薬剤師の仕事|種類や内容を知って理想のキャリアを手に入れよう

薬剤師の仕事と聞いてイメージするのは、薬局で調剤するという仕事なのではないでしょうか。しかし、実は薬剤師の勤務先は薬局だけではなく、病院、ドラックストア、製薬会社などと多岐に渡っており、仕事内容も様々なのです。この記事では、薬剤師の仕事の種類や内容、薬剤師の1日の流れ、更には薬剤師になる方法、薬剤師の魅力や辛い部分まで、薬剤師の仕事について幅広く紹介して

薬剤師の仕事の内容・業務

薬剤師の仕事は、勤めている職場によって変わります。薬剤師は薬局だけではなく、病院、ドラックストア、製薬会社などで働き、ただ調剤するだけではなく、医師からの処方箋に不備がないかのチェック、薬品の管理、服薬指導、新薬の開発など、薬剤師の仕事は勤務先によって多岐に渡ります。以下の内容で勤務先ごとに薬剤師の仕事の種類を詳しく紹介していきます。

薬剤師の1日の仕事の流れ

さまざまな職種がある薬剤師のなかでも代表として調剤薬局で働く薬剤師の1日の仕事の流れを紹介します。

6:30 起床
7:30 出勤
8:30 開局準備(掃除・分包機の立ち上げ)
9:00 調剤業務
12:00 昼食
13:00 調剤業務
17:40 発注業務
18:00 退社

 

開局する30分前から準備は始まります。全員で分担しながら隅々まで綺麗に掃除をします。薬を扱う現場です。清潔さは大切にしています。また、調剤業務に使用する分包機を立ち上げておきます。

9:00から12:00のお昼休みまではひたすら調剤業務となります。薬の間違いが絶対にないように注意をして仕事をします。集中力が必要です。また、的確にスピード感を持って作業をしないと、いつまで経っても終わりません。正確さと速さを同時に求められます。

お昼休み後の13:00からも調剤業務です。薬が多いほど間違えないように何度も確認します。そして、次の日に薬がなくならないように発注業務を17:40から行ないます。棚の在庫の確認は怠りません。

18:00に退社します。調剤するものが残っていたら、残業もありえますが、比較的規則正しい生活を送れます。

薬剤師の仕事の種類

薬剤師は薬局で働くだけではなく、活躍のフィールドは多岐に渡っています。仕事も活躍する場所によってさまざまです。以下、薬剤師の勤務場所ごとに紹介します。

調剤薬局

主な仕事は、調剤業務、服薬指導、薬歴管理の3つです。調剤薬局では、医師からの処方箋に不備がないかチェックします。薬の準備ができたら、患者さんに薬の説明をしながら手渡します。

服薬指導は、患者さんとのコミュニケーションです。薬を飲むタイミングや飲み方を分かりやすく伝えます。他に服用している薬があれば、飲み合わせについても説明します。

ドラックストア

一般用医薬品の販売と相談業務が主な仕事になります。ドラッグストアでは、市販薬やサプリメントや健康食品などを多くの商品を扱うため、幅広い知識が必要とされます。

ドラックストアには、さまざまなお客様が来店されます。お客様とのコミュニケーションをとるのが好きな方には向いている職種だと言えるでしょう。

病院

病院で働く薬剤師は、多くの業務を行ないます。調剤業務、外来・入院の服薬指導、薬歴管理、薬剤師外来、病棟薬剤業務、注射薬調剤業務、DI業務、医薬品の管理が仕事となります。

最近では、医師や看護師、その他医療スタッフと連携してチーム医療で業務することが増えてきています。タイトな業務内容ですが、やりがいを感じることができます。

製薬会社

製薬会社で働く薬剤師の業務は、創薬、治験コーディネーター、臨床開発モニター、医薬情報担当者、臨床開発、DI業務などが挙げられます。

新薬を開発する仕事は、製薬会社の命運がかっているともいえるので花形とされています。薬学部で学んだ知識だけではなく、大学院での高度な知識や能力が求められます。薬剤師のエリートと言えるでしょう。

治験業界

製薬会社などから治験を依頼されて企業で働く薬剤師の方もいます。患者の症例登録やその後のフォローを行ないます。

薬剤師の仕事のやりがい

薬剤師は、人の生命にかかわる仕事なので、非常にやりがいのある魅力的な仕事です。職種別に薬剤師のやりがいを紹介します。

◆調剤薬局の場合

患者さんの健康に直接関わることができ、患者さんと信頼感を築けたときはやりがいを感じます。また、患者さんからいろいろと聞かれて、きちんと説明できた時は役に立っていると実感できます。そして、患者さんの病気が快復したときは、自分のことのように嬉しい気持ちになり、調剤業務にもやる気が出ます。

