し申し込みボタンを押すと、登録完了のメールがすぐに届きます。これで登録は完了です。

パソナキャリア登録方法2.MYPAGE(マイページ)でプロフィールや機能追加

登録を終えたらマイページを充実させていきましょう。

2-1.マイページのプロフィール記入で、面接当日、求人紹介も可能に

マイページには以下のような機能があります。

プロフィールを充実させ、しっかりマイページの機能を生かしましょう。

有給休暇確認・申請

有給休暇の残日数を確認し、申請することができます。

健康診断予約

受診希望日の空き状況を確認し、申し込むことができます。

給与振込口座の設定

給与振込口座の申請・確認・変更ができます。

お仕事希望条件の変更

お仕事開始可能日、勤務地、職種などの希望条件が変更できます。

住所等の基本情報の変更

パソナにご登録されている情報の確認・変更ができます。

給与明細の閲覧

給与明細がPDFファイルで確認できます。

社会保険関連の確認

社会保険・雇用保険の加入状況が確認できます。

証明書発行の申請

役所・保育所・ハローワークなどへ提出する各種証明書の発行を申請いただけます。

2-2.スカウトサービスへの登録申込

スカウトサービスは、職務経歴や希望条件を登録しておけば、パソナキャリアのキャリアアドバイザーがそれに基づいて案件を提案するサービスです。

今すぐは転職は考えていないという方でもとりあえず登録しておくことをおすすめします。

以下の「スカウトサービスとは」をクリックすれば説明があります。登録ページもこちらから開けます。

 

パソナキャリア登録方法3.約1週間以内に電話またはメールで案内があり、面接予約も

登録から1週間程度でパソナキャリアの方から電話またはメールで今後のサービスに関する連絡があります。

ここで実際に面談の予約をすることができます。来社が難しい場合は電話での面談も受け付けています。

パソナキャリア登録方法4.パソナキャリアにて個別面談及び登録手続き

事前のメールや電話で予約をとっていよいよ個別面談です。一人ひとりに専任のキャリアアドバイザーがつきます。

面談の中で、キャリアアドバイザーがあなたのアピールポイントや、経歴・希望などを加味して転職プランを提供します。今までの職歴・転職理由などを細かく聞かれますので、ある程度準備しておきましょう。

パソナキャリア登録前に準備すると良い物

パソナキャリア登録の前に準備しておくべきものをご紹介します。

1.職歴などをまとめたメモ

まずは自分の職歴をまとめたメモです。面談では、あなたに最適の転職プランを提供するために今までの職歴を細かく聞かれます。聞かれてから慌てないように事前にきちんとまとめておきましょう。

2.本人確認書類

あらゆる登録には本人確認書類が必要になることもあります。免許証・パスポートなど本人確認できるものを持っておくようにしましょう。スムーズな登録のための鉄則です。。

3.シャチハタ以外の印鑑

登録書類には印鑑が必要なこともあります。印鑑を持っていないために書類は後日提出、という面倒くさいことにならないように準備しておきましょう。

4.資格証明書類(資格を持っている場合)

資格を持っている場合、その資格証明書類はすぐに出せるように準備しておきましょう。キャリアアドバイザーはあなたの資格もしっかり考慮してくれます。

5.MYPAGEのログイン情報(IDとパスワード)

MYPAGEのログイン情報は忘れず、いつでもログインできる状態にしておきましょう。

パソナキャリア登録時の注意点

パソナキャリアに登録するときに注意する点をご紹介します。スムーズにサービスを受けられるように注意しましょう。

提出する本人書類の住所と現在の住所は一致しているか

本人書類の住所と現在の住所が一致しているか確認しておきましょう。住民票を実家からうつしていないなどの理由で異なっていることがよくあります。

その場合別途手続きが必要になることがありますので、パソナキャリアに確認しておきましょう。

MYPAGEのIDとパスワードは忘れないよう、メモ書きで保管

便利なMYPAGEですが、IDとパスワードを忘れてしまうとログインできなくなってしまいます。どこかに忘れないようにメモ書きで保管しておきましょう。

転職条件をはっきり示せる

キャリアアドバイザーはあなたの希望にマッチする転職プランを提供できるように、転職条件を細かく聞いてきます。年収、職種をはじめ転職先に求めることをきちんと考えておきましょう。メモに箇条書きでまとめておくと、聞かれたときにすらすら答えられます。

