薬剤師転職サイトおすすめ人気ランキング|口コミ・評判比較

薬剤師として転職をしたいけど、なかなか一歩が踏み出せていない…意外とそんな方は多いのではないでしょうか。
または、転職をすることは決断しているけど、何から始めたらいいかわからなくて面倒…と思ってはいませんか。
そう感じる理由は、薬剤師転職サイトの本当のメリットやスピード感をあまりわかっていないからかもしれません。
しかし、今ネット上にある転職エージェントの情報はいろんな記事があり、その中には間違っている情報もかなり多く存在しています。
当記事では、転職のプロとして新卒から15年間転職エージェントで勤めてきた筆者が薬剤師転職サイトの正しい選び方や使い方、おすすめの薬剤師転職サイトなど、知っている正しい情報をご紹介します。
あなたが当記事をじっくりと最後まで読み込み行動することで、あなたの転職が少しでもよい方向に向かうことができましたら幸いです。

薬剤師転職サイトとは

薬剤師転職サイトは、登録するだけであなたの転職を最初から最後まで無料でサポートしてくれるサービスを行っているサイトです。
面談で企業の内部事情を教えてもらったり、希望の求人を紹介してくれます。
また、面接の日時や対策から内定をもらいやすい職務経歴書の書き方の指導までしてくれ、転職に関わる何から何まで代行してくれるところが多いです。
なぜ無料でそこまでしてくれるかというと、薬剤師転職サイトは採用を望む企業と契約していて、転職が無事に成功し働き始めるとその人の年収の約20%前後の報酬をもらうというビジネスモデルだからなのです。
そのため、あなたを転職に成功させなければ薬剤師転職サイトは利益が出ないので、担当者は必死になってあなたをサポートしてくれます。

薬剤師転職サイトのメリット

薬剤師で転職したいのであれば、ハローワークや求人雑誌等で自分で応募することができます。
そのため、「薬剤師転職サイトをわざわざ利用しなくていいのでは?」という意見も少なくないでしょう。
しかし、薬剤師転職サイトが未だに利益を上げ続けているということは、それだけの需要があるということです。
結論から言うと、薬剤師転職サイトは薬剤師で転職したいのであれば、必ず利用するべきです。
その根拠である、薬剤師転職サイトのメリットは以下のようになります。

メリット

  • より年収や待遇が良い転職先に応募できる
  • 転職のプロであるコンサルタントから、内定獲得のノウハウを教えてもらえる
  • 1人で転職するときに比べて、圧倒的にスピーディーに転職できる
  • 転職するときに面倒な手続きや日程調整、年収交渉等、全て代行してもらえる
  • 表にはない非公開求人を紹介してもらえる
  • 全て無料で転職活動を行う上でのサービスを受けられる

このように、薬剤師で転職を考えている人にとっては良いことしかないので、使わない手はないです。

薬剤師転職サイトのデメリット

薬剤師転職サイトを利用するメリットがある一方で、デメリットと感じる部分がある人もいます。
しかし、当記事で紹介する薬剤師転職サイトの選び方や使い方、そして筆者がおすすめする薬剤師転職サイトに登録していただけたら、どのデメリットも避けられるのでご安心ください。
薬剤師転職サイトを利用するデメリットとしては以下が挙げられます。

デメリット

  • コンサルタントによっては連絡がしつこい
  • 強引に転職させられてしまうこともある
  • 巧みな営業テクニックで、ブラック企業を紹介されてしまうこともある
  • あなたの転職成功率が低いとサポートが受けられないこともある

このようなコンサルタントがいるのは、中小転職サイトであることが多く、筆者がおすすめする薬剤師転職サイトに登録していただけたら、このようなことはほとんど起こらなくなることをお約束いたします。

薬剤師転職サイトの選び方

先述した通り、薬剤師転職サイトを間違ったものを選んでしまうと、あなたが薬剤師転職サイトに利用されてしまいます。
そうならないためにも、きちんと薬剤師転職サイトの選び方をマスターしておきましょう。
薬剤師転職サイトを選ぶポイントは以下になります。