◆ドラックストアの場合

患者さんの症状に合わせて、薬剤師自身の判断で医薬品を選んで、お礼を言われたときはやりがいを感じます。選んだ医薬品の説明をきちんと聞いていいただいたときも喜びを感じます。また、若いうちから給料が良いこともやりがいのひとつになります。

◆病院の場合

薬剤師に必要な総合的なスキルを磨けることにやりがいを感じます。特に患者さんや医師と信頼関係を築けたときや、医療チームの一員として薬剤師の存在感を発揮できたときは嬉しいです。患者さんやそのご家族から感謝されたときは、病院勤務で良かったと感じます。

◆製薬会社の場合

自社の薬で多くの患者さんを救うことができることにやりがいを感じます。創薬に関しては、新薬の開発成功や国の許可が下りたときは喜びが大きいです。薬の最前線で働いている感覚をもつことができて、新薬開発のモチベーションがあがります。

薬剤師の仕事の辛い部分

薬剤師にも仕事の辛さがあります。どのようなものがあるか、見ていきましょう。

  • 残業が多い
  • 休みが少ない
  • プレッシャーがありすぎる
  • 人間関係が複雑
  • 同じことの繰り返しでやりがいがない
  • 立ち仕事が多くて肉体的に辛い
  • 労働時間が長い

薬剤師になって3年以内の新人薬剤師の転職が増えています。それは、上記のような辛さを少しでも和らげるために転職しているからです。薬剤師というと高給取りで非常にホワイトなイメージがありますが、実際はそうではないところもあるようです。

例えば、総合病院で働く著者の知り合いの薬剤師は、残業の多さと休みの少なさに苦しんでいました。また、夜勤勤務によって生活のリズムが崩れ、体調を崩してしまうこともあります。ずっと前から休暇を入れていて、休むつもりだったにも関わらず仕事が忙しくなり、休めない状況になることもあります。

また、すべての薬剤師に言えることですが、薬の間違いは絶対にあってはいけません。患者さんの命にかかわることです。薬剤師の仕事には責任が必ず伴うので、プレッシャーが強くストレスが大きいです。仕事のプレッシャーで眠れないこともあります。

他にも、調剤薬局では少ない人数で仕事をしています。人間関係が問題なければいいのですが、関係が少しでも悪いと、仕事がやりにくくなってしまいます。問題がある人がひとりでもいると、チームプレーは難しくなります。人間関係を円滑にしなければいけないのも薬剤師の仕事のひとつです。

3年以内に転職を考える薬剤師のなかには、同じ作業の繰り返しにやりがいを感じられなくて、製薬会社に転職して研究職に近い仕事を希望する方がいます。調剤業務は、同じ作業の繰り返しのため飽きてしまうのでしょう。

また、立ち仕事が多いため肉体的に辛いという意見もあります。ドラックストアでも薬剤師が働いています。他の従業員とは異なった役割ですが、それでも立ち仕事が多く、さまざまなお客様の対応をしなければいけません。労働時間が長いのも辛いとのことです。

薬剤師の仕事をするには

薬剤師になるためには、国家資格を取得しないといけません。まず、薬剤師の国家資格を取るためには、大学の薬学部か薬科大学に通う必要があります。そして、6年間の薬剤師養成課程を修了しなければなりません。

薬剤師に必要となる国家資格は、薬剤師国家資格といい、合格率は60~80%です。試験は、年に一度、3月に2日間の日程で実施されます。

厚生労働省が発表した平成27年度の試験合格率を見てみると、受験者が14,949人に対して、合格者は11,488人で、合格率は76.9%となっています。この薬剤師国家資格を取得して、はじめて薬剤師になることができるのです。薬剤師国家試験については、厚生労働省が詳細な情報を提供しています。

また、転職エージェントを利用することで簡単に就職することができます。

転職エージェントは完全無料で利用することができ、転職や就職に関わるほとんどの面倒な作業を代行してくれ、転職のプロであるコンサルタントからアドバイスをいただくことができるため、転職初心者の方は使わない手はないです。