職業履歴をある程度スラスラ話せる

こちらもキャリアアドバイザーとの面談の中で細かく聞かれることになります。キャリアアドバイザーはあなたの職歴も考慮して転職プランを組み立てます。いつからいつまでの期間どこに勤めていたかをすらすら話せるようにメモ書きなどで用意しておきましょう。

パソナキャリアに登録なしで使えるシュミレーションやアプリ

パソナキャリアは登録せずに使えるシュミレーションやアプリも提供しています。こちらも積極的に活用していきましょう。

年収診断・年収査定シュミレーション

パソナキャリアは無料で年収診断・年収査定のシュミレーションを行っています。パソナキャリア公式ホームページを下にスクロールすると下の画像のようなボタンがあります。

気軽にできるので、転職を視野に入れている方はぜひ試してみましょう。

パソナキャリアのスマホアプリ「転職ナビ」も活用

パソナキャリアはスマホアプリも提供しています。その名も「転職ナビ」です。転職ナビは求人を条件で絞り込んで検索しキープできたり、パソコンがなくても職務経歴書を作れたりと様々な機能があります。

スマホアプリですので、いつでもどこでも気軽に使うことができるのが魅力です。

パソナキャリアの登録流れに関するよくある質問

パソナキャリアの登録の中で多くの人が疑問に思う点について解説します。事前に知っておけば登録もスムーズです。

パソナキャリアの登録で必要な面談は、電話でも可能か

遠方に住んでいるなどなんらかの事情で来社できない場合は電話での面談も受け付けています。内容はキャリアアドバイザーと対面しての面談と大きく変わらないので、心配無用です。

パソナキャリアの面談場所はどこにあるのか

面談は東京、大阪、名古屋、静岡、広島、福岡で実施しています。先ほども書いたようにこちらの会場に行くのが難しい場合は電話での面談も可能です。

パソナキャリアの面談時間はどのくらいか

面談時間は1時間ほどです。電話なら30分ほどで終わります。短い時間ではありますが、親身で内容の濃い面談が受けられます。

パソナキャリアの面談内容は何を聞かれるか

主に聞かれるのは、まず転職の理由です。転職先は今までしていた仕事に対する不満が解消されなければなりません。前職はどんな仕事でどのような点が不満だったかなどを突っ込んで聞かれますが、包み隠さず細かく話すようにしましょう。自分の理想や希望も聞かれます。

そして職務経歴です。いつからいつまでの期間どこに勤めていたかを聞かれます。過去の職務内容も聞かれます。あなたにどのようなスキルがあるかを把握するためです。きちんと答えらえるようにしましょう。

パソナキャリアで面談時の服装は何が良いか

面談は普段着ている服でも構いません。転職活動で着るスーツで行けば服装の指導もしてもらえるので、可能であればスーツで行くとよいでしょう。

パソナキャリアで登録拒否されることはあるか

パソナキャリアの登録審査はやや厳し目です。職務経験や、何か特別なスキルや英語力がないと断られてしまうこともあります。登録拒否された場合は、20~30代をターゲットにした転職エージェントもあるのでそちらを利用してみましょう(spring転職エージェントなど)

パソナキャリアはWEB登録後、何日ほどで連絡があるか

登録後は1週間ほどで今後のサービスについての連絡があります。

パソナキャリアから連絡がない時はどうするか

通常1週間ほどで連絡がありますが、2週間待っても連絡が来ないという場合はなんらかの手違いの可能性もありますので、一度こちらから連絡を取ってみましょう。登録完了時に届いたメールに返信すればよいです。

パソナキャリアは土日のサポートもあるか

パソナキャリアでは土曜日も面談をしています。平日の面談にはいけないという方はこちらを利用しましょう。

パソナキャリア登録後の退会はどんな手続きが必要か

担当キャリアアドバイザーか登録完了時にパソナキャリアから送られてきたメールアカウントに退会したい旨を連絡します。登録情報との照合のため、名前と生年月日をあわせて伝えます。

パソナキャリア(パソナキャリアカンパニー)の登録は、準備次第でスムーズに

パソナキャリアに登録したいけれど、なにかと面倒くさそうと思っていた方も、この記事を参考に準備すればある程度スムーズに登録がすすみます。

転職を視野に入れている方は、パソナキャリアに一度登録してみてはいかがでしょうか。

※記事の内容は、執筆時点での最新の情報となり、サービス内容・利用料金等を保証するものではありません。この記事の情報を基に行動する利用者の判断について、当社は一切の責任を負いかねます。サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、しかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。