薬剤師転職サイトを選ぶポイント

  • 複数の薬剤師転職サイトに登録する
  • 希望条件に特化している薬剤師転職サイトを選ぶ

それぞれ1つずつ解説いたします。

複数の薬剤師転職サイトに登録する

薬剤師転職サイトに登録すると、キャリアコンサルタントというあなたの転職活動を最後まで付き添ってくれる担当者がつきます。
1人のコンサルタントに頼ってしまうと、そのコンサルタントがブラック企業を紹介していても信用してしまいます。
そうなると、あなたの視野は狭くなってしまい、客観的に良い転職先を見つけることができなくなってしまいます。
つまり、1人のコンサルタントに頼ってしまうことで、良い転職先を見つけられなくなってしまう可能性が高くなってしまいます。
そのため、複数の薬剤師転職サイトに登録することで、複数のコンサルタントからの意見がもらえ、客観的に良い転職先を見つけられるようになります。
また、コンサルタントとあなたの相性が悪かったり、ダメなコンサルタントだと判断した場合、担当を変えることもできますが、何度も変えていると会社との間に気まずい空気が流れてきてしまいます。
そうなった場合、複数の薬剤師転職サイトに登録していれば、その会社とは縁を切っても大丈夫になるので安心です。

希望条件に特化している薬剤師転職サイトを選ぶ

まず、一番大切なことは「希望条件に特化している薬剤師転職サイトを選ぶ」ことです。
薬剤師転職サイトには、それぞれ強みや弱みを持っています。
例えば、派遣薬剤師として働きたいのに、調剤薬局に強い薬剤師転職サイトを利用しても、派遣の求人案件が少なかったりして条件が悪いブラック企業に転職してしまう可能性があるからです。
その場合に派遣薬剤師に強い薬剤師転職サイトを利用すると、コンサルタントも業界に詳しいことが多く、内部事情を知れたりキャリアの相談もできます。
そのため、「希望条件に特化している薬剤師転職サイトを選ぶ」ことはとても重要です。
以下の表は、それぞれの業界や希望条件に特化した薬剤師転職サイトをご紹介しております。
自分の希望条件の薬剤師転職サイト全てに登録することで、あなたの転職活動が成功する確率がぐっと上がります。

希望条件 薬剤師転職サイト
調剤薬局
ドラッグストア
病院
企業
派遣
サポート
求人案件量
提案力
転職支援金
年収アップ

 

薬剤師転職サイトおすすめランキング

ここまで、薬剤師転職サイトを正しく選ぶための知識をご紹介してきました。
ここからは、薬剤師転職サイトについてあらゆる業種や性別、年代の方の口コミを徹底的に調査した結果を評判としてご紹介します。
信用のある口コミを分析し、客観的でかつ正確なランキングを作成いたしましたので是非ご参考ください。


check
1位:ファルマスタッフ

総合評価 やや良 総合1位
コンサル やや良 総合5位
求人量・質 総合1位
サービス やや良 総合1位

公式サイトへ

ファルマスタッフ』はキャリアコンサルタントによってユーザーの満足度が大きく左右されます。
しかし、求人案件数は業界No.1ということもあり、圧倒的な信頼感を得ています。
また、調剤薬局への転職は他の転職サイトを圧倒するほどの強さなので、調剤薬局への転職を考えている人は登録必須の転職サイトです。
なので、もしあなたに合わないとしても、他の転職サイトと掛け持ちしてでも登録するべき転職サイトと言えます。


check
2位:リクナビ薬剤師

総合評価 やや良 総合2位
コンサル 総合1位
求人量・質 普通 総合5位
サービス やや良 総合3位

公式サイトへ

『リクナビ薬剤師』は人材紹介業界ではNo.1の大企業リクルートが運営しているだけあって、キャリアコンサルタントが非常に優秀です。
そのため、まずは転職やキャリアに関する相談をしてみたいという薬剤師の人は登録必須の転職サイトです。
しかし、薬剤師の転職サイトを1つだけ登録することはリスクでしかないので、『薬キャリ』や『ファルマスタッフ』などの他の有名どころの転職サイトは登録するようにしましょう。
『リクナビ薬剤師』は、あなたが薬剤師の転職を考えているのであれば、必ず登録するべき転職サイトです。