より詳しく転職エージェントについて知りたい方は下記記事にて転職エージェントに関する全ての情報をお伝えしております。

気になる方はチェックしてみてください。

転職エージェントとは|全てを理解し正しく使うための全情報

「転職エージェントって何?」 「転職エージェントの仕組みが知りたい」 「転職エージェントってどうやって選べば良いの?」 …

おすすめの転職エージェント

転職エージェントによってはキャリアコンサルタントの対応が雑だったり、求人数に差があったりします。

そのため、本当におすすめの転職エージェントを利用しないとあなたの貴重な時間が割かれてしまう可能性があります。

当サイトでは下記記事にて1000人以上の転職エージェント利用者の体験談を基に本当におすすめの転職エージェントを紹介しています。

気になる方はチェックしてみてください。

転職初心者の方におすすめしたい転職エージェントは「リクルートエージェント」と「DODA」、「パソナキャリア」の3つです。

複数登録することで、それぞれの転職エージェントの弱みを補いあうことができるので、転職エージェントを利用する際は複数登録することをおすすめ致します。

詳しくは下記記事にて解説しておりますので、ぜひご参考ください。

複数の転職エージェントを掛け持ちで利用すべき?理由付きで徹底解説

「転職エージェントを複数利用したほうが良い」 このような意見をよく聞くことがあります。 結論から言いますとこの知識…

リクルートエージェント

「リクルートエージェント」は、業績や求人数など他の転職エージェントと比較して圧倒的な実績を誇る転職エージェントです。

転職エージェントを利用する際はリクルートエージェントを利用しない手はないでしょう。

リクルートエージェントは転職をする全ての人におすすめの転職エージェントです。

DODA

「DODA」は業績、求人数共に業界第2位という大手転職エージェントで、登録者のペースに合わせて転職活動をしてくれますし、転職初心者にも優しいキャリアコンサルタントが在籍しています。

求人数も多く、求人の質も良いので全ての人におすすめの転職エージェントです。

パソナキャリア

また「パソナキャリア」もキャリアコンサルタントの質が高いと業界で有名な転職エージェントです。

業績は業界で第4位、求人数はリクルートエージェントやDODAに比べると少ないのですが、求人の質も良く、何と言ってもキャリアコンサルタントの質は業界でもずば抜けて高く、とにかく登録者の気持ちを優先して対応してくれますし、転職初心者にも優しくキメの細かいサポートが特徴です。

薬剤師の仕事の主な就職先

薬剤師の主な就職先は、下記の4つです。

  • 製薬会社
  • 病院勤務
  • 調剤薬局
  • ドラックストア

製薬会社では、武田薬品工業、アステラス製薬、第一三共、中外製薬、田辺三菱製薬、協和発酵キリン、塩野義製薬、大日本住友製薬、エーザイ、小野薬品工業などが有名なところになります。

病院と調剤薬局は、数多くあります。同様に、ドラッグストアも多いですが、マツモトキヨシやウエルシア、ツルハ、サンドラッグ、コスモス薬品などが就職先としてあります。

薬学部を卒業したばかりの方の就職先の一番人気は、調剤薬局やドラックストアです。給料面でも初任給がそれなりにあり、就職内定もとりやすい職種なので人気の職種です。

あと、薬学の知識を活かした薬剤師の就職先としてMRに就職する方もいます。MRの仕事は、医療品メーカーなどの医薬担当者のことです。主な仕事は医療機関、病院などの営業業務になります。薬学の知識が必要なため、薬学部卒業生も就職先に選択しています。

薬剤師の仕事はとても魅力的

薬剤師の仕事は、とても魅力的です。管理薬剤師として企業で働く場合は、基本的に土日祝日休みです。そのため、休日も利用して長期休暇がとりやすいという特徴があります。大手企業であればあるほど、休日も福利厚生も整っています。また、企業によっては、残業がないところがあります。

どのような薬剤師の職種を選択するか、選択できるのも魅力的な点だと言えるでしょう。人によっては、元気よくお客様との距離が近いドラックストアが合っているかもしれません。一方、黙々と作業したい方にとっては、調剤薬局が向いているかもしれません。

そして、何よりも高収入で安定しています。年収500万円の求人が多く、600万円以上の求人もかなり多くあります。全体でみると、平均年収は500万円ほどで、60代になれば600万円を超えていきます。薬剤師は、高収入で人のためになるやりがいのある魅力的な仕事です。

また、転職をしやすいところも薬剤師の魅力のひとつです。女性の場合、出産や育児で薬剤師の仕事を何年か離れても復職しやすいです。ドラックストアで働く場合、時給制のパートでも薬剤師は時給が高いです。したがって、女性に人気の職業でもあります。男女関係なく平等に活躍できる職業と言えるでしょう。

このようにやりがいもある薬剤師は、魅力がいっぱいです。薬剤師になるためには、6年間学び、薬剤師国家資格を取得しなければいけませんが、それだけ努力するだけの魅力があります。薬剤師になりたい方は、ぜひとも頑張って薬剤師になってください。

※記事の内容は、執筆時点での最新の情報となり、サービス内容・利用料金等を保証するものではありません。この記事の情報を基に行動する利用者の判断について、当社は一切の責任を負いかねます。サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、しかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。