check
3位:アプロドットコム

総合評価 やや良 総合3位
コンサル 普通 総合8位
求人量・質 総合2位
サービス 普通 総合9位

公式サイトへ

『アプロドットコム』は薬剤師の転職業界では求人案件数がトップクラスなので、情報の網羅性の点では非常に優れている転職サイトです。
そのため、どういう求人案件があるかを知りたい人にはかなりオススメできます。
しかし、薬剤師の転職サイトを1つだけ登録することはリスクでしかないので、『薬キャリ』や『ファルマスタッフ』などの他の有名どころの転職サイトは登録するようにしましょう。
『アプロドットコム』は、あなたが薬剤師の転職を考えているのであれば、必ず登録するべき転職サイトです。


check
4位:マイナビ薬剤師

総合評価 やや良 総合4位
コンサル 総合4位
求人量・質 普通 総合9位
サービス やや良 総合2位

公式サイトへ

『マイナビ薬剤師』はキャリアコンサルタントの質がとても高く、ユーザー満足度も業界No.1なのでサポートの面ではかなり期待できる転職サイトです。
しかし、求人案件数は少ないので転職先の条件をこだわっている人にはあまり向かない転職サイトかもしれません。
なので、転職が初めての薬剤師の人や1度転職に失敗してしまった薬剤師の人にはとてもおすすめな転職サイトです。


check
5位:薬キャリ(旧エムスリーキャリア)

総合評価 やや良 総合5位
コンサル やや良 総合7位
求人量・質 やや良 総合4位
サービス やや良 総合4位

公式サイトへ

『薬キャリ』はキャリアコンサルタントによってユーザーの満足度が大きく左右されます。
しかし、業界No.1ということもあり、圧倒的な信頼感を得ています。
なので、もしあなたに合わないとしても、他の転職サイトと掛け持ちしてでも登録するべき転職サイトと言えます。


check
6位:ヤクジョブ

総合評価 やや良 総合6位
コンサル 総合2位
求人量・質 普通 総合6位
サービス 普通 総合12位

公式サイトへ

『ヤクジョブ』は非常にキャリアコンサルタントが優秀なため、自分に合った転職先を見つけるのには最適な転職サイトです。
そのため、まずは転職やキャリアに関する相談をしてみたいという薬剤師の人は登録必須の転職サイトです。
しかし、薬剤師の転職サイトを1つだけ登録することはリスクでしかないので、『薬キャリ』や『ファルマスタッフ』などの他の有名どころの転職サイトは登録するようにしましょう。
『ヤクジョブ』は、あなたが調剤薬局への転職を考えているのであれば、必ず登録するべき転職サイトです。


check
7位:転職ゴリ薬(旧薬剤師プロ)

総合評価 普通 総合7位
コンサル 総合3位
求人量・質 やや悪 総合10位
サービス 普通 総合7位

公式サイトへ

『転職ゴリ薬』は人事出身のキャリアコンサルタントがいるほど、キャリアコンサルタントは優秀な人が多いです。
しかし、求人案件数が少ないためあえて使うべき転職サイトではないでしょう。
そのため転職初心者の人であれば、まずは『ファルマスタッフ』などの求人案件数も多くキャリアコンサルタントの対応が丁寧な転職サイトを使うことをおすすめします。
『転職ゴリ薬』は、『ファルマスタッフ』を利用してみて合わなかった場合に使っても良い転職サイトと言えます。


check
8位:ファーマキャリア

総合評価 普通 総合8位
コンサル やや良 総合6位
求人量・質 普通 総合7位
サービス 普通 総合13位

公式サイトへ

『ファーマキャリア』は「オーダーメイド求人」が特徴的で、自分に合った求人案件を見つけることができると好評です。
しかし、求人案件数は他の転職サイトと比べるとかなり少なめなので、『薬キャリ』や『リクナビ薬剤師』といった求人案件数の多い転職サイトを使ってそれでもだめだったときに使うのが賢いです。
『ファーマキャリア』は、『薬キャリ』や『リクナビ薬剤師』といった求人案件数の多い転職サイトを利用してみて、合わなかった場合に使っても良い転職サイトと言えます。


check
9位:ファルメイト

総合評価 やや悪 総合9位
コンサル 普通 総合10位
求人量・質 総合15位
サービス やや良 総合6位

公式サイトへ

『ファルメイト』はキャリアコンサルタントは優秀な人が多く、派遣に関しては高待遇の求人案件も紹介してくれると好評です。
しかし、求人案件数が少ないためあえて使うべき転職サイトではないでしょう。
そのため派遣として働きたいのであれば、まずは『ファルマスタッフ』などの薬剤師派遣に強くキャリアコンサルタントの対応が丁寧な転職サイトを使うことをおすすめします。
『ファルメイト』は、『ファルマスタッフ』を利用してみて合わなかった場合に使っても良い転職サイトと言えます。


check
10位:ファゲット

総合評価 やや悪 総合10位
コンサル 総合13位
求人量・質 普通 総合8位
サービス やや良 総合5位

公式サイトへ

ファゲット』はキャリアコンサルタントとても親身になって対応してくれ、転職祝い金も出てくる良い評判の転職サイトです。
しかし、求人案件数が少ないためあえて使うべき転職サイトではないでしょう。
そのため転職初心者の人であれば、まずは『ファルマスタッフ』などの求人案件数も多くキャリアコンサルタントの対応が丁寧な転職サイトを使うことをおすすめします。
ファゲット』は、『ファルマスタッフ』を利用してみて合わなかった場合に使っても良い転職サイトと言えます。


check
11位:薬剤師転職ドットコム

総合評価 やや悪 総合11位
コンサル 総合12位
求人量・質 やや良 総合3位
サービス やや悪 総合14位

公式サイトへ

『薬剤師転職ドットコム』は親会社が調剤薬局業界トップだったり、運営会社が病院業界でビジネスを展開していることもあり、調剤薬局や病院関連への転職に強いです。
そのため、調剤薬局や病院関連への転職を希望する薬剤師の人にはおすすめな転職サイトです。
しかし、派遣の求人案件がなかったりキャリアコンサルタントがあまり優秀ではないので、あえて優先的に使う必要もなさそうです。
まずは対応の良い『ファルマスタッフ』、求人案件の多い『薬キャリ』や『リクナビ薬剤師』などの大手転職サイトを利用することをおすすめします。
『薬剤師転職ドットコム』は、あなたが大手転職サイトを利用してみて合わないと感じた場合に使う転職サイトです。


check
12位:ヤクステ

総合評価 やや悪 総合12位
コンサル 普通 総合11位
求人量・質 やや悪 総合12位
サービス 普通 総合10位

公式サイトへ

『ヤクステ』は離職率も1%未満とかなり低く、自分に合った求人案件を紹介してくれると評判です。
しかし、求人案件数が少ないためあえて使うべき転職サイトではないでしょう。
そのため、まずは『ファルマスタッフ』などのキャリアコンサルタントの対応が丁寧な転職サイトを使うことをおすすめします。
『ヤクステ』は、『ファルマスタッフ』を利用してみて合わなかった場合に使っても良い転職サイトと言えます。


check
13位:薬剤師ではたらこ

総合評価 やや悪 総合13位
コンサル 普通 総合9位
求人量・質 総合13位
サービス 普通 総合8位

公式サイトへ

『薬剤師ではたらこ』はキャリアコンサルタントはとても親身になって相談に乗ってくれるので、相談だけでもしたいのであれば利用しても良いかもしれません。
しかし、派遣の求人案件や調剤薬局以外の求人案件はほとんどないため、そういった求人案件を探している人は他の転職サイトを利用したほうが良いです。
そのため、まずはキャリアコンサルタントの質が良い『ファルマスタッフ』を利用してみて、もし合わなければ利用しても良い転職サイトです。


check
14位:ジョブデポ

総合評価 総合14位
コンサル 総合14位
求人量・質 やや悪 総合11位
サービス 普通 総合11位

公式サイトへ

ジョブデポ』は、転職支援金がたくさんもらえると評判の転職サイトです。
しかし、転職支援金以外の面ではあまり良い評判を聞かないので、その他の部分はあまり期待しないほうが良いでしょう。
そのため、まずは『ファルマスタッフ』などの求人案件数も多くキャリアコンサルタントの対応が丁寧な転職サイトを利用することをおすすめします。
ジョブデポ』は、『ファルマスタッフ』を利用して転職先が明確に決まってから転職支援金目的で転職するときに利用するのが賢い使い方です。


check
15位:グッピー

総合評価 総合15位
コンサル 総合15位
求人量・質 総合14位
サービス やや悪 総合15位

公式サイトへ

『グッピー』は自分に合った求人案件を見つけるためのツールである、適性診断テストを行えます。
しかし、適性診断テスト以外の面ではあまり良い評判を聞かないので、その他の部分は期待しないほうが良いでしょう。
そのため、まずは『ファルマスタッフ』や『薬キャリ』などの求人案件数も多くキャリアコンサルタントの対応が丁寧な転職サイトを利用することをおすすめします。
『グッピー』は、現状おすすめできない転職サイトです。

薬剤師転職サイトを最大限に活用するための全知識

せっかく薬剤師転職サイトを利用するのなら、最大限活用してあなたにとってプラスになるようにしたいですよね。
しかし、薬剤師転職サイトはあなた以外にも実に多くのユーザーを抱えており、転職に積極的でないと相手にされないこともあります。
薬剤師転職サイトはほとんど任せっきりのサービスではありますが、主体的に行動したり事前に活用する知識があるだけで、圧倒的に有利に転職を進められます。
そこで、ここでは薬剤師転職サイトをフル活用する方法をご紹介します。
ここを読めば、周りの転職希望者に圧倒的な差をつけられることをお約束いたします。

薬剤師転職サイトの流れ

まずは薬剤師転職サイトを利用した際の、大まかな流れを把握しておきましょう。
薬剤師転職サイトのサービスはどこの転職サイトも大体以下のような流れになります。

サービスの流れ

  1. 登録後、担当予定のキャリアコンサルタントから面談の案内が届く。
  2. あなたの今までのキャリアや、転職条件の希望などを堪能キャリアコンサルタントと面談。
  3. あなたの希望に沿った求人を紹介してもらう。
  4. 面接練習や職務経歴書の添削など、内定をもらうため指導を受ける。
  5. キャリアコンサルタントとの面談後、企業への応募をし、実際に面接を受ける。
  6. 内定獲得後、円満退職のアドバイスや入社日の調整や条件すり合わせをキャリアコンサルタントが行う。

このように、薬剤師転職サイトではほとんどの転職に関わる部分をキャリアコンサルタントが代行してくれます。

薬剤師転職サイトの使い方

薬剤師転職サイトも企業なので、利益を出すことに必死です。
先述した通り、薬剤師転職サイトはユーザーを転職に成功させて初めて利益を得ることになります。
つまり、あなたが本当に転職してくれそうであれば薬剤師転職サイトは必死であなたをサポートしてくれるようになります。
また、あなた自身もより良い転職先を見つけるのに努力を惜しんではいけません。
以下に薬剤師転職サイトをやる気にさせる方法と、あなたが取らなければならない行動をまとめました。
これら全てを実践していただけたら、間違いなく待遇の良い転職先が見つかります。

薬剤師転職サイトを使う上で押さえておくべき全ポイント

  • 「良い求人があればすぐにでも転職を考えております。」と伝える
  • 前の会社の退職理由を素直に話しすぎない
  • 事前連絡なしに面談に遅刻しない
  • 経歴などを詐称しない
  • 複数の薬剤師転職サイトに登録する
  • キャリアコンサルタントは自分に合う人を探す
  • 面談前から自分の経歴をエージェントに伝えておく
  • 1案件1サイトを徹底する
  • 自分の面接する企業特有の面接対策を教えてもらう
  • 面接後にコンサルタントと反省点を見つけ出し、次の面接につなげる
  • 内定獲得後、複数のコンサルタントに相談

まとめ

良質な口コミを分析し「コンサル」「求人量・質」「サービス」の点で客観的にランキングを作成しましたが、必ずしも掲載の薬剤師転職サイトがあなたに合うとは限りません。
そのため、まずは試してみることが重要です。そこで合わないと感じたのであれば遠慮なく退会、といった感じに利用することをおすすめします。
このランキングが転職活動をしている皆様にとって役立つものであったのであれば、私としましてはこの上ない喜びです